近藤真彦

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズ事務所に激震が走るのか。
    30日発売の「週刊文春」が、ジャニー喜多川社長(86)がその後継者として、同事務所のタレント、滝沢秀明(36)を指名したと報じたのだ。
    これから何が起きていくのか。

    j


    もともとジャニー社長から目をかけられていた滝沢は、近藤真彦(54)、東山紀之(51)、木村拓哉(45)とともに将来の幹部候補とみられていた。
    年齢的にいえば、近藤、東山、木村を超えて、一足飛びにトップになる形だ。

    長年ジャニーズ事務所をウオッチしてきた芸能評論家の肥留間正明氏は「この10年、後継者は東山とささやかれていた。
    それだけにハレーションもあるかもしれないが、あくまでも制作部門を滝沢が引き継ぐということ。
    タレントのマネジメントについてはジュリー景子副社長が担っていくという構図は変わらないだろう」と指摘する。

    ジャニーズの活動の根幹である舞台を担っていくのが滝沢で、バラエティーやドラマといった仕事についてはジュリー副社長が受け持つというすみ分けは変わらないというのだ。
    その上で、今後起きる事態についてこうみる。

    「もともとジャニー社長のタレント発掘の視点は独特だった。
    まずは運動神経がいいかどうか。
    ダンスが踊れなければならず、ルックスや歌はその次という考え方だった。
    だからこそ、ジャニーズは十人十色の個性をもったタレントの集まりだった。
    その考え方をどこまで引き継げるのだろうか」

    滝沢が並み居る先輩を抜き去って後継者になるならば、いったいどんなことが起きるのか。こんな懸念も示す。

    「滝沢は今後、新人タレントのアレンジをやっていくことになるだろう。
    その中で、事務所内には滝沢の影響下にあるタレントが増えることになる。
    こうなったとき、彼より年上で、ベテランのタレントたちがどう反応するか。
    自分たちの居場所がなくなったと感じたタレントが独自に動き出し、収拾が付かなくなる可能性がある。
    どこまでジュリー副社長がタレントを束ねていけるかにかかっている」

    ジャニーズ事務所も新たな局面を迎えているのかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00000006-ykf-ent


    所長見解:マッチさん・・・

    【【仁義なき跡目争い】ジャニー喜多川社長、後継者にタッキー指名の結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「もはや業界の笑い物ですよ。あの人らは裸の王様でいまだに昭和を引きずってるような人たちなので、もはや誰も相手にしていない。
    口だけは達者だけど、体と頭を俊敏に動かすことが以前よりできなくなっているので、統率がまるで取れてません。
    それに高齢だからなのか、言ってることがちょっとおかしいんですよ(笑)」

    ジャニーズ事務所に詳しい関係者はこう続けます。

    「今回、局やスポンサーに対する損害賠償金が3億円を超えるのではないかという見積もりがあり、それで頭が真っ白になってしまったのか、『山口の穴埋めは、うちの近藤でどうにか補填したい』などと言っています。
    近藤というのはもちろんマッチのことなんですが、1年ほど前から本人が『嵐の櫻井とか少年隊のヒガシのようになんでもいいから司会業をやってみたい』と言ってるようで、事務所も売り出そうと必死になっている。
    そこへ今回の山口くんの事件で、ナイスタイミングとばかりに近藤、近藤と、まるで呪文のように関係者の元へ歩み寄っては耳元で囁いてる。もう見てられませんよ」

    m


    山口容疑者の出演部分の編集や今後の調整などに追われているメディア関係者を尻目に、近藤真彦をこのタイミングで推しているというジャニーズ事務所。

    これが本当なら、やはり彼らは世間や一般常識とは感覚がずれていると言われても仕方がありません。
    そもそも、マッチさんに「司会業のスキル」があったことも初耳でした。

    http://tablo.jp/media/johnnys/news003223.html


    所長見解:終焉?・・・
    【【迷走中】ジャニーズ事務所、山口メンバーのかわりにマッチを売り出そうと画策した結果wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「は? 今になって何言ってるの、この人って思いました」

    そう話すのは、今もSMAPを応援するファンの女性。
    矛先の“この人”とは、ジャニーズのトップ、“マッチ”こと近藤真彦だ。

    m


    「1月6日放送の『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)にマッチさんが出演した際、2018年の目標について、“うちの後輩たちがすごく上手にできているんで、俺もちょっとやりたいなと思ったのは司会(笑)”と発言。
    それに対してSMAPのファンから、ネットを中心に大ブーイングが起こったのです」(テレビ誌ライター)

    その日、マッチは司会であるフジテレビアナウンサーの軽部真一に促される形で司会席に座り、ノリノリで“司会の近藤真彦です”と応えた。

    これに対し、ツイッターなどでは、

    《マッチの司会やってみたい発言。冗談でもそんなこと言ってもらいたくない!》

    《中居くんだけじゃなくMCやっている後輩をちょっと小馬鹿にしてる感じがする》

    《レースだけやってろ》

    などと女性たちの怒りが爆発。
    「絶対無理でできないんですけど」と前置きを入れてこの発言をしていたのに、総スカン状態に。

    なぜ、これほどまでにマッチバッシングは起こったのか。
    そこには“SMAPがバラエティーに進出した経緯”が関係していた。
    著書に『ジャニーズと日本』がある、批評家の矢野利裕さんによると、

    「SMAP以前のジャニーズのアイドルが輝く場所は、あくまで舞台の上で、その1つが音楽番組のステージでした。
    しかし、SMAPのデビュー時点では『ザ・ベストテン』(TBS系)が終了しているなど、音楽番組が少なくなっていた。
    その状況を逆に生かし、バラエティーに注力していくという方向転換を図ったのがSMAPだったんです」

    『夢がMORI MORI』(フジテレビ系)などで、これまでのアイドルが見せてこなかった“笑い”をどんどん見せていったSMAP。

    「嵐や関ジャニ∞なども、先輩がそのように切り開いた道があるから後続としてその道を進めたといえます。

    その意味で今回の発言にファンが憤る気持ちは理解できます。
    解散騒動以降、ジャニーズ事務所に不信感を抱く人も多い現状のなか事務所の“本流”といえるマッチだからこそ、火に油を注いだような状態になってしまったのではないでしょうか」(矢野さん)

    《メリー喜多川が実現させそうで怖い》

    ネット上ではこんな意見も見られた。
    マッチの「(司会は)俺にはできない」は本心か、はたまた……。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00011467-jprime-ent


    所長見解:やりそうだよね・・・
    【【怒り心頭】ジャニヲタらを激怒させたマッチの不用意な発言ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の近藤真彦が6日、フジテレビ系「MUSIC FAIR」に出演し、「今年こそは」と情熱をかけて取り組みたいものとして「司会」をあげた。
    その理由として近藤は「うちの後輩が頑張っている」と触発されたことを明かした。

    k


    近藤は「絶対、僕、できないんですけど」と断った上で、「うちの後輩たちがすごくうまくやっているので、ちょっとやりたいなと思ったのが司会」と言って笑って見せた。

    ジャニーズ事務所に所属するタレントの司会といえば中居正広が多くの番組のMCを務め、TOKIOの国分太一がTBSの帯番組でMCを、東山紀之もテレビ朝日系の番組でキャスターを務めている。

    MUSIC FAIRのMC仲間由紀恵は「歌番組とかバラエティー番組とか?」と近藤に尋ねた。
    近藤は「できれば歌番組をやりたい。でもまず、バラエティーから入っていって」と言って共演者の笑いを誘った。

    理由として近藤は「歌番組はかっちりし過ぎてません?
    バラエティーのほうがちょっと崩れていて。
    あと、お笑いの若手の方に助けていただいたりするじゃないですか。
    ただ、絶対できません、僕は」と興味津々ながらも未知の分野に苦手意識をのぞかせた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000152-dal-ent


    所長見解:やりそうだよね・・・
    【【爆弾発言】近藤真彦 今年やってみたいことに「司会」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ