詐欺

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    主演映画「翔んで埼玉」が大ヒット中の歌手・GACKT(45)。

    仮想通貨「スピンドル」への関与を巡って、資金決済法違反(無登録営業)の疑いがあることが、「週刊文春」が入手した音声データで分かった。


    2017年11月4日、「インターコンチネンタルホテル大阪」28階のクラブラウンジで行われたスピンドルの“商談会”。

    仮想通貨業者の「ブラックスター」は当時、スピンドルを発行し、事業資金を集めるICO(イニシャル・コイン・オファリング)というビジネスを手掛けていたが、2017年10月27日には金融庁がICOには、価格の下落と詐欺のリスクがあると呼びかけていたばかりだった。


    商談会に集まった10数人の出資者候補を前に、ダメージジーンズにブーツを合わせ、サングラス姿で登場したGACKT。

    参加者からの質問に答えていく。



    ――(ブラックスターの)社長と知り合いなの?

    「僕はそのメンバーの中に入っています。ブラックスターの中に入っています」


    ――(まだ)上場してないから株で言えば、インサイダーやんね……

    「法律が来年の1月か2月にインサイダーが適用されるという話が今回っています。
    1月か2月以降は言えないって。今は言える。
    ちょっと今までとは考えられない儲け方なので。
    1000万円を入れたのが2億とかなっているんですよ。
    この前、仮想通貨のフォーラムあったんですけど、皆めちゃくちゃ幸せそうなんです。
    この2年間で急にお金を持っちゃって。
    ただ、馬から車に変わる時代なので」



    終始、スピンドルの魅力を訴えるGACKT。

    商談会は約2時間に及んだという。


    g


    ブラックスター広報担当者の回答。

    「いかなる投資においてもある程度のリスクが生じますので、ご購入いただきました投資家の皆様においてはそれをご承知のうえでこのプロジェクトにご参加いただいております。
    また、我々もそれを超えるリスクを投資するご本人の意思を超えて無理強いをするようなことはいたしません。
    2018年5月21日に仮想通貨取引所にリスティング(上場)されるまでは、そもそもスピンドルは、(ビットコインなどの1号仮想通貨と交換可能な)2号仮想通貨への該当はしないと考えております。
    また併せて資金決済法にも抵触するものではないと考えております」


    だが、仮想通貨に詳しい「早稲田リーガルコモンズ法律事務所」の佐藤亮弁護士はこう指摘する。

    「仮想通貨の売買・交換等を行う事業者は金融庁への登録が必要ですが、ブラックスターはその登録をしていません。
    彼らは、スピンドルは『他人に譲渡することを原則禁止しており、2号仮想通貨ではないため(無登録でも)国内販売できる』という趣旨の意見書を公表している。
    しかしGACKTさんは上場可能性を前提として『お好きなところで売ってもらえれば』と話すなど、『他人に譲渡することを原則禁止』との事業者の主張と矛盾しています。
    また、他人に譲渡できないプログラムの設計になっているといった場合でなければ、規約等で譲渡を禁止しても2号仮想通貨にあたり得るというのが現在の実務上の解釈です。
    そうなると、スピンドルは(2号)仮想通貨と言うことができ、資金決済法(無登録営業)に違反する可能性があります」



    GACKTの所属事務所は「普段は海外に居住している御本人のプライベートに関しては把握しておりません」などと回答。

    GACKTの携帯電話も鳴らしたが、締め切りまでに返事はなかった。


    歌手のみならず、タレントや俳優としても活躍しているGACKTだが、資金決済法に抵触しかねない“営業トーク”音声の存在は、今後、波紋を呼びそうだ。


    3月28日(木)発売の「週刊文春」では、GACKTの“営業トーク”を詳しく取り上げているほか、スピンドルを巡る野田聖子総務相(当時)との関係、スピンドルに出資した被害者の声、金融庁の見解などについて報じている。

    また、「 週刊文春デジタル 」では、GACKTの“営業トーク”音声を同日午前5時より公開する。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00011223-bunshun-bus_all

    所長見解:ヤバいの?・・・
    【【違法営業疑惑】GACKTさん「1000万が2億円に」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    本誌記者に、籠池諄子被告(62)から、涙声の電話がかかってきたのは、6日の0時ごろのこと。

    「主人のお母さんがさきほど亡くなりました」

    結局、ほとんど眠ることなく、6日の初公判を迎えた籠池泰典被告(66)だったが、歩いて大阪地裁入りする際の表情は力強かった。

    k


    「国策捜査そして国策逮捕、国策勾留は絶対許しません」

    法廷での意見陳述。

    検察側を激しく批判するたびに、座っていた証人席から顔を上げ、検事たちを睨む。

    戦う意思に揺らぎはないようだ。

    森友学園の理事長職を退いてから2年。

    意気軒昂な籠池被告夫妻だが、その私生活が苛烈な状況に置かれていることは知られていない。

    逮捕前に連日、マスコミが詰めかけ、「籠池劇場」の舞台ともなった豊中市の自宅は、民事再生中である森友学園の管財人の申し立てにより競売にかけられ、不動産業者が落札。

    2018年12月に明け渡した。

    現在、夫妻は大阪府内の賃貸住宅にひっそりと暮らす。

    泰典被告は森友学園以外に、籠池学園の理事長でもあり、この学校法人は、大阪市住之江区に幼稚園の土地建物を所有していた。

    こちらは、固定資産税の滞納により、大阪市に差し押さえられて公売。

    2018年12月、落札業者に引き渡された。

    社会部記者が補足する。

    「同じく泰典氏が理事を務める、社会福祉法人『肇國舎』が経営していた『高等森友学園保育園』は2017年12月、大阪市により設置認可を取り消された。
    2018年7月には、管財人により『建物収去土地明渡請求』の訴訟を起こされています」

    つまり、泰典被告の手から離れたも同然の状態だ。

    泰典被告が怒りを滲ませる。

    「大阪府、大阪市、そして管財人は、私が勾留中で手も足も出ない状況下に、着々と収奪の手続きを進めておりました。
    こんなことが、許されていいのでしょうか。
    松井一郎大阪府知事、吉村洋文市長だけは絶対に許せません」

    定期収入を失った夫妻はどのように暮らしているのだろうか。

    諄子被告に尋ねると、

    「意外になんとかやっていけてるんですよ。
    財布にあと1000円しかないと思っていたら、テレビ局から出演の謝礼が振り込まれたり。
    もっとも、スーパーでは半額セールのものばかり狙うようになりましたね。
    お父さんは犬の散歩のとき、道に落ちている夏みかんを拾ってくるので、貴重なビタミン源(笑)。
    私はいまがいちばん幸せなんですよ」


    こんなことを明るく答えるのだから、驚いてしまう。

    なにしろ自宅には、さまざまな機関からの「催告書」などがひっきりなしに届いているからだ。

    あちこちから訴訟も起こされている。

    「瑞穂の國記念小學院」を建てた藤原工業からは、2017年11月に1億円の支払いを求める損害賠償請求を提訴され、現在も訴訟は継続中。

    2019年1月には、りそな銀行に5000万円の「連帯債務保証履行」を求める裁判も起こされた。

    まさに一文なし状態だ。

    泰典被告が語る。

    「家内はともかく、私のほうは『いずれ自己破産をしなくてはならないな』と腹を括っています。
    でも、お国のためにやらなくてはならないことが残っている。
    国会中継は、欠かさず見ていますよ。
    国の根幹である統計をいじるような、不埒な安倍政権に終止符を打つべく、秘策を練っているところです」

    この男、やはり目が離せない。

    https://smart-flash.jp/sociopolitics/64734

    所長見解:おもろいけど・・・

    【【あの人は今】森友学園・籠池夫婦の今・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    詐欺事件で服役している元タレントの羽賀研二受刑者が、被害者の賠償にあてられる不動産の差し押さえを免れるため、妻に財産分与したように装ったとして、警察は、強制執行妨害などの疑いで逮捕する方針です。

    no title


    捜査関係者によりますと、元タレントの羽賀研二、本名、當眞美喜男受刑者(57)は、所有する沖縄県内の不動産の差し押さえを免れるため、おととし、妻に財産分与したように装った疑いが持たれています。

    羽賀受刑者は、未公開株の売買をめぐる詐欺事件で知り合いの男性から3億7000万円をだまし取ったなどとして懲役6年の実刑が確定し、現在、服役しています。

    3年前、裁判所から被害者の男性におよそ4億円を賠償するよう命じられ、その2か月余りあとに財産分与していたということです。

    警察は、男性の告発を受けて捜査を進めていましたが、財産分与は差し押さえを免れるための偽装だったとして、強制執行妨害などの疑いで逮捕する方針です。


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190118/k10011782211000.html?


    所長見解:懐かしいな・・・

    【【誠意大将軍】羽賀研二、また逮捕ってよwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    久しぶりのその名を聞いた人も多いだろう。

    NHK紅白歌合戦にも出場した「mihimaru GT」のボーカルhirokoの夫が詐欺容疑などで警視庁捜査2課に逮捕されていたことがわかった。

    m


    捕まったのは経営コンサルティング会社社長の池田泰章容疑者。

    警察の調べによると、2013年12月上旬ごろ、知人を介して知り合った福島県会津若松市に住む歯科医の男性に、実在する病院の会報誌を見せながら「会報誌の通信販売枠に載せれば、凄く売れます。その商品を選別して仕入れるための会社を作ります」と嘘の出資話を持ちかけ、現金300万円をだまし取った疑いが持たれている。

    同容疑者は男性をあざむくために、法人登記も行ったが、資本金の預金口座を示す書類を偽装して提出。

    実際より資本金が多くあるよう見せかけていたが、業務実態はなかった。

    警察の調べに同容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。


    災難なのは、hirokoだ。

    2人は2014年12月に結婚&出産を発表。

    池田容疑者の猛アプローチによって結ばれたそうだが、その時点で夫が詐欺に手を染めていることは知る由もなかった。

    そればかりか、詐欺まがいのビジネスは結婚後、一層拍車がかかった。

    池田容疑者の手口は著名人との交流をチラつかせ、相手を懐柔すること。

    当然、その中には妻のhirokoに名前も含まれる。

    社会部記者いわく「妻が人気歌手というのを売り文句にして、金持ちに接近していた。
    そう考えると、彼女との結婚自体がビジネス。
    hirokoさんはまんまと結婚詐欺にあってしまったようなものかもしれない」。

    〝宇宙人〟こと鳩山由紀夫元首相の名前も頻繁に聞かれたという。

    池田容疑者の母親は有名実業家の池田佳代さん。

    慈善事業に注力する彼女は政界にも顔が利き、そうした人脈を通じて池田容疑者は鳩山氏と親交があったという。

    2015年には「鳩山氏と行く中国ツアー」を計画。

    そのための会社設立を複数人に持ちかけ、数百万円の現金をだまし取った疑いがもたれており、被害者から告発されている。

    「ツアーには胡錦濤前総書記との会食も組み込まれており、賛同者の欄にはソニー元会長の出井伸之氏やキヤノンCEOの御手洗冨士夫氏、森喜朗元首相の名前もあった。
    言うまでもなく、それらは全部デタラメ。
    稀代の詐欺師ですよ」(週刊誌記者)

    ほかにも同様の〝詐欺ビジネス〟で利益を得ていたとされ、捜査関係者によれば「余罪は十数件」。

    マスコミ各社には「自分もダマされた」という被害者からタレコミ電話が殺到しているという。

    〝ダマされた〟のはhirokoも同じ。

    出会った当初は、ヤリ手実業家の皮をかぶり、彼女の目の前では羽振りの良いところを見せていたというが、実際はただの詐欺師。

    彼女は夫の逮捕をニュースで知ったそうで、今後離婚も視野に入れているという。

    ミヒマルの代表曲と言えば「気分上々↑↑」だが、私生活は上々とはいかなかったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1615085/


    所長見解:懐かしい・・・

    【【あの人は今】「ミヒマルGT」の悲惨すぎる現在がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2014年2月に発覚したゴーストライター騒動によって、現代のベートーヴェンから稀代のペテン師に転落した佐村河内守(55)。

    以降、表舞台にほとんど姿を現してこなかった彼が、週刊新潮のインタビューに応じた。


    「ずっと家にこもっていました。
    民放をつければ僕が映っている。
    ヴァイオリンが映るだけでも嫌で、ひどいときは心臓がバクバクして、彼女(妻)も一時は僕と同じくらいでした」

    と、佐村河内氏は騒動当時を振り返る。

    16年には氏を追ったドキュメンタリー映画『FAKE』が公開されるなどの動きはあったものの、引きこもりがちに。

    依頼された作曲が“佐村河内だから”という理由でなくなるなどの憂き目にもあった。

    「フジテレビから、地獄から復活した人スペシャルみたいな番組に出ませんか、という熱心なオファーをいただきましたが、僕自身まだ反省する時期だったので断念しました」

    そして、強調するのだ。

    「地下に潜って書きたい。表に出るのは、もう二度とごめんです」

    そんな氏はザ・グレート・サスケ(49)という意外な人物の依頼を受け、曲を書いてもいる。

    先述の『FAKE』の配給会社を通じて知り合い、“サスケのテーマ”を制作したのだ。

    好きだと言ってくれる人が入れば、表には出ずにいいものを作っていきたい――。



    「週刊新潮」
    http://news.livedoor.com/article/detail/15695759/


    佐村河内守氏
    no title


    所長見解:懐かしい・・・

    【【ゴーストライター騒動】佐村河内守氏は今・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ