ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    退社

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年末で解散したSMAPの稲垣吾郎(43)、草彅剛(43)、香取慎吾(40)が8日でジャニーズ事務所との契約期間が満了となり、退所した。

    s


    ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(85)が、このほど都内で本紙などの取材に応じた。
    3人とは事務所に入所してから約30年間、親子のように接してきた。
    「親としてみれば、子供が成長していくのは一番うれしいことですから。
    ずうずうしいかもしれませんけど、親のように付き合ってくれて、ずっと見守ってきているわけですから。
    いくつになっても親は親、子供は子供」と惜別の言葉を贈った。

    退所後も活躍を願う気持ちは変わらない。
    「『3人に』というと語弊がある」。
    事務所に残留する中居正広(45)、木村拓哉(44)を含めてSMAPへの思いは同じ。
    自身の手から離れ、自分の道を切り開いていく3人に「いわゆる成長したなと。彼たちは卒業して(新たに)作り上げていく」と期待を寄せた。

    退所にあたり直接、言葉をかけることはなかったという。
    「彼たちは知っていますよ。
    『頑張れよ』なんてやると、気持ち悪いじゃないですか。
    40(歳)過ぎて」と笑った。
    あえて、言葉かけるとすれば―。
    「年を取っても、僕を見ろ、と。一生懸命やってるじゃないですか」。

    80代半ばにして、いまだ現役でタレント育成に注力することに強烈な自負をのぞかせながら3人にエールを送った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13587672/
    スポーツ報知


    所長見解:干すなよ・・・
    【【元SMAP】ジャニー喜多川社長、退所の稲垣、草彅、香取に送ったエールってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    SMAP元メンバーの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)がジャニーズ事務所を退社する、運命の9月8日が刻一刻と迫ってきた。
    3人はいずれも当面のレギュラー番組が継続するものの、引っ張りだこだった往時とは打って変わった生活が待ち受けている。
    こうした中で中居正広(45)、木村拓哉(44)ら残留組も一方ならぬ思いを抱いているようだ。

    『女性セブン』(小学館)は中居が自問自答の日々で、ふっきれない思いを抱えていると指摘。
    一度は退社組と行動を共にするとみられながら、残留を選んだ中居は周辺に対して、「どうすればよかったんだろうな」と苦しい胸の内を吐露していることを伝えている。

    「中居は昨年大晦日の“キムハブ”忘年会に出席。
    また、退社に向けてスポンサーを探すなど精力的に活動してきただけに、退社する3人への気まずい思いを払しょくできないようです」(週刊誌記者)

    一方で、退社する分裂組はさばさばした様子だとも。
    香取はレギュラー番組で「引退しないから」とネタにする余裕。
    稲垣も8月28日の情報番組で役者業への思いの深さを告白。
    草なぎは飲酒逮捕騒動の過去を持ちながら酒類のCMが決定。
    ジャニーズを離れてそれぞれの道を歩み出そうとしている。

    「退社する3人は当面、フリーの形態で活動し、SMAP元チーフマネージャーの飯島三智氏が陰ながらサポート。
    近いうちに3人を集めて事務所を設立する流れになるとみられます」(テレビ局社員)

    こうした中、SMAPへの未練が捨てきれないのが木村だという。

    s


    ■キムタクは“裏切り者”レッテルでもSMAP楽曲を放送

    木村は最近、自身がMCを務めるラジオ番組で、毎回のようにSMAPの楽曲を放送。
    発売中の『週刊女性』(主婦と生活社)は、映画撮影中の木村が、ロケ現場で屈託なく話せる相手は退社組の元個人マネージャーだけだと報道している。

    「木村はSMAPの顔でありながら、最後は空中分解させたA級戦犯とみなされました。
    ソロとしてもいまひとつ結果が残せず、SMAP時代の古き良き思い出にすがりたくなっているようです」(芸能誌記者)

    困惑、達観、未練──SMAPメンバーは、それぞれの思いを胸にXデーを迎えることとなりそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13550470/
    デイリーニュースオンライン


    所長見解:どうなっていくのかね・・・
    【【ジャニ残留組】中居正広と木村拓哉、SMAP退社組より困惑「どうすればよかったのか」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ローラ、所属事務所との信頼関係断絶…社長が別タレント贔屓で社員が続々退職

    明るく親しみやすいキャラクターで人気を集めてきたローラが、6月16日から17日にかけて自身のTwitterに、「裏切られた」などと不穏なツイートを連続で投稿。
    ネット上でも話題となったが、業界関係者の間では「所属事務所とのトラブルが原因ではないか」との見解が主流のようだ。

    「ローラは16日深夜、突如『最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいるんだけど、わたしは人には絶対にしない』などと切り出し、その後も『いま誰のことも信じられないないくらい怖いんだ』(引用ママ)と投稿。
    さらに、17日には『黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼をかえしてください』といったツイートもしています」(スポーツ紙記者)

    当然、ファンからは心配の声が寄せられ、業界内でも彼女に何があったのかとウワサされるように。
    その直後には週刊誌などがローラと所属事務所の関係が悪化しているなどと報じたが、ではその大本の原因は何なのか。

    r


    「ローラの所属事務所社長はまだ30代の若手経営者で、これまで海外に在住していたため、ローラの面倒を直接見ていたのは国内のスタッフでした。
    しかし、ある時から社長が日本に拠点を移し、ローラのマネジメントにも口を出すようになった。
    この時点で、以前からローラを支えてきたスタッフたちからは不満が噴出していたんです」(広告代理店関係者)

    それでもローラにとってプラスになるなら良かったのだろうが、社長は途中で“方向転換”したという。

    「社長が別の所属タレント・Xに入れあげ、ローラそっちのけで強引にXを贔屓するようになってしまったんです。
    その結果、呆れ果てたスタッフやマネジャー陣が次々と辞めてしまい、ローラが信頼を置いていたスタッフも退職してしまった。
    ここ最近、ローラに熱愛スキャンダルなどが多発するようになったのも、彼女をしっかり管理して守ってくれていたスタッフが去ってしまったためです」(同)

    もともと小所帯だったというローラの所属事務所は、Xをめぐるトラブルを経てさらに小規模となり、残留しているスタッフはわずか1ケタ台となってしまったのだという。

    「Xは自分が『社長のお気に入り』ということを理解していて、他の所属タレントやスタッフのいわれもない悪口を社長に吹き込んでは、事務所内をかき乱している。
    もはやローラにしても、Xのバーターで番組に出演する有様で、それを制止するようなベテランスタッフも事務所には残っていません。
    このままではローラにしても、いずれは事務所に見切りをつけてしまうでしょうね」(同)

    果たしてローラは、芸能界での新たな味方を見つけることはできるだろうか。

    http://biz-journal.jp/2017/07/post_19700.html


    所長見解:なんか逆風だね・・・
    【【これはヤバい】ローラ「裏切られた」 所属事務所との信頼関係断絶…社長が別タレント贔屓で社員が続々退職ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「6月9日、山下達郎さんのコンサートにお嬢さんとお孫さんと連れだって来ていました。
    足取りもしっかりしていて、とても元気そうでしたよ」(コンサートに来ていた女性客)

    一連のSMAP騒動で注目を浴びるようになった、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長は、昨年末に卒寿(90歳)を迎えた。

    「つい最近、マスコミの間でジャニー喜多川社長の“死亡説”が流れましたが、本人がJr.の舞台で姿を現し、“死にませんよ。絶対に”とネタにしていました。
    メリー氏も一時は芸能界やマスコミで病気説や入院説が出たりして、副社長を引退するという話までささやかれました」(スポーツ紙記者)

    しかし、そんな心配はまったく必要ないようだ。

    「先日、女性誌に“香取が中居に事務所残留を決意させた”という記事が掲載されましたが、
    事実無根だと激怒していたとか。最近でも自ら仕事の指示を出しているようです」
    (芸能プロ関係者)

    “引退説”を一蹴し、健在ぶりがうかがえる話だが、彼女の“元気”を支えているのが肉料理だという。

    「昔からステーキをよく食べていましたね。少し前にレストランで居合わせたことがあるのですが、けっこう大きめのステーキを、連れの人たちと談笑しながら時間をかけてゆっくりと食べていました。
    お酒もワインをかなり飲んでいましたよ」(前出・芸能プロ関係者)

    メリー氏が元気なのは喜ばしいことだが、それとは裏腹に本体のジャニーズ事務所では混乱が続いているという。

    その一端を示しているのが香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の独立が発表された6月18日の2日前に、大手転職サイトに上がったマネージャー求人情報だ。

    「件の女性マネージャー、Iさんが退社したあと、彼女を追いかけるように辞めた人もいましたし、今年に入ってからはベテランの社員や敏腕マネージャーなど、辞める人が後を絶ちません。
    ただでさえタレントが多いのでマネージャー不足は否めません」(前出・スポーツ紙記者)

    とはいえ、芸能事務所が転職サイトでマネージャーを募集するのは異例のこと。

    「これまでジャニーズ事務所が転職サイトで求人募集したという話は聞いたことがありません。
    それが情報公開に踏み切ったということは、よほど切羽詰まった状況なのでしょう。
    混乱というより危機的状況だと言えますね」(前出・芸能プロ関係者)

    3人の退社という形で“SMAP騒動”も一応の決着を見ることになったが、さまざまな影響が
    これからも出てきそうで収まりそうにない。

    週間女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170704-00010055-jprime-ent
    no title

    【【これは怖い】メリー喜多川副社長(90)が女性誌に大激怒! ステーキ肉を食べて超元気ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手・田原俊彦(56)が21日、フジテレビ系「良かれと思って!」(水曜、後10・00)に出演。
    1994年にジャニーズ事務所から独立し、メディアで“決別”と報じられたことについて言及。
    退社については「全然円満ですよ」と話した。

    t


    80年代にマッチこと近藤真彦、ヨッちゃんこと野村義男とともにトップアイドルとしてジャニーズに一時代を築いた田原は、94年に同事務所を退社した。

    SMAPの解散騒動では、副社長の藤島メリー泰子氏の名前がたびたびマスコミに登場したが、田原は「メリーさんも大変なんですよ。(ジャニーズを)守んなきゃならない、会社をまとめなきゃいけない。
    ジャニーさん(ジャニー喜多川社長)は作り手(クリエイターでプロデューサー)」とメリー氏とジャニー氏の立場の違いを説明。

    「トラブル起きた時に(メリーさんが)交通整理しなきゃいけない。
    悪い役やらなきゃいけない。
    それがあるから怖いイメージあるけど、本当はめっちゃ優しいです」と伝えていた。

    自身の独立時は「ジャニーズと決別」などと書きたてられたが「全然円満ですよ。『実は辞めたい』って話をして(理解してもらった)」と強調していた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000128-dal-ent


    所長見解:なんか怖い・・・
    【【闇深】田原俊彦「メリーさんは悪役。本当はめっちゃ優しい」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ