視聴率

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    広告代理店やテレビ局の関係者は、驚きを通り越して唖然としたという。

    デイリー新潮の調べで1月16日、中居正広(46)のレギュラー番組のうち、複数で“打ち切り”が決まったことが分かった。


    中居正広の公式サイトには、現在、5本のレギュラー番組が紹介されている。

    【1】中居正広の身になる図書館(テレビ朝日系列:月曜・午後8時~午後8時54分)
    【2】中居くん決めて! (TBS系列:月曜・午後11時56分~午前0時55分)
    【3】ザ! 世界仰天ニュース(日本テレビ系列:火曜・午後9時~午後9時54分)
    【4】ナカイの窓(日本テレビ系列:水曜・午後11時59分~午前0時54分)
    【5】中居正広の金曜日のスマイルたちへ(TBS系列:午後8時57分~午後10時)

    しかも打ち切りになる番組は1本ではない。

    なんと2本だという。

    広告業界の関係者が明かす。


    「打ち切りを決めたのは、テレビ朝日の『中居正広の身になる図書館』と日テレの『ナカイの窓』です。
    1本だけでも大きな衝撃が走るはずで、それが2本となると、業界は上を下への大騒ぎになります。
    『図書館』は2011年から放送され、深夜番組からゴールデンへの昇格を果たしました。『窓』も12年からオンエアされてきた人気番組です。
    まるで申し合わせたかのように両方が同じ時期に終わるわけですから、様々な憶測を呼ぶのは間違いありません」

    n


    理由は「視聴率の低迷」だという。

    ところが広告代理店の関係者は「両番組の視聴率は打ち切りが必要なほど悪くはないんです」と首を傾げる。

    「もちろん、視聴率は1桁台です。
    ただ、似たような数字でも存続している番組は珍しくありません。
    中居さんは今でも、司会者としての人気と実力を持っています。
    だからこそ、少しくらい視聴率が悪くても、テコ入れを行うことで放送を続けてきたわけです。
    そして今でも、中居さんのレギュラー番組をオンエアする価値は、まだまだ存在するはずなんです。
    両番組のスタッフも『まさか終了するとは……』と驚いていると聞きました」


    ご存知の通り、16年にSMAPが解散しても、中居正広はジャニーズ事務所に残留した。

    契約の更新も重ねてきた。

    ジャニーズ事務所が持つ“権力”について、贅言は必要ない。

    「嵐やKing & Princeを擁する事務所」と説明すれば充分だ。

    ジャニーズを敵に回す民放キー局は存在しない。

    旬で人気を誇るジャニーズのタレントに出演してもらうため、常に事務所の顔色を伺いながら、番組編成を決めてきた。

    「キー局がジャニーズ事務所と出演交渉をした結果、バーター出演が決まるなんて日常茶飯事です。
    人気のタレントに出演してもらうため、少し人気の劣るタレントを別の番組にぶっ込むわけです。
    ですから、依然として人気のある中居さんのレギュラー番組が2本も同時に終わるというのは、我々の常識をはるかに超えています。
    一体、何があったのか」(同・広告代理店関係者)

    中居正広の契約更新は6月に予定されているという。

    芸能メディアは当然として、民放キー局や広告代理店も事態の推移を注視することは間違いない。

    果たして、中居正広の胸中や如何――? 

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00555215-shincho-ent


    所長見解:合流かね・・・

    【【ついに】中居正広のレギュラー番組が2つ同時に打ち切りの理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ロンドンブーツ1号2号の田村淳(45)がいよいよ決断したのかもしれない。

    かねてから噂されていた政界進出の話がここにきて再燃しているのだ。

    t


    「今年7月に行われる可能性が高い参議院選挙に向けて、準備をスタートさせたのではと言われているんです。
    そうした話が流れる最大の根拠は、淳がMCを担当する『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)が、3月いっぱいで打ち切られることが決定したと言われていること。
    7月の出馬はこれ以上ない最高のタイミングでしょう」(スポーツ紙記者)

    毎週金曜日の21時から放送されている『金曜ロンドンハーツ』。

    前身の『イナズマ!ロンドンハーツ』『ロンドンハーツ』では、恋人の浮気を疑う男性に依頼されて彼女の自宅を家宅捜索する「ガサ入れ」や、一般女性に彼氏の前で別の男性とキスをさせる「やるキッス」といった企画を放送。

    過激な演出が話題となり、人気番組でありながら日本PTA全国協議会の選定する「子どもに見せたくない番組」で、2004年から2012年まで9年連続トップを独走していた。

    「ダーティなイメージのある番組が終了することで、淳が今後、政治家に転身するのだとすれば、これが良いキッカケとなるのではないでしょうか。
    もしかすると、今回、身辺をきれいにしておこうという思惑があったのかもしれません」(前出のスポーツ紙記者)

    もちろん、『ロンハー』打ち切り話には番組側の事情もあるという。

    「端的にいえば、視聴率が取れなくなってきたんです。
    今では芸人が着飾って写真を撮る『奇跡の一枚』のコーナーが人気ですが、“子どもに見せたくない番組”のレッテルをはがそうとしたのか、このところ内容的にも生ぬるいものが多くなり、面白さをなくしてしまっていた。
    企画のマンネリ化も不評で、打ち切りも致し方ないところなのかもしれません」(前同)

    「見せたくない番組」を終えて、2019年夏には、ついに“政治家・田村淳”が誕生か!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1650181/

    所長見解:ないやろ・・・

    【【ロンハー終了】ロンブー田村淳、ついに参院選出馬の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「2.2%ですよ……。この数字が明らかになったとき、フジテレビ全体に衝撃が走りました。いくらなんでも低すぎですよ」

    フジテレビで働く放送作家が青ざめた顔で話すのは、1月1日の18時から3時間にわたって放送された正月特番『ニッポンよ! セカイを倒せ! フジヤマ 日本のNo.1VS 世界のNo.1』の平均視聴率についてだ。

    no title


    「つい先日伝えられたのですが、2.2%しかなかったんです。
    正月のゴールデンの特番で、この数字は絶対ありえません。
    こんな数字では、大金を投じたスポンサーも激怒しますよ。
    フジテレビの局内でも、いま大問題になっています」(前出の放送作家)

    1月1日のフジテレビといえば、かつては『新春かくし芸大会』をゴールデンタイムに放送してきた。

    同番組は1980年に48.6%の視聴率を叩き出すなど、常時30%を記録したお化け番組。

    2000年頃から低迷期に入り、2009年に一桁台の視聴率しか稼げなくなったため、2010年の放送を最後に番組の歴史を閉じている。

    その同じ枠での“2%台”は、今回の『フジヤマ』が初めてとなる。

    『フジヤマ』は、坂上忍(51)、山崎夕貴アナ(31)、永島優美アナ(27)をMCに、海外のNo.1プレイヤーと日本のNo.1プレイヤーをさまざまな競技で対決させようという内容の番組。

    今回の番組では「フィギュアスケート」「シンクロナイズドスケーティング」「天才キッズシンガー」など五つの競技で対戦する模様を放送。

    スタジオゲストは新木優子(25)、木村多江(47)、新川優愛(25)、高橋英樹(74)、羽田美智子(50)、細川たかし(68)、山崎育三郎(32)、山下健二郎(33)という面々をそろえた。

    「現在、局内ではさまざまな角度から“敗因”の分析がされているようですが、ひとつには“坂上忍神話”の陰りを上げる声も少なくないようです。
    『いいとも!』の後継として『バイキング』を成功させたことで、フジの救世主と呼ばれた坂上ですが、さすがに飽きられてきたのか、ここにきて勢いを失っています。

    自ら企画を売り込んだ『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系)の視聴率も振るわず、早くも今春で打ち切りという話も聞こえてきています。
    坂上忍は連日テレビに出ているため、逆にスペシャル感がなかった、もしくは正月の特番ぐらいは変わったメンツを見たいという視聴者心理があったのかもしれません」(前同)

    さらに、肝心の「No.1プレイヤー」の人選にも問題があったと前出の記者は話す。

    「フィギュアスケート対決の日本代表は小塚崇彦(29)と安藤美姫(31)でした。
    ですが小塚といえば、昨年末に不倫スキャンダルが発覚したばかり。
    妻である元フジテレビアナの大島由香里(34)の妊娠中に不倫相手を自宅に連れ込んだのがバレ、離婚に向けた話し合いになっています。
    当然、フィギュアファンも総スカン。
    このタイミングで、正月番組に小塚を起用してしまったフジテレビには、“呪い”が降りかかったということでしょう」(同)

    視聴率惨敗は「必然」だった!?

    https://taishu.jp/articles/-/62857?page=1


    所長見解:見ないわな・・・

    【【坂上忍司会】フジテレビ、元旦特番の衝撃過ぎる視聴率がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ここ数年で、吉岡里帆、高畑充希、山崎賢人、坂口健太郎など、新たな“主演級”の役者たちが頭角を現しだした。

    しかしその一方で、いつの間にか“主演級”から“脇役”にシフトしたといわれている役者も多くいる。

    代表的な例は、俳優のオダギリジョーだ。

    2000年の特撮番組『仮面ライダークウガ』(テレビ朝日系)の主演で大ブレークし、以後『サトラレ』(02年、テレビ朝日系)『ビギナー』(03年、フジテレビ系)『家族のうた』(12年、フジテレビ系)など数々の作品で主演を務めたが、最近は3番手~5番手の位置で出演することが増えている。

    「実はオダギリジョーが主演から脇役にシフトしたのは、本人の希望だったとか。
    09年の主演作『ぼくの妹』(TBS系)で日曜劇場歴代最低の視聴率記録を更新し、『家族のうた』は低視聴率の末、予定より3話も早い全8話で打ち切られ、主演をする自信を失ったようです。
    しかし、脇役として出演した16年の『重版出来!』、18年の『チア☆ダン』(ともにTBS系)では好評を博していました。
    クセのある役の方がハマリ役であるため、元々バイプレーヤータイプだったのかもしれませんね」(テレビ誌記者)


    脇役は意外とおいしい?

    女優の広末涼子も以前と比べると、主演よりも脇役として出演する回数が圧倒的に増えている。

    時には、連続ドラマの単発ゲストとして出演することもあるほどだ。

    r


    「正直、現在の広末では数字を見込めないですからね。
    しかし脇役なら演技の粗も気にならず、視聴率が悪くても批判を浴びないのでおいしいとも言えます。
    また、元主演級の役者がチョイ役として出演すると、“脇役まで超豪華”と宣伝できるため、ドラマ制作側としても都合がいいんです」(テレビ制作会社)

    他にも、菅野美穂、内田有紀、貫地谷しほり、高嶋政伸、速水もこみちなどが、主演級から、脇役もこなす役者へとシフト。

    無理に主演にこだわるよりも、自分の立ち位置を見つける方が、愛される役者として長続きするのかもしれない。

    https://myjitsu.jp/archives/71458 


    所長見解:しかたないよね・・・

    【【ドラマ】主演級から脇役にシフトした俳優・女優がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    山口達也が自らの不祥事によりTOKIOを脱退後、どうにも視聴率が振るわない『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)に、ついにジャニーズの“切り札”といえる木村拓哉が助っ人出演する。

    今年1月6日は『世界の果てまでイッテQ!新春2時間SP』、同13日は『行列のできる法律相談所 さんまVS怒れる美男美女軍団3時間SP』が放送されるため、『DASH!!』次回オンエアは同20日の予定で、木村は久々の放送となる人気企画「0円食堂」にチャレンジする。  

    d


    山口が消えた『DASH!!』は、4人体制で昨年5月12日オンエア分からリスタートを切った。

    当初は話題性や残されたTOKIOメンバーへの同情票もあってか、同日放送回で20.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマークするなど、高い数字を記録していたが、世の関心も低くなった頃から視聴率が低下した。 

    それは必然ともいえる現象だった。

    4人体制ではなかなかメンバーがそろわなかったのだ。

    大工仕事や肉体を駆使する作業が得意だった山口がいなくなって、そういった演出がやりづらくなってしまった。
     
    企画はマンネリで、「俺たちのDASHカレー」などの新企画もイマイチ盛り上がっていない。

    視聴率はジリジリと下がっていき、同12月2日は12.1%、9日は12.3%と、2週連続12%台まで落ち込んでしまった。

    16日は14.5%まで上げたが、23日は13.6%と再び下落した。

    そんな中、ジャニーズと日テレはまさに“切り札”といえるカードを切ってきた。

    なんとかテコ入れを図るべく、ついに木村が助っ人参戦する。

    これで数字が上がらなければ、『DASH!!』は完全にアウトだろう。
     
    そうなってしまうと、木村のブランドにも傷が付いてしまいかねない。

    https://www.cyzo.com/2019/01/post_188511_entry.html


    所長見解:効果ある?・・・

    【【山口引退】低視聴率「鉄腕DASH」の切り札がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ