謝罪

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「上の階からベランダの水漏れがあったそうです。
    バシャーっと滝のように水が落ちて、被害に遭った階下の住人の方はとてもびっくりされたと聞きました。
    慌ててコンシェルジュに連絡したといいます」(マンションの住人)


    12月3日に謝罪会見を行った、アンジャッシュの渡部建(48)。

    6月の不倫報道で謹慎を余儀なくされ、急きょ開いた会見も、

    「(謝罪会見を)しなくて済むのではないかという考えがあった。今思うと逃げだった」

    「(謹慎期間は)漠然と年内ぐらいなのかなと考えていたけれど、世間の声を聞いて、再度検討しなくてはと思いました」

    など、歯切れの悪さで不評を買ってしまうことに――。


    「大みそかの特番で復帰するもくろみはかなわず、いまだに復帰の時期は決まっていないのが現状です」(演芸関係者)


    そんな渡部が謹慎中に“ご近所トラブル”を起こしていたという。

    渡部が妻の佐々木希(32)、2歳長男と3人で暮らしている自宅は、都内の一等地に立つ豪華マンションだ。

    「3年前の結婚直後に、約4億円とも報じられた超高級マンションを購入しています。
    部屋は、そのマンションでも最も広いペントハウスです。
    室内のつくりも最上級で、ルーフバルコニーや大きなワインセラーも完備されています。
    そんな超高額物件を、渡部さん夫妻は持ち分半々で、全額キャッシュで支払ったといいます」(地元の不動産業者)

    そのゴージャスなマンションで、“水漏れ事件”が発生したのは、8月上旬のことだったという。

    「水が落ちてくる前は、小さな子どもと男性がキャッキャッと遊ぶ声が聞こえてきたり、水鉄砲で遊んだりしているような感じだったそうです。
    おそらく、ベランダにビニールプールを張って、遊んでいたのではないでしょうか。
    実は1年ほど前、マンション内のベランダでプールやテントを張っていた方がいて、ほかの住人から苦情が出たことがあったんです。
    それ以降、マンションでは《プールやテントの使用禁止》という貼り紙が出されていたんですが……」(前出・マンションの住人)


    マンションの管理者から水漏れを知らされた渡部は、こんな釈明をしたという。

    「“ベランダをモップで水掃除していたら、その水が下の階に流れてしまった”と答えたそうです。
    正直に『子どもと水遊びしていました、すみません。お洗濯物とか大丈夫でしたか?』なんて言って謝れば、階下の方も納得するはずなんでしょうが……。
    結局、その方への直接のお詫びはなかったそうです。
    ひょっとしたら“プールで遊んでいた”と言ったらマズいから、言い逃れをしたのかもしれません」(前出・マンションの住人)


    g



    本人に真相を聞くべく、12月中旬の朝、愛犬2匹を連れて散歩に出てきた渡部に話を聞いた。

    ――8月上旬、マンションで水漏れがあったと聞きました。

    「あ、はい。はい」

    思い出したかのように、首を縦に振る渡部。
    子どもとプールで遊んでいたのか聞くと、こう否定する。

    「ちょっとそれは違っていて。
    ベランダで水撒きをしてしまったら、非常階段のところから水が漏れてしまったんです。
    水遊びはしていないですね」


    ――かなりの水が垂れてきたと聞いています。どれくらいの水量でしたか。

    「そうですね、管理人さんから聞いたのは、バケツ1杯分ぐらいだったんですけど。
    僕が不在のときだったので、その後、謝罪に行きました」


    ――謝罪に行かれたんですか。

    「管理人さんにしっかり注意されて、謝罪をしました」


    ――住人の方への謝罪はなかったとうかがっています。

    「直接は行ってないですけど、コンシェルジュの方には“気をつけます”とお伝えしました」


    ――お子さんの声が聞こえたということで、一緒に水鉄砲をやっていたのでしょうか。

    「僕の知人男性がベランダで水掃除しながら、子どもと遊んでいたみたいなんですけど……。
    僕は不在で事情を知らなかったものですから」


    最後に、あの謝罪会見後、どんな気持ちで過ごしているか聞くと、

    「反省の日々で生活しています。はい」

    重い足取りで、愛犬と一緒に去っていった。

    会見と同様、歯切れの悪い回答に終始した渡部。

    懺悔で一連の醜聞を早く“水に流して”と願っているのは、当の本人なのかも――。


    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1929751/ 


    ▼写真
    https://img.jisin.jp/uploads/2020/12/watabe_ken_1_line_Tw2.jpg 

    https://img.jisin.jp/uploads/2020/12/watabe_ken51.jpg 

    所長見解:もうな・・・

    【【悲報】渡部建、近隣トラブルってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    b


    渡部建「袋叩き会見」翌朝は余裕で犬の散歩…妻・佐々木希は夫と“添い遂げる”覚悟

     
    凛とした空気にまぶしい陽の光が降り注ぐ、冬の朝。

    その男は、2匹の犬を連れて悠然と歩いていたーー。

     
    12月3日、多目的トイレなどでの不倫が報じられ、2020年の6月から無期限謹慎中だったアンジャッシュ・渡部建(48)が、謝罪会見を開いた。

    芸能リポーターからの手厳しい質問に必死で答える渡部は、憔悴しきった表情だった。

    写真は、その翌朝の様子だ。

     
    会見中は、翌朝、散歩へ行けるような様子には見えなかったが……。

    「会見後、仕事を昼間で終えて自宅で待っていた、妻の佐々木希さんに、優しく励ましてもらったのでしょう。
    というのも、佐々木さんは渡部さんと添い遂げる覚悟を新たにしているんです」(芸能リポーター)

     
    その “きっかけ” が収められた動画がある。

    佐々木希(32)が所属する芸能事務所・トップコートの公式サイトで、月額500円の有料会員向けに、12月1日に公開された座談会動画だ。

    その内容は、佐々木のほか木村佳乃(44)、杏(34)、中村倫也(33)の計4人の所属タレントが、赤裸々に私生活を語るというもの。

    「木村さんと杏さんという大女優を前にして、佐々木さんは恐縮しっぱなし。
    相槌を打つばかりで、自分から会話に入っていけないのです。
    夫の芸人としての能力が芸能界でいかに貴重なものなのか、痛感したはずです」(同前)

     
    そのため、周囲の “説得” にも応じていないという。

    「イメージダウンを恐れ、離婚をすすめる関係者もいましたが、佐々木さんは一貫して拒否しています」(事務所関係者)

     
    本誌は、渡部の謝罪会見の6時間前、夫を案じていた佐々木の姿もキャッチした。

    撮影スタジオを後にする佐々木は、手すりを支えにして階段を下り、疲れているように見えた。

     
    今後は渡部が、“佐々木の支え” となるために、スポットライトの当たる場所を目指すことになるーー。


    ※画像がコチラ


    https://news.yahoo.co.jp/articles/fcc04eead914f8cfebe96fd20296d4e0a2e0ffd8


    所長見解:渡部め・・・

    【【多目的芸人】渡部建さん、記者会見翌日の態度がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    b


    渡部建が気に食わないから叩くのはわかるけど、冷静にかわいそうだよな

    逆の立場になった時、男としてそんなに重い事してないんだよな

    ちょっとヤッただけ程度でその行為は人生になんの変化も与えない


    ちょっと風俗行くのと同じ感覚


    男として先っちょだけだからってのは当然の心理で

    所長見解:けどな・・・

    【【朗報】渡部建、かわいそう説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    近藤真彦さん、不倫報道で無期限で芸能活動自粛


    s


    芸能活動してたんか!?


    所長見解:せやな・・・

    【【悲報】マッチさん、不倫がバレた結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ヴァイオリニストの高嶋ちさ子のSNSが大炎上している。

    歌手の華原朋美とのトラブルがきっかけだ。
     
    発端は、1歳の長男を育てながら仕事をする華原に、高嶋が以前から付き合いのある70代のベビーシッター女性を紹介したこと。

    「FRIDAY」2020年9月25日号(講談社)によると、ベビーシッターに不信感を抱いた華原が防犯カメラを設置したところ、哺乳瓶をくわえた状態の長男を逆さ吊りにする様子が映っていたため、華原は虐待だとして警察に通報。

    しかし高嶋は虐待ではないと主張し、防犯カメラでベビーシッターを監視していたことを咎めた上で華原に「そんな人とは絶対私は付き合えない」と伝えたという。

     
    報道後、ネットでは華原を擁護する声が多かったが、華原がYouTubeチャンネルへ高嶋と先月まで所属していたプロダクション尾木の尾木徹社長に向けて涙ながらに謝罪する動画を投稿すると、そうした声はさらに強くなった。

    そして「あんなこと(=逆さ吊り)されて謝罪しなきゃならないって、どうして?」「朋ちゃんは悪くない。芸能界の圧力だ」等々、高嶋を責めるユーザーが一気に増加したのだ。


    no title

     
    謝罪動画のコメント欄に

    「高嶋ちさ子が謝罪しろ」
    「圧力かける高嶋側が悪いでしょ?」
    「高嶋ちさ子はなぜ出てこないの?」

    といった声が寄せられているだけでなく、高嶋のインスタグラムやツイッターにも、批判的なコメントが大量に投下された。

     
    「見損ないました」
    「あなたと友人になってなければ朋ちゃんは涙流すことなかったのにね」
    「自分の子どもを逆さ吊りされたくないお母さんもいることを知って欲しいです」
    「なぜ高嶋さんはそんなシッターを紹介したのですか?」
    「キャラ作りとかではなく本当にパワハラみたいなことしてるなんて……もう笑えません」「どうかもう一度朋ちゃんに寄り添って頂けませんか?一人で苦しんでいる朋ちゃんが不憫でなりません」

    ……こういったコメントが次から次へと書き込まれ、大炎上している。

     
    一部報道によると、ベビーシッターの虐待疑惑は警察が介入した上で「虐待ではない」と判断されていたものの、納得がいかない華原が「FRIDAY」関係者に話を持ち込んだと見られる。

    華原としては、シッターの行為をどうしても許せなかったようだ。
     
    それが一変して「私の勘違いでした」と謝罪。

    華原が自身の考えを改めるに至った経緯は不可解で、事務所側からの働きかけがあったと見られている。

     
    また、華原は謝罪動画を公開して以降、それまでは頻繁だったYouTubeやSNSを更新しなくなっており、ファンは心配を募らせている。


    https://wezz-y.com/archives/81494

    所長見解:なんやな・・・
    【【トラブル】高嶋ちさ子さん、大・大炎上の理由がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ