裁判

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    早稲田大学の男子学生、指導教員を提訴 「道程を強引に奪われた」


    k


    早稲田大の男子学生、女性准教授と大学をアカハラ提訴「聖交渉を強要させられた」

    当初20歳で、経験のなかったという男子学生は、既婚者で子どももいる准教授との行為に罪悪感があったが、指導教員であることから断れなかったとしている。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/60c1c3a64c03cdd8dcc8b9bd30f235db2aabacc6
    所長見解:どんなやろ・・・

    【【裁判】早稲田大学の男子学生「女性准教授に道程を強引に奪われた」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下優樹菜 タピオカ騒動の “裏側”激白「キレた。悔しかったもん」


    t


    ユーチューバーの木下優樹菜(34)が16日、自身のユーチューブチャンネルに公開した動画で「タピオカ騒動」について自らの口で振り返った。

     
    木下は2019年、姉が勤務していたタピオカドリンク店とトラブルになり、店側に「事務所総出でやりますね」などと〝恫喝DM〟を送りつけていたことが発覚。

    店側は脅され精神的苦痛を受けたとして1000万円の損害賠償を求めて提訴し、木下は今年10月に地裁から40万円の支払いを命じられた。


     
    騒動の発端は木下が姉が務める店の開店にあたって花を贈り、インスタグラムのストーリーズで宣伝したことから。

    木下は当時悩みを抱えていた姉を店主が救ってくれたために、このような行動に出たとのこと。

    当初は店側も快く応じ、店を訪れた際には従業員たちと写真を撮ったという。


     
    しかし、1か月後くらいから態度が一変。

    「相手の方が妹余計なことしてくれたよねって」
    「良かれと思ってストーリーに載せた。でも、相手にとったら嫌だった」と語った。


    木下は「頼んでないじゃんって言われたらそれまでなんだけど」としながらも「キレた。
    悔しかったもん。
    それであのDM送っちゃったのよ」と振り返った。



    恫喝DMについて木下は「1回持って帰って整理してから言葉を選んで電話すればよかったなって思って」
    「あのDMの優樹菜の言葉はすごいナンセンスだなって思う。
    言うべきではなかったなってマジ思う」と猛省した。


     
    一方で、店側の弁護士を名乗る第三者から「夜中に『明日の午後2時までに記者会見で謝罪しないと芸能界から消す』とか、弁護士が言う言葉じゃないこと言われた」
    「事務所に乗り込んできてマネジャーと優樹菜の名前をずっと叫んだ」といった〝嫌がらせ〟を受けたと告白。


     
    このような背景もあり当初は出廷するつもりだった裁判にも周囲と相談した結果、欠席せざるを得なかったと明かした。



    ▼画像
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211217-03868913-tospoweb-000-8-view.jpg

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f145379992cd47601b2a090dbbe57c561b19e861

    所長見解:これな・・・

    【【激白】木下優樹菜タピオカ騒動の裏側がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    n



    細工してNHKを映らなくしたテレビ、受信料支払い義務がある


    所長見解:これな・・・

    【【悲報】NHKを映らなくしたテレビ、受信料支払い義務があるってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下優樹菜 低評価だらけユーチューブデビュー裏に「3億円訴訟」


    y


    「タピオカ裁判」で判決が出た木下優樹菜。

    YouTubeでは涙ながらに謝罪したが、ちゃっかり「芸能活動再開宣言」も飛び出した…



    “タピオカ騒動”で大炎上した元タレントの木下優樹菜が芸能活動再開を宣言した。

    とはいえ、好感度ダダ下がりの彼女に積極オファーをかけるメディアはあまりにも少なく…

    このタイミングの復帰宣言には首をかしげるばかりだ。



    木下は一昨年、姉が勤めるタピオカドリンク店に「事務所総出でやりますね」などと“恫喝DM”を送っていたことが発覚。

    世間から猛批判され、最終的にそれが原因となって昨夏に芸能界を引退した。


    その後タピオカ店から民事で訴えられ、10月27日の裁判で東京地裁は木下の脅迫行為を認め、40万円の賠償金支払いを命じた。

    これを受け、木下は翌28日にユーチューブチャンネルを開設。

    初動画で涙ながらに謝罪したが、ドサクサ紛れて


    「何ができるかなと考えても、私にはやっぱりみんなの前に立って仕事がしたいという気持ちがすごく強くて。
    この2年間、いろんな仕事も考えましたけど、この仕事しかできないと思いました」


    と芸能活動再開を宣言した。


    動画には最初こそ「いいね」がついたが、現在「バッド(低評価)」の数2万とは4倍近く(10月29日現在)に膨れ上がっている。


    視聴者の目がシビアなのは、木下が“言動不一致”だからだ。

    現在、木下はJ1湘南ベルマーレ所属の三幸秀稔選手とラブラブ交際中。

    謝罪動画で
    「子どもたち、娘たちのためにも働きたい、働かなきゃいけないし、私も頑張りたいので、これからもまた一から活動させていただきたいと思います。
    これからもよろしくお願いします」
    と嘆願してはいるが、今月26日には「スウェットが好きすぎる このエンブレム素敵すぎない?」と上下グレーのスウェット姿の写真をインスタにアップ。

    これが同日、三幸選手が投稿した「お気に入りのパーカー」と同じブランドであることがわかり話題となった。

    9月3日には三幸がインスタで千葉県浦安市の高級ホテルで木下と過ごした際の写真を掲載し、一部で「ホテル密着写真」と揶揄された。



    「常に反省の様子を見せなきゃいけないというわけではないが、それにしても謝罪動画とは温度差がありすぎる。
    木下さんは三幸さんとオープン交際を続けている。
    それ自体は自由だとしても、『子どもそっちのけで新恋人と遊んでいる』とと思う人がいても仕方がない。
    その彼女が謝罪動画で『子どものため…』と言っても全く響きませんよ」(スポーツ紙記者)



    それでも芸能活動をどうしても再開させたいのには理由がある。

    木下は“タピオカ裁判”以外にもう1つ訴訟を抱えている。

    いわゆる“美容フェイスマスク裁判”だ。


    タピオカ店“恫喝”が判明した当時、木下は美容フェイスマスクのイメージモデルを務めていた。

    一連の騒動でフェイスマスクのイメージが損なわれたとして、販売元の化粧品会社などから東京地裁に民事提訴され、約3億円の損害賠償を求められていた。

    こちらは現在も係争中だ。


    「タピオカ店への脅迫行為が裁判所に認定されたことで、“フェイスマスク裁判”にも影響を及ぼすことは確実。
    さすがに丸々3億円の賠償金はありえないでしょうが、多額の支払いが生じる可能性がある。

    そうなると、彼女は金銭的に苦しい。
    引退後、ファッションブランドの広告塔を務めていますが、その収入だけではとても補いきれないでしょう。
    活動再開宣言は、将来の生活苦を危惧してのことだとささやかれています」(ワイドショー関係者)



    木下自身の“後悔”も強い。

    木下を知る関係者は
    「ママタレとして人気を博していた時は、インスタのフォロワーが約530万人いて、正直何もしなくても毎月ウン百万を超える収入があったことも。
    あれほどラクして稼げることはなかったのでは? 
    金銭的には『あの時に戻りたい』というのが本音だと思う」
    と推察する。

    “代わりはいくらでもいる”と言われる芸能界。

    木下が再びブレークできるかは未知数だが、いい意味で世間の評価を覆してもらいたい。



    ▼画像
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211030-00000001-friday-000-1-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/99c347d0a6472a599b44a094a10297d1edc2aa3b
    所長見解:もうな・・・

    【【これはヤバい】復帰の木下優樹菜さん、低評価だらけユーチューブデビュー裏がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下優樹菜「この仕事しかできない」「娘たちのためにも働きたい」


    y


    元タレントの木下優樹菜さんが10月28日に自身のYouTubeチャンネルを開設。

    初投稿となる動画では「これからもまた一から活動させていただきたく思います」と活動を再開することを報告しています。



    木下さんは2019年11月、姉が勤務していたタピオカ店経営者とのトラブルをきっかけに芸能活動を自粛。

    お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史さんとの離婚後、2020年7月に芸能界を引退しました。



    今回のYouTubeチャンネル開設の前日27日には、タピオカ店経営者が木下さんからSNSで脅されたとして1000万円の損害賠償を求めた訴訟について、東京地裁は木下さんに40万円の支払いを命じる判決を言い渡していました。

    動画で木下さんは判決について触れ、「今回自分のしてしまったことが、脅迫という結果になり、それを真摯(しんし)に受け止めています。
    本当に嫌な思いをさせてしまった相手の方、不快な気持ちにさせてしまった皆さん、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。


    その上で、「私にはやっぱりみんなの前に立って仕事がしたいという気持ちがすごく強くて、この2年間、いろんな仕事も考えましたけど、この仕事しかできないと思いました」と仕事への思いを吐露。

    「子どもたち、娘たちのためにも働きたい、働かなきゃいけないし、私も頑張りたいので、これからもまた一から活動させていただきたく思います」と活動再開を伝えました。


    なお、木下さんは2020年9月に現在のInstagramアカウントを開設。

    2021年3月にはファッションブランド「GALFY」のモデルに抜てきされています。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/ee1de35631edf42cba5f5b1256b38e7697e024d1
    所長見解:もうな・・・

    【【タピオカ】木下優樹菜さん、やっぱり芸能界復帰宣言ってよ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ