ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    裁判

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年の事務所独立騒動につづき、今年6月には糟糠の妻との離婚が明らかになるなど、ビートたけし(72)の「異変」が立て続けに取り沙汰されている。

    背景には、現事務所の取締役で18歳年下の愛人・横井喜代子氏(仮名)による“洗脳”があるとされる。

    たけしの運転手を務めてきた人物が、実名で告発する。


    b


    「私は7月30日にたけしさんの運転手を辞めました。
    殿をロールス・ロイスの白いファントムに乗せて仕事現場に送迎することも、もうありません」

    と証言するのは、2010年に弟子入りし、翌年6月から今年7月までの8年間、たけしの運転手を務めてきた石塚康介さん(41)である。

    石塚さんは、横井氏のパワハラによって自律神経失調症を患ったとして、彼女と事務所の「T.Nゴン」を相手に、1000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

    13年にたけしが横井氏と出会って以降、スタイリストやマネージャーなど、多くの人がたけしの元を去って行った。

    「今回、私がこうして声をあげることで、彼女に苦しめられながらも沈黙せざるを得なかった人たちが、私に続いてくれたらなと思っています。
    そして世間の人に、殿を変えてしまった彼女の真実を知ってもらえれば幸いです」

     
    石塚さんによれば「横井さんは『自分の思うがまま』にならないと気がすまない」。

    たけしの仕事に口を出すようになったほか、オフィス北野のマネージャーやタレントの給料を調べ、“あなた会社に金を取られているだけなんじゃないの”とたけしに吹き込むこともあったという。

     
    運転手を務めていた石塚さんも、横井氏の監視下に置かれることに。

    待機や連絡の指示など、過剰なまでの“管理”がなされ、「事務所で待機していてやることがなかったので、ロールス・ロイスの給油に行こうとすると、それを横井さんが防犯カメラで監視していて、すぐに電話してきて『私に連絡してから行け』と言ってきたことも」

     
    深夜の連絡、休日であっても待機を強いられるといったパワハラ行為は加速。

    我慢の限界を迎えた石塚さんは、横井氏と口論になったことをきっかけに、辞意を告げる。

    その場にはたけしも同席していたが、「殿は終始無言でした」。

     
    橋本マナミに嫉妬し“共演NG”にした――など、横井氏の「真実」をつぎつぎと明かす石塚さん。

    11月14日発売の週刊新潮でくわしく報じる。


    「週刊新潮」2019年11月21日号 掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191113-00592630-shincho-ent

    所長見解:あれやね・・・
    【【実名告発】ビートたけしの元運転手、パワハラ被害で提訴の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「羽賀さんはスタッフとして、配膳などを担当していました。
    “身バレ” を警戒してか、黒いマスクを着用。
    それでも『ありがとうございます』『いらっしゃいませ』と、大声で接客していました」(店を訪れた客)


    b

    詐欺、恐喝未遂容疑で逮捕され、2013年に懲役6年の実刑で沖縄刑務所に服役していた羽賀研二(58・本名=當眞美喜男)を、沖縄県内で発見。

    羽賀は、服役中に民事訴訟を起こされ、約4億円の負債を負った。

    さらに今春に出所予定だったが、1月に強制執行妨害容疑で、再び逮捕された。


    「羽賀は複数のビルのオーナーになっていて、差押さえを逃れるため、それらの物件の名義を元妻に変更していた容疑で逮捕、起訴されました。
    現在、裁判を抱えていますが、保釈中の身です」(芸能記者)



    出所目前に刑務所内で再び逮捕され、経済的に追いつめられるなか、飲食店従業員として働く羽賀。

    「店は去年オープン。
    羽賀さんは今年の春ごろから、従業員として働いています。
    帰り際に『羽賀さんですよね』と声をかけたら、『いえ、よく似ていると言われるんです』と。


    あとで店長に聞いたら『本名の當眞美喜男で働いてますから、そっとしておいてください』と言われました」(常連客)


    再び実刑判決の可能性は高く、再起は遠いーー。


    ※画像がコチラ


    https://news.livedoor.com/article/detail/17343835/
    Smart FLASH

    所長見解:イケメンやな・・・

    【【あの人は今】羽賀研二さん、沖縄でバイトの模様・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    時事ドットコム(時事通信ニュース)@jijicom

    【速報】

    NHKは受信料の支払いを求めてN国党の立花党首を東京地裁に提訴した


    n


    https://twitter.com/jijicom/status/1188699672958754817

    所長見解:どうなるんやろ・・・

    【【宣戦布告】NHK、N国の立花孝志党首を受信料未払いで提訴ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われた元俳優新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)被告(40)の第3回公判が23日、東京地裁で開かれ、検察側は懲役5年を求刑した。

    新井被告は最終意見陳述で色をなして女性の主張に反論。

    改めて無罪を訴え結審した。

    判決は12月2日に言い渡される


    p

     
    計3回に及ぶ審理の最後の最後に初めて感情をむき出しにした。

    滝岡俊文裁判長に「最後に言いたいことは?」と求められた新井被告は「一つだけ思ったことを言います」と、怒気を帯びた声で訴え始めた。

     
    反論したのは、被害女性がこの日、文書で地裁に提出した意見陳述書の一部。

    事件当時の状況を「(新井被告に)何をされるか分からなくて思考停止し、抵抗できなかった」とする記述に対し「今まで裁判でずっと“抵抗した”と言ってきたのに、陳述書で“抵抗できなかった”に変わっているのはおかしい」と声を荒らげた。

     
    先月26日の被告人質問では「私」のことを「うち」と言って語気をやや強めるシーンはあったが、全体を通じて淡々とした答弁が印象的だった。

    この日は対照的に、女性の意見陳述書が読まれている間に顔をしかめたり、ため息をつくなど、言葉だけでなく感情を幾度も表に出した。

    示談の可能性が消えたこともその変化に影響したとみられる。

    新井被告は事件後に1000万円、起訴直前に2000万円で示談を求め、いずれも拒否された。

    女性は意見陳述書で「裁判で反省する姿を見てからでも(示談は)遅くはないと思っていた。
    しかし心の底からの謝罪がなかった。
    正当かつ厳しい処罰が下ることを望んでいる」と、裁判中に示談に応じる構えがあったが、それを取りやめたことを主張。

    新井被告としては示談の望みが断たれただけに、最後の最後になって無罪を強硬に主張したとみられる。

     
    検察側は論告で「(事件現場の)部屋は暗く、体格差もあり、物理的心理的に拒絶は困難だった」と指摘。

    「身勝手かつ自己中心的で、不合理な主張に終始している」として懲役5年を求刑。

    弁護側は、新井被告が女性の抵抗を著しく困難にする暴行はしておらず「罪に問われる要件は満たしていない」と改めて無罪を主張した。

     
    《実刑判決の確率8割》
    元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は「強制性交罪の量刑は5年以上の有期懲役。
    示談成立など、よほどの情状酌量がなければほぼ実刑判決が下る」と指摘。
    被害女性が意見陳述書で示談に応じる構えがないことを訴えており「実刑判決の確率は8割」との見方を示した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000097-spnannex-ent

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20191024-00000097-spnannex-000-2-view.jpg

    所長見解:あかんな・・・

    【【暴行事件】新井浩文被告ブチ切れ反論「一つだけ思ったことを言います」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ユッキーナ「恫喝DM」で訴訟危機 実姉が勤務の店が告発・営業妨害で法的措置も
     
    好感度のメッキがはがれたばかりか、営業妨害で訴えられる!? 

    タレントの木下優樹菜(31)が、実姉が勤務しトラブルになっているタピオカドリンク店「#ALLRIGHT(ハート)」(以下A店)の関係者に対し、恫喝めいたダイレクトメッセージ(DM)を送っていたことが判明した。

    現在ネット上で大炎上しており、木下は9日、自身のインスタグラムに謝罪文を出す騒動になっている。

    いったい何がどうなっているのか。

    本紙が同店を直撃したところ、関係者から怒りの告発が飛び出した――。 

     
    DMの文面は、木下が芸能界入りする前の“やんちゃ時代”をほうふつとさせた。 

    「出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」

    「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー」

    「色々頭悪すぎな」 

     
    これがA店の関係者X氏へのDMの一部だ。 


    y
     

    さらに今月6日のインスタグラムでは「(姉は)給料もちゃんともらえず、、給料明細までもらえず、、、」「お姉ちゃんは、盗んだ犯人みたいな扱いされたり」「もうお店には行かなくて大丈夫です」などと記した(現在は削除)。 

     
    以前は同店の宣伝までしていた木下。

    それが姉Y氏に給料が支払われず、揚げ句泥棒扱いされたと一方的に怒り、攻撃を始めたことで、木下の支持者とみられるユーザーが追従。

    A店はバッシングの雨アラレとなってしまった。 

     
    ところが、だ。

    同店を知る人物がツイッターで木下の“恫喝DM”をさらすと、一気に風向きが変わってしまった。

    炎上の火の粉は木下自身に降り注ぎ、9日には「この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪に追い込まれたのだった。 

     
    芸能関係者が言う。 

    「木下は『好きなママタレントランキング』でトップ10の常連。
    でも、今回の騒動で本性があらわになった格好ですね」 

     
    いったい何がどうなっているのか。本紙がA店関係者X氏を直撃すると――。 

     
    まず、前提となるのがY氏とX氏が幼稚園のママ友ということだ。 

    「Yさんが家庭の事情で悩んでいたので、気晴らしに7月20日にオープンするタピオカ店を手伝う?とお誘いしたわけです。
    あくまでスタッフという位置づけでした」 

     
    しかし、木下姉妹は出資も何もしていないのに、なぜか共同経営者と錯覚してしまう。 

     
    また、一連の対立には次のように反論する。

    まずは給料とその明細について。 

    「7月分はお支払いしました。
    『8月と9月の分をお支払いするのでお店に来てほしい』と伝えたのですが、来店しないので、9月30日付で口座に振り込んだのです。
    明細も『郵送しますね』と伝えたら『わかりました』と返答があったので郵送しました」 

     
    Y氏が「犯人」にされたとする経緯はこうだ。 

    「『食品衛生責任者』のプレートがなくなったんです。
    それを警察に相談したところ『まずは合鍵を持っている方に確認して』と言われたので、Yさんに聞くと『犯人扱いされた』と」 

     
    すると、恫喝DMが木下から来たからX氏は仰天。

    「ビックリしました。ひどい。あんな文面に返信するはずがない」 

     
    お店には写真を勝手に撮る者が現れ、ネット上には「つぶれればいい」「何もなければいいけど」という不穏な書き込みであふれた。

    そのためA店をしばらく閉めたという。

    X氏は体調を崩してしまった。 

    「完全な営業妨害です。
    いくら削除済みとはいえ、被害は大きい。
    お店をオープンするのは大変だったのに…。
    木下さんから謝罪のDMが来たが、その内容も『第三者にしゃべるな』などあまりに一方的。
    だいたい、DM1本で終わる話なのか。
    私は、法的措置も考えていますよ」 

     
    本紙は木下の所属事務所にコメントを求めたが回答はなかった。 


    店側に木下優樹菜公式アカウントが送った脅迫DM

    no title

    no title

    no title


    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6339164

    所長見解:盛り上がってるな・・・
    【【タピオカ騒動】木下優樹菜さん「事務所総出でいくよ。ばばあが。週刊誌動かすよ?おばたん」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ