貴乃花

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元貴乃花親方と、その元妻の河野景子さんの長男・花田優一氏が正式に離婚を発表した。


    花田氏はブログに、

    《この度、花田優一は離婚致しましたことをご報告申し上げます。
    関係者各位の皆様、応援頂いております皆様にご迷惑おかけしてしまい大変申し訳ございません。
    未熟者ではございますが、今後とも精進して参りますのでご教授いただければ幸いです》

    と報告しているが、離婚日や理由などの詳細は明かさなかった。

    花田氏の離婚理由は、不倫やマザコンなどいろいろといわれている。

    『デイリー新潮』の記事によると、今年2月25日に放送された『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に花田氏が出演したときの回が、夫婦の亀裂を決定的にしたという。

    その回で花田氏が紹介した『花田優一の自宅』が、自分が住んでいる家とは全く違っていたことが理由だったとか。

    元妻はこれまで信じ続けていた夫が、自分が全く知らない家を持っていることにショックを受け、夫を信じられなくなったと報じられた。

    花田氏の離婚には、ネット上でも「予想通り。元奥さんは新しい人生を歩んでください」「優一さんには問題がいろいろありますね」と非難ごうごうだ。

    no title


    親父はアレだけど本業は凄かった

    花田氏は、自称「靴職人」として活動しているが、こちらも評判がガタ落ち中。

    父の元貴乃花親方は「テレビ出てる場合じゃない」と、職人でありながらテレビに出まくる花田氏に苦言を呈していたが、12月13日放送の『ゴゴスマ~GOGO! Smile!』(TBS系)でも、フリーアナウンサーの吉川美代子が否定的な意見を述べた。

    吉川は、東京で“本当に”有名で売れっ子な靴職人の知人がいるとし、その人は40代半ばで「やっと私は靴職人です」と言えるようになったらしい。

    一方、花田氏はわずか3年の修行で靴職人だと自称している。

    さらに、花田氏の靴を見たその靴職人は「英国の靴の学校の1年生は、みんなこの程度作ってます」と答えたそうだ。

    所属していた芸能事務所から解雇され、靴職人としての未熟な腕がバレ、妻にも見捨てられた花田氏。

    もはや、親に泣きつくしかないのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1612774/


    所長見解:そうね・・・

    【【貴乃花息子】花田優一の靴は「1年生レベル」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    父親・元貴乃花親方に続いて、息子で靴職人の花田優一が正式に離婚したと12月12日に配信された「デイリー新潮」が伝えた。

    h


    「花田優一といえば、今年9月に“板野友美似の謎の美女”と密会していたところを週刊誌『フライデー』に撮られていますが、そもそもの亀裂が生じたのは、遡ること7カ月前の2月に放送された『おしゃれイズム』(日本テレビ系)だったというのです。
    この放送では、花田が実の妹たちと一緒にお風呂に入ったりキスしていることを告白。
    妻との出会いを語る際に『コイツ嫁かなって思った』と話すなど、彼のギョロっとした目つきと相まって、視聴者から相当なバッシングを浴びる内容となりました」(テレビ誌ライター)

    そして、その放送を見た元妻が最も衝撃を受けたのが“花田優一の自宅公開”だったのだという。

    「同誌の取材によると、番組内で“自宅”として公開されたものが、自分が住んでいる家と全く違ったそうです。
    しかし、自分が知りもしない家を夫が持っていたという事実にショックを受けたことが、信頼関係を崩す決定的なものになったのだとか」(前出・テレビ誌ライター)

    母親の河野景子からは深すぎる愛を注がれて、血のつながった妹たちとは常軌を逸した愛情表現。

    一方で、妻を“コイツ”と呼び、その妻の知らぬところで家を持ち、謎の美女とも密会。

    そして、職人と呼ぶにはあまりに短い修行期間でのメディア出演…

    視聴者が抱いた“違和感”は、全くもって“的確”だったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1607704/


    所長見解:怪しいよね・・・

    【【これはヤバい】花田優一の元妻「テレビで紹介された家がウチじゃない」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大相撲の前頭・貴ノ岩が、付け人で三段目力士の貴大将に暴力を振るった問題が波紋を広げている。

    貴ノ岩は自身の暴力問題を受けて、12月7日、引退する意向を固めたことが分かった。

    昨年10月の元横綱・日馬富士による暴力事件で被害者になっていたにもかかわらず、自分が弟弟子に暴力を振るっていたのだから、もはや貴ノ岩には同情の余地もないのは明らかだ。

    今回の暴力問題について、元親方の花田光司氏は、スポーツ紙の取材に対して「あんなことしちゃったらね。言語道断でしょ」と言葉少なくコメントしたが、ネット上からは「親方の教育が悪かったとしか思えない」「貴ノ岩には同情できないけど、貴乃花親方にもかなり責任があると思う」「貴ノ岩の自覚が足りないのは、協会や親方の責任でしょ」など、もはや他人事のように装う花田氏に批判が集まっている。

    「花田氏が多くを語らないのは、すでに相撲協会を退職している自分には関係ないという意思表示でしょうね。
    もっとも、貴乃花部屋では昔から暴力沙汰が頻繁に起きており、花田氏自身も弟子に手を上げたことがあるくらいです。
    今さら元弟子の暴力事件について、コメントする立場にないとも言えるでしょう」(スポーツ紙記者)

    t


    相撲界の暴力体質を批判していたはずだが…

    大相撲九州場所で幕内最年少で初優勝を飾った小結・貴景勝は、自身を鍛えてくれた元貴乃花親方に感謝の思いを伝えたという。

    しかし、世間から見れば、貴景勝の優勝は自分のおかげだが、貴ノ岩の暴力事件は関係ないという花田氏の態度は受け入れがたいのではないだろうか。

    「貴ノ岩が引退を決意したのは、モンゴルの家族を考えてのこともあるでしょうね。
    そもそもモンゴルでは英雄的存在の日馬富士を提訴したことで、貴ノ岩の家族は猛バッシングを浴びていました。
    そのあまりにも酷い嫌がらせに、貴ノ岩が提訴を取り下げたのは記憶に新しいところ。
    にもかかわらず、今度は自分が暴力事件を起こしていたのですから、家族がさらなる批判を浴びるのは間違いありません。
    協会からの処分が下る前に、自ら身を引いたのは懸命だったかもしれません」(同・記者)

    貴ノ岩については、かつて貴乃花部屋に所属していた元力士が、エアガンで後輩力士を撃っていたことや、何度も暴力行為を行っていたことを暴露している。

    また、当時の貴乃花親方が弟子を殴りつけ、出血する姿も目撃されている。

    今となっては、貴乃花部屋自体に暴力が蔓延していたのは間違いないが、それを許していた花田氏の責任は相撲協会を辞めたからといって、決して消えることはないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1603644/

    所長見解:もうね・・・

    【【元貴乃花親方】貴ノ岩事件に『無関係』の態度を取る、花田光司氏の人間性問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大相撲の前頭貴ノ岩(28=千賀ノ浦)が、付け人で三段目力士の貴大将(23)に暴力を振るった問題で、入門から今年9月の秋場所まで指導した元貴乃花親方の花田光司氏(46=元横綱)は「言語道断」と、かつての弟子を一刀両断した。

    問題発覚から一夜明けた6日、都内で日刊スポーツの取材に答えた。

    また11月の九州場所で初優勝した小結貴景勝(22=千賀ノ浦)ら、旧貴乃花部屋の力士からも「残念」などの声が相次いだ。

    貴ノ岩の育ての親は口調こそ落ち着いていたが、それとは対照的な言葉を発した。

    元貴乃花親方の花田氏は、新幹線で都内に戻ったところで歩きながら質問に答えた。

    貴ノ岩が起こした暴力については、開口一番「あんなことをしちゃったらね…」と、残念そうに話した。

    さらに「言語道断でしょ」と続けた。

    昨年10月に元横綱日馬富士による暴力事件で貴ノ岩は被害者となり、自身も暴力根絶を訴えてきた。

    その思いが届いていなかったことへの、歯がゆさを飲み込むように後は「予定があるから」などと多くは語らなかった。

    今年10月に、日本相撲協会が暴力決別宣言と、暴力問題再発防止策の方針を発表した。

    それは貴ノ岩のようなケースが再び起こらないよう、花田氏が愛弟子を守ろうとしたのが発端ともいえる。

    皮肉にも協会の宣言などを受け、暴力の加害者は厳罰に処する方針が適用される第1号も貴ノ岩となった。

    そんな状況を招いた貴ノ岩の軽率な行動と、かつての弟子が再び暴力の被害者となった貴大将への思いやりが混在し「口では言い表せないこと」の意味の「言語道断」という言葉となったのかもしれない。

    この日、大分・別府市で行われた冬巡業に参加した、旧貴乃花部屋時代から弟弟子の貴景勝、貴源治は、ともに真っ先に「残念です」と語り、視線を落とした。

    暴力については「顔が腫れていたので分かった」(貴景勝)「顔を見れば分かる」(貴源治)と、頬が腫れた翌朝の貴大将を見て察知したという。

    初優勝からわずか10日後の出来事だが、貴景勝は「僕のことはどうでもいい。自分は相撲を取ることしかできない」と気丈に話した。

    苦楽を共にしてきた兄弟子と再び相撲を取りたいか問われると「付け人の立場もあるし、2人の関係もある。ただ、早く解決してほしい」と、一段と深刻な顔で話した。

    貴源治は「この件に関しては『言い訳なし』じゃないですか。言葉はないですよね。これが貴ノ岩関の人生なんだな」と厳しい言葉も述べた。

    貴源治は、双子の兄の貴公俊も暴力を振るって謹慎処分を受けた。

    一時の感情で暴力へと発展する愚かさを人一倍感じている。

    常に暴力問題の渦中にさらされてきた旧貴乃花部屋。

    育ての親にも、弟弟子にも、暗い影を落とすことになった。


    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00412501-nksports-fight

    no title


    所長見解:引退やね・・・

    【【貴ノ岩暴力問題】元貴乃花親方怒り激白がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    平成の大横綱・元貴乃花の離婚が発覚したのは、11月26日。

    それ以後、連日マスコミでは憶測も含め様々な報道がなされる中、注目を集めているのが景子元夫人の多才ぶりだ。

    k


    「貴乃花部屋のおかみさんを続けながら、2016年には美容販売・イベント企画会社『ル・クール』を設立。
    そして自身が校長を務める『ことばのアカデミー』を主宰。
    この他に美容液『スヴィエ エッセンシャルセラム』のディスカウント販売、さらに年間50回にものぼる講演会をこなすなど二足どころか、三足も四足もの草鞋を履いていたことが『夕刊フジ』などの調べで明らかになりました」(スポーツ紙記者)

    29日に放送された生番組「バイキング」(フジテレビ系)では、年間50回にものぼる講演会を場所中にも行っていたことが明らかになり、コメンテーターの岩崎宏美や薬丸裕英から「大切な弟子たちの本場所中に、部屋をあけるのはありえない」と言った声が上がった。

    「離婚報道が報じられた当初は、景子元夫人に対して辛口でなるおぎやはぎの小木博明も『元々華やかであんなきれいですから、これからどんどん羽ばたいて欲しい』とコメントするなど今後の活動にエールを送る声も聞かれましたが、おかみさん時代の副業が明らかになるにつれ、非難する声が高まりつつあります」(前出・スポーツ紙記者)

    さらに靴職人の長男・優一氏を連れてテレビ局まわりをしていたなど、息子の溺愛ぶりに疑問を呈する声も上がり、景子元夫人に対する逆風は日増しに強くなりつつある。

    「離婚報道の直後は、キャスターとして復帰するという噂も流れましたが、逆風が吹き始めた今、すぐには難しいでしょうね。
    ここは焦らずほとぼりを冷ます意味で、海外へ短期留学するのも選択肢の一つではないでしょうか。
    現在、長女・次女はアメリカに留学中でもありますし」(夕刊紙記者)

    今後、キャスターとして復活するためにもイメージは大切。

    景子元夫人の考えやいかに!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1596122/

    所長見解:どうなんやろね・・・

    【【衝撃事実】河野景子さん、おかみさん時代の秘密が次々発覚した結果・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ