訃報

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    コラムニストの勝谷誠彦さんが28日未明、亡くなった。

    享年57歳。関係者が明らかにした。

    勝谷さんは8月22日に腹痛を訴えて緊急入院。

    2007年1月から毎朝続けてきた有料配信メール日記を初めて休載し(配信は代筆で継続)、劇症肝炎の療養に入っていた。

    その後、一時退院したが、10月下旬から再度、療養生活に入っていた。

    k


    勝谷さんは1960年、兵庫県生まれ。

    早稲田大学在学中からフリーライターとして活動し、編集プロダクションを設立。

    1985年に大学卒業後、新卒入社した電通を数か月で辞め、文藝春秋に転職。

    花田紀凱氏が当時編集長だった「週刊文春」の記者として活躍した。

    文春時代は、フィリピンのマルコス政権を民衆が倒したエドゥサ革命(1986年)や、三井物産マニラ支店長誘拐事件(同)、湾岸戦争(91年)など海外の歴史的事件を相次いで取材。

    また、在籍当時の週刊文春は、1989年の東京・足立の女子高生コンクリート詰め殺人事件で、犯行に関わった少年グループの実名報道に踏み切ったことが社会的論争を呼んだ。

    http://agora-web.jp/archives/2035909.html


    所長見解:復活したと思ってたのに・・・

    【【訃報】勝谷誠彦さん死んだってよ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ナベツネにいったい何が?

    「読売グループが緊急幹部会議を開催」の情報でマスコミが大慌てになった理由

    ナベツネが亡くなったんじゃないか──。

    読売新聞グループ本社代表取締役主筆の渡邉恒雄氏の死亡説が昨晩からネット上に流れ、大きな騒ぎになっている。

    g


    今朝にはジャーナリストの田中稔氏も〈昨晩、渡辺恒雄氏が亡くなったとみられる。読売は安倍総理の帰国まで公表したくないようでなかなか認めないが、各社、予定稿準備しているとの情報。〉とTwitterに投稿。

    その後、Yahoo!のランキングでも「渡辺恒雄」がトレンド1位となる事態に。


    しかし、その一方で、新聞やテレビはいまだ一切、このことに触れていない。

    どういうことなのか。

    全国紙の政治部記者に問い合わせてみた。

    「じつは、昨日、読売本社で緊急のグループ幹部会議がおこなわれたという情報が飛び込んできた。

    そこから“ナベツネに何かあったのでは”という話が広がり、各社、取材に動きはじめたんです。

    ただ、いま現在は緊急幹部会が開かれたという話以上の情報がなく、まだ裏は取れていない。

    しかし、一方で健在を裏付ける具体的な情報も取れない。

    ナベツネも92歳ですから、なにがあってもおかしくない。

    それで、各社も訃報の予定稿準備や裏取り取材に走り回っているという状況です」


    ナベツネをめぐっては、夏ごろから「体調不安説」が流れていた。

    渡邉氏は今年8月中旬、自宅で転倒して頸椎の一部を骨折して入院。

    読売新聞社は当初公表していなかったが、週刊誌が取材に動いたことから、同月20日に読売新聞社が入院の事実を公表。

    〈一般病棟で治療を受けながら、業務書類に目を通すなど順調に回復している〉とし。

    しかし、「週刊新潮」(新潮社)8月30日号(8月22日発売)は「一時はもち直して一般病棟に移されたものの、18日になって容態が急変し、ふたたび集中治療室に入っている」という関係者のコメントを掲載していた。


    「原監督の件はともかく、読売グループに重大な異変が起きているのは間違いない。

    ただ、それがナベツネの健康状態に関するものかは正直、わからない。

    一方では、長嶋茂雄・終身名誉監督にかかわることじゃないかという声もある」(週刊誌記者)


    現段階では情報の真偽について判断できる状態にないが、いずれにしても、今回のメディアの慌てぶりをみて、再認識したのは、マスコミにとってのナベツネの存在の大きさだ。

    >>2へ続く
    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/1117/ltr_181117_1412991564.html


    所長見解:なんで隠す?・・・

    【【読売グループが緊急幹部会議】もしかしてナベツネが・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ダイアナ妃36歳、尾崎豊26歳、橋本真也40、坂井泉水40歳、ジャッキー佐藤41歳、チェッカーズのクロベエ40歳、カンニング中島35歳、本田美奈子.38歳、飯島愛36歳、松平健の美人奥さん42歳、上原美優24歳 夏目雅子27歳


    y


    所長見解:若いな・・・

    【【覚えてる?】若くして亡くなった有名人・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本相撲協会を退職した元貴乃花親方(元横綱・貴乃花)の花田光司氏(46)が10日、貴乃花応援会公式サイト内で、大相撲の元横綱でプロレスラーとしても活躍した輪島大士(本名・輪島博)さん死去を悼む長文の投稿をした。

    花田氏は「輪島さんに最後にお会いしたのは、未だに私の尊敬する、亡き北の湖前理事長との対談をされていたときで、その際傍でご挨拶ができました」と回想。
    「その時は、声帯の手術と治療をされていると聞きましたが、かすれながらに『こうじ、こうじ、』と、元気にお声がけ頂いたこと思い出されます。
    それが輪島さんと最後にお会いした時でした。
    その時期の私は、北の湖理事長の下で職務を学んでいた頃でした。
    輪島さんに久しぶりにお会いできて大変嬉しく、同時に北の湖理事長の輪島さんに対する労わりの精神を垣間見させていただきました」と思い出をつづった。

    貴


    ブログではさらに幼い頃の思い出にも言及。
    「輪島さんは先代貴ノ花の自宅へ遊びに来られていました。
    夜に突然来られてあっという間に残り香を遺して帰られるような輪島さんは、私の子供の頃の記憶を辿ると、宇宙人みたいな、それこそ天孫降臨されたような方でした」と記した。

    そして「輪島さんの思い出を辿ると、先代貴ノ花の師匠が遺して下さったお話も尽きないほどに思い出されますが、どれもが懐かしいことばかりです。
    輪島さんのあの愉快な楽しい話がまた聞きたいです。
    グァム旅行にご一緒したこともありました。
    大きな大きな背中の輪島のおじちゃんとの大切な思い出を、いつまでも心にしまっておきたいと思います」と結んでいた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000056-sph-spo


    所長見解:あれやな・・・

    【【あの噂】元貴乃花親方「輪島のおじちゃんとの大切な思い出」←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    西城秀樹さんの死去を受け、テレビドラマ「寺内貫太郎一家」で西城さんと共演した作曲家の小林亜星さんがコメントを寄せた。
    以下の通り(原文のまま)。

    k


    歌い手として素晴らしい人だった事は勿論ですが、彼はミュージシャンとしても特別な凄味を持ったトップアーティストだったと思います。
    ドラマ「寺内貫太郎一家」では親子でよく喧嘩しましたが、どうして外国にもたくさんファンがいる偉大なシンガーが隣のやさしいお兄ちゃんになってしまえるのか?
    今でもずっとナゾです!
    そんな素晴らしい人が先に亡くなって、僕みたいな奴が長生きしてるなんて全く世の中どうかしてる。

    https://www.sankei.com/entertainments/news/180517/ent1805170015-n1.html


    所長見解:生きてるのか・・・

    【【どっち?】死んだと思ったら生きてた、生きてると思ったら死んでた芸能人がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ