ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    裁判

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    デヴィ夫人「毛皮のコート破られた」訴訟で完敗 前から裂けていた


    「破られた!」と自信満々だったが
     
    ちょうど2年前、晴れやかなクリスマスイブにデヴィ夫人(79)は怒り心頭だった。

    毛皮のコートをホテルに破られた、と激怒。

    ホテル側を民事提訴したのだが、預ける前から破れていたと法廷で認められ……。


    v


    慰謝料、修理費用など181万8千円の支払いを求め、去る5月に提訴したデヴィ夫人。

    その日、クリスマスパーティに訪れたグランドプリンスホテル高輪のクロークで、4千万円もするというコートの右腕部分を破られた、という話だった。

    「従業員が踏んづけてしまい、それに気づかず持ち上げようとして裂けたんだと思うんです」

    と夫人は、本誌(「週刊新潮」)に怒りをぶちまけていたが、

    「東京地裁より、弊社がデヴィ夫人に支払う損害賠償はないという骨子の和解勧告がなされ、夫人側も受け入れて12月20日、和解が成立しました。
    弊社の主張を全面的に受け入れたものと判断できます」

    と、プリンスホテル広報部。


    たしかに、ホテル側はコートが最初から破損していたと主張していたが、夫人は、ホテルが破っておきながら自分に責任転嫁している、と自信満々だったはず。

    事の経緯をプリンスホテルの関係者が語る。

    「この日、15時31分、夫人は地下1階の宴会場にエスカレーターで降りてきて、32分に受付をすませ、コートを手に会場に入りました。
    コートは会場担当が受け取り、34分にクロークに預けています。
    クロークの担当者はすぐ破損に気づき、会場担当とも連絡をとり、ホテルの責任ではないことを確認のうえ、54分、夫人に破損の旨を伝えました。
    夫人は会場外のロビーで“人的に破かなきゃこうならない”とお怒りでした」

     
    その後、何人もの責任者が説明したものの、夫人の主張は変わらず、

    「ついには“こうやったんじゃないの?”と、感情的にコートを踏んだり引っ張ったりして、最終的に破損は20センチくらいまで広がっていましたよ」

     
    ともあれ、夫人側は提訴。

    ホテル側は、15時31分に夫人がエスカレーターを下る際、すでに右腕部分が裂けている防犯カメラ映像も提出。

    これを裁判所は重視した模様だが、なぜか夫人側は歯牙にもかけず――。

     
    和解したことについて夫人に尋ねると、

    「知らないです。
    まだ、報告を受けていません。
    防犯カメラの映像? 
    あなたにお見せしてもいいです。
    全然切れていませんよ。
    なに言ってるんですか、あなた。
    変な言いがかりつけないでください!」

     
    そう叫んで電話を切ってしまった。

    こうして白を黒、黒を白と主張し通す強さこそが、デヴィ夫人の生命力、突破力の根源なのだろう。


    「週刊新潮」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200113-00601888-shincho-ent

    所長見解:もうね・・・

    【【結果発表】デヴィ夫人「毛皮のコート破られた」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ママタレントとして人気を集めていた木下優樹菜(32)にとって、今年は苦難の年になった。

    「10月に、実の姉が勤務していたタピオカ店のオーナー女性にツイッターで《ウチら怒らせたらどうなるか教えてやろうか?》《事務所総出でやりますね》など、恫喝めいたメッセージを送っていたことが発覚し、ネットで炎上しました」(スポーツ紙記者)

     
    その後、自身のSNSで騒動を謝罪したが、批判はおさまらず、11月18日には所属事務所が当面の間、彼女の芸能活動を自粛させることを発表した。


    y



    高級スーパーで目撃された木下優樹菜

    一部のメディアでは木下が憔悴して激やせしたとも報じられたが、休止を発表した数日後の11月中旬の夕方には、都内の高級スーパーで真逆の姿が目撃されていた。

    「ママ友らしき女性3~4人と買い物をしていましたよ。
    特に落ち込んだ様子もなく、終始、楽しそうに話していました。
    騒動の前からこのスーパーで彼女の姿をよく見ますが、いつもと変わらず、特にやせた印象も受けませんでしたよ」(目撃した女性)

     
    芸能活動ができなくなったショックはあったのだろうが、いつまでも引きずってはいないようだ。

    「スーパーの近くの公園で友達と一緒にお茶を飲みながら立ち話もしていましたよ。
    盛り上がったのか、1時間くらい話していたと思います」(目撃した別の女性)

     
    復帰はいつごろになるのだろうか。

    12月中旬のお昼すぎ、彼女の近況について話を聞くため、都内にある木下の実家を訪れた。

    車に乗って出かける父親に声をかけた。


    ─最近、優樹菜さんと会ったり、連絡をとっていますか?

    「……とっていません」

     
    さらに質問を続けようとすると、車のドアを閉めて走り去ってしまった。

     
    彼女とトラブルになったタピオカ店は、どうなっているかというと……。

    「弁護士を立てているので」

     
    木下の実家を訪れた翌日に行ってみると、平日の昼間にもかかわらず、店内は子ども連れの主婦を中心に満席になるほど繁盛していた。

    「11月に『週刊文春デジタル』で、木下さんが夫の藤本敏史さんと彼女の母親の3人で、オーナー夫婦の自宅に謝罪に訪れたことが報じられました。
    ただ、そのときはオーナー女性が不在で、夫が対応したといいます」(ワイドショー関係者)

     
    改めて謝罪に来たのか、オーナー女性に尋ねてみたが、

    「すいません。もう弁護士を立てているので、私からは何もお答えできません」

    と、すでに取材の窓口になっている弁護士がいると話す。


    ─訴訟も視野に入れているということですか?

    「弁護士に相談しているところから想像していただければと思います」

     
    訴訟を検討していることについて否定はしなかった。

    ただ、窓口になっている弁護士に取材したい旨を伝えても、「名前や連絡先は教えられません」の一点張りだった。

     
    年が明けたら晴れやかな気持ちで、とはいかなそう。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191225-00016842-jprime-ent 

    所長見解:もうね・・・

    【【タピオカ問題】木下優樹菜さん、法廷闘争の模様・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    s



    伊藤詩織さん、イギリスの番組で大はしゃぎ


    所長見解:ほんまや・・・
    【【検証動画】伊藤詩織さん、外国の番組で大はしゃぎの模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女子プロレスラー・ジャガー横田(58)の夫で、医師でタレントとしても活動する、木下博勝氏(51)が、2017年4月から今年8月31日まで務めていた「医療法人社団 颯心会」でパワーハラスメントを繰り返していたと、12月17日の『文春オンライン』が報じた。


    木下氏は東京大学大学院医学系研究科博士課程を修了し、東京大学医学部附属病院第一外科にも勤務したことがあるエリート医師。

    2004年にジャガー横田と結婚し、現在では『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)のレギュラーコメンテーターを務めるなど、テレビに出演する機会も少なくない。

    テレビ番組では「恐妻キャラ」で鬼嫁のジャガー横田に頭が上がらない夫というイメージだが、仕事の現場では違ったようだ。


    『文春オンライン』によると、木下から2年の間、毎日のように怒鳴られ、暴力を振るわることもあったという准看護師は、弁護士と相談し、訴訟の準備を進めているという。

    「また、この2年間で“木下先生とは仕事をしたくない”と言って、ドクター2人、ナース3人、事務員2人が辞めているといいます。
    訴訟の準備を進めている准看護師は、木下氏と新人助手とともに訪問診療に行った際、診療バッグを車のトランクに積んでドアを閉めたら、閉めたときの音が気に食わなかったのか、木下氏が“そういう風に閉めたら耳がおかしくなるだろ”“鼓膜破れたらお前金払えんのか? 医者の給料なんぼだと思ってるんだよ。
    お前、払えると思ってんのか慰謝料”と、恫喝的に声を荒げたといいます」(芸能記者)


    『文春オンライン』では、このほかにも木下氏のパワハラ音声を公開しているため、反響も大きく、木下氏のインスタグラムには

    「本当なら人として最低」
    「医者がそんなに偉いですか?」
    「医師という立場を利用してハラスメントするなんてあり得ません」

    といったコメントが寄せられている。


    「『文春オンライン』の直撃に対し、木下氏の所属事務所は“事実無根”とパワハラを否定しているようです。
    木下氏については『スッキリ』(日本テレビ系)でのトラブルもありましたよね……」(前出の芸能記者)

    y


    ■2014年には沖縄愛人報道!

    朝の情報番組『スッキリ』で、今年2月まで全8回にわたって放送されたジャガー横田と木下氏の息子・大維志くんの中学受験企画。

    昨年7月から密着がスタートしたこの企画は、偏差値41だった大維志くんが「お父さんと同じ外科医になって人を助けたい」という夢を叶えるために偏差値71の超難関校・広尾学園を目指すというもの。

    大維志くんは、「家庭教師のトライ」から派遣された選りすぐりの家庭教師の指導のもと、150日にわたって猛勉強。

    第1志望と第2志望を含む7校の中学には落ちたものの、すべり止めで受験した2校の私立に見事合格したところで密着は終了した。

    この4月から中学生となった大維志くんだが、5月16日発売の『女性セブン』(小学館)が彼の進学先について報じている。

    合格した2校のうちのどちらかに入学すると見られていたが、意外なことに、都内にある公立の中学に入学したという。

    「宿題なし、テストなし、担任なしという新しい教育スタイルで進学率が抜群に高い中学らしく、ジャガー一家は番組で合格を手にした私立ではなく、そちらの公立中学への進学を選んだようです。

    その理由は、番組内で“すべり止め”と連呼したことで、合格した中学の保護者からクレームがあったこと。


    http://dailynewsonline.jp/article/2123944/?page=2
    日刊大衆

    所長見解:第二弾ありそうやね・・・

    【【これは怖い】ジャガー横田の夫・木下医師の「悪質すぎるパワハラ問題と沖縄愛人トラブル」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレント・ビートたけし(72)に弟子入りし、2011年から8年間、運転手を務めた男性(41)が、パワハラによって自律神経失調症を患ったとして事務所「T.Nゴン」などを相手に、1000万円の損害賠償を求めた裁判の第1回弁論が16日、東京地裁(小川理津子裁判官)で開かれた。


    t


    原告側は男性の手帳、日記のコピーを提出。

    被告側は男性の告発を特集した「週刊新潮」を提出した。


    男性の弁護士は「全面的に争う形です。
    時間帯や休日を問わず、メールや電話で叱責(しっせき)、注意されたことを証明する」としている。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17536318/
    スポーツ報知

    所長見解:テレビやんねえな・・・

    【【パワハラ裁判】ビートたけし氏の弟子「全面的に争う」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ