ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:裁判

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title



    映画のキャッチコピーは、「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。」だ。
    “37分間の安っぽいゾンビ映画” が終わったその後に「何かが起こる」というのがこの映画の肝だが、社会現象ともいえる熱狂のなか、監督と原作者の間にも「何かが起きていた」とは、誰も思いもよらなかったであろうーー。

    「映画の評判は、僕も周囲から聞いていました。
    そんなとき、過去に僕が主宰していた劇団の後輩から『あれ、先輩の作品が原作ですよ。
    知らなかったんですか?』と言われて、初めてその映画が、僕の演出した舞台『GHOST IN THE BOX!』(以下『GHOST』)をもとに作られたことを知ったんです」

    そう語るのは、2011年から2014年まで劇団「PEACE」を主宰していた和田亮一氏(32)。彼の言う“映画”とは、『カメラを止めるな!』のことだ。

    6月23日にわずか都内2館で公開されて以降、口コミを中心に評判が広がり続け、累計上映館数が全国190館(8月17日現在)を突破。
    役所広司ら、芸能人がこぞって絶賛し、上田慎一郎監督(34)の巧みな構成を称賛する声が多い。

    「製作費は300万円といわれているが、興行収入10億円突破は確実」(映画業界関係者)

    まさに破竹の勢いの『カメラを止めるな!』だが、映画を観た和田氏は、こんな複雑な感情を抱いたという。

    「構成は完全に自分の作品だと感じました。
    この映画で特に称賛されているのは、構成の部分。
    前半で劇中劇を見せて、後半でその舞台裏を見せて回収する、という構成は僕の舞台とまったく一緒。

    前半で起こる数々のトラブルをその都度、役者がアドリブで回避していくのもそう。
    舞台が廃墟で、そこで、かつて人体実験がおこなわれていたという設定も一緒ですし、『カメラは止めない!』というセリフは、僕の舞台にもあるんです」

    本誌もDVDに収められた『GHOST』の映像を見たところ、多数の類似点が見受けられた。

    『GHOST』は、和田氏が企画して二部構成のプロットを考案し、A氏とともに演劇の脚本として完成させたもの(舞台上演時は脚本がA氏、演出が和田氏)。
    和田氏も原作者だ。
    2011年の初演が好評を博し、2013年に再演。
    再演時には上田監督も観に来ていた。

    しかし、2014年に和田氏の劇団は解散。
    2015年になって、上田監督がかねてより交流のあった「PEACE」の元劇団員のB氏と接触し、『GHOST』の映画化を企画。
    上田監督はA氏に映画用の脚本執筆を依頼したが、このプロジェクトは頓挫した。

    その後、2016年に上田監督は『カメラを止めるな!』のプロデューサーの市橋浩治氏から長編映画の製作を持ちかけられる。
    すると、上田監督はなんの権限も持たないB氏に「『GHOST』の映画版をやりたい」と伝えたという。

    「Bに伝えたことで、映画化の許諾を取ったつもりだったのでしょうか。
    上田監督は大幅にAの脚本を書き直したことで、『これは自分のオリジナルストーリー』と主張していますが、構成や大まかな設定部分は完全にそのまま。
    公開当初のクレジットにAとBの名前こそ入っていましたが、原作の表記や劇団名、作品名は入っていません」(和田氏)

    A氏もこう語る。

    「上田監督からは事後報告の形で『名前を入れました』と連絡がありました。
    しかし、脚本を書き直して映画化する過程で、許諾を取る類いの連絡はありませんでした。公開されたいま思うと、原作として和田さんと私のクレジットがないのは疑問に思います」

    こうして完成した『カメラを止めるな!』は、2017年11月に初めて一般公開された。
    公開後も、監督から劇団関係者への連絡はいっさいなかったという。

    「弁護士に、双方の作品を見比べてもらったうえで相談したところ、類似点の多さや、Aの脚本をもとに書き直したものであるのに原作の表記がないこと、原作者である僕やAの許諾を取らなかったことなどから『これは著作権の侵害だ』と。
    現在、訴訟の準備を進めています」(和田氏)

    本誌が上田監督及び市橋プロデューサーに、本件に関する事実確認を求めると、「弊社といたしまして、本映画において舞台(『GHOST』)に対する著作権侵害がなされている認識はございません。

    以下ソース先で


    SmartFLASH
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180821-00010001-flash-peo


    所長見解:あらら・・・

    【【大人気映画】「カメラを止めるな!」はパクリ ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「大迫半端ないって」は商標登録済み Tシャツ作った男性、類似品に思い複雑

    no title


    サッカー日本代表のFW大迫勇也(28)を称賛する言葉で、“流行語”になっている「大迫半端ないって」が4年前に商標登録されていたことが23日、分かった。
    大阪府東大阪市の会社員、塩崎裕也氏(32)が2014年4月に「OSAKO HANPA NAITTE」として特許庁に出願し、同10月24日付で登録された。

    「大迫半端ないって」は09年1月の全国高校サッカー選手権で、鹿児島城西高の大迫のプレーに驚がくした対戦相手の選手が敗戦後、大迫を泣きながら称賛した言葉。
    アパレル会社でTシャツなどを作っている塩崎氏は、Tシャツにプリントする言葉を探している中で知ったという。
    「ネットで見つけて、これは面白いと思った。商標の勉強をしている最中でもあったので出願した」と明かす。

    14年のブラジル大会を前に「OSAKO HANPA NAITTE」の文字と、絶叫する相手選手のイラストを描いたTシャツを約200枚作り、インターネット上で販売。
    1枚4200円(税込み)で、今大会が始まるまでに約150枚が売れた。
    残っていた50枚は19日の日本―コロンビア戦後、あっという間に売り切れたそうで、塩崎氏は「ブームの凄さに驚いた」と語る。

    一方「大迫半端ないって」の言葉をプリントしたTシャツはこれ以外にも出回っており、中には数千枚を売り上げたものもある。
    識者によると、「OSAKO HANPA NAITTE」の商標権を持っていれば、呼び方が同一のもの全てに権利が及ぶ可能性があるという。
    塩崎氏は「僕としては200枚売れたら十分と思っていたのですが…。数千枚売れたものがあると聞くと、商標権を持っている人間としては複雑」と話している。

    ▼ボーダーズ国際特許事務所所長・小暮君平弁理士 商標権で大切なのは誰が一番先に出願したか。
    今回の場合、塩崎氏が衣類などで使う権利を持っているため、ほかの人が「大迫半端ないって」という表記を衣類で使用した場合、問題になる可能性がある。
    ただし、イラストについては今回、商標権の対象となっておらず、著作権が発生している可能性がある。

    https://www.sponichi.co.jp/society/news/2018/06/24/kiji/20180623s00042000574000c.html


    所長見解:なんかね・・・

    【【サッカーW杯】「大迫半端ないって」は商標登録済みってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「自分から真実を伝えなければと思った」

    15日、初のテレビインタビューでこう語った「紀州のドン・ファン」こと、会社経営者の野崎幸助氏(享年77)の若妻(22)。
    野崎氏の不審死事件が発覚して以来、テレビのワイドショーは連日のように妻の動向を報道。
    あまりの過熱ぶりに代理人を務める弁護士が「慎重な対応をしてほしい」と各社に呼びかけたほどだ。
    妻は一体なぜ、急にテレビ取材をOKしたのか。

    「あることないこと書かれて(マスコミに)追いかけ回されている」
    「自分の言葉で伝えなきゃと思った」

    d


    約60分に及んだフジテレビ系「バイキング」のインタビュー。
    妻は取材に応じた理由を淡々と語り始めるとともに、野崎氏が死亡した先月24日の行動や夫婦生活についても言及。
    「(私が)社長を殺すなんて絶対にない」と“潔白”を訴えた。
    フジは午後4時50分からの「プライムニュース」でも、75分に及ぶ同じ内容のインタビューを報じた。

    この日はフジ以外の局でも、いつものように「ドン・ファン」ネタを扱っていたが、これまでと違っていたのは、妻の言動にあまり踏み込んでいなかったことだ。
    事件が長期化する様相を見せているとはいえ、一体どうしたのか。

    「名誉毀損などで損害賠償請求されないよう予防線を張り始めたのだと思う。
    事件発覚から20日間以上経ち、冷静に事件を見るようになったのでしょう。
    初めから奥さんを『クロ』のごとく扱い、追い回していたのは明らかに行き過ぎでしたから。
    テレビ業界では、インタビュー登場は奥さんの“反撃開始”なんて冗談も出ていますよ」(民放関係者)

    実際に訴訟リスクはあるのか。
    民事事件に詳しい浦上総合法律事務所の浦上俊一弁護士がこう言う。

    「一般論ですが、『犯人だ』などと断定した表現が今までの報道にあれば、名誉毀損に当たる恐れがあります。
    ただ、マスコミ側に不法侵入などの明確な違法行為がないのであれば、民事上の損害賠償は難しいでしょう」

    コトの顛末次第では巨額賠償なんて事態も起きかねない。
    テレビ局は戦々恐々ではないか。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14876868/


    所長見解:どうなるのかね・・・

    【【犯人扱い】紀州のドン・ファン妻が反撃開始ってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    元夫で俳優の船越英一郎から名誉毀損で刑事告訴されているタレントの松居一代が3日、ブログを更新。
    「両親も苦しんでいます」のタイトルで、悲痛な思いをつづった。

    m


    ファンからの励ましに感謝を示す一方で、「ストレスはあたしだけではないんですよ」と告白。
    両親の近況について「滋賀県に住む90才のおとうちゃん 87才のおかあちゃんは2人で暮らしています。
    その両親にも刑事告訴による強いストレスがかかっています。
    おかあちゃんは眠れなくなってしまい…
    導眠剤がこれまでの倍の量になってしまいました」とした。

    松居は昨年、船越の所属事務所・ホリプロから名誉毀損の民事訴訟を起こされ、5月16日に和解が成立。
    その後、船越から告訴された。
    「元夫は『自分の両親だと思って大切にします』と話していました。
    ところが、離婚したのに刑事告訴です。
    酷いことです。
    両親は苦しんでいるのですから…」と訴えた。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180603-00000074-dal-ent


    所長見解:いやはや・・・

    【【自業自得】松居一代 元夫・船越の刑事告訴に「両親も苦しんでいます」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    5月28日に新たな公式サイトを開設し、新事務所への移籍を発表した歌手広瀬香美(52)に対し5月31日、これまでマネジメントをしていた事務所「オフィスサーティー」が、公式サイトで「広瀬香美」の芸名使用禁止を求めていることを発表した。

    h


    この日、オフィスサーティーはHPで「弊社に許可を得ることなく、新事務所に移りました」と、一方的な独立発表だったと説明。
    また「広瀬香美は弊社代表取締役が命名した芸名であり、使用権限は、弊社及び代表取締役に帰属し、弊社所属アーティストとしての活動以外には広瀬香美の芸名を使用できません」とした。

    さらに、芸名を使用した芸能活動には損害賠償請求を含め厳しい対応をとるとしている。
    同事務所によると、広瀬がデビューした際、事務所退所の際は芸名を使用しない約束を文書で交わしていたという。

    これに対し、広瀬はこの日夜ツイッターを更新し、「広瀬香美としての活動は今まで通り続けていきますので心配しないでくださいね」と宣言した。
    今後、芸名使用をめぐって泥沼化となりそうだ。

    広瀬は92年にデビュー。
    93年に「ロマンスの神様」がヒットし、98年のベスト盤は200万枚を超える大ヒットとなった。


    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806010000099.html

    所長見解:もめるよね・・・

    【【泥沼闘争へ】広瀬香美が事務所移籍で「広瀬香美」使用禁止 ←これwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ