ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:薬物

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    紀州のドン・ファンこと野崎幸助さん(77)が急性覚せい剤中毒で「怪死」して3週間が経過したが、「事実は小説より奇なり」の展開となってきた。

    d


    和歌山県警は6月7日に、3回目となる、野崎さんの自宅を家宅捜索するとともに、5月6日に同じく“怪死”した愛犬、イブちゃんの土葬された、亡骸を掘り出した。

    生前、野崎さんは知人らに赤い引っ掻き傷が残る胸元を見せながら、「イブちゃんはなぜあんなに苦しんで死んだんだ。イブちゃんは私の胸を掻き毟って死んでいった。おかしい」と繰り返し訴えていたという。
    「あの時、死因を調べていれば、野崎さんが亡くなることもなかったと思うと残念でなりません」(知人)

    県警は現在、イブちゃんの遺骸から覚せい剤の成分が検出されるかなどを鑑定中だ。

    「死後、1カ月ぐらい経過しているが、鑑定に支障はない。
    イブちゃんの亡骸の周囲の土なども持ち帰った。
    実はイブちゃんの遺骸から覚せい剤の成分とみられる反応が出ている。
    確定的な鑑定結果はまだ先になるが、イブちゃんも覚せい剤で殺害されたとみて、おかしくない所見が明らかになっている」(捜査関係者)

    イブちゃんの鑑定は、大阪の獣医学の専門家に依頼して、進めているという。

    捜査関係者によれば、イブちゃんの亡骸の保存状態は非常によかったという。
    その理由を野崎さんの会社の従業員がこう明かす。

    「防腐用に石灰を事前に撒き、イブちゃんの遺体にサラシを撒き、土葬しました。
    社長は土葬にこだわった。
    社長は自分のお母さんが大好き。
    お母さんも土葬だったため、イブちゃんもそうしたかったようでした。
    自分の家の庭に埋めると言い出し、周囲は衛生面などから反対。
    奥さんも反対したのですが、社長は譲らず、『エルメスの箱に入れて埋める』と言い出した。
    造園業者にお願いして掘ってもらった穴は深さ1.3メートルくらい。
    けど、穴のサイズが小さく、箱に入れたままではイブちゃんの亡骸を土葬できなかった。
    そこで、社長のいない間に亡骸を箱から出してサラシを撒いたまま、土葬しました」

    愛犬、イブちゃんも覚せい剤が原因で死亡したとなると、殺人事件の可能性が高まってくる。

    「覚せい剤が共通点となると、野崎さんとイブちゃん、どちらにも近づける人物の犯行と考えられる。
    犯人をぐっと絞り込む捜査になっていくだろう。
    野崎さんの自宅や会社には数多くの防犯カメラが設置されている。
    今、その映像を出してもらい、調べている」(前出の捜査関係者)

    また、野崎さんには注射器などを使った形跡がなく、大量の覚せい剤を摂取した原因は、食べ物や飲み物などに入れられたものを口から摂取したとみられている。
    和歌山県警は野崎さんの会社から中瓶のビール瓶約2400本を押収している。

    「社長が亡くなった時に飲んだビール瓶を誰が、会社に持ち帰ったのかなど、かなり詳細に事情を聞かれました。
    ビール瓶はこちらから大きなトラックに積み込み、警察に運びました。
    向こうにはフォークリフトがなく、15人ほどの警官が人海戦術でトラックからおろしていた」(従業員)

    前出の野崎さんの知人はこう振り返る。

    「野崎さんは報じられている通り、おむつが手放せなかった。
    その上、エルメスの香水を愛用しているので異様な匂いがいつも周囲で漂っていた。
    先日、野崎さんの会社に行ったが、今も野崎さんの残り香があり、まだ生きているような気がした」

    果たして野崎さんの死のミステリーが解ける日が来るのか。(本誌取材班)


    週刊朝日
    https://dot.asahi.com/wa/2018061300090.html?page=1


    所長見解:そろそろか・・・

    【【ドン・ファン事件】愛犬イブから覚せい剤反応か いよいよ・・・ ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title

    うーん


    所長見解:あれやろ・・・

    【【ドンファン事件】妻(22)「死因にあたしらは関係ない!」 家政婦「せやせや!」 ←これ・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◇自宅で死亡の77歳の資産家から検出される 第三者関与か

    和歌山県田辺市の金融・不動産関連会社社長、野崎幸助さん(77)が24日、自宅で死亡し、遺体から多量の覚醒剤成分が検出されたことが、捜査関係者への取材で分かった。
    何者かが故意に摂取させた可能性もあるとみて県警が調べている。
    野崎さんは資産家として知られていた。

    d


    捜査関係者によると、野崎さんは24日夜に同市朝日ケ丘の自宅で倒れ、その後死亡が確認された。
    目立った外傷はなかったが、県警が司法解剖を実施したところ、体内から覚醒剤成分が検出された。
    致死量を上回っていた可能性があるという。

    県警は30日までに、野崎さん宅など関係先の現場検証や家宅捜索を複数回にわたって実施した。
    覚醒剤の多量摂取と死亡との関連を調べており、周辺の関係者から事情を聴いている。

    野崎さんは酒類販売業や金融業などを営み、高額納税者として度々公表されるなど、資産家として知られていた。
    2016年に出版した著書では多くの女性と交際した半生などを書いて週刊誌やテレビで取り上げられ、欧州の伝説上の放蕩児(ほうとうじ)になぞらえて「紀州のドン・ファン」とも呼ばれた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000004-mai-soci


    所長見解:あれやね・・・

    【【これはヤバい】「紀州のドン・ファン」遺体から多量の覚醒剤成分 ←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    のりピー、何でもない日常がありがたい…
    あれから9年“怪物級美魔女”の現在

    “のりピー”が贖罪(しょくざい)の道を誠実に歩んでいる。
    女優の酒井法子(47)が有罪判決を受けたのは2009年。
    12年11月に芸能界に復帰し、地に足をつけた活動で徐々に仕事の幅を広げてきた。
    現在の様子や心境、ファンへの感謝の思い、意外なマイブームなど赤裸々に語った。 

    デビュー30周年を迎えた一昨年、16年ぶりのコンサートに臨んだ。
    ディナーショーや地域のお祭りゲストなど、ファンとの距離が近いイベント出演にも精力的。
    初心を思い返しながら奮闘する日々だ。

    「デビュー当時は、そういうお仕事がたくさんあって。
    今また、お客さま一人ひとりの表情が見える所でやれているのは楽しいですね。
    この前のお祭りは子供さんが多かったので『のりピー音頭』とか、楽しんでもらえるような曲を並べたら、すっごく楽しそうに聴いてくれて。
    『のりピー!』なんて言ってくれて、とってもうれしかったですね」

    台湾、中国、香港などアジア圏の人気は健在。
    1月に香港で開いた単独コンサートのチケットは3日で完売し、現地メディアは「怪物級美魔女」と取り上げた。

    「温かいコンサートでした。
    ファンの方が曲ごとにやることを決めてくれていたみたいで、ライトを照らしたり、ボードを持ってくれたり。
    張り切りすぎたのか、3、4曲歌った頃に聞いたこともないかすれ声になってしまって申し訳ない気持ちでしたが、逆に私が力をもらったようなコンサートをさせていただきました」

    アジア友好の懸け橋として依然として大きな存在。

    「そんな大それたものはないですが、文化も言葉も違う人が音楽なりを通じて交わって、楽しい時間を過ごすっていうのはいいですよね。
    私が何かのためになるなら、うれしく思います」

    47歳になった今も美貌は健在。秘訣(ひけつ)は。

    「おこがましくて何も言えないですよ(笑い)。
    毎日、鏡の前に立つと『あちゃー』と嫌になりますが、自分を奮い立たせて頑張っています。
    太りそうな物は我慢しようとか、運動も自分に厳しく。
    週5日ぐらい、ホットヨガ、筋トレ、ダンスレッスンをやっています」

    事件から9年。今、思うこと。

    「こうして仕事をさせていただけて、本当にありがたいと思います。
    自分が犯したことはもちろん忘れずに、でも、ずっと立ち止まっていても何も変わらないので、前を向いてやっているつもりです」

    いまだに風当たりは強い。

    「もともと、私のやったことが原因ですから。
    私にはどうすることもできないし、する権利もない。
    私が活動していることに不愉快な思いをされる方がいても不思議ではないし、一方で応援してくださる方もいます。
    これは一生続くことだろうと思うので、させていただけることを一生懸命やって、応援してくださる方に少しでも喜んでいただくのが、私の生きる道なのかなと思います」

    最近は、何げない日々に幸せを感じるという。

    「何でもない日常が毎日続くってことが、ありがたいなあと思いますね。
    そんなふうに思うから毎朝、神棚に手を合わせたりしちゃって。
    『また一日を迎えさせてもらってありがとうございます』って」

    (後略、全文はソースで)

    スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180528-OHT1T50234.html

    no title

    所長見解:介護は・・・

    【【のりP】酒井法子(47)…あれから9年の現在がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の槇原敬之の個人事務所社長で、覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕されていた奥村秀一被告の初公判が10日、東京地裁で開かれたことを各メディアが報じた。
    奥村被告といえば、1999年に槇原が覚醒剤所持で逮捕されたときも一緒に逮捕された人物だ。

    逮捕直後、槇原は奥村被告との絶縁を宣言。
    しかし、2000年には再び同棲状態になったと報じられた。
    06年に奥村被告は槇原の個人事務所の社長に就任。
    公私ともに良好なパートナー関係を築いていたが、事件前の3月に解任されていた。

    「奥村被告は見た目こそ派手だが、物腰はとても柔らかい。
    公私ともに槇原をサポートし続けていた。 
    しかし、どうやらこのところ目に余る態度が多かったようでケンカ別れ。
    結局、解任され、再びクスリに手を染めてしまったようだ」(レコード会社関係者)

    逮捕後、入手ルートなどについて徹底的に取り調べを受けたと思われるが、奥村被告の交遊関係を洗う中で大物女性芸能人の名前が浮上しているというから驚きだ。

    y


    「個性的なビジュアルや言動で知られる、ある女性芸能人と仲が良かったようです。

    その芸能人は、一時期、薬物を使用しているのではないかとマークされていたようですが、
    なかなか“証拠”を押さえることができませんでした。
    そうしているうちに、プライベートが変化した。

    それもクスリが原因ではないかと言われていました。
    奥村被告の逮捕・起訴を受け、今後、捜査当局がマークすることになりそうです」
    (週刊誌記者)

    ここ数年では、歌手のASKA、元巨人の清原和博、元俳優の高知東生ら薬物事犯での“大捕物”があったが、「その女性芸能人が逮捕されればかなりの騒動になりそう」(同前)。

    その芸能人は海外でも名前が知られているだけに、逮捕されれば多くのファンがショックを受けそうだ。

    https://npn.co.jp/article/detail/98678266/


    所長見解:誰だろ・・・

    【【薬物疑惑】槇原敬之のパートナー逮捕で捜査線上に浮上した大物女性芸能人がコチラ・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ