ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    詐欺

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    森友問題、全員不起訴なぜ 検察「刑事罰の適用に限界」

    m


    森友学園への国有地売却や財務省関連文書の改ざんなどをめぐる問題で、当時の財務省幹部ら10人は再び不起訴となった。

    大阪地検特捜部の再捜査で浮かび上がったのは、確実な有罪判決を求める検察の捜査と、問題を追及してきた市民感覚とのずれだ。

    一連の問題は大きな謎を残したまま、捜査を終えた。

     
    「検察審査会の指摘をふまえ、必要かつ十分な捜査をしたが、いずれについても起訴するに足りる証拠を収集することができなかった」

     
    9日午後4時、大阪地検が入る大阪中之島合同庁舎(大阪市福島区)16階の特捜部長室。

    小橋常和部長は集まった報道陣に撮影や録音を禁じたうえで、不起訴にしたことと、その理由を短く語った。

    その後、各社の記者と個別に面会する時間を設けた。

    詳しい理由を尋ねる朝日新聞の記者の取材に、「お答えを差し控えたい」と繰り返した。


    https://www.asahi.com/articles/ASM895J6HM89PTIL01W.html
    所長見解:どやねん・・・

    【【モリカケ】朝日新聞さん、森友問題終結にまだ納得していない模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    詐欺やろ


    j

    所長見解:昼はな・・・

    【【悲報】スポーツジムに入会したのにタンクトップで汗だくになってる若妻がひとりもいない問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ファッションショーの最後、西内まりや(25才)がシークレットゲストとして姿を現すと、満員の場内はひときわ大きな歓声に包まれた。

    5月18日、千葉・幕張メッセで開催された国内最大級のファッション&音楽イベント『Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER』。

    大トリを務めた西内は、お腹を大胆に披露したコーデでランウェイを颯爽と歩き、クールな表情で3万3000人の大観衆を魅了した。

     
    かつて期待の新人として未来を約束された彼女は、所属事務所とのトラブルをきっかけに、日本の芸能界から距離を置いていた。

    この日は久々にスポットライトを浴びる華やかなステージだったが、足元には新たな暗い影が忍び寄っている。

    「彼女は今、ある投資詐欺に巻き込まれ、大きな被害を受けているんです。
    その額は億単位と聞いています。
    仕事が激減した今の彼女に、そんな大金が背負えるのか心配です…」(西内の知人)

    m


    一難去ってまた一難。

    彼女が新たに抱えたトラブルとは何か──。


    西内のシンデレラ・ストーリーが始まったのは12才の頃だった。

    2006年に故郷の福岡でスカウトされて芸能界に入り、カリスマモデルとして人気を博した。

    2014年に歌手デビューを果たすと同年、『日本レコード大賞』で最優秀新人賞を獲得。

    女優としても2017年1月にフジテレビ系のドラマ『突然ですが、明日結婚します』で、月9初出演にして初主演という快挙を成し遂げた。

    「天才肌の彼女はモデル、歌、演技をすべてハイレベルでこなせる逸材。
    当時、同じ事務所には安室奈美恵さんもいて、まりやさんの歌唱力や音楽センスから“第2のアムロ”とまでいわれていた。
    周囲の期待も大きく、ビッグスターの仲間入りが確実視されていました」(芸能関係者)

     
    しかし2017年10月に事件が起きた。

    所属事務所の対応に嫌気がさした彼女は、社長の顔にビンタした、と『週刊文春』(11月23日号)に報じられたのだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190523-00000005-pseven-ent

    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190523-00000005-pseven-000-4-view.jpg

    所長見解:もったいないね・・・


    【【これはヤバい】西内まりやに巨額詐欺騒動の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    豊中の旧籠池邸が取り壊し。

    森友学園系列保育園の建物も近日中に解体へ


    k


    一昨年、6月19日の大阪地検特捜部による強制捜査、7月31日の籠池夫妻逮捕など森友学園事件報道の際、何度も現場レポートの舞台となった大阪府豊中市の旧籠池邸が取り壊された。


    保釈後、5ヵ月で明け渡さざるを得なかった自宅

    事件勃発時は籠池夫妻の居宅として利用されていたが、大阪拘置所に勾留されていた2017年7月20日、学校法人森友学園の管財人によって、役員の責任査定を申し立てられる。

    同年12月6日に大阪地裁が10億3千万円の損害請求権を認めたため、学園側は競売を申請。

    2018年7月11日に開札され、3千51万円で不動産会社が落札し、9月4日に代金を納付したため所有権が移転してしまう。

    籠池夫妻は大阪府内に新しい住居を見つけて転居したうえ、12月7日に買い主へ引き渡していた。


    (リンク先に続きあり)
    https://news.yahoo.co.jp/byline/akazawatatsuya/20190509-00125322/ 

    所長見解:しかたないよね・・・
    【【森友学園騒動】あの籠池夫妻の現在がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    主演映画『翔んで埼玉』が大ヒット中のロック歌手・GACKTに、再び自身が関与している仮想通貨「スピンドル」を巡る疑惑が報じられた。

    『週刊文春』4月4日号の記事によると、GACKTは2017年11月に大阪で十数人の出資者候補を集めてスピンドルについて熱弁をふるっていたという。

    そして自ら単なる広告塔ではなく、経営メンバーであると強調したとある。

    さらに、直前に送られた商談会の案内メールによれば、その時点で1コイン=12円だったスピンドルを、11月24日にごく一部に向けて1コイン=50円で売り出し、12月末には50円が4倍~5倍になる予定だと記されていた。

    これについて聞かれたGACKTは「なる」と答え、「3倍から5倍になる」と付け加えて出資を募ったそうだ。

    この点を「インサイダー取引では?」という指摘に対してGACKTは「来年(2018年)の1月か2月にインサイダーが適用されるという話が今、回っています。1月か2月以降は言えないって。今は言える。」と説得していたという。

    しかし仮想通貨の売買・交換等を行う事業者は金融庁への登録が必要だが、スピンドルを発行しているブラックスター社はその登録をしていないため、資金決済法違反に当たる可能性もあると文春は報じている。

    g


    この疑惑に対してネット上では、

    《やっぱりそうだったんね》
    《胡散臭いと思ってた(笑)》
    《いつかこうなるだろうと思ったから飛んで埼玉は急いで見にに行ったんだよね》
    《歌手っていうより変な胡散臭い人ってイメージしかないわ 捕まってもやっぱりなあという感じ》

    など、驚きもなく「予想通り」という声が多い。

    無登録についてブラックスター側は「他人に譲渡できない仮想通貨だから『2号仮想通貨』にあたらないので、業者登録は必要ない」と強弁しているが、そうなるとGACKTが出資を募るときに上場する前提として『お好きなところで売ってもらえれば』と話していると記事にある。

    しかも2017年12月26日に更新した自身のブログでも、売買を前提とした内容でスピンドルについてつづっている。

    そうなるとGACKTの発言とブラックスターの弁明に矛盾が生じてしまう。

    もしブラックスター社の弁明が通るならGACKTは、法律上の仮想通貨ではない上場しない
    スピンドルを「好きなときに売買できる」と言って買わせたということになり、詐欺罪が成立する可能性も出てくる。

    スピンドルはGACKTが動いたおかげか、総額約220憶の資金を調達したが程なく大暴落。

    GACKTはスピンドル疑惑について、2018年6月にブログで「アハハ!」と笑い飛ばしたが、今回はだんまり。

    果たしてGACKTが口を開くときは来るのだろうか。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16252279/
    週刊実話

    所長見解:もうね・・・

    【【これはヤバい】GACKT主演『翔んで埼玉』は早く見に行った方がいい理由・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ