裁判

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ビートたけし、自身の名作を巡る著作権侵害で恩人バンダイを相手に訴訟を起こしていた事が判明


    t


    ビートたけし(74)が、自身の監督作の著作権を巡り、バンダイナムコグループの「バンダイナムコアーツ」を相手取って訴訟を起こしたことが明らかになった。

    なぜ、長らくビジネスを共にしたパートナーともいえる会社を訴えることになったのか――。



    物騒な訴状が東京地裁に提出されたのは今年2月10日のことだった。

    原告は北野武、つまりビートたけしご本人。

    被告と記されたのは「バンダイナムコアーツ」。

    バンダイナムコグループで映像コンテンツの制作などを主とする会社だ。

    古参の映画プロデューサーが、両者の深い縁について明かす。



    「これまでたけしさんの撮った全ての映画をビデオやDVDで販売してきた。
    しかもそのほとんどの作品については出資し、製作者に名を連ねています。
    たけしさんの作品は、評価はともかく、興行的にはそれほど旨味がないのは業界では知られていますが、それでも30年間に亘(わた)って支えてきた。
    たけしさんにとって、大恩ある会社ですね」


     
    その“恩人”をなぜ訴えたのか。

    訴状を見ると、たけしの訴えは以下の通りである。


    「自分は、『HANA-BI』や『座頭市』などの映画15作品について、脚本を書き、監督を務めた『著作権者』である。
    しかし、国内はともかく、これらの海外使用については、許諾を与えていないのに使用され、しかも対価が一切、支払われていない。
    著作権侵害に当たるから、損害賠償せよ――」


     
    だが、たけし映画のほとんどは複数の社が出資し、「製作委員会」などの形を取って製作を担ってきた。

    そして、幹事社として利用の仕方を実際に決めてきたのは「オフィス北野」(現・TAP)である。

    つまり、本来訴えられるべきは同社なのだが、2018年にたけしは森昌行社長と対立して独立、新事務所「T.Nゴン」に移籍した。

    規模縮小を余儀なくされた「オフィス北野」は映画の権利をバンダイナムコアーツに譲渡したため、今回被告となったのだ。

    バンダイナムコアーツ側の主張はこうだ。


    「本件の映画の著作権は、『製作委員会』等にある。
    それは著作権法にも明らかだ。
    万が一、そちらが主張するように、著作権が『北野武』にあるとしても、あなたは当時、幹事社の『オフィス北野』の取締役だった。
    『北野』があなたに無断で利用するなど、信じ難い――」


     
    では、裁判の行方はどうなりそうなのか。

    著作権法に詳しい、金井重彦弁護士は「北野さんが劣勢になる」と言う。

    そもそも映画は監督ではなく、実際にお金を集めた者が権利者になるのが法の規定。

    バンダイは「北野」から権利を引き継いだ18年12月以降については支払いを明言しているが、
    「『北野』の権利を引き継ぐにあたり、それ以前の債権債務まで引き継ぐ契約をしていないでしょうから、以降はともかく、それ以前の使用料までバンダイに寄越せというのは無茶な話です」

     
    当のたけしサイドに訴訟について尋ねてみると、「訴訟係属中のため回答を控えさせていただきます」。

    バンダイナムコアーツも、「北野監督とは第1作以来のお付き合いであり今回のような係争に発展いたしましたことを大変遺憾に思っています」と回答した。


     
    現在の妻と再婚してから金銭面にシビアになったと言われるたけし。

    7月1日発売の週刊新潮では、これまで金にこだわらなかった彼が“変節”したきっかけと言われる「再婚妻」と併せて詳報する。



    「週刊新潮」2021年7月8日号 掲載
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/20453587/

    所長見解:もうあれやな・・・
    【【何でこうなった】ビートたけし氏、恩人を相手に訴訟ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下優樹菜に「3本契約で3億円」本気オファー!?

    一気にデビュー現実味


    s


    昨年7月に芸能界引退を表明したが、個人でモデル活動を徐々に再開させている木下優樹菜が、「3億円訴訟」を起こされた。

    「5月27日、木下がかつて商品のイメージキャラを務めていた『ロハス製薬』などが、木下が起こした〝タピオカ騒動〟でブランドイメージを棄損されたとして、木下、当時の所属事務所、仲介した広告会社の3者に対し、総額約3億円の損害賠償を求める訴訟を起こしたことが分かりました。
    木下の負担分は定かでありませんが、芸能界を去り、収入が激減しているはずの彼女にとって、大きなダメージになりそうです」(芸能記者)

    木下は2010年に『FUJIWARA』藤本敏史と結婚し2女をもうけたが、19年12月に離婚。

    その後、姉が勤務していたタピオカ店に恫喝まがいのメッセージを送っていたことによる「タピオカ騒動」を起こし、昨年7月に突然、芸能界引退を発表した。


    スーパーモデルなみのボディー

    「ただ、昨年9月にはインスタグラムのアカウントを再開し、下着姿の悩殺写真をアップするなどセクシーボディーをアピールしています。
    さらに、今年3月にはヤンキー系ファッションブランド『GALFY』のモデルを務めるなど、活動を再開している印象です。
    とはいえ、フリーで独身のため、巨額訴訟は厳しい戦いになりそう」(同・記者)


    そうした中、木下に目を付けているのが艶系DVD業界だという。

    引退直後からオファーの噂はあったが、ここにきて一気に現実味を帯びているというのだ。

    「元ヤンキーの〝おバカキャラ〟でブレークした木下ですが、実は『三愛』の水着イメージガール出身で身長166センチ、スーパーモデルなみのボディーの持ち主。
    訴訟で窮地に立たされた木下サイドに対し、複数の艶系DVD関係者がデビューへの打診を始めているというのです。
    中には〝3本契約で3億円用意する〟と具体的に提示している関係者もいるそうです」(業界関係者)

    一連のゴタゴタに対する「懺悔」の意味も込めた作品案も出ているという。

    もし木下が首を縦に振ったら爆発的な売れ行きになり、訴訟費用などすぐ回収できるはず。

    あっちの業界にユッキーナ!


    https://weekly-jitsuwa.jp/archives/22092

    所長見解:どやろ・・・

    【【デビューへ】木下優樹菜さんに「3本契約で3億円」ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    韓国裁判所「韓国経済は日本に作ってもらった これが真実」

    → 韓国民泡を吹いてぶっ倒れ大暴れ中



    k



    元徴用工訴訟の却下判決、韓国で波紋…「漢江の奇跡」日本の寄与言及

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e94a622bc770a867d8b1850a55e7b005de8fd030?page=1

    所長見解:もうな・・・

    【【大暴動へ】韓国裁判所さん「韓国経済は日本に作ってもらった これが真実」←結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下優樹菜、3億円の訴訟を起こされる


    2


    昨年7月に芸能界を引退した元タレントの木下優樹菜さん(33)が、イメージモデルを務めていた化粧品ブランド会社「ロハス製薬」などから“タピオカ騒動”によってブランドイメージが毀損されたとして、約3億円の損害賠償を求める民事訴訟を東京地裁に提起されていることが27日、分かった。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/b83121fa3836b4c3cc76b07b435684fe6ac7d0b2

    所長見解:しゃあない・・・

    【【裁判へ】タピオカ優樹菜さん、3億円の訴訟を起こされたってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    出川哲朗、「マリエ告発」をテレビで完全否定! 

    「これから事実が判明」と笑顔で…今後も安泰か


    w


    テレビ業界的には問題ナシということだろうか。

    モデルのマリエがInstagramのライブ配信で告発した“枕営業”騒動。

    未成年だった15年ほど前に、島田紳助氏から枕営業を要求されていたと明かしたほか、その場に同席し、マリエに対し関係を強要するような言葉を発した人物として出川哲朗らの実名も飛び出し、ネットを中心に大きな騒ぎとなった。


     
    これを受けて、出川の所属事務所であるマセキ芸能社は4月9日、「お騒がせしているような事実はないと申しております」と否定。

    マリエは当初、英文で「私は嘘をつきません」と投稿するなど反論する姿勢を見せていたが、同月14日深夜のライブ配信では一転、「告発とかではない」「炎上させるつもりもない」とトーンダウン。

    動画を拡散させた“YouTuber”がマリエの意図に反して事態を大きくしたと弁解していた

    騒動後も変わらずテレビに出演し続けるも、公式発表以外では沈黙を保っていた出川だったが、5月13日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でついに具体的に言及。

    この発言が注目を集めている。


    この日の放送は「芸能人最強名前ランキング」と題し、姓名鑑定士が名前の画数から運勢などの良し悪しを診断、ランキング化して発表するという趣旨だった。
    これにダウンタウン・松本人志が「順位がわかるんでしょ? 絶対てっちゃん悪いでしょ」とイジりだすと、出川は「僕、100%言ってません! 本当に!」と必死で弁明。

    そして笑顔で「これから事実が判明しますから」と予告した。


     
    具体的に何について話しているかは伏せられていたが、マリエの告発騒動の件を指していたのは明白だろう。

    番組では他にも、出川の運勢について「波乱万丈」と発表された際、松本が「俺の知ってるかぎり、てっちゃんにトラブルなんてないけど」とボケた一方で、出川が「まさに今なんですよ!」「それまでは人生、何のトラブルもなく……」と叫ぶ場面もあった。

    また、松本は『ワイドナショー』『ボクらの時代』(フジテレビ系)でも騒動をネタにしたばかりだ。


    「出川サイドが名誉棄損で訴訟を起こす準備に入ったと一部で報じられていましたが、マリエのほうも、問題になったライブ配信の転載動画について著作権侵害として削除依頼するなど、火消しに走っていると見られる動きがあった。
    マリエが今もレプロエンタテインメント所属であることを考えると、マセキとレプロの間で内々に話し合いが持たれ、何らかの決着を見たのでは。


    暴露本か?と話題になった、『かなり衝撃的な内容がたくさん入っている』という自著についても、順調にいけば4月末~5月頭に出版予定としていたものの、その後まったく音沙汰がないことを考えると、マリエが矛を収めたかっこうになったと思われます」(芸能誌記者)

     
    番組冒頭では、騒動について「交通事故」とも形容していた出川。

    結局のところ15年前に何があったのか、出川の言う「これから判明する事実」はいつ明らかになるのか、気になる点は多いが、今回の放送ではっきりしたのは、出川が今後も安泰だということだろう。



    https://www.cyzo.com/2021/05/post_278523_entry.html

    所長見解:そうなるわな・・・

    【【マリエ暴露問題】出川哲朗氏、完全勝利の模様wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ