ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    低視聴率すら話題にならなくなったNHKの大河ドラマ『いだてん』。

    主演の阿部サダヲに受難が続いている。

    東京・渋谷区の都道交差点で10月16日に乗用車同士の接触事故を起こしていたことが報じられた。

    警視庁代々木署では、車が接近しすぎたことが事故原因とみて調べているが、阿部と接触したワゴン車を運転していた20代男性A氏が、自身のツイッターで事故当時の阿部の“塩対応”ぶりを明かしたことが話題となっている。


    j


    A氏のツイッターによれば、A氏は片側3車線の右車線を、阿部は中央車線を走っていた。

    ともに右折のため、時速20~30キロほどで交差点に侵入。

    その際にお互いの車の側面同士が接触したという。


    A氏に当時の様子を聞いたところ、こう語った。

    「阿部さんの車が私の車線に入ってきたので、右に避けようとしましたが、右にはすぐ中央分離帯があったので停車しようととっさにブレーキを踏みました。
    しかし、止まり切れず、阿部さんの車の右後ろタイヤと私の車の左前バンパーが接触してしました」

     
    ところが、A氏によると、阿部は事故後、停車せずにそのまま走り去ろうとしたという。

    阿部の車を追ったA氏は、赤信号で停まった車内の阿部に声を掛けた。

    「次の信号で止まって声をかけようと思って近付いたら、ガラス戸から顔を出して、向こうから『今ぶつかって来たよね?』って言って来たんです。
    『じゃあ、なんで止まらないんだ?』って感じましたけど……」

     
    阿部からの連絡を受けて駆けつけたマネージャーに促され、阿部は現場検証後、ようやく「すみませんでした」と謝ってきたというが、「帽子も外してくれず、あまり誠意は感じられませんでした」(A氏)。

     
    現在は保険会社同士の話し合いが進んでいるという。

    どちらの過失割合が大きいかの調査は専門家に任せるほかないが、事故が起きたら速やかに安全な場所に停車し、状況を確認して警察に通報すべきだろう。


    阿部の所属事務所はこう話す。

    「双方の責任負担の範囲において、お互いの保険会社を通し話し合いを進めておりますので、こちらからのコメントは差し控えさせていただきます」
    https://www.news-postseven.com/archives/20191201_1496013.html 



    所長見解:あかんやん・・・

    【【暴露】人気俳優・阿部サダヲさん、当て逃げ未遂説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    精神科病院に2カ月入院の過去 “あおり男”は実刑に問えるか

    m


    「一般論として軽傷で前科もなければ示談にならなかったとしても罰金刑の可能性が高い」と前置きした上で、弁護士の浦上俊一氏がこう続ける。


    「全く落ち度のない相手に対し危険運転をし、通り魔的で一方的に因縁をつけて何度も顔面を殴打している点は悪質です。
    あおり運転での暴行罪や『殺すぞ』と言った脅迫、代車の横領、詐欺罪の可能性もあり、追起訴となれば懲役1、2年の求刑になってもおかしくない」

     
    宮崎容疑者は昨年3月、大阪でタクシーに乗り、約12時間も運転手を連れ回し、京都府警に監禁容疑で逮捕されている。

    この時は精神鑑定はされなかったものの、検察と京都府の判断で不起訴処分が決定。

    宮崎容疑者はその後、京都府長岡京市内の精神科病院に約2カ月入院していた。

     
    そして退院から約半年後の昨年冬、母親が亡くなり、その数カ月後に喜本容疑者と出会い、交際が始まった。

    宮崎容疑者はその頃から「変装」をしたり、言動がおかしくなり、全国各地でトラブルを起こすようになった。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/260681



    あおり運転事件再逮捕の容疑者、水戸地検が鑑定留置

    茨城県守谷市の常磐道で、男性があおり運転を受けた後に殴られて負傷した事件で、茨城県警が強要容疑で再逮捕した住居不定、会社役員宮崎文夫容疑者(43)について、水戸地検は25日、鑑定留置を始めたと発表した。

    専門家による精神鑑定で刑事責任能力の有無を調べる。

    期間は12月23日まで。
     

    宮崎容疑者は8月10日午前6時15分ごろ、守谷市大柏の守谷サービスエリア付近まで数キロにわたって、会社員男性(24)=茨城県阿見町=が運転する乗用車にあおり運転を繰り返し、停止する義務がないのに車を止めさせた疑いがある。

    傷害容疑については地検は処分保留としていた。


    https://www.asahi.com/sp/articles/ASM9T5TZDM9TUJHB01L.html

    所長見解:あかんやろ・・・

    【【悲報】あおり運転男・宮崎容疑者、精神鑑定の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮崎容疑者の”あおり人生”には、これまでも多くの女性達が関わっている。

    近隣住民によれば、約10年前にも女性監禁で警察沙汰を起こしており、以前の勤務先でも年上女性へのストーカー騒動で同様にトラブルとなっていた。

    元勤務先の上司が語る。

    「彼が22、23歳の頃。
    事務職の年上の女性を気に入り、定時で仕事が終わったあと、女性の帰り道で待ち伏せしてしつこくつきまとっていたんです。
    女性は精神的に参ってしまって、彼女から『もう限界で、これ以上は無理です。
    ただただ怖い』という相談を受けていました。
    それで私が宮崎を注意すると、突然逆ギレしだして、『俺は悪くない、生野署へ行く』と声を荒げて本当に生野署へ行ったんですね。
    どういうわけか私も生野署で取り調べを受けましたよ。
    生野署のカウンターで、無言で鋭い眼光をしながらこちらを睨みつけていました。
    仕事も全くする気がないし、女性トラブルを起こす。
    ほとんど職場放棄状態です。
    人からの紹介なので多少は我慢していましたが、さすがに半年でクビを言い渡しました」


    m



    昨年10月、場所は、愛知県名古屋市西区の某コンビニ。

    早朝5時頃、金髪にジャケット姿で立ち寄った宮崎容疑者は、店内を物色した後、突然店員に話しかけてきたという。

    「よく話しかけてくるお客さんだな、と思っていたら急に名刺を渡してきたんです。
    『俺はこういうもんや』と。
    名刺には、宮崎プロパティマネジメントという会社名が書かれていました。
    社長なんですね、すごいですねー、というような世間話をしていたら、急に『ふざけるなよ!』とブチ切れ始めたんです。
    こちらが何か怒らせるようなことをしたわけでもなく、本当に突然です。
    そしてお前には責任を取らせると言って、名刺の裏に本名、住所、電話番号を書けと脅し口調で言われたんです。
    個人情報なので無理です、とこちらが断っても全然引かない。
    目も血走っていましたし、その時間は僕1人だったので、怖くてどうしようもなくてパニック状態に陥ってしまって……。
    こちらに非がない状態で、こういう解決策がないタイプのクレームを受けたのも初めてだったので」

    その後もそんな押し問答が30分ほど続いた。

    結局、スタッフが折れ、住所以外の情報を半ば強制的に書かされた。

    気を良くした宮崎容疑者は、自身が保有するシルバーの高級車に戻っていった。

    応対したスタッフは恐怖のあまり、勤務終了後すぐに携帯電話の番号変更手続きをとったという。

    だが、悲劇は再び訪れる。

    2ヵ月後の12月、ポルシェのカイエンで宮崎容疑者がコンビニに再訪してきたのだ。

    全身黒ずくめにサングラスにニット帽。

    時間は図ったかのように同じ時間帯だった。

    「入ってきた瞬間に、ザ・犯罪者のような服装なのでこちらも強盗だと思い警戒したんです。
    そして、背格好から2ヶ月前クレームをつけてきた人だ、と気づきました。
    一回目に応対した内容の支離滅裂具合から、『今度は、僕を殺しにきたんだ』と本気で思いました。
    その時は店長がいたので、店長に対応してもらったんです。
    彼は車の雑誌を1冊買い、新しいポイントカードを作って古いポイントカードとポイントを統合したいと話していました。
    そんなリクエストはほとんどないので、店長も少し時間がかかっていたんですが、彼は『なんでそんな遅いんや!ダメ店長が』とキレて罵倒しまくっていました」

    ポイントカードの統合が終わると、スタッフを名指しで指定して領収書を車の中に持ってきて欲しいというオーダーがあった。

    車の中で何をされるのかわからない、と恐れていたというが車中には就寝中の女性の姿があった。

    黒髪ショートカットの20代半ばと思われる女性で、清楚系の整った顔立ちが印象に残った。

    一通りのクレームをつけ終わり、気を良くしていたのか、宮崎容疑者はスマホのフォルダ内の写真を見せて、滑らかな口調で車自慢を始めたという。

    「『この間の車と今回も違うやろ。
    (写真を見せながら)ほれ、他にもこれだけ持っとるんや、俺はすごいやろ』と話しながら高級車の写真を僕に見せてきました。
    それよりも僕が気になったのは一緒にいた女性の存在でした。
    車中では結構な大声で数分間話していたにも関わらず女性は全く起きる気配がないんです。怖くなった僕は、『女性は大丈夫ですか?』と聞いたんです。
    すると彼は、『こいつ寝とって起きへんけど、決して俺が睡眠薬を飲まして眠らせてるわけじゃないから。ちゃうからな』と話していました。
    その言動で、この人はクスリをやってる人だと思い、凄いですね、とだけ言って車から出て急いで店内に戻りました。


    フライデー
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190824-00000001-friday-soci

    所長見解:怖い・・・

    【【これはヤバいやつやん】あおり運転事件の宮崎容疑者、普段からの奇行がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    逮捕の瞬間の映像を見た男の知人は興奮気味にこう話す。

    「暴行する様子をガラケーで撮影したり、逮捕の時には捜査員に“何すんのよ!”と食ってかかる“年上恋人”の姿をニュースで見ていたら、文夫のおかんのことを思い出したわ。
    近所でも有名な“クレーマー”やったで!」

     
    あおり運転をし、相手運転手に暴行を加えたとして8月18日に逮捕された宮崎文夫容疑者(43才)。

    “仲よく” 犯人蔵匿・隠避容疑で逮捕されたのが、交際相手の喜本奈津子容疑者(51才)だった。


    「喜本は神奈川県出身。
    この2月に出会い系アプリで宮崎と知り合い、交際に発展。
    以後、行動を共にしています。
    宮崎には複数のあおり運転の余罪がありますが、その何件かで喜本が助手席に座っていた。喜本があおり運転をそそのかした可能性も視野に入れて捜査を進めている」(捜査関係者)


    m
     

    宮崎容疑者は大阪市生野区で生まれ、子供の頃は成績優秀で「神童」と呼ばれていた。

    府内でも屈指の進学校である天王寺高校に入学。

    関西学院大学を経て、「平均年収日本一」で知られるキーエンスに入社した。

    だが、1年もせずに退社。

    税理士だった祖父の遺産を相続する形でマンションを所有したことで、2018年に不動産会社とコンサルティング会社を起業した。

     
    そのマンションの一室が自宅兼オフィスだったようだが、マンションの住人たちは「目が合っただけで威嚇された」「住民への宅配で止まっているトラックに“どけや! コラ!”と怒鳴っていた」など、宮崎容疑者の凶暴ぶりを証言する。

     
    その気性の荒さは母親譲りだったようだ。

    「文ちゃんの母親は近所でも恐れられていました。
    “給湯器の音がうるさいから風呂に入るな!”って怒鳴り込んでくるんやから。
    ごく普通の生活音の範囲なのに。
    なかには『静かにしろ』と書いたチラシを玄関に何回も貼られた家もあった。
    スーパーに行けばトラブルを起こしてパトカーで帰ってくることもしょっちゅう。
    自転車を猛スピードで飛ばす人で、ぶつかると“お前が悪いんや!”と凄まれたり。
    その一方で、自分の家の犬がワンワン吠えて近所迷惑なのに何もしない。
    区役所から注意を受けても知らんぷりやった」(近隣住民)

     
    その母親が溺愛していたのが宮崎容疑者だった。

    「あれだけ攻撃的な母親が文夫には甘かった。
    文夫がキーエンスをすぐに辞めた時も咎めなかった。
    友人の少ない文夫のよき理解者やった。
    逮捕される時、恋人が必死に文夫を庇ったけど、あんな行動ができるのは母親ぐらい。
    あの恋人は母親とそっくり、瓜二つ。
    数年前に母親は亡くなったと聞いた。
    文夫は恋人に亡き母を重ねているのかもしれへんな」(前出・知人)

     
    宮崎容疑者の現状の逮捕容疑は傷害のみだが、数多くの余罪があるとみられており、「すべて立件・起訴されれば長期の懲役も考えられる」(法曹関係者)という。

     
    母親や恋人という味方だけに守られた身勝手な生活は、ついに終わりを告げる。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190822-00000012-pseven-soci
    あおり運転と殴打で逮捕された宮崎文夫容疑者(時事通信フォト) 
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190822-00000012-pseven-000-6-view.jpg 



    所長見解:遺伝・・・


    【【あおり運転事件】宮崎容疑者、超マザコン説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「力を込めて殴った。やり過ぎたと反省している」

    あおり男は調べに対しこう供述し始めた。

    傷害と犯人隠避容疑で茨城県警に逮捕された宮崎文夫(43)と喜本奈津子(51)両容疑者に新たな疑惑が浮上した。


    m


    6月8日深夜、宮崎容疑者が運転するポルシェ・カイエンは新東名高速でトラックと接触事故を起こした。

    トラック側のドライブレコーダーにはポルシェがあおり、蛇行運転を繰り返し、幅寄せをしながら急ブレーキをかけ、火花を散らして衝突する映像が残されていた。

    宮崎容疑者は逮捕の1週間ほど前、SNSに「事故発生当日から起算して2カ月経過するも相手方及び相手方保険会社から何らの連絡等一切無し」と投稿。

    県警は宮崎容疑者と同乗者の喜本容疑者から、事情を聴く方針だ。

     
    逮捕以降、メディアは2人の生い立ちや私生活を報じ、本人たちのSNSには一般人から誹謗中傷の書き込みが殺到。

    厳罰を求める声が上がっているが、果たしてどうなるのか。

    「一般論として軽傷で前科もなければ示談にならなかったとしても罰金刑の可能性が高い」と前置きした上で、弁護士の浦上俊一氏がこう続ける。

    「全く落ち度のない相手に対し危険運転をし、通り魔的で一方的に因縁をつけて何度も顔面を殴打している点は悪質です。
    あおり運転での暴行罪や『殺すぞ』と言った脅迫、代車の横領、詐欺罪の可能性もあり、追起訴となれば懲役1、2年の求刑になってもおかしくない」

     
    宮崎容疑者は昨年3月、大阪でタクシーに乗り、約12時間も運転手を連れ回し、京都府警に監禁容疑で逮捕されている。

    この時は精神鑑定はされなかったものの、検察と京都府の判断で不起訴処分が決定。

    宮崎容疑者はその後、京都府長岡京市内の精神科病院に約2カ月入院していた。

     
    そして退院から約半年後の昨年冬、母親が亡くなり、その数カ月後に喜本容疑者と出会い、交際が始まった。

    宮崎容疑者はその頃から「変装」をしたり、言動がおかしくなり、全国各地でトラブルを起こすようになった。

    「仮に統合失調症などの精神障害が疑われても、軽度のものでは心神耗弱の認定事例は少ないのが実情で、減刑にはなりにくい。
    ただ、執行猶予を得るための情状事由にはなるので、検察側が懲役刑を求刑したとしても、精神疾患などの情状をもって、裁判所が執行猶予の判断をする可能性も十分ある」(浦上俊一氏)

     
    こんなクレーマーがすぐにシャバに出てくると思ったら、被害者たちは気が気ではないだろう。


    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190823-77851004-a_aaac
    送検される宮崎容疑者
    https://iwiz-cmspf.c.yimg.jp/c/cmspf/97/28/39/79/6c927faeca049c0a6ea4df76f946a10d.jpg 




    所長見解:出すなよ・・・

    【【あおり運転事件】宮崎容疑者、精神科病院に2カ月入院の過去 ←これ無罪?】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ