謝罪

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東出昌大、杏と唐田えりかのどちらが好きに答えず「妻を傷つける」 唐田との別離も報告


    女優・杏(33)の夫で、俳優の東出昌大(32)が17日、都内で行われた映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』(20日公開)の直前トークイベントに参加。

    女優・唐田えりか(22)との不倫や杏との別居を報じられて以来、初めて公の場に姿をみせ、イベント終了後には報道陣の取材にも応じ、一連の騒動を謝罪した。

     
    100人を超える報道陣を前に東出は「この度は、お仕事の関係者に多大なるご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした」と深々と一礼して謝罪。

    「最も謝罪しなければいけないのは、妻に対してだと思っています」と語り「毎日、妻に対して、子どもに対して申し訳ない気持ちがある。
    妻を傷つけてしまい申し訳ない」と心境を吐露した。

     
    リポーターから杏と唐田のどちらが好きか問われると13秒の沈黙。

    そして「申し訳ございませんが、お相手のこともあるので。
    また、私の心のうちを今、ここでしゃべることは、妻を傷つけることになると思いますので。
    申し訳ございませんが」と明確な答えは言わなかった。

     
    唐田と会わないと杏と約束したあとも関係を続けたという報道があった。

    これについては「自分のことしか考えていなかった」と認め、謝罪した。

    ただ、唐田と別れたのかについての質問には「はい」と短く別離したことを明かした。

     
    杏と東出はNHKの連続テレビ小説『ごちそうさん』(2013年9月~14年3月)での共演を機に交際をスタートさせ、15年の元日に結婚。

    翌16年には双子の女児、17年には男児が誕生している。


    https://www.oricon.co.jp/news/2157670/amp/


    no title

    所長見解:あかんやん・・・

    【【でっくん速報】いじわる記者「杏と唐田のどちらが好き?」→ 東出「妻を傷つけることになると思いますので。申し訳ございませんが」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    TBS系の情報番組「グッとラック!」で釈明

    落語家の立川志らくが5日、MCを務めるTBS系の情報番組「グッとラック!」で、文春オンラインの報道について謝罪した。

    文春オンラインは4日、「立川志らく56歳 アイドル妻38歳と弟子の自宅前『わいせつ』行為」と題して、志らくのスキャンダルを報じた。

    t

     
    冒頭、1人でカメラに向かった志らくは「本来ですと、重要な話題をすぐにお届けしなくちゃいけないのでございますが、志らくごときのことでまことに申し訳ございませんが、ひと言だけお時間をいただきます」と前置き。

    そして「実は私のプライベートのことでゴタゴタが起きまして、某週刊誌に私の妻と元弟子との不貞関係というのが掲載されました。
    それに関して私は妻のことを信じておりますので、このことで夫婦の絆が壊れることもございません。
    離婚することも1億%ございませんので。
    なぜそんなことが言えるかというと、家族だから。
    この程度のことで絆が崩れることはない。
    あとは私の妻を、かけがいのない妻を世間の目から守る、命がけで守る、それだけでございます」と疑惑を否定した。

     
    その後、いつもの調子に戻り、「いきなり冒頭から謝罪会見みたいにしてると、『ビビット』の時の堀尾さんみたいな感じ」と話し、スタジオは爆笑に包まれた。

     
    これで力が抜けた志らくは、“監督不行き届き“として妻の性格についても言及。

    「ウチのカミさんは18歳年下でファンキー女将といわれていて、お酒飲むとわけが分からなくなっちゃう。
    だからこれ以上、酒飲むなと、弟子にも愛情かけすぎるなと、弟子にも子供みたいなもんだから、いい加減にしろと小言言いました。
    とにかく夫婦はいろいろありますから。
    舛添さんに聞けば一番よく分かる」と続け、ゲストの舛添要一氏に水を向けた。

     
    舛添氏は「あなたの10倍くらい苦労してますよ」と冷静にコメント。

     
    志らくは「文春砲くらってしまったわけでございます。
    皆さん、立ち読みでいいですから!」と、こりごりの様子だった。


    https://encount.press/archives/29703/

    所長見解:つらいな・・・

    【【NTR】立川志らく師匠「ウチのカミさん、ファンキーでお酒飲むとわけが分からなくなっちゃう」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優・鈴木杏樹(50)が4日、レギュラー出演するニッポン放送「オールナイトニッポン MUSIC10」(月~木曜午後10時、水曜担当)に約1カ月ぶりに生出演した。

    歌舞伎俳優・喜多村緑郎(51)との不倫が発覚する前日の先月5日の放送を欠席以降、4週連続で同番組に出演していなかった。

    番組冒頭、鈴木は「この度はお騒がせしまして、本当に本当に本当に申し訳ございませんでした。
    残念な思いや、傷つけた方に心の底からお詫び申し上げます。
    ごめんなさい。
    また、たくさんの仕事関係の方に多大なご迷惑をお掛けしてしまいました。
    心の底から反省しております。
    申し訳ございませんでした。
    ご心配おかけしてしまった方々にも申し訳ございませんでした。
    本当に本当に本当に申し訳ございませんでした。
    ご迷惑をお掛けしてしまうことは二度とないように、これからの人生を送っていきたい」と涙ながらに謝罪した。


    また「出演した舞台の広島、福岡公演に心にこもった電報などメッセージをいただいて、どれだけ温かかったか。
    生きていく自信を失っていたので、それが温かくて…。
    お花など、大切にします」と涙ながらに語った。


    s


    不倫騒動をめぐっては、先月6日発売の「週刊文春」で報じられ、同日に所属事務所を通じて「本当に申し訳なく、心からおわびします。
    今年に入って、お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました。
    お別れが成立していない現状、今回の軽率な行動を真摯(しんし)に反省し、今後皆さまにご迷惑をおかけすることのないよう慎みます」とコメント。

    同局のレギュラー番組「鈴木杏樹のいってらっしゃい」も降板した。


    また同18日には、広島市のJMSアステールプラザで舞台「罪のない嘘~毎日がエイプリルフール~」に出演。

    報道後、初の舞台出演で会場には朝から報道陣が待ち受ける中、通常、出演者が通る楽屋入り口を使用せずに会場入り。

    公演では、皮肉にも不倫する妻役をコミカルに熱演し「1度に2人を愛してはいけない。
    いつかきっと不幸になるよ」と諭される場面では客席から笑いが起こっていた。


    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200304-23040963-nksports-ent

    所長見解:もうええやろ・・・

    【【不倫】鈴木杏樹さん、ラジオで号泣謝罪ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    s


    職員の不祥事のご報告とお詫び

    2020年 3月 3日(火曜日)


    関係各位

    職員の不祥事のご報告とお詫び

    平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

    このたび、「新型コロナウィルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる」旨の事実とは異なる誤った情報のSNSへの投稿者の1人が、当組合の事業所に勤務する職員であることが判明しました。

    当組合の職員の極めて不適切な行為により多くの皆様方にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

    当該職員には当組合の規定に照らして厳正な対応を検討いたします。

    今後は全職員が社会人としての行動規範を自覚するとともに信頼回復に向けて全力で取り組んで参りますので、引き続きご指導・ご鞭撻の程賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

    2020年3月3日

    米子医療生活協同組合
    理 事 長  梶 野 大
    http://www.ymc-net.or.jp/information.html



    所長見解:アホやな・・・

    【【ツイッター】トイレットペーパーデマ男、処分された模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    トイレットペーパーデマを流したツイカス、謝罪するwww

    t

    所長見解:もうな・・・
    【【悲報】トイレットペーパーデマ男、謝罪ってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ