ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    貴乃花

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本一有名な家族が歩み出したそれぞれの道

    午後1時半過ぎ、高級中華『N』を出た河野景子さん(左)とI氏は談笑しながら裏原宿のマンションへと向かった。

    その夜、「旧・貴乃花一家」の面々が都内の有名イタリア料理店に集結していた。

    河野景子さん(54)は娘とその友人を伴って19時前にタクシーで到着。

    少し遅れて、長男で靴職人のタレント・花田優一(23)が姿を現した。


    当然といえば当然だが――景子さんが三行半(みくだりはん)を突きつけ、優一と靴作りや離婚を巡って衝突していた一家の長、花田光司氏(46)の姿はそこにはなかった。



    t


    昨年10月に景子さんと光司氏は離婚。

    本誌が不倫疑惑を報じた優一も陣幕親方の娘と破局した。

    以来、「日本一有名な家族」は一家離散状態にあっただけに、再会がよほどエキサイティングだったのだろう。


    2時間以上に及んだディナーが終わった後も優一は店の前の消火栓に登ったり、妹やその友人とバレリーナのようなポーズを決めて記念撮影をするなど大ハシャギ。

    最後は3人揃って自撮りしたりと、超ゴキゲンだった。


    一方、楽しげな子どもたちの様子に目を細めていた景子さんは、アゴヒゲを蓄えた恰幅(かっぷく)のいい中年紳士にそっと、肩を抱かれていた。

    テディベアを思わせる愛らしい風貌のこの男性、件(くだん)のイタリア料理店の有名オーナーシェフ、I氏(49)である。

    「お父さんは『POPEYE』や『BRUTUS』を創刊した有名編集長でテレビキャスターとしても人気でした。
    その影響か、I氏が経営するトラットリアには福山雅治や元格闘家の高田延彦、放送作家の小山薫堂など一流の著名人が常連として通っています」(芸能プロ幹部)

    昨年夏、広島の長野久義(34)が盟友の巨人・片岡治大コーチ(36)と合コンをしていたのもI氏の店であった。

    「先代・貴ノ花時代から交流が始まり、子ども同士も仲良し。
    文字通り、家族ぐるみの付き合いをしているそうです」(I氏の知人)



    旧知の店での食事会を終え、優一が乗ってきたミニバンで貴乃花一家は家路に就(つ)いたのだが――この3日後、本誌は意外な場面に遭遇した。

    いつものように朝、自分が経営する会社に出社した景子さんは、昼過ぎにタクシーを拾って原宿で下車。

    胸元の大きく開いたブラウスに黄色のスカートという、
    真夏を思わせる情熱的なファッションで老舗の高級中華『N』へ向かった。

    店先で彼女を出迎えたのは、つい先日会ったばかりのI氏だった。


    二人きりのランチデートが終了したのは、1時間以上経過したお昼1時半過ぎ。

    相撲一辺倒だった前夫と比べれば、I氏の話はバラエティに富んでいるのだろう、景子さんはケラケラと実に楽しそうに笑っている。

    そのまま二人は人気(ひとけ)のない裏路地へ入り、裏原宿にあるマンションへと入っていった。


    いかにも包容力がありそうなI氏はたしかに魅力的な人物だが、妻子持ちのはずである。

    まさか不倫……なんて訝(いぶか)っていると、マンションから二人が出てきた。


    I氏はキョロキョロと落ち着かない様子。

    そのまま大通りに出ると、二人はタクシーを拾って都心方面へ走り去った。


    マンションで二人は何をしていたのか? 

    後に景子さんはカシミアのショウルームを訪ねていたとブログで明かしたが、I氏の存在は伏せられていた。


    さらにこの数週後、I氏のバースデーを祝おうと優一が一人でトラットリアを訪れると、やはり一人で彼に会いに来ていた景子さんと遭遇する一幕があった。

    家族ぐるみの付き合いという枠を超えて、もはや新しい「パートナー」としか思えない距離感の二人なのである。  


    ※画像がコチラ


    https://news.livedoor.com/article/detail/16761710/
    FRIDAYデジタル

    所長見解:不倫・・・

    【【元貴乃花婦人】河野景子さんの新たなパートナーがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    靴職人でタレントの花田優一が4日、日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演。


    h


    父で元横綱の貴乃花光司氏について、「全然会ってない」と明かした。

    俳優・高橋英樹から「お父さんとは最近会ってるの?」と聞かれた花田は「全然会ってないです」と明かし、「会うとちょっと圧力というか、威圧感で仕事が手に付かなくなる…」と話し、スタジオには笑いが起こった。

    母親でフリーアナウンサーとしての活動を再開した河野景子とは「母は会いますね。父にはもともと年に1回か2回会うか…」と説明した。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16724073/
    デイリースポーツ


    ▼画像
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/0/805fa_50_8ef69c5b_76e90c82.jpg 

    所長見解:まだ出るね・・・
    【【あの人は今】靴職人・花田優一の現在・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの花田虎上(48)が10日放送の関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。

    MC上沼恵美子(64)の猛攻撃にタジタジになるシーンが見られた。

    上沼から「お兄ちゃん(花田)と貴乃花(光司氏)仲良くなってんねんて」と振られ、キョトンとした表情を見せる花田。

    状況を理解したのか、すかさず「(弟からは)連絡ないですよ!」と否定した。

    上沼は「ずっと仲悪いまま?」と聞き返すと「話してないです。番組を通して、ああいう風に(和解の気持ちを)言われて、それからは話してないです」と動きがまったくないことを明かした。

    放送時の段階では、某テレビ番組で貴乃花氏が“絶縁状態にある母や兄と和解する気持ちがあるか?”と問われ「ハイ」と即答。

    そんな流れもあって、雪解けムードが高まっていた。

    しかし花田はおろか、母でタレントの藤田紀子(71)にも連絡はなし。

    さらに“親子・兄弟の出会いの番組をやるのでは?”とも噂されていたが、それも実現していなかった。

    s


    上沼は「弟さんはそんな(和解の)気があるんじゃないのかな?
    離婚もされて、1人になって、やっぱり身内やな、血のつながりやらって思ってるん違いますか?」と花田に尋ねると「それは聞いてます」と返答。

    ただ、弟からアクションがあったとしても、即和解というわけにもいかないようで、それまで絶縁状態にあっただけに「からまった糸があるんで、自分の中で整理出来たらいいんですけど」と言葉を濁した。

    それでも、争いごとにはしたくないと考える花田。

    「そしたら許したったらよろしいやんか!」と上沼が詰め寄ると、「ハイ…」と苦笑いを見せた。

    上沼は「弟さんもズッコいな。
    奥さんと離婚して、ひとりぼっちになって。
    仕事は相撲の事やりたい言っても、現実って難しいですやんか。
    そんな中で、やっぱり身内やなって思って、お兄ちゃんて言いたいんやけども…
    これまでのこと考えたら言えないなっていう、1本通った妙なプライドみたいなものがあるんですよね」と持論を展開した。

    続けて上沼は「(弟さんは)お兄ちゃんからの電話を待ってるって感じが、私はしてならない」と花田からのアクションを期待。

    しかし、花田は困惑気味に「一方的にブン殴られてたのに仲良くしようぜって言われても…。
    ずっと、ディフェンスしてたのに、ちょっと待ってってなるのが本心なので」と説明。

    上沼は「そこを何とか!」と歌舞伎のパフォーマンスで笑いを誘った。

    上沼はさらに「私に免じて電話してやってくださいよ」と頭を下げると、スタジオには大きな拍手が。

    「このご兄弟は仲良くあって欲しい。
    平成の大横綱同士やから。
    弟さんて“ヤンチャさん”なんよ。
    相撲しか知らなかったん。
    ちょっと忘れ物してきてんねん。
    そういうところをお兄ちゃんが包んであげたらどうですか?」と上沼が畳みかけると、花田は「すみません…」と返答に困る姿を見せた。

    花田は「まずは母と仲良くなってもらいたいんで」と上沼の矛先を母へと向けると、上沼は「母はアカン!」と強く否定。

    「母はええ人なんですけどね。自分のことばっか考えてはる」とブッちゃけた。

    最後は「うちは6つ年上の姉がいるけど、なんもしてくれへんわ」と自身の姉をイジりつつ、お兄ちゃん・花田の次なるアクションに期待を寄せていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16440640/

    所長見解:無理なん・・・


    【【和解へ】花田虎上、弟・貴乃花との現在の状況がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元貴乃花親方の貴乃花光司氏(46)と元フジテレビアナウンサー、河野景子さん(54)の長男でタレント活動も行う靴職人、花田優一氏(23)が14日放送のテレビ朝日「松之丞カレンの反省だ!」(日曜前0・35)にVTR出演。

    番組では講談師の神田松之丞(35)が花田氏の靴工房を訪れ、花田氏と対談を行った。

    松之丞は工房内の様子を伝えながら、靴のオーダーメイド料金を質問。

    花田氏は「ピンキリですが20万円~40万円の間で、革の性質や製法の手間賃で値段をすり合わせていく」と真摯に答えた。

    靴職人でありながら、積極的なメディア露出に加え、顧客からのクレームや身辺トラブルなどが次々に報じられワイドショーなどで批判の的になっている花田氏。

    松之丞が「コメンテーターみたいなやつらがさ、偉そうに金もらって批判してくるじゃん。誰に1番腹立った?」と意地悪な質問をぶつけた。

    花田氏は「僕ずっと思っていることがあって、『テレビに出てる暇があるなら靴作れ』って言うじゃないですか。
    テレビ出てるやつが全員本業じゃないでしょ」と指摘。

    t


    この回答に自身のラジオ番組で花田氏を度々イジっている松之丞は、「優一、それ誰のこと言ってる?」と苦笑いを浮かべると、花田氏は「芸人さんで漫才が本業なら、僕にそういうことを言うんだったら、テレビ出ないで漫才だけやってればいい」と主張した。

    さらに花田氏は「僕が評価されたら全員持ち上げて、駄目になったら全員批判するのが芸能界なのかなとか思っています」と冷静に持論を語った。
    https://www.sanspo.com/geino/news/20190415/geo19041510280022-n1.html



    所長見解:言っちゃった・・・
    【【激怒】靴職人・花田優一氏「芸人は漫才だけやってればいい」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元横綱・貴乃花の花田光司氏が、まさかの絵本作家転身だ。

    ゲスト出演した3月20日放送の「ザ・発言X」(日本テレビ系)では、新たに挑戦したいこととして「絵本作家です」と明言。

    また21日放送の情報番組「スッキリ」(同)では、花田氏自身による絵本の朗読映像を紹介した。

    なお同映像はYouTubeの日テレ公式チャンネルでも公開されている。

    h


    花田氏が内容を手掛け、鉄拳が絵を担当した絵本の「光のテーブル とっても大切なカエルもおはなし」は、4人家族で暮らしていた子カエルのカルルが主人公。

    得意のジャンプ力を試すために家を飛び出し、大会で優勝してちやほやされるも、家族で食べていた料理を想い出して帰ってくるという物語だ。

    その作品について絵本事情に詳しい女性誌ライターが眉をひそめる。

    「絵についてはさすが鉄拳というべき仕上がりとなっていますが、肝心のストーリーについては何も語るべきものがないほどに凡庸すぎます。
    花田氏自身は瀬戸内寂聴さんから絵本作りを勧められたと語っていましたが、そもそも素人でも簡単に絵本作りに取り組めると思われていることに、絵本業界は憤慨しているのです。
    芸能界には出産したママタレントが“子供ができれば良い絵本が作れる”とばかりに、安易な考えで絵本を出版する風潮もありますが、そういったママタレントの絵本で子供たちの心をとらえたものはほとんどないのが現実。
    そして今度は貴乃花かと、もはや呆れかえっていますね」

    ちなみに絵本は出版不況のなか数少ない成長分野として注目されており、毎年2000点以上を出版。

    雑誌のMOEが主催する「絵本屋さん大賞」や、(公財)全日本私立幼稚園幼児教育研究機構の主催する「ようちえん絵本大賞」は毎年、大きな注目を浴びている。

    「これらの大賞にタレント絵本が選ばれていないことからも分かるように、絵本というのは本来、プロの手によって生み出されるもの。
    それなのに貴乃花が作った絵本というだけでテレビ番組が時間を割いて取り上げるのは、『絵本なんて簡単に作れる』というイメージを生みかねず、絵本業界としては本当に迷惑な話なのです。
    しかも花田氏による朗読はあまりにも抑揚がなく、あんな調子で読み聞かせされても子供たちとしては退屈なだけ。
    仮にも相撲の世界で横綱という頂点に立った人物ならば、他の分野に土足で踏み込むような真似はやめてもらいたいですね」(前出・女性誌ライター)

    幼稚園や小学校で絵本読み聞かせの機会を持つ世のパパママたちは、世にあまたある人気絵本にも目を通しておくのがいいのかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16216940/

    所長見解:ええ話やん・・・
    【【作家激怒】元貴乃花が絵本作家宣言した結果www】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ