ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:訃報

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    西城秀樹さんの死去を受け、テレビドラマ「寺内貫太郎一家」で西城さんと共演した作曲家の小林亜星さんがコメントを寄せた。
    以下の通り(原文のまま)。

    k


    歌い手として素晴らしい人だった事は勿論ですが、彼はミュージシャンとしても特別な凄味を持ったトップアーティストだったと思います。
    ドラマ「寺内貫太郎一家」では親子でよく喧嘩しましたが、どうして外国にもたくさんファンがいる偉大なシンガーが隣のやさしいお兄ちゃんになってしまえるのか?
    今でもずっとナゾです!
    そんな素晴らしい人が先に亡くなって、僕みたいな奴が長生きしてるなんて全く世の中どうかしてる。

    https://www.sankei.com/entertainments/news/180517/ent1805170015-n1.html


    所長見解:生きてるのか・・・

    【【どっち?】死んだと思ったら生きてた、生きてると思ったら死んでた芸能人がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    25、26日に営まれた歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名木本龍雄=きもと・たつお)さんの通夜、葬儀・告別式の配布品が大手ネットオークションサイトに複数出品され、批判の声が上がっている。

    h


    25日の通夜では一般参列者用にも祭壇が設けられ、2014年のコンサートの写真が入ったポストカードが配布された。
    ポストカードは2日間で2万枚用され、開始数時間前から多くのファンが列を作っていた。

    27日にこの配布品などが「お別れの会 祈念品一式」などとしてオークションに出品されており、数万円の高値がついている。

    ネットでは

    「転売するために参列したと思うとゾッとする」
    「人としてどうなの」
    「ポストカードは欲しいけど…」

    と批判が殺到。

    同一の出品者が多数出品しており、「どうやって、これだけの量を確保したのだろう?」と疑問の声も上がっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00000062-spnannex-ent


    所長見解:なんかな・・・

    【【転売】西城秀樹さん葬儀配布品がネットオークション多数出品の模様・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    63歳の若さで西城秀樹が帰らぬ人となったのは、5月16日のことだった。
    死因となった急性心不全の背景には2度の脳梗塞があると目されているが、“糖尿病も患っていた”と元マネージャー氏は明かすのだ。

    s


    西城が脳梗塞を発症したのは、2003年と11年末。
    1976年から23年間、マネージャーを務めていた天下井隆二氏は“お酒は飲み、セブンスターを1日3、4箱吸っていた”という西城の健康事情について、こう語る。

    「84年、骨髄液が漏れて脳圧が下がる低髄液圧症候群という病気で1カ月ほど入院し、一時は面会謝絶になるほどでした。
    それに、実は秀樹さんは糖尿病でした。
    96年か97年、秀樹さんと僕とで健康診断を受けたら二人とも血糖値が高く、僕は糖尿病と診断されて薬を処方され、秀樹さんはインシュリンで治療することに」

    初めて明かされた、糖尿病だったという事実――。

    東京慈恵会医科大学客員教授の阪本要一氏も、

    「病院で血糖値が高いと診断され、インシュリンを投与されていたなら、西城さんが糖尿病と診断されていたのは間違いないと思う」

    と見立てて、こう続ける。

    「糖尿病の状態が続くと、血管の内皮細胞が異常をきたして動脈硬化が進み、脳の血管が詰まって脳梗塞などを引き起こす危険性がより高まります」

    2度の脳梗塞は、糖尿病が影響していた可能性もあるのだ。


    病に倒れて以降、最近も週に4、5日のリハビリに励んでいたという西城だが、

    「心房細動や不整脈などの病気が隠れていて、心臓から血の塊が脳に飛んでいくこともあります。
    西城さんも心臓になんらかの持病があった可能性があり、リハビリで負担が蓄積し、急性心不全が起きた可能性も考えられます」(くどうちあき脳神経外科クリニックの工藤千秋院長)

    5月24日発売の週刊新潮では、西城の病との闘いについて詳しく掲載すると共に、それを支えた妻の献身など、スーパースターの急逝を報じる。

     
    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180523-00542611-shincho-ent


    所長見解:タバコ多いね・・・

    【【緊急暴露】西城秀樹の知られざる病状「実は秀樹さんは・・・」←これ・・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タレントのデヴィ夫人が21日、TBS系「ビビット」で、4月に亡くなっていたことが分かった女優の朝丘雪路さんについて、最後に一緒にロケに行ったときの様子を明かし「名残惜しい」「つらいです」と悲しんだ。

    d


    デヴィ夫人と朝丘さんは50年来の付き合いだといい、テレビ番組などでも共演機会が何度もあった。
    デヴィ夫人は朝丘さんとの最後のロケの時の様子について「同じ事を何回も繰り返されていたんですよ。それとウインドーの所に立ったまま、動かなかったんですね。それでおかしいなと思っていた」と、アルツハイマーの症状を思わせる行動などがあったことを明かし、それ以降「全然連絡が取れなかった」と振り返った。

    「(娘の)真由子ちゃんの事もお顔が分からなくなってしまってるっていう話は聞きました」と言い「もう一度お会いしたかったです。本当に名残惜しいです、悲しくて」と涙声に。
    「お話ができなかったですから。とってもユーモアがある面白い方でしたね。辛いです」と長年の友人を失った悲しみを隠さなかった。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000058-dal-ent


    所長見解:デヴィ・・・

    【【衝撃暴露】デヴィ夫人、朝丘さんとの最後のロケで「同じ事を何回も…」ってよ・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    https://thehimalayantimes.com/nepal/japanese-climber-nobukazu-kuriki-found-dead-on-mt-everest/


    KATHMANDU: Japanese climber Nobukazu Kuriki has been found dead at Camp II on Mt Everest this morning,
    multiple sources at the Mt Everest base camp confirmed.

    Sherpa climbers found the 36-year-old Japanese alpinist dead in his camp, a base camp officer told THT over phone.
    Efforts are underway to airlift Kuriki’s body from the high camp, he added.

    https://www.excite.co.jp/world/english/

    k


    登山家の栗城史多さんが死亡と報道 海外メディア
    http://news.livedoor.com/article/detail/14745434/

    21日朝、登山家の栗城史多さんがエベレストのキャンプ2で死亡していると確認された。
    海外メディアのThe Himalayan Timesが報じた。

    栗城さんは自身のブログで21日朝、「下山します」とのタイトルで投稿。

    「体調が悪く、7400m地点から下山することになりました」
    「今後の行動は未定で、栗城が無事に下山して状況がわかり次第、お知らせいたします」

    と報告していた。

    栗城さんは、過去に7度エベレスト登頂を目指し、今回は8度目の挑戦。
    4度目の挑戦時に、重度の凍傷で指9本を失っている。


    所長見解:マジか・・・

    【【訃報速報】登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)氏がエベレストで遺体で発見された模様・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ