藤原紀香

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    春風亭昇太・グッチ祐三・ウエンツとのグルメロケにて

    f



    昇太「愛之助さんは家ではどんな感じなんですか?」

    紀香「ダラーっとしてることが多いですよ(笑)」

    昇太「えー(驚)『家事手伝ってよ』ってなりません?」

    紀香「全くならないです(笑)一般のご夫婦とは違って、夫が外で家族のためにどれだけ大変な思いをしてるのか実際に見ることが出来ますからね。
    一般家庭だと旦那様のお仕事ぶりを実際に見るというのはなかなかないことですけど。
    なので『外であれだけ大変な思いしてるならそりゃ家ではダラけたいよね』って思います。」


    所長見解:炎上しそう・・・
    【【主婦の鏡】藤原紀香さん、専業主婦に会心の一撃ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「好きな夫婦」「嫌いな夫婦」ランキング2017決定! あの“おしどり夫婦”は?

    今回で3回目を迎える「週刊文春」恒例アンケート企画「好きな夫婦」「嫌いな夫婦」のランキングが決定した。
    アンケートは11月10日から12月8日まで小誌メルマガ会員を対象に募集し、15歳から81歳の男女から約2500の回答が寄せられた。

    「好きな夫婦」部門では、1位が三浦友和(65)・山口百恵(58)、2位が佐々木健介(51)・北斗晶(50)、3位が堺雅人(44)・菅野美穂(40)。

    「嫌いな夫婦」部門では1位が木村拓哉(45)・工藤静香(47)、2位が片岡愛之助(45)・藤原紀香(46)、3位が石田純一(63)・東尾理子(42)という結果になった。

    k


    「好き」部門で注目は、最近テレビ番組で夫が妻好みに自宅をリフォームして話題になった5位のヒロミ(52)と松本伊代(52)。
    長男で俳優の小園凌央は「来年結婚25周年だが、今も新婚感がある。伊代さんと僕と弟が同級生みたいな関係で、ヒロミさんはその同級生と付き合っている地元の先輩みたいな感じ。生意気なことなんて言えません!」と証言する。

    「嫌い」部門の結果を受けて、「男性学」を研究する大正大学の田中俊之准教授は「夫婦の“バランス”が悪いと嫌われる原因になる」と分析する。

    「夫婦は対等であるべきという考えから、年齢や学歴、社会的地位、趣味などが近い者同士の“同類婚”が良しとされるのが最近の世界的な傾向です。
    芸能人夫婦の場合、人気などの“格差”が目につきやすく、バランスが悪いと不興を買ってしまうのでしょう」(田中氏)

    田中氏の分析通り、1位のキムタク夫妻を筆頭に、10位に福山雅治(48)・吹石一恵(35)、12位に加藤茶(74)・綾菜(29)、17位に渡部建(45)・佐々木希(29)ら“格差婚夫婦”が続々ランクインしている。

    ちなみに本アンケートの〆切りは小誌の“路線バス不倫”スクープが出る6日前だったため、太川陽介(58)・藤吉久美子(56)へのコメントは「ベストカップル・オブ・ザ・ワールド」(52・女)、「どちらもしっかり者で笑いが絶えない夫婦だと思うので」(54・女)など、好意的なものばかりだった(太川夫妻は「好き」部門圏外)。

    12月21日(木)発売の「週刊文春」では、「好きな夫婦」「嫌いな夫婦」ベスト20とワースト20を掲載。
    夫婦二人三脚での乳がん闘病を経て、昨年仕事復帰した北斗晶のコメントや、「嫌い」部門にランクインしたSNS炎上系夫婦らについても詳報している。

    https://news.nifty.com/article/entame/etc/12113-5483/


    所長見解:嫌いな一位って・・・
    【【好嫌夫婦】「好きな夫婦」1位に三浦友和・山口百恵 「嫌いな夫婦」の1位は木村拓哉・工藤静香 ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    愛之助&紀香、ハネムーンをテレビ初公開!9月にベガスやロスに旅行

    昨年3月に結婚した歌舞伎俳優、片岡愛之助(45)と女優、藤原紀香(46)の新婚旅行の様子が10日放送のBSフジの特番「片岡愛之助の生き方」(後9・0)でテレビ初公開されることが2日、分かった。


    愛之助の生き方に迫るドキュメンタリー番組でプライベートにも密着。

    愛之助が公演で忙しく、夫婦は9月に1年半越しの新婚旅行で米国へ。
    ラスベガスやロサンゼルスなどで夫婦水入らずの時間を過ごした。

    2人はハンディカメラで互いの姿を撮影し合って、大はしゃぎ。
    ロスのユニバーサルスタジオでは、夫妻の友人である米国在住の歌手でジャズピアニスト、大江千里(57)が合流。
    旅の最後は大江が2人のために作った曲を演奏すると、感激した。

    愛之助は「“ありがとう旅行”やね。休みっていいね」と笑顔。
    紀香は「また頑張れるね」とラブラブぶりを見せた。

    さらに、愛之助の歌舞伎公演の舞台裏、紀香の梨園の妻ぶりも伝える。


    新婚旅行で出かけたカリフォルニアのビーチでラブラブな片岡愛之助と藤原紀香
    no title

    no title

    http://www.sanspo.com/geino/news/20171203/geo17120305040008-n1.html


    所長見解:見る?・・・
    【【新婚旅行】愛之助&紀香、ハネムーンをテレビ初公開ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の藤原紀香が11月14日に行われた「第57回ミス・インターナショナル世界大会」で審査員を務めた。
    この日の紀香が神がかり的な美しさだとして話題になっている。

    同イベントは各国を代表する美女が美貌を競い合うミスコンテストで、今年は69人の代表が参加した。
    そんな美女たちの中にあって、46歳の紀香がひときわ輝いていたと取材したカメラマンは証言する。

    「彼女は華やかな着物風のドレス姿。
    朱色の衣装を金色の帯で締め上げ、身体のラインがはっきりとわかるんです。
    胸元が大きく開いていて渓谷がドーンとハッキリと見え、バストは衣装に収まりきらないほど大きく、こぼれ出てしまうのではないかと見ているこっちが焦ってしまいましたよ」

    彼女のブログによると、衣装はコシノジュンコのオリエンタルドレス。
    それにあわせて髪もオリエンタルなセットにしたという。
    まったくみごとなコーディネートによって、彼女の美貌がいや増したようだ。

    no title


    「片岡愛之助と結婚してから和服を着る機会が増え、しばしば和装の写真をブログで公開しています。
    どれもよく似合っていて、板についてきたのがわかります。
    その着こなしが今回のオリエンタルドレスでも発揮されたと考えていいのではないでしょうか。
    今回の衣装を身に着けた写真もアップされていますが、胸元をのぞき込むようなアングルでとても素晴らしい。
    今後もどんどん公開してほしいものです」(週刊誌記者)

    各国の美女を脇役に追いやった紀香の美貌を、ぜひブログで確かめてみていただきたい。

    アサ芸プラス
    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_93142/


    所長見解:目立ってはダメなんじゃ・・・
    【【検証画像】藤原紀香、ミス・インターナショナル大会で各国代表を公開処刑ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優の藤原紀香(46)が5日、都内で行われたアルコン『デイリーズ トータルワン 遠近両用』新製品発表会に出席。
    歌舞伎俳優の片岡愛之助(45)を夫に持つ“梨園の妻”として、6月22日に亡くなった小林麻央さん(享年34)について質問を受けると「ちょっと、それはごめんなさい」と沈痛な表情をみせた。

    続けて「それは(市川)海老蔵さんにもご迷惑がかかっちゃうから、ごめんなさい」とコメントができない状況を申し訳なさそうに謝罪。
    麻央さんの訃報に心を痛めている様子で「本当にごめんなさい、もう泣いちゃうから…」とそのまま会場を後にした。

    イベントでは「瞳のエイジングケア」の話題となり「昔はケニアに行った時に、日本人のスタッフが見えないような遠いところにいるライオンが見えて、現地の人もビックリしていたなんてことがありました」と回顧。
    「ただ6年前くらいから、ちょっとずつ目の疲れが気になっていたので、きょう改めて大事なんだって思いましたね」と言葉に力を込めていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-00000350-oric-ent

    no title


    所長見解:炎上しなくてよかったね・・・

    【【梨園】藤原紀香、小林麻央さん訃報に心痛 コメントできず謝罪「もう泣いちゃうから…」ってよwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ