視聴率

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【F1層視聴率0.8%】『サンデーモーニング』が存亡の危機、誰もモノ言えぬ“関口宏ショー”に世間から「喝!」

     
    1987年から34年続いているTBSの報道番組『サンデーモーニング(略称・サンモニ)』(日曜午前8時)が存亡の危機にある。

    大幅リニューアルや打ち切りが現実味を帯びている。



    d


    ■コメンテーターは“身内”だらけ

    番組の生命線である視聴率が低調なのだ。

    「『サンモニ』は高視聴率のはず」と言う人も多いだろうが、それは世帯視聴率の話。

    若い人やスポンサーが歓迎するF1層(女性20歳~34歳)の個人視聴率は低い。


     
    8月29日放送分のビデオリサーチの数値(関東地区)は世帯視聴率こそ14.6%あったものの、F1層の個人視聴率は0.8%に過ぎない。

    一方、中山秀征(54)がキャスターを務める日本テレビの競合番組『シューイチ』の場合、世帯視聴率は10.5%ながら、F1層の視聴率は4.6%もある。


     
    日テレの制作者は以前から「CM収入は『シューイチ』のほうがはるかに上」と豪語してきた。

    F1層の視聴率を見ると、それも合点がゆく。

    『サンモニ』の完敗である。

    F1層の視聴率はCMの売り上げに直結する。


     
    個人視聴率がテレビ界の物差しの主流になったのは昨年4月から。

    それまでは世帯視聴率が中心で、『サンモニ』はこの世の春を謳歌したものの、尺度が変更されたことで一転、必ずしも高視聴率番組とは言えなくなった。


    すると、これまでは抑えられていた『サンモニ』批判がTBSの局内外で急に噴出し始めた。

    世の常だ。


    批判の声の代表格は、キャスターの関口宏氏(78)が会長を務める芸能プロダクション『三桂』の所属者が、コメンテーターを始めとする出演陣に多いこと。

    三桂所属者は関口氏の発言に反論しにくいと思われるため、番組の多様性が阻害されてしまう。

    また、公平な競争が行われず、三桂所属者が優先的にコメンテーターに起用されると、逸材が公共の電波に登場するチャンスが減る。

    視聴者の利益に反する。

    この番組への出演を望んでいるが、「出られない」と嘆く若手の論客は少なくない。


     
    三桂の所属者の名前を挙げる。

    政治学者の姜尚中氏(71)、造園家で東京都市大特別教授の涌井雅之氏(75)、大阪芸術大客員准教授の谷口真由美氏(46)、スポーツジャーナリストの中西哲生氏(51)、ゴルフ解説者のタケ小山氏(57)、アシスタントの橋谷能理子氏(59)、同じく唐橋ユミ氏(46)。

    確かに多い。


    関口氏の身内が多数いるため、番組内で誰かが問題発言をしようが、関口氏が見過ごすと、そのままになってしまいがち。

    8月8日放送分の「週刊御意見番」で張本勲氏(81)がスポーツ界の男女差別を助長する発言をしてしまったケースは典型例に違いない。

    張本氏は東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈選手(20)について「女性でも殴り合いが好きな人いるんだね」などと発言。

    日本ボクシング連盟から抗議された。


     
    SNSを見ると、多くの視聴者も放送中の段階で違和感をおぼえた発言だった。

    出演陣も気づいたはず。

    ところが、関口氏が発言の問題点を認識しなかったため、誰も声を上げなかった。

    報道番組としては痛恨だった。


     
    誤解している人も多いが、『サンモニ』を制作しているのは報道局であり、『新・情報7daysニュースキャスター』などをつくっている情報制作局の管轄ではない。

    『サンモニ』は報道番組なのだ。

    『報道特集』でさまざまな不当な差別への批判を繰り返しておきながら、自分たちが差別を助長する発言を許してしまった。


     
    張本氏の出演に関しては江川紹子氏(63)との摩擦が表面化した2010年5月の段階で見直すべきだったという声がTBS局内には以前からある。


    週刊御意見番コーナーで張本氏と江川氏の意見が対立。

    楽天・岩隈久志投手(当時)が途中降板した件をめぐってのことだった。


    すると番組側は江川氏に出演見合わせを申し入れた。

    これに対し、江川氏は自ら降板した。

    これでは番組が張本氏に忖度したと受け止められても仕方がない。



    https://www.jprime.jp/articles/-/21832?display=b
    所長見解:喝やな・・・


    【【これは喝】『サンデーモーニング』終了危機説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    朝ドラ・NHK「おかえりモネ」が危険水域に…

    朝ドラ視聴率ワースト記録を塗り替える恐れも


    t

    ホンにも難ありか

    清原果耶(19)がヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」に黄信号がともっている。

    “東京編”に入ってから苦戦が鮮明となり、6日の平均世帯視聴率が11.5%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)を記録。

    最近は16%台に甘んじている。

    録画視聴や見逃し配信の普及もあり、視聴者を東京五輪中継に奪われた感じもするが、低調傾向の要因はやはり作品にある。



    芸能評論家の佐々木博之氏がこう言う。

    「当初は主人公の百音を演じる清原さんの表情の乏しさが視聴者の共感を得にくい原因ではないかと分析していました。
    ただ、今の危機的な数字は彼女の演技力不足だけでは説明がつきません。
    百音が天気予報の可能性を知り、気象予報士を目指して合格するあたりまでは楽しく視聴していましたが、彼女がパラリンピック選手のサポートのために『チーム・サメジマ』を立ち上げたあたりから話についていけなくなりました。
    気温や風向き、アスリートの深部体温などマニアックな話が多すぎて理解しにくいし、百音が頼りにしている医師・菅波(坂口健太郎)が抱えている“つらい過去”など、朝ドラとしては話が暗い。
    地球温暖化や異常気象、パラリンピックなどドラマが扱うテーマ自体は今の時代にぴったりですが、制作側がそこにこだわり過ぎるあまり、話がややこしくなっている印象です」



    ■9年前の「純と愛」の数字に限りなく接近か

    コロナ禍対応なのかもしれないが、回想シーンが多くてドラマのテンポも遅い。

    百音はこれから天気予報にまつわるさまざまな経験を積み、培った経験をもとに帰郷して「ただいま! モネです」と地元の人々のために貢献するわけだが、あと2カ月間でこの取り散らかった話をどう回収するつもりなのだろうか。


    「すでにドラマから脱落した視聴者もいるでしょうから、恐らくこれからは『おかえりモネ』が直近の朝ドラのワースト記録を塗り替えるかどうかに話題がシフトしていくことになりそうです。
    前作の『おちょやん』は期間平均で18%台を割りましたが、作品の評価自体はおおむね高かった。
    『おかえりモネ』の平均視聴率はこの調子でいけば、09年度後期の『ウェルかめ』の13%台まではいかないものの、12年度後期の『純と愛』の17%台前半に限りなく近づいていくのではないか。
    そんなふうに見ています」(佐々木博之氏)


     
    NHKも危機を察知したのか、17日から父親役の内野聖陽と、百音と“いい感じ”になりつつある菅波先生がバチバチ火花を散らす展開に。

    ドラマが盛り上がった。

    これからどこまで巻き返すことができるか注目だ。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/eb69c39e76de3c96c9c172e7aceffcca808f16ba


    ▼画像
    https://i.imgur.com/C3pk6ni.jpg
    所長見解:みーちゃん・・・

    【【これはヤバい】NHK・朝ドラ「おかえりモネ」の視聴率がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “低視聴率女王” 吉岡里帆、ドラマがダメなら舞台で… 

    カラダを張った役に注目! 

    『劇団☆新感線』に出演 


    d


    ドラマがダメなら舞台で…

    鈴木亮平(38)は〈汚名返上〉などと報じられている。

    現在放送中の主演ドラマ、日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)が絶好調だからだ。



    11日放送の第2話の世帯視聴率は14.3%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)。

    初回の14.1%から上昇した。

    最終回が5.8%と惨敗した前期の主演ドラマ「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)とは対照的だ。


    「鈴木は面目躍如といったところでしょうが、問題は大コケした『レンアイ漫画家』で共演した吉岡里帆(28)です」(在京キー局関係者)

     
    吉岡といえば、2018年放送の連ドラ「きみが心に棲みついた」(TBS系)に「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)と、主演ドラマの全話平均が立て続けに1ケタと低迷。


    「“低視聴率女王”という汚名を着せられ、その後の出演ドラマもパッとせず……『レンアイ漫画家』でダメ押しといった感じですね。
    これといったスキャンダルもなく、はんなりした癒やし系の吉岡は今後もCMタレントとしてのニーズはあるでしょうが、ドラマとなるとどうか」(前出の在京キー局関係者)


    ニホンモニターの「2021上半期タレントCM起用社数ランキング」によると、吉岡は“どんぎつね”の日清食品など大手ばかり8社のCMに出演。

    ランキングそのものは12位とはいえ、綾瀬はるか(36)や新垣結衣(33)と肩を並べる人気CMタレントだ。



    ■吉岡本人は「アクションもやりたい」

    「ただ、本人は役者として実力をつけていきたいという思いが強い。
    以前から『アクションもやりたい』と話していて、そのために筋トレもやっている頑張り屋。
    おっとりした見た目とは裏腹に身体能力も高いともっぱらですが、いかんせん周囲は、恋愛ドラマで可愛い女性をやらせたがる。
    本人の希望とはギャップがあるようです」(テレビ誌ライター)


     
    それが視聴率が振るわない一因かもしれない。

    芸能ライターのエリザベス松本氏がこう言う。


    「吉岡さんは9月に始まる『劇団☆新感線』の秋公演に出演する予定ですが、いい転機になるかもしれません。
    歌って踊って動き回る新感線の舞台は相当な体力を要求されますが、身体能力が高いのならうってつけです。
    昨年1月に吉岡さんが出演した舞台『FORTUNE』を見ましたが、よく通る声で聞き取りやすいし、やや大きめな演技も、むしろドラマより舞台向きで、本人も舞台の方が好きなんだなと感じました。
    ただの人気CMタレントで終わらず、舞台で役者として花開いてほしいですね」


     
    新感線の秋公演では狐の霊を演じるというが、果たして“どんぎつね”を超えられるか。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/83a4949e742ce957b0a7c81d0194a393a0f53f23
    所長見解:ええやんか・・・

    【【大朗報】吉岡里帆、カラダを張った役ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    田村正和さん死去で『2代目古畑』計画が浮上 本命は阿部寛か


    f


    老若男女問わず愛された田村正和さん(享年77)が鬼籍に入ってから約2カ月。

    田村さんのキャリアを代表する作品の一つが『古畑任三郎』(フジテレビ系)だ。


    「第2、第3シーズンの平均視聴率は25%超を記録するなど国民的ドラマに。
    '06年の『ファイナル』でひとまず完結となりましたが、実は第4シーズンを制作する計画がありました。
    田村さんもさらなる続編制作に前向きだったそうですが、体力的な理由もあって実現にはいたりませんでした。
    昨年には、キャストを一新した『2代目古畑』の制作をフジが計画しているという報道もあり、主演候補の一人としてオダギリジョーさん(45)の名前が挙がっていました」(テレビ局関係者)


    今も続編を望む声が絶えない『古畑』。

    フジテレビに『2代目古畑』計画について尋ねると、「そのような事実はございません」との回答が。

    しかし、あるフジテレビ関係者はこう語る。

    「田村さんの訃報から3日後に追悼番組として『古畑』が放送され、13%超えの高視聴率を記録。
    再放送としては異例の数字です。
    この結果を受けて、上層部でも『2代目古畑』の制作が水面下で本格的に検討され始めたと聞いています」


    『古畑』の脚本を手掛ける三谷幸喜(59)もかねて続編を熱望していた一人だ。

    昨年、三谷は田村さんにこう“ラブコール”を送っている。

    《条件が揃えば、僕はいつでも映像版「古畑」の新作を書く準備は出来ていますよ、田村さん》('20年5月28日『朝日新聞』夕刊)


    田村さん主演での続編はかなわぬ夢となったが、「2代目古畑」として白羽の矢が立った俳優がいるという。阿部寛(56)だ。

    「阿部さんは'11年の映画『ステキな金縛り』で三谷作品に初参加。
    三谷さんならではの脚本と演出にほれ込み、“いつかまた参加したい”と考えていたそうです。
    三谷さんも法廷でタップダンスを踊る型破りな弁護士を完璧に演じきった阿部さんを『日本を代表するコメディアン』と絶賛。
    アドリブ力にもたけた阿部さん主演の作品を描きたいとずっと考えていたといいます。
    そんな関係性からフジ社内でも、“もし『2代目古畑』が実現するとしたら阿部さんを”と推す声が強いそうです」(前出・フジテレビ関係者)


    正統派の二枚目から三枚目まで演じてスターとなった田村さん。

    阿部にも通ずるだけに、古畑ファンとしては期待したいところだが。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/d3526ca0ecd73f167736649e0ceed092317d989e

    所長見解:見たいな・・・
    【【決定】「2代目古畑任三郎」がコチラってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    TBS「サンデーモーニング」を悩ます高齢化問題、打ち切りやリニューアルが現実味


    w


    TBS「サンデーモーニング」(日曜午前8時)の打ち切りや大幅リニューアルが、かねてより囁かれている。

    高視聴率番組だが、観ている人の年齢層が高いからだ。

    TBSは4月以降、4歳から49歳の視聴者を重視すると宣言していたが……。



    「TBSが改革を考えている本命は『サンデーモーニング』ではないか」

    昨秋、「噂の!東京マガジン」(日曜午後1時)のBS-TBSへの引っ越しが他局に伝わると、テレビマンからそんな声が上がった。

    「噂の!東京マガジン」は1989年10月に始まった長寿番組。

    この時間帯トップの毎回8%前後の世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を得てきたが、観ている人の年齢層が高いので、BSへの引っ越しを余儀なくされた。


     
    49歳までの視聴者重視は米国テレビ界で生まれた潮流で「ターゲット戦略」と呼ばれている。

    日米ともに49歳までが消費の中心と考えられているため、スポンサーが歓迎し、CM枠を高値で売りやすい。

    TBSばかりでなく、日本テレビとフジテレビも49歳までの視聴者重視を打ち出している。


     
    TBS報道局が制作している「サンデーモーニング」は情報番組の中で屈指の高い世帯視聴率を誇り、毎回14%前後を得ている。

    けれど年齢別の個人視聴率に目を移すと、やはり年齢層が高い。


     
    なので、局内外から打ち切りや大幅リニューアルが囁かれ始めたわけだ。

    日テレ制作者によると、視聴者層は同局の「シューイチ」(日曜午前7時半)のほうがはるかに若い。

    しかも世帯視聴率は10%を超えており、「サンモニ」を抜くこともある。

    CM販売高は既に上だという。


     
    ターゲット戦略は番組づくりしか考えてこなかった現場の制作マンや、視聴者全体へのサービスを考えるNHK職員などから評判がすこぶる悪い。

    だが、新型コロナ禍やインターネット広告の台頭でCM枠が簡単に売れる時代ではないので、総務省が指導でもしない限り、この流れは止まりそうにない。


    では、なぜ「サンモニ」の視聴者は高齢化したのか。

    出演陣の高齢化は誰にでも思い付くが、固定化も理由に違いない。



    ■6人の平均年齢は61・33歳…

    まず高齢化。

    1987年10月の放送開始時から司会を務める関口宏氏は77歳になる。


     
    コメンテーターに目を移すと、3月7日放送に出演したのは寺島実郎・多摩大学学長(73)、浜田敬子・ビジネスインサイダージャパン元統括編集長(54)、フォトジャーナリスト・安田菜津紀氏(34)、涌井雅之・東京都市大学特別教授(75)、ジャーナリスト・青木理氏(55)。

    全員が準レギュラーと呼べる立場だ。


    6人の平均年齢は61・33歳。

    TBSが定めたターゲットを大きく超えてしまっている。


    高齢化より若い視聴者が遠ざかった理由はコメンテーターの固定化ではないか。

    意見の多様化が強く求められている時代であるにもかかわらず、コメンテーターが固定化されている上、誰かの発言に反論する人が皆無に近いから、意見が画一化していると言わざるを得ない。


     
    コメンテーターは計十数人で、その人たちが毎週入れ替わるだけ。

    新しく加わる人はほぼいない。

    世の中には賢人とされる人が少なくないはずだが、なぜかTBS報道局は十数人にずっと拘り続けている。


     
    また、この日のコメンテーターの涌井氏は、関口氏が会長を務める芸能プロダクション・三桂の所属である。

    やはり準レギュラーと呼べる姜尚中・熊本県立劇場館長もそう。


    三桂の所属者を優先的に出演させるような空気があるのか。

    そうであるなら、忖度と言わざるを得ず、これも番組内の意見の多様化を阻害しているのではないか。


    硬い話をするようだが、放送法は第4条4項で「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」と定めている。

    現代社会の諸問題はすべて意見が複雑に対立していると言って良い。

    それを固定化されたコメンテーターだけで解説するのは無理がある。
    https://www.dailyshincho.jp/article/2021/04180600/?all=1




    所長見解:喝やな・・・

    【【悲報】TBS「サンデーモーニング」打ち切り説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ