解散

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    お笑いコンビ・ブリリアンのコージこと、徳田浩至が10日、自身のSNSを更新し、10日をもって解散することを発表した。

    デイリースポーツの取材に対し所属事務所は、2人の今後について、俳優業を含めたタレント活動を続けていくとした。

     
    コージはインスタグラムで「我々ブリリアンは本日をもちまして解散することになりました」と報告。

    2人はブルゾンちえみのバックダンサー「withB」として、ともに「35億」の決めポーズを見せるなどしていた。

    b


    コージは「『withB』として活動させて頂きながらもブリリアンとして切磋琢磨(せっさたくま)しながらネタを取り組んで参りましたが、結果ブリリアンとしては功績を残せないまま解散ということになってしまいました」とブルゾン抜きで“独り立ち”し切れなかったことを明かした。

     
    ただ、「解散はマイナスなものではなく、ポジティブに前を向いて進んでいこうという二人の想いです」と前向きな心境も吐露。

    ファンや先輩への感謝とともに、ブルゾンへ「ここまで引き連れてくれたブルゾンさんには本当に感謝をしています」と思いを伝えた。

     
    最後に「そして何より、今まで一緒にいてくれた相方ダイキ、本当に有難う」と感謝することも忘れなかった。

     
    法大アメリカンフットボール部出身のコージは2月23日のツイッターで「僕はアメフト復帰をします」とアメリカンフットボールの現役復帰を宣言していた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00000057-dal-ent

    所長見解:ええやん・・・
    【【悲報】ブルゾンちえみの後ろの二人が解散ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新型コロナウィルスの感染拡大により、芸能界ではコンサートやイベントの延期や休演が相次ぎ、数百円規模の甚大な被害が及んでいる。

    ここに来て政府による感染拡大防止のためのイベント自粛要請もなされ、それでもコンサートを強行した椎名林檎の東京事変や「劇場閉鎖は演劇の死」との意見書を発表した劇作家で演出家・野田秀樹氏の行動に対し、賛否さまざまな意見が吹き荒れている。

    「林檎さんや野田さんの思いもわからなくはないですが、世間は小中高校を休校にしてまで感染拡大を防ごうとしていて、大手芸能事務所や大手レコード会社を中心に芸能界も政府の要請に協力しようとしているわけですから、“KY”と言われても仕方がないでしょう。
    まして林檎さんは東京五輪の演出監督も務める立場なわけですし、もう少し空気を読んで自制した方がいいんじゃないですかね」(某芸能事務所マネジャー)


    その一方、新型コロナウィルスのさらなる感染拡大を受けて、林檎や野田氏以上に業界内で注目を集めているのが、あの人気グループの動向だという。


    r


    活動休止のタイミングについてジャニーズ内部で協議も?

    「年内での活動休止を発表している嵐ですよ。
    すでに中国・北京での公演を中止しましたが、このまま被害が広がれば、さらなる公演の中止が決定することになるでしょう。
    とはいえ、多くのファンが活動休止を前にメンバーたちのパフォーマンスを最後に一目見ようと期待しているわけで、いくら不測の事態とはいえ、このままなし崩し的に活動休止に突入するとは考えづらい。
    結果、活動休止のタイミングを年内いっぱいではなく、先延ばしにするのではないかとウワサされている。
    すでにジャニーズ内部では、延期の可能性について協議に入ったともいわれています」(同)


    嵐の今後の動向に、要注目だ。


    https://www.cyzo.com/2020/03/post_233189_entry.html


    所長見解:どうなんやろ・・・
    【【朗報】嵐さん、解散先延ばし説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2月21日、中居正広(47)が退所を発表したジャニーズ事務所。

    一昨年に関ジャニ∞渋谷すばる、昨年に錦戸亮ら所属タレントの退所が続いているが、
    TOKIOの長瀬智也(41)が、2021年春以降に退所する意向をすでにジャニーズ事務所に伝えていることが「週刊文春」の取材で分かった。

     
    2018年、不祥事を起こした山口達也(48)が退所して以来、TOKIOは音楽活動を休止している。

    「昨年はデビューから25年の節目の年だったが、新曲の発表やライブを行えないままメモリアルイヤーを終えました。
    メインボーカルで、作詞・作曲まで手がける長瀬は、ジャニーズの中でも人一倍音楽活動へのこだわりが強い。
    事務所の姿勢に不満を募らせる長瀬は、すでにジャニーズ側に退所の意向を伝えています。来年1月スタートの連続ドラマに主演が内定しているため、退所は4月以降になると聞いています」(レコード会社幹部)

    n

     
    2月25日の深夜、都内アパレルショップから出てきた長瀬を直撃した。

    退所について尋ねると、「そんなことないです。インターネット(の情報)とかでしょ」といったんは否定したものの、様々な証言を得ている旨を伝えると苦渋の表情を浮かべ、次のように答えた。


    「あ、そうなの……。ちょっと今、俺には答えられないから、ごめんね」


    ――1人で歌いたい気持ちは?

    「それもちょっと言えない」


    ――ファンも心配している。

    「まあねえ……」


    ――TOKIOの音楽活動再開の時期は?

    「それもちょっとぼくがお答えできる感じじゃない」

     
    ジャニーズ事務所に長瀬の退所について尋ねたが、期日までに回答はなかった。

    2月27日(木)発売の「週刊文春」では、長瀬への直撃取材だけでなく、中居が事務所を退所するに至った真相、背景にあった中居とキムタクとの確執、中居の「新しい地図」への思いなどについて4ページにわたって詳報している。


    「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年3月5日号
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200226-00036286-bunshun-ent

    所長見解:解散なんか・・・
    【【TOKIO】長瀬、ジャニーズやめるってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    16年8月木村除く4人SMAP解散申し入れ/経緯

    ジャニーズ事務所からの独立を発表する会見で笑顔を見せる中居正広

    中居正広(47)が21日、都内で、会見を行い、ジャニーズ事務所を退所し、独立することを発表した。


    s


    <SMAP解散報道からの経緯>

    ▼16年1月13日 日刊スポーツなどが中居、稲垣、草なぎ、香取4人の事務所からの独立、事実上のSMAP解散を報じる。

    ▼同18日 SMAPとして出演していた唯一のレギュラー番組、フジテレビ系「SMAP×SMAP」に急きょ5人が生出演。
    木村が中央に立ち「たくさんのご心配とご迷惑をおかけしました」と謝罪。
    解散を回避する意思表示。

    ▼同5月4日 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(当時)が「(解散は)絶対ないです」。

    ▼同8月10日 中居、稲垣、草なぎ、香取が事務所に解散したいと申し入れ。

    ▼同14日 事務所が解散を発表。

    ▼同9月9日 デビュー25周年を迎える。

    ▼同23日 NHK紅白歌合戦の出場辞退発表。

    ▼同26日 「SMAP×SMAP」終了。

    ▼同31日 解散。

    ▼17年6月19日 事務所が稲垣、草なぎ、香取との専属マネジメント契約を9月8日をもって終了すると発表。
    中居、木村は事務所残留が明らかに。

    ▼同9月22日 稲垣、草なぎ、香取3人のファンサイト「新しい地図」開設。



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-02210849-nksports-ent

    所長見解:なんやったんやろな・・・

    【【中居告白】SMAPが解散した理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    Netflixで独占配信されている嵐のドキュメンタリー番組『ARASHI’s Diary -Voyage-』の第2話が1月28日に公開された。

    今回は嵐の20周年記念ツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」の制作の裏側に密着。

    総合演出を手掛けるメンバーの松本潤にクローズアップする内容だった。


    「これまであまり見せることのなかった、ツアーに向けた打ち合わせをガッツリ撮影していて、かなり貴重な内容でした。
    とにかく松潤の本気度がすごい。
    演者というよりもほとんど完全な舞台監督そのもので、イメージが180度変わるほどでした」(テレビウォッチャー)

    番組の内容そのものは濃密だったが、世間的にはそこまで大きな話題になっていないのも事実だ。

    「もっとネットなどで騒がれてもいいはずの内容です。
    嵐の人気を考えれば、この第2話の内容だけで何週間もネット上が盛り上がってもおかしくない。
    Netflix側も少々肩透かしという感じなのではないでしょうか」(同)


    この『ARASHI’s Diary -Voyage-』の第1話が公開されたのは2019年12月31日。

    そこから約1カ月後の第2話配信となった。

    「Netflixでは、一度に全話を配信する番組が多い。
    だから、最初から最後までを一気に見て楽しむことができる。
    でも、『ARASHI’s Diary』は月に1~2本の配信で、ネット配信番組としてはペースが遅すぎる。
    これでは、ユーザーは次の回が配信されるまでに全部忘れてしまいますよ。
    そういう意味では、ネットとの親和性はあまり高くない。
    SNSでの盛り上がりが思っていたよりも大したことないのは、そういった部分が影響しているでしょう」(メディア関係者)

    no title


    嵐のドキュメンタリー番組が話題にならない大きな要因とは?

    同番組は今後、2020年末までに全20話を不定期で配信していくという。

    「嵐のラストイヤーということで、じっくり見せていきたいという思いがあるのはわかります。
    そして、Netflixとしても、この番組を目当てに加入するユーザーをできるだけ長い期間、つなぎ留めておきたいという思惑があるのもわかる。
    単純に売り上げだけを目的としたならば、小出しに公開していくスタイルを選択するのも仕方ない。

    でも、こういった番組は話題になってナンボ。
    そんなケチくさいやり方をしないで、もっとサービス良くどんどん番組を配信していくべき。
    それに二宮和也の結婚発表以降、嵐のファン離れが起きていることも事実。
    このままいけば、年末にはこの番組があったことが完全に忘れられてしまいかねないでしょう」(同)


    せっかくの貴重なドキュメンタリー番組なのだから、もっと多くの人に見られるべき。

    今からでも遅くないから、配信のタイムスケジュールを再考したほうがよさそうだ。


    https://www.cyzo.com/2020/02/post_231174_entry.html

    所長見解:まあね・・・
    【【悲報】嵐のドキュメンタリーが話題にもならない問題。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ