警察

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    今回は、決して表には出ない「マトリにガサを掛けられた有名人」をリストアップする。


    s


    ■元国民的アイドルグループのメンバー・A

    元国民的アイドルグループのメンバー・Aの自宅や関係先がガサ入れされた、との情報が駆け巡った。

    他のメンバーが所属事務所を退所を決めて話題になっていた頃のことだ。

    Aは覚醒剤常用者であるという噂が長年囁かれているが、捜査では覚醒剤の反応も体内から検出されず、また覚醒剤も発見されなかった。

    この時は逃げ切ったのだが、今もマトリは情報取集を集め、時期をずらして狙っているという。

    一度取り逃がした薬物常用者を何もせずに野に放つようなことは絶対にマトリは行わない。

    今も毎日のようにメディアに露出しているが、表情に憔悴しきっている様子が伺えるのは気のせいであろうか。


    ■演技派女優・B

    次にマトリの網に掛かり、逃げ切ったのは演技派女優として定評のあるBだ。

    劇団出身で、その演技力は高く評価されており、多くの賞を受賞してテレビや映画などに多く出演している。

    Bが違法薬物である覚醒剤を常用しているという噂が立ったのは、数年前に出演したドラマが発端だった。

    必要以上に汗をかいたり、喜怒哀楽が激しくいきなりキレまくったり、泣きじゃくるなど、体調変化と異様な行動が薬物常用者特有のものではないかと囁かれた。

    Bにガサが入ったという噂が流れたのは昨年末のことだ。

    沢尻エリカ騒動の裏でひっそりと行われていたという。

    警視庁組対五課が威信を掛けた捜査の裏側で、マトリがひっそりと大物演技派女優を網に掛けていたのだ。


    ■マルチタレント・C

    一番マトリが悔しがっているガサ入れがある。

    それは俳優、文筆とマルチナ才能を持ち、演技力などは高く評価され、映画やCM、ドラマなどに多く出演しているマルチタレント・Cだ。

    Cのガサ入れは実はこのときの1回だけではない。

    ピエール瀧の逮捕前に1回、その後にも1回ガサ入れを掛けられているという。

    Cが使用していたのはピエール瀧と同じコカインといわれ、コカインの常用者という噂は芸能界では古くから囁かれていた。


    これら3人の芸能人に対し、違法薬物常用の疑いでガサが入った事実は決して表に公表されることはない。

    それはマトリや捜査機関の恥になること以上に、芸能人に群がる周辺者の逮捕など捜査に支障をきたすからだ。

    違法薬物を入手するには、必ず売人と接触をする。

    その売人を逮捕しない限り、違法薬物は市中に蔓延してしまう。

     
    また、芸能人や有名人が逮捕されれば連日報道されるため、「違法薬物は絶対にいけない」という警告を広く行うこともできる。

     
    しかしながら、逮捕もガサ入れもされずに違法薬物を常用している芸能人はまだ多く潜んでいる。

    今回ご紹介した3人はまさに氷山の一角に過ぎないのである。

     
    https://tocana.jp/2020/09/post_149459_entry.html

    所長見解:誰やねん・・・

    【【極秘情報】伊勢谷友介の次の逮捕がコチラ「元国民的アイドルA、演技派女優B、マルチタレントCの薬物疑惑タレント3人」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    捜査関係者によりますと警視庁は俳優の伊勢谷友介容疑者を大麻取締法違反の疑いで逮捕しました。

    捜査関係者によりますと、俳優の伊勢谷友介容疑者が東京・目黒区の自宅で大麻を所持していた疑いで警視庁組織犯罪対策5課に現行犯逮捕されたということです。

    容疑を認めているということです。


    伊勢谷容疑者は俳優として多くのドラマや映画に出演。

    2011年第20回日本映画批評家大賞助演男優賞を受賞、2012年にはブルーリボン賞助演男優賞、さらに日本(にっぽん)アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞しています。

    去年は映画「翔んで埼玉」に出演し話題になりました。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/b0738049bebd7a328d9e0e169ff9caf3ee0f59b6


    no title

    所長見解:まあな・・・
    【【速報】俳優の伊勢谷友介、大麻取締法違反の疑いで逮捕ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    まだ太陽も昇りきらない、8月下旬の午前中。

    東京都内の自宅付近でウオーキングに励んでいたのは俳優・陣内孝則(62)だった。

    「ご長男が関わっているという傷害事件のことでお話を伺いに来ました」

    記者がそう声をかけると、少しうなずき、歩みを止めた――。


    《フジテレビに勤務し、情報番組の制作に携わっている陣内孝則の長男・A氏(32)が、傷害容疑で告訴された》

    そんな情報を本誌がキャッチしたのは、陣内直撃の数日前のこと。

    取材を進めると、事件が’17年8月の社会人アイスホッケーの試合中に発生したことが判明。

    さらにけがを負った男性・H氏に接触することができた。


    H氏は、事件についてこう語る。

    「実は私と陣内さんの長男は、中学時代に入っていたアイスホッケーチームではいっしょにプレーしていました。
    でも私のほうが2学年上で、学校も別々でしたから、中学卒業以降は顔を合わせることもありませんでした。
    ですから’17年8月の試合で久しぶりに再会したことになります。
    彼のプレーは荒いということは以前から聞いていたのですが、事件が起きたのは、試合終了5分前のことでした」


    今年6月にH氏が東大和警察署に提出した告訴状には、このように記載されている。

    《(A氏は)プレーの関係ないところで、両腕で告訴人(※H氏)の左足を無理やり引っ張り上げ捻り倒した事により、左膝前十字靱帯損傷の怪我を負わせ(傷害罪)、その後倒れていた告訴人の顔面に注意義務を怠りスケートの刃を告訴人の顔面に接触させる行為を行い、鼻を10針縫う大怪我を負わせた》

    多量の出血のため、試合が一時中断するほどだったという。

    「鼻の傷ばかりではありません。
    左膝の靱帯を損傷したために、いまも歩行には違和感があり、スポーツもできない状態が続いています。
    医師には“左膝には一生、障害が残る”と、言われているのです」


    しかし試合終了後も、H氏のもとへ、陣内の長男・A氏からの連絡はなかったという。

    「2カ月待ちましたが、しびれを切らして、私のほうから面会を求めました。
    でも彼は、あくまでもプレー中の出来事で、自分は悪くないという態度でした。
    私が『それはおかしいじゃないか』と言うと、初めて『すみません』と……。

    そこで私は、それまでにかかっていた治療費、約11万円は払ってほしい、と伝えたのです。不満はあったのでしょうが、彼はその場では、治療費を負担することを約束しました。
    しかし、その後に弁護士を立てて、支払いを拒否するようになったのです」


    試合からは3年が経過している。

    なぜH氏は今年になって告訴状を提出したのだろうか?

    「やはり泣き寝入りはよくないと思ったのです。
    警察に相談に行き、約2年間かけて準備を進めて、刑事告訴に踏み切り、(告訴状は)今年6月2日に正式に受理されました」

    さらに担当の刑事から、8月5日に書類送検した旨を知らされたのだという。


    t


    弁護士法人「天音総合法律事務所」代表弁護士の正木絢生さんは、こう語る。

    「“書類送検”とは、捜査の結果などを書類にまとめて検察に送ることです。
    加害者の身柄は拘束されませんが、しっかりと事件として処理するという前提で、警察が動いたということになります。

    書類送検になった理由としては2つの要因が考えられます。
    1つは、スポーツ中の事故というだけでなく、暴行事件としても警察が捉えていると考えられること。
    もう1つは加害者が、被害弁償を一切していないということですね」


    H氏も、けがは暴行を受けた結果という自分の主張が警察に認められたことに満足しているという。

    「しかしA氏に対しては怒っているというより、あきれています。
    お金の問題ではありません。
    先方がどれだけ事件のことを反省してくれるかという問題だと思っています」


    「女性自身」2020年9月15日号 掲載


    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1890241/


    ▼写真
    https://img.jisin.jp/uploads/2020/08/jinnai_takanori_1_line_Tw.jpg

    https://img.jisin.jp/uploads/2020/08/jinnai_takanori2.jpg

    所長見解:あかんやん・・・

    【【傷害容疑】陣内の長男が書類送検ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    三浦春馬の遺書を読んだ捜査員、「なんでこんないい奴が死ぬんだ!」とむせび泣く


    s


    三浦さん遺書に複数の友人の名前

    三浦春馬さん(享年30)急死のニュースは芸能界に大きな衝撃を与えた。

    なかでもしんどかったで
    あろうのが、城田優(34)だ。

    三浦さんが亡くなった18日、よりによってTBS系「音楽の日2020」に生出演し

    GReeeeNの「キセキ」を歌唱することになっていたからだ。

    2人は2009年10月の日本テレビ系ドラマ「サムライ・ハイスクール」で共演。

    以来、親睦を深め、
    14年7月のスペシャルドラマ「殺人偏差値70」(同)や17年11月の「オトナ高校」で息の合った演技をみせてきた。

    城田は三浦さんを「親友」と呼び、昨年12月に発売された、デビュー20周年記念写真集で三浦さんを対談相手に選んでいる。

    城田を知る関係者は「定期的に食事に行く仲。
    ともに歌手活動も行っており、
    切磋琢磨していた。
    城田さんのショックは想像を絶するものがあり、楽屋では声を掛けられないほど
    落ち込んでいた。
    気持ちを奮い立たせて出演したようだが、ギリギリの状態だった」と話す。



    三浦さんは自宅マンションで亡くなり、部屋にあった遺書には「死」を予感させるワードに加え、複数の役者仲間の名前が記されていたという。

    「悪口などではなく、その俳優から仕事や人生観についてこんなアドバイスをもらったという内容が書かれていた。
    メモは分厚いノートにびっしり書かれていて、感情のまま書き殴っている箇所もあれば、
    理路整然と物事を記しているページもあった。
    ノートを見た捜査員の1人は『本当に真面目。そして苦しんでいた』と涙ぐんでいたそうだ」(警察関係者)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/b168abaebeeaf09230dea30e0a456992bec791c7

    所長見解:せやな・・・


    【【これは泣ける】三浦春馬さんの遺書がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「50億円当選」詐欺と納得せぬ男性、警官と説得続け入金防ぐ

    特殊詐欺被害を未然に防いだとして、兵庫県警たつの署はこのほど、兵庫信用金庫太子支店(太子町鵤)に署長感謝状を贈った。

    窓口で対応した事務係長の藤田香織さん(34)は昨年10月にも被害を防いでおり、2度目のお手柄。

    田中聖児署長(59)も「防犯に関心を持っていただいて助かります」と話し、心掛けの高さをたたえた。

    r

     
    たつの署によると、男性(67)は6月16日、「宝くじが当たった」と同支店を訪れ、「3億円当選」「預かり金2万円」などと表示されたスマートフォンの画面を窓口で示した。

    預かり金を振り込むよう求められた藤田さんは、すぐに詐欺と判断して振り込まないよう説得した。

    しかし男性は納得せず、自宅に届いたという「50億円当選」などと書かれた郵便物を示して依頼を続けたため、藤田さんがたつの署に連絡。

    警察官とともに説得を続け、入金を思いとどまらせたという。

     
    藤田さんは「あり得ない話だと思っても、だまされてしまう方がいる。
    今後も気を付けて接客したい」と話していた


    https://news.yahoo.co.jp/articles/878724cff9b063c961929c2b99078e71f065617c

    所長見解:もうな・・・

    【【悲報】「50億当選しました。預り金振り込んで下さい」信金職員と警官が詐欺だと説得するも男性(67)は納得しないってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ