薬物

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年4月「大麻取締法違反(所持)」で懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受けた女優の高樹沙耶が29日、フジテレビ系「バイキング・ザ・ゴールデン」に出演し、大麻使用のきっかけを告白した。

    t


    現在執行猶予中の高樹は石垣島で営む宿「虹の豆」で、番組MCを務めるタレントの坂上忍のインタビューに応じ、「大麻はもうありません」と言い切った上で、犯した事件を振り返った。

    2016年7月に医療大麻の使用解禁を訴えて参院選に出馬した高樹は、「死を目前にしている傲慢な考えが招いてしまったと考えている」と反省。

    自身の使用については、一緒に石垣島で暮らし、共に逮捕された同居男性が使用していたものを吸引したとした。
    男性については「相方は一緒に大麻の法改正運動をされていた方」と説明。
    狭心症を患い、高樹の目の前で「紫色になってチアノーゼになって、死にそうな状態を何度か過ごしている。
    そういう死を目前とされる方が自分の生存権のために、ご本人が選択なさるならば何も言えないと思った」と大麻の吸引を認めたという。

    当時のやり取りについては、「同居の中で(男性から)“使ってもいいかな”と言われ、“どうぞ”と。
    その代わり、どこで手に入れたとか、どこに置いたとか私には一切知らせないでくれと伝え、私は許可してしまった」と明かした。

    その後、自身も親知らずを抜いて顔が腫れ上がったことがきっかけで大麻を吸引。
    「カシューナッツ大の骨を取ったら、痛みが続く日があって、彼も使っていたので、私も政治にまで出て医療大麻をみなさんに伝えたので興味があった。
    どういうものか試したくて使ってしまったのが使用の理由」と振り返った。

    この言葉に坂上は「普通だったらお薬を頂いて、痛み止めを飲めばいいでしょ」と諭すと、高樹は「医療大麻がたくさんの人を助けるならば、日本でも研究してもらって“使えればいいじゃない”という立場だった。
    でも日本の法律では絶対にダメ。
    法律を犯したことはルール違反」と後悔を口にした。

    高樹は「一番、甘かったのは世界の現状というか、危険なものだったらよその国が解禁する訳がない。
    大麻草の有効利用ばかりが頭の中にあったので、この国でのルールのことを忘れてしまったのが要因。
    もう大麻の法改正や啓もう活動とか、一線を引かせてもらいます」と話していた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00000101-dal-ent 


    所長見解:大丈夫か・・・
    【【薬物逮捕】高樹沙耶 大麻使用は抜歯の痛みと告白 坂上忍「痛み止め飲めば」と諭すってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    清原和博が“黒い顔”で夜遊び復活! どこも報じていない新宿歌舞伎町での“危険なオーラ”

    k


    番長復活か——。
    2016年5月に覚醒剤取締法違反容疑で有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博の近況をキャッチした。
    清原と言えば、球界では「番長」と呼ばれていたが、公判では孤独感に苛まれ、寂しさを紛らわせるためにクスリを常用していたことを告白するなど、弱々しい姿を見せつけた。
    今年4月には、プライベートで面倒を見ていたタニマチ男性が急死。
    清原の落ち込みようは凄まじく、「みんないなくなっていく…」と意気消沈し、自暴自棄に陥ることもあったという。

    9月に「週刊新潮」(新潮社)が報じたところによると、清原は週1回のペースで薬物治療の病院に行き、体重が増えるとジムに行く以外は、家で「チャングムの誓い」などの韓流ドラマを観ているという。
     
    そんな“引きこもり”の清原を目撃したのは今月22日夜。
    場所はホームグラウンドとも言うべき新宿歌舞伎町だった。

    目撃した30代男性が語る。

    「取り巻きの男性数人といましたね。
    昔のイカついオーラは復活していて、近寄り難い雰囲気。
    顔も黒かったですね。
    スマホで話しながらどこかに移動していきました」
     
    歌舞伎町には清原が「オンマ(韓国語で母親)」と慕う女性が営む韓国料理店がある。
    この日、清原が同店に顔を出したかまでは不明だが「歌舞伎町に来て、その店に寄らないことはない。女性店主は事件後も『あの子がクスリなんかやるはずがない』と最後までかばっていた」(週刊誌記者)


    https://news.biglobe.ne.jp/trend/1227/toc_171227_6373821997.html 


    所長見解:もうダメだよ・・・
    【【再度悪夢】清原和博が夜遊び復活 歌舞伎町での危険なオーラってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    江角マキコさん(51)や堀北真希さん(29)ら、今年も芸能人の引退が続いた。
    そんな中、昨年12月、コカイン吸引疑惑報道の直後に引退した元俳優の成宮寛貴氏(35)が、今夏からインスタグラムで近影の投稿を始めて話題になっている。
    スポニチ本紙は、海外で暮らしているという成宮氏の近況を知人に聞いた。

    「彼が海外に移住したのは新たなビジネスを探すため。
    でも、実際は日本の芸能界に未練を残している。
    仮に復帰できることになったとしても“成宮寛貴”として活動するのは難しいだろうし、ビジネスも先が見通せないし、悩んでいる」

    引退後すぐに海外移住した。
    今秋まで北欧で、現在はオランダ。
    優雅な暮らしぶりをインスタグラムに投稿しているが実情は金欠で、知人は「今のまま海外で生活していくのは難しい」と明かす。

    成宮氏が8月にインスタグラムを開設したのは、芸能界復帰に向けた待望論をファンに喚起してもらうほか、ファン向けの新たなビジネスを始める狙いとみられる。

    今月6日には入浴中とみられる写真を投稿し「かっこよすぎ」「早く復活して」と大反響。
    知人は「色気たっぷりの写真をアップするのは、インスタのフォロワー数を増やしたいため」と明かした。

    成宮氏は薬物のイメージを完全に拭い去れていないこともあって、芸能界復帰はまだまだ先だろう。
    海外を拠点にインターネットを使って日本のファンに向けたビジネスを始めるのが現実的とみられる。
    しかし知人は「支援者がどんどん離れている。彼の精神状態は良くなく、見ていてもつらい状態」と話した。
    引退から1年。成宮氏は大きな壁にぶつかっているようだ。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000068-spnannex-ent

    近況をたびたび報告している成宮寛貴氏(10月4日の本人のインスタグラムから)
    no title


    所長見解:無理じゃないの・・・
    【【計画的裸】成宮寛貴氏、インスタ“裸”は芸能界復帰への布石ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われている元タレント、清水良太郎被告(29)の判決公判が22日、東京地裁で開かれ、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の有罪判決が言い渡された。
    公判では、芸能界にはびこる薬物への誘惑の多さが浮き彫りに。
    状況を重く見た警視庁の捜査線上には、多くの芸能人が浮上している。

    y


    良太郎被告はノーネクタイの白いシャツの上にグレーのニットを着た姿で入廷。
    涙も見せた15日の初公判から一転、淡々とした表情で判決に耳を傾けた。
    反省の弁などを口にする機会はないまま約2分で閉廷。
    傍聴席に2度礼をして退廷した。

    閉廷後は勾留先の東京拘置所に戻り、黒スーツにネクタイ姿で報道陣の前に現れ「このたびは多くの方々にご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした」と一礼。
    兄で元所属事務所の清水友人(ともひと)社長の車で、午後5時18分に都内の自宅に戻った。

    公判を通じ、取材記者の間では反省の弁と裏腹に「罪悪感が希薄に感じる」との声が上がる場面も多かった。
    初公判では検察側の冒頭陳述で、初対面の女性の前で覚醒剤を使用し、口移しで吸わせるなど、卑劣極まりない犯行が明らかに。
    被告人質問でも「芸能人の間で、曲作りがはかどるという噂を聞いた」と犯行動機を語るなど、犯罪意識の薄さが浮き彫りになった。
    芸能界全体の薬物への規範意識が鈍磨しているかのように感じさせる、象徴的な事件となった。

    今年は覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われ有罪判決を受けた俳優の橋爪遼(31)ら芸能人のみならず、音楽プロデューサーや事務所社長など裏方の薬物での逮捕も目立った。

    警視庁は昨年に逮捕した大物ミュージシャンが不起訴処分になる事態を招いて以降、捜査の中心を芸能界から暴力団周辺へと転換していた。
    その中、芸能界の汚染は深刻に。
    薬物捜査を担当する組織犯罪対策5課の課長が12月に交代したことを機に、今後は芸能界の徹底捜査へシフトしていきそうだ。

    関係者によると、良太郎被告は取り調べに対し、薬物の供給元や流れなどを詳細に供述している。
    捜査線上には中堅人気俳優のFやE、女性モデルのM、女優Mらが挙がっている。
    アスリートの名も浮上しており、来年は摘発が相次ぐ可能性もある。

    https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20171223_0062/


    所長見解:誰だよ・・・
    【【薬物汚染】捜査線上に人気俳優ら大物浮上 来年摘発ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    かの有名な酒井法子やASKAの事件だけでなく、今年6月に俳優・橋爪功の息子で俳優の橋爪遼・元被告(現在、執行猶予期間中)、10月にモノマネ芸人・清水アキラの息子でタレントの清水良太郎被告が逮捕されて、2017年も大騒動となった芸能界の薬物汚染。
    最近でも、12月に俳優・浅野忠信の父親で浅野の所属事務所社長の佐藤幸久容疑者が逮捕されるなど、一向に収まる気配はない。
    こうも逮捕される芸能人が後を絶たないのは、なぜか。

    我々は、歌とお笑いで一世を風靡し、その後、薬物依存症に陥ってしまった元タレント・田代まさし氏を直撃し、芸能界の薬物汚染と、薬物の怖さ、そして、依存症からの脱却について、話を聞いてみた。

    no title


    現在は薬物依存者を支援するNPO法人『日本ダルク』のスタッフとして働きながら、全国で薬物依存に関する講演を精力的に行っている田代氏は、相次ぐ芸能人の薬物逮捕について、こう語る。
    「捕まったらニュースになるから目立つだけで、芸能界だけ特別ということはないと思います。
    ただ、確かに芸能人のほうが、一般の人より手に入りやすいということはあるかもしれませんね。
    いろんな人との接点も多くなりますから、薬物を売る人と出会う確率は比較的に高いのかもしれない」

    しかし、有名人ともなれば、普通の人以上に慎重になるはず。
    それでも薬物に手を出してしまうのは、なぜなのだろうか。
    「私の場合、プレッシャーでした。周囲のおかげで芸能界に復帰し、仕事がパンク寸前のときでしたから」

    田代氏が薬物で逮捕されたのは2001年のこと。
    その前年に田代氏は電車内での迷惑行為で書類送検され、一時、活動を自粛したが、半年後に復帰。
    薬物にハマッたのは、人気絶調の、そんなときだった。
    「毎日、面白いネタを何本も考えるのは、もう限界だと思っていたんですよ。
    でも、仕事はどんどん増えていくし、復帰を助けてくれた人たちの期待にも応えなくてはいけない……そんな板挟みの心境でした」

    田代氏は、子どもから大人まで皆に愛されるお笑いタレントだった。
    しかし、番組の収録が1日4本、5本と増えていく中で、徐々に神経を磨り減らしていく。そんなとき、あるテレビ関係者から“いいモノありますよ”と声をかけられたのだという。「すぐにピンときましたけど、この状況が前に進むのなら1回くらい、いいかなと思ってしまったんです。それも一つの解決策かなと。
    芸能界という荒波に揉まれて溺れそうになっていたときに、“違法”と書かれた浮き輪が流れてきて、とっさにつかまった……そんな感じでした。
    だから、そんなに罪悪感はなかったんです。
    絶対に1回でやめられると思っていましたし」

    我々には想像もできないプレッシャーのかかる芸能界では、田代氏のように、それを必要だと思ってしまう人も多いのかもしれない。
    また、金回りの良い芸能人なら、高額な薬物でも簡単に買えてしまうという事情もあるのだろう。
    「そのときも、最初はタダでいいよと言うんですよ。でも、その人のところへ続けて買いに行っちゃう」

    https://taishu.jp/detail/30874/


    所長見解:怖いよね・・・
    【【薬物汚染】田代まさし「芸能人がクスリにハマってしまう理由」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ