解散

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年末に解散した国民的アイドルグループ「SMAP」の元メンバーについて、所属するジャニーズ事務所は18日、稲垣吾郎さん(43)、草彅剛さん(42)、香取慎吾さん(40)とのマネジメント業務委託契約を期間満了となる9月8日で終了すると発表した。
    以降の活動方針は、詳細が決まり次第、3人から報告するという。 

    ジャニーズ事務所によると、契約の終了は、稲垣さんら3人からの申し入れによる。
    木村拓哉さん(44)、元リーダーの中居正広さん(44)は引き続きジャニーズ事務所に残るとみられる。

    同事務所のジャニー喜多川社長は「3名がどのような立場になろうとも、彼らを想(おも)う気持ちに変わりはありません。
    これからもSMAPはファンの皆様の心だけでなく、私の心にも永遠に刻み続ける素晴らしい5人です」とコメントしている。

    SMAPを巡っては昨年1月、木村さんを除くメンバー4人が独立を協議していることが明らかになり、騒動に発展。
    フジテレビのバラエティー番組「SMAP×SMAP」にメンバー全員が緊急出演して謝罪し、いったんはグループとして活動を続ける方針を表明した。
    この間、ファンがCDの購買運動をするなど存続を求める声が相次いだが、グループは結局解散。
    5人は同事務所所属のままで各自の活動を続けていた。 

    no title


    淡い期待もなくなった

    コラムニストの中森明夫さんの話 
    事務所の退所で再結成という淡い期待もなくなった。
    退所は(解散騒動の)一つの決着だと思うので、3人には胸を張って活動してほしいと願う。
    一方、今回の騒動では、メンバーが思いを表明する場や解散コンサートがなく、あんな偉大なグループがなし崩しに終わってしまったとの感がある。
    ファンとしても気持ちの区切りがつかない面があっただろう。
    難しい側面もあるだろうが、メンバーからファンへの答えがほしい。

    https://mainichi.jp/articles/20170619/k00/00m/040/127000c.amp


    所長見解:中居・・・
    【【元SMAP】稲垣、草なぎ、香取さん契約終了ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    かつて一世を風靡した男性アイドルグループ『光GENJI』が復活するという話が持ち上がっている。
    同グループは1980年代後半から1990年代半ばに活躍し、ジャニーズ事務所が作った最高のグループともいわれている。

    「『SMAP』がかつて、光GENJIのバックダンサーをやっていました。
    中居正広は人気になってからも『あのグループだけは超えられない』と明言しています。
    いまではみんな当たり前のようにこなしている俳優業や司会などはやらずに、CDとコンサートだけで売っていました。本当の音楽ユニットです」(ジャニーズライター)

    no title


    光GENJIはどれほどの存在だったのか。

    「実質の活動8年間で1000億円以上を売り上げたといいます。
    これは音楽だけのもので、グッズなどを含めれば、その倍の数字をたたき出したといいます」(同・ライター)

    光GENJIのメンバーは7人で、大沢樹生と諸星和己が人気の中心だった。

    「1994年に大沢と佐藤寛之が脱退し、ジャニーズ事務所からも退所しました。
    その後『光GENJI SUPER5』と、グループ名に変えたのですが、1年後に解散しています。
    諸星もジャニーズ事務所を辞めたのですが、彼は後年、『月給15万円で嫌になった』と待遇を暴露。
    ジャニーズ事務所のブラック体質ぶりが話題になりました」(女性誌記者)

    大沢も諸星も現在はほかの芸能事務所で活躍している。
    大沢は昨年12月に、自身のブログに諸星、山本淳一、佐藤寛之と一緒に写った写真を掲載し、再結成の意志を示していた。

    「内海光司と佐藤アツヒロは、いまでもジャニーズ事務所に在籍しています。
    赤坂晃は覚せい剤取締法違反で2度の逮捕を経験しているため、再結成に加わるのはもっと難しいでしょう。
    ただ大沢と諸星だけでも十分に客は呼べます。
    本当は5月に再結成する予定でしたが、10月になるという話です」(同・記者)

    この10月という時期にも意味があるらしい。

    https://myjitsu.jp/archives/24092


    所長見解:今更感・・・
    【【これは今更】大沢樹生と諸星和己を中心に「光GENJI」再結成ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    SMAPの解散から6か月が過ぎようとしている。
    メンバーとジャニーズ事務所との契約更新は毎年9月に行われてきたが、その3か月前の6月中に今後の活動についての意思を事務所に告げる必要があるといわれていた。
    解散後初めてとなる契約更新の話し合い──。
    当初から残留を決めている木村拓哉(44才)以外の4人が自らの意思を表明する「運命の日」は、奇しくも香取慎吾(40才)のロケ日のすぐあとだった。

    s


    6月上旬、都内某所で稲垣吾郎(43才)、草なぎ剛(42才)、香取の3人はジャニーズ事務所と話し合いを行っていた。

    「個別に1人ずつ話し合ったそうです。3人とも『9月をもって退社する』という意向を事務所に伝えました。これから本格的な話し合いになると見られますが、事務所も3人の意向を尊重して、了承するようです」(テレビ局関係者)

    3人とも緊張した面持ちもなくスッキリとした表情だったという。

    決断に最後まで悩んでいたのが、中居正広(44才)だった。
    昨年の1月に分裂・解散危機報道が出た後、1度は元に戻ったはずだった。
    しかし結局、25周年ライブも解散コンサートも会見もないままSMAPは昨年末に解散、再分裂した。
    その間、3人をまとめていたとされるのが中居だった。

    「昨年の大晦日、木村さんだけ除いた4人のメンバーと元メンバーの森且行さん(43才)が焼き肉店で晩餐会を開いたことからも、“4人そろっての独立”は規定路線とみられてきました」(スポーツ紙記者)

    中居は4月22日に生放送された『SmaSTATION!!』で解散後、初めて香取と共演し、長年つきあっているカップルのような仲の良さを見せてファンを喜ばせた。
    だが、最近はその香取とも連絡を取っていないという。

    「他の3人のメンバーが集まる会食に中居さんが現れなくなったんです。
    忙しいということももちろんあるでしょう。
    でも…中居さんは1人残ることを決めたようなんです」(前出・芸能関係者)

    中居の決意の裏にはある強い思いがあったという。

    「“再々分裂”や“裏切り者”といわれることがわかっていても彼が残留を選んだのは、独立を決めた3人の防波堤になるという思いも大きいのではないでしょうか。
    事務所への恩義を返すことも含め、『おれが残るから、独立する3人は守りたい』というメッセージが込められていると思うんです。

    香取さん、草なぎさんが移るという新事務所・X社は結局、元女性マネジャーのところ。
    “それはない”と言いながらフタをあけてみれば…です。
    ジャニーズ事務所に残るといいながら元マネジャーとX社の関係筋と幾度も会って打ち合わせをしていたといいますから、今後、そのやり方に非難の声があがる可能性もあります。
    だからこそいろいろな制約から3人を守るために中居さんはあえて残留を決めたんです。
    それに彼が残ることで、4対1の構図が崩れ、木村さんのイメージも守られます。
    中居さんは今でもSMAPのリーダーなんですよ」(前出・芸能関係者)

    こうした中居の意図や性格を独立する3人は充分にわかっているはずだ、とスポーツ紙関係者が続ける。

    「だから中居さんがどんな選択をしても彼らは決して『裏切ったな』とは思いませんよ」

    稲垣にも新プランが浮上しているという。

    「稲垣くんは得意の舞台に軸足を置き、小説家デビューするという話も出ています。
    ネットドラマにも興味をもっているとか。
    基本は元マネジャーとも相談しながらですが、どこ所属になるかは、まだ決まってないんじゃないでしょうか」(前出・テレビ局関係者)

    ※女性セブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170615-00000004-pseven-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170615-00000004-pseven-ent&p=2


    所長見解:おい、中居・・・
    【【元SMAP】稲垣、草なぎ、香取 9月でジャニーズ退社へ 中居は残留ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛の3人は6月5日、それぞれがジャニーズ事務所本社を訪れて9月をもって退社する旨を伝えたそうです。正式な締結はまだのようですが、やはり彼らの意思は固まっていました」(芸能プロ幹部)

    6月20日号で『週刊女性』が報じたとおり、香取、稲垣、草なぎら元SMAPメンバーが独立を決めたという。
    動きは早かった。彼らがCDデビューを果たした’91年9月9日。
    律義にも3か月前の6月9日を迎える前に意思を表明したようだ。

    s


    一方で独立組の3人を引っ張ってきた元リーダーの中居正広は、まだ進退を明言していない。
    それどころか、事務所から特別待遇ともとれる措置がとられているという。

    「ジャニーズ事務所は中居に対して6月末のデッドラインを撤回して“9月までに答えを出せばいい”と期限を延ばしているそう。
    もしかしたらその間にも夏の特番など、新規の仕事が舞い込んでいるのかもしれません。
    中居に残ってもらいたい思惑が見えますね」(前出・芸能プロ幹部)

    彼としてはギリギリまで残留と独立を天秤にかけるということになる。
    リーダーを信じていた3人の間には疑念の声も上がっているそうで、

    「香取さんは4月の『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)以来、中居さんに会っていないといいます。
    意思表示を終えた稲垣さんは、近しい知人に“中居クンの(残るか出るか)考えは本当によくわからないんだよね”と、こぼしていたと。

    連絡をとり合って足並みをそろえた3人ですが、中居さんとだけは何も話し合えていないのが現状のようです」(テレビ局プロデューサー)

    昨年末には木村拓哉を除く、4人と元メンバーの森且行が都内の焼き肉店に集結していたのだが、そんな密な関係はすでに解消されてしまったのだろうか。
    さらに、

    「4人と合流する予定だったI元マネージャーさえも、“私も(中居の)現状がどうなっているのか聞いていないのよ”と話しているというのです。
    やはり、中居はまだ決断をひとり迷っているということなのでしょうか」(前出・芸能プロ幹部)

    一方で荷を下ろして身が軽くなったのか、香取はすでに芸能界における“終活”を進めていたようだ。

    6月7日に放送された『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)では、’97年に『SMAP×SMAP特別編 香取慎吾ガンバリます! ~夢のキャンバス鉄道~』で訪ねた津軽鉄道が登場。
    かつて彼がペイントを施したキャンバス列車を、20年ぶりに塗り直したのだ。
    ロケが行われたのは5月末のこと。

    「本当に気さくでテレビのままでしたね。
    ペイントに携わったご家族から差し入れなどもいただきまして、香取さんもスタッフさんも和気あいあいとしながら過ごしました」

    そう話すのは、香取とともに3日間ペイント作業に当たった津軽鉄道運輸課長の舘山広一さん。
    香取からは収録前にこんな挨拶も。

    「忙しくてなかなか時間がとれなくて来られなかったんですが、20年たってヒマになったので来られるようになりました(笑)」

    解散ネタで笑いをとるあたり、すっかり吹っ切れたのだろう。
    また新しく命を吹き込んだ列車を前にして、

    「“新しくなった車両を見に、またお客さんがこちらに来てくれればいいね。
    観光でもなんでも地域のためになってくれればいい”と気遣ってくださいました」(舘山さん)

    番組でも、しきりに「20年間」を振り返っては、物思いにふける場面も見受けられた。

    実は香取にとって津軽鉄道にはもうひとつ、忘れられない思い出があるのだという。

    「20年前に同地を訪れている間に祖母が亡くなっているんです。
    彼女は香取さんが描く絵が大好きで、亡くなる前も“慎吾の絵が見たい”と話していたそうです。
    つまりは“香取慎吾画伯”のファン第1号だったんですね。

    おばあちゃんとの約束を果たす意味でも、独立後は芸能界から一線を引いてアーティスト活動に専念するのでしょう」(番組制作スタッフ)

    本来なら『スマスマ』で訪れるはずだった、また本格的にアート活動を始めるきっかけとなった津軽鉄道。
    「SMAPの香取慎吾」として、どうしてもつけたかったケジメだったのかもしれない。

    週刊女性PRIME 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170614-00009882-jprime-ent

    【【元SMAPの3人】6月5日にジャニーズ事務所本社で独立の意思を伝達済みってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ