警察

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    強姦致傷容疑で逮捕され不起訴になった高畑裕太(23才)が、遺品整理業者でアルバイトをしていることがわかった。

    キ


    少子高齢化が急速に進んだ現代の日本において、静かなバブルを迎えつつある業界がある。それは、斎場や火葬場といった「人の死」にまつわる仕事だ。
    2008年にピークを迎えた日本の人口は、この先も減少が続いていくと予想されている。それはつまり、多死時代を迎えたということだ。

    そんな中にあって、遺族にとって時に負担となる故人の遺品の整理や廃棄を代行する「遺品整理」がにわかに注目を集めている。
    遺品整理業者には、ひっきりなしに電話がかかってくる。
    最近もまた、とある業者に関東近郊での仕事の依頼が舞い込んだ。
    遺された思い出の品々を手際よく片付ける作業員の中に、高畑裕太の姿があった。

    「少し前から、遺品整理業者でアルバイトをしているんです。
    といっても、週に1回程度と頻度は高くない。
    まだ、気軽にしょっちゅう外出できる状態ではありませんからね」(芸能関係者)

    裕太が強姦致傷容疑で逮捕されたのは2016年8月23日。
    その後不起訴となったものの、以降表舞台から一切姿を消した。
    都内の自宅から出ることはなくなり、身の回りの世話は母・高畑淳子(62才)や姉・こと美(30才)がする文字通りの潜伏生活。
    だが事件から1年が経ち、少しずつその状態から脱しつつあるようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170906-00000019-pseven-ent


    所長見解:復帰は無理じゃない?・・・
    【【あの人は今】高畑裕太、遺品整理業者でアルバイト 芸能界復帰への禊ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    執拗に夫・船越英一郎(57才)を責め立てた勢いは鳴りを潜め、日々の生活がつらつらと綴られるだけになった松居一代(60才)ブログ。

    騒動はひと段落したかと思ったが、ここにきて事態は急変している。
    不貞の証拠として、ブログにたびたび登場した「恐怖のノート」が彼女自身の首を絞めている──。

    no title


    小花柄のワンピースで自宅から出て来た松居一代はいつにも増して集まったマスコミに笑顔を見せていた。
    9月4日、彼女は東京・霞が関の東京家庭裁判所に向かった。
    夫・船越英一郎との離婚調停に出席するためだ。

    「松居さんは歩いて駅へ向かい、自ら切符を購入して電車を乗り継いで家裁へ行きました。笑顔のまま家裁に入って行きましたが、2時間の調停が終わって外に出てきた彼女は、報道陣から質問攻めにあっても口を閉ざして帰途につきました。
    その日、船越さん側は代理人が出席しました」(スポーツ紙記者)

    しかし、松居が真に心配すべきは離婚調停の行方ではない。

    全国紙社会部記者の話。
    「実は警察が松居さんの逮捕、事件化の可能性を本気で探って捜査を続け、秒読み段階に入ったようです」

    元おしどり夫婦による泥沼の離婚騒動が一気にヒートアップしたのは今年7月。
    松居が自身のブログで船越のプライベートを次々と暴露し、さらにはYouTubeを用いて夫を攻撃する動画を次々にアップした。

    「松居劇場」に沈黙を貫く船越は、すでに6月末に離婚調停の申立書を裁判所に提出。
    さらに騒動後、船越の所属事務所は、業務妨害と名誉棄損を主張して「松居一代に対する仮処分申立書が東京地裁で受理された」と発表した。

    「騒動の当初、船越さんサイドの弁護士は名誉棄損などについて警察に相談していました。その件で警察が動いていることは各メディアが把握していたのですが…」(前出・スポーツ紙記者)

    しかし、水面下では名誉棄損だけではなく、松居逮捕に向けての動きが進んでいた。
    警察当局が注視したのは、松居が公開した船越のパスポートと「恐怖のノート」だった。

    松居は7月5日にアップした動画で2冊のノートを画面に示し、《船越英一郎のノートです、これは。このノートのなかに、私がおかしいと思っていることがすべて書かれてありました…すべてです》と話した。

    前出・全国紙社会部記者が指摘する。
    「そのノートには、船越さんのスケジュールや、離婚までのステップを弁護士と相談した際のメモなどが書かれているようです。
    ノートを入手した松居さんは、船越さんの不貞を証明する証拠として、ブログや動画で何度もノートに言及したものの、実際はそうした内容ではないらしい。
    ですが、そもそも警察が注目しているのは、その中身ではありません。
    船越さんの別宅マンションに置かれていたパスポートやノートを松居さんがどうやって入手したかという点です」

    つづく

    NEWSポストセブン
    https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_610849


    所長見解:まあ、そうなるよね・・・
    【【警察に動き】船越との離婚調停開始の裏で「松居一代を捜査」の情報ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    元EE JUMPのユウキこと後藤祐樹さん(31)が、25日にAmazonプライム・ビデオで配信されるバラエティー番組『今田×東野のカリギュラ』に出演。
    芸能界を引退してから約15年ぶりに番組収録に参加した。
    その後、ORICON NEWSのインタビューに応じ、今の心境や逮捕時に話題となった首の入れ墨などについてたっぷりと語った。

    “カリギュラ”とは“禁止されるほど試してみたくなる心理現象”。
    25日に配信される第13話「地上波ではなかなか会えないあの人は、今?!」に後藤さんが出演。
    MCの今田耕司と東野幸治から呼び込まれると、緊張した面持ちで15年ぶりにカメラの前に姿を見せた。

    番組は後藤さんの人生をクローズアップ。
    1999年に姉・後藤真希が『モーニング娘。』としてデビュー。
    その会場で事務所の目に留まり、スカウトされて自身も芸能界に入ることになった後藤さん。
    ここまでは順風満帆だったが、その直後から運命の歯車が狂い出す。
    バンド活動を希望していたが、男女2人組ユニットでデビュー。
    そのため「恥ずかしかった」という思いから事務所の仕事をバックレるようになり、15歳だった2002年にキャバクラでの飲酒が週刊誌に掲載された。
    事務所からは残る選択肢も提示されたが、芸能界引退の道を選んだ。

    引退後は「芸能界で入れ墨というのは、まだまだ厳しい。入れることで戻れないのであれば、それでも構わない」と覚悟を決めてタトゥーを入れた。
    首筋にある鯉の入れ墨は18歳前後の荒れた時期に「後先を考えずに入れた」と述懐。
    どんどん増えていくタトゥーに姉の真希は「バカだなぁ」と漏らしたという。
    その後は坂道を転げ落ちるように悪の道へ。
    工事現場から銅線を盗むようになり、07年には強盗致傷で逮捕。
    懲役5年6ヶ月の実刑判決を受け、川越少年刑務所に服役した。
    その際に母親から言われた一言は生涯、忘れることはできないと番組で語った。
    さらに過酷な刑務所内での生活をVTRで再現し、12年に出所して以降は改心。
    全ての出来事を受け入れて前向きに生活をしている。

    収録を終えて、後藤さんは「15年ぶりというのもあって、収録前から緊張しました。
    でも、東野さんと今田さんがやりやすくしてくれて、話しやすかったです」と破顔一笑。
    現在は2番目の姉の夫の会社でアンテナ工事の仕事しているという。
    18歳のときに結婚した女性とは離婚し、今は4年ほど前に知り合った一般の女性と再婚しており、番組には奥さんも出演している。

    15年ぶりに出演した経緯を聞くと「今回、僕の妻と僕が一緒に通っている美容師さんからお話をいただいた。
    今まで雑誌だったり、映画の出演だったり、オファーは何件かあったんです。
    でも、その方の素性が怪しかったりした。
    でも、今回は妻が信用している美容師さんでした。
    あと、東野さんと今田さんを妻がすごく好きという理由もありましたし、僕でよければと思いました」と明かした。

    >>2以降に続きます

    http://www.oricon.co.jp/news/2096168/full/

    no title


    所長見解:首が・・・
    【【あの人は今】ゴマキ弟・後藤祐樹さん、15年ぶりに番組収録ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    高須クリニックの高須克弥院長(72)が23日、自身のツイッターでクリニックに爆破予告があったことを明かした。

    t


    同日午後7時過ぎに「『警視庁のホームページに高須クリニックの爆破予告が書き込まれ、現在お巡りさんたちが爆発物がないか調べている』と報告なう」とつぶやいた。

    その10分後に「爆破予告のあった東京の高須クリニックをくまなく調べたが爆発は発見できず、安全が確認されました。警視庁の皆様ありがとうございました」と被害がなかったことを明かした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-00000275-sph-ent


    所長見解:これは怖いね・・・
    【【これは事件】高須克弥院長、クリニックに爆破予告ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年8月、息子の高畑裕太(23)が逮捕されたあと、表立った発言を控えてきた高畑淳子(62)が“攻勢”に転じた。

    その現場となったのは7月に記者陣を集めて行われた10月公演の主演舞台「土佐堀川」のポスター撮影時の取材会だった。

    逮捕されたものの最終的に不起訴処分となった裕太の事件に関し「事実ではなかった報道を修正しないことに疑問を感じている」とマスコミ批判を展開。

    t


    さらには、「『歯ブラシを持ってきて』と呼びつけ、いきなり引きずり込んだという事実はなかったと考えている」と息子の無実を主張し「『なかったことはなかった』と毎晩2時間ぐらい心の中で『一人記者会見』をしている」と自身の近況まで明かして不満をブチまけたのだ。

    突如として言いたい放題の発言を繰り広げた高畑だが、それには伏線があった。

    「もともとは舞台『ええから加減』で藤山直美とW主演を果たす予定だったのですが、藤山が乳がん手術の療養で休演することになったため、作品を『土佐堀川』に変えて高畑一人で穴埋め的に主演を務めることになった。
    そういう事情もあって主催者サイドは高畑に借りができていたんです」(芸能関係者)

    そんな折、プロモーション目的の取材会を東宝が彼女に提案したところ「私にも言いたいことがある」と裕太について語るのを前提にノリノリで臨んだという。

    芸能関係者が続ける。
    「そうしてキツい質問が飛ばない御用記者だけが集まった取材会で思いの丈をブチまけ、大きく報道されたというわけなんです。
    これまで言いたくても言えなかったことを一方的にまくしたてて気分がよくなったようで、舞台に専念できそうですよ」

    一方、裕太はというと、

    「事件後、極度の人間不信に陥って、テレビ業界の人間とは連絡を絶っているようですが、
    唯一、つきあいの長い演劇仲間だけが自宅を訪れ、再起について語り合っているようですよ」

    こう語る演劇関係者は続けて、

    「最近では『いずれ無実を自分の口で語って堂々と復帰するしかない』と言っているようで、活動再開は遠くないでしょう。
    最初はキャパ100人規模の小劇場での復帰となりそうですが、その兆候を察して今回の(高畑の)会見に至ったと聞いています」

    高畑親子の逆襲が始まるのか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1345213/
    アサ芸プラス


    所長見解:イメージがね・・・
    【【これは激怒】高畑淳子 記者にブチまけた「裕太の逮捕」大批判ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ