西野カナ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手・西野カナが3日、神奈川・横浜アリーナで、活動休止前のラストライブを行ったことを、各スポーツ紙が報じている。

    各紙によると、公演はデビュー10周年イヤーを締めくくる横浜アリーナでの3日間連続コンサートの最終日。

    冒頭、西野は「このライブの後からお休みさせていただくことになったので、とにかくみんなと一つになって、最高の思い出を作りたい」と宣言。

    その後、「会いたくて 会いたくて」、「Daring」、「トリセツ」など、ヒット曲を中心に22曲を熱唱。

    最後の曲「Best Friend」を歌い終えると、こらえていた涙があふれ、両手で顔を覆ってしゃがみこむ場面もあったという。

    西野は先月8日、公式サイトで「期限を決めずにいろいろと挑戦したい」と無期限の活動休止を発表。

    今後については発表されていないが、最後は、「みんなとまた会える日を楽しみに、いろんなことに挑戦したい。また笑顔で会いましょう!みんな、またね!」とファンとの再会を約束。

    「ありがとう」と何度も繰り返し、笑顔でステージを降りたというのだ。

    「このところ、ヒット曲に恵まれず、ワンパターンな歌詞が目立った西野。
    一度しっかりと“充電”して新たなものを生み出そうと、活動休止を決断したのでは。
    すでにたっぷりと稼いでいるが、おそらく、1、2年の小休止になりそう」(音楽業界関係者)

    とはいえ、やはり気になるのは活動休止に至った“真相”だ。

    n


    「16年11月に自身を担当するイケメンマネジャーとの半同棲が報じられたが、すっかりメロメロのようで、一緒にいれる時間がほしかったのではと言われている。
    結婚や妊娠という話はまだ聞こえて来ない」(芸能記者)

    復帰後、かなりリアルなラブソングを世に送り出すかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1679612/

    所長見解:そうなんや・・・

    【【人気歌手】西野カナ、活動休止の真相がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    西野カナが8日、無期限の活動休止を自身のオフィシャルサイトで発表した。

    西野は「いつも応援してくれる皆さんへ」と題して公式サイトを更新すると「2008年にデビューしてから今まで、音楽を通してたくさんの方に出会い、大好きな音楽に囲まれて、最高の20代を過ごすことができました。
    もうすぐ、ずっと楽しみにしていた30代。
    旅行が好きなので、行きたい場所もまだまだありますし、やってみたいこともたくさんあります。
    来月のライブを終えたら一度活動を休止して、期限を決めずに色々と挑戦したいと思っています」と無期限の活動休止期間に入ることを発表。

    最後には「またいつか皆さんの前で歌える日が来るまで、日常の中で音楽を楽しみたいと思っています。
    最後に、こんな私をいつも応援してくれる皆さんに心から感謝の気持ちを伝えたいです。
    ありがとう」とファンへの感謝をつづり締めくくった。

    n


    突然の発表にネット上では

    「信じたくない」
    「嘘だと言ってくれー!」
    「無期限休止とかショック過ぎる」
    「西野カナの曲が聴けなくなるのか」

    といった悲しみのコメントが多数書き込まれたほか、

    「めっちゃビックリしたけど、前向きな休止なんだったらよかった」
    「カナやんの歌大好きだからずっと待ってます」

    など前向きにつづるコメントも多く見られた。

    西野は2月1日~3日にかけて横浜アリーナで開催される「Kana Nishino Love Collection Live 2019」をもって活動休止期間に入る。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15844631/


    所長見解:戻るよ・・・

    【【震えるファン】西野カナ、無期限の活動休止を発表した結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『トリセツ』や『会いたくて会いたくて』などのヒット曲を持ち、自身で作詞や楽曲制作も手掛ける歌手の西野カナ。

    ソロシンガーながらドームツアーを満員にするほどの人気を誇る彼女だが、音楽番組での近影にネット上の一部が騒然となっている。

    12月12日、西野はこの日放送された『2018 FNS歌謡祭 第2夜』(フジテレビ系)に出演。

    同局で放送されている情報番組『めざましテレビ』のテーマソングだった『Darling』と『Have a nice day』をメドレーで披露した。

    西野の髪型は、前髪をすべて上げて後ろで結んだオールバック。

    遮るものなく顔のすべてがあらわになっており、表情の1つ1つまでもがカメラに捉えられていく。

    本日、フジテレビ「FNS歌謡祭 第2夜」に出演させて頂きました

    乃木坂46の白石麻衣さんと裏コラボ

    スタッフ#FNS歌謡祭#白石麻衣#西野カナ#まいやん#カナやん pic.twitter.com/DzWKi0SkPu

    西野カナ (@kanayanofficial) December 12, 2018

    https://platform.twitter.com/widgets.js


    いつもと違う印象に視聴者ソワソワ

    すると、一部の視聴者は西野の顔が気になったようで、ツイッター上には、

    《西野カナちゃんこんな顔だったっけ?》
    《目元がいつもと違う気がする》
    《顔見て、「ん?誰?」ってなって名前見てやっと西野カナって気付いた》
    《西野カナさんお顔いつもと違くない?》
    《誰だか分からない瞬間がある》

    などといった声が。また、

    《メイク変わった?》
    《顔変わった…?髪型のせい?》
    《今日疲れてるのかな》

    など、何が原因かを推測するツイートも見られた。

    「芸能人の顔の印象が変わると、至る所で“整形疑惑”が囁かれるもの。
    女性ソロ歌手でいえば浜崎あゆみがこれにあたり、最近ではSNSやテレビで顔を出すたびに、『またメンテナンスしたのか』『見るたびに別人になってる』と称されています。
    一方、西野は外見こそギャルなものの、『トリセツ』などにも現れているように中身は等身大で自然なスタイル。
    今回もメークや体調によるもので、“イジった”可能性は低いと見ていいでしょう」(芸能ライター)

    大みそかに放送される『第69回NHK紅白歌合戦』のパフォーマンスでは、どんな話題を提供してくれるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1613975/

    no title


    所長見解:こんなんやろ・・・

    【【整形疑惑】西野カナの顔が変わり過ぎた結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の西野カナが、11月25日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に出演。

    自身の作詞法を大公開したのだが、ネット上ではその手法に賛否が別れている。

    n


    この日の同番組は「共感ソング特集」と題し、世の女性が「これ、私のことだ!」と共感するような歌を徹底深掘り。

    若い女性を中心に絶大な支持を誇る西野をゲストに招き、共感される歌詞作りの秘密を聞き出していった。

    多数の「共感ソング」を持つ西野だが、中でも特に有名なのが、2015年リリースの『トリセツ』という楽曲。

    当時から「女心がそのまま表れてる」「分かるけど男からしたら面倒くさい」などと大論争を巻き起こしている同楽曲について、西野は作詞法を赤裸々に公開した。


    したたかな“マーケティング作詞法”

    西野はまず、“企画書”として楽曲のコンセプトや設定を考えだした後、一旦自身で詞を書きだすと告白。

    その後はアンケートや友人への取材を行い、多かった回答や自分の意見を交えながら歌詞に落とし込む“マーケティングリサーチ”手法を採っていると明かしていった。

    統計や聞き込みといった大掛かりな作詞法に、ネット上では驚きの声が続出。

    しかし一方で、

    《ネタ集めてるだけやん》
    《そりゃ多かった回答使えば共感を得られるわな》
    《何か薄っぺらい歌詞だと思ったら自分の経験じゃなかったのかよ…》
    《「トリセツ」を「私のための歌」って言ってる子がめちゃくちゃ多い理由が分かった》
    《共感性のために多かった回答を利用するって、要はウケだけを狙った産業音楽なのね》
    《アーティストなら人がどう思うかより自分の伝えたいことを詞に載せようよ》

    などといった声も目立ち、楽曲同様に“賛否両論”を巻き起こす事態となっている。

    “アーティスト”に対して作家性やクリエイティビティを求めている視聴者は、まるでIT企業のようなヒットさせることを主眼にした“マーケティング作詞法”に裏切られたように感じたのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1591291/

    所長見解:ええやん・・・

    【【批判殺到】西野カナ、「トリセツ」の作詞方法がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ