謝罪

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日は7日、5日の番組で「読唇術」で推測した米大リーグ・ドジャースのダルビッシュ有投手の発言として放送した内容が「正確ではなかった」として、同投手側に謝罪したことを明らかにした。

    d


    番組は「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」で、2004年夏の甲子園に出場した東北高時代のダルビッシュ投手を取り上げ、甲子園出場最後となった試合の延長十回裏ツーアウトの打席の場面で「最後かな。ドキドキするわ」「クソー 終わらせねえぞ コレ」と言ったと推測した。

    番組放送後、ダルビッシュ投手は自身のツイッターで「絶対言ってないです(笑)」と否定。「偽造記事となんら変わらない」などと批判していた。

    http://www.sankei.com/smp/entertainments/news/170808/ent1708080001-s1.html 


    所長見解:許可取ってないのか・・・
    【【捏造】テレビ朝日、ダルビッシュ投手に謝罪  番組内で「読唇術」で推測した発言ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    横浜市の医師とのダブル不倫を発売中の週刊文春に報じられた斉藤由貴(50)が3日、都内で会見し、不倫関係を否定しつつも、報じられた相手男性に好意があったことを認めた。

    斉藤は都内でTBS系ドラマ「カンナさーん!」収録後、白いワンピース姿で会見場に現れ、報道陣の質問に答えた。
    7月末、斉藤が所有する横浜市内のマンションで、妻子ある医師の男性と2人きりで会っているところを同誌に報じられた。
    2人で映画鑑賞後、手をつなぎながらお好み焼き店へ向かい、食事を楽しむ様子などもキャッチされていた。

    s


    男性との関係については「家族全員がお世話になっている方」と説明し、不倫については「そういうことではない」と否定。
    一方で、好意の有無について聞かれると、「好意があるから、手を出されたときに手をつなぐことがあるんだと思う。でもやっぱり、だからこそ、ずっと家族を連れて病院に行って、何年もずっとお世話になり続けられたと思う」と認めた。

    同誌の報道では、1日おきに会うほどの親密ぶりだった。
    「4回も会ったかな? と思ったけど、私自身は覚えてなくて、文春の方がずっと見ていて、4回あったのなら、そうなんだろうなと」と記憶があいまいな様子も見せた。
    病院や斉藤の自宅ではなく、斉藤が借りていたマンションで行われていたことなど不審な点も多い。
    ダブル不倫を疑われていることを指摘されると、「そういうところが甘いんですね。きっとね」と脇の甘さを認めた。

    会見は午後8時15分からの予定が、ドラマ収録が長引いたため、約15分遅れてスタートした。
    冒頭に「15分間、お待たせしてしまいました。申し訳ございません」と深々と頭を下げたが、報道についての謝罪や、家族への謝罪はなかった。

    斉藤は94年に会社員の一般男性と結婚し、1男2女をもうけている。
    一方で、過去に尾崎豊、川崎麻世との不倫を報じられたことがある。
    報道陣から「不倫報道から『卒業』したいと思うか」と、自分のヒット曲にかけた質問が飛ぶと、しばらく沈黙して「気の利いたことを言った方がいいかなと思うけど、そういう場じゃないし、何と言っていいか分かりません」と答えた。

    斉藤は夫婦以外の異性との不貞を禁じるモルモン教の熱心な教徒でもある。
    「戒律に反しないのか」と問われると、無言で頭を下げながら、男性スタッフに促されて無言で会見場を後にした。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170803-01866632-nksports-ent 


    所長見解:やってんな・・・
    【【しどろもどろ】斉藤由貴、不倫否定も好意認める「あるんだと思う」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7月27日発売の『週刊新潮』(新潮社)で報じられた、橋本健神戸市議との不倫騒動に揺れている元SPEEDの今井絵理子参議院議員(33)へのバッシングが止まらない。

    s


    今井議員は騒動発覚後すぐに釈明コメントを発表。
    また同日16時頃には自身のブログにて「『週刊新潮』掲載記事について。 」というタイトルで、事情説明および謝罪文を公開した。

    エントリーは1300文字にも及ぶ長文で、橋本市議との出会いや疑惑の写真の説明、現在の家庭環境などを改めて報告した。

    その後、ブログをアップしたことをTwitterでも報告した今井議員だが、そのTwitterが突如炎上。
    在職議員の不倫という不貞行為に対しての怒りに加え、今井議員がTwitterに使用した「ハッシュタグ」に関しても批判の対象となった。

    「ハッシュタグ」とは「#(半角のシャープ)」がついたキーワードのこと。
    「#○○」というハッシュタグを付けると、そのキーワードで検索すると○○に関する投稿を一覧で閲覧することができるようになる。
    TwitterやInstagramで、特に若年層を中心に頻繁に使われている仕組みだ。

    今井議員はこのTwitterにて「#今井絵理子」、「#お詫び」というハッシュタグを使用し、ブログのURLを拡散した。

    しかし、その軽すぎる行為に対して「ハッシュタグを付けてお詫びとか謝る気ないだろ?」、「#お詫び←これにいらついたの私だけ?」、「タレント気分が抜けていないんじゃない?」、「#一線は超えてない ってつけたら(笑)」などと、ネットユーザーから厳しい反応が寄せられた。

    また今回のハッシュタグは、タレントの松居一代が一連の騒動で500万円のブログ収入を得たとの報道があるように「ブログからの広告収入を目当てにした炎上商法じゃないか?」と見る向きもあるという。

    「今井絵理子は現役の議員なので、広告収入目的のブログ炎上狙いの可能性は低いと思いますよ。さすがにそこまでの余裕は無いでしょう。
    ただ、会見を開かずにネットだけで騒動を収めようとするあたりのズレっぷりは、いかにも元アイドルという感じはします。

    今井絵理子と同じ30代の芸能人ブロガーにとっては『ハッシュタグ』や『謝罪ブログ』は割と一般的な手なのですが、今井絵理子はもう芸能人ではなく国会議員ですからね。
    タレント気分が抜けていないと批判されても当然です」(某芸能ライター)

    現に今井は発覚直後、突撃された記者からの質問に対し「夕方にコメントを出します」と自分の言葉で説明することをやんわり拒否していた。

    タレント気分での「謝罪ブログ」が招いた“もう一つの問題”も含め、いつ肉声でのお詫びが聞けるのかに注目が集まりそうだ。

    リアルライブ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13404057/


    所長見解:ハッシュタグって・・・
    【【炎上中】今井絵理子議員、空気を読まない「#謝罪」ハッシュタグってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    俳優の渡辺謙(57)が15日、都内で会見を開き、3月30日発売の週刊文春による、
    30代の元ホステスとの不倫報道が「おおむね事実」であると認め、謝罪した。

    w


    一部では娘の女優・杏が口をきいてくれなくなったとする報道もあるが、「親子の縁は切れないものですから」として、時間をかけて修復するとした。

    杏や息子の渡辺大に対しては、「彼らも立派な社会人ですし、家庭も持っていますので報告はいたしました」と説明した。
    「親子の縁は切れないものですから、一生僕が背負ってゆっくりと関係を修復していくしかないのかなと思います」と、今はまだしこりが残っていることをうかがわせた。

    杏との今の関係性については「それ以後、連絡をしていないので」と、説明。
    杏は昨年1月に、夫・東出昌大との第1子、第2子となる双子を出産し、今は第3子を妊娠中。
    孫と会わせてもらえそうか?という質問にも「こればっかりは、先方の気持ちもありますからね」とだけ答えた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13341951/


    所長見解:お盛んだこと・・・
    【【謝罪会見】 不倫・渡辺謙「一生僕が背負ってゆっくりと関係を修復していくしかないのかなと思います」杏と連絡とれずってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タレントの松居一代(60)が今年4月、船越に宛てた手紙の中で、謝罪の言葉を綴っていたことが、「週刊文春」の取材により判明した。

    m


    〈私の全細胞60兆の細胞で猛省してきました。本当に申し訳なかったです。
    (中略)私を妻としてくれたあなたに対して私は、いたらない妻でした〉

    現在はブログや動画で船越を攻撃し続ける松居だが、なぜ反省の弁を記したのか。
    船越家の知人は語る。

    「長年にわたるDVや暴言だけではありません。
    船越さんに『夫婦仲は修復不可能』と確信させた前年の事件について、彼女はひたすら謝っているのです。
    しかし船越さんが謝罪を受け入れず離婚が不可避と知ったため、彼女は先手を打つ意味で暴露を始めたのです」

    “前年の事件”とは、2015年10月、松居の自著「松居一代の開運生活」(アスコム)の出版会見でのこと。
    松居は約2週間前に亡くなった川島なお美さんと、結婚前の船越が交際していたことを暴露し、船越の逆鱗に触れたのだ。

    報道で発言を知った船越からの電話に松居は「私じゃないわよ」と涙ながらに釈明。
    しかし電話を切った途端に舌を出しておどけてみせたという。

    「週刊文春」7月13日発売号では、その後2人の間で交わされた激しい口論や、松居が船越の両親の位牌を投げ捨てた衝撃的な事件、そして「恐怖のノート」の中身までを詳報。
    起伏に富んだ松居の半生を明らかにしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170712-00003292-bunshun-ent


    所長見解:そりゃ離婚だね・・・
    【【ブルゾンかずよ】松居一代が船越英一郎へ宛てた“謝罪文”を入手ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ