解雇

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月5日深夜、お笑いコンビ「おぎやはぎ」が、パーソナリティーをつとめるラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、お笑いコンビ「TKO」の木下隆行が松竹芸能を退所することについて語ったのだが、「クロちゃんが踏まれてるのは(報道で)出てるんだよね?」と慌ててスタッフに確認する一幕があり、ネット上で話題となっている。


    「松竹芸能は5日、後輩芸人へのパワハラ報道が話題となったTKO木下が3月15日をもって退所することを発表しました。
    『スポーツ報知』が報じたところによれば、パワハラについて木下は『事実の部分もある』と一部認めているそうで、『会社や芸人仲間に迷惑をかけたので、一度自分を見つめ直してリフレッシュしたい』と、本人から退所を申し出たと事務所関係者が明かしています」(芸能ライター)


    この報道に対し、番組で矢作兼は「オジンオズボーンのあいつ(篠宮暁)がペットボトル投げられたみたいな笑い話にしてたけど、あれが実話だったみたいな話からみんなが引いて」と木下のパワハラ騒動について説明。

    さらに、「クロちゃん…とかもあったよね?」と確認すると、小木は「何かあったんだっけ?」とトボけ、矢作が「あれ、クロちゃんの話って出てる?
    靴で踏まれた話は出てるよね?」と慌ててスタッフに確認したのだ。

    k


    これにネット上では、

    〈クロちゃんの話って報道では出てるけど、確か木下は否定してなかったっけ?言っちゃって大丈夫かw〉

    〈報道で出てるか出てないか分からないくらい、木下のパワハラエピソードは色んな人から聞いてるってことか〉

    〈おぎやはぎの口ぶりだとまだまだ表に出てない件が山ほどあるんだろうな〉

    など疑惑を生んでいた。


    その後も矢作は「木下さんは、いわゆるそういうこととか、それだけじゃないのかもしれないけどね。
    退所って、これクビだろ」とダメ押し。


    「小木はこれに『クビは出てないんだよ。
    それはダメなのよ。
    矢作さんそれはダメ。
    もう曲いこう』と慌ててフォローしていましたが、確かに2人ともまったくフォローする様子は感じられませんでした。
    矢作の止まらない言及からも、木下についての悪評がにじみ出ており、世間の評価とさほど変わらないようにも思えます。
    今後、木下はフリーで活動するとことですが、これでは他の芸人と絡むことは相当難しいでしょうね」(芸能記者)


    俳優業あたりが妥当なところか?


    http://dailynewsonline.jp/article/2226641/

    所長見解:そやね・・・
    【【暴露】TKO・木下氏の救いようのない悪評がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月5日、お笑いコンビ・TKOの木下隆行(48)が、所属する芸能プロダクションを3月15日をもって退社することが明らかになった。

    事務所のホームページでは、「弊社所属タレントのTKO木下隆行は、2020年3月15日をもって弊社を離れる事になりました」と伝え、「今後は弊社を離れ、フリーとして引き続き芸能活動を行っていきます」と報告。


    「ただ、相方の木本武宏(48)は引き続き事務所に所属して芸能活動を行うといい、また、TKOも解散することはないと所属事務所が発表しました」(芸能記者)

    木下といえば、昨年、後輩芸人へのパワハラ疑惑が複数のメディアで報じられ、年末年始以来、テレビから姿を消していた。


    事の発端は2018年6月、事務所の先輩である、お笑いコンビ・よゐこの濱口優(48)とタレントの南明奈(30)の結婚パーティ。

    会を仕切った木下が、参加した芸人から会費を徴収。

    しかし、パーティの費用は結局、濱口がすべて支払ってくれたという。

    にもかかわらず、木下は集めた金を返金しなかったという。


    それを後輩芸人のオジンオズボーン・篠宮暁(37)にその年の年末の事務所ライブでイジられると木下が激怒。

    楽屋でふたを開けていないペットボトルを投げつけ、篠宮の左目に直撃させてケガを負わせたと報じられたのだ。


    「他にも、2019年10月発売の『女性自身』(光文社)が、数年前のある番組で“安田大サーカスのクロちゃん(43)が木下をイジる”というドッキリ企画を行ったところ、木下がクロちゃんに激怒し、収録後の楽屋でクロちゃんに土下座させ、革靴で頭を踏みつけていたという報道もありました。

    さらに同月の『FRIDAY DIGITAL』でも、木下がお笑い芸人の“闇営業”問題で、芸人と反社会的勢力のパイプ役を担ったとされる、カラテカの入江慎也(42)と懇意にしていて、入江主催のクラブイベントなどで、未成年と思しき女性をナンパしていたとも報じています。

    自身が経営するブランドの服を強制的に後輩芸人に買わせるという話もありましたよね」(前出の芸能記者)


    k


    ■事件半年後も篠宮を無視!

    お笑いプロ関係者は話す。

    「業界関係者の間では、“木下にはまだ明らかになっていないスキャンダルがある”ともささやかれていて、新規の仕事を受けたあとに、新たなスキャンダルが発覚したら、トラブルになったり、最悪、賠償金が発生する可能性もある。
    そのため、木下の所属事務所は新規の仕事を入れず、現在に至るまで活動休止状態だったんです。

    テレビ局も今はコンプライアンス遵守が徹底されていて、“パワハラ”や他の疑惑が多々ある木下を起用するということはなかった。
    今後も、地上波への復帰は困難で、それで事務所を退社するという結論に至ったのかもしれませんね」


    木下は昨年相次いだパワハラ報道を受けて反省したのか、年末年始にかけて、自分を見直すため四国でお遍路に励んでいたという目撃談もある。

    「ただ、木下は徒歩ではなく自転車で巡礼していたといいますが……。
    お遍路に励むなど、相当反省しているかと思いきや、木下は後輩への言動について特に深刻には考えていないとも聞こえてきているんです。
    というのも、パワハラ報道が少し落ち着いた頃、事務所サイドからケガを負わせた篠宮だけではなく、“これまで迷惑をかけてきた事務所の人間にも謝れ”と指示があったそうで、後輩芸人らに木下から謝りの電話が入ったといいます。

    ただ、仕事などの都合で電話に出られなかった人にはその後もかけ直してこないといいますから、事務所に言われて仕方なく謝っている感じがありありで、後輩芸人からも“あの人、絶対反省してないだろ”と言われていたとか。
    また、ペットボトル事件からしばらく経っても、木下から篠宮への謝罪はなかったといいます。
    それは事務所の上層部が木下に“謝れ”と言ってもそうだったとか。

    木下が篠宮にまったく謝罪をしないことを問題視した事務所は、事件から約半年後の2019年夏、遊園地で行われるイベントに、TKOとオジンオズボーンを一緒に出演させ、“謝罪の機会”を作ったんです。

    楽屋のひとつなので、事務所関係者も当然、そこで木下が篠宮に謝罪すると思っていたそう。
    しかし、そこで木下は篠宮を完全無視し、いっさい謝罪がなかったそうです。
    それを聞いた後輩芸人からは“あの人終わってるな……”という声も出て、その頃から事務所も木下にあきれ果てていたと関係者の間ではもっぱらです」(前出のお笑いプロ関係者) 


    http://dailynewsonline.jp/article/2223613/
    日刊大衆

    所長見解:そんなんやったんや・・・

    【【解雇】TKO・木下氏の悪すぎる素行がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    松竹芸能のお笑い部門を長らくけん引してきた芸歴30年のベテランコンビ・TKOの木下が、このたび松竹芸能を退所することが発表された。

    表向きは「円満退所」とされているが、「事実上の解雇。
    松竹芸能は、度重なる木下さんの悪行に愛想を尽かしたのです」と松竹芸能の関係者は明かす。


    「昨年10月から、木下さんはテレビを中心としたメディアへの出演を〝自粛〝していました。
    きっかけは、18年末に起こった松竹内でのいざこざでした。

    後輩芸人・オジンオズボーンの篠宮さんと同じ舞台に出演した際、篠宮さんのいじりにキレた木下さんが、ライブ後の楽屋で篠宮さんの顔面めがけてペットボトルを投げつけたのです。
    それが昨年9月に週刊誌に報じられたことが松竹芸能内で問題視され、木下さんは事実上の謹慎状態となっていた」

    t


    たかだかその程度のトラブルで……と思うなかれ。

    TKO木下の後輩への悪行や金銭に関するトラブルは、後輩芸人やスタッフ、マネージャーを通じてたびたび松竹に報告されていたという。


    「よゐこの濱口さんと南明奈さんの結婚を祝うパーティーが開かれた際、木下さんは後輩から会費を集めたのです。
    それを、濱口さんが『若い芸人から取るのは酷だから』と、パーティーにかかったお金を全部負担したのですが、木下さんは集めたお金を後輩に返金しなかった。

    このように、後輩から集めた飲み代を自分の懐に入れるのは茶飯事で、クラブで後輩芸人に女をナンパさせたり、電話で後輩をどなりつけたりということがいくつもあった。
    ひとつひとつは小さなことかもしれませんが、先輩芸人やベテランスタッフがどれだけ注意をしても、一向に態度が改まる気配がなかった。
    そこで、反省を促す期間をもうけるということで、10月から〝謹慎〝を命じられたというわけです」(同)


    その後、木下は反省の色を見せるためか四国へお遍路巡りに旅立ったが、自転車に乗ってお遍路を回っていることがなぜか松竹に伝わってしまい、ここでもあきれられたという。

    結局、反省の色を見せない木下に松竹が愛想を尽かし、このたび契約が解消されることとなったという。

    「表面上は円満退所という形をとっていますが、実際は『解雇』。
    噂によると、木下さんが周辺にいる素行の悪い人たちとの縁を切れなかったことが原因ともいわれています。
    会社は解雇と発表したかったが、木下さんの懇願を聞き入れて『円満退社』の形をとることになった。

    本当は2月の末に発表する予定だったのですが、これも木下さんから『せめてお世話になった先輩や関係者には自分から連絡したいから、その時間が欲しい』との願いを聞き入れて、少しだけ発表を遅らせることになったようです」


    相方の木本は松竹芸能に残るが、木下は松竹芸能を離れたあと、フリーで芸能活動を続ける予定だという。

    TKOとは、ボクシングなどの試合途中にレフェリーが試合をストップすることを指す。

    残念ながら木下は松竹芸能からTKOを下された、ということだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200305-00000009-friday-ent

    所長見解:そうなんや・・・
    【【悲報】TKO・木下氏、松竹芸能が事実上の解雇ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「このハゲー!!」の怒号で一躍有名になった豊田真由子元衆院議員、最近ではジャガー横田の夫で医師の木下博勝氏による看護師へのパワハラが世間で取りざたされている。

    “地位が人を作る”という言葉があるが悪い意味で捉えると、自分は偉いと勘違いして身の回りの世話してくれる人に横柄な態度を取ってしまう人間は多いようだ。


    お笑い芸人の友近もその1人のようだ。

    t


    友近は今年8月に「週刊新潮」で、“マネージャーによるパワハラ告発”がスクープされた。

    ここ10年で20人のマネージャーをパワハラによって辞めさせたと報じられた。

    「あの報道以降も友近さんはまったく変わることなく“女帝”のごとくふるまっています。
    “業界の教育”と称して毎日のようにパワハラを繰り返している。
    なにか気に入らないことがあればすぐに“あんた向いてないから辞めろ!”と威圧するとか。報道後も辞めた社員は増え続けていますよ」(マネージャーの関係者)

    それでも友近は芸人として仕事も多いので吉本もある程度は我慢してきたというが、ある“きっかけ”で風向きが変わったという。


    「闇営業騒動で岡本社長のパワハラ問題が報じられたとき、友近さんは自分のことを棚にあげて“岡本社長は会話の最初に威圧的な態度を取り、相手を萎縮させる”と岡本社長本人に面と向かって批判したんです。
    これが岡本社長の逆鱗に触れた。
    そして、その後も友近は相変わらずマネージャーをどんどん辞めさせていったため吉本サイドが“次、もしパワハラでマネージャーを辞めさせたら専属エージェント契約に変える”と宣告したそうです」(スポーツ紙記者)


    要するに吉本サイドからしたら、これ以上ひどくなるなら、自身で営業して仕事を取り、マネージャーも自分で雇い、半分独立のような形で仕事を進めていってくれということ。

    しかし友近は芸人として実力には絶対の自信を持っており、折れなかったという。


    「“売り言葉に買い言葉”となり友近も“私のマネージャーをしたいっていう人材なんていくらでもいるのよ!”と吉本に啖呵を切ったようです。
    しかしいくら募集しても世間はあの“パワハラ騒動”を知っています。
    結局、友近のマネージャーをやりたいという人は一切見つからなかった。
    友近は引くに引けない気持ちと、仕事を続けたいという気持ちのジレンマに苛まれ、“専属エージェント契約でいいので、有料でマネージャーを紹介してほしい”と吉本サイドに泣きついたようです」(同・スポーツ紙記者)


    実際、専属エージェント契約の第一号である加藤浩次も、当時担当していた吉本のマネージャーを気に入っていたので、費用を吉本に支払う形で今も継続しているという。

    「友近に関してはエージェント契約になってもマネージャーにパワハラをして辞めさせる事態が続けば、吉本は本格的に契約破棄することも視野に入れているようです。
    今年散々世間から叩かれた吉本は、不祥事やスキャンダルに非常に敏感になっています。
    最近では週刊誌に音声データを渡して暴露する手法が多い。
    友近に嫌がらせをされた元マネージャーがパワハラの音声データを持っているというウワサもあります。
    慰謝料請求の民事訴訟など起こされ、友近が謹慎などに追い込まれたらまた厄介なことになる。
    吉本としては厄介払いとばかりに、友近を切ろうとしている節があるんです」(ワイドショー関係者)


    “実るほど頭を垂れる稲穂かな”というが、謙虚さを失ったタレントにどれだけの魅力があるのか。


    FRIDAYデジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191223-00000007-friday-ent

    所長見解:怖いな・・・

    【【トラブル】人気芸人・友近、マネージャーへのパワハラ問題が発覚ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ドラフト時点で最高評価を受けていても、入団後に目立った成績が残せなければクビになるのは他の選手と変わらない。

    むしろ大きなプレッシャーを背負うぶん、彼らのほうがより辛いのかもしれない。

    発売中の『週刊現代』ではドラフトで1位指名された選手の、その後について特集している。


    d


    「三顧の礼」で迎えられて

    今年も、10月17日のドラフト会議で、佐々木朗希(大船渡高校)と奥川恭伸(星稜高校)を筆頭に、12人の「ドラ1選手」が誕生した。

    一方で、新たに入団する彼らに席を空けるため、活躍できなかった選手たちには非情な戦力外通告が待っている。

    10月初旬、各球団が発表した戦力外リストの中には、かつてはドラ1として、佐々木や奥川と同じように脚光を浴びた選手たちも少なからず含まれている。

    中でも、記憶に新しいのが、'10年のドラフトで6球団から1位指名を受けた大石達也(31歳・元西武)だ。

    「150㎞中盤のストレートとキレのあるスライダー、フォークのコンビネーションで抜群のセンスを感じさせました。

    当時、ウチの抑えとして君臨していた(藤川)球児のようなスピンの掛かった球とはまた違って、バッターが直球とわかっていても押し込まれてしまうようなパワーがあった。

    もし獲れれば、近い将来、絶対的な守護神としてチームを支える投手になると思い、強く推薦しました」(当時、大石を1位指名した阪神の元スカウト・菊地敏幸氏)


    この年のドラフトは、大石、斎藤佑樹(日本ハム)、福井優也(楽天)の「早大三羽ガラス」の他にも、澤村拓一(巨人)や山田哲人(ヤクルト外れ1位)、秋山翔吾(西武3位)、柳田悠岐(ソフトバンク2位)ら現在も一線で活躍する選手が目白押しだった。

    彼らを差し置き、競合のリスクを覚悟してでも6球団が指名を断行した大石の才能が、いかに高く評価されていたかがわかるだろう。

    くじ引きの末、西武が交渉権を獲得。

    大石に対して契約金1億円+出来高5000万円、年俸1500万円(いずれも推定)という最大級の条件を提示し、背番号も松沼博久らエース級が背負ってきた「15」を用意した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191018-00067837-gendaibiz-base

    所長見解:そうやったな・・・
    【【プロ野球】消えた栄光のドラフト1位は今・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ