話題

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    モデルのローラ(28)が19日、インスタグラムを更新した。

    仕事でケニアに滞在し、アフリカゾウの研究に励んでいるローラは「Save The Elephantsという象の保護活動を行っている施設を訪れたんだ。
    こちらの施設では象が野生の自然の中で安全に生活ができるように、その動きや生体数を管理しているの」と報告した。

    z


    ケニアではアフリカゾウの家族を率いるリーダーや単独のオスの首に発信器を取りつけ、GPSで個体数を管理している。

    しかし、密猟で殺され、発信器だけが戻ってくる悲劇が続いている。

    巨大なキバを持つ「スーパータスカー」はツァボ国立公園で人気のあった「サタオ」も殺され、残すはアンボセリ国立公園の「ティム」などごくわずか。

    ローラは回収された無数の発信器の前で祈りをささげる写真を投稿し、アフリカゾウを追悼した。

    「象はとても頭がよく、最近は川に水を飲みにいく時間帯を真夜中にして象牙目的の人間に見つからないようにしてるんだ。
    いつ襲われるか怖がりながら道を歩くなんて本来の象はしなくていいストレスを感じてしまっているからとても悲しい」と極度の緊張にさらされているアフリカゾウに寄り添った。

    アフリカゾウは危険を察知する能力が高く、密猟が頻発するエリアでは気性が荒くなる。

    最近では密猟者のターゲットになるキバそのものが退化する傾向も報じられるなど、種の進化にも異変が生じるほどだ。

    スタッフからアフリカゾウについて改めて説明を受けたローラは「象の性格をたくさん教えてくれて、象は家族でいつも行動をするのだけど、もし歩いていて倒れて息を引き取った象を見かけた時、その象を丸く囲ってそこに3時間、4時間と長い時間お祈りをして葉っぱを添えたり木の枝を添えたりするんだ。
    サンブル族のバーナードさんは(ゾウが)人間にもすると言っていたの」とアフリカゾウの特徴の一つである死者への弔いを紹介した。

    人間に近い例として、アジアゾウが溺れかけた男性を救出するシーンを撮影した動画を拡散。

    以前からネット上に出回っているもので、実はこのアジアゾウと男性は知り合い。

    男性はわざと溺れていたが、心配したアジアゾウが駆け寄るという内容だ。

    ローラは「人間が溺れているのをみて助けにいく象の動画なのだけど、本当に愛にあふれているね こんなに優しい生き物をわたしたちは傷付けてはいけないね」と訴え、英語も交えて象牙を目当てにした密猟の撲滅を呼びかけた。


    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1315702/

    所長見解:なんだか・・・

    【【インスタ】ローラ「こんなに優しい生き物を傷付けてはいけない」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    これこそ理想の食事? パンクすぎる「ウィンナー丼」が最高にウマそう

    d


    これこそ「丁寧な暮らし」のアンチテーゼ――。

    そんなツイートが2019年3月5日に投稿され、話題になっている。

    今回投稿されたこちらの画像。

    茶碗にご飯と大量のウィンナーを盛り付けた一品だ。

    コンセプトは「アンチ丁寧な暮らし」だそう。


    ※画像がコチラ


    普通ならご飯とウィンナーでそれぞれ分けて盛り付けるが、投稿者はあえてパンチの効いた盛り付け方をチョイスしたようだ。

    白飯に刺さったウィンナーの数、あわせて9本。

    パワフルすぎる料理だが、絶対おいしい。


    洗い物も少ないので、ある意味では効率的と言えるかもしれない。


    (リンク先に続きあり)

    https://pbs.twimg.com/media/D03d7mUVYAATpjm.jpg

    所長見解:多いな・・・
    【【これはうまそう】これこそ理想の食事「ウィンナー丼」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    値上げ後に赤字転落へ “うぬぼれ”鳥貴族の再生は

    k


    愛称「トリキ」で知られる焼き鳥チェーン大手の鳥貴族(東証1部上場)が2014年の上場以来、初の赤字決算に転落するという。

    「全品均一価格」で“飛ぶ鳥を落とす勢い”で急成長してきたが、17年10月に「280円」から「298円」(いずれも税別)に値上げしたことが転機になった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00000014-mai-brf

    3回行けば飽きる

    所長見解:貴族焼うまいやん・・・

    【【焼鳥チェーン】鳥貴族が落ちぶれた原因がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉岡里帆、金髪アンドロイド姿を披露「最高にキュートなアンドロイド」

    女優の吉岡里帆が自身のInstagramにて、金髪姿のアンドロイドに扮した姿を公開し、話題となっている。

    k


    同投稿で吉岡は、「「LIFE!~人生に捧げるコント~」 今夜22時より、初めてのLIFE!に出させて頂きます!」とNHKにて放送中のコントを中心としたバラエティ番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』に出演することを報告。

    「一作目は破天荒なわかな先生を。
    二作目は内村光良さん演じる博士の作り出したアンドロイドを。
    どちらも濃いコントとなっています?? 楽しかったなぁ」と自身が演じた役柄を紹介しつつ、二作目で演じた金髪のアンドロイド姿の写真を披露した。


    ※インスタ画像がコチラ


    そんな吉岡の投稿には、

    「里帆ロボ表情最高!」
    「こんな可愛いアンドロイド欲しい!」
    「すごく似合ってます かわいい」
    「この可愛さ、アンドロイド級」
    「最高にキュートなアンドロイドだね」
    「可愛いすぎて言葉が出ません」
    「里帆ちゃん相変わらず可愛い天使さま」
    「金髪もお似合いです!アンドロイド吉岡欲しい~!((笑))」

    などあまりにも違和感のない金髪アンドロイドっぷりに絶賛のコメントが多数寄せられた。


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    https://abematimes.com/posts/5895036

    所長見解:かわいいけどね・・・

    【【インスタ】吉岡里帆が金髪にした結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    モデルのローラ(28)が11日、インスタグラムを更新し、ケニアに滞在していることを明かした。

    ローラは「今回はSave the ElephantというTiffanyがサポートしている象を守るチャリティーキャンペーンの撮影とNumeroのカバー撮影でケニアに訪れたんだ」と報告。

    「5月末のNumero Tokyoの号は”動物と私”という素敵なテーマなの。
    前にも投稿で書いたように象は今深刻な勢いで数が減少してきていて、わたしは伝えないといけないことがたくさんあるからこのプロジェクトの終わりにインタビューや体験した事も含めてしっかりと伝えます」と動物保護への熱い気持ちをつづった。

    ローラが訪れたのは北部のサンブル国立保護区。

    投稿された写真によると、サンブル族が運転するサファリカーに乗り、生き生きと暮らす野生動物の姿を楽しんだ様子だ。

    観光客に人気の高い南西部のマサイマラ国立保護区や、アフリカ最高峰キリマンジャロのふもとに広がる南部のアンボセリ国立公園に比べると、知名度は劣るものの、グレービーシマウマやアミメキリンなど珍しい動物が多く生息していることで知られる。

    また、アフリカゾウも保護されており、繁殖期には周辺の保護区からサンブル国立保護区に多くのファミリーが集結。

    その数は1000頭を超えるといわれ、欧米の動物番組に撮影されることもしばしばだ。

    一方で、密猟により、巨大な牙を持つオスゾウが年々、減少するなど深刻な危機も抱える。

    z


    アフリカゾウのファミリーは母系集団で構成される一方、オスゾウは単独で行動するため、常に密猟者のターゲットになりやすい。

    首に発信器がつけられ、GPSで管理されているものの、繁殖期に発信器だけが戻ってくるという悲劇が繰り返されている。

    サンブル国立保護区では、仲間のゾウが集められたその発信器から離れようとせず、いつまでも寄り添う場面が映像などで報告されている。

    ケニアや隣国タンザニアでは象牙を狙う中国人の犯罪が後を絶たない。

    アフリカでは道路や鉄道などの建設に中国資本が進出し、その見返りに野生動物を求めることも多い。

    資金力のあるテロリストとレンジャーの命がけの攻防を含め、密猟を巡る問題は根が深いが、ローラは「みんなで一緒に動物たちをサポートをしよう」と支援を呼びかけた。


    画像①


    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1306633/

    所長見解:なんでも・・・
    【【インスタ】ローラさん、今度はアフリカゾウの保護を訴えた結果www 】の続きを読む

    このページのトップヘ