解散

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレント・松嶋尚美(47)が6日、カンテレ(関西テレビ)で放送された「おかべろ」に出演。

    「オセロ」の元相方、中島知子(47)と、コンビ解散以来6年間会っておらず、連絡も取っていないことを明かした。

    オセロは1993年に結成。

    2012年には中島が家賃滞納や休養騒動で全レギュラー番組を降板し、事実上、芸能活動を停止状態に。

    13年4月に約2年ぶりに2人が会い、話し合いの末に解散を発表した。

    m


    MCのナインティナイン・岡村隆史(48)から「元相方とは連絡取ってないん?」と聞かれた松嶋は、「取ってない。1回ブログで『解散します』って(発表して)、そん時(※発表の直前に)会ったんやけど、それ以来会ってない。全然」と明かした。

    松嶋は「どうなん?」と岡村に逆取材。

    岡村は「解散してしばらく経ってからちょっと会うたかな。
    大丈夫かい?って。
    そん時はちょっとしゃべったけど」と解散後に中島に直接会ったことを伝えた。

    占い師の女性と生活を共にし、様々なトラブルが起こったことなどから、当時は“洗脳騒動”(※本人は否定)などと報じられたが、岡村は「中島が『すごい当たるんで、1回みてもらった方がいいですよ』って。俺、みてもらったもん」と中島のすすめで、その占い師にもみてもらったことを苦笑いで明かした。

    中島の近況について「松嶋が知らんかったら、誰も知らん」と岡村が言うと、松嶋は「一番、私に(情報)入ってけえへんのちゃうかな」と苦笑いしていた。

    コンビ解散発表直前の13年4月6日には、当時所属していた事務所「松竹芸能」が、中島との契約解除を発表。

    「弊社の意向を無視した行動をこれ以上看過できない」と理由を説明していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16276357/

    所長見解:最近見ないな・・・

    【【あの人は今】元オセロ・松嶋尚美、相方・中島知子とは音信不通ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    Janne Da Arc、解散を発表 ka-yu脱退受け決断

    「Janne Da Arcからのka-yu脱退のご報告並びにJanne Da Arc解散のご報告」として、ka-yuが先月31日をもって所属事務所アップライズ・プロダクトを退社したことを報告。

    他のメンバーとスタッフの間で、Janne Da Arcの未来についての様々な話し合いが、数日前まで行われていたという。

    その上で、「最終的には、yasuが現在、身体の治療ゆえアーティスト活動そのものを休止中であり、現時点でJanne Da Arcとしての新しい提案や具体的な指針を示すことをお約束出来ない状況の中、4人のJanne Da Arcを宣言することは非現実的な上、とてつもなく誠意を欠くもの」とした。

    続けて「5人でのJanne Da Arcの活動の可能性を失くした今、平成31年4月1日をもってJanne Da Arcを正式に解散するという発表を、ka-yuの脱退報告と同時にさせて頂くことがファンの皆様への最低限のけじめであり礼儀ではないか、という結論に至り、今回のご報告ということになりました」と明かした。

    j


    次に、ka-yuが脱退に至った経緯も説明。

    昨年の9月、弁護士事務所から事務所にka-yu宛の内容証明郵便が送られ「そこに記載されている事柄が、もしも全て事実であるなら、社会的正義から著しく反する行為であるゆえ、弊社としましては、事実関係が曖昧なままの状態で、ka-yuに関するプロジェクトを遂行していくことは差し控えるべきである、という判断をさせて頂きました」とka-yuの素行に何らかの問題があったことを報告。

    問題の詳細は今後裁判での係争に移る見込みであるため、公表は差し控えるとしている。

    事務所はka-yuと話し合いを持ち、一日も早く自らの潔白を証明し音楽活動に専念することなどを要望。

    しかし、ka-yuは「Janne Da Arcは大切だし、比較するものではないかもしれないが、どちらかを選べと言われればJanne Da Arcよりも大事にしたいものが見つかったため、Janne Da Arcを脱退し事務所を辞めます」と決断し、バンドとしても解散という結論に至ったと説明した。

    Janne Da Arcは1999年5月19日に、シングル「RED ZONE」でメジャーデビュー。

    2007年から活動休止し、メンバーはそれぞれ個々の活動を展開していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16251246/

    所長見解:なんやろね・・・

    【【これは闇深】Janne Da Arc 解散の理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『ジャニーズアイランド』の滝沢秀明社長がホクソ笑んでいるという。

    脱退がウワサされている『関ジャニ∞』の錦戸亮が自滅寸前。

    滝沢社長自らが手を汚さずとも、錦戸が事務所を辞める可能性があるからだ。

    「ジャニーズと親しい女性誌でも『辞める』『辞めない』の見方が半々。
    しかし、錦戸が陰で“就活”をしていたことが明らかになった。
    少なくとも彼は事務所を出る準備はしているのでしょう」(ジャニーズライター)

    錦戸の“就活”を報じたのは3月26日付の『デイリー新潮』だ。

    同サイトは《「錦戸亮」脱退報道の真相、芸能マスコミが書かない極めてシンプルな動機》とのタイトルで詳報している。

    「新潮がジャニーズ記事を書けば、ほぼ当たるというのが業界内の定説。
    というのも、今、新潮と滝沢氏には太いパイプがあるとされ、滝沢氏が不穏分子については、どんどん新潮に情報を流し“つぶし”にかかっていると評判なのです」(同・ライター)

    j


    マスコミを使って用意周到に圧力?

    同記事は、錦戸を「世渡り上手」とし、「水面下で独立を模索」と報道。

    関ジャニを解散させ、自分が出ていくハラであることを伝えている。

    「『ギャラが安い。俺はもっともらっていいはずだ』ということも書いてあるのです。
    その上、ジャニーズから圧力がかからないよう、ジャニーズと関係良好の事務所幹部と食事していることまで報じている。
    どうしてそこまで新潮が知っているのか。
    表現は錦戸寄りではないので、滝沢サイドの情報ではないでしょうか」(同)

    錦戸は、村上信五が関ジャニの看板であることへの不満を持っているとされる。

    また、昨年にメンバーだった渋谷すばるが辞めた時点で解散するべきだったという考えがあることを、複数の女性誌が伝えている。

    「新潮には、錦戸は俳優一本でいけると“過信”まであることも書かれています。
    他の週刊誌とはトーンがかなり違います」(女性誌記者)

    主演した今年1月期のドラマ『トレース~科捜研の男~』では、平均視聴率10.6%を記録。

    まずまずの結果を残した。

    「そうだとしても、錦戸は大俳優でもないし、まして事務所の看板でもない。
    滝沢氏が新潮を通し、錦戸に都合の悪い情報を流して追い込んでいるようにも見えます」(同・記者)

    果たして錦戸は、降参か追放か…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1753454/

    所長見解:タッキ―・・・

    【【ジャニーズ人事】タッキ―新社長、関ジャニ解散で錦戸亮を追放する模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1990年代のユーロビートのカバー曲『U.S.A.』が昨年大ヒットした7人組ダンス&ボーカルグループ・DA PUMP」。

    昨年末には16年ぶりにテレビ番組『NHK紅白歌合戦』にも出場し、今月6日には勢いに乗ったままで新曲『桜』をリリースした。

    d


    『U.S.A.』から打って変わって全編日本語詞で、日本の四季に合わせて人生の流れを歌ったもので、2020年の東京オリンピック開催を強く意識したもの。

    誰もがマネしやすい特徴的な振り付けに、桜をイメージした“サクラフィンガー”なども取り入れられた。

    新曲リリース日には6月13日、14日にグループとして16年9カ月ぶりとなる日本武道館公演が開催されることも発表され、上り調子で順調そのものに見えるDA PUMPだが、レコード会社関係者はいう。

    「メンバーは7人ですが、初期メンバーはISSAだけです。
    ISSAは幼少期から沖縄で子役として活躍し、キャリアもあれば、パフォーマーとしてのプロ意識も高く、人気実力ともに他の6人とは格段に差があります。
    そんななかでISSAと他のメンバーの間で不協和音が出始めています」

    DA PUMPはISSA、KEN、YUKINARI、SHINOBUというメンバー構成で、1997年にシングル曲『Feelin' Good -It's PARADISE -』でデビューし、大ブレイクを果たした。

    テレビ局関係者は、当時をこう振り返る。

    「個性際立つ美男子4人が本格的なストリートダンスを踊る姿は、革新的で格好良かった。ジャニーズのグループとはまた違う女性ファンを拡大して、男性人気もありました。
    4人の時代には『紅白』出場は5回に上り、レコード大賞含め受賞歴も多く、名実ともに人気グループといえる存在でした」



    ●温度差

    そんな人気絶頂を極めたものの、2006年に道路交通法違反(飲酒運転)で逮捕されて活動を自粛していたSHINOBUが脱退。

    08年には当時離婚調停中だったYUKINARIも脱退、09年には9人組として再スタートを切った矢先にKENが脱退し、オリジナルメンバーはISSAひとり。

    その後、現在の7人体制になったが、これからという11年、ISSAの女性問題で一時活動が制限されることになり、解散の危機もあった。

    そしてISSAは芸能界で大きな影響力を持つことで有名な現所属事務所社長直々のプロデュースによる『U.S.A.』を引っ提げ、売れた経験のない他のメンバー6人にも「『紅白』のステージを経験させてやりたい」と一念発起したことでも知られる。

    「ISSAにとって『U.S.A.』のヒットは自身の結婚時期とも重なり、社長によるご祝儀のようなものでした。
    事務所をあげてバックアップしたのだから、売れて当然。
    新生DA PUMPのメンバーは、パフォーマーとしての実力は確かなものですが、アイドル的な華という意味ではいまひとつパッとしない。
    4人組の時と比べて、個々の知名度はまだまだ低いです。
    新生メンバーが不動の人気を獲得するためには、今が正念場。
    ISSAはそれを誰よりもわかっているし、グループの顔としてのプライドも高いので、他のメンバーに対しての当たりが厳しいようですね。
    気合いの入り具合が違うというか、温度差があるというのか、それでメンバーとの関係がぎくしゃくしているそうですよ」(芸能事務所関係者)

    今月6日に都内で行われた新曲発売記念イベントの現場を見たというテレビ局関係者によれば、報道陣の前でもそんな関係性がうかがえる場面があったという。

    「会見中、U-YEAHがリポーターの質問を聞いておらず、返事に戸惑う場面がありました。その時、ISSAはぐっとこらえていましたが、明らかに怒りの表情でしたね。
    パフォーマーとしては全員一流なのでしょうけれど、タレントとしてのプロ意識という面では、まだまだなのかもしれません。
    もちろんトークの中心はISSAですが、グループの新曲をPRする場で他のメンバーが気のない様子を見せたりすれば、ISSAも困惑しますよね」

    このイベントでISSAは「一人になってもDA PUMPは続けますから」と発言したが、果たしてこのまま7人体制を維持できるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1742401/

    所長見解:もう・・・

    【【解散へ】DA PUMPに確執でISSAが激怒の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズで、嵐に次ぐ人気グループ関ジャニ∞メンバーの錦戸亮(34)が、グループ脱退に向けて事務所と協議を進めていると、3月7日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じ、ファンや業界関係者に大きな衝撃を与えた。

    『文春』によると、今夏までには、脱退するかどうかの結論が出るといい、さらにジャニーズ事務所を退所する可能性もあるという。

    グループでもトップクラスの人気を誇る錦戸の脱退、退所騒動に揺れる関ジャニだが、加えて錦戸以外にも脱退を希望しているメンバーがいると、3月12日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が報じている。

    「そのメンバーというのは大倉忠義(33)です。
    大倉は以前から一部の過激なファンによる悪質なストーカー被害を受けていました。
    大倉は長年、沈黙を貫いていましたが、さすがに我慢の限界に達したのか、昨年11月に自身のブログでストーカー被害を告白。

    “身勝手な行動が精神的に辛いです”
    “普通の人に戻る方がよっぽどらくだろう。そろそろ限界だ”(原文ママ)

    とつづったほどです。
    ブログの文面からも分かるように、執拗なストーカー被害に、グループ脱退や芸能界引退を考えていたといわれています」(女性誌記者)

    k


    実際、大倉の関ジャニ脱退の意向は、ジャニーズ事務所内でも大きな問題になっていたといわれる。

    「昨年大倉は、事務所サイドに“もう疲れました。辞めさせてほしい”と訴えたそうです。
    しかし、昨年いっぱいで渋谷すばる(37)がグループから脱退し、事務所を退所することが決まっていました。
    おそらく錦戸のメンバー間での孤立も始まっていたでしょうから、そんな状況で事務所サイドとしては大倉が辞めることをもちろん認めるわけにはいかない。
    必死の説得があったと聞いています」(前出の女性誌記者)

    『文春』に脱退話が報じられた錦戸は、昨年4月に行われた渋谷のグループ脱退会見で、他のメンバーが「残念」「できれば残ってほしかった」と涙を浮かべる中、「自分がやりたいことを見つけたすばる君の決断を尊重したい」と、渋谷の背中を押していた。

    同じく、大倉も「一緒に7人で夢を追いかけていきたかったですけれど、すばるくんがそういう夢を持ったのであれば、応援するべきなのかなと思いました」と、渋谷の脱退と退所に理解を示していたと『週刊女性』は伝えている。

    「大倉も錦戸と同じように、“渋谷がいてこその関ジャニ”という思いを持っていたようで、渋谷が辞めるのであれば解散してもいいと思っていたようですね。
    そんな大倉をどうにか引き留めようと、藤島ジュリー景子副社長は、大倉と横山裕(37)を関西ジャニーズJr.の指導役に指名。
    “西の滝沢秀明(36)”になって、後輩の育成をしてほしいと依頼したそうです。
    新たな役割を与えて芸能界、事務所への興味を引き続き持たせようとする狙いでしょうか。
    横山は4月に行われる関西ジャニーズJr.の新ユニット『Aぇ!group』の舞台をプロデュースするなど、早くもその活動が見えている。
    ただ、大倉の場合はそれがないのが気になりますよね……」(前同)


    ■大倉からのメッセージ公開も、ファンは疑心暗鬼

    3月12日、今年“デビュー15周年イヤー”を迎える関ジャニの、全国5大ドームツアーの公演日程(7月14日~9月3日)が発表された。

    今回のツアーについて、メンバーを代表し、大倉が
    「15年間のさまざまな関ジャニ∞をつめ込んだ、僕たちなりの“王道ライブ”にできればなと思っています」
    「すべての方に感謝を込めて」
    「全てのeighter(関ジャニ∞ファン)に笑顔になってもらえる、最高で最強の“プレゼント箱”を持って6人楽しみに会場でお待ちしています」とコメントしている。

    前出の女性誌記者は言う。

    「夏ツアーの情報公開は、12日の早朝4時。
    『週刊女性』の“大倉脱退”の記事を受けて、大倉にコメントを出させたように見えますね。つまり、“大倉は決して辞めませんよ”というメッセージです。
    また大倉のコメントの“6人”からも分かりますが、錦戸のツアー参加も明らかになりました。
    ただ脱退説は否定せず。
    そうしたことから、このツアーの発表だけでは、関ジャニファンの不安は拭えず、ネットなどでも疑心暗鬼の声が広がっています」

    錦戸に続き、大倉にも飛び出した「脱退報道」。

    嵐の活動休止後、ジャニーズ事務所を支えていくといわれている関ジャニだが、このまま空中分解への道を進んでしまうのだろうか。


    http://dailynewsonline.jp/article/1728419/
    日刊大衆

    所長見解:あらあら・・・

    【【解散必至】関ジャニ・錦戸亮に続いて大倉忠義も脱退の模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ