ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    薬物

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    いまや日本を代表する大物イケメン俳優のX。

    数々のテレビドラマや映画で活躍し、その甘いマスクで熱狂的な女性ファンが多いことでも知られている。

    また、プライベートもあまり派手な噂など無く、スキャンダルとは一切無縁なイメージだが、なんとここにきて薬物疑惑があがっている。


    y


    「恵比寿の路地裏に、芸能界はもちろんファッション、音楽業界のあいだで有名な一見お断りの会員制BARがあります。
    そのお店には人気俳優夫婦や大物芸人、ドラマの主演級女優などそうそうたる面子が来店してるんですけど、そこにXも通っているんですよ」(音楽関係者A氏)


    その会員制BARは、いわゆる普通の店とは違い、壁には年代物のアートなどが飾ってあり、ネオンライトが光るいかにも怪しい雰囲気の店らしい。

    ちなみに店のオーナーは業界ではかなりの有名人で、来店客のほとんどはその人脈を辿って遊びに来ているという。


    「もちろん確証はありませんよ? でも少なくとも僕はXの“怪しい行動”を目撃しました」


    A氏が言うにはこうである。

    店に入ると、カウンターには某俳優の弟と、その友人らしき人物(※仮にBとする)が座っていたという。

    そして少し離れた席にXが座っていた。

    しばらくするとBはトイレへと向かい、数分後に出てきた。

    しかしそのまま自分の席へは戻らずXの元へ行き、暗い店内と一瞬の出来事だった為しっかりと確認できなかったが、“ある物”をXに手渡したという。


    「その後、僕はなにか怪しいと思い、Xが出てくるタイミングを見計らってトイレへと向かったんですけど、扉を開けるとちょうどXが出てきたんですよ。
    で、そのとき、僕は確かに目撃しました。
    Xが“鼻をすすって”いるのを…」


    A氏自身が言うように、確証などは一切無い。

    しかし手渡された“ある物”、“鼻をすする”…

    これら一連の行為で想像できる事はひとつしかない。

    果たして真実は……。


    https://k-knuckles.jp/1/8399/2/

    所長見解:誰やろ・・・

    【【薬物疑惑】日本を代表する大物イケメン俳優Xの「怪しい行動」ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テクノユニット「電気グルーヴ」の石野卓球(51)が9日までに自身のインスタグラムを更新。

    麻薬取締法違反で有罪判決を受けたピエール瀧(52)との2ショットを公開した。


    d


    石野は「Denki Groove」とコメント。

    腰の部分がつながった黄色のTシャツを着て、口ひげの生えた瀧とおどけたポーズを取った写真をアップした。


    この投稿には

    「ウルトラノ瀧お帰りなさい これこれ、電気グルーヴ!これを待ってたんだ!!!」

    「最高でしかない!!」

    「お帰りなさい 待ってましたよ」

    「やっぱ電グルはこれだよ~」

    「最強コンビ復活!」

    など480件を超える歓喜のコメントが寄せられている。


    画像①

    https://hochi.news/articles/20190809-OHT1T50097.html 



    所長見解:おもろい・・・


    【【電気グルーヴ】石野卓球、ピエール瀧のふざけすぎインスタがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「西川さんがステージに現れて、中村さんと17年ぶりの共演を果たしたとき、ファンの中には感極まって泣きだす人もいました。
    西川さんも涙していましたね。
    ドリカムのツアースタッフの中には17年前と変わっていない人たちもいて、終演後は久々の再会に、固い握手を交わして喜び合う感動の光景も見られました」(音楽関係者)


    デビュー30周年を迎えた吉田美和(54)と中村正人(60)のDREAMS COME TRUE。

    現在、4年に1度の全国ツアー「ドリカムワンダーランド」を開催中だ。

    7月27日、北海道出身の彼らが札幌ドームで凱旋公演を行った。

    その“前夜祭”イベント「ドリカムディスコ」(通称ドスコ)のステージで中村がサプライズゲストとして呼んだのは、17年前に脱退した西川隆宏(55)だったのだ。


    d


    「脱退後、覚せい剤取締法違反で逮捕された彼は、表舞台からしばらく姿を消しました。
    09年の6月に故郷・北海道でバーを開いた後、DJ Niehyaとして音楽活動を再開させたんです。
    中村さんと一緒に出演する機会はいままでなかったので“ドスコ”の盛り上がりは最高潮。
    吉田さんが参加しない“前夜祭”とはいえ、ファンは“3人のドリカム”を愛していたんだな、と思いましたね。
    中村さんは、西川さんの脱退後も、ずっと彼を気にして定期的に連絡を取り合い、彼が札幌にオープンしたバーにも何回か足を運んでいたそうです。
    今回の札幌ドーム公演終了後、今度は西川さん主催のイベントに深夜になって訪れていたと聞いています」(地方紙記者)


    今年3月21日。

    ドリカム30周年を記念するブログに、中村は3人時代のドリカムの写真を大きく掲げ、意味深なメッセージを掲載した。

    《やっとデビューできた時の言葉では表せなかった気持ち。それから30年間のうれしい気持ち。苦しい気持ち。たのしい気持ち。悲しい気持ち。大好きな気持ち。大嫌いな気持ち。今日を迎えて、やっぱり言葉では表せない気持ち。そんな色んな気持ち達を全て一旦受け入れ天に昇らせよう》


    「札幌での“ドスコ”終了後、実際に3人で会う機会を持ったそうです。
    その場には、ドリカムのサポートメンバーでもある吉田さんの旦那さんもいたようです」(前出・音楽関係者)

    今回の西川との“共演”に手を差し伸べた中村は現在、“吉田美和の音楽を世界に届ける”というコンセプトの音楽会社で代表取締役を務めている。


    「中村さんは自らライブやイベントの交渉や打ち合わせを行っています。
    最終的に吉田さんに確認をとり、彼女がOKを出さない限り、基本的に企画は通らないんです。
    中村さんは今年の30周年を逃すと西川さんの“復帰”はありえないとわかっていました。
    だからまずは故郷で、かつ吉田さんが出ないイベントのときにでも、と提案した。
    吉田さんが西川さんを再度“ドリカム”と認める許可を出しやすいようにと考えたのでしょう」(地元の放送局関係者)


    ドリカムの事務所関係者に、今回のイベントについて聞くと、

    「確かに中村と西川さんはドリカムディスコで共演しましたが、それは中村の個人的なつながりから。
    その後、3人では会っていません。
    3人で活動することはありません」


    現時点での西川のドリカム再加入は否定するが、別の音楽関係者はこう証言する。

    「今回のイベントでは大多数のファンが西川さんを歓迎し、大盛況でした。
    これを受け、西川さんは他都市で開催される“ドスコ”にも出演を依頼されたそうです。
    正直、吉田さんには当初、不安もあったようですが、ファンの反響を聞いてやはりうれしかったようです。
    西川さんが正式メンバーとして復活する“悲願”にはまだまだ時間がかかるかもしれませんが、大きな一歩です」


    動きだしたドリカム。

    3人の復活ステージは大きな話題になると力説するのはNHK関係者だ。

    「好評だった昨年の『紅白』に負けじとスタッフは令和初『紅白』の目玉探しに奔走しています。
    昨年は朝ドラ『まんぷく』の主題歌を担当するも辞退。
    今年の朝ドラ『なつぞら』の舞台が北海道ということもあり、30周年“同郷”のドリカム出場となれば、この上ない目玉となるでしょう」


    多くのファンは3人のドリカムに“会えたらいいね”と願っている――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00010000-jisin-ent

    ▼画像
    https://img.jisin.jp/uploads/2019/08/drecam_1_line_tw.jpg

    所長見解:そんなになるか・・・

    【【朗報】ドリカム、三人で完全復活説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    一気に猛暑となった7月下旬のある昼下がり、都心のジムの一室で、一心不乱にバットを振る巨漢がいた。

    ガラス張りの部屋は、ティーバッティングもできる練習スペースで、ボールが破裂するかのような打撃音に、周りも思わず振り返る。

    一般の利用客とはモノが違う豪快なスイングをしていたのは、清原和博氏(51)だった。

    k


    2016年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕された清原氏。

    保釈後には有力スポンサーのバックアップで「焼肉店を経営する」「ラーメン店を開く」などと報じられたこともあったが、現在まで新たなビジネスを始めたという話はない。

    まだ再起の道は見えないが、この日の清原氏は休むことなく30分以上も一心不乱にバットを振り続けた。


    1週間後、清原氏は再び同じジムに姿を見せた。

    傍らにいた練習パートナーにスイングを動画撮影してもらい、2人でチェックしながら話し合う様子もあった。

    この日は150球以上の打ち込みを見せた清原氏。

    2008年の引退から実に11年ぶりのフルスイングだった。

     
    近くを通りかかった5歳くらいの男児が「音、スゲー!」と言って思わず立ち止まると、母親が「巨人で4番だったんだよ~」と説明する場面もあった。


    その後、清原氏はストレッチやマシンを使ったトレーニングに移り、およそ2時間半にわたって汗を流した。


    清原氏といえば甲子園で通算13本塁打の記録を持ち、いまだ破られていない。

    8月6日から始まる夏の甲子園に触発されてのバッティングだったのだろうか。


    清原氏に近い野球関係者が語る。

    「実は彼、元高校球児が再び甲子園を目指す『マスターズ甲子園』を目指しているという話もあるんです。
    出身校であるPL学園は今年から参加し、桑田真澄氏を中心に大阪府予選の決勝まで勝ち進んでいる。
    そこに参加したい思いが強いのではないか」

     
    練習を終えた清原氏を直撃し、練習の目的を聞いたが、終始無言のまま。

    しかし、ファンに向けてメッセージを求めると、小さな声で、「ありがとうございます」とつぶやいた。

    夢の「KKコンビ」の復活が見られるかもしれない。



    週刊ポスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190805-00000007-pseven-spo 

    所長見解:なんでまた・・・

    【【これはあかん】清原和博さん、また打ち始めた模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【衝撃情報】田口淳之介「取調べでゲロッた」あの大女優の名前

    捜査員も驚愕した「思わぬ証言」


    6月に元女優・小嶺麗奈と共に逮捕された元KAT-TUNの田口淳之介。

    公判中に「結婚したい発言」も飛び出しまたまた世間から失笑を買ったが、ここに来て笑えない新情報が浮上している。


    「取調官もあまりに突然の発言に、言葉を失ったらしい。
    あの女優の名前を出したというのだから」


    t


    ここでいう「あの女優」とは、90年代から数多くのドラマや映画に主演している超がつく有名人。

    衝撃的だったのは「あの女優」の危ない過去を田口が話しはじめたということだった。

    裁判では語られることのなかった“思わぬ副産物”に、捜査当局も注目しているという。

    取調室のなかで田口が語った「あの女優」とは誰なのか、そして「危ない過去」とは何なのか。

    詳細は7月30日発売「実話ナックルズ」9月号にてお伝えする。

    https://k-knuckles.jp/6/8253/2/

    ▼画像
    https://shop.r10s.jp/book/cabinet/0994/4910048770994.jpg

    所長見解:誰?・・・

    【【超絶スキャンダル】 元KAT-TUNの田口淳之介が取調べで供述した「失楽園」出演の大物女優の名前・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ