ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    近藤真彦

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『ジャニーズアイランド』代表の滝沢秀明氏が、新しい〝追放人事〟に着手し始めたという。

    「元『SMAP』の2人、木村拓哉はもともと末席ということで残留。
    中居正広は野球の取材やりたさに滝沢氏に残留を懇願。
    すでに滝沢氏の子分と化しています。
    『嵐』は来年に解散。
    最も懸案だった看板グループ『TOKIO』は自分の管轄外にし、別会社に移す方向に動きつつある。
    『TOKIO』が別会社に移った時点で〝滝沢体制〟は8割方完了でしょう。
    今、去就が取り沙汰されている『関ジャニ∞』の錦戸亮は一部週刊誌に、村上信五の売り出し方やギャラの安さに不満を持ち、他の芸能プロに移籍前提で接触…などと暴露されている。
    このネタ元は滝沢氏とされ、錦戸は土下座残留か辞めるかしか道はありません」(ジャニーズライター)

    至極順調に権力を確立しつつある滝沢氏だが、まだ上がいる。

    いまだ事務所の序列は近藤真彦、東山紀之、三番手が滝沢氏だとされる。

    「東山については、事務所の先輩として今後も立てていく方向です。
    理由は〝マニアックなファン〟が多く付いているからといわれています。
    ただし、東山は事務所内での人望が全くない。
    レギュラーなどは現状維持がせいぜいだと考えているみたいです」(同・ライター)

    t


    東山は自滅、残るはマッチだけ…

    現在、東山は日曜日の朝5時50分から始まる情報番組『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日)のMCとして出演。

    時間によっては視聴率2%割れもあり、局も頭を悩ませているという。

    「2017年10月から始まったものの、一向に視聴率が上昇しない。
    その分、滝沢氏には願ったりかなったり。
    このまま低視聴率ならば、降板させるのは局の判断。
    自分で手を下す必要もありませんからね」(女性誌記者)

    一部の報道では、東山はジャニーズの音楽著作権を管理する音楽出版社の社長に転籍するという話もある。

    「音楽出版社は著作権や印税の支払いなどチェックする、いわば芸能プロの付帯的事業です。
    正直、窓際ですが、俳優業も同時並行でこなすようにすれば東山の顔も立つ。
    後は近藤真彦をどうするか。
    カーレースばかりで芸能活動なし。
    さっさとつぶしたいのが本音でしょう。
    昨年末、恒例のジャニーズ年越しライブで、近藤は滝沢氏に横向きで握手する〝非礼〟を浴びせた。
    常識人の滝沢氏は近藤を絶対に許さないはずです」(同・記者)

    代表取締役社長就任からまだ間もないが、序列はあっという間に変わりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1759224/

    所長見解:タッキ―・・・
    【【権力確立】ジャニーズ・滝沢秀明社長が次々と支配下へ「木村、中居、嵐、TOKIO、そして…」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズ事務所の幹部に身を置く、歌手でタレントの近藤真彦が自身のラジオ番組『COME ON! ROCKI’N ROAD』のゲストに後輩の木村拓哉を招くも、1月27日の放送で展開した“直球質問”の数々に多くの非難が寄せられる事態となっている。

    2月8日、「日刊ゲンダイDIGITAL」が「大先輩マッチが仕掛けた  木村拓哉へ“公開マウンティング”」とのタイトルで記事を配信、木村の最新作「マスカレード・ホテル」を鑑賞した近藤が後輩の演技について「いつまでやりますかね、“キムタク”(の芝居)」などと、まるで冷やかしているかのような近藤の言動を伝えた。

    “いつまでキムタクをやり続けるのか?”という少々意地の悪い質問に対し、木村は困惑した様子を見せながら「とりあえず、そうですね…。あと、じゃあ10年くらいは」と回答するも、その後も近藤からの“イジり質問”は続く。

    k


    両者共にトレーニングジムへ通っていることが明かされ、近藤は「やっぱり(木村は)ジム行ってるよね?何のために?」と問うと、困惑した様子の木村へ連続して「何のために?じゃあ、“キムタク”(のために)?」とたたみかけたことを受けて、一連の近藤の振る舞いをキムタクへの“公開マウンティング”だと報じたのだ。

    「近藤は木村よりもキャリアが長く、多少高圧的な姿勢になることは仕方がないですが、自らもジムに通っていながら、木村へ“何のために通ってるの?”といった質問をする姿はリスナーには不快に思われたようで、ネット上にも

    『威張り散らされたキムタク気の毒だなぁって印象』
    『自分もジム行ってるのに、何の為に?って質問がすごい投げやり』
    『マッチの上から目線のところは好きになれない』
    『後輩をいじめて楽しいですか?』

    との指摘が続出してしまっています。

    キムタクが“いじられる側”に回ること自体はかなり稀ですが、近藤は過去にもジャニーズの後輩がMCを務める番組にゲストで出演した際の高圧的な振る舞いに批判が集まっていました。

    最近は“パワハラ”や“イジり”には厳しい目が向けられますから、今回のような絡み方はネガティブに解釈されてしまうのかもしれません」(エンタメ誌ライター)

    長年にわたって“カッコイイ男像”を追求し続け、映画やドラマでも独自のスタイルを貫き通してきたキムタク本人は、今回の先輩からの容赦なき指摘をどのように受け止めたのだろうか。

    少なくとも“あと10年くらい”は「キムタク」を続ける意志があるようだが…。

    https://asajo.jp/67225 

    所長見解:先輩やからね・・・

    【【非難轟々】木村拓哉をイジり倒した先輩がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    傷害容疑で自衛官逮捕 静岡

    静岡県警御殿場署は10日、コンビニの駐車場で居合わせた男性を殴り、けがをさせたとして、傷害の疑いで、同県小山町須走、陸上自衛隊富士駐屯地所属の自衛官、近藤真彦容疑者(37)を現行犯逮捕した。

    p


    逮捕容疑は10日午前4時15分ごろ、御殿場市新橋のコンビニ駐車場で、東京都の柔道整復師の男性(25)の顔を殴るなどし、けがを負わせたとしている。

    同署によると、近藤容疑者は10日は休みで、当時、酒に酔っていたという。

    男性とは面識がなかった。

    殴られた男性がその場で署に通報した。

    https://www.sankei.com/smp/affairs/news/190210/afr1902100004-s1.html
    所長見解:マッチ・・・

    【【緊急速報】近藤真彦容疑者を傷害容疑で現行犯逮捕の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    近藤真彦が、事務所の後輩・木村拓哉が長澤まさみと共演した映画『マスカレード・ホテル』について、木村本人に感想を述べた。

    同映画は1月18日に封切りされ、主演の木村は各メディアで映画のプロモーションに大忙し。

    そのかいあってか、公開後の土日では観客動員48万4000人、興行収入6億3300万円を記録し、最終興収40億円超えが射程圏内の大ヒットスタートとなっている。

    1月20日には、近藤がパーソナリティーを務めるラジオ『COME ON!ROCKIN’ROAD』(FM COCOLO)に木村がゲスト出演。

    映画を見たという近藤から直接“レビュー”を受けたのだが、近藤は容赦ない本音コメントを連発した。

    m


    あまりのしつこさに木村ブチ切れ!?

    近藤は「最初、髪の毛グシャグシャのヒゲ面で刑事として出てきて、その後ホテルマンに変わるじゃん? もう、出た瞬間に『あ、キレイになるんだろうな』って思った」など、登場シーンが「わざとらしかった」と指摘。

    その後も、
    「階段の降り方がリズミカルで、『コイツ計算してるな』」

    「ホテルを見つめるシーンでポケットに手を入れて、どっちかに体重偏らせたポーズを見て『またコイツ狙ってるわ』」

    など、木村を計算高いナルシストとしてイジリ続けた。


    先輩からの指摘にタジタジだった木村も、あまりのしつこさに「だから計算じゃないから!」と思わずタメ口を発したりした。

    しかし、番組全体を通すと、近藤が「愛のあるダメ出し」をしていたことが分かる。

    「木村を『カッコつけてる』とイジり倒した近藤ですが、よく聞くと木村の俳優としての“プロ意識”を褒めているんですよ。
    一連の流れでは『木村の頭の中にはカメラがあって、どう映ってるのかがもう分かってる』『カッコよく映ることを追求している』などと発言していますし、最後には『カッコよさは全面的に出てるから、ぜひ見てほしい』としっかり宣伝もしています」(ジャニーズウオッチャー)

    近藤の代表曲の1つに、1985年にリリースした『ヨイショッ!』という楽曲があるが、まさに後輩を“ヨイショ”した!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1666611/


    所長見解:すごい共演・・・

    【【映画酷評】木村拓哉が近藤真彦にブチ切れの模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    その傷は左腕の内側、手首よりも肘に近い位置にあった。

    長さ約8センチ、深さ約2センチ。

    死への決意を明確に物語る、深い傷である。

    すでにトップアイドルだった中森明菜(53)が自殺未遂騒動を引き起こしたのは1989年(平成元年)7月。

    この悲劇が当時、大いに世間の耳目を集めたのは当然の成り行きだった。

    何しろ、明菜が倒れていたのは、やはりトップアイドルだったマッチこと近藤真彦の自宅の浴室だったのだから……。

    2人が交際するようになったのは、自殺未遂騒動の数年前。

    その日もマッチの自宅では、明菜が待っているはずだった。

    が、仕事を終えた彼が自宅に電話しても誰も出ない。

    不審に思ったマッチが急行し、血の海になった浴室を目の当たりにすることになったのだ。

    無論マッチはすぐさま119番通報。

    明菜は慈恵医大病院に搬送された。

    当時、明菜が所属していた芸能事務所「研音」の社長だった花見赫(あきら)氏が語る。

    「病院にかけつけ、マスコミに漏れなければいいんだが、と思いながら社員に“マスコミ対応はどうする?”と聞くと、“もう出てます”と言う。
    病院のテレビでは早くも明菜の自殺未遂が報じられ、マスコミが集まってきていました」

    花見氏は、医師から非公式に説明を受ける際、傷の写真を見せられたという。

    「神経と血管が全部切れていて、とても深い傷でした。
    血管は1本ずつ縫って繋ぐが、神経の場合は1本ずつは無理なので、光ファイバーのように束のまま繋いで復元していく、大変な手術だったということを後で知りました」(同)

    n


    レコーディング中の異変

    明菜の自殺未遂からほどなく、花見氏は麻布警察署で事情聴取を受けた際、マネージメントのやり方について厳しい叱責を受けた。

    それまで、明菜からはマネージメントについての不満を聞いたことがなかったので、何のことやらと首を傾げるしかなかったが、

    「少し考えて、自殺未遂の本当の原因はマッチとの関係がうまくいかないことだったんだろうけど、それを言うとマッチに迷惑がかかるから、事務所のマネージメントのせいにしたんだと合点がいきました」(同)

    82年のデビューから数年間、ワーナー・パイオニアのディレクターとして明菜を担当した島田雄三氏は、

    「明菜は一本気な性格だから、近藤くんに対しても一直線に思いつめてしまったのでしょう。
    デビューからしばらくした頃、あれほど好きだと言っていたレコーディングの最中にチラッと時計を見たりして、集中出来ていない様子が見られた。
    最初は理由が分からなかったのですが、色々と周りの話を聞いて、近藤くんが原因だと分かりました」

    として、こう語る。

    「誰と付き合っているのか、といったことは普段聞いても教えてもらえないから、ハワイの海岸で寝っころがってリラックスしている時なんかに聞くんです。
    その作戦で、2人くらい教えてもらったんだけど、マッチについては絶対に言わなかったね。
    それだけ大事な存在だったんでしょう」

    マッチと離れた後も、明菜の側には常に、彼女を支える男の存在がある。

    再び表舞台に戻る時、彼女はどんな男に支えられているのだろうか。


    デイリー新潮
    https://news.goo.ne.jp/picture/entertainment/dailyshincho-554857.html


    所長見解:そんなか・・・

    【【マッチ事件】中森明菜、あの騒動から30年ってよ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ