裁判

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下優樹菜さん、SNSで続く暴言に「情報開示」

    元タレントの木下優樹菜さん(32)が、現在もSNS上で一部から「死ね」などといった暴言があるとし、「全部情報開示」と法的措置をとる意向を示した。


    no title


    木下さんは27日、インスタグラムのストーリーズを更新。

    「朝から悲しい」と書き出し、「こんなに辛いのに生きてるってなんだろう。
    とかなんで生きなきゃいけないんだろうとか、ふとした瞬間にもうぜんぶやーめた。
    つかれた。
    てどうしようもないきもちになるんだこれはこういうふうになった人にしかわからない。
    あの恐怖の感情 いや。
    恐怖すらかんじないかな」と経験した思いをつづった。


    「でも今些細な事で生きててよかったー!!!!て思える事たくさん増えたから」という木下さん。

    「前からもだし、新しいアカウントになってからも来るけどさ、死にたいとか。
    見て優樹菜を」と、苦しい状況にいるファンに呼びかけるとともに、「いまだに死ねだとかたまぁに言ってくる可哀想な人いるけどさ、全部情報開示 以上」とつづった。


    木下さんは昨年11月、実姉が勤務してたタピオカ店の店長に暴言と受け取れるDMを送ったことなどをきっかけにして芸能活動を自粛。

    今年の7月1日芸能活動再開を発表したが、そのわずか5日後の6日に芸能界からの引退を発表した。

    引退とともに500万人のフォロワーがいたインスタグラムをはじめSNSのアカウントはすべて削除し、新アカウントを9月1日に開設した。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/e6d53dd5d634622e58b892e988f2e334050bf13a

    所長見解:すごいな・・・

    【【反撃開始】木下優樹菜さん、SNSで続く暴言に「情報開示」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下優樹菜といえば、例のタピオカ騒動により、テレビの世界から消えたが、旦那であるフジモンはそれをネタにしてテレビに出演するという強いハートの持ち主だったりもします。

    そんな彼女ですが、その後どうなったのか、全く情報がないわけですが、どうやら新しいインスタを開設しているようです。



    r


    木下優樹菜の新しいインスタ

    ということで、今回なんとあの木下優樹菜さんの、公式?インスタグラムが発見されております。

    そもそも木下優樹菜さんは、プラチナムプロダクションに所属していたが、2020年7月6日に解雇。

    一時期は、復帰も目論まれたが断念した経緯がある。


    そのインスタグラムがこちら

    なんと、まさにあの木下優樹菜さん。

    このインスタ開設を機に、なんらかの形で芸能界に復帰したいという希望があるように感じます。

    コメントもわりと盛況のようで、このままアカウントが浸透していけば、ある意味これが本当のオフィシャルアカウントとなり、事務所なくして発信力を高めていけるのかもしれません。

    なんと現在フリーになった彼女、しかしながら今までと変わらない、ヤンキーな風貌は健在。

    つまりあまり劣化せず、そのままの状態であることが明らかに。

    このような状況下、通常であれば一旦、おとなしくなるような気もするが、そうでは無く、通常モードの木下優樹菜さんです。

    縦読み騒動で大炎上した彼女ですが今後の彼女がどうなっていくのか期待したいものです。


    no title

    no title


    https://yukawanet.com/archives/kinoshita202093.html

    所長見解:やはり・・・

    【【画像あり】木下優樹菜さん(32)の最新の顔が衝撃的な模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    元タレントの木下優樹菜がInstagramとTikTokのアカウントを開設したと、話題になっている。

    今年7月に芸能界を引退した木下優樹菜は、引退と同時にインスタアカウントも消していたが、新たなアカウントを作りファンと交流しているようだ。
     
    なりすましの可能性もゼロではないが、すでに多くのファンがフォローし「お帰りなさい!」「戻ってきてくれると信じてました」など温かいコメントが寄せられている。

     

    アイコンは金髪の木下の写真で、最近のもののようだ。

    プロフィールには「yukina 優樹菜」とあり英語で「人生に正解なんてない」と記されている。

    記載されている。初投稿は9月1日で、友人の赤ちゃんを抱く自身の短い動画と、ファンへの感謝の気持ちを綴った。


    <木下組(※木下のファンの愛称)のみんなへ(ハート)
    会いたいとずっとずっと思ってくれていたり
    ずーっと優樹菜を想ってくれたり動画を作ってくれたりしてくれて見ました
    ゆきなの周りのみんなと話し合って
    木下組とリモートで会う事にしたよーーー>
     

    2日には、三つ編みをした自撮り写真を投稿。

    <#リモート集会#計画中>というハッシュタグも付けており、本気で木下組のリモート集会をやる気のようだ。
     
    木下はストーリーズも更新し、「みんなのタグ付けとかコメントとか愛すぎて泣けるぜ!!!!!! 最強かよっ(ハート)」とファンへの感謝を綴っている。


    y


    木下優樹菜の裁判スタート、YouTube配信もあり得る?

    一方、穏やかでない話も進行中だ。

    木下優樹菜の引退のきっかけの一つとなった“恫喝DM”だが、姉の勤めていたタピオカ店は木下に営業を妨害されたとして損害賠償の支払いを求めており、その第1回口頭弁論が今月2日に東京地裁で行われている。

     
    一般的には、裁判が終わるまで表立った動きは難しいと思われるが、いまどきは揉め事を配信するYouTuberの人気も高い。

    もし木下がYouTubeデビューを検討しているとすれば、この騒動をネタにすれば話題性が高いことは疑うべくもない。

    もっとも、モラルの問題はあるが。

     
    ただ木下がYouTuberとして活動再開する可能性は、かねてより囁かれている。

    そもそも彼女自身は、タピオカ店のDM恫喝騒動で芸能界を引退する気などなかっただろう。

    7月には一度、活動復帰を宣言していたのだ。

     
    しかし本人の希望通り活動再開を発表した約1週間後に、事態は一転。

    当時所属していたプラチナムプロダクションは、木下との契約終了と彼女の芸能界引退を報告した。

     
    事務所の発表した文書には<今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため>と意味深な記載があったことから、週刊誌を始め多くのメディアが動き、木下の複数人との不倫が報じられることとなった。

     
    こうした経緯を鑑みれば、木下にとって芸能界引退は本意ではなく、心残りだろう。

    彼女へのバッシングは未だ凄まじいものがあるが、同時に彼女のファンも確かにいる。

    そして、宮迫博之やカジサックがYouTubeで新たなファン層を獲得したように、木下もテレビタレント時代はアプローチできなかったユーザーに“刺さる”可能性は大いにある。

    良くも悪くも、テレビ的にはNGとされたタレントでもウケる土壌がそこにはあるのだ。

    チャンネルのスタートもそう遠くはないのではないだろうか。


    https://wezz-y.com/archives/80728

    所長見解:やっぱり・・・

    【【朗報】木下優樹菜さんがインスタ再開ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「最近、杏さんが前向きな理由は、離婚成立だけではありません。
    杏さんの個人事務所の社長を務めているA子さんとの骨肉裁判に、ようやく終止符が打たれたからでもあるんです」(芸能関係者)

     
    3年間続いたその争いは、まさかの和解という形で終結を迎えたのだ。

    和解は、東出との離婚とほぼ同時期に成立している。

    和解調書などは開示されていないが、長く続いた家族の不幸は、杏がいくつもの関係を手放したことで、ようやく終着点を見たのだ。

     
    骨肉裁判の内容に触れるには、まず複雑怪奇な家族模様を振り返る必要がある。

    杏は1986年に渡辺とA子さんの間に生まれた。

    兄弟は、2つ年上の俳優・大(36才)。

    杏が誕生した翌年、渡辺は、NHKの大河ドラマ史上最高の視聴率をたたき出した『独眼竜政宗』の主役を演じきり、一気に人気俳優の仲間入りを果たす。

     
    ところが、杏が3才のとき、渡辺は急性骨髄性白血病を発症。

    主演するはずの映画を降板し、闘病生活に入るが、1993年に再び大河ドラマで主演し、完全復活。

    ところが翌年に再発し、1995年に2度目の復活を果たす。

    この頃のことは、すでに小学生になっていた杏もしっかりと覚えているだろう。

    その後数年は、杏は渡辺の娘として、可能性に満ちた未来に向けて歩んでいた。



    突如、関係に亀裂が

    しかし2002年に家族の瓦解が始まる。

    両親が別居し、7月には、渡辺が「離婚成立」と「子供の親権」を求めて、A子さんを提訴したのだ。

    高校生となった杏は、父親が母親を訴えるという、信じがたい事態を目の当たりにすることになる。

    さらに、裁判が進むにつれ、知りたくもなかった両親の姿に向き合うしかなくなっていくのだった。

    「裁判の過程で、A子さんが、杏さんの同級生の保護者を含む知人50人から、約2億円もの借金をしていたこと、同時期に、心酔していた宗教団体に、約2億5000万円の大金を振り込んでいたことがわかったのです。
    渡辺さんが離婚を求めた理由は、この借金でした」(前出・芸能関係者)

     
    母親が、自分の友達の親から金を借りていた──これだけでも思春期の子供の心は揺れ動く。

    だが、子さんも黙ってはいなかった。

    その反撃は、杏の心をないがしろにするものだった。

    「A子さん側の代理人弁護士は、渡辺さんの不倫疑惑を問いただしたのです。
    そのときには、9人の女優の実名も挙げられました」(前出・芸能関係者)

     
    不倫をする父、借金をする母。

    外からは理想的な家庭に見えていた渡辺家は瞬く間に崩壊していった。


    y


    普通に進めば杏が勝訴

    A子さんが求めていたのは、杏が個人事務所の従業員であることの確認と、4000万円の支払いだ。

    支払いの内訳は、調停の席で名誉を毀損したとして慰謝料1000万円。

    さらに、杏がその後も20年間、個人事務所に在籍を続けた場合の利益を約12億円と算出し、ひとまずはそのうちの3000万円を補填するように求めていた。

    杏にとっては寝耳に水の“12億円裁判”の始まりだった。

     
    それだけではない。

    A子さんは、自らの主張の正しさを裏付けようとしたのか、コンサルタントに頼っていたのは杏の方であるとか、東出と杏がデートをする際にホテルの部屋を予約し、チェックインやチェックアウトを代行したのは自分だとかといった、さまざまなことを“暴露”していったのだ。

    父と母が法廷を舞台に“暴露”し合った当時の悪夢がよみがえる裁判だっただろう。


    「目的は、金銭ではなく、杏側の謝罪でしたので、一円も受け取ることなく、円満に和解が成立致しました。
    杏の健康とさらなる活躍、及び孫たちの健やかな成長を心から願っております」
     

    抜粋以下全文
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5710ae33a4b6b0f8796204b72091db1a822629d7?page=1

    所長見解:つらいな・・・

    【【これはつらい】杏さん、実母との12億円裁判の結果・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7月に芸能界から引退した木下優樹菜さん(32)から、どう喝まがいのダイレクトメールを送られたり、SNSへの投稿があったとして、都内のタピオカ店経営者が訴えた損害賠償請求訴訟の、第1回口頭弁論(松本真裁判長)が2日、東京地裁で開かれた。


    この日は原告側、被告側ともに代理人弁護士が出廷した。


    p


    この件では、木下さんがインスタグラムに、姉が務めていたタピオカ店のオーナーから給料や給与明細をもらえなかったなどと投稿した上、オーナー側にどう喝まがいのダイレクトメールを送ったとされている。

    裁判所からは、その事実について原告側に問う場面があった。

    原告側がその件に対し、書面を提出する旨の方向性を示して、この日の口頭弁論は終了した。

    木下さんの代理人弁護士は、報道各社の問い掛けに無言を貫き、軽く手を挙げてからタクシーに乗り込み、東京地裁を後にした。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/8a7ce4bf6349e2eb4a8602aeba8c2a436ffe8d78

    所長見解:そうなんや・・・

    【【裁判】木下優樹菜さんへの損害賠償請求訴訟が開廷ってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ