視聴率

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    サッカーJ1がようやく再開するのに――。

    「ナインティナイン」矢部浩之(48)の冠サッカー番組「やべっちF.C.」(テレビ朝日系)が、8月終了で調整されていることが本紙の取材で分かった。

    サッカー男子(U―23)がある東京五輪まで番組続行の見通しだったが、新型コロナウイルス禍で五輪が来夏に延期されたことが痛恨だったという。

    矢部といえば、相方・岡村隆史(49)の〝風俗発言騒動〟でラジオ番組に復帰したばかり。

    y


    番組終了の舞台裏とは?

    コロナ禍で4か月延期されたサッカーJ1が今月4日に再開されるのを前に、仰天の一報が飛び込んできた。

    W杯日韓大会の2002年に始まり、18年間続いていた矢部のサッカー番組が、8月終了で調整されていることが判明した。

    その引き金になったのは、東京五輪の延期だ。

     
    テレビ局関係者の話。

    「近年は番組がマンネリ化して、打ち切りの〝イエローカード〟が出ていて存続が怪しかった。
    でも、今夏予定だった東京五輪のU―23を集中的に取り上げ、番組を盛り返そうとしていたんです。
    その矢先、新型コロナ禍で東京五輪が延期され、〝ここが潮時〟と判断されたようです」

     
    番組の新編成は通常、4月と10月の年2回行われる。

    8月終了は何とも中途半端だが「コロナ禍で番組編成がグチャグチャになっているんですよ。
    なので、8月終了で調整されています」(同関係者)。

    後継番組はバラエティーになる見通しで、出演者に矢部の名前はないという。

     
    テレ朝広報部は、本紙の取材に「現時点で決まったことはありません」と回答した。

    「現時点」と断ったのがミソだろう。

     
    サッカー界に対する同番組の貢献度はハンパない。

    日本代表が挑んだW杯5大会の興奮を伝えたほか、Jリーグや欧州リーグの試合結果を詳報。

    ほかにもユニークな企画を次々に打ち出し「デジっちが行く!」は名物になって、Jリーグに公認されたほどだ。

     
    進行を務めた歴代の女子アナも、前田有紀さん(39=現フラワーアーティスト)、竹内由恵(34=現フリー)がブレーク。

    現任の三谷紬アナ(26)は、爆●で男性ファンをトリコにしている。

     
    一方、MCの矢部は試練の時を迎えた。

    ピンのテレビの仕事は「やべっちF.C.」と「アウト×デラックス」(フジテレビ系)の2本で、〝やべっち〟が終わると1本しかない。

    しかも「アウト×デラックス」も、共演の後輩芸人・南海キャンディーズの山里亮太が存在感を示しており〝矢部不要論〟が業界内でささやかれているから大ピンチなのだ。

     
    つい2か月前、相方の岡村が「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン(ANN)」(ニッポン放送)の放送中に〝女性蔑視発言〟をし、謝罪に追い込まれたばかり。

    矢部は、翌週の4月30日深夜放送で岡村を公開説教したのも記憶に新しい。

     
    結局、5月14日の深夜放送から矢部が5年半ぶりに正式復帰。

    以降は「ナインティナインのANN」としてリスタートしている。

    「『やべっちF.C.』の終了が近いのは、矢部さん自身も悟っていたようです。
    『ANN』に復帰したのは岡村さんをコントロールし、番組を引き締めるためと思われたけど、これ以上の仕事減を避けたい思惑もあったはず。
    プライベートでは都内の一等地に自宅があり、妻でフリーアナの青木裕子、6歳長男、4歳次男を養わないといけないから、なおさらでは」(お笑い関係者)

     
    矢部は「ANN」先月25日深夜放送分で、ワイドショー番組からレギュラー出演のオファーがあったとし「やめとこかと言ったばっかり。
    大変やと思います」と断ったことを明かした。

    出演依頼はまだあるようだが、これからが正念場になりそうだ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/d23691989dd0e974eba1251d2d2d9d11eb2128a7

    所長見解:女子アナよね・・・
    【【悲報】「やべっちF.C.」終了の悲しすぎる理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    「探偵!ナイトスクープ」32周年、ファン思い出VTR続々投稿

    「四つ葉のクローバー」「レイテ島」…多かったのは「爆発卵」


    n


    ABCテレビの人気番組「探偵!ナイトスクープ」が5日、放送から32周年を迎え、公式ツイッターには視聴者から過去の大好きな名物シーンが数多く寄せられた。


    公式ツイッターは「探偵ナイトスクープ誕生日」と記され「1988年3月5日の第1回放送から本日で32周年を迎えました!これもひとえに視聴者の皆さまのおかげです」とファンへ感謝をつぶやいた。



    記念すべき第1回放送は「『道頓堀川に沈むカーネルサンダースを救え』でしたね笑」ともつづり、ファンへ「印象に残っているVTRは何ですか?」と問いかけた。


    これにファンは早速、思い出のVTRを続々投稿。

    「四つ葉のクローバーを見つける超能力を持つ少女」
    「マネキンと結婚」
    「能勢の昔の恋愛」
    「小枝探偵のパラダイス」
    「何年も口を利いていない夫婦」
    「レイテ島からの手紙」

    などが上がったが、多かったのはやはり「爆発卵」だった。



    公式
    https://twitter.com/abc_knightscoop/status/1235460431478579201


    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/03/05/0013169078.shtml

    所長見解:酔っぱらいすぎるオヤジ・・・


    【【大人気番組】「探偵!ナイトスクープ」歴代最高のVTRがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2つの大きな問題

    今年11月で満25周年を迎える「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)が、存続の危機に立たされている。

    それも、早ければ“来春の改編期にも打ち切り”の可能性もあるとうのだ。

    日テレに近い番組制作会社の幹部A氏(仮名)が語る。

    「この番組は現在、ふたつの大きな問題を抱えています。
    まずひとつは視聴率の低迷。
    ここ最近は裏番組である『ナニコレ珍百景』と『ポツンと一軒家』(ともにテレビ朝日系)に負けっぱなしで、特に『ポツンと―』には視聴率で5%以上も差をつけられることがあります。
    もうひとつの問題は、長瀬智也の退所問題。
    こちらも、もはや回避不能なレベルまでこじれているそうです」


    t


    そして、このふたつの問題に密接に関わっているのが、2018年に不祥事を起こしてジャニーズを追放された山口達也である。

    「番組内で中心的な役割を果たしていた山口の離脱はあまりにも大きく、残されたTOKIOメンバーでもその穴は埋めきれませんでした。
    そのため一部の企画は簡略化したり凍結したりせざるを得ず、クオリティの低下が表面化。結果として視聴率にも影響が出た…というわけです。
    そのため、ジャニーズと番組サイドで話し合いが持たれ“TOKIOから後輩グループへの世代交代案”が一時検討されたとも言われています」

    確かに、番組では2019年からジャニーズの後輩である草間リチャード敬太(Aぇ!group)や森本慎太郎(SixTONES)が助っ人としてレギュラー出演している。

    これは世代交代への布石だったのか。

    「とはいえ、そもそも世代交代自体、無理のある話なんです。
    この番組に協力してくれる農家や漁師、学者といった人々は、TOKIOが何年もかけて信頼関係を築いてきた人ばかり。
    おいそれと交代させるわけにはいきません」


    時間をかけて後輩を育成すれば何とかなるかもしれないが、そう悠長なことを言っていられない理由が、先述した長瀬の脱退問題だという。

    「長瀬がジャニーズを退所する理由はただひとつ、音楽活動のためです。
    彼は山口が抜けて以来、TOKIOとして音楽活動をできなくなったことに強烈な不満を抱いており、その不満は友人たちとプライベートバンドを結成し、事務所に無断でライブに出演するといった形で現れています」

    長瀬が友人であるバイク仲間らと覆面バンド「THE SISSY BARS」を結成し、とあるパーティーでパフォーマンスを行ったことは週刊誌にも報じられている。

    「もともと長瀬は交友関係も広いし、ミュージシャンとしての実力も高く評価されていますから、もし自由に音楽ができるとなれば引く手数多でしょう。
    今の時代、音楽活動をやる上で必ずしもテレビに出る必要はありませんから“干される”といった心配もない。
    はっきり言って、彼にとってもはやジャニーズに残る理由などないのですが、他のメンバーのことを考え、山口の復帰をじっと待ち続けていたのです」

    ところが、恩師であるジャニー喜多川氏の死と、TOKIOのリーダーである城島の結婚により、その思いにも変化が訪れたらしい。

    「長瀬にとって“結婚=アイドルとして終わり”という感覚らしく、これでTOKIOに対する情熱はすっかり冷めたようです。
    事務所には“山口を復帰させなければ21年春に契約終了”と通告し、一歩も譲らない姿勢のようです」


    “踏み絵”を用意された格好のジャニーズだが、解決策はあるのだろうか。

    「ジャニーズとしては、25年間にわたって守ってきた『DASH』という利権は何としても手放したくありません。
    しかし、アイドルを扱っている以上、未成年の女性とスキャンダルを起こした山口を復帰させるわけにもいかない。
    ただ、差し迫っている現実として、山口を復帰させなければ番組の人気回復は望めないし、長瀬、ひいてはTOKIOまで失うことになる。
    そんなジレンマを抱えているわけです」


    改編期に長瀬の退所問題、21年春はジャニーズとテレビ業界に大きな嵐が吹きそうだ。


    https://k-knuckles.jp/1/10424/2/


    ▼写真
    https://k-knuckles.jp/wp-content/uploads/01403.png

    所長見解:もうな・・・

    【【悲報】TOKIO・長瀬智也、ジャニーズ事務所退所の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    俳優の木村拓哉(47)が主演を務めるテレビ朝日のドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜後9・00)の新シリーズが18日に20分拡大スペシャルでスタートし、初回(第1話)の平均世帯視聴率は17・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。

    個人視聴率は9・4%だった。


    b


    本来なら4月16日にスタート予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で初回放送を延期。

    2カ月遅れでのスタートとなったが、好発進した。

     
    木村の同枠での主演は2018年1月期に放送された同名ドラマの第1弾以来、約2年ぶり。

    前シリーズでは初回を15・7%でスタートさせると、1度も13%を割ることなく、全9話の平均視聴率では15・2%と高数字をマーク。

    最終回では自己最高の17・3%を叩き出し有終の美を飾った。

     
    前作では民間警備会社の一員として任務を遂行するボディーガードの姿を描いたが、今作では木村演じる主人公・島崎章が利益優先の会社を辞めて独立。

    個人対組織の戦いを描く。

     
    また、前作で木村の同僚を演じた斎藤工(38)、菜々緒(31)、間宮祥太朗(27)らが続投。

    今作から新たに仲村トオル(54)、勝村政信(56)、市川実日子(42)が加わった。

     
    第1話は、「日ノ出警備保障」改め「KICKSガード」身辺警護課の所属となった章(木村)、高梨雅也(斎藤)ら民間ボディーガードたちは与党議員・桑田宗司(小木茂光)が開催する後援会パーティーを警護し、見事なチームプレーで会場に紛れ込んだ不審者を撃退。

    その矢先、章に宛てた一通の手紙が届き…という展開だった。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/f468f82819248ec2fba8065da24e35fabcfcf525

    所長見解:おもろいよね・・・

    【【誤差無し】木村拓哉主演「BG」新シリーズの初回視聴率がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    コロナ感染者数が増加するのと比例するように、視聴率を上げていった「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日)に陰りが――。

    時に14%以上も稼いでいた人気番組が、ここに来て2桁を割るようになったのだ。

    もちろん、新型コロナが沈静化したわけではない。

    緊急事態宣言こそ解除されたが、目下、「東京アラート」が発令中。

    一体、何があったのか? 


    m

     
    朝の情報番組「モーニングショー」といえば、同時間帯では16年度以降4年連続で民放首位の人気を誇る。

    昨年度の平均視聴率は9・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)だった。

    だが、今年1月は連日10%台が当たり前のようになり、2月には12%台、4月に13%台、5月4日には番組最高の14・1%を記録するまでになった。

    民放プロデューサーは言う。

    「『モーニングショー』が始まった15年当時の視聴率は5~6%でした。
    コメンテーターの石原良純、長嶋一茂、高木美保といったメンバーは前番組の『モーニングバード』から引き継いでいます。
    大きく変わったといえば、玉川徹さんが週1から毎日出演するようになったこと。
    他局ではまず見ない局員がズケズケと、時にはけんか腰でまくしたてる、あの男は誰なんだと話題にもなりました。
    ま、結局、ただのテレ朝社員だったわけですが、そのズケズケ感がコロナにハマったんでしょう。
    政府の後手後手の対応に、国民が何をやってんだ! と思っていたところに、彼が視聴者の思いを代弁していた感じでした」

     
    番組内容もコロナ一色となって、白鴎大学の岡田晴恵教授という新たなスターも生み出した。

    玉川氏の発言も相変わらずで、3月には国民へのマスク配布を決めた厚労省に対し、彼は「医療機関に配るべきだったんじゃないか」と発言。

    これに対し、厚労省は番組を名指した上で《医療用マスクの優先供給を行った》とツイート。

    ところが、マスクの優先供給は《行った》のではなく、《開始した》だけだったことが番組の取材で明らかとなり、「モーニングショー」の信頼は増す格好となった。


    「4月には玉川さんと政治ジャーナリストの田崎史郎さんの舌戦という目玉もあり、話題性も生まれたところに、在宅勤務、ゴールデンウィークで、普段番組を見なかったサラリーマンも『モーニングショー』を見るようになったのでしょう。
    ただ同時に、その頃から、番組のアラが目立ってくるようになった」(同)


    ■視聴率9・9%

    4月29日の放送で玉川氏は、土日の感染者数が少なくなるのは、行政の検査機関がPCR検査を休んでいるためと発言したが、行政も土日返上で働いていることが判明。

    全面的に謝罪するハメに。

    5月19日には、PCR検査の精度が7割程ということついて彼は、(検体の)採り方がいまひとつと、医療従事者の腕のなさが原因とでも言いたげな発言はネット上でも炎上した。


    「元環境相の細野豪志代議士も《玉川徹氏は常にテレビでコメントできる特権的な立場にある。
    平時は色んな意見があっていいと思うが、有事に専門外の人間が付け焼刃の発言をして現場を混乱させるのは本当に困る》とツイートしていましたが、まさにメッキが剥がれてきたように思います。
    おかげで『モーニングショー』の視聴率も6月3日、4日共に、9・9%と二桁を割るようになりました。
    元々、夫を仕事に送り出した主婦層向けに、二枚目の羽鳥慎一アナを起用した情報番組であり、報道番組ではなかった。
    それが玉川さんを毎日出演させて、政府にもの申す硬派なコーナーを売りにしていたところにコロナがハマった。
    とにかくPCR検査をやらないとダメとばかりに視聴者の不安を煽った。
    ただし、やっぱりなんだか怪しい……と視聴者も気づき始め、不安を煽る番組作りも通用しなくなったんでしょう。
    こう言ったら悪いけど、B級グルメだけど割に旨いと脚光を浴びたところで、結局、中身もB級だったことがバレて、常連客まで離れていった“二度漬け禁止の串カツ屋”みたいなものですよね……」(同)


    (以下略、続きはソースでご確認下さい)


    デイリー新潮
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1cb6013f25a83cf18792fa473d4ff4d4db817df4

    所長見解:もうな・・・
    【【悲報】羽鳥慎一モーニングショー、視聴率10%割れの理由がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ