薬物

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    体調が悪いけど、病院に行くほどでもない。

    そんな時は、市販薬に頼ることも多いですよね。

    しかし一概に市販薬といっても、さまざまなメーカーが薬を販売しているので、「つまりはどれが効くの?」と迷ってしまうことも…。

    今回は、薬剤師が「常備しとけ」と太鼓判をおす市販薬について探ってみました。

    d


    1位 ロキソニンS 47.9%

    2位 ビオフェルミン 38.3%

    3位 葛根湯 37.2%

    4位 オロナイン軟膏 25.5%

    5位 正露丸 23.4%

    6位 ガスター10 18.1%

    7位 新三共胃腸薬 13.8%

    7位 バファリン 13.8%

    9位 のどぬーるスプレー 11.7%

    10位 パブロンSゴールド 7.4%

    11位 ベンザブロック 6.4%

    11位 エスタックイブ 6.4%

    11位 カイゲン 6.4%

    14位 キンカン 5.3%

    15位 新ルルゴールド 4.3%

    http://ranking.goo.ne.jp/column/article/1105/
    所長見解:買っとくか・・・

    【【薬剤師推薦】常備すべき市販薬ランキングがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    実力派俳優、新井浩文容疑者の逮捕など、有名芸能人たちの不祥事が目立つ昨今。

    その代償は大きく、復帰はほぼ不可能だと思われるが、実は過去には大きなスキャンダルを起こしつつも、見事に復帰に成功した芸能人も多いのだ。

    g


    「歌手の槇原敬之さんは1999年、自宅で覚せい剤を所持していることが発覚し、現行犯逮捕されました。
    前向きな曲も多く、逮捕がアルバム発売直後だったこともあり、ツアーの中止やCDの店頭回収で多額の借金を抱えることに。
    しかし、執行猶予期間中の2000年には、早々と復帰しアルバムをリリース。
    2003年には、あの名曲『世界に一つだけの花』を世に送り出しています。
    現在では『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のテーマ曲まで手掛けるほど、イメージは回復。借金も返済したようです」(芸能記者)


    さらに、こんな逮捕歴がある芸能人も。

    「お笑い芸人の板尾創路さんは1994年に、当時中学3年生だった少女にわいせつな行為をしたとして青少年健全育成条例違反容疑で逮捕されました。
    そして、それに懲りず、2017年にはグラビアアイドルとの不倫が発覚。
    しかし、もともとイメージが重視されるキャラではなかったことと、他にはない独特のセンスを持っていたことで、俳優として今でも順調に活動しています。
    最近では映画監督としても活躍していて、過去の不祥事はすっかり忘れ去られているようですね」(前出・同)


    また、日本ではなく海外に拠点を移し成功した例もある。

    「2009年に覚せい剤取締法違反で逮捕された酒井法子さんは、清純派として売り出していたこともあり、逮捕によって一気にイメージが低下しました。
    日本では嫌悪感を抱く人も多かったのですが、酒井さんは中国に目をつけ、一気に進出。
    今では中国で多くのファンを持ち、コンサートを開けばチケットは即完売状態だそうです。
    ネットドラマへの出演も決まり、中華圏での露出がさらに増えそうですね。
    逮捕直後は『介護の仕事に携わりたい』とも話していましたが、中国では“禁毒大使”に任命されたこともあり、バッシングは少ないです」(前出・同)

    逮捕されても復帰が可能な芸能界は、なんとも甘い世界なのかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16007059/

    所長見解:ほんまやね・・・
    【【逮捕歴あり】過去の不祥事から復帰した芸能人がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年7月にマッサージ店から派遣された30代女性従業員を自宅で乱暴したとして、強制性交の疑いで逮捕された俳優の新井浩文容疑者(40)だが、逮捕を的中させたとして話題になっているのが、アウトロー系の月刊誌「実話ナックルズ」(大洋図書)だ。

    「同誌は昨年4月に話題になった山口達也さんの書類送検を、同年2月の段階で『人気情報番組「ZIP!」出演者に未成年アイドル食い疑惑』と題し予言する記事を掲載していたことで注目されてた。
    同誌のネット版には昨年10月、『アウトレイジに出演の中堅俳優に強姦疑惑』との記事が掲載された。
    そして、発売中の3月号に続編を掲載し、その俳優がが被害者のAさんと示談を持ちかけていることや、被害者がほかにもいる可能性などに言及していた。
    そして、今月1日、逮捕に至った」(週刊誌記者)

    ネット上では奉られている同誌だが、実は、発売中の号には、的中したら新井容疑者以上の騒ぎになりそうなヤバすぎる記事が出てしまっているというのだ。

    n


    「なんと、紅白にも出場経験のある国民的グループのボーカル・Xにシャブでの逮捕情報が浮上しているのだとか。
    逮捕に向け、すでにASKAや清原和博を逮捕した警視庁組対5課の捜査員が芸能界の裏情報を握る実力者に接触してXの動向を探ったといいます。 
    Xのネームバリューからすれば、新井容疑者とは比べものにならない大パニックになりそうです」(芸能記者)

    逮捕されれば、その時点で薬物事犯では21世紀最大の大捕物となりそうだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1680789/
    週刊実話

    所長見解:だれやねん・・・

    【【これはヤバい】国民的グループのボーカル・X 薬物逮捕へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    合成麻薬を所持したとして、神奈川県警大船署は30日、麻薬取締法違反(所持)の疑いで、モデルのダンシー・シャノン美沙容疑者(28)=東京都豊島区西池袋=を逮捕した。

    「自分の物に間違いない」と容疑を認めているという。

    g


    逮捕容疑は昨年12月10日、同区の自宅で合成麻薬MDMAを1錠所持した疑い。

    同署が自宅を家宅捜索した際に錠剤を押収。

    鑑定した結果、MDMAと判明した。

    同署は入手経路や使用の有無などについても捜査する方針。

    ダンシー容疑者は、ファッションモデルとして活動し、大手百貨店のCMにも出演したことがあるという。 

    https://news.infoseek.co.jp/article/190130jijiX600/


    所長見解:知らんな・・・

    【【薬物逮捕】合成麻薬MDMA所持で逮捕された女性モデルがコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2016年(平成28年)2月2日、球界に衝撃が走った。

    清原和博(51)が、覚せい剤取締法違反で逮捕されたのだ。

    すでに、懲役2年6月、執行猶予4年の判決が下されているものの、巨人時代の後輩にはまだいい足りないことがあるとか。

    その後輩とは、元プロ野球選手の野村貴仁(たかひと)氏(50)だ。

    巨人時代は清原を慕う選手の一人として知られていた彼は、06年に覚せい剤取締法違反で逮捕されている。

    ちなみに、判決は懲役1年6月、執行猶予3年だった。

    野村氏本人が憤りをあらわにしてこういう。

    「アイツは、“現役時代は覚醒剤に手を出していなかった”といっている。
    何を寝ぼけたことを言っているんだ。
    これだけはいっておきたいけど、ヤツが現役時代からシャブを使っていたことは間違いない」

    当の清原は裁判でも、後に出版した『告白』でも“覚醒剤を使い始めたのは引退後”としているが、「俺が巨人へ移籍した1年目の1998年、宮崎キャンプが終わった後に残ってグラウンドで調整していた。
    そこへ初対面の清原から、“マリファナを仕入れてもらえへんか”といわれたのが始まり。
    結局、マリファナは入手できなかった。
    すると、今度は“覚醒剤が欲しい。手に入るか”と。
    それで、俺がシャブを用立てることになったわけだ」

    野村氏は、“裏社会”に通じた名古屋市内に住む旧知の女性に頼んで覚醒剤を入手している。

    ちなみに、この時の数十万円に限っていえば、彼がすべて支払っていた。

    「ヤツはホテルや車中などで常習的にシャブを使っていた。
    方法は(腕などに注射で打つ)ショットでなく、覚醒剤を細かく砕いて鼻からの吸引。
    次第に清原の髪の毛はボサボサになり、目の周りの窪みが目立ち始めた。
    それで心配になり、“シャブは止めた方がいいですよ”といったほど。
    まあ、俺の忠告なんて聞く耳を持たなかったけどな」

    n


    “おふくろは元気か”
     
    野村氏の巨人在籍期間は4年間。

    退団後、清原と疎遠になっていた。

    「俺が逮捕されて刑が確定した後、清原から電話があり、“おふくろは元気か”と聞いてきた。
    アイツはおふくろと面識はないから、すぐにピンときたね。
    俺が、ヤツのことを警察に話していないかを探ってきたんだ。
    それで“警察にはうたってない”と答えると、“そうか、すまん”とだけいって電話を切った」

    翌日、清原から再び電話があった。

    が、写真誌の記事を巡って2人は口論となり、それ以降、野村氏は彼と一切会話を交わしていないという。

    「俺のいっていることは絶対に間違いない。
    清原が嘘だというのなら、白黒つけよう。
    対談だって、なんだってしてやる。
    実は、2年ほど前から大工の仕事をしているんだ。
    高知市内にお遍路さんが立ち寄る接待所を作っている。
    そこでたこ焼きや今川焼きを売るから、清原が来たら歓迎するよ」

    清原に真偽を確認したが、返答はなかった。

    かつて番長と呼ばれた男は、大工になった後輩の“挑戦状”にどう応じるのか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190113-00554672-shincho-base


    所長見解:あいかわらずやね・・・

    【【清原問題】野村貴仁「嘘だというのなら白黒つけよう。対談だって、なんだってしてやる」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ