薬物

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    過去みたいにレギュラー番組や司会は無理そうだけど

    t


    所長見解:1回だけならね・・・
    【【薬物逮捕】田代まさしって1回だけだったなら今でもテレビ出てたよなってよwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    開かずのブラインドが開いたのは、1月31日、皆既月食の夜だった。
    赤銅色に染まる月を見ようと、窓越しに顔を覗かせた美女。
    以前よりやや痩せた印象はあるものの、夜空を見上げる憂いを帯びた表情は、4年前とまったく変わりない、妖艶な魅力を放っていた―。

    覚せい剤取締法違反によって、歌手のASKA(59)が逮捕されたのは’14年5月。
    そして当時、ASKAと共に覚醒剤に溺れ、不倫関係に陥っていたのが、Tさん(当時37)だった。
    驚くべきことに、ASKAは4年前、世間を大いに騒がせたあの覚醒剤事件の愛人・Tさんと、現在も関係が続いていたのだ。

    s


    二人が密会しているとの情報を得た本誌は、昨年末から取材を開始。
    都内にあるASKAの自宅兼事務所マンションで目撃した光景は、確かに、彼らの親密な関係をはっきりと示すものだった。

    現在に至るまで、本誌はTさんがASKAのマンションへと入っていく場面を頻繁に確認。
    常に合い鍵でオートロックを解錠し、連日のように一夜を共にしていることから、二人が半同棲生活を送っていることはもはや疑いようがない。
    二人の関係を知る知人が証言する。

    「もちろん、男女の情もあるとは思いますが、ASKAさんには贖罪の気持ちも強い。
    裁判の間も一貫して彼女をかばっていたことからもわかる通り、ASKAさんは自分のせいで彼女の人生をメチャクチャにしてしまったと感じているんでしょう。
    実際、ASKAさんはTさんの無実を証明しようと、公判で証言台に立とうとしていたほどですからね」

    ASKAとTさんは、事件後、一時は離れていた時期もあるが、すぐに復縁したという。
    不起訴になった’16年11月の再逮捕騒動の際や、’17年7月に明らかになった30年連れ添った糟糠の妻との離婚の際も、Tさんは常にASKAの側に寄り添っていたのだ。

    2月16日発売のフライデー最新号では、ASKAとTさんの近影を掲載するとともに、『同棲生活』に関するASKAのコメントも掲載している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180216-00010000-friday-ent


    所長見解:これ大丈夫か・・・
    【【関係復活】ASKA「覚醒剤事件の愛人」Tさんと同棲ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    平昌(ピョンチャン)冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック男子の斎藤慧(さいとう・けい)選手(21)=神奈川大=が、ドーピング検査で陽性反応を示していたことが12日、複数の関係者への取材で分かった。
    日本オリンピック委員会(JOC)が13日に平昌で詳細を公表する。
    違反となれば、冬季五輪の日本勢では史上初めてのケースとなる。

    s


    斎藤選手は2013、14年の世界ジュニア選手権で3000メートルリレーの3位に貢献した有望株。
    今回は男子の5番手として初の五輪代表入りを果たし、4人が出場するリレーで補欠の立場だった。
    関係者によると、レース以前の抜き打ち検査で検出されたとみられる。
    夏の五輪の日本代表では1984年ロサンゼルス大会のバレーボール男子で主力選手から興奮剤が検出された例がある。

    1月にはカヌー・スプリントの鈴木康大(すずき・やすひろ)選手がライバル選手の飲み物に禁止薬物を混入した悪質な例も発覚し、スポーツ庁などが競技団体に再発防止を呼び掛けていた。

    昨年以降、日本でドーピングを巡る問題が相次いでいる。
    レスリングの成国大志(なりくに・たいし)選手(青山学院大)は10月の大会で禁止物質が検出されて2年間の資格停止となり、競泳でも9月の大会で陽性反応を示した明治大の川崎駿(かわさき・しゅん)選手(アクラブ調布)が7カ月の資格停止処分を科された。


    日本選手にドーピング陽性反応 ショートトラック男子
    https://www.asahi.com/articles/ASL2F04JKL2DLEJQ0FT.html


    所長見解:調べないとね・・・
    【【平昌五輪】日本選手にドーピング陽性反応ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大竹まことの28歳長女が大麻所持で逮捕 認否不明

    タレント大竹まこと(68)の長女で、28歳の会社員が大麻取締法違反(所持)で警視庁に逮捕されていたことが31日、分かった。

    m


    先月30日、東京都品川区内で逮捕された。
    所持していた大麻は微量という。
    容疑を認めているかどうかは不明。
    大竹の所属事務所は、長女の逮捕を認めた。
    また今日1日放送のラジオレギュラー番組の文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」(月~金曜午後1時)の中で、事件に触れる可能性もある。

    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1517418442/


    所長見解:謝罪だな・・・
    【【常滑川娘】大竹まことの長女が大麻所持で逮捕ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    錦野旦、大麻逮捕の真相初告白 常習の女優からパイプを押しつけられ…

    歌手の錦野旦(69)が28日、テレビ朝日「しくじり先生 俺みたいになるな!!2時間スペシャル」(後6・57)に出演。
    1977年に大麻取締違法容疑で逮捕された際の真相を告白した。

    当時俳優としても活動していた錦野は、ある映画で女優Bと共演。
    撮影の合間、Bに趣味のクレー射撃の話をすると「あなたが射撃をしているのを見てみたいと」と言われて一緒に射撃に行くことに。
    すると、射撃を終えて東京へと戻る車の中で、Bが助手席でパイプを取り出して大麻の吸引を開始。
    錦野はそれが大麻と分からなかったが、Bからパイプを口もとに押しつけられたという。

    数日後、警察官5~6人が突然自宅マンションに。
    大麻所持で逮捕されたBが「錦野さんに大麻を用意しろと言われた」と証言したためだった。

    no title


    家宅捜索の結果、自宅から大麻は発見されなかった。
    しかし、刑事に「隠していることはないか?」と言われた錦野は「ピストルがあります」と正直に告白。
    本物のピストルではなく撮影用の精巧なモデルガンだったが、強盗に悪用される可能性があるとして押収された。

    捜査の結果、常習犯の女優Bから大麻を譲り受けた疑いと、模造拳銃を所持していたとして、大麻取締法違反容疑と銃刀法違反容疑で逮捕。
    最終的には不起訴処分となったが、「もっと年をとっていれば“弁護士さんを呼んでください”と言えたけど、何をしていいか分からない。
    警察署に連れて行かれて“口もとにパイプを当てられたということは、吸ったということになる”と言われ、無知だった僕は“そんなことになるのか”とぼう然。
    大麻について追及されても何も言えなくなり、否定することができなくなってしまった」と回想していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00000146-spnannex-ent 


    所長見解:いまさら言わなくても・・・
    【【逮捕歴有】スター錦野旦、大麻逮捕の真相初告白ってよwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ