薬物

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    麻薬取締法違反の罪で起訴された電気グルーヴのピエール瀧被告が、4月12日、都内の医療施設で治療を開始した。

    その前日、施設ではちょっとした騒動になっていた。

    「この施設は都心から離れた郊外にある大型医療施設です。
    さまざまな依存症治療において日本屈指の最先端の設備が整っています。
    ピエール瀧さんが来ることが決まり、病院側はかなり神経質になりました。
    “午後に患者として外来受診するようだ”とわざわざ厚生労働省の担当部署に報告していたと聞いています」(捜査関係者)

    p


    瀧被告がやってきたのは12日の午後4時半頃。

    大型ワゴン車は、施設の正面ではなく、緊急外来の出入り口にピッタリと横付けして止まった。


    既に一般の外来時間は終わっていた。

    車からスタッフらしき男性が降り、施設からも複数の関係者が出てきた。

    中にはあたりをキョロキョロと見回したかと思うと、後部座席から施設への導線をバンザイの形でふさぐように練習をしている男性もいた。

    その直後、黒いフードを被った瀧被告が車から出てきて、施設へとはいっていった。


    画像①

    画像②

    画像③




    瀧被告は約2時間半に渡って施設に滞在し、車で出ていった。

    この日、瀧被告は入院ではなく、外来受診だった。

    今後の治療方針を決めるために、まず医師のカウンセリングを受けたという。

    だが、「瀧さんがこの施設を選んだのは意外だった」と語るのは、ある芸能関係者だ。

    「同じく薬物依存の治療で医療施設に通った酒井法子さんやASKAさんとも違う施設です。この病院は確かに日本でも有数の施設。
    しかし、治療方法の中に患者同士がグループディスカッションなどもあるため、有名人だとその輪になじむのが難しい。
    普通なら選びにくい施設だが、逆に彼がここの診察を受けたことは“本気度”を感じます」(医療関係者)

    治療と同時に裁判も控える瀧被告。

    現在の心境はどのようなものか。

    「瀧さんは周囲の人たちに“迷惑をかけたと反省。
    特にバッシングを受けながらも擁護ツイートを連発していた石野卓球さんには、心から感謝をしているようです。
    周囲の人たちもふたりの絆の強さを再認識しています。
    これまでも過ちを犯したミュージシャンは復活をしています。
    彼らも再びファンに音楽を届けてくれるんだと、関係者はみんな期待しています」(芸能事務所関係者)

    瀧被告の更生の道は始まったばかりだ。


    NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190419-00000002-pseven-ent

    所長見解:どうやろね・・・
    【【復帰へ】ピエール瀧、超厳戒態勢の通院姿がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 明らかに「中居正広」を示す薬物逮捕疑惑のイニシャル「有名グループに所属していたX」の波紋

    ピエール瀧が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されて以降、各週刊誌やスポーツ紙は「次は誰だ?」と言わんばかりに“薬物疑惑が浮上しているタレント”をイニシャルで伝えている。

    そんな中、「中居正広のことでは?」とあからさまに分かるようなスポーツ紙の記事に、ファンが戦々恐々としている。

    「東スポWeb」は13日、薬物疑惑のかかる芸能人のイニシャルを「有名グループに所属していたX」と報じた。

    記事によれば、Xは覚醒剤を使用。

    長年にわたって警視庁にマークされているが、決して尻尾を掴ませないのだという。

    <テレビを中心に八面六臂の活躍を見せており、もし逮捕となればピエール瀧以上の衝撃になるのは確実。
    番組の降板や撮り直しなどで、損害賠償額は天文学的な数字になることだろう>とのことだ。

    また、Xが「歌手のY」と付き合っていた頃には、あけっぴろげな性格のYが覚醒剤を「Xと使っている」と触れ回っていたこともあったという。

    ちなみにこの当時、Xは連続ドラマに出演しており激ヤセが心配されていたようだ。

    ちなみに、Xと同グループに所属していた「Z」も覚醒剤を使用していたとし、<「当時、彼らは寝る暇もないぐらい忙しかったからね。バリバリ働くためには必要だったワケ。グループは解散したけど、今でもXとZは仲良しだよ」>というのは、記事に登場したある芸能プロ関係者の言だ。

    こうした「東スポ」の報道を受け、ネットでは、X=「元SMAPの中居正広」との噂が浮上している。

    「すでに解散した有名グループ」とはSMAPで、「歌手のY」は2008年に中居正広とドライブデートが報じられた倖田來未、「連続ドラマ」は2009年に中居が主演した『婚カツ!』(フジテレビ系)……というわけだ。

    さらに、「同グループのZ」は、2009年に公然わいせつ容疑で現行犯逮捕された草なぎ剛ではないかと見られているようだ。

    n


    中居正広に疑惑が浮上したのは今回が初めてではない。

    2015年4月には、薬物疑惑が報じられて以降、表舞台から遠ざかっていた清原和博を自身の冠番組『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)に出演させていた(清原は2016年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕)。

    そのため、中居は常習者と浅からぬ付き合いがあったとして、ネット上では中居の薬物疑惑がつきまとっていた。

    しかし、これらネット上の噂は憶測の域を出ないものであり、もちろん決定的な証拠は提示されていない。

    行き過ぎた報道やネットの風評は、名誉毀損に該当してもおかしくはないだろう。

    また、もしも捜査当局に水面下で睨まれているのが事実としたら、中居正広がこれほど多くのバラエティ番組に出演し続けていることの説明がつかないのではないだろうか。

    中居は現在、地上波の冠番組を4本も持つ。

    さらにこの4月からは、土曜朝のニュース番組『中居正広のニュースな会』(TBS系)をスタートさせる予定だ。

    さらに言うならば、中居正広には薬物など絶対に手を出しそうにもない「性格的特徴」を表すエピソードが豊富である。

    中居正広の人となりをひと言で表せば、「貧乏性」ということになるのではないか。

    これは悪口ではなく、中居自らが「ドケチ」エピソードを嬉々として明かしているのだ。

    4月13日放送のラジオ『中居正広 ON&ON AIR』(ニッポン放送)では、中居が自宅の木製テーブルがボロボロの状態であることを明かした。

    そのテーブルは木が剥がれ、手にトゲが刺さってしまうほどだが、セロハンテープで補強してなんとか使い続けているという。

    中居が壊れかけの自宅家電を買い換えないのは、普段から極端に“金を使わない”生活を送っているからだろう。

    2014年のラジオ番組『中居正広のSome girl’ SMAP』(ニッポン放送)では、プライベートの買い物で「2カ月で2万8千円しか遣っていない」ことを打ち明け、中居は「なにやってんだ、ホント参っちゃうよね」とこれまた自虐していた。


    「ドケチエピソード」が豊富な中居正広。

    一方で、覚醒剤は1グラムあたりの末端価格が7万円とも言われており、中居のドケチなイメージとはまったく結びつかない。


    ※記事を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい。
    https://wezz-y.com/archives/65155
    wezzy

    所長見解:怒られるで・・・
    【【これはヤバい】薬物逮捕疑惑「有名グループに所属していたX」が明らかに「中居正広」説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月13日の「東スポweb」が、警視庁に長年マークされている薬物使用疑惑の芸能人に関する情報を掲載した。

    その人物が逮捕されれば、ピエール瀧以上の衝撃度だという。

    「東スポが取材した警察関係者によると、疑われているXは、過去に有名グループに所属していたことがあり、主に、俗にシャブと呼ばれる法律違反の薬物を使用しているとのこと。
    またXは、テレビを中心に活躍する売れっ子であるため、もしも逮捕となれば、番組の降板や撮り直しにより、天文学的な数字の損害賠償額が発生するそうです」(芸能記者)

    さらに東スポによると、Xは過去に歌手Yと交際しており、Yはある女優に「Xと使っている」と笑いながら話していたと紹介。

    しかし現在、XとYは破局していると書かれていることで、ネットではある人物が疑われているという。

    t


    「今回『東スポ』はXに関して、“多数の番組に出演するピエール瀧以上の大物”“解散となった有名グループに所属していた”“歌手と交際するも破局”“交際時はドラマにも出演しており、激やせしていた”等、人物が予想できる多数の情報を掲載しました。
    これらのヒントに当てはまる芸能人は、かなり限られてくるため、ネットでは

    『1人しか思い浮かばない』
    『今回は、疑惑の人物をわかりやすく書いてるからよっぽど自信があるのか?』
    『もし逮捕されたら大物すぎてヤバい』

    と、騒がれる事態となっています」(前出・芸能記者)


    今年、NHK大河出演俳優の薬物使用疑惑を報じ、ピエール瀧の逮捕を的中させたと言われる「東スポ」。

    同紙の報道が、ふたたび世間を騒がすこととなるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1777588/

    所長見解:大物やね・・・

    【【まさかの】薬物逮捕疑惑の元有名グループメンバーXが大物すぎる件・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テクノユニット「電気グルーヴ」の石野卓球(51)が15日深夜、ツイッターを更新し、ピエール瀧被告(52)がコカインを使用したとして逮捕、起訴されたことを受け、音源・映像の出荷停止、在庫回収、配信停止を行った所属のソニー・ミュージックレーベルズ内にも理解者は少なからずいることを強調した。

    石野は、ソニーの措置の撤回を求めて同日、署名を提出した発起人らの会見を報じたニュース原稿をシェアする形で「巻上さんはじめ声を上げてくださったみなさんに心から感謝しがありませんありがとうございます」と、賛同人でミュージシャンの巻上公一ら会見の登壇者に感謝した。

    その上で「あと言っておきたいのはSONY MUSICにはみなさん同様に電気グルーヴの音楽の味方になってくれているスタッフはたくさんいる事は分かって下さい」とつづった。

    d


    会見で、巻上が「(瀧被告と)一緒に会社にいて、仕事をして、性格も分かっているはずのに、なぜこのような冷たい反応ができるのかが謎。
    一緒にどう乗り越え、社会的な信用を回復するか、手助けするのは所属会社の使命だと思う。
    今、行われていることは、すぐにでもやめていただきたい」などと批判するなど、世間に批判的な論調があることに対し、正確な現状を説明したかったとみられる。

    また、音源・映像の再発に関する今後の見通しについて「市場に電気グルーヴの音源を再びリリースするには裁判の結果を待ってレーベルの親会社の判断を待つしか無いのが正直な現状です」と説明。

    「ただSONY(レーベルの親会社)との兼ね合いでどうしようもないようです」

    「ただ原盤権はSONYにあるため僕がレーベルを離れると今後電気グルーヴの音源を再リリースする場合に僕は一切タッチ出来なくなってしまいます」と説明した上で、ソニーのCMにちなみ「It’s a SONY」とつづった。

    ツイッターのユーザーから「原盤権があるからソニーに残らざるを得ない」と指摘されると、石野は「そう。出ないと再びリリースする時に俺が手出し口出し出来なくてなっちゃうからね」と回答した。

    会見の発起人で社会学者の永田夏来氏と音楽研究家の、かがりはるき氏は、一連の活動について石野とは全く連携を取っていないと明らかにした。

    その上で「卓球さんが聞いたら嫌がると想像しました」(永田氏)「黙認と捉えるべきか放置と言うべきか分かりませんが」(かがり氏)と言及。

    ヒップホップミュージシャンのダースレイダーは「本人たちは絶対、こういうのをやらないだろうからやっている点もあります」と活動の意図を説明していた。


    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-04160013-nksports-ent

    所長見解:なんかね・・・

    【【ピエール瀧逮捕】石野卓球、電気グルーヴ再始動について・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー・ピエール瀧こと瀧正則被告(52)が、麻薬取締法違反の疑いで逮捕されてから約1か月がたつ。

    同被告は俳優としても活躍していただけに、騒動はいまだに収まる気配を見せない。

    今回逮捕に踏み切った関東信越厚生局麻薬取締部(通称・マトリ)は、他の芸能人で2度失敗しているとされるが、それでも果たした役割は大きいと言える。

    そこでライバル意識を燃やしているのが警視庁だ。

    マトリが金星を挙げた以上〝返し〟をしなければ面目が立たないため、すでに紅白歌合戦に出場した歌姫に照準を絞っているという(本紙既報)。

    ほかにも警視庁には様々な薬物芸能人の情報が寄せられているが、長年マークされながら、すんでのところで逮捕を免れている大物タレントがいるという情報をキャッチした。

    警察関係者が語る。

    「有名グループに所属していたXですよ。
    使用しているのは主にシャブ(覚醒剤)。
    自分が警視庁にマークされていることを自覚していて一時、内偵もされていたんですが、最後は尻尾をつかませない。
    このXはピエール瀧が逮捕されたときに『許されませんね』と、いけしゃあしゃあとコメントしていてあぜんとしましたよ」

    Xは、テレビを中心に八面六臂の活躍を見せており、もし逮捕となればピエール瀧以上の衝撃になるのは確実。

    番組の降板や撮り直しなどで、損害賠償額は天文学的な数字になることだろう。

    X周辺では、かねて薬物のウワサは絶えなかった。

    y


    覚醒剤を常用していた某女優からも以前、こんな話を聞いたことがある。

    「Xが歌手のYと付き合っていたころだと思います。
    私がプッシャー(売人)の元にネタ(シャブ)を買いに行くと、偶然Yも買いに来ていたんです。
    それでビックリ。
    Yはけっこうあけっぴろげな性格で『Xと使っている』と笑っていて、さらにビックリしました。
    当時、Xはある連続ドラマに出演していたんですが、激痩せしていて『ああ、なるほど』と納得したほどです」

    すでにXとYは破局。

    Yは別の男性と結婚し、子供をもうけ、何くわぬ顔で生活しているようだ。

    ある芸能プロ関係者もこう言う。

    「Xが所属していたグループにいたZもシャブを使っていたらしい。
    当時、彼らは寝る暇もないぐらい忙しかったからね。
    バリバリ働くためには必要だったワケ。
    グループは解散したけど、今でもXとZは仲良しだよ」

    逃げ足の速いXが、今後検挙されるかどうかは分からない。

    ただ、前出の警察関係者によると捜査は続ける方針だという。

    「大物を逮捕してマトリに対抗する面もあるが、やはり芸能人だと社会的に警鐘を鳴らせるからね。
    それだけ芸能界の薬物汚染はひどい。
    薬物は国をダメにするんだから、社会的に影響のある芸能人には厳しく当たっていく」(同関係者)

    Xは、いつまで仮面をかぶったままテレビに出続けるつもりなのだろうか。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1352067/

    所長見解:誰・・・
    【【これは超大物】 警視庁が追う薬物芸能人Xがコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ