薬物

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「のりピー」こと酒井法子(46)が毎年11月にマカオで行われるカジノの見本市「MGSエンターテインメントショー」に出演予定であることが、11月9日発売の『週刊新潮』(新潮社)に報じられた。
    日本では09年の覚醒剤所持及び使用事件の影響で本格復帰を果たせていない酒井だが、マカオをはじめアジア圏では今も「怪物級美魔女」と言われるほどの大人気を誇るVIPなのだという。

    「じつは、酒井は昨年も同イベントに出演しており、事前の告知がなかったのに出演ブースには中国人客で黒山の人だかり。
    カジノ幹部や政府高官相手のパーティにも出演し、50分のミニコンサートでは『星の金貨』(日本テレビ系)の主題歌『碧いうさぎ』を歌い、会場を沸かせました。
    ギャラは1回200万とも300万とも言われています」(週刊誌記者)

    扱いはワールドワイドなVIPだが、やってることはパチンコ営業。
    同誌いわく「インターナショナルなドサ回り営業」といったところか。

    n


    ■捨てきれぬ芸能界への未練に「介護の仕事は?」のツッコミも

    ちなみに酒井は、09年10月23日に行われた覚せい剤事件の初公判で、裁判官に「芸能界はやめて介護の仕事をします」と答えている。
    それゆえ、SNS上では「介護の仕事はどうなったんだ」「大学もやめたのか?」とツッコミが入りまくっている。

    「酒井が介護の勉強のために入学した創造学園大学は13年に資金繰りの悪化で閉校(解散)しています。
    酒井はそれに合わせ介護の道もあっさり捨てて、芸能界に逆戻り。
    15年頃には『20分で100万円』とも言われるパチンコ営業で荒稼ぎしていました。
    ただし、パチンコ営業は儲かるけど客層も荒れていて、『ラリピー』『あぶりサイコー』などと日本語でダイレクトなヤジが飛ぶ凄惨な現場。
    一流芸能人としてのプライドが残っている酒井はいまだVIP待遇の受けられる海外の道を選びました。
    やはり時給千円の介護の仕事は、『20分100万』の旨味を知ってしまった芸能人では勤まらないようです」(芸能プロ関係者)

    捨てられないのは高額ギャラなのか、それともスポットライトへの未練か。
    近い将来、日本にIR法案が施行された時、のりピーが統合型リゾートで『碧いうさぎ』を歌っているかもしれない

    http://dailynewsonline.jp/article/1374305/


    所長見解:イメージがね・・・
    【【薬物青兎】酒井法子が大金を荒稼ぎ 「介護の仕事は?」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    久々の“動く成宮寛貴さん”にファン悶絶

    10月に入り、近況が話題となった元俳優の成宮寛貴さん(35歳)が10月27日、自身のInstagramに動画を投稿。
    久しぶりの動く姿にファンから歓喜の声が上がっている。

    成宮さんはこの日、くちびるを尖らせたアヒル口で、ジャンケンのパーを出す短い無音の動画を投稿。
    口ヒゲをたくわえ、眉間にシワを寄せた姿にファンはメロメロのようで、瞬く間に再生回数は100万回を突破した。

    これに悶絶するファンが続出。
    Instagramのコメント欄には

    「相変わらずかっこいいね~笑」
    「はぁ…ため息つくほどかっこいい」
    「ほんっっとイケメン」
    「なりくんが...う、うごいてる~」
    「動画、すごくうれしいっす!」
    「めちゃくちゃ嬉しい動画!!」

    などの声が寄せられている。

    no title

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171029-42575689-narinariq 


    所長見解:復帰するね・・・
    【【ゲイ能人】久々の“動く成宮寛貴さん”ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の酒井法子が、来年1月20日、香港で17年ぶりとなるコンサートを開催することを、一部スポーツ紙が報じている。

    記事によると、中華圏の中でも最も人気が根強い香港を、のりピーが再訪。
    香港では98年に単独公演を開催し、14年には音楽祭「香港アジアンポップ・ミュージック・フェスティバル」にも出演。
    現地では「モンスター級美魔女」と称され、今でも香港からのファンレターが届くというほど。

    酒井は、年末に恒例のクリスマスディナーショー3公演を予定。
    現地の主催側は、来年2月の旧正月を迎える前に開催したい意向があり、その間を取って、来年1月の開催が決まったというのだ。

    「ここ数年、開催しているディナーショーには、中華圏から多くのファンが来日。
    いまだに、日本の歌手の中でも、中華圏での人気はトップクラスとあり、収容人数1400人程度の会場で行われるという香港公演は、壮絶なチケット争奪戦が展開されることになりそうだ」(音楽業界関係者)

    酒井は、09年に薬物事件で逮捕・起訴され、公判で懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。

    s


    すでに、執行猶予は明けたが、なかなか、事件以前のような仕事には恵まれず。

    http://npn.co.jp/article/detail/21941022/


    所長見解:無理でしょう・・・
    【【薬物逃亡】イメージ回復しきれないのりピーってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ、インパルス堤下敦(40)の運転する乗用車が27日午前10時35分ごろ、横浜市神奈川区の国道で、ゴミ収集車に追突した。
    神奈川署によると、収集車に乗っていた男性2人が首に軽症を負った。
    署では自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで捜査している。

    t


    調べによると、現場は片側2車線の見通しの良い直線で、長い緩やかな下り坂の途中。
    赤信号で停止していた収集車に堤下の車が後方から追突した。
    収集車には男性3人が乗車していた。
    堤下にけがはなく、「自分の不注意で事故を起こしたことは間違いない」などと供述しているという。

    関係者によると、堤下は横浜から都内に向かっていたとみられ、事故現場からほど近くには、堤下の実家があるという。

    堤下は今年6月、都内で、睡眠薬の影響で正常な運転ができない恐れがあったのに車を運転したなどとして、道交法違反(過労運転、事故不申告)の疑いで9月に書類送検されたばかり。
    この時は、都道に止まった車の運転席で堤下がもうろうとした状態でいるのを警官が発見。
    じんましんで医師の治療を受けており、直前に処方された睡眠薬を服用したと説明していた。

    堤下は神奈川署で取材に「捜査中で、まだはっきりしていないので」と答えた。
    所属する吉本興業によると、堤下はこの日はオフ。
    警察で尿と血液の検査を受けたが、その結果はこの日夜までには出なかった。

    堤下は今日28日に学園祭への出演が予定されていたが、出演をキャンセル。
    吉本興業関係者によると、当面は活動を自粛するという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13811862/
    日刊スポーツ


    所長見解:この人、大丈夫?
    【【再度事故】インパルス堤下また運転トラブル警察で尿と血液検査ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手のASKA(59)が音楽配信会社「Weare(ウィアー)」を上げたことが23日、分かった。ASKAがブログで発表した。

    k


    ASKAによると、自身のニューアルバム「Black&White」がリリースの第一弾。
    「世界には、たくさん配信会社がありますが、この度、立ち上げたこの配信会社、そして、
    この配信サイト、『Weare』(ウィアー)は、利益を追求しないのが、特色です。
    この会社は、配信事業によって利益を上げ、成長を遂げて行く会社ではありません。
    音楽業界、そして、アーティストのための配信会社です」と利益追求ではなく、アーティストが音楽を発信していくことが目的だとしている。

    配信は10月25日にスタートするが、ASKAは「10月25日時点での配信は、僕ひとりですが、すでに、配信希望のアーティストがたくさん集まって来ています」と“仲間”たちの多数参加が予定されているとしている。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000116-spnannex-ent


    所長見解:もう大丈夫なのかな・・・
    【【完全復帰】ASKA 音楽配信会社設立 利益は追求せずってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ