解雇

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 宮迫博之を庇うもロンブー田村亮は引退の可能性、「振り込め詐欺」集団への闇営業は一度だけではない

    吉本興業に所属していたカラテカの入江慎也と大規模振り込め詐欺集団のつながりについて、14日発売の「フライデー」(講談社)が追及を強めている。

    同誌は前週に2014年12月の“闇営業”の模様を暴露し、入江に頼まれて雨上がり決死隊の宮迫博之やロンドンブーツ1号2号の田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウ福島善成、ザブングルらが、振り込め詐欺組織の忘年会で芸を披露しギャラを受け取ったと報じた。

    この報道を受け、吉本興業はカラテカ入江慎也との所属契約を解除。

    入江は「反社組織だとは知らなかった、エステサロン経営や食品販売をする会社だと聞いていた」と弁明し、宮迫や田村も「犯罪集団だなどと思いもよらなかった」と説明の上、謝罪している。

    h


    8日深夜放送の、極楽とんぼ加藤浩次がMCを務めるラジオ番組『オレたちゴチャまぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎日放送)で、ロンブー田村亮は、件の宴会に参加した経緯を「5年前のことで記憶は曖昧」としながら詳しく説明。

    田村亮の説明によると、2014年12月のその日、田村は宮迫博之、入江慎也と共に飲んでいた。

    途中で入江が「これから結婚式に参加するから抜ける」と言い出し、田村と宮迫は会を盛り上げるべくサプライズで参加したという。

    入江は最初に「ノーギャラですよ」と宣告していたそうだ。

    しかし14日発売の「フライデー」は、芸人たちが口をそろえた「反社組織とは知らなかった」という証言を覆すような内容だ。

    同誌は2014年6月に開かれた、同じ組織の宴会の模様も入手。

    それは振り込め詐欺首謀者の誕生会だが、司会はやはり入江で、ムーディ勝山、天津木村、くまだまさしら芸人たちが闇営業に訪れていた。

    同誌に情報を提供している詐欺グループ元メンバーによれば、首謀者や幹部たちが表向きは「若手実業家」でありながら実は振り込め詐欺という卑劣な手段で主に高齢者から金を集めていたことを、入江らは確実に知っていたはずだという。

    元メンバーは少なくとも三回、六本木や麻布のキャバクラVIPルームにて入江と会っており、組織の幹部たちは詐欺で稼いでいることを悪びれもせず入江に話していたそうだ。

    入江は「悪いことしないと稼げないっすもんね」と笑っていたという。

    また田村亮も2014年5月末の時点で、入江主催のイベントにて詐欺組織の幹部メンバーたちと会っており、振り込め詐欺に手を染めている半グレたちであることは認識していたはずだとされている。

    犯罪者集団と知りながら繋がっていたという「決定的な証拠」がなければ、芸人たちはまだ「知らなかった」と言い張るか、沈黙を貫き風化を待つことが可能かもしれない。

    ただ、田村亮が忘年会の場以外でも複数回、反社組織との飲みの場に同席していたことが事実だとすれば、入江同様に解雇となる可能性もあるだろう。

    それにしても、親密な交流を持っていたにもかかわらず、2015年6月にこの大規模振り込め詐欺集団の犯罪が暴かれた際、入江らは気づかなかったのだろうか。

    20億円以上を全国の被害者から騙し取っていたとして、およそ40人の男女が逮捕された特殊詐欺案件。

    当時この事件は、犯人たちの名前も含め大きく報道された。

    その前年末まで親しく、主催イベントに協賛もしてくれた「若手実業家」率いる組織がどうなったか……少なくとも入江は知っていてもおかしくないのではないか。


    https://wezz-y.com/archives/66832

    所長見解:そやね・・・

    【【闇営業問題】ロンブー田村亮は引退の可能性ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 宮迫博之ら“闇営業芸人”、解雇処分は不可避か…「ギャラ支払った」証言で事態は急変

    入江慎也の闇営業問題をめぐり、新たな疑惑を6月14日発売の「FRIDAY」(講談社)が報じている。

    “ギャラ”についての証言も飛び出すなど、騒動は拡大の一途をたどっている。

    振り込め詐欺グループと入江の闇営業をスクープした「FRIDAY」。

    今回は“スクープ追及第2弾”として、振り込め詐欺首謀者の誕生会に参加する芸人たちの写真を掲載した。

    参加芸人は、入江を筆頭にムーディ勝山、木村卓寛(天津)、くまだまさし、ザ・パンチ、2700で、闇営業問題の舞台となった詐欺グループの忘年会より半年前に開かれたという。

    記事では、誕生会に出席した詐欺グループ元メンバーの証言を紹介しており、「忘年会同様、誕生会に芸人を呼んだのも入江です。
    入江には仲介手数料として100万円以上を支払った」と明言。

    ギャラはダミー会社から「宣伝費・出演料」などの名目で振り込まれ、「入江の差配で、そのギャラを芸人たちに振り分けたんでしょう」と語っている。


    g


    ギャラの支払いは、闇営業問題で争点になっているポイントのひとつ。

    忘年会に参加した雨上がり決死隊・宮迫博之は、ツイッターで公開した謝罪文に「ギャラはもらっていない」と明記。

    同じくロンドンブーツ1号2号・田村亮もツイッターで、「お金を受け取ってなかった、知らなかったからと言え詐欺グループの忘年会への参加してしまった行為を深く反省しております」(原文ママ)と綴っていた。

    一方で闇営業問題の発端となった入江は、謝罪文で「忘年会に出席したことは事実」と認めながらギャラについては触れず。

    また、忘年会参加メンバーのガリットチュウ・福島善成も、謝罪のみでギャラへの言及はなし。

    参加したとされるレイザーラモンHGにいたってはコメントすら発表しておらず、闇営業問題でギャラの受け取りを認めた芸人はいない状況だ。
     
    なお、「FRIDAY」の記事で詐欺グループ元メンバーは、芸人たちがギャラについて「絶対に支払っていた」と断言。

    インターネット上でも「『営業には行ったけどギャラはもらってません』なんて、世間に通じると思ってるのかな」「宮迫やロンブーレベルでノーギャラなんて有り得る?」「もしもギャラの受け取りが判明したら、今度こそ潔く芸能界から引退してほしい」といった声が続出している。

    「いまや、反社会的勢力とのつながりがあると判明すれば、一発で芸能界追放になるほどシビアな話題です。
    特に吉本興業は、8年前に島田紳助が暴力団とのつながりが明るみに出て芸能界を引退して以来、反社勢力との交際については神経を尖らせてきました。
    そのため、今回もいち早く入江に事実上の解雇処分を下しました。
    ほかの芸人については、“反射勢力と知らずに参加した。ギャラは受け取っていない”ということで、注意処分にとどめました。
    仮にそれが虚偽だったとすれば、入江同様に解雇処分は免れないでしょう」(芸能記者)

    新たな疑惑が浮上した闇営業問題。

    すべての真実が明らかになる日は来るのだろうか。

    https://biz-journal.jp/2019/06/post_28380.html

    所長見解:もうね・・・
    【【事態急変】宮迫博之さん、闇営業問題で解雇処分へ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 楽しんご 吉本解雇も余裕「本日も闇営業」「痛くも痒くも無いんご!」 吉本に感謝

    t


    事務所を通さない闇営業が原因で、吉本興業を解雇されたタレントで整体師の楽しんご(40)が、ツイッターで「本日も闇営業しますwww」と仕事の告知を行うなど、余裕のツイートを連発している。

    10日に吉本解雇が判明したが、心配するツイートに対し「大変じゅないよ!むしろ楽しんでますよ」と応対。

    「吉本さんには感謝してもしきれない位 感謝している」と記し、「今回の件 大変だね!とか!頑張ってくださいとか良くメッセージ来るけど 僕ビックリする位お仕事沢山あるから痛くも痒くも無いんご!w」と明るい投稿を連続している。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000034-dal-ent

    ▼画像
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190612-00000034-dal-000-5-view.jpg 

    所長見解:闇やないな・・・
    【【吉本解雇】楽しんご「本日も闇営業」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ラブ、注入」のギャグでおなじみの楽しんご(40)が、事務所を通さない仕事である闇営業が原因で、吉本興業から契約解消されていたとの報道を受け、「闇営業なんてみんなやってるわ!」とほえた。

    t


    楽しんごは10日、ツイッターを更新。

    闇営業の仕事が取りやめになった際に、キャンセル料を請求してトラブルになったとの報道について、「最初から吉本所属って!分かってんなら僕じゃなく吉本に連絡するのが筋だろーが!そっちからオファーしといてキャンセル?営業補償請求当たり前だろーが馬鹿!」
    「僕の日にち抑えておいて!何故か社長さんから社内のLINEにたらい回しにされてキャンセル? マジ!この会社有り得ないと思いました」と営業先の会社に対する不満をぶちまけた。

    また、同日更新したインスタグラムもストーリーズでは、「闇営業なんてみんなやってるわ!」とぶちまけた。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906110000297.html

    所長見解:おもろいやん・・・
    【【衝撃暴露】 楽しんご「闇営業なんてみんなやってるわ!」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    実は、入江の2か月ほど前にも、「ラブ注入!」のギャグで一世を風靡した芸人・楽しんごが吉本を退社していた。

    t


    ユーチューバー活動に本腰を入れるためと、当時は報じられていたが、どうやら彼も闇営業が原因での契約解除だったらしい。

    「‘18年から渋谷りゅうきさんと『おいなりさん』というコンビを結成しているのですが、全国を飛び回って闇営業をしていたようです」
    (テレビ局関係者)

    その中には、交渉段階で事件になりかけた危険なものもあった。

    「ペットが集まる2日間のイベントの営業だったそうなのですが、運営側は楽しんごさんに“もしかしたら無しになるかもしれない”と、あくまで仮でのオファーをしていたそうなんです。
    結果的に、スポンサーなどの判断もあり無しになってしまったんですが、それを伝えると彼の態度が一変。
    “その仕事のために、ほかの仕事のオファーを断っていたので、営業補償を払え”と、強引に迫ってきたんだとか」(同・テレビ局関係者)

    この恐喝まがいの言動は、運営側を中心に大問題となり、当時の所属事務所だった吉本の耳にも届くことに。

    「あわや刑事事件という問題を起こした上に、その話は事務所を通していない闇営業ということもわかってしまった。
    契約解除は自然な流れだったようですね。
    相方の渋谷さんは言われるがままに動いていただけなので、吉本に残ってもいいと言われたそうですが、楽しんごさんに“一緒に辞めよう”と強引に押し切られ、吉本を去っていきました」(同・テレビ局関係者)

    手軽に現金が手に入る闇営業だけど、バレたら芸人生命はオシマイ。

    そのリスクを今一度、考えたほうがいいのかも……。


    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190610-00015325-jprime-ent

    所長見解:あれやもんね・・・

    【【悲報】楽しんごさんも闇営業で吉本をクビってよwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ