藤原紀香

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    藤原紀香が夫・片岡愛之助が監修した食パンを絶賛 こだわりの“焼き印”を作るプライベート写真も公開


    藤原紀香が夫・片岡愛之助が監修した食パンを絶賛
     
    女優の藤原紀香(49)が3日、ブログを更新。

    夫で歌舞伎役者の片岡愛之助が監修した食パンを絶賛した。

    片岡がパン専用の焼き印を真剣なまなざしで手彫りするプライベート写真も公開し、夫婦仲の良さを見せている。


    「8月限定の美味しい食パン~」と題し、片岡が監修し、歌舞伎の定式幕の3色をイメージした、抹茶、黒豆、カボチャを使った食パン「黒豆と抹茶」を紹介し、「この食パンは本当に美味しい」と絶賛。

     
    つづいて「味だけでなく、愛之助がこだわった部分が落款(らっかん)です。
    俺のベーカリーさんのパンには、いろんな焼印がついていますが、愛之助は自身でそれを作りたい。と、ステイホーム中に、こつこつと石に掘っていました」と力説している。

     
    マスクを着けた片岡が作業台に座り、一心不乱に、「愛之助」の文字を彫り込む様子が分かる写真も3枚披露し、夫の努力を称賛し、内助の功ぶりを見せている。


    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200803-00010010-chuspo-ent

    所長見解:ええやん・・・

    【【朗報】藤原紀香と夫・片岡愛之助が仲良し夫婦な件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「地球よーごめんね」

    藤原紀香、謎の“コロナポエム”に集まった批判

    n


    「うちの妻もそこにおります。ちょっと、早く」

    「はい。こんにちは、みなさん」


    5月13日、テレビ東京の「家、ついて行ってイイですか?」に自宅からリモート出演していた片岡愛之助(48)に呼ばれ、しずしずと登場した藤原紀香(48)。

    「自宅紀香いいね!」というMCの矢作兼のコメントに控えめに笑顔を送ると、すぐに画面からフェードアウト。

    突然の共演だったが、ばっちりメイクで決め、腕にはパワーストーンが――。


    2016年の結婚当初は「着物が派手」「でしゃばっている」などと歌舞伎関係者から不興を買っていた紀香だが、最近はすっかり梨園の妻としての振る舞いが板についてきた。

    「ひいき筋の名前やお顔はもちろん、好みも把握されて、愛之助さんの舞台の時はお出迎えやお見送りをきっちりこなされている。
    ファンと愛之助さんが写真を撮る時は『私が撮ります』と申し出るなど、裏方に徹しようとしている様子が窺えます」(歌舞伎関係者)

    その生活ぶりには随所に“紀香流”のこだわりが見られる。

    まずは食事だが、「すべて奥様が管理していて、愛之助さんは『遅くなっても必ず食事の支度をして待っていてくれる』と、惚気ていた。
    一時期ふっくらしていましたが、特製のスムージーや、根菜やキノコを煮込んだデトックススープでスリムになったと評判です。
    天然鉱石を入れた水も飲んでいます」(同前)

     
    現在はコロナの影響で、愛之助が出演する歌舞伎の公演やドラマ「半沢直樹」(TBS系)の撮影はすべて中止に。

    紀香のブログには、夫のリクエストで作ったカレーや野菜たっぷりのすき焼きなどが次々と紹介され、二人で「人生ゲーム」を楽しむ様子も描かれていた。


    ブログに“ポエム”を掲載、炎上ふたたび

    そんな巣ごもり生活の中で、紀香は“風水”の考え方を熱心に取り入れている。

    「彼女が一番はまっているのは“おうちダイエット”。
    『気の流れをよくするために』と断捨離や部屋の模様替えに励んでいます。
    家の内装はもちろん、愛之助さんのファッションも風水を用いてアドバイスするとか。
    リモート出演の際、背後に飾られていた天使の形をした水晶などは、紀香さんが毎日磨いて大事にしている物です」(芸能関係者)

    だが、そうしたスピリチュアル方面への傾倒は、時に波紋を呼ぶことも。

    ブログにたびたび、自然に対するメッセージのような“ポエム”を掲載し、批判を浴びてきたのだ。

    16年の熊本地震の際には〈火の国の神様、どうかどうか/もう/やめてください〉と記し、大炎上してすぐに削除。


    そしてコロナについても発言せずにはいられなかった。

    3月27日のブログでは、〈コロナが依然として猛威を奮(ママ)いまくっています〉と述べた上で、〈目に見えないものといえば、ウイルスだけじゃなく/これまで自然や動物の声を、/人はちゃんと聞いてきたのだろーか…/共存の道を、ジコチューにしてきたんじゃないか…〉

    果ては〈地球よーごめんね、そして、ありがとう〉とまで綴っている。


    この内容にSNS上で、

    〈コロナで大変な目に遭っている人が読んだら、は? ってなる〉
    〈亡くなっている人もいるんだから〉
    〈能天気〉

    と批判のコメントが寄せられ、また炎上したのだ。


    自粛ムードでも“ノリノリ紀香節”は止まらない。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/553e89f46783bf767667c7d4018c9c70e63c24f5

    所長見解:おもろいやん・・・

    【【ポエマー】藤原紀香さん「地球よーごめんね、そして、ありがとう」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    女優・藤原紀香(48)が、新型コロナウイルスの猛威を受け、思いをつづった。

    27日、ブログを更新。

    「オリンピックが延期となりました コロナが依然として猛威を奮いまくっています こんなこと、誰が予想したでしょう 目に見えないものとの闘いです 怖れもあります」と書き出し、「下を向くと、ずーんと落ちこんでしまいそうになる世界の情勢ですが 少しでも、気持ちだけでも、上を向いて歩こう」と記した。


    n


    新型コロナウイルスの問題から環境問題などにも思いをめぐらせ、「目に見えないものといえば、ウイルスだけじゃなく これまで自然や動物の声を、人はちゃんと聞いてきたのだろーか…共存の道を、ジコチューにしてきたんじやないかて…なんて 自分も含めてなんだけど、ふと考えてみたり」と藤原。

    「地球よーごめんね、そして、ありがとう」とつづった。


    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/amp/202003270000122.html

    所長見解:でたね・・・

    【【コロナ危機】藤原紀香さん「地球よーごめん」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の藤原紀香が7月10日、自身のオフィシャブログを更新。

    私服を紹介し、〝アラフィフ〟とは思えない美脚に称賛の声が続出した一方で、〝ぽっこり腹〟にも注目が集まっている。


    n


    この日、藤原は《先日の七夕、久留米ロケで、いろんなところを巡りました》と、福岡件久留米市を訪れたことを報告。

    そして、自慢の美脚を見せつけるかのような大胆な私服を紹介した 《マイケルコースのトップス ユナイテッドヌードのサンダル エミリオプッチのバッグ そして ミナ・タン チャームは、デニムのラブラドールのラブちゃんです》と、着用しているブランドを紹介。

    ハイブランド『マイケルコース』のトップスは、黒地に黄色の花柄があしらわれており、肩の部分が露出するデザインのもの。

    これに、お尻が隠れるか隠れないかという〝ギリギリ〟のショート丈のボトムスを合わせている。

    低めのヒールサンダルにもかかわらず、藤原の美脚がいかんなく発揮されているコーディネートに、ファンからは称賛のコメントが多く寄せられた。



    「胸とおなかの高さが同じ」

    しかし、ほっそりとした美脚に相対して上半身の厚み、特に〝ぽっこりしたおなか〟が目立ってしまう事態に。

    ネット上では、

    《下っ腹出てるよ!》
    《下腹も初老そのもの。50なんだから相応の服着なよ》
    《胸とおなかの高さが同じってある意味すごい》
    《上半身がけっこうボリュームある》
    《顎の下のラインと下腹部が年齢相当に出て来ちゃった感》

    などと、辛らつな声が続出している。


    「スタイルの良さをウリにしてきた藤原さんも、下っ腹が出てきたようですね。
    女性は、筋力が弱いため、鍛えないと年々下っ腹が出てきてしまいます。
    藤原さんは最近、舞台『サザエさん』の稽古で多忙でしょうし、思うようにジムに通えていないのかも。
    また、藤原さんの骨格は、3種類ある骨格診断結果のうち、全身のバランスは重心が上の方にあってグラマラスなボディーが魅力的な〝ストレート〟タイプだと思われます。
    このタイプは、上半身ががっしりしているため、首元が大きく開いた服が似合います。
    今回の藤原さんのトップスは、襟が首元まで詰まっているものですから、よりがっしりとして見えてしまい、ぽっこり下っ腹と合わせてスタイルが悪く見えてしまいます」(女性誌ライター)

    ちまたでウワサになっている〝魔女セラピスト〟に傾倒するあまり、自身の下っ腹の成長に気付いていないのかもしれない。


    ※画像がコチラ


    http://dailynewsonline.jp/article/1925514/

    所長見解:歳やしね・・・
    【【朗報】藤原紀香、妊娠説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の藤原紀香が6月27日のブログで新幹線移動を様子を報告し、鉄道ファンの注目を集めている。

    この投稿で紀香は夫である片岡愛之助とともに「大事な方」の米寿のお祝いのため、仙台に向かったことを明かした。

    同時に新幹線の社内で仲睦まじい様子の写真を公開している。


    n


    「2人が乗っているのはE5系新幹線のグランクラスです。
    グランクラスはグリーン車の上の最も高級なシートで、1編成あたり18席しかありません。
    料金は東京から仙台まで1万9380円。
    普通車なら1万890円ですから、ほぼ倍です。
    それを2人で利用するとは、さすが芸能人と思わずにはいられません。
    東京駅から仙台駅までは約1時間半。
    こんなわずかな時間なら、グリーン車で十分な気もします」(鉄道ライター)

    紀香は16年の11月にも、片岡とともに新幹線で仙台に移動したことをブログで明かしている。

    この時はE2系新幹線のグリーン車に乗車。

    当時、E2系新幹線は「やまびこ」で運用されており、E5系新幹線の「はやぶさ」よりも停車駅が多く、時間がかかることから、「なぜ紀香はE5系のはやぶさではなく、E2系のやまびこに乗ったのか」と鉄道ファンから疑問の声が上がった。

    「E2系に乗った理由が紀香さんから語られることはなく、真相はわかりません。
    ただ、E2系のほうが窓が大きいので、車窓を楽しみたかったからではないかと言われています。
    今回、E5系に切り替えたのは、グランクラスに乗りたかったからなのかもしれません。
    E2系にグランクラスはありませんから」(前出・鉄道ライター)

    鉄道に対するこだわりが感じられ、一部から「紀香は鉄子」説も出ている藤原紀香。

    もし鉄道好きだとしたら、グランクラスを思う存分、堪能したことだろう。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16704221/

    所長見解:おもろいね・・・

    【【驚愕】藤原紀香は鉄子説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ