ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    薬物

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title

    誰やねん

    所長見解:太ったね・・・

    【【検証画像あり】ピエール瀧さん、すでに別人になった模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    15日発売となる自伝「Me」の中で大物セレブたちの驚きのエピソードを明かし、注目を集めているエルトン・ジョン(72)が自伝の中で、故マイケル・ジャクソンさんについて「精神的に病んでいた」と書いていることがわかった。

    ジョンの自伝には大物ハリウッドスターたちに加え、ボブ・ディラン、フレディ・マーキュリー、ジョン・レノンらを初めとする音楽界のスーパースターたちが続々と登場している。


    m


    米情報サイトTMZによると、マイケルさんを13歳の時から知っていたというジョンは自伝の中で、「彼は最高に可愛い子供だった。
    しかし、ある時期から、世間や現実から遠ざかるようになった。
    エルビス・プレスリーと同じように」と書いているという。


    さらに、「彼の頭の中で何が起きていたのか、どんな処方薬を服用していたのかは誰にもわからないが、晩年の彼に会うたびに“可哀そうに、完全にイカれてる”と思っていた」と告白。

    「冗談で言っているのではなく、彼は本当に精神的に病んでいた。
    周囲の人々を不安にさせる人になっていた」と書いているという。


    マイケルさんを自宅でのパーティに招待した際、いつの間にか姿を消し、家政婦の子供と遊んでいたエピソードも明かし、「何が理由であれ、彼は大人と一緒にいることが、全く出来ないようだった」と振り返っているという。 


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-10150032-nksports-ent

    所長見解:そうなんやろな・・・

    【【暴露】エルトン・ジョンさん「マイケル・ジャクソンは精神的に病んでいた」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本代表の快進撃もあってラグビーW杯はこれまでにない盛り上がりをみせ、来年には東京オリンピックも開催される。

    海外からの観客も多数押し寄せることが予想される中、捜査当局は薬物の根絶を目指して取り締まりを強化する。

    そこでターゲットとなるのは芸能界だ。

    早くもきな臭い話が漏れてくる。

     
    今年3月にはミュージシャンで俳優のピエール瀧(52)がコカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕され、5月にはジャニーズ事務所の人気グループ「KAT-TUN」の元メンバーでミュージシャンの田口淳之介被告(33)と、内縁関係の元女優の小嶺麗奈被告(39)が大麻取締法違反(所持)の罪で逮捕されて話題となったが、それ以降、いわゆる“大物”の逮捕には至っていない。

     
    だが、水面下では薬物犯罪を取り締まる厚生労働省地方厚生局麻薬取締部、通称マトリと警視庁組織犯罪対策部5課、通称・組対5課による捜査は続いており、今後さらなる大物の逮捕劇が予想されているという。

    t

     
    「『マトリ』にしても『組対5課』にしても、根底にある目標は薬物犯罪の根絶。
    知名度の高い芸能人や著名人の逮捕は犯罪を取り締まるという本来の目的に加え、メディアなどで派手に取り上げられるため、世間に対するインパクトも大きく、犯罪の抑止というプラスアルファの効果も見込める。
    そういう側面から、お祭りムードとなる来年の東京五輪の開催に向けて、大物芸能人、著名人の逮捕が想定されます」(マトリ関係者)

     
    ここに来て業界関係者の間でささやかれているのが人気女性タレントXの存在という。

     
    「Xについては長年、違法薬物の使用疑惑が取り沙汰されていましたが、今年の夏頃から『ついにXが逮捕されるらしい』『マトリがXを徹底マークしている』という噂が流れています。
    実際、水面下では某民放テレビ局の情報番組がいざというときに備えてXの近況情報を集めたり、編成部がキャスティングにも気を配っているそうです」(大手レコード会社スタッフ)

     
    Xといえば、若い頃からモデルやグラビアタレントとして活躍。

    現在もマルチな活躍を見せているが…。

     
    「類まれなる美貌とプロポーションを誇り、過去には熱愛スキャンダルを伝えられたこともありながらいまだに独身を貫いているのは、違法薬物使用が原因ではとみられている。
    バラエティー番組の現場では、妙にハイテンションになり、周囲のスタッフや共演者を驚かせるそうです。
    交友関係についても、過去に違法薬物の所持疑惑で逮捕された女性タレントYのほか、以前から同じく違法薬物の使用疑惑が取り沙汰されている同世代の女性タレントZとの親密な関係も知られています」(同レコード会社スタッフ)

     
    2020年の東京オリンピックを前に、世間を震撼(しんかん)させる新たな大捕物となるのか。


    https://www.zakzak.co.jp/smp/ent/news/191012/enn1910120013-s1.html?ownedref=not 176et_all_newsTop

    所長見解:誰やねん・・・


    【【薬物逮捕へ】人気女性タレントX、妙なハイテンション…いまだ独身を貫いている理由は違法薬物使用が原因ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    芸能界の不祥事や各種犯罪が騒がれるのは毎度のことで毎年のように逮捕者も出ている。

    今後もこれがなくなることはないだろうが、今現在業界内で「次に危ない」と言われているのは誰なのか、関係者から聞き出した。

    あくまでも噂の域を出ない話で実際にはわからないが、その名前をご紹介しよう。


    t


    「薬物系の犯罪で捕まる人は昔から芸能界に多いんですが、今年に入ってから麻取がマークしているのではないかと業界内で言われ出したのが司会も務める大物芸人のXさんです」(テレビ番組スタッフ)

     
    いきなり超ビッグネームの登場に、驚くしかないが、この噂はかなり広がっている模様だ。


    「すごいハードなスケジュールで働いているはずなのに、あまりストレスを溜めているように見えないので、もしかしたら薬物を……と考えている人はいるみたいです」(同)

     
    仮に逮捕などとなれば業界が激震どころでは済まない。

    いくつの番組が打ち切りになるのだろうか。

     
    また、別の犯罪で捕まりそうな人としてはあのアイドルの名前が出てきた。

    「別に何があるわけじゃないんですが、アイドルのTさんは性犯罪関連でそのうち捕まると言われ続けています。
    女性を口説くときに相当強引のようで。
    そのため、身から出た錆でいつか被害届を出されるんじゃないかと」(テレビ局ディレクター)

     
    たしかに強引な手口で女性を口説き落としていればいつか地雷を踏む可能性もある。

    どうか気を付けてほしいものだ。

     
    最後は女性の名前が出てきた。

    「Sさんは酒豪として知られますが、いつか飲酒運転や事故で捕まるのではといわれています。
    飲酒運転を目撃したことはありませんが、しそうな人なんです。
    本人の中でお酒を飲んでいるという強い意識がないようなので、そのうち大事になりそう」(芸能プロ関係者)

     
    アルコールは人生を楽しくすることもあれば台無しにすることもある。

    くれぐれも慎重に歩んでほしいものだ。

    今回はこのような名前が聞くことができたが、いずれもただの噂であってほしいと切に願う。

    日々テレビやドラマを楽しみにしている視聴者やファンのためにも慎重に行動してほしいものである。


    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0930/toc_190930_6344465434.html

    所長見解:誰やねん・・・

    【【悲報】次に逮捕されると言われている大物芸能人がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    世界的な大麻解禁の波が太平洋を渡って迫りつつある。

    来年にもグアムで嗜好用大麻が合法的に買えるようになるというのだが、これに最も喜んでいるのが、そう、あの彼女だった。

     
    近年、北米を中心に大麻解禁の動きが続いている。

    昨年は1月に米カリフォルニア州、10月にはカナダが国家として解禁。

    いずれも医療用だけでなく嗜好用としての大麻を合法的に所持、使用できるようになった。

    米国ではコロラド、ワシントン、ネバダ州などがすでに解禁。

    “それ目的”で訪れる日本人が増えているとか。

     

    ロサンゼルス在住の民宿経営者に訊いてみると、

    「日本人でも大麻ショップでパスポートさえ提示すれば簡単に購入できます。
    初めての人でも合法なら安心と試す人は多い。
    リピーターも少なくないです」

     
    まぁ“葉っぱ吸いたさ”から10時間もかけて海を渡るとはご苦労なことだが、そんなしんどい旅路ともおさらばか。

    来年には近場のグアム、サイパンで嗜好用大麻が解禁になる見通しらしい。

    『真面目にマリファナの話をしよう』の著者・佐久間裕美子氏が解説する。

    「サイパンでは2018年8月、グアムでは今年4月に合法化法案が可決され、現在は施行に向けて規則を整備しているところです。
    解禁済みのアメリカ各州では、法案可決から施行までのスパンは1年から2年。
    グアムではすでに医療用が解禁されているだけによりスムーズに進むと見られ、早ければ来年半ばには店頭で売られることになると思います」

     
    旅行アナリストの鳥海高太朗氏によれば、背景には観光客を呼び込みたい両島の魂胆があるという。

    「一昔前はグアム、サイパンは日本人で溢れかえっていましたが、便数が減り、沖縄やハワイなどに客を奪われ、年々旅行者は減少しています。
    サイパンにいたっては去年5月、日本からの直行便もなくなりました。
    解禁を受け、日本人の大麻愛好者を当て込んだ闇ツアーも打ち出されるかもしれません。
    ただ法律上、日本人は海外でも大麻を所持してはならないことになっており、注意が必要です」

     
    元麻薬Gメンの高濱良次氏もこう懸念する。

    「心配なのは、日本に持ち込もうとする旅行者が増えること。
    最近は大麻成分を液体化したものも蔓延しており、これなら入管の目をだませると安易に考える人も多いと聞きます」

     
    一方、解禁論者はこの動きをどう受け止めるのか。


    大麻所持で有罪判決を受け、執行猶予中の身である高樹沙耶に尋ねてみれば、

    「大麻に触れる日本人が多くなるのはいいことです」

    と、やはり歓迎の姿勢。


    「経験すれば大麻が危険ドラッグの類なんかではなく、日本政府のプロパガンダがウソだと気づくからです。
    早く諸外国のように、せめて医療現場などで大麻が有効活用できるような状況になればいいと願ってます」

     
    夢よ、煙と消えないで、といったところのようだ。


    s



    デイリー新潮
    https://www.dailyshincho.com/wp-content/uploads/2019/09/1909300557_1.jpg

    所長見解:もうね・・・

    【【爆弾発言】高樹沙耶さん「大麻に触れる日本人が多くなるのはいいこと。日本政府のプロパガンダが嘘だと気づく」←これ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ