薬物

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    スケジュールの空白期間は、その後の彼に何をもたらしたのか。

    昨年、2度の交通事故を起こし、謹慎生活を送っていたお笑いコンビ「インパルス」の堤下敦(41)。

    約1カ月前から芸能活動を再開させた彼は、謹慎中に家庭を失い、日々、自殺を考えていたという。

    アルバイトで糊口を凌いでいた彼が語る、謹慎生活「給与明細」――。

    t


    「この1年は、ネットやテレビも見ずに身内や友人とだけ会っていました。
    事務所の先輩後輩とは連絡を取っていましたが、申し訳ない思いが強く、初めのうちは顔も合わせられなかった」

    そう語るのは堤下本人。

    昨年6月、睡眠薬を服用した状態で車を運転し、最初の事故を起こしてしまう。

    ところが、書類送検され、活動自粛していた矢先の10月、今度はごみ収集車に車をぶつけ、2人に軽傷を負わせてしまったのである。

    「2度目の時、薬は飲んでいませんでした。
    考え事をして、ぼーっとしていたんです。
    1度目の後、車に乗らなければよかったのに、自分の甘さ故です。
    取り調べの最中も、“クビになるだろうな”と考えていました」

    所属事務所が出した答えは、翌日からの謹慎。

    復帰時期は、行政処分が出てから決めることになった。

    今年3月、不起訴となったが、謹慎が解けたのは10月。

    その間、どのように暮らしていたのか。


    ■自殺を考えた

    「給料は、すぐに10分の1以下になりました。
    仕事は一切なく、過去のDVDの売上金が少し入る程度。
    一番少なかった月は143円なんて時もありました。
    貯金を切り崩す生活で、預金通帳から0の数字がどんどん消えていくんです」

    生命保険を解約して生活費に回したほど、追いつめられた。

    とはいえ、

    「当初は、家族と一緒に生活していたので、6歳になる娘との時間が精神状態を保っていた面はあります。
    幼稚園の送り迎えや公園に連れて行く時に外に出ていました。
    妻も勇気づけてくれ、家族のお陰で気が紛れて救われていました」

    だが、今年の春、先が見えないことから、離婚を決断。

    家族を失い、神奈川県の実家暮らしとなった。

    「その時点で子供と一緒に住めないという実感が湧いたのを覚えています。
    毎日毎日、携帯の写真を見ては……。
    時間の進みが遅くなったように感じました」

    一時は、自殺を考えていたことも明かし、誰とも接触せずにいたという。

    それでも、どうにか、8月頃からはアルバイトを開始した。

    「古い友人がストレッチの店を経営しているので、声を掛けてくれて。
    店の受付業務で、時給は千円」

    芸能活動に復帰した10月以降も、週1でアルバイトを継続しているという。

    「復帰出来ても、正直仕事なんて一つも来ないと思い不安でした。
    でも、先月はインパルスとして、テレビでネタを披露しました。
    嬉しかったし、謹慎中に支えてくれたみんなに感謝の気持ちで一杯です。
    これから先、どんな仕事であろうと、常に自省の気持ちを持ちながら、頑張らないといけないと、そう思っています」

    復帰後初の舞台では、謹慎中の男を演じている堤下。

    失ったものは大きかったが、今後に生かされる新たな何かを得たに違いない。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181215-00553310-shincho-ent


    所長見解:まあね・・・

    【【事故謹慎】インパルス堤下の給与明細がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「世間がASKAと認知してくれている間は、ASKAとして活動ができるようしっかり音楽を作っていきたい」

    NHKの報道番組『ニュースウオッチ9』の密着取材を受けたASKAは、11月16日に放送された番組内でそう語った。

    「ASKAさんは現在、5年8か月ぶりとなるツアー中なんです。
    作品のリリースはありましたが、ツアーは覚せい剤取締法違反で逮捕されて以来初めて。
    今回はそのツアーに臨む彼の密着取材でした」(音楽誌ライター)

    c


    再結成を望むChage

    「全10公演のほとんどがソールドアウトという人気ぶりです。
    今回のツアーはもちろんソロですが、『SAY YES』など、CHAGE and ASKAのヒット曲も歌っています」(同・音楽誌ライター)

    10代から苦労をともにし後に大ヒットを、そして大騒動を起こした。

    迷惑をかけられた側のChageは今─。

    「ASKAさんの逮捕以降も、年1回ペースのライブツアー、アルバムのリリースなどチャゲアスのようなメジャーな活動ではないとはいえ、マイペースで音楽活動に励んでいますね」(同・音楽誌ライター)

    事実上は解散状態のチャゲアスだが、今回のツアーではなんとASKAがChageについて触れるひと幕も。

    「再結成についてよく聞かれるんだけど、今はお互い好きなことをやっているけど、そのときが来たら……。だから今は触れんといてぇ」

    一方のChageの心境は。

    「チャゲアスは、ひと言でいってしまうとASKAのもの。Chageは立場が弱い。
    '90年代も、ASKAさんの作った曲ばかりが売れました。
    Chageとしては、今もチャゲアスをやりたいと思っているんです。
    現状、ASKAならチャゲアスの曲をソロで歌っても盛り上がりますが、Chageがひとりで歌ってもはあまり世間に需要がない。

    そして、現状ソロでの活動を進めたいASKAにとって、チャゲアスはどうでもいいのではないでしょうか。
    また、Chageは再婚した妻で個人事務所の社長に頭が上がらないんです。
    その妻も、ビジネス的な面でチャゲアスをやってほしいはず」(音楽関係者)

    11月中旬、Chageに話を聞こうと記者が自宅前で本人を直撃したものの、話に応じることなく車で走り去って行った。

    そこで、チャゲアスの所属事務所『ロックダムアーティスツ』代表取締役の林田龍平氏に再結成について話を聞くと、

    「確かにもともとはチャゲアスのプロダクションでしたが、今は2人とも取締役を辞任し、出版、権利関係のみの会社となっております。
    よって、チャゲアス再結成について言える立場ではありません」

    ちなみに、せっかくチャゲアスの名曲を歌っているのだから、今回のツアー公演にChageも誘って……という話はなかったのか。

    ツアーを開催するビルボードクラシックスは、

    「約1年前にご出演を提案させていただきました。
    そして、ASKAさんと作品選定をはじめ、オーケストラ編曲の方向性、指揮者、オーケストラ、ホール会場などを厳選し、ツアー構想を進めました。
    ツアーの構想段階から、ASKAさんソロでオーケストラ公演を実施するというものでした」

    2人の間に、“SAY YES”が流れる日は来るのか

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181122-00013869-jprime-ent


    所長見解:見たいね・・・

    【【チャゲアス】Chage「再結成がしたい」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優の酒井法子(47)が22日、東京・六本木のディスコ「マハラジャ六本木」の復活8周年イベントに出演した。

    p


    肩を露出しフリフリのミニスカート。

    年齢の感じさせない姿で登場すると満員の200人から大歓声。

    あまりの熱気に「生まれて初めてのマハラジャです。私がデビューする前から一世を風靡(ふうび)してましたよね。マハラジャすごいな」とうれしそう。

    「スケジュールに『マハラジャ』とあって、私の曲とマハラジャが合うのかなと思ったけど、今日はのりピー、マハラジャ宣告してみたいです」とノリノリ。

    「ノ・レ・な・いTeen―age」「碧いうさぎ」など約5曲を披露した。

    扇子を持ちながら腰をくねらせキレのある踊りを見せつけた。

    現在でも週に5日、トレーニングやダンスなどで鍛えており「フリ、思い出して超頑張ったんだから~」とアピール。

    2つめの扇子を持り「のりピーと一緒に扇子振ってくれる人~」と呼びかけると「はいはいは~い」と男性ファンたちがこぞって立候補していた。


    スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181123-OHT1T50043.html


    所長見解:これ・・・

    【【まさか・・・】のりPがまたノリノリの模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    高樹さんが、11月18日に

    神よ何故あなたは地上にに大麻草をお与えになったのでしょうか!

    私達を工口ス、狂乱、錯覚、怠惰に陥らせるためなのでしょうか?

    植物を育て、分かち合い、それを手にすることが如何なる罪か教え給え!

    とツイートを行う。

    no title


    こちらも話題となり、

    「高樹さん、勘違いされるようなツイートはどうかと思います。
    大麻を、禁止しているのは神ではなくて、日本政府なので」

    「なんかアプローチが違う気が。 かえって、印象悪くしてません?」

    「今日も決まってますね!ツイートが」

    「二つの意味で草」

    といったような返信が寄せられていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15615597/


    所長見解:草www

    【【草www】高樹沙耶さんのツイートがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の酒井法子(47)がネット配信ドラマに出演することが発売中の「週刊女性」で明らかになった。

    ネット配信会社のDMM.comの「蛇の道は蛇」(仮)というドラマで年末から年始に配信予定。

    特別出演という位置づけで、すでに3話まで収録済みだという。

    s


    覚醒剤取締法違反で逮捕されたのは2009年の8月。

    その後、謹慎期間を経て舞台やイベントなどには出演するも、本格的な映像作品に女優として出演するのは10年ぶり。

    芸能評論家の肥留間正明氏は「ヘタレなテレビに追随し、処罰が厳しすぎた」と酒井に同情的だ。


    「執行猶予は3年なのに復帰まで実質10年とはみそぎにしては長い。

    地上波テレビがスポンサーの顔色をうかがうばかりで起用できなかったというのは、テレビが弱腰すぎ。

    彼女には“やり直す権利”があるわけですし、これまでボランティアや子供の学校行事に尽力してきたことを評価すべき。

    忘れた頃に再犯を繰り返す元夫についても責任はないし、凛とした姿を見せることで一線を画すこともできるでしょう」


    中国人ジャーナリストの周来友氏はこう言う。

    「中国ではネット配信と地上波テレビの勢力は同等ですから、中国人のファンの課金を見込んでキャスティングされたのでしょう。

    また酒井さん側もそれを狙っているはず。

    酒井さんの歌唱力と中年になっても変わらない清楚なイメージは人気が高く、ディナーショーや小さなイベントに出演し、中国のファンに忘れられないよう活動していました。

    また、招聘した側が彼女のファンでポンと500万円ほどのチップをはずむスポンサーもいますから、1回の営業で1000万円をくだらないこともあったと思います。

    いずれにしても地道な活動が花開いたといえるでしょう」


    50歳を目前に中国人気とネットを駆使し、のりピーは完全復活。

    もはや日本では狭すぎるというべきか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000004-nkgendai-ent


    所長見解:介護は・・・

    【【のりP】 酒井法子、10年ぶり連ドラ復帰の裏事情・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ