ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    藤原紀香

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の藤原紀香が7月10日、自身のオフィシャブログを更新。

    私服を紹介し、〝アラフィフ〟とは思えない美脚に称賛の声が続出した一方で、〝ぽっこり腹〟にも注目が集まっている。


    n


    この日、藤原は《先日の七夕、久留米ロケで、いろんなところを巡りました》と、福岡件久留米市を訪れたことを報告。

    そして、自慢の美脚を見せつけるかのような大胆な私服を紹介した 《マイケルコースのトップス ユナイテッドヌードのサンダル エミリオプッチのバッグ そして ミナ・タン チャームは、デニムのラブラドールのラブちゃんです》と、着用しているブランドを紹介。

    ハイブランド『マイケルコース』のトップスは、黒地に黄色の花柄があしらわれており、肩の部分が露出するデザインのもの。

    これに、お尻が隠れるか隠れないかという〝ギリギリ〟のショート丈のボトムスを合わせている。

    低めのヒールサンダルにもかかわらず、藤原の美脚がいかんなく発揮されているコーディネートに、ファンからは称賛のコメントが多く寄せられた。



    「胸とおなかの高さが同じ」

    しかし、ほっそりとした美脚に相対して上半身の厚み、特に〝ぽっこりしたおなか〟が目立ってしまう事態に。

    ネット上では、

    《下っ腹出てるよ!》
    《下腹も初老そのもの。50なんだから相応の服着なよ》
    《胸とおなかの高さが同じってある意味すごい》
    《上半身がけっこうボリュームある》
    《顎の下のラインと下腹部が年齢相当に出て来ちゃった感》

    などと、辛らつな声が続出している。


    「スタイルの良さをウリにしてきた藤原さんも、下っ腹が出てきたようですね。
    女性は、筋力が弱いため、鍛えないと年々下っ腹が出てきてしまいます。
    藤原さんは最近、舞台『サザエさん』の稽古で多忙でしょうし、思うようにジムに通えていないのかも。
    また、藤原さんの骨格は、3種類ある骨格診断結果のうち、全身のバランスは重心が上の方にあってグラマラスなボディーが魅力的な〝ストレート〟タイプだと思われます。
    このタイプは、上半身ががっしりしているため、首元が大きく開いた服が似合います。
    今回の藤原さんのトップスは、襟が首元まで詰まっているものですから、よりがっしりとして見えてしまい、ぽっこり下っ腹と合わせてスタイルが悪く見えてしまいます」(女性誌ライター)

    ちまたでウワサになっている〝魔女セラピスト〟に傾倒するあまり、自身の下っ腹の成長に気付いていないのかもしれない。


    ※画像がコチラ


    http://dailynewsonline.jp/article/1925514/

    所長見解:歳やしね・・・
    【【朗報】藤原紀香、妊娠説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の藤原紀香が6月27日のブログで新幹線移動を様子を報告し、鉄道ファンの注目を集めている。

    この投稿で紀香は夫である片岡愛之助とともに「大事な方」の米寿のお祝いのため、仙台に向かったことを明かした。

    同時に新幹線の社内で仲睦まじい様子の写真を公開している。


    n


    「2人が乗っているのはE5系新幹線のグランクラスです。
    グランクラスはグリーン車の上の最も高級なシートで、1編成あたり18席しかありません。
    料金は東京から仙台まで1万9380円。
    普通車なら1万890円ですから、ほぼ倍です。
    それを2人で利用するとは、さすが芸能人と思わずにはいられません。
    東京駅から仙台駅までは約1時間半。
    こんなわずかな時間なら、グリーン車で十分な気もします」(鉄道ライター)

    紀香は16年の11月にも、片岡とともに新幹線で仙台に移動したことをブログで明かしている。

    この時はE2系新幹線のグリーン車に乗車。

    当時、E2系新幹線は「やまびこ」で運用されており、E5系新幹線の「はやぶさ」よりも停車駅が多く、時間がかかることから、「なぜ紀香はE5系のはやぶさではなく、E2系のやまびこに乗ったのか」と鉄道ファンから疑問の声が上がった。

    「E2系に乗った理由が紀香さんから語られることはなく、真相はわかりません。
    ただ、E2系のほうが窓が大きいので、車窓を楽しみたかったからではないかと言われています。
    今回、E5系に切り替えたのは、グランクラスに乗りたかったからなのかもしれません。
    E2系にグランクラスはありませんから」(前出・鉄道ライター)

    鉄道に対するこだわりが感じられ、一部から「紀香は鉄子」説も出ている藤原紀香。

    もし鉄道好きだとしたら、グランクラスを思う存分、堪能したことだろう。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16704221/

    所長見解:おもろいね・・・

    【【驚愕】藤原紀香は鉄子説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    水は美容・健康に欠かせぬもの。

    だが、御年47歳になるこの女性の水へのこだわりは尋常ではない。

    「水素水」から始まり「酸素水」。

    そして、今度は「宝石水」なる珍妙な水へと飛びついた藤原紀香。

    片岡愛之助(47)と結婚し、梨園の妻となってはや3年経つが、スピリチュアル志向に拍車がかかった!?

    今年9月から主演する舞台「サザエさん」の準備に追われているという紀香。

    梨園の妻との二足の草鞋に、歌舞伎界はさぞ眉を顰(ひそ)めていると思ったら、「むしろ、よくやっているという声の方が多いです」と、芸能レポーターの石川敏男氏は語る。

    「忙しい合間を縫って、愛之助の地方巡業にもよく同行しています。
    ロビーでのお客さんへの挨拶もしっかりしていると好評です」

    一方では、こんな声も。

    「梨園ではしおらしく振舞っているかもしれませんが、ブログでは相変わらず奔放ですよね。
    あの怪しい水の紹介は、さすがにまずいでしょう」(歌舞伎関係者)

    またか、と呆れる読者も多いことだろう。

    そう、紀香といえば水である。

    彼女が最初に執心したのは「水素水」だった。

    2016年の愛之助との結婚式の引き出物として出された「水素発生器」は芸能界で語り草になっている。

    水素水ブームが下火になった翌年には、ブログで「酸素水」を愛飲していると紹介。

    そして、今年5月5日、また新たな水をブログ上で“お披露目”したのだ。

    その名は「宝石(鉱石)水」。

    以下、ブログの紹介文である。

    〈最近いただいたもので感動したもの!〉

    文章の合間には、鉱石が入った美しいガラス瓶の画像が掲載されている。

    〈この中にお水を入れると、ますます甘くてまろやか、美味しくなりました〉

    〈水が変わるとカラダは中から作り変わる…古くて新しい健康と心と美の方程式〉

    と、すっかり心酔した様子だ。

    販売会社のホームページによれば、この容器に水道水を入れると中の鉱石の波動で水が変質し、水道水に含まれる有害な物質が中和されたり、pH値や酸素量が向上するらしい。


    w


    ■典型的なニセ科学

    だが、法政大学元教授で『暮らしのなかのニセ科学』の著者・左巻(さまき)健男氏は、「紀香さんの感じたことは気のせいでしょうね」とばっさり斬る。

    「衛生上の理由でしょうが、瓶の中の鉱石はガラスで覆われています。
    だから、中に水を入れても、ごく微量のガラスが溶け出すだけで、鉱石からの影響はまったく受けません。
    得体の知れないエネルギーとか波動などの言葉で説明しようとする典型的なニセ科学です」

    山形大学理学部物質生命化学科の天羽(あもう)優子准教授もこう継ぐ。

    「綺麗なガラス容器に入った、ただの水を飲んでいるだけです。
    気分が高まるというプラシーボ効果はあるかもしれませんが。
    水素水、酸素水ともに、紀香さんが信じる効能は科学的にエビデンスがないものであり、また彼女のオカルトが始まったと思いました」

    気になるのは、紀香と販売会社の関係だ。

    紀香はブログでショールームの住所まで紹介しており、両者の怪しい関係が窺えるが、販売会社は、「藤原紀香様はお知り合いの方から弊社商品をプレゼントされたそうで、弊社との金銭のやり取りは一切ございません。
    ブログを見て、ショールームにお越しくださる方は増えています」

    水でカラダに磨きをかけるのも良いが、夫婦仲に水を差さないように。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00564712-shincho-ent

    所長見解:うさんく・・・

    【【悲報】藤原紀香がこだわる「宝石水」は「ただの水」説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの藤原紀香さん(47)が、「愛用オススメグッズ」として今度は「宝石(鉱石)水」をブログで紹介した。

    藤原さんはこれまでにも、ブログで水素水や酸素水などを取り上げてきたことで知られ、ネットでは「ま~た新しい水にハマったのか」といった反応も出ている。

    いくつかのメーカーが、「宝石水」や「鉱石水」の名前で商品を出しているようだが、一体どんな水なのだろうか。

    f


    ■「最近いただいたもので感動したもの」

    「最近いただいたもので感動したもの」。

    藤原さんは2019年5月5日、「のりか愛用オススメグッズ」のテーマでブログを更新し、「宝石(鉱石)水」についてこう紹介した。

    海外メーカーが出しているという製品で、ボトルの中にガラスに入れられた鉱石が入っている。

    日本語版サイトを見ると、数十種類の鉱石があり、藤原さんがブログで紹介したものは、税込みで2万5000円となっていた。

    舞台を観に来てくれた客からもらったという。

    藤原さんは、「お気に入りの酸素水をボトルの中に入れて、鉱石のエネルギーと合体させています」とし、「この中にお水を入れると、ますます甘くてまろやか、美味しくなりました」と報告した。

    そして、「水が変わるとカラダは中から作り変わる...古くて新しい健康と心と美の方程式」「鉱石にはそれぞれ意味があるので、今の自身に必要なエナジーの石を選ぶと良いですよね」などと書いていた。

    日本で取り扱っている販売会社の公式サイトを見ると、鉱石はそれぞれ異なるエネルギーを持っており、その波動を水に移して体に取り込むのが宝石水だと説明している。

    そして、各鉱物(ブレンド)について、中には「冷え性の方に」などと紹介しているものもあった。

    藤原さんのブログ内容は、サイト上の商品紹介をそのまま紹介したものも多かった。

    「宝石水」や「鉱石水」と名付けた商品は、ほかのメーカーも出しているようだ。

    別のある業者の商品説明では、摂取すれば美しく健康的な体内環境を維持する、緊張を鎮めてリラックスさせる、などとあった。

    藤原さんがブログで宝石水を紹介したことについては、ツイッターやネット掲示板では、様々な意見が書き込まれている。

    「素敵なボトルですね」と好意的な声もある一方、「科学的にどうなんだ?」などと疑問や批判も出ている。

    藤原さんがこれまでに、水素水や酸素水と次々にブログで紹介してきたことから、「ま~た新しい水にハマったのか」「藤原紀香どこに向かってるんや...」といった声も相次いでいる。


    ■販売会社「効くと言ったことはないが、体感すれば分かる」

    今回の商品を日本で販売する東京都内の会社は5月15日、宝石水について、J-CASTニュースの取材に対し、担当者が次のように説明した。

    「ドイツや東ヨーロッパで行われている鉱石を使った自然療法になります。
    日本で、ヤマイモやダイコンのすりおろしを使ったものがあるのと同じです。
    まゆつばの話と思われるかもしれませんが、鉱石を水に入れることで、酸素の量が増えたり、(酸性やアルカリ性などを示す)PH数値が変わったりします。
    その効果については、鉱石によって違います。
    衛生面を考えて鉱石をガラスに入れていますが、効果は変わりません」

    鉱石を水に入れる効果については、前出の海外メーカーが研究機関に調べてもらってPH数値がよりアルカリ性になるなどのデータが出たと、その後の追加取材で明らかにした。

    また、鉱石をガラスに入れたとしても、ガラスの中からエネルギーの波動は水に伝わると説明した。

    効果などをうたうと薬事法に抵触する可能性があるが、「効くと言ったことはありませんが、体感すれば分かると思います」と言っている。

    藤原さんのブログについては、掲載翌日に知ったといい、「まったく面識がないですし、お金も出していません」と話した。

    ブログの掲載内容の一部が、同メーカーの日本語版サイトからの引用になっていることについては、「コピーしていることに驚きましたが、ちゃんと書いていただいているので問題はないと考えています」としている。

    藤原さん所属事務所のサムデイでは14日、「個人的なことを書いていますので、ブログで紹介しているものについては、取材を受けていないです」と答えた。


    https://www.j-cast.com/2019/05/20357867.html

    ▼画像
    https://www.j-cast.com/assets_c/2019/05/news_20190520152440-thumb-autox380-157922.jpg

    所長見解:いつものことやん・・・

    【【恒例】藤原紀香さん、次の「水」がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    藤原紀香さんと言えば過去に水素水にハマり自身のブログで紹介してきて話題になった。

    片岡愛之助さんとの披露宴での引き出物には8万1000円の水素発生器は『マルーン』が配られるほど。

    その後2017年になると水素水から酵素水にハマり「ものすごく元気になります」とコメント。

    そんな数々の水にハマってきた藤原紀香さんが今度は新たな水にハマってしまった。

    藤原紀香さんのブログに紹介されていたのは「宝石水(鉱石水)」なるもの。

    彼女の説明を読むと……

    “この中にお水を入れると、ますます甘くてまろやか、美味しくなりました。 

    私はWOX水というお気に入りの酸素水をボトルの中に入れて、鉱石のエネルギーと合体させています。
    水の中に天然の鉱石を入れて、そのエネルギーを活用することは、古代ギリシャや中世の時代から慣れ親しまれてきたそうですね。

    カラダの70パーセントは水でできていて、そのうちの5パーセントが日々入れ替わるそうです。”


    このように宝石水の素晴らしさを説明。

    m


    ■アメブロは宣伝時はPRマーク必須?

    ただこの「いただいた」としているヴィダジュエルジャパンの宝石水の商品は宣伝とみなされアメブロではPRになる可能性が出てくる。

    実際に2013年1月ににステマ防止のためにPRマークを付けることが義務付けられた。

    ただ藤原紀香さんが個人的に貰って個人的にブログで紹介しただけなのか、メーカーから「紹介してください」とお願いされたのかによって全く異なる。

    またこの宝石水の記事の宣伝費は発生していなくても別の名目でお金を貰っている可能性も出てくるため、この辺ははっきりと「個人的に貰ったものです」なり書いておいた方がいいだろう。


    画像①

    画像②

    画像③



    https://gogotsu.com/archives/50619

    所長見解:たくましい・・・
    【【元祖水素水】藤原紀香さん、次の新たな水がコチラwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ