このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    志村けんさんが新型コロナウイルス感染症に伴う肺炎で亡くなってから1か月が過ぎた。

    5月1日に遺作となったNHK朝ドラ『エール』に初登場し、その渋い演技を見て、改めて喪失感を感じたファンも多いだろう。


    そんな志村さんは一度も結婚することがなかったが、若いタレントたちと浮名を流すことが多く、常に週刊誌の格好の的とされていた。

    志村さんと週刊誌のせめぎあいは幾度となくあったのだが、記者が一様に語っていたことがある。

    それは「志村さんがどこにいてもすぐわかる」ということだ。

    我々記者が取材対象となる芸能人を探すとき、いちばんの目安になるのはその芸能人が使用しているクルマだ。

    事務所が用意した車やプライベートで乗り回しているマイカーなどがあるが、それらのクルマが停まっている近くには芸能人がいるハズ。

    そしてそこに必ず戻ってくるだろうから、スクープにつなげるために芸能人のクルマを把握しておくのは芸能記者の基本でもある。


    また、彼らが使用するクルマが特徴的であればあるほど、記者にとっては見つけやすい。

    たとえば、生産台数が少ない超高級スポーツカーであったり、カスタムされたもの、あるいは市販車にはない特注色で塗装されていたり……とか。

    志村さんの“愛車”もまさにこの条件に当てはまっていた。

    今から四半世紀ほど前のこと。

    志村さんはすでに人気絶頂のコメディアンとなっていて、週刊誌に追われることが多かった。

    出没するエリアはほぼほぼ決まっていて、麻布十番や六本木界隈が多かったと記憶している。

    そしていつもその場所には志村さんの“愛車”が停まっていた。


    クルマがあることで、志村さんが近所で飲んでいるのだとわかったのだ。

    彼が乗るクルマはアメ車のセダンだった。

    しかしただのセダンではない。

    全長は5m強まで拡大され、内部が応接室のようにカスタマイズされたストレッチリムジンだったのだ。


    ハワイに行けば普通にタクシーとして使われていて、今でこそストレッチリムジンはそれほど珍しいクルマではなくなったが、当時は特別な人が乗るクルマというイメージが濃かった。

    映画では、マフィアのボスや大富豪がワイングラスを持ち葉巻をくわえながらシートにふんぞり返っているシーンが描かれたり、また国際映画祭を報じたニュースでは、スターがリムジンで会場に駆けつけたりするのを見たことがあるだろう。


    ただ日本では住宅事情や道路事情を鑑みると、お金があってもそうやすやすと手を出せるクルマではない。

    結婚式やイベントで貸し出されるレンタカーはあっても、マイカーとして購入する人は限られている。


    志村さんはそんなクルマで移動していたのだから、目立つのは当たり前だ。

    しかし逆に考えれば、堂々としていて、記者の目を逃れようなんてことは微塵も考えていなかったのだと思える。

    やはり大物だ。

    高級車は成功した人間のシンボル、あるいはステータスの一つとして挙げられる。

    そのトップに位置するのはロールスロイスだと言う人は多い。

    そしてロールスロイスの中でも最高峰のグレードであるファントムシリーズだ。

    ベーシックな車両で約5000万円。

    オプションを施したり、内装などを購入者の好みにカスタマイズしたりすると1億円近くになるという。

    その昔、ファントムにまつわる都市伝説の一つに、ロールスロイス本社の厳しい審査を通らなければ購入することができないクルマというのがあった。

    つまりクルマが乗り手を選ぶのである。

    資産だけではなく氏素性までが審査基準になるということだった。

    だからなのか、ファントムに乗っているのは世界でも王室や王族、大富豪という面々だったような気がする。

    真偽のほどは定かでないが、超が付く特別なクルマであることに異論を唱える者はいない。

    実は志村さんがストレッチリムジンから乗り換えたのがこのファントムだった。

    親交の深かった千鳥・大悟の話では仕事を終えるとこのクルマに乗ってめちゃくちゃカッコいい洋楽を聞いていたそうだ。

    そして居酒屋の前に乗り付けていたという。


    リムジン同様目立つことこの上ないが、彼が稀代のコメディアンというだけではなく、頂点を極めた成功者であることを、愛車が物語っていたのだった――。


    k


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200511-00000001-friday-ent

    所長見解:さすがや・・・

    【【衝撃暴露】志村けんさんの超高級すぎる車がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    s


    慎吾ちゃん1000万円で愛車レクサスの売却を決意→インスタで購入者を募集

    買お


    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1823253/

    所長見解:そっちかい・・・

    【【ファン歓喜】慎吾ちゃんの愛車、インスタで売却ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    坂上忍、酒酔い運転で逃走し逮捕された事件 当時のニュース映像が発掘される 


    https://www.veoh.com/watch/v142008633qqq5bT3e 



    no title

    no title


    1995年1月14日の深夜1時30分、仕事仲間の俳優宅でのパーティーから自家用車で帰宅途中、飲酒運転の上世田谷区内の道路脇の電柱に激突。

    コンクリートの電柱を根元から折るという器物損壊事件を起こした。

    その後、車中から姿を見せた坂上は、一目で泥酔状態と判る千鳥足であった。

    「救急車を呼びましょうか?」と言われ一時はそこで待機していた坂上だったが救急車の姿が見えた途端、坂上は大破した車に再び乗り込み逃走。

    約50メートル前方に駐車してあった車にぶつかっても構わずに行ってしまった。

    数台のパトカーが坂上の車を追跡。

    約20分間のカーチェイスの末に事故現場から1.5キロ離れた環状7号線沿いでようやく停車。


    酒気帯びより1ランク上の酒酔い運転による道路交通法違反の疑いで警視庁北沢警察署に現行犯逮捕された。

    このとき坂上の車には女優の山本未来が同乗していたため、恋愛スキャンダルとしても報じられた


    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%E4%B8%8A%E5%BF%8D

    所長見解:ひどいな・・・

    【【悲報】坂上忍さん、酒酔い運転で逃走し逮捕ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    y



    ヤクザの車、ガチでヤバい....


    所長見解:意外・・・

    【【検証画像】ヤクザさんの車がヤバ過ぎる件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    低視聴率すら話題にならなくなったNHKの大河ドラマ『いだてん』。

    主演の阿部サダヲに受難が続いている。

    東京・渋谷区の都道交差点で10月16日に乗用車同士の接触事故を起こしていたことが報じられた。

    警視庁代々木署では、車が接近しすぎたことが事故原因とみて調べているが、阿部と接触したワゴン車を運転していた20代男性A氏が、自身のツイッターで事故当時の阿部の“塩対応”ぶりを明かしたことが話題となっている。


    j


    A氏のツイッターによれば、A氏は片側3車線の右車線を、阿部は中央車線を走っていた。

    ともに右折のため、時速20~30キロほどで交差点に侵入。

    その際にお互いの車の側面同士が接触したという。


    A氏に当時の様子を聞いたところ、こう語った。

    「阿部さんの車が私の車線に入ってきたので、右に避けようとしましたが、右にはすぐ中央分離帯があったので停車しようととっさにブレーキを踏みました。
    しかし、止まり切れず、阿部さんの車の右後ろタイヤと私の車の左前バンパーが接触してしました」

     
    ところが、A氏によると、阿部は事故後、停車せずにそのまま走り去ろうとしたという。

    阿部の車を追ったA氏は、赤信号で停まった車内の阿部に声を掛けた。

    「次の信号で止まって声をかけようと思って近付いたら、ガラス戸から顔を出して、向こうから『今ぶつかって来たよね?』って言って来たんです。
    『じゃあ、なんで止まらないんだ?』って感じましたけど……」

     
    阿部からの連絡を受けて駆けつけたマネージャーに促され、阿部は現場検証後、ようやく「すみませんでした」と謝ってきたというが、「帽子も外してくれず、あまり誠意は感じられませんでした」(A氏)。

     
    現在は保険会社同士の話し合いが進んでいるという。

    どちらの過失割合が大きいかの調査は専門家に任せるほかないが、事故が起きたら速やかに安全な場所に停車し、状況を確認して警察に通報すべきだろう。


    阿部の所属事務所はこう話す。

    「双方の責任負担の範囲において、お互いの保険会社を通し話し合いを進めておりますので、こちらからのコメントは差し控えさせていただきます」
    https://www.news-postseven.com/archives/20191201_1496013.html 



    所長見解:あかんやん・・・

    【【暴露】人気俳優・阿部サダヲさん、当て逃げ未遂説。 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ