視聴率

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    俳優の木村拓哉(47)が主演を務めるテレビ朝日のドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜後9・00)の新シリーズが18日に20分拡大スペシャルでスタートし、初回(第1話)の平均世帯視聴率は17・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。

    個人視聴率は9・4%だった。


    b


    本来なら4月16日にスタート予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で初回放送を延期。

    2カ月遅れでのスタートとなったが、好発進した。

     
    木村の同枠での主演は2018年1月期に放送された同名ドラマの第1弾以来、約2年ぶり。

    前シリーズでは初回を15・7%でスタートさせると、1度も13%を割ることなく、全9話の平均視聴率では15・2%と高数字をマーク。

    最終回では自己最高の17・3%を叩き出し有終の美を飾った。

     
    前作では民間警備会社の一員として任務を遂行するボディーガードの姿を描いたが、今作では木村演じる主人公・島崎章が利益優先の会社を辞めて独立。

    個人対組織の戦いを描く。

     
    また、前作で木村の同僚を演じた斎藤工(38)、菜々緒(31)、間宮祥太朗(27)らが続投。

    今作から新たに仲村トオル(54)、勝村政信(56)、市川実日子(42)が加わった。

     
    第1話は、「日ノ出警備保障」改め「KICKSガード」身辺警護課の所属となった章(木村)、高梨雅也(斎藤)ら民間ボディーガードたちは与党議員・桑田宗司(小木茂光)が開催する後援会パーティーを警護し、見事なチームプレーで会場に紛れ込んだ不審者を撃退。

    その矢先、章に宛てた一通の手紙が届き…という展開だった。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/f468f82819248ec2fba8065da24e35fabcfcf525

    所長見解:おもろいよね・・・

    【【誤差無し】木村拓哉主演「BG」新シリーズの初回視聴率がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    コロナ感染者数が増加するのと比例するように、視聴率を上げていった「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日)に陰りが――。

    時に14%以上も稼いでいた人気番組が、ここに来て2桁を割るようになったのだ。

    もちろん、新型コロナが沈静化したわけではない。

    緊急事態宣言こそ解除されたが、目下、「東京アラート」が発令中。

    一体、何があったのか? 


    m

     
    朝の情報番組「モーニングショー」といえば、同時間帯では16年度以降4年連続で民放首位の人気を誇る。

    昨年度の平均視聴率は9・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)だった。

    だが、今年1月は連日10%台が当たり前のようになり、2月には12%台、4月に13%台、5月4日には番組最高の14・1%を記録するまでになった。

    民放プロデューサーは言う。

    「『モーニングショー』が始まった15年当時の視聴率は5~6%でした。
    コメンテーターの石原良純、長嶋一茂、高木美保といったメンバーは前番組の『モーニングバード』から引き継いでいます。
    大きく変わったといえば、玉川徹さんが週1から毎日出演するようになったこと。
    他局ではまず見ない局員がズケズケと、時にはけんか腰でまくしたてる、あの男は誰なんだと話題にもなりました。
    ま、結局、ただのテレ朝社員だったわけですが、そのズケズケ感がコロナにハマったんでしょう。
    政府の後手後手の対応に、国民が何をやってんだ! と思っていたところに、彼が視聴者の思いを代弁していた感じでした」

     
    番組内容もコロナ一色となって、白鴎大学の岡田晴恵教授という新たなスターも生み出した。

    玉川氏の発言も相変わらずで、3月には国民へのマスク配布を決めた厚労省に対し、彼は「医療機関に配るべきだったんじゃないか」と発言。

    これに対し、厚労省は番組を名指した上で《医療用マスクの優先供給を行った》とツイート。

    ところが、マスクの優先供給は《行った》のではなく、《開始した》だけだったことが番組の取材で明らかとなり、「モーニングショー」の信頼は増す格好となった。


    「4月には玉川さんと政治ジャーナリストの田崎史郎さんの舌戦という目玉もあり、話題性も生まれたところに、在宅勤務、ゴールデンウィークで、普段番組を見なかったサラリーマンも『モーニングショー』を見るようになったのでしょう。
    ただ同時に、その頃から、番組のアラが目立ってくるようになった」(同)


    ■視聴率9・9%

    4月29日の放送で玉川氏は、土日の感染者数が少なくなるのは、行政の検査機関がPCR検査を休んでいるためと発言したが、行政も土日返上で働いていることが判明。

    全面的に謝罪するハメに。

    5月19日には、PCR検査の精度が7割程ということついて彼は、(検体の)採り方がいまひとつと、医療従事者の腕のなさが原因とでも言いたげな発言はネット上でも炎上した。


    「元環境相の細野豪志代議士も《玉川徹氏は常にテレビでコメントできる特権的な立場にある。
    平時は色んな意見があっていいと思うが、有事に専門外の人間が付け焼刃の発言をして現場を混乱させるのは本当に困る》とツイートしていましたが、まさにメッキが剥がれてきたように思います。
    おかげで『モーニングショー』の視聴率も6月3日、4日共に、9・9%と二桁を割るようになりました。
    元々、夫を仕事に送り出した主婦層向けに、二枚目の羽鳥慎一アナを起用した情報番組であり、報道番組ではなかった。
    それが玉川さんを毎日出演させて、政府にもの申す硬派なコーナーを売りにしていたところにコロナがハマった。
    とにかくPCR検査をやらないとダメとばかりに視聴者の不安を煽った。
    ただし、やっぱりなんだか怪しい……と視聴者も気づき始め、不安を煽る番組作りも通用しなくなったんでしょう。
    こう言ったら悪いけど、B級グルメだけど割に旨いと脚光を浴びたところで、結局、中身もB級だったことがバレて、常連客まで離れていった“二度漬け禁止の串カツ屋”みたいなものですよね……」(同)


    (以下略、続きはソースでご確認下さい)


    デイリー新潮
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1cb6013f25a83cf18792fa473d4ff4d4db817df4

    所長見解:もうな・・・
    【【悲報】羽鳥慎一モーニングショー、視聴率10%割れの理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレ朝封鎖&大麻報道 エイベックス松浦氏が「M」に嘆き節
     
    「もっとしっかり番組を宣伝してくれていたらさらに数字が稼げただろうに」――。

    「エイベックス」の松浦勝人CEO(55)はこう言って悔しがったそうだ。

    浜崎あゆみ(41)との秘められた恋愛を描いた連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)の初回は5・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

    放送は土曜日の23時台、この枠でこの視聴率は決して悪い数字ではないが、昨年発売された原作の単行本はベストセラー入りして“期待値”が高かったため、松浦CEOはもっと伸びるとみていたのかもしれない。


    m


    松浦CEOは「M」の初回放送翌日の4月19日、自らのインスタに二十数年前のあゆとのツーショットをアップして

    〈俺たちは負けない……誰に邪魔されても絶対に負けない……〉

    と断言した。


    コロナ禍に負けず頑張る決意表明ならまだしも、何に負けたくないのかよく分からない投稿だった。


    ▼インスタ画像
    https://www.instagram.com/p/B_HpycKldXg/


    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/272440

    所長見解:おもろいやん・・・

    【【話題】ドラマ「M 愛すべき人がいて」の視聴率がwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月18日より、シンガーソングライターの安斉かれんと俳優の三浦翔平がダブル主演を務めるドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の放送がスタート。

    〝期待を裏切らない〟トンデモな作品だったとどよめきが起こっている。


    同作は、歌姫・浜崎あゆみ誕生に秘められた出会いと別れを描いた話題作『M 愛すべき人がいて』の実写ドラマ。

    激動の音楽業界を駆け抜けるアユ(安斉)とマサ(三浦)、2人の愛や葛藤を描く物語を、脚本家・鈴木おさむ氏が手掛けている。


    「冒頭からツッコミどころが満載でした。
    まず、アユを演じる安斉の演技が棒過ぎる。
    本業ではないということを加味しても、あまりにもお粗末。
    また、浜崎の声を少し真似しているのか、〝独特の鼻声〟はコントのよう。
    さらに河北麻友子がアユのマネジャー役として登場したのですが、河北も棒演技として有名なので、初っ端から〝棒×棒〟のコラボとなっていました」(テレビ雑誌編集者)


    ネット上ではドラマ開始数秒で、

    《もうヤバイwww》
    《どっちも演技ひでー》
    《早速笑いが止まらないwww服だせえええ》
    《第一声から笑かしにきたwww》

    など大いに沸いた。

    しかし、見どころは演技だけではないという。


    y


    コロナで落ち込んでる国民を笑わせるためのドラマ

    「アユとマサの掛け合いがとにかくクサい。
    音楽プロデューサーのマサは、劇中で〝マックス・マサ〟と崇められているが、そのマサが横柄な態度で若い女性たちを選別した際、アユは『神様ですか!?』と激怒。
    それに対してマサは『俺は神様なんかじゃない。でもな、神様からのメッセージは届く!』とクサいコメントで応酬するなど、いちいち展開や台詞が大げさでポエム的。
    しかし一方、登場人物の心情描写が適当なので、まるで感情移入ができません」(前出のテレビ雑誌編集者)


    第1話終了後には、

    《何から何までコントww 頑張ってる人をけなしたくないけど、役者さんはナゼ真面目にこんな演技してるの?笑》
    《これはコロナで落ち込んでる国民を笑わせるためのドラマでしょうか?》
    《くせえ!だせえ!!www》
    《もうこれ三浦翔平は何かの罰ゲームさせられてるとしか思えない》

    などといった声が上がっている。


    だが、それでも「なぜかクセになる」「次の土曜日が楽しみ」といった声も多く、いきなりファンを大量獲得できたようだ。

    ネットでみんなでツッコミながら見るドラマと考えると、これは大成功と言えるだろう。


    https://myjitsu.jp/archives/115278

    所長見解:おもろいやん・・・

    【【話題】浜崎あゆみの新ドラマが伝説クラスの模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2日放送のTBS系「news23」(月~木曜・後11時、金曜・後11時半)で、安倍晋三首相が1日の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、全国5000万超の全世帯に、布マスクを2枚ずつ配布する方針を明らかにしたことを報じた。


    g

     
    小川彩佳キャスターは今回の方針に「大事なことだとは思うんですけど各国がかなり大胆で大規模な給付だったり、補償を打ち出している中で今マスクですか?とちょっとズレを感じてしまうところもある」とコメントしていた。


    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200403-04030041-sph-soci


    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200403-04030041-sph-000-3-view.jpg

    所長見解:そやけども・・・

    【【アベノマスク】小川彩佳アナ「各国がかなり大胆な補償を打ち出している中で今マスクですか?」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ