ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    視聴率

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    r


    ラグビーW杯日本―スコットランド平均39.2%!

    今年の全番組でトップ 瞬間最高53.7%

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000110-spnannex-spo

    所長見解:すごいやん・・・

    【【ラグビーW杯】日本 VS スコットランド戦の視聴率がすごいんよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    立川志らく『グッとラック!』視聴率0%台に転落目前で、TBSに待ち受ける”地獄絵図”


    落語家・立川志らくがメインキャスターを務める新情報番組『グッとラック!』(TBS系)が予想以上の大苦戦を強いられている。


    g

     
    初日(9月30日)の視聴率は第1部(御前8時~9時55分)が2.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)、第2部(午前9時55分~10時25分)が2.4%。第1部においては、『ビビット』最終回(9月27日)の3.1%にも及ばなかった。

     
    2日目(10月1日)は第1部=2.6%、第2部=1.8%と後退。

    3日目(同2日)は第1部=2.3%、第2部=1.4%とさらに下げ、第2部に至っては0%台転落も現実味を帯びてきた。


    「終了した『ビビット』の視聴率は2~3%台。
    通常、新番組となれば、最初くらいはアップするものですが、まるで注目されていないことが露呈してしまいました。
    志らくは後番組『ひるおび!』で、辛口コメンテーターとして人気が得ましたが、“朝の顔”ではやはり難しい。
    その時間帯の主たる視聴者は主婦層ですが、とてもその層に支持されるとは思えません」(テレビ誌ライター)


    『グッとラック!』に関しては志らく以外でも、キャスティングにも疑問が残るという。 

    「イケメンの国山ハセンアナはともかく、原稿読みすらまともにできない新人の若林有子アナなど論外。
    『ちゃんと研修したの?』というレベル。
    このまま何も手を打たないと、本当に視聴率0%台まで落ちてしまう可能性は十分あるでしょうね。
    そもそも志らくがMCをまかせられるのに、『ひるおび!』も続投すること自体ナンセンスな話です。
    『グッとラック!』の希少性が出ませんから」(前出・ライター)


    https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_218156/

    所長見解:見ないよね・・・

    【【悲報】立川志らく『グッとラック!』視聴率0%台になりそうってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月30日にスタートしたTBS系朝の情報番組「グッとラック!」の第1部(月~金曜・前8時~9時55分)の初回平均視聴率が2・9%だったことが1日分かった。


    9月27日で終了した「ビビット」(月~金・前8時)以来、4年半ぶりに朝の情報番組を刷新。

    「ビビット」最終回の平均視聴率3・1%には届かなかった。

    なお、午前9時55分~10時25分の第2部は2・4%だった。


    g


    「ビビット」(月~金・前8時)同局系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)で辛口コメンテーターとして話題の落語家・立川志らく(56)が司会を務め、国山ハセンアナ(28)と入社1年目の若林有子アナ(23)が出演する。

    志らくは初日に「「おはようございます。TBSの朝の新情報番組『グッとラック!』司会を務めさせて頂きますのは、着物を着たハリー・ポッターでございます。よろしくお願いします」とあいさつし、「コメンテーターもたくさんいますんで。あまり私がしゃべりすぎますと、もし、東さん(東国原英夫氏)がいたら怒鳴りつけられますんで。気を付けないと」と笑わせた。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00000053-sph-ent


    立川志らく
    http://hochi.news/images/2019/10/01/20191001-OHT1I50050-L.jpg


    所長見解:そうなるよな・・・
    【【悲報】立川志らくの新番組「グッとラック!」の視聴率がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月1日に放送されたNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』第33回の平均視聴率が6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。

    8月25日放送の第32回は『24時間テレビ』の影響からか、大河ドラマ史上最低の5.0%を記録していたが、なんとか1.6ポイントアップした格好だ。


    「これまでの大河のワースト記録は2012年に放送された『平清盛』の7.3%でしたが、『いだてん』はすでに5度もこれを更新しています。
    第31話では上白石萌歌が水着姿で登場したことで、前週から大幅上昇となる視聴率7.2%にまで回復しましたが、あくまで一時的なものにすぎず、打つ手なしの状況です」(テレビ誌ライター)

    n


    そんなNHKが最も恐れているが、『NHKから国民を守る党(N国党)』の攻撃だろう。

    「大河ドラマは、1話1億円と言われる莫大な制作費がかかっており、現状では物足りない数字であることは明らか。
    税金や受信料で毎週1億円ものコストを費やして視聴率低迷のドラマを作り続けていたら、批判されるのは当たり前。
    民放なら打ち切りになるレベルですが、NHKがそこに踏み切る可能性は少ない。
    当然、その点もN国党はツッコんでくるはずです」(民放プロデューサー)


    9月4日にはN国の立花孝志党首が、TOKYO MXとマツコ・デラックスを相手取り、総額1億円の慰謝料を求める原告1万人の集団訴訟を起こす方針を示している。

    TOKYO MXを震撼させた勢いで、本丸のNHKにだれ込むことになるのだろうか。

    https://www.cyzo.com/2019/09/post_215394_entry.html

    所長見解:見ないもんな・・・

    【【みなさまの受信料】NHKさん、誰も見てない不人気ドラマ「いだてん」に1話当たりに製作費1億円ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    独特のコメントで、出演する番組は高視聴率。

    テレビ界では引っ張りだこのマツコ・デラックスは、視聴率の女王とまで言われる。

    10月からは「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日)も深夜帯からゴールデンに昇格と向かうところ敵なしのようだが、その勢いに陰りが見えてきたという。

    一体、何が起きているのか。


    m


    それが彼女のCMの契約本数という。

    「これまで『自分はオカマだから、表に出るべき人間じゃない……』と控えめなコメントを発してきました。
    一歩引いたスタンスだからこそ、どこにも忖度することなく、大物も立てて来た。
    ところが最近では、自ら前面に出るようになってきました」(同)

     
    今年に入ってからだけでも彼女のCMはこれだけある。

    ●レノア本格消臭:プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン

    ●合組(白米):ホクレン農業協同組合連合会

    ●クロネコメンバーズ:ヤマト運輸

    ●dプログラム 薬用 スキンケアファンデーション(パウダリー):資生堂

    ●HAKU メラノフォーカスF:資生堂

    ●FIRE ワンデイ ブラック:キリンビバレッジ

    ●鮮度生活 絹しょうゆ減塩:ヤマサ醤油

    ●薬用ピュオーラ GRAN:花王

    ●ピュオーラ 泡で出てくるハミガキ:花王

    ●グーグル


    「彼女は、かつては露出過多を嫌い、どんなに番組オファーが来ても、スペシャル番組などの出演を控えてきました。
    レギュラーも増やそうとはしなかった。
    もちろん、飽きられるのを防ぐためです。
    それはCMに関しても同様でした。
    ところが、この春からは資生堂のCMまで決まり喜んでいました。
    それが自分の商品価値を上げ、ステージを上げることに繋がると考えたのかもしれません。その結果、数多くのCMがテレビで流れることとなりました。
    まだレギュラーも少なかった頃、マツコがテレビに出演していると必ず見ていた視聴者は多かったはずですが、CMでの出演が増えたために『また出ている』と思われ、希少価値がなくなってしまったんです」(同)

     
    こうした中、彼女のレギュラー番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」が23時台からゴールデンへと昇格することが発表された。

    「未だにマツコに高視聴率が望めると信じて疑わないテレ朝にとっては、大きな誤算になるかもしれません。
    日テレとの三冠王争いに鎬を削っていますが、最後はマツコで敗れたなんてことになるかも……」(同)

     
    先に週刊文春の直撃に際し、マツコはこうも答えている。

    「テレビってそんな甘くないわよ。
    いち視聴者として冷静に考えてみてよ」
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/08281131/?all=1



    所長見解:そうでもないような・・・

    【【悲報】マツコ・デラックス、失速の原因がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ