解散

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    (社説)菅「継承」内閣が発足 安倍政治の焼き直しはご免だ


    s


    ■解散よりコロナ対応

    安倍政治の下でゆがめられた政策決定のあり方や国会の空洞化も、この機会に正されねばならない。

    問題の多い安倍氏の政治手法まで「継承」されてはたまらない。

     
    新内閣で「官邸官僚」の多くも残留が決まった。

    菅氏としては、引き続き強力に官邸主導を進めるつもりなのだろう。

     
    しかし、安倍政権下では、各省庁の官僚の専門性が軽視され、官邸への忖度(そんたく)がはびこったとされる。

    菅氏は先日、政権の決めた政策の方向性に反対する省庁の幹部は「異動してもらう」と明言した。

    忖度を生む原因と指摘される内閣人事局についても問題はないとの認識だ。

    これでは、国民よりも官邸をみる官僚が増えないか心配だ。

     
    菅氏はまた、日本の首相は諸外国に比べ、国会に拘束される時間が著しく長いとして、首相の国会出席は「大事なところに限定すべきだ」とも述べた。

    説明責任を軽視し、国会論戦から逃げ回った安倍氏の振る舞いが繰り返されないか。

     
    閣僚や与党内からは、新政権への世論の期待が冷めないうちに衆院の早期解散に踏み切るべきだとの声がでている。

    自民党内の派閥の合従連衡で首相に決まった菅氏が、国民に直接信任を求めることは一概に否定できない。

    しかし、今、求められるのはコロナの終息に政府の総力を注ぐことだ。

    その優先順位を見誤ってはいけない。


    https://www.asahi.com/articles/DA3S14624716.html

    所長見解:朝日・・・

    【【これはすごい】朝日新聞さん「解散するな。コロナ対応優先しろ」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「活動休止まであと4カ月ですが、テレビ各局では嵐の年末特番を懸けて調整が水面下で行われています」(テレビ局関係者)


    年内でグループとしての活動休止を発表している嵐。

    テレビで彼らの雄姿を見られる日も残り少なくなるなか、各局では嵐をめぐる争奪戦が勃発している。


    まずは、冠番組を抱えるフジテレビと日本テレビが一歩リード。

    「日テレは12月中旬~下旬に『嵐にしやがれ』の4時間特番を準備しているそうです。
    過去の名場面や未公開VTRなどを放送予定です。
    事前収録の予定ですが、番組の最後だけ生出演で嵐メドレーを披露してもらう案も出ています。

    またフジの『VS嵐』特番が放送日程的に民放で嵐が最後に出演する番組になる予定です。それだけに『嵐にしやがれ』を上回る過去最大の放送時間を予定しており、生放送でこれまでの思い出などを語ってもらうようです。
    さらに“5人の心に残るもの”という企画を計画しており、お台場に花火を打ち上げる構想もあるそうです」(前出・テレビ局関係者)


    いっぽう、涙をのんだのが『輝く!日本レコード大賞』への出演オファーをかけていたTBS。

    「活動休止に入る嵐に特別賞を授与する形などで早くから出演を打診していたそうですが、裏番組のリハーサルとかぶる関係でかないそうにありません……」(TBS関係者)


    その“裏番組”とは、大みそかの国民的番組『NHK紅白歌合戦』。

    '09年から出演し続けた嵐にNHKは異例の“嵐シフト”を敷くようだ。



    5



    ■NHKが用意した歴代最長クラスの驚愕の持ち時間

    「5人での紅白は今年でしばらく見納めになるだけに、持ち時間は歴代最長クラスの合計15~20分ほどを用意しており、当然、大トリの予定です。
    また、今後についてメンバー1人ずつ思いを語る演出も準備していると聞いています」(NHK関係者)

    そして、“最高のポスト”も用意していた。

    「5人全員での司会をNHKが熱烈にオファーしているそうです。
    史上初のグループでの総合司会も検討しているとか。
    メンバーも前向きに考えているといいます」(前出・NHK関係者)


    NHKが全身全霊で嘆願する背景には、コロナ禍による“焦り”が見え隠れしている。

    「今年の紅白はコロナ感染防止対策として無観客での実施を予定しています。
    出演者の“3密”を避けるためにも、局内の別スタジオやリモートなどを駆使した形での放送となる模様です。
    いつもと違う形式だけにお年寄りの“紅白離れ”が懸念されています。
    また話題となるヒット曲もなく、例年以上に目玉が不在。

    そこでNHKとしては、これまで5人で司会を務めた年は軒並み最高視聴率が40%を超えた嵐の力をなんとしても借りたいところでしょう」(前出・NHK関係者)


    嵐としても、5人での司会は“最後の花道”としてまんざらでもないようだ。

    「延期になっていた国立競技場ライブを秋に開催すべく調整が進められていますが、まだ発表されていません。
    また正真正銘、最後のステージになるはずだったカウントダウンコンサートも現状、未定です。
    5人で司会を務める紅白はまさしく伝説のステージとなるでしょう」(前出・NHK関係者)


    5人が最後に進む“花道”は果たして――。


    「女性自身」2020年9月15日号 掲載
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b310c6c21f159cd50e67c782581eafe5fef0140e

    所長見解:そうなるわな・・・

    【【嵐】NHK・紅白歌合戦、 異例すぎる「嵐シフト」の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    メンバーは「もうやりたくない」「引退したい」とこぼしているが……


    「いよいよ『嵐』のラストコンサートの骨子が固まってきたようです。
    一部では活動休止が延期になるのではとの憶測もありましたが、年内で活動を一旦終了する予定は変わりません。
    今、ジャニーズ事務所は来年に向けた“戦略”を練り直しているところです」(芸能プロ幹部)


    今年5月に開催予定だった『嵐』の新国立競技場でのコンサートは、新型コロナウイルスの影響で延期になり、いまだ開催のメドは立っていない。

    「当初、国は8月以降なら観客を入れてのコンサートも可能だとしていました。
    そのためジャニーズ事務所は、秋の連休を視野に公演を行う予定でいました。
    しかし、最近になって再び新型コロナウイルスの感染が拡大したため、ライブを行うのは現実的に不可能に。
    それでも、『嵐』の5人は自分たちの口からファンに感謝を伝えたい気持ちが強く、何としてもコンサートを行いたいと考えています」(レコード会社幹部)

    そこで持ち上がっているのが、ライブ配信でのコンサート開催だという。

    「通常時でも『嵐』のコンサートチケットを手に入れることは至難の業。
    活動休止前の最後のコンサートとなれば、さらに倍率が上がるのは必至です。
    それならば、ライブ配信にしてファン全員が観られるようにしたほうがいいということで、現在は前向きに調整を進めているようです」(前出・芸能プロ幹部)


    r


    ファンに別れを告げた後、5人は各自の得意分野を生かして別々の道を進んでいく。


    テレビ局関係者がこう語る。

    「キャスターの仕事がある櫻井翔や、俳優として活躍している松本潤と二宮和也は、活動休止後の仕事のメドもある程度ついています。
    心配なのは、大野智と相葉雅紀。
    大野は’08年に女優の吉野公佳との、’15年に元女優との交際が明らかになりましたが、どちらも不本意な結果となり、芸能界自体に嫌気がさしています。
    相葉も10月から新番組のMCに就任するものの、周囲には一度芸能の仕事を休みたいと漏らしているといいます」


    5人それぞれが別の方向を向いているにもかかわらず、なぜ解散ではなく“活動休止”に留まるのか。

    そこにはジャニーズ事務所が抱える深刻な事情がある。

    「『嵐』はジャニーズ事務所一番の稼ぎ頭。
    『嵐』に匹敵する人気グループが育っていないなかで解散してしまうと、事務所の収入はかなり不安定になります。
    しかし、解散ではなく活動休止の状態にして、その間もファンクラブの運営などを行えば、定期的な収入が得られる…という考え方もできる。

    ジャニーズのファンクラブは年会費が4000円で、『嵐』は会員数が約300万人と言われている。
    つまり現在は会費だけで年間100億円以上の収入があるとみられています。
    現状はまだはっきりしませんが、活動休止後、もしも今のファンクラブのようなものを何らかの形で続ければ、多少は減ったとしても、それでも収入が見込めます。
    そういう考えがあってもおかしくはないでしょう」(芸能プロ幹部)


    ジャニーズ事務所が帝国を維持し続けるのか、それとも衰退していくのか――。

    カギはまだ『嵐』が握っている。


    『FRIDAY』2020年8月21・28日号より
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9408946143e648009f20b16384df5bdbc630ff71
    ▼写真 

    https://amd.c.yimg.jp/im_siggbNo_MYnDUJoFH5gZrSxoTA---x408-y640-q90-exp3h-pril/amd/20200823-00000003-friday-000-4-view.jpg 




    所長見解:もうな・・・

    【【これはヤバい】「嵐」がどうしても解散できないジャニーズの闇深すぎる事情がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    内紛勃発!! 

    日本テレビの看板番組「24時間テレビ」を巡り、メインパーソナリティーの最有力候補の「嵐」が、メンバー同士で大モメしているという舞台裏が浮かび上がった。


    毎夏恒例の同番組の放送は、8月22、23日に決定したことが本紙の取材で判明。

    近日中にも発表される。

    当初は9月5、6日で内定していたが、新型コロナウイルスの新規感染者が再び増加しており、「少しでも早く放送すべき」と例年通りの日程になったという。

    ところが、ここにきて嵐の内部で大問題が起きている。

    今年いっぱいで活動休止するグループにいったい何が――。


    24


    「8月22、23日の土日2日間で確定です。
    当初、土曜ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』の終了を待って『24時間テレビ』を放送する予定でした。
    なので9月5、6日で調整されていたのですが、コロナの第2波が来る前に放送してしまおうという意見に変わったんですよ」。

    そう証言するのは、日テレの内部事情に詳しい関係者だ。

     
    本紙も5月25日発行紙面で、今年の「24時間テレビ」について、テーマを「命 イノチ いのち」とし、9月5、6日で内定したことを報じた。

    だが、ここにきて事情は変わった。  

    国内のコロナの新規感染者数が再び増加傾向を示している。

    特に東京都が顕著で、30日に確認されたのは54人。

    5日連続で50人を上回っているだけに、予断を許さない。

    「もちろん、8月に第2波が直撃している可能性もありますが、9月まで引っ張るより、早い方がいいだろうということでまとまりました」(同関係者)  

    フジテレビが「27時間テレビ」を中止する中、日テレは「24時間テレビ」を“強行”することになる。

    もちろん、各コーナーはできるだけ収録で済ませ、リモートも駆使するとみられるが、世間の声は依然厳しい。

    では、なぜそこまでして同局は「24時間テレビ」にこだわるのか。
     
    日テレ関係者によると「理由は3つです。
    一つは番組のコンセプトである『愛は地球を救う』の精神に今こそ戻ろうということ。
    世界が愛をもって一つにならなければ、このコロナは克服できないというメッセージを発信できます。
    そして、もう一つは、コロナ禍で仕事が激減した芸能人の救済。
    最後は、コロナで厳しくなった日テレの広告出稿を補てんしたい。
    『24時間テレビ』は、毎年平均して20億~25億円ぐらいの出稿がある。
    さすがに今年は減りそうですが、それでも18億~20億円は見込まれますから」。

     
    ところが、だ。

    ここにきて厄介な難問が立ちはだかっている。  

    メインパーソナリティーの最有力候補の嵐が、メンバー同士の意見が対立し、日テレのオファーを保留しているというのだ。

    「リーダーの大野智が納得していないんですよ。
    嵐は5月15、16日に国立競技場でコンサートを行う予定でしたが、コロナで延期になりました。
    さらに、9月以降に予定されていた嵐ファンに向けた感謝コンサートのメドすら立っていない。
    それなのに『24時間テレビだけ優先するのか!』というわけです」(芸能プロ関係者)
     

    かたくなな態度を崩さない大野に対し、櫻井翔と相葉雅紀、二宮和也の3人は真っ向反論。

    「むしろ『24時間テレビ』こそ出演すべき!」とブチギレているという。


    「ジャニーズグループは、コロナの感染拡大を受けた社会貢献活動『Smile Up! Project』を行っています。
    また、その支援活動の一環で生まれたジャニーズ総勢75人のユニット『Twenty★Twenty』も同番組に出演する。
    逆に出演した方が活動趣旨にも沿うんです」(同関係者)  

    大モメにモメる中、松本潤だけは、大野にも櫻井側にもくみせず、中立的な立場を取っている。

    「櫻井、相葉、二宮は日テレで単体のレギュラー番組を持っています。
    なので、同局に砂をかけるようなことができるわけがありません。
    その点、松本はレギュラーを持っていないので縛られない。
    大野の意見にも一理あると考えているようですね」(同関係者)  


    ようやく決まった「24時間テレビ」だが、まだまだ波乱含みの様相だ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/152e58baa624676e911f1ff44ec69fe317621d4a

    所長見解:やるんや・・・


    【【悲報】嵐がドロドロの内紛で3派に分裂の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村拓哉、SMAP解散後の思いを激白!

    ソロツアーを「拒否ってた」


    k


    木村拓哉が、29日放送の『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間SP』(テレビ朝日系)に出演。

    SMAP解散後の心境とソロツアーを始めるまでの葛藤を赤裸々に語る一幕があった。

     
    この日、『BG~身辺警護人~』(同系)の番宣を兼ねて、斎藤工とともに登場した木村。

    東京・大阪で人気のうどんチェーン店「麺匠の心つくし つるとんたん」で「帰れま10」に挑んだ。

     
    戦いの最中、タカアンドトシ・トシから「こんな機会ないわけですよ。
    木村さんと(話せることなんて)。
    聞きたいことがあれば」と振られると、ミキ亜生は「ホンマ、マジの、マジの(質問でいいの)?」と恐る恐る確認。

    これに対してトシが「もちろんマジのやつ」とゴーサインを出した。

    すると亜生は恐縮しながらも、「ソロツアーされてるじゃないですか」と切り出し、「グループとの違いというのは、何なんでしょうか……?」とSMAP時代との差について直撃。

    木村は亜生からの直球質問に「ガチだね」と驚きつつも、「ツアーの頭から、(さらにはステージの)オープニングからケツまで自分以外歌ってる人がいないので、それは初だった」と回答。

    続けて「初めて喉のケアをしました」と告げると、周囲はびっくり。

    亜生が「今まではされてなかった…?」と聞くと、木村は「今まではもうなんか、適当……」と笑った。

    これにトシが「まあまあ他のメンバーもいらっしゃいましたし。
    一人だけじゃないから」とフォロー。

    この指摘に木村は軽くうなずきながら、「解散してからはもう一度ステージに立つとは思ってなかったので、ちょっと拒否ってた」と、ライブ活動を拒んでいたと告白。

    他のアーティストからも「なんでもう一回やらないの?」と言われていたものの、「そういうタイミングがあったらそうします」と受け流していたのだとか。

    その上で、「受け流せなくなったタイミングが今回だった」と語っていた。

     
    もともとこのロケは、4月から初回を迎える予定だった『BG』に合わせて3月に収録されていたもの。


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    https://www.rbbtoday.com/article/2020/06/30/180042.html 

    所長見解:どやの・・・
    【【衝撃告白】木村拓哉、SMAP解散後の思いを激白ってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ