蒼井優

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の蒼井優が愛車のポルシェ・カレラに乗り、くわえタバコで運転する姿が3月8日、『FRIDAYデジタル』で報じられ、話題になっている。

    t


    蒼井は愛車の車内というプライベート空間に安心したのか、マスクをずらしヤンキー顔負けのくわえタバコで恍惚の一服。

    ネット上では普段の蒼井とはかけ離れたその姿に

    《何かイメージと全然違うけど、これが本当なんだよね》
    《ちゃんと前向いて運転して!》
    《清楚な顔立ちとタバコは合わないね》
    《見た目とのギャップがあり過ぎて、この人だけは受け入れがたい》

    など、驚きの声が殺到している。


    ※画像がコチラ


    「蒼井は5日の午前11時ごろに、東京・広尾の路上で信号待ちのタクシーに追突したことが報道されたばかりです。

    そのときに乗っていた車がカレラだったことも分かっており、くわえタバコで〝脇見運転〟していたことを警察に証言しています。
    タバコを吸うこと自体は個人の自由ですが、ナチュラル感がウリだっただけにイメージダウンは必至でしょう」(スポーツ紙記者)


    日本たばこ産業の『2018年全国たばこ喫煙者率調査』によると、成人女性の平均喫煙率は8.7%だが、芸能界ではまだまだ喫煙している女優は多いという。


    「過去には松たか子が『ニュースステーション』に出演した際、久米宏に『松さんタバコ吸われるんですね?』と問い詰められ、しぶしぶ認める姿が放送され話題になりました。
    放送終了後、松が激怒していたというのは有名な話です。
    人気商売でストレスも溜まることから、喫煙している女優はかなり多いですね。
    ただ、イメージもあるので、プライベートな空間以外では吸わないと徹底しているケースがほとんどです」(同・記者)

    しかしながら、つい気を緩めて喫煙したばかりに、その姿を写真週刊誌などに撮られてしまった人たちもいる。

    特に普段のイメージとのギャップに驚かされたのは、女優の松岡美優や小雪、柴咲コウ、成海璃子、アナウンサーの秋元悠里などだろう。

    女優のくわえタバコが〝かっこいい〟という風潮は、もはや完全に過去のこと。

    松たか子は妊娠を機にタバコをやめたというが、喫煙者には厳しい視線が向けられる昨今、イメージを重視する芸能人は頑張って禁煙した方が得策かもしれない。

    https://myjitsu.jp/archives/77600

    所長見解:ええやんか・・・

    【【衝撃画像】蒼井優のくわえタバコがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ちょうどいいブス」。

    最近よく耳にするキーワードですよね。

    取っつきにくいほど美人でもなく、かといって受け付けないほどブスじゃない、“おれでも口説けるかも!”という絶妙なラインの女性を指す言葉です。

    b


    そこで、女子20~30代の200人にアンケート調査。

    リアル“ちょうどいいブス”に選ばれたのは……!?(協力:アイリサーチ)

    と、その前に大前提として、第一線で活躍する女優たちが、本当に“ちょうどいいブス”かといえばそんなことはありません。

    見目麗しい超絶美女が群雄割拠する芸能界において、“比較的ちょうどいい”ブスだということ。

    そのうえで結果を見ていくと、顔の印象に好き嫌いが出やすい面々が並んだ印象です。

    フリーコメントで集めたアンケートながら、ダントツでトップだったのはこの人!(コメントは原則原文ママ)


    【1位 多部未華子 15票】

    「すごく可愛いという訳では無いけど、魅力的な子だと思う」(39歳・熊本県)
    「目がぱっちりしていない。でも、ブサイクでもない。ブサカワ」(35歳・兵庫県)
    「一重で目が小さいが、小顔でバランスいいのでそこまでブサイクにはみえない」(35歳・千葉県)


    【2位 安藤サクラ 10票】

    「そこまで美人だとは思えないけれど、きれいだと思うから」(26歳・茨城県)
    「きれいではないけど、味のある顔だと思う」(38歳・東京都)
    「またこの人か……と思うような目立ち方がなく、いい意味で個性もあって、『まんぷく』はすごくハマり役だと思う」(38歳・岐阜県)


    【2位 高畑充希 10票】

    「可愛いときもあればそうでないときもあって、人間感があるので親近感がわくため」(23歳・石川県)
    「親近感が湧く。一般人にいそう」(24歳・和歌山県)
    「特別美人ではないけれど、存在感のある女優さんだと思うから」(34歳・福岡県)


    【4位 黒木華 9票】

    「素朴で嫌味のない顔立ちだと思うから」(39歳・長崎県)
    「愛嬌がある」(25歳・栃木県)
    「どこにでもいそうなので」(33歳・佐賀県)
    「和の雰囲気があり、いろんな役を幅広くこなしているから」(32歳・鹿児島県)


    【5位 蒼井優 7票】

    「正統派美人ではないが、個性があり、印象に残る顔立ちだから」(25歳・東京都)
    「美人に見える雰囲気があるから」(34歳・兵庫県)
    「可愛いけど、一緒にいても疲れなさそうな顔だから」(36歳・大阪府)


    【6位 指原莉乃 6票】

    「人がよく感じもよく、きれいなのに自虐キャラだから」(35歳・福岡県)
    「努力、頑張ればなれそう」(26歳・宮崎県)


    【7位 前田敦子 3票】

    「AKB総選挙1位のわりに、失礼ながら可愛いと思えないから」(23歳・福島県)
    「愛嬌がある」(29歳・栃木県)


    【8位 有村架純 2票】

    「髪型によっては、可愛く見えるときがあるので」(27歳・東京都)
    「顔の輪郭」(22歳・大阪府)


    【8位 大沢あかね 2票】

    「めっちゃブスというわけでもなく、親しみがあるような憎めないブスだから」(31歳・愛媛県)


    【8位 土屋太鳳 2票】

    「エラが気になって顔が大きく見えるので」(34歳・大阪府)
    「垢抜けない感じが、どこにでもいる感じがするから」(30歳・東京都)


    以下記事詳細全文はこちら
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190117-00014231-jprime-ent


    所長見解:違うのおるよな・・・

    【【結果発表】「ちょうどいいブス」芸能人がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「満島さんのワガママには本当に困りました。
    映画祭事務局、テレビ局、そして共演女優の事務所まで終始振り回され、中には『二度と一緒に仕事をしない!』と怒る関係者もいましたよ」(映画関係者)

    10月25日から11月3日まで、東京・六本木ヒルズで開催された『第30回 東京国際映画祭』。
    その“目玉”だったのが、日本映画界を引っ張る4人の女優を集めた特別企画『Japan Now 銀幕のミューズたち』だ。
    全員が同学年でもある満島ひかり(31)、宮崎あおい(31)、蒼井優(32)、安藤サクラ(31)の出演作が集められ、写真家・蜷川実花(45)が撮影した映画祭のポスターには、黒で統一した衣裳を着た4人が並んだ。
    だが、その撮影の際に“第1の事件”が起きたという。

    「4人の撮影は同じ日に時間をずらして別々に行われたのですが、撮影終了後に満島さんサイドから“撮り直し”のお願いがあったんです。
    なんでも満島さんが納得のいく撮影ではなかったようで、蜷川さんにも事情をお話しして、彼女だけあらためて撮り直しました。
    ただ、その話を伝え聞いた他の女優さんたちの事務所からは“どうして満島さんだけ?”と呆れた声が挙がりましたね」(前出・映画関係者)

    じつはこのポスター撮り、当初は女優4人が勢揃いして撮影する予定だったという。

    「それも満島さんサイドが断ってきたため、4人別々の撮影になったんです。
    映画祭の目玉企画として、ぜひ4人がそろったポスターをと事務局側は熱望していたんですが……」(前出・映画関係者)

    そして、満島のわがままはこれだけで終わらなかった。
    映画祭のオープニングセレモニーといえば、豪華な出演者たちが次々に登場するレッドカーペット。
    その裏で“第2の事件”が起きていたのだ。
    映画祭が開幕した10月25日。用意されたレッドカーペットに、豪華な衣装をまとった“ミューズ”4人は嵐のようなフラッシュを浴びて登場したのだが――。

    「じつは、レッドカーペットを歩いた後に、本来はテレビ局による4人のインタビュー取材が予定されていたんです。
    それも直前になって、満島さんの“ドタキャン”でなくなってしまったんですよ」(プロダクション関係者)

    そもそもテレビ取材が決まった際に、1人だけ“条件”をつけてきたのが満島サイドだったという。

    「4人そろっての取材が決まると、満島さんサイドは『レッドカーペットとは別の衣裳で取材を受けたい』と事務局にお願いしてきました。
    しかも満島さんは“4人全員が衣装を着替える”ことを条件にしてきたため、事務局はオブラートに包みながら他の3人の事務所サイドにそのことを伝えたそうです。
    他の女優さんサイドからは『なぜ同じ衣装ではダメなんですか?』という不満の声も上がりましたが、“映画祭を盛り上げるため”と言われ、みなさん急遽インタビュー用の別衣装を手配しました」(前出・プロダクション関係者)

    ところが、映画祭開幕の2日前に事態は急変――。

    「直前になって、また満島さんサイドから『本人がレッドカーペットに集中したいと言っている』と取材中止を求めてきたんです。
    番組に穴が空いてしまいますからテレビ局も大慌て。
    事務局サイドから満島さんサイドに“さすがに直前での中止は難しい”と伝えると、“わかりました。それならば取材を受けます”と要望を撤回したそうです」
    (前出・プロダクション関係者)

    だが、満島サイドの“ドタキャン要求”はすでに他の3人の事務所の知るところとなっていた。

    「中には、着替える予定だった別衣裳の手配をキャンセルした女優さんもいて、結局、収拾がつかなくなって、取材自体がなくなりました。
    振り回されたテレビ局や事務局関係者らは、さすがに“もう勘弁してよ”といった様子でしたよ」(前出・プロダクション関係者)

    テレビ局関係者が話す。

    「彼女は基本的に演技以外の仕事はやらないスタンスで、舞台に主演してもPRにはほとんど協力しません。
    俳優は作品だけ見て評価されればいいと思っている。
    だから今回のトラブルも、彼女にとっては他人からどう思われるかなんて最初から考えてもなくて、自分のわがままとも思っていないと思いますよ」

    現在、ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)に出演中の満島。
    天才的な演技力に、来年以後もオファーが殺到している彼女だが、“お姫さま気分”はほどほどに――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171114-00010002-jisin-ent

    no title


    所長見解:わがままな人だよね・・・
    【【現場緊迫】満島ひかり 共演者呆然の映画祭ドタキャン騒動ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月2日発売の「女性セブン」が、「第30回東京国際映画祭」オープニングセレモニーでの舞台裏を報じた。
    記事によると、同映画祭に登壇した宮崎あおいと蒼井優の間には微妙な空気が流れていたという。

    j


    「宮崎と蒼井は、同じ85年生まれ。
    10代の頃からオーディションなどで度々顔を合わせており、映画でも共演。
    そして一時は、蒼井が宮崎の誕生日パーティーに駆けつけるなど、親友関係にあったそうです。
    しかし現在、宮崎はV6の岡田准一と交際していますが、その岡田と過去に交際していたのが蒼井という関係にある。
    そのため2人はセレモニーでも、微妙な距離感を保っていたと報じられています」(芸能記者)

    同誌の取材によると、舞台裏で蒼井が「久しぶり、元気だった?」と気軽に話しかけたものの、宮崎の方は「うん……。ありがとう」と困惑した表情を見せていたとか。

    ここまで宮崎が蒼井を意識してしまうのは、過去、岡田の行動が関係している可能性もあるという。

    「岡田がまだ蒼井と半同棲関係にあった当時、自宅マンションを約5000万円もの大金をかけて全面リフォームしたと一部で報じられました。
    その際、岡田は、蒼井の意見を全面的に採り入れたほどゾッコンだったとか。
    現在、岡田は5億円とも噂される豪邸を建設中ですが、それが宮崎との将来を見据えたものだとしても、宮崎はもう蒼井を友人としてではなく、岡田の元カノとしか見られないのではないか」(前出・芸能記者)

    日本映画に欠かせない女優となった2人。
    作品で共演する日はもう訪れないのだろうか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13860304/


    所長見解:岡田め・・・
    【【恋愛問題】宮崎あおいと蒼井優に根深い確執ってよwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ