解散

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    内紛勃発!! 

    日本テレビの看板番組「24時間テレビ」を巡り、メインパーソナリティーの最有力候補の「嵐」が、メンバー同士で大モメしているという舞台裏が浮かび上がった。


    毎夏恒例の同番組の放送は、8月22、23日に決定したことが本紙の取材で判明。

    近日中にも発表される。

    当初は9月5、6日で内定していたが、新型コロナウイルスの新規感染者が再び増加しており、「少しでも早く放送すべき」と例年通りの日程になったという。

    ところが、ここにきて嵐の内部で大問題が起きている。

    今年いっぱいで活動休止するグループにいったい何が――。


    24


    「8月22、23日の土日2日間で確定です。
    当初、土曜ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』の終了を待って『24時間テレビ』を放送する予定でした。
    なので9月5、6日で調整されていたのですが、コロナの第2波が来る前に放送してしまおうという意見に変わったんですよ」。

    そう証言するのは、日テレの内部事情に詳しい関係者だ。

     
    本紙も5月25日発行紙面で、今年の「24時間テレビ」について、テーマを「命 イノチ いのち」とし、9月5、6日で内定したことを報じた。

    だが、ここにきて事情は変わった。  

    国内のコロナの新規感染者数が再び増加傾向を示している。

    特に東京都が顕著で、30日に確認されたのは54人。

    5日連続で50人を上回っているだけに、予断を許さない。

    「もちろん、8月に第2波が直撃している可能性もありますが、9月まで引っ張るより、早い方がいいだろうということでまとまりました」(同関係者)  

    フジテレビが「27時間テレビ」を中止する中、日テレは「24時間テレビ」を“強行”することになる。

    もちろん、各コーナーはできるだけ収録で済ませ、リモートも駆使するとみられるが、世間の声は依然厳しい。

    では、なぜそこまでして同局は「24時間テレビ」にこだわるのか。
     
    日テレ関係者によると「理由は3つです。
    一つは番組のコンセプトである『愛は地球を救う』の精神に今こそ戻ろうということ。
    世界が愛をもって一つにならなければ、このコロナは克服できないというメッセージを発信できます。
    そして、もう一つは、コロナ禍で仕事が激減した芸能人の救済。
    最後は、コロナで厳しくなった日テレの広告出稿を補てんしたい。
    『24時間テレビ』は、毎年平均して20億~25億円ぐらいの出稿がある。
    さすがに今年は減りそうですが、それでも18億~20億円は見込まれますから」。

     
    ところが、だ。

    ここにきて厄介な難問が立ちはだかっている。  

    メインパーソナリティーの最有力候補の嵐が、メンバー同士の意見が対立し、日テレのオファーを保留しているというのだ。

    「リーダーの大野智が納得していないんですよ。
    嵐は5月15、16日に国立競技場でコンサートを行う予定でしたが、コロナで延期になりました。
    さらに、9月以降に予定されていた嵐ファンに向けた感謝コンサートのメドすら立っていない。
    それなのに『24時間テレビだけ優先するのか!』というわけです」(芸能プロ関係者)
     

    かたくなな態度を崩さない大野に対し、櫻井翔と相葉雅紀、二宮和也の3人は真っ向反論。

    「むしろ『24時間テレビ』こそ出演すべき!」とブチギレているという。


    「ジャニーズグループは、コロナの感染拡大を受けた社会貢献活動『Smile Up! Project』を行っています。
    また、その支援活動の一環で生まれたジャニーズ総勢75人のユニット『Twenty★Twenty』も同番組に出演する。
    逆に出演した方が活動趣旨にも沿うんです」(同関係者)  

    大モメにモメる中、松本潤だけは、大野にも櫻井側にもくみせず、中立的な立場を取っている。

    「櫻井、相葉、二宮は日テレで単体のレギュラー番組を持っています。
    なので、同局に砂をかけるようなことができるわけがありません。
    その点、松本はレギュラーを持っていないので縛られない。
    大野の意見にも一理あると考えているようですね」(同関係者)  


    ようやく決まった「24時間テレビ」だが、まだまだ波乱含みの様相だ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/152e58baa624676e911f1ff44ec69fe317621d4a

    所長見解:やるんや・・・


    【【悲報】嵐がドロドロの内紛で3派に分裂の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村拓哉、SMAP解散後の思いを激白!

    ソロツアーを「拒否ってた」


    k


    木村拓哉が、29日放送の『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間SP』(テレビ朝日系)に出演。

    SMAP解散後の心境とソロツアーを始めるまでの葛藤を赤裸々に語る一幕があった。

     
    この日、『BG~身辺警護人~』(同系)の番宣を兼ねて、斎藤工とともに登場した木村。

    東京・大阪で人気のうどんチェーン店「麺匠の心つくし つるとんたん」で「帰れま10」に挑んだ。

     
    戦いの最中、タカアンドトシ・トシから「こんな機会ないわけですよ。
    木村さんと(話せることなんて)。
    聞きたいことがあれば」と振られると、ミキ亜生は「ホンマ、マジの、マジの(質問でいいの)?」と恐る恐る確認。

    これに対してトシが「もちろんマジのやつ」とゴーサインを出した。

    すると亜生は恐縮しながらも、「ソロツアーされてるじゃないですか」と切り出し、「グループとの違いというのは、何なんでしょうか……?」とSMAP時代との差について直撃。

    木村は亜生からの直球質問に「ガチだね」と驚きつつも、「ツアーの頭から、(さらにはステージの)オープニングからケツまで自分以外歌ってる人がいないので、それは初だった」と回答。

    続けて「初めて喉のケアをしました」と告げると、周囲はびっくり。

    亜生が「今まではされてなかった…?」と聞くと、木村は「今まではもうなんか、適当……」と笑った。

    これにトシが「まあまあ他のメンバーもいらっしゃいましたし。
    一人だけじゃないから」とフォロー。

    この指摘に木村は軽くうなずきながら、「解散してからはもう一度ステージに立つとは思ってなかったので、ちょっと拒否ってた」と、ライブ活動を拒んでいたと告白。

    他のアーティストからも「なんでもう一回やらないの?」と言われていたものの、「そういうタイミングがあったらそうします」と受け流していたのだとか。

    その上で、「受け流せなくなったタイミングが今回だった」と語っていた。

     
    もともとこのロケは、4月から初回を迎える予定だった『BG』に合わせて3月に収録されていたもの。


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    https://www.rbbtoday.com/article/2020/06/30/180042.html 

    所長見解:どやの・・・
    【【衝撃告白】木村拓哉、SMAP解散後の思いを激白ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ムード歌謡コーラスグループの純烈が、新型コロナウイルスの影響で今後の活動継続を危ぶまれているという。

     
    スーパー銭湯などでのライブを主な活動としてきた純烈は、イベントができなくなってしまったいま、活動を存続させる手立てがなくなっている。
     
    純烈のリーダー・酒井一圭は4月22日放送の『クローズアップ現代+』(NHK)に出演。

    番組は「“イベント自粛”の波紋 文化を守れるか」という特集で、酒井は2月27日以降ステージに立つことができなくなり、収入が絶たれたことから事務所のダメージも計り知れないことを示唆していた。

     
    酒井は<当然、純烈を続けたいっていう思いはあるんですけど、僕らも収入がないと生きていけなくなっていく。
    その時に家族を守るっていうことを考えると、できなくなりますよね、必然的に>とまで発言し、グループの存続について考え直さなくてはならない可能性もあると言及していた。
     
    状況はその後も、好転していない。

    放送から約1カ月後、5月17日付デイリースポーツのインタビューで、酒井は4月の収入が0円であったと明かし、<これまでも俳優のオファーはきていたんですが、純烈を優先していた。
    分裂してバラ売り、みたいなことはありますよね。
    純烈から分裂になる方が、コロナの今にあっているのかもしれない>と、グループとしての活動停止を視野に入れていると語っている。

     
    「純烈が“分裂”」というアイデアは、コロナ禍の前からあったという。

    今年1月、イベントの壇上で、現在のメンバー4人がそれぞれリーダーとなって各々が新たな純烈をつくる「暖簾分け」の可能性を話したことがあった。

    しかし、今回出てきた「分裂」構想は、そのような発展的分裂とはまったく意味が異なるだろう。

     
    今回、表に出て窮状を明かしたのは純烈だが、もちろん大変なのは彼らだけではない。

    ミュージシャン、アイドル、お笑い芸人、舞台俳優など、ステージに立つ仕事で生計を立てていた多くの人が、キャリア存続の危機にある。

    ステージの裏で働く人々も同様だ。
     
    首都圏と北海道以外は緊急事態宣言が解除されたが、ライブハウスなど人が密集する場所がこれまでのような賑わいを見せる日はそう簡単には訪れそうにない。

    感染症の流行は第二波、第三波も懸念されており、コロナ以前のライフスタイルに戻すことは難しいだろう。

    となると、芸能関係者もライブではないやり方での公演方法を模索していくほかなさそうだ。


    no title


    https://wezz-y.com/archives/77210
    所長見解:そらな・・・

    【【解散へ】純烈が分裂ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    野党「前代未聞」「総辞職に値」 10万円給付、方針転換批判


    安倍晋三首相が一律10万円の現金給付に向け、2020年度補正予算案の組み替えを指示したことについて、主要野党は16日、「前代未聞」「総辞職に値」などと方針転換を一斉に批判した。
     
    y

     
    野党は一律10万円給付を訴えてきた。

    立憲民主党の枝野幸男代表は自身のツイッターで「遅きに失した」と指摘。

    「政府が予算案をぎりぎりになって組み替える前代未聞の事態に陥った。
    ガバナンスの問題だ」と非難した。

    給付を決断したことは歓迎した。

     
    国民民主党の玉木雄一郎代表は記者会見で「空前絶後だ。(組み替えで)給付が遅れる責任は首相にある」とした上で、与野党党首会談を要求。


    共産党の小池晃書記局長は会見で「政権の危機管理能力、ガバナンスの欠如は目を覆うばかりだ。
    内閣総辞職に値する事態だ」と指弾した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200416-00000094-jij-pol

    所長見解:なんやねん・・・

    【【一律10万円給付】野党さん「内閣総辞職に値する」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■松本潤 大野智に嵐の今後相談「不完全燃焼で休止したくない」

    メンバー5人で1年以上話し合って決めた年末までの活動期限を大野が覆すことはあるのか――。

    ただし、前出の音楽関係者は、松本の気持ちを大野も理解しているという。


    「ラストイヤーは大野さんも完全燃焼を掲げています。
    ライブへ向け、アルバム曲の振付は大野さんが担当し、自分が踊った動画をまず松本さんに見せてからメンバーと相談し、準備を進めてきました。
    現段階で松本さんは大野さんにも“ファンへの感謝を直接伝えられないなら、俺は活動休止したくない”と伝えているそうです。
    松本さんのライブにかける情熱を重々知っている大野さんの心も揺れ始めているといいます」


    r


    各テレビ局も、嵐に対して新たな動きを見せはじめている。

    「活動休止が延期になった場合の編成が局内でも検討されるようになりました」(テレビ局関係者)


    松本は、会員制サイトで、ファンに改めてこう訴えている。

    《僕もできることをやります。
    この大変な状況をみんなで乗り越えたいと思います。
    一緒に乗り越えましょう》


    嵐の活動期限を延長する覚悟で新型コロナウイルスと闘う決意表明をした松本。

    体を張った彼の説得に大野はどう応えるのか――。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200410-00010004-jisin-ent

    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggQm6Q.TXskxrQmnzoT83y7Q---x900-y900-q90-exp3h-pril/amd/20200410-00010004-jisin-000-13-view.jpg

    所長見解:やろな・・・

    【【朗報】「嵐」の活動延期説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ