貴乃花

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年3月16日に、V6の森田剛との結婚を発表した女優の宮沢りえ。

    m


    最近は妊活に励んでいるとの報道があり、幸せな結婚生活を送っているようだが、これまでの恋愛は波乱万丈そのものだった。

    これまでの恋愛遍歴とともに、彼女の壮絶な半生を振り返ってみよう。


    宮沢の交際相手といえば、まず初めに思い出されるのが、今年、角界から引退した、元貴乃花親方だろう。

    対談をきっかけにつきあい始めた2人は、92年10月に婚約を発表。

    “世紀のカップル誕生”と報じられたが、わずか2か月で婚約を解消する事態になってしまった。

    貴乃花はその後、95年に当時、アナウンサーだった河野景子さんと結婚したが、今年になって離婚。

    かつては理想の夫婦と呼ばれていた貴乃花と景子さんだったが、もし宮沢りえと結婚していたら、どういう相撲人生を送っていたのだろうか?


    貴乃花との一件で心に深い傷を負った宮沢だったが、そんな彼女を救ったのが、歌舞伎俳優の故中村勘三郎(交際当時は勘九郎)だった。

    宮沢は当初、勘三郎から人生の先輩としてさまざまなアドバイスをもらっていたが、相談しているうちに恋愛関係に発展してしまったという。

    だが、勘三郎との不倫関係が発覚し、その清算を迫られた宮沢は、勘三郎が宿泊する京都のホテルで手首を切る自殺未遂騒動を起こしてしまう。

    その後、激ヤセするなど、精神的に追い込まれた宮沢は映画や舞台を相次ぎ降板。

    96年には、芸能活動を休止し、再起不能といわれた。

    しかしマネージャーだった母親と離れて、アメリカのロサンゼルスに移り、自分を見つめ直したことが転機になる。

    宮沢が独り立ちを決心すると、多くの知人が手助けしてくれたそうで、その1人が歌舞伎役者の坂東玉三郎だった。

    玉三郎はロサンゼルスから10か月ぶりに帰国した宮沢に、かつて共演した舞台『天守物語』の再演で復帰への道を用意。

    玉三郎の支えで、再び輝きを取り戻した宮沢のもとには、舞台や映画の出演オファーが数多く舞い込み、宮沢は演技派女優としてのキャリアを着実に積んでいった。


    ■森田剛との結婚を決めた感動秘話

    このように、女優として自立していった宮沢だが、恋愛面でも母親の干渉から逃れるようになったという。

    09年にハワイ在住のプロサーファーとつきあっていることを知った母親が、当時滞在していたパリから急きょ帰国して、交際に反対したものの、宮沢は母親に反発するかのように交際を続け、“できちゃった婚”をしている。

    しかし14年に母親が他界すると、その2年後には離婚してシングルマザーとなる。

    宮沢は離婚協議中から、俳優の古田新太や劇作家の赤堀雅秋らとの交際が報じられるなど、恋愛面で奔放になっていった。

    そんな中、舞台で共演した森田とゴールインしたわけだが、結婚を決意したきっかけは、宮沢の長女が森田のことを「パパ」と呼んだことだという。

    それまで「剛くん」と呼んでいた長女の変化に感激した宮沢と森田は、長い交際期間にピリオドを打ち、結婚を決めたそうだ。

    さまざまな出来事を経験し、ようやく平穏を手に入れた宮沢りえだが、森田剛との関係も良好の様子。

    末永く幸せに過ごしてほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1640759/

    所長見解:いろいろあるな・・・

    【【恋愛遍歴】宮沢りえの壮絶人生がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年10月、23年間の結婚生活にピリオドを打った元貴乃花親方(46才)と河野景子さん(54才)。

    離婚の最大の原因とされるのは長男の優一(23才)だ。

    靴職人を名乗りながらタレント活動に手を広げ、靴の納期トラブルやスピード離婚で世を騒がせる優一に対し、貴乃花は激怒。

    息子を擁護する景子さんにも貴乃花は不満を募らせ、夫婦仲は険悪になっていった。


    実際、貴乃花は『週刊文春』(2019年1月3・10日号)で優一について、

    《自分に力がないのに、親の名前でメシを喰おうとしているのが現状》
    《ハンパな生き方を続けるとすれば、息子は花田姓を名乗る資格はありません》

    とバッサリ斬って捨てた。


    一方の優一は昨年末にワイドショーやスポーツ紙の取材を受け、両親の離婚について、「23年間寄り添ってきた両親とは他人にはなれない。家族自体は変わらない」と答えていた。

    この時、優一は貴乃花に対して「かっこいい父です」などと尊敬の念を強調し、“父思い”の一面を見せていたが、実際の彼は、複雑な感情を父に抱いていたようだ。

    12月28日の夕方。

    家族連れやカップルが行き交う都内の高級ホテルのラウンジに優一はいた。

    「優一さんは背筋をピンと伸ばして前のめりになり、神妙な面持ちで2人の男性と“密談”していました。
    彼は最初こそ小声でひそひそと話すのですが、興奮してくると身振り手振りを交えて声が大きくなる。
    この時は、『すべての行動に謝罪文を出して、半年間ほど自粛すればいいのですか?』
    『それを発表するのは何がいいですか。ブログですか?』と、何かに対する謝罪について、時々語気を強めながら話し合っていました」(居合わせた客)

    1人の男性がその場を離れると、優一はおもむろに「父批判」を始めた。

    「優一さんは急に口調が荒くなり、『父に電話したら“俺はそんなん関係ねえ”とか言ってて、ふざけんじゃねえと思って。父は自分を正当化したい人なんです。 正当化してるけど、やってることはおかしいんです』
    『今回の件で、父は家族にも危害を加えることがわかった』
    『父は常識的なところが飛んでいる部分がある』と矢継ぎ早に吐き捨てて、テレビで見せていた温厚な姿とのギャップに驚きました。
    その後も、『今回の離婚で“貴乃花の息子”が取れて、“靴職人の優一”になれるのでよかったと思います』などと貴乃花さんに批判的なことを言っていました」(前出・客)

    h


    この激昂には理由があると語るのは優一の知人だ。

    「偉大なる横綱の息子として優一は幼い頃から大きなプレッシャーを抱えていました。
    多感な高校時代は『貴乃花の息子』と言われただけで、相手の胸ぐらをつかむほど激しい怒りを見せることもありました。
    何事も長続きしないこと、自分への苛立ちやコンプレックスが父親に対する怒りに向かうこともあるようです」

    優一の今後について、貴乃花は職人一筋をまっとうすることを望むと公言する。

    優一もいたるところで「靴職人の優一」をアピールしているが、この日、「テレビにはしばらく出続けたいですよ。出続けることに意味があるんです」とも語っていたという。


    https://blogos.com/article/349135/
    NEWSポストセブン


    所長見解:なぜこうなった・・・

    【【衝撃暴露】花田優一氏の貴乃花批判がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「俺は何者なんだ」「死にたいなら死ね」――。

    元貴乃花親方の花田光司氏の長男で、靴職人やタレントとして活動する花田優一さん(23)の靴工房の壁に、こんな落書きがあったことに、ネット上で驚きの声が広がっている。

    工房の様子が映ったのは、2019年1月3日放送のバラエティー「キスマイ超BUSAIKU!?」(フジテレビ系)。

    仲の良い芸能人について語る優一さんの後ろに、冒頭のような過激な落書きが踊っていたのだ。

    番組では、落語家・立川談志さんの長女でタレントの松岡ゆみこさんと、優一さんの「意外な交遊」を取り上げた。

    その中で紹介されたのが、優一さんの工房「Angelo pico」で行ったインタビューの模様だ。

    工房を訪れたのは、アイドルグループ「Kis-My-Ft2」の宮田俊哉さん(30)。

    冒頭、「ここが仕事場?」と問いかけると、優一さんは「仕事場です。エプロン着けてさっきまで作業していました」と答えていた。

    その後、番組では優一さんと松岡さんの関係について掘り下げて行くのだが、一部の視聴者が注目したのは、インタビュー中に映った壁の落書きだった。

    ちょうど宮田さんの真後ろにある壁のベニヤ板に、黒いマジックで殴り書きしたような致で、「俺は何者なんだ」「ゴミかカスか」「死にたいなら死ねカス」といった言葉が並んでいた。

    こうした文字の上には、赤色のペンキのようなものが塗りつけられていた。


    番組では、この落書きが話題になることはなかったが、その衝撃的な内容に目を奪われた視聴者は多かったようだ。

    ツイッターやネット掲示板には、番組の放送中から、

    「なんか書いてあるなとは思ったけど普通にホラーだった」
    「工房の壁に闇を感じる、、、怖い、、」
    「壁が怖すぎて話入ってこなかった」

    との驚きの声が続出。
    なかには、「死ね」などの過激な言葉が何度も画面に映ったことから、

    「テレビで映す内容じゃない」
    「絶対映したらあかんやつ、、」

    といった反応も出ていた。

    no title

    no title


    https://www.j-cast.com/2019/01/04347315.html 


    所長見解:いろいろ怖い・・・

    【【放送事故】花田優一氏の靴工房の落書きが怖すぎる件・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元貴乃花親方の花田光司氏(46)が2日、日本テレビで放送された「新春しゃべくり007超最強ゲスト初夢共演SP」に出演。

    女優・宮沢りえ(45)との婚約について語った。

    作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんとのインタビューで明かした。

    関脇・貴花田時代の92年、りえと婚約し、2ショットで会見もしたが、翌93年1月に破局を発表した。

    t


    花田氏は寂聴さんから「はっきり覚えてますよ。りえちゃんと婚約した時ね」と直球で質問をぶつけられ、「は…はい」と少し苦笑いを浮かべ、うなずいた。

    りえと親しい寂聴さんは「今は(再婚して)幸せよ」と語ると、花田氏は笑顔を浮かべ「安心しました…それを聞くと勝手に…。実はずっと(心配していたんです)」と心の内を明かしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00000090-dal-ent


    所長見解:寂聴・・・

    【【衝撃告白】元貴乃花親方 婚約破棄した宮沢りえ「実はずっと…」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「愛情がなくなりました」

    1993年1月、まだ20歳だった元貴乃花親方(46)の、婚約者・宮沢りえ(45)への冷たい発言である。

    当時、人気絶頂だった2人のビックカップル誕生に世間は沸いたが、婚約会見からわずか2カ月後に破局。

    t


    あれから25年。

    元貴乃花親方は、一度は信頼した人物と、修復不可能な絶縁を繰り返している。


    兄・花田虎上氏(47)との兄弟喧嘩は有名だ。

    「若貴フィーバー」で相撲界を牽引した2人だが、常に比べられたこともあり、いつしか口もきかなくなった。

    元貴乃花親方も兄のことを「まさる氏」と呼ぶなど、現役時代から確執が始まっていた。

    2人の不仲が表面化したのは、2005年、先代・貴乃花の葬式の喪主をめぐっての対立だった。

    遺骨の管理や遺産相続について意見が合わず、溝が深まった。

    母・藤田紀子さん(71)は今でも息子への愛を語るが、元貴乃花親方は母に携帯番号を教えていないという。


    2018年、元フジテレビアナウンサーだった河野景子さんと離婚。

    理由の1つに、靴職人である息子・優一の芸能活動があげられている。

    『週刊文春』(12月27日号)は、元貴乃花親方を独占インタビューしている。

    そこには息子への絶縁ともいえる言葉が書かれていた。

    「(息子が)職人を語る以上、チャラチャラと表に出ている暇があったら、靴を作って土台をしっかり築くべき。
    まずは一流の職人になるのが先ですよ。
    タレントになりたいのなら、中途半端に靴職人の肩書きを使っちゃいけない。
    本当の職人さんに対して失礼です。  
    自分に力がないのに、親の名前でメシを喰おうとしているのが現状です。
    今はチヤホヤされるかもしれないけど、世の中はそんなに甘くない。
    我が子ながら恥ずかしくないのかと思います。
    私の靴ですか?  
    もちろん作らせていません。
    百年早いですよ」

    景子夫人は、優一が番組撮影で海外に行った際に同行するなど、大人になってからも溺愛してきた。

    だが、そんな様子も、元貴乃花親方には我慢ならなかったのだろう。

    見捨ててきたのは、息子だけではない。

    自身が相撲界から引退するきっかけとなった暴行事件の被害者である元弟子・貴ノ岩(28)が、暴力事件を起こし電話をかけてきたときも、「出なかった。10年は会わない」と美談のように語っていた。

    愛弟子の裏切りに対し、冷たく突き放した形だ。

    いったんはわかり会えた人間とも、結局は距離をおいてしまう孤高の男。

    元貴乃花親方を入門時からよく知る、相撲レポーターの横野レイコさんはこう語る。

    「よくも悪くも、思い込んだらまっすぐ。
    中途半端なことはできない人なんです。
    極端で、白か黒どちらかしかない。
    だからちょっとしたことで仲違いしてしまうし、それは親兄弟でも同じなんです。
    その性格は昔から変わりません」

    自分自身の考えを変えず、息子まで捨て去った。

    元貴乃花親方の2019年は、明るい1年になるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181230-00010000-flash-peo


    所長見解:たしかにね・・・

    【【家族絶縁】貴乃花、すべての人を捨て去る説。 】の続きを読む

    このページのトップヘ