解散

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    堂本光一もジャニーズ退所でKinKi Kids解散?


    j


    「週刊文春」2019年7月4日号(文藝春秋)では、ジャニー喜多川氏が引退するとなればKinKi Kidsの堂本剛はジャニーズ事務所を退所する意向だと伝えたが、堂本剛だけではないらしい。

    ジャニー喜多川氏が社長でなくなった場合、堂本光一も事務所を退所し、結果的にKinKi Kids解散の可能性もありえると、「週刊新潮」2019年7月11日号(新潮社)が報じている。


    https://wezz-y.com/archives/67380
    所長見解:続々やね・・・
    【【悲報】KinKi Kids解散説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2009年から活動休止がつづく「CHAGE and ASKA」。

    現在ソロ活動を精力的に行うASKA(61)がチャゲ(61)に対して、このほど解散の意思を伝えていたことが「週刊文春」の取材で分かった。


    c


    音楽関係者が明かす。

    「活動休止の原因は、10年以上続くチャゲとの不仲に他ならない。
    2014年の薬物事件で2人の溝はさらに深まり、今では互いの連絡先さえ知らない関係です」

    だが、そんな2人が1年に1度だけ顔を合わせる場があるという。

    「毎年6月、ASKAが逮捕されるまで所属していた事務所『ロックダムアーティスツ』の株主総会で顔を合わせているのです。
    2人は同社の株式を50%ずつ所有しており、弁護士を挟んで話し合いをする」(同前)

    ASKAは、ロックダムとCHAGE and ASKAの解散を要求したが、チャゲが同意することはなかったという。

    ASKAはファンクラブの会員限定ブログで次のように記している。

    〈もう、2008年ごろから、ずっと(解散要求を=編集部注)繰り返しています。
    (略)会社を解散しないと言う理由には、「経営上」、頷けるところもありますので、それはいいでしょう。
    それなら、僕には、会社を2倍3倍にするアイデアがありますので、それを提言しましたが、
    持ち株50の人が反対すれば、そうはなりません。
    (略)今の状態では、何の建設的な話もできませんので、本日、答えを出してきました〉
    (6月27日付)

    ロックダム社の社長は、「(株主総会については)特にお答えすることはありません」と答えるのみ。

    一方、チャゲの所属事務所は、次のように回答した。

    「ロックダムアーティスツ社のことを口外する事はございません。
    またC&Aにつきましても各々の思いがあり、何かの結論が出ている訳ではございません」

    7月4日発売の「週刊文春」では、CHAGE and ASKAの“解散騒動”について詳報している。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190703-00012645-bunshun-ent

    所長見解:ひどいな・・・

    【【悲報】 ASKAがチャゲに「チャゲアス解散」を要求の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ ジャニーズ事務所の“重大発表”にファン悲哀と歓喜…その真相とは

    先日、インターネット上の一部ニュースサイトにて、「6月中旬にジャニーズ事務所から重大発表があるらしい」とのウワサが駆け巡った。

    j


    その内容についてはさまざまな憶測が流れ、シングルのリリースが年に1枚ほどとなっている『KinKi Kids』が「解散するのでは」との悪質なデマも流れた。

    「6月3日深夜、『キンキ』の2人が交互にパーソナリティーを務めるラジオ『KinKi Kids どんなもんヤ!』(文化放送)は、次回の放送で『うれしいうれしい重要な発表』を行うと告知しました。
    そして翌週は珍しく2人そろって番組に登場し、10月に番組25周年を記念した特番を放送することを発表しています。
    おそらく今回の解散デマは、この〝重要な発表〟部分が独り歩きしたものでしょう。
    実際は特番放送というグループ活動に関するものだったので、何とも滑稽な話です」(民放キー局関係者)

    しかし、視点を『ジャニーズJr.』にまで広げると、確かに〝重大発表〟を控えている空気が漂っているという。

    その対象は、現在のJr.でトップクラスの人気を誇り、映画出演・単独コンサート開催などで「デビュー秒読み」と昨年から言われ続けている『SixTONES』(ストーンズ)だ。


    ■ ウワサの信憑性を高める〝タイミング〟

    5月27日、この日行われたジャニーズJr.3組の合同コンサートにて、8月8日に19年ぶりのJr.単独東京ドームコンサートが開催されることが発表された。

    そして、ファンの間では「このドーム公演に向けて何か大きな動きがあるのでは?」との観測が広がり始め、その〝有力候補〟として挙がったのが「SixTONES」デビューのウワサらしい。

    「あくまで憶測にすぎないとはいえ、タイミングを逆算すればつじつまは合うんですよね。6月後半の発表だと大体デビューは9月上旬になりますから、8月初旬のドーム公演は『SixTONES』のデビュー曲お披露目やJr.最後のステージにするにはもってこいの時期。
    また、ジャニーズは縁起や語呂にこだわる傾向があるので、名前に『Six』が入る『SixTONES』のデビューを6月に発表する演出も大いに考えられることです」(ジャニーズウオッチャー)

    ウワサはウワサにすぎないのか、はたまた本当にサプライズが待ち構えているのだろうか…。


    https://myjitsu.jp/archives/86248

    所長見解:中居か・・・


    【【速報】ジャニーズ事務所、噂される重大発表の真相がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ KinKi Kids解散の可能性は?
    ジャニーズから近々“重大発表”の噂が!
    それぞれが己のアーティスト道をひた走り…

    現在、芸能関係者の間で「6月中旬にジャニーズ事務所から何らかの“重大発表”があるらしい」という“噂”が広がっている。

    j


    その“噂”について様々な憶測が飛んでいる状態だが、その中には「KinKi Kids」の解散説が含まれているという。
     
    KinKi Kidsは近年、ユニットとしての活動が縮小傾向にあり、毎年恒例だった年末年始のドーム公演も昨年は中止している。

    さらにはKinKi Kidsの所属する「ジャニーズ・エンタテイメント」の事業終了も重なるなど、ユニットに逆風が吹いている現状なだけに、ただの“噂”で片付けられないかもしれない。

    KinKi Kidsは堂本光一と堂本剛の二人組ユニット。

    「デビュー以来のシングル連続首位記録」のギネス記録を現在も更新しているなど、ユニットとして高い人気を誇っている。
    しかし最近は、光一は舞台活動に、剛もアーティストとして、お互いソロで活躍する機会が増えている。
    さらに2017年には剛が「突発性難聴」を発症。
    徐々に回復傾向にあるというものの、現在もライブ会場の音圧に耐えられない症状が残っているとして、2018年には1994年以来続けていた年末年始のライブツアーを中止している。

    そこに追い打ちをかけるように、KinKi Kidsの所属するジャニーズ・エンタテイメント(以下「JE」)が今年5月末で事業を終了した。
     
    JEといえば、KinKi Kids以外にも「NEWS」や「少年隊」、さらにはドラマの共演から誕生した亀梨和也と山下智久のユニット「修二と彰」など、多くのヒットソングを世に送り出したレーベルだ。

    しかしJEの代表取締役を務める男性の引退に伴って、レーベルとしても終了するのだという。

    JEの事業終了を受けてKinKi Kidsら所属アイドルは、「嵐」や「TOKIO」の所属する「ジェイ・ストーム」へ移籍したため、未所属が理由での活動休止とはならない。
     
    だが剛の耳の症状によっては、“ドクターストップ”による音楽活動の休止、さらには解散というルートも考えられるだけに、移籍をきっかけに状況が変わる可能性も否定できない。

    ジャニーズは近年、現役・元所属のアイドルの不祥事が次々と発覚し事務所の信頼度が低迷している。

    そんな中にあってKinKi Kidsは、問題を起こさず活動を続けており世間からの好感度も高く、事務所としては安心して任せられるユニットに違いない。
     
    そんなKinKi Kidsが解散となれば、事務所へのダメージは免れないだろう。

    “優等生ユニット”の今後の展開から目が離せない。

    https://entamega.com/18650
    所長見解:なんやろね・・・

    【【悲報】ジャニーズ事務所から近々「重大発表」その内容がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ SMAP騒動から3年 KinKi Kidsが大ヒットの「ジャニーズ・エンタテイメント」が5月末で事業終了

    〈株式会社ジャニーズ・エンタテイメントは、本年5月31日をもちまして事業を終了させていただくことといたしました。
    株式会社ジャニーズ・エンタテイメントの事業終了に伴い、株式会社ジェイ・ストームはJEレーベルの名称を譲り受け、6月1日より『ジャニーズ エンタテイメント(Johnny's Entertainment Record)』レーベルを発足させることといたしました〉

    こう綴られた文書が5月下旬、各メディアに封書で届けられ、業界は騒然となった。

    「ジャニーズ・エンタテイメント」は1997年2月、ジャニーズ事務所の関連会社として設立された。

    立ち上げ直後にリリースしたKinKi Kidsのデビューシングル「硝子の少年」(同年7月リリース。山下達郎作曲、松本隆作詞)は100万枚超えの大ヒット。

    現在は、少年隊、NEWS、ジャニーズWEST、中山優馬などが所属している。


    「ジャニーズ・エンタテイメントはジャニーズグループ企業の中でも“核”と言える会社でした。
    今回の事業終了の意味が重いのは、同社の代表取締役を務める小杉理宇造氏(71)がジャニーズの最前線から身を退くということです」(レーベル関係者)

    小杉氏はワーナーミュージック・ジャパンの代表取締役会長や、山下達郎や竹内まりやが所属する「スマイルカンパニー」の代表取締役社長などを務めてきた音楽業界の重鎮だ。

    ジャニーズの元所属タレントが話す。

    「経営者としての手腕は事務所内でも有名でした。
    小杉さんのことはジャニーズJr.でもみんな知っていた。
    たまに現場にも顔を見せていたのですが、ジャニーズJr.のみんなからは怖いイメージを持たれていましたね。
    話すといい人なのですが、基本はコワモテ。
    そのイメージのせいで、小杉さんがいる現場は常にピリッとしていました」

    s


    「週刊文春」にSMAP分裂の内情を明かした小杉氏

    小杉氏がメディアに登場することはほとんどなかったが、2016年1月、SMAPの分裂騒動に際しては、「週刊文春」の誌面で実名インタビューに応じた。

    取材は、SMAPの緊急生謝罪がフジテレビ「SMAP×SMAP」で放送されたまさにその日の昼、1月18日(金)の正午から行われ、小杉氏はSMAPをめぐる内情を明かした。

    「一度独立を表明した4人のメンバーが事務所に戻るには、当然条件があります。
    まずは国民的スターの自覚もなく、曖昧な言動でファンや関係者にご迷惑、ご心配をかけたことを謝罪すること。
    ”内”に向けた謝罪も必要です。
    社長のジャニーをはじめ、事務所の社員にも許しを乞うこと。
    さらに今回は木村君が残るという形でメンバーが4対1に割れてしまった。
    寂しい思いをした木村君、大切な仲間である彼にも謝るべきだと申し入れました」(2016年1月28日号「週刊文春」より)


    当時は木村拓哉以外の4人が一度は決意した独立計画を断念。

    SMAPはかろうじて”空中分解”を免れるだろうという機運だった。

    一連の“修復作業”にも小杉氏は大きく関係していた。


    SMAPは結局2016年末をもって解散。

    しかし、小杉氏は新時代のジャニーズにおいても、次期社長である藤島ジュリー景子氏の“後見役”を務めていくと見られていた。

    「ジュリーさんの母親であるメリーさんも、社長のジャニーさんもそれを望んでいたはず。
    “ジャニーズの番頭”とも呼ばれ、メリーさんが信頼を寄せていた役員・白波瀬傑氏も小杉氏のことを『小杉先輩』と呼んで、一目置いていた。
    小杉さんが第一線を退くことに不安を感じているタレントは正直多いと思いますよ」(前出・元ジャニーズ所属タレント)

    滝沢秀明氏が率いる「ジャニーズアイランド」の設立に続くように発表された、ジャニーズ・エンタテイメントの事業終了。

    3年前のSMAP分裂前後から始まったアイドル帝国の“聖域なき構造改革”はさらに加速していく。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16542436/ 

    所長見解:崩壊なの?・・・
    【【悲報】SMAP騒動から三年、「ジャニーズ・エンタテイメント」が事業終了の模様・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ