ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:貴乃花

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    貴乃花(46)はこれまで、大勢の前で3人の親方を罵倒している。
    2014年に死去した放駒元理事長(享年66=元大関魁傑)、八角理事長(55=元横綱北勝海)、友綱親方(66=元関脇魁輝)、いずれも自分より年長の先輩に対してだ。

    二所ノ関一門に所属するある親方が言う。

    「貴乃花がウチの一門から初めて理事候補選に出馬したのは2010年。
    いまさら説明する必要もないだろうけど、当時は慣例破りの貴乃花の行動に、一門は騒然としていた。
    そんな中、何とか貴乃花をいさめようとしていたのが、一門の実質的な総帥だった放駒さんです。
    一門会でも『まあ、待て。ちょっと落ち着け』と説得していましたが、貴乃花は聞く耳を持たず、自分の都合しか話さない。
    しまいには放駒さんを大声でののしりだしたものだから、われわれも肝を冷やしたほどです」

    八角理事長を面罵したのは、16年1月の年寄総会。
    当時は山響親方(48=元前頭巌雄)が評議員を退任したため、後任を決める必要があった。
    八角理事長は年寄総会に先立って行われた評議員会で、同じ高砂一門のOBである元中村親方(70=元関脇富士桜)を推薦。
    これに猛反発したのが貴乃花だ。

    年寄総会に出席したある親方が言う。

    「貴乃花は評議員会でも怒っていたようだけど、その後の総会でもすさまじかった。
    親方衆全員が見ている中で、八角理事長を『テメー!』とか『コノヤロー!』とか怒鳴り散らしていた。
    聞き取れたのはそれくらいで、後はほとんどワーワーわめいていた。
    理事長が何か言おうとしても、ずっと怒鳴っているもんだから、ウチらもドン引き。
    ちょっとあの怒り方は尋常じゃなかったね」

    t


    ■「オマエなんて言われる筋合いはねえよ!」

    さらにこの親方は友綱親方の件についても、こう話す。

    「きっかけはつまらないことだよ。
    いつの総会かは忘れたけど、貴乃花が何かについてしゃべっていたんだ。
    そこに友綱さんが『オマエ、それはちょっと違うよ』と横やりを入れた。
    すると、貴乃花は突然、『オマエにオマエなんて言われる筋合いはねえよ!』と、友綱さんを罵倒した。
    友綱さんは貴乃花より20歳も年上だよ? いくら何でも言い方ってものがある。
    あの辺りから親方衆も、『コイツ、何かおかしいぞ』と気付き始めたようだね」

    他人の意見に反論する権利は誰にでもあるし、話の腰を折られて面白くない気持ちもわかる。
    その場合、普通ならば「対話」というプロセスがあってしかるべき。
    ところが、貴乃花はいきなり一足飛びどころか二足も三足も飛んで、「罵倒」という手段に出る。

    それでなくとも、貴乃花は自分の言葉で相手と話し合うことができない。
    少しでも気に入らないことがあれば、大声を張り上げて恫喝する。

    ある親方は「顔と顔を10センチくらいの距離に近づけて、ものすごい形相でにらまれたこともある」と話す。
    ヤクザでもしかるべき地位の人ならこうはしない。
    これではまるでチンピラヤクザではないか。

    16年に大阪で行われた理事会では、宗像元外部理事とともに、執行部を糾弾。
    といっても、マトモに意見をぶつけたわけではない。
    宗像元理事の尻馬に乗って、「そうだ、そうだ!」とダミ声で怒鳴っていただけだ。
    逆に話し合いの席や、自分が攻められる立場に回ると「はい」「いいえ」「別に」くらいしか言えず、切羽詰まると「それは弁護士に……」と、逃げ回るのが常だ。

    人と理詰めで話せないのだから、組織改革などできるはずもなかったのだ

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/239250


    所長見解:本当か?・・・

    【【これはヤバい】元・貴乃花親方の裏の顔がコチラ・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月いっぱいで日本相撲協会を退職した元貴乃花親方のコメントが、ネット上で話題になっている。

    t


    元親方は、10月8日に亡くなった第54代横綱・輪島大士氏への追悼のコメントを『貴乃花応援会』のウェブサイトに投稿した。

    《私が幼いころですが、輪島さんは先代貴ノ花の自宅へ遊びに来られていました。
    夜に突然来られてあっという間に残り香を残して帰られるような輪島さんは、私の子供のころの記憶をたどると、宇宙人みたいな、それこそ天孫降臨されたような方でした》

    《輪島さんの思い出をたどると、先代貴ノ花の師匠が残して下さったお話も尽きないほどに思い出されますが、どれもが懐かしいことばかりです》

    《大きな大きな背中の輪島のおじちゃんとの大切な思い出を、いつまでも心にしまっておきたいと思います》

    元親方は幼少のころからちびっこ相撲で優勝するたびに、週刊誌から“輪島の子”などと陰口をたたかれてきた。
    その後、父・貴ノ花利彰氏の元に入門したときにも、横綱に昇進し、優勝を重ねていたときにも同じようなウワサを立てられ続けている。

    世間の間でも

    「輪島の40代くらいの顔が貴乃花親方とソックリなんだが……誰も何も言わないところをみると暗黙の了解ってやつなんだろうか」
    「貴乃花と顔が似てるよね」
    「顔も似てるけど体型が似てたよね」

    といった投稿が見受けられていた。

    このウワサに対して、貴乃花親方の母であるタレントの藤田紀子は、2017年に出演したテレビ番組で「根も葉もないことで、本当にくだらない作り話。最初聞いたときはビックリしたけど、今は怒るのもバカらしい」と全否定。
    しかし、藤田と元親方が現在13年間絶縁状態にあるのは、元親方が「輪島の息子というデマを真に受けてしまったからでは?」との邪推が収まることはなかった。

    藤田は今回、輪島氏が亡くなった件に、追悼として『東京スポーツ』で、「亡くなった親方(故二子山親方=元大関貴ノ花)とデートで輪島さんが連れてこられて初めて会いました。
    その後も輪島さんを交えて3人で食事しましたが、親方はシャイな方でしたし、2人だけなら場がもたなかったかもしれません。
    輪島さんがいなければ結婚していたか分かりません」と語った。

    輪島氏の死去によって、真相は完全にヤブの中となったが、デマが回ったまま親子の関係が切れているとなれば、これほど悲しいこともないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1540112/ 


    所長見解:真実は・・・

    【【輪島氏訃報】元貴乃花親方の「あの噂」問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元貴乃花親方が12日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)の取材に応じ、「きょう花田光司さんになりましたよ」と明かした。

    t


    11日に元親方は福岡県田川市で開かれた「田川貴乃花部屋後援会」の懇親会で退職のあいさつを行った。
    会を終えた後に番組の取材に応じ、東京と田川の部屋に土俵を残しているが「これは貴景勝以下、元の弟子たちが迷ったときに来てしこを踏んだらいいと思って置いてます」と明かした。

    今後は花田光司さんでいくのか、貴乃花光司さんでいくのか、どちら?と聞かれ「きょう花田光司さんになりましたよ」と笑顔。
    後援会員からは「みなさん小さい頃から面倒みてもらっている方で、もともと光ちゃんですので、光ちゃんでいきましょうということで」と語り、「引退したんですけど、ひとつ区切りだねっていうことで、これから長いから、またみんなで仲良くやっていこうということで」と話していた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000124-sph-spo 


    所長見解:光ちゃん・・・

    【【相撲界決別】元貴乃花親方「きょう花田光司さんになりました」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本相撲協会を退職した元貴乃花親方(元横綱・貴乃花)の花田光司氏(46)が10日、貴乃花応援会公式サイト内で、大相撲の元横綱でプロレスラーとしても活躍した輪島大士(本名・輪島博)さん死去を悼む長文の投稿をした。

    花田氏は「輪島さんに最後にお会いしたのは、未だに私の尊敬する、亡き北の湖前理事長との対談をされていたときで、その際傍でご挨拶ができました」と回想。
    「その時は、声帯の手術と治療をされていると聞きましたが、かすれながらに『こうじ、こうじ、』と、元気にお声がけ頂いたこと思い出されます。
    それが輪島さんと最後にお会いした時でした。
    その時期の私は、北の湖理事長の下で職務を学んでいた頃でした。
    輪島さんに久しぶりにお会いできて大変嬉しく、同時に北の湖理事長の輪島さんに対する労わりの精神を垣間見させていただきました」と思い出をつづった。

    貴


    ブログではさらに幼い頃の思い出にも言及。
    「輪島さんは先代貴ノ花の自宅へ遊びに来られていました。
    夜に突然来られてあっという間に残り香を遺して帰られるような輪島さんは、私の子供の頃の記憶を辿ると、宇宙人みたいな、それこそ天孫降臨されたような方でした」と記した。

    そして「輪島さんの思い出を辿ると、先代貴ノ花の師匠が遺して下さったお話も尽きないほどに思い出されますが、どれもが懐かしいことばかりです。
    輪島さんのあの愉快な楽しい話がまた聞きたいです。
    グァム旅行にご一緒したこともありました。
    大きな大きな背中の輪島のおじちゃんとの大切な思い出を、いつまでも心にしまっておきたいと思います」と結んでいた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000056-sph-spo


    所長見解:あれやな・・・

    【【あの噂】元貴乃花親方「輪島のおじちゃんとの大切な思い出」←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    相撲界から去るという決断をした、元横綱・貴乃花。
    後援会には「今はゆっくりしたい」と話しているというが、突如「政界転身」の噂がささやかれている。

    10月4日、永田町の議員会館を電撃訪問した貴乃花。
    元プロレスラーで自民党の馳浩元文科大臣とおよそ1時間面会したといい「参院選出馬の打診を受けたのでは」「まさかの政界入りか」と注目されたのだ。

    これに対し、貴乃花は「馳先生に以前からご指導いただきお世話になっていたので、引退しましたとご報告で来ました。(参院選出馬は)いや、もうまったく、あの…次何の仕事するかとか(考える)余裕がないので」と説明している。

    一方で、馳元文科大臣も参院選出馬の打診については否定したものの、自民党筋からは「馳さんのことだから『選挙出たいなら面倒見るよ』くらいは言った可能性があるけどね」との話も飛び出している。

    さらに、スポーツ紙の報道によると、2日後に衆院選を控えた2017年10月に「巨大勢力に立ち向かうってすごいエネルギーがいるんだよね。おれはさぁ…」と、自民党に対抗する野党の選挙戦に関心を示し、担当記者に熱く語っていたという貴乃花。
    相撲協会内における自分の立場と重ねていたのだろうか。

    no title

    貴乃花が出馬すれば「70万票は軽い」の分析も

    一方、現在の自民党はというと、先日の沖縄県知事選で敗北を喫し、来年の夏の参院選に向けて“目玉候補”が欲しいところ。

    「大相撲の発展を求める議員連盟」の会長を務める自民党の竹本直一議員は「タレント枠を考えていますからね。人気者で、ある程度票を集めてくれる人に期待する。その中にあの人(貴乃花)が入るかどうか、それはご本人がやる気があるかが大前提」と語る。

    自民党はこれまで、参院選の比例区に多くのタレントやスポーツ選手を擁立。

    2001年には元プロレスラーの大仁田厚氏が46万票、2016年には元SPEEDの今井絵理子氏が32万票を集めて当選するなど、党全体の得票数アップに貢献してきたのだ。

    ではもし、貴乃花が出馬するとなれば、どれほどの得票が見込まれるのだろうか?

    政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は「古き良き伝統を守り、そして改革もしていくという彼の行動というのは、政治に当てはめるとイメージがぴったりくる。つまり付加価値がある。もし仮に出馬したとすれば、これまでのタレント議員なんかが30万(票)とか取っていますけど、それ並、もしくはそれ以上取る可能性もある」と分析する。

    また、自民党の閣僚経験者は「60万から70万は軽く行くんじゃないか。ただ『政治の世界でこれをやりたい』っていうものが全くない人を出すのは絶対にだめだ」と語る。

    さらに、貴乃花の元後援者である、最福寺の池口恵観法主は「やればやっていけると思う。政治家になって世間のためにきちっと尽くしてもらいたい」と期待をにじませた。

    しかし、自民党が出馬を要請するにはハードルもある。

    ひとつが、2020年の東京オリンピックだ。
    開会式で相撲が大きな柱になるという見方があり、相撲協会と“喧嘩別れ”した形の貴乃花を候補にすることは相撲協会との関係が悪化するのでは、という懸念の声がある。

    もうひとつがいわゆる“身体検査”が行われていないということだ。
    実際に出馬を要請するとなれば、その結果も待たなければならない。

    「春に花咲く貴乃花」意味深な“替え歌”は?

    ♪秋に泣き冬に耐え 春に咲く三線の花…というのは、貴乃花の“十八番”だという沖縄出身バンド・BEGINの『三線の花』の歌詞だが、最近は「♪秋に泣き冬に耐え 春に花咲く貴乃花…」と“替え歌”にしている、という話も飛び出している貴乃花。

    相撲協会で果たせなかった改革は、春に永田町でスタートするのだろうか?

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00010012-fnnprimev-pol


    所長見解:無理だろ・・・

    【【政界進出】貴乃花、出馬すれば「軽く70万票」←これwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ