警察

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月27日、午前2時ごろの銀座。

    高級クラブから出てきたところで、警察と押し問答する、シャツの袖が破れた大男の姿が。

    その大男とは、元プロ野球選手の清原和博(52)だ。


    全国紙の警視庁担当記者が、この夜の顛末を語る。

    「2月27日の早朝、『清原が築地署に連行された』という一報が入りました。
    ただ、喧嘩やトラブルではなく、みずから『薬物の尿検査も受ける』と申し出て、結果は陰性でした。
    厳重注意のうえ、迎えに来た知人と帰宅したそうです」


    k


    「事件性はなかった」と、警察関係者も苦笑交じりに明かす。

    「第三者に危害を加えたわけでもなく、覚醒剤を使用した形跡も、ありませんでした。
    ただ、当夜のことは本人にはまったく記憶がなかったと、後日聞きました」


    このところ、沢尻エリカ(33)、槇原敬之(50)など、芸能人の逮捕が続いている。

    清原も2016年2月に、覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役2年6カ月執行猶予4年の有罪判決を受けている。

    2019年末、テレビ番組で薬物を断ち切る決意を問われると、「これは日々、一日一日、気を引き締めて生きていくしかないので」と、殊勝に答えていたのだが……。


    どうやら最近、羽振りがよくなって、夜遊びも復活しているようだ。

    「最近は、厚労省主催の “依存症” 問題の講演やトークイベントに引っ張りだこで、収入も安定しているんです。
    それだけに私生活が乱れないか、周囲は心配しています」(ジャーナリスト・片岡亮氏)


    元妻でモデルの亜希さん(50)は2019年11月、女性ファッション誌『HERS』の連載最終回で、元夫の著書『告白』を取り上げ、こう綴っている。

    《涙が止まらなかった。
    (『告白』は)尊敬と怒りと後悔と慈愛と感謝が詰まった1冊。
    彼は罪を犯しました。
    けれど、今の姿を応援したい》


    逮捕から4年。

    元妻の言葉は、清原の胸に届いているのか――。


    (週刊FLASH 2020年3月17日号)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200304-00010001-flash-peo

    所長見解:やってなかったか・・・

    【【トラブル】清原和博氏「薬物の尿検査」の結果・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「大柄な男性が、警察官と押し問答をしていたんです。
    警察官や野次馬が集まり、物々しい雰囲気でしたよ。
    最後は観念したのか、男性はおとなしくパトカーに乗り込んでいましたね」 


     
    そう語るのは、事の一部始終を目撃した、近くの店に勤務する黒服男性だ。

    目の前で警察官とパトカーに乗り込んだのは、元プロ野球選手の清原和博(52)だった。 


    k

     
    このとき、清原のシャツは袖が破れ、まるで乱闘後。

    舞台は2月27日、午前2時ごろの銀座だ。

    清原は、高級クラブから出てきたところだった。 


    「この店は、清原さんの行きつけなんです。
    座って5万円という高級店。
    この日は、夜10時ごろから4人で飲んでいたそうです。 


    豪快な飲みっぷりで、女のコたちとも楽しそうに話していたんですが、だんだん呂律がまわらなくなり、見かねた仲間が帰ろうと促しても応じず、押し問答のようになったと。 

    気づいたら、店の外で服もあんな状態になっていたので、喧嘩と間違われたらしく、誰かが警察を呼んだのでしょうね」(前出の男性) 

     
    じつは去る1月17日の夜にも、清原が同じ店を訪れる姿を、本誌は目撃している。 


    「清原はこの店に、2019年11月のオープン当初から通っていて、シャンパンなど高級ボトルを何本も空けるなど、派手に遊んでいますよ」(芸能関係者) 

     
    当の本人は、"大トラ騒動" をどう思っているのか? 


    「その日は友人に呼ばれて、1カ月ぶりに銀座に飲みに出かけたそうです。
    本人は泥酔して覚えておらず、翌日友人から聞き、かなり反省しているそうです。
    せっかく真面目にやってたのに……」(親しい知人) 



    パトカーに乗り込む前の清原(写真左上の顔)

    画像がコチラ


    https://smart-flash.jp/sociopolitics/95217

    所長見解:これは・・・
    【【悲報】執行猶予中の清原和博さん、銀座で大暴れして警察に捕まった模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    薬物疑惑浮上の大物芸能人7人 女子アナや人気芸人も

    薬物疑惑であらゆる有名人がマークされている
     

    沢尻エリカ(33才)や槇原敬之(50才)など、有名人の違法薬物逮捕が加速する昨今。

    紅白出場経験のある女性歌手Aにも薬物使用疑惑が浮上しているという。

    加えて、違法薬物の取り締まりを行う組織マトリ(厚生労働省地方厚生局麻薬取締部)や組対5課(警視庁組織犯罪対策5課)はさらなる大物をマークしているとの情報もある。

     
    その中でも捜査当局が注目しているのが、「NHK紅白歌合戦」に出場経験のある歌手「A」だ。

    Aは過去に薬物使用の噂がたったことはなく、女性を中心に幅広い支持を集める人気歌手。

    切々とした歌い方でヒット曲も多く、代表曲はカラオケランキングで上位に入っている。


    “狙われている”のはAだけではない。

    捜査関係者はこう語る。

    「槇原の逮捕を受けて、複数の芸能人が芋づる式に逮捕される可能性が出てきています。
    組対5課の捜査関係者の間で具体的に名前が挙がっているのは、大御所バラエティータレントのB、大物男性歌手のC、オネエタレントのD。
    彼らは槇原と親密な関係にあった男性とのつながりがあり、全員同じ“薬物グループ”のメンバーとみられています。
    しかも薬物を仕入れているのはBで、Cは自宅を薬物パーティーの会場として提供することもあるそうです」(捜査関係者)

    y


    マトリが追うのは、人気ハーフタレントのEだ。

    「六本木を中心に、幅広く飲食店を展開する男性経営者をマークしている。
    彼は飲み会と称してドラッグパーティーを開催しているようで、そこに頻繁に出入りしているのがE。
    Eは毒舌コメントで人気ですが、実はとても小心者らしく、撮影の前日になると緊張に耐えられなくなり、“ない?”と求めるようになっているようです。
    テンションが一瞬でぶち上がるコカインを好み、トイレで使用するからか、テレビ番組の収録前は、トイレが長いことでも有名です」

     
    逮捕間近といわれているのは芸能人だけではない。

    有名大学のミスコン出身者で、フリーアナウンサーに転身し、現在もレギュラー番組を持つ人気女子アナウンサーのFもその1人だ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200228-00000020-pseven-ent

    所長見解:誰やねん・・・

    【【衝撃情報】薬物疑惑が発覚した大物芸能人7人がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    沢尻エリカ(33才)、槇原敬之(50才)と、大物芸能人の違法薬物に関する逮捕が相次ぐ中、今度は「NHK紅白歌合戦」に出場経験のある歌手「A」の名前が捜査線上に挙がっているという。

     
    Aは過去に薬物使用の噂がたったことはなく、女性を中心に幅広い支持を集める人気歌手。

    切々とした歌い方でヒット曲も多く、代表曲はカラオケランキングで上位に入っている。

    逮捕となれば、沢尻や槇原を超える衝撃が予想されている。


    p


    Aに“大きな変化”が見え始めたのは、2010年頃からだという。

    「支離滅裂なことを言い出したり、時間を守れないことが増えました。
    やせて顔も青白くなり、歌声がかすれてしまう日も多かった。
    体力が落ちたのか、ライブ後には足元がおぼつかないことも。
    周囲が心配して声をかけても、本人は“大丈夫”“なんでもない”と言って、耳を貸そうとしない」(Aを知る関係者)

     
    Aには男女トラブルの過去があるようだが、それも薬物使用が原因だったという。

    捜査関係者が言う。

    「パートナーの男性はAが違法薬物を使っていることに気づき、やめるよう再三注意したそうです。
    それでもAは薬物をやめられず、結局、“別れ”に至った。
    薬物絡みの金銭トラブル、覚醒剤を使用した行為などに関して、具体的な話もあがっていました」

     
    現在、Aはメディアへの露出が激減。

    テレビ関係者の間では「Aを使うな」というのが“鉄則”になっている。

    「薬物の影響かはわかりませんが、Aは情緒が不安定で、ここ数年は仕事のドタキャンも増えていました。
    危なっかしくてとてもオファーできる状態ではありません。
    所属事務所でもコントロールがきかずに困っている様子です」(テレビ局関係者)

     
    Aが逮捕目前といわれる背景には、大物芸能人の違法薬物逮捕をめぐる「マトリvs組対5課」の競い合いもある。

     
    マトリとは「厚生労働省地方厚生局麻薬取締部」の通称で、厚労省内部にある麻薬取締組織だ。

    マトリの捜査官は「司法警察職員」という国家公務員で、捜査権・逮捕権だけでなく拳銃の所持も認められている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200227-00000013-pseven-ent

    所長見解:誰なんよ・・・
    【【速報】紅白出場女性歌手が薬物で捜査線上ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「あの後、東京で息子に会ってきました。
    事務所の人といろいろ話して、接見できたのは2月17日。
    時間はあらかじめ決まっていて、約20分間の対面でした」

    記者にそう打ち明けるのは、槇原敬之容疑者(50)の実父・博之さん(80)だ。


    槇原容疑者が覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕された2月13日、本誌は彼の実家を取材していた。

    その際、博之さんは「どうか、嘘であってほしい……」と泣きださんばかりの表情で告白。

    そして取材後には、失意のまま東京へと向かっていた。

    それから4日後に、親子の対面を果たしていたのだ。


    m


    「槇原容疑者は現在、東京湾岸署に留置されています。
    覚せい剤所持の容疑についてはおおむね認めているものの、使用については否認していると報じられていました。
    そんななか、長年同居していた元パートナー男性・A氏が複数のメディア取材に応対。『(槇原容疑者に)薬物を何回も渡した』という“衝撃の告白”をしたのです。
    そのため、槇原容疑者はますます追い詰められています」(スポーツ紙記者)

    しかし、父・博之さんは笑顔で息子の様子をこう語った。

    「息子は憔悴しているどころか、とても元気そうでした。
    そして私に『僕はやってない。だから、心配しないで……』とはっきり言ったんです。
    本人から直接、その言葉を聞けてホッとしてね。
    息子の言うことを信じてあげようと思うのは、どこの親も同じ。
    それで『わかった。それやったら(警察の方に)しっかりと調べてもらい!』と言って帰ってきました」


    前回の取材では「(覚せい剤取締法違反容疑での逮捕は)今回で2回目。
    もう、息子の人生は終わりだと思います。
    私らも、ここには住んでいられなくなりそうです……」と語り、“深い失望”に打ちひしがれていた博之さん。

    だが「僕はやっていない」という息子の肉声を聞けたことで、落ち着きを取り戻したようだ。

    取材中、「前回の記事、読みましたよ。とてもよく書けていましたね」と笑う一幕もあった。


    ただ、それでもどこかで心配なのだろう。

    最後には、こんな複雑な胸中も漏らしていた。

    「(薬物をやっていないというのは)あくまで息子が言ったことなので……。
    最終的には、検察の方が調べることですからね。
    私は専門家でもないので、今後どうなるかはわかりません……」

    父に伝えたとおり、槇原容疑者は“無罪放免”となるのだろうか。

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1834546/ 



    所長見解:どうやろね・・・

    【【朗報】槇原敬之氏「僕はやってない。だから、心配しないで」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ