芸能界

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    画面の向こう側では輝いて見える一流のタレントたち。
    視聴者には決して見せない素の表情を徹底取材……!

    芸能人の横顔を誰より見る機会が多いのがテレビマン。
    プロデューサー、ディレクターのみならず、下働きで身を粉にするADまで、我々がお茶の間で見るのとは、やはりずいぶんと違う芸能人の姿を目にする機会も多いようだ。

    「言うまでもなく、ダウンタウンの松本人志さんは吉本に限らず、今、芸能界で最も発言権のある一人です。
    ラジオ番組で、その松本さんにオリエンタルラジオの中田敦彦さんが弓を引いたのには、吉本さんに限らず非難轟々です。

    広いようで狭いのが芸能界。
    この悶着以降、我々も中田さんとのつきあいは、あくまで“仕事”というスタンスを取らざるをえない。
    余計なストレスを増やされたようなもんです」

    こうボヤくのは某キー局のプロデューサーだ。
    「中田さんに正面切って反論したところで、松本さんには何の旨味もない。
    黙殺という態度を取っていますが、かなり苦々しい思いをしているらしい」

    だが、一方で違う見方もある。
    別のキー局のディレクターが打ち明ける。
    「『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)も年末のスペシャル以外は壊滅寸前、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)も評判が良いのは業界の内輪だけで、視聴率は決して良くない。

    ぶっちゃけ中田さんの言い分も、もっともというのが僕ら世代の本音ですね。
    大御所だから顔を立てて当たり前という、この業界の前提から変えてほしい」と、中田発言を擁護する向きもある。

    「松本さんは『ワイドナショー』(フジテレビ系)での宮崎駿監督の引退発言についてのゴタゴタでも“同じことがあったら番組を降板する”と発言しました。
    それくらいの緊張感で臨まないと……という趣旨でしたが、イエスマンしか周りにいないのに、何が緊張感なのか」(前同)と、その口調は厳しい。
    また取材中、こんな話を聞くこともできた。声を潜めるのは、番組の編成担当だ。

    no title


    「松っちゃんは、たけしさんを意識し過ぎですね。
    本人は、たけしさんが今の座に着いた年齢より先に、ワイドショーでのメインコメンテーターの座を射止めた。
    その自負もあるのでしょうが、たけしさんはお笑いだけでなく、映画も絵画もすべて海外でも評価されてからの今です。

    いくら松っちゃんが気の利いた持論をブッてみたところで、それ以上でも以下でもない。
    キツい言い方をすれば、中田さんにあんなことを言われるのが、今の松っちゃんのあり方を象徴している。
    たけしさんには、あんな口を聞く若手は一人もいませんから」と皆、なかなか手厳しい。

    特にバブルを経験していない若手のテレビマンは、大御所芸能人や先輩局員は時代が味方しただけで、努力やセンスで視聴率を取れたわけではないと、辛辣だ。

    日刊大衆
    https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_28927/


    所長見解:芸能界もいろいろあるね・・・
    【【暴露】芸能人「テレビに映らない」“裏の顔”「松っちゃんは、たけしさんを意識し過ぎ」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの重盛さと美(28)が、過去に「島田紳助に干された」と報道された真相を暴露した。
    重盛はキングコングの西野亮廣(37)がMCを務める番組『エゴサーチTV』(AbemaTV)に出演。
    とあるきっかけによって、島田紳助が関わる番組に一切出られなくなったという。

    MCを務めるお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣(37)がTwitterで重盛さと美の名前を検索をすると、「重盛さと美が島田紳助に干された」という内容の記事がツイートされていた。
    西野が真相をたずねると、重盛は「干されてはないんですが、紳助さんの番組には一切出られなくなりました」と激白。

    きっかけはあるクイズ番組に出演したときのこと。
    問題の意味すらまったくわからなかった重盛は何とか答えをひねり出したが、意味不明な回答をしてしまい、空気がガラッと変わったという。

    「マネージャーさん呼ばれて。『なんでこいつ入れたんや?芸能界で絶対売れへんで』って」と当時の様子を語った。
    それを聞いた西野は、「まぁ結局は紳助さんの方が芸能界からいなくなりましたけども……」と際どい発言でスタジオを笑わせた。

    その後も紳助から避けられる場面もあったというが、とうとう『27時間テレビ』で共演が実現。
    その際に「紳助が合図を送ったら重盛が生放送中画面から消える」という約束があったという。

    しかし、27時間テレビで行われた「粉相撲企画」で、必死に抵抗した重盛の服が脱げるハプニングが起こると紳助は爆笑。
    平和に番組を終えることができたそうだ。

    s


    「それからは番組出演は解禁になったの?」と西野がたずねると、「そのあとすぐ紳助さんが(芸能界を)卒業しちゃって……」と共演の機会はなかったというが、1つの番組を一緒に乗り越えられたことに満足した様子だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00010005-abema-ent 


    所長見解:なんか怖いな・・・
    【【これは怖い】重盛さと美“「島田紳助に干された説」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    18才、16才、14才、3人の娘の母である鈴木保奈美(50才)の目下の悩みは長女の将来のことだという──。

    「保奈美さんの長女が、石橋貴明さん(55才)の前妻との娘・石橋穂乃香さん(27才)に連絡を取り始めたというんです。
    異母姉妹とはいえ、年も離れていますし、接点もなかったはずですが…」(芸能関係者)

    h


    石橋と保奈美が結婚したのは1998年。
    互いに再婚で、発表時、保奈美は妊娠3か月だった。
    石橋の前妻との離婚からわずか2週間後のことで、報道で事実を知った前妻は寝耳に水。
    彼女は当時の週刊誌のインタビューに《母としての立場で腹が立ちます》と怒りを表した。当時9才だった前妻の娘・穂乃香も複雑な思いを抱いた。

    「再婚を知った直後は“パパには会わない”と泣き叫ぶほどショックを受けていましたが、穂乃香さんは今でもファザコンを自称するほどのパパっこ。
    石橋さんとは、その後も年に数回は一緒に食事をして交流を続けていましたが、保奈美さんたちとは接点はありませんでした」(テレビ局関係者)

    2008年、19才の時に穂乃香は、父の後を追うように芸能界へ。
    現在もオスカー女優という夢のため、舞台や映画に足を運び、下積みを続ける。

    「石橋さんからの援助は一切ありません。
    生活のため、今は舞台の裏方の仕事をしながら都内の会員制スナックでアルバイトをしているそうです。
    著名人の多い有名店ですが、彼女はのびのびと働いていますよ。
    一時は“父親の七光り”という言葉に敏感になり、ストレスで舞台を降板したこともありましたが、今は“全てを受け入れて素の石橋穂乃香として勝負する”と前向きに活動しています」(穂乃香の知人)

    一方、保奈美の長女は6月に13年間通ったインターナショナルスクールを卒業した。

    「母親譲りのスタイルの良さを生かし、学生時代からアパレルブランドのモデルを務めていました。今後は海外留学を考えているそうです」(石橋家の知人)

    接点も交流もなかったはずの“姉妹”――この2人が連絡を取るようになったのはなぜか。

    「保奈美さんの長女は、今芸能界へ強く興味を持っているようです。
    最近保奈美さんは連ドラやファッション誌、コラムの連載など仕事がますます増えています。
    母親の仕事ぶりを間近で見て、憧れを抱き、自分も芸能の道へと考えたようです。
    でも石橋さんも保奈美さんも大反対。
    芸能界から遠ざけたいというのもインターナショナルスクールへ通わせた一因だったほどですから。
    そんな中、すでに芸能活動を始めている穂乃香さんを頼り、インスタグラム内のメッセージで相談するようになったそうです」(前出・石橋家の知人)

    まだ顔を合わせたことはないという2人だが、お互いのインスタグラムをフォローし、“いいね”を送り合っている。

    「穂乃香さんは “親が有名人だとしても生半可な気持ちでは通用しないよ”とアドバイスしたそうです。
    穂乃香さんも最初は突然のアプローチに驚いていたようですが、“仲よくしてるんだ”と聞くと“妹だからね”と笑っていました」(前出・穂乃香の知人)

    2人が一緒に舞台に立つ日も──。

    ※女性セブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170728-00000011-pseven-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170728-00000011-pseven-ent&p=2


    所長見解:いい話だな・・・
    【【これはいい話】石橋貴明と鈴木保奈美の長女が芸能界に興味 穂乃香に相談ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    最近、インターネットのアンケートで『消えてほしいタレント』、『見たくないお笑い』、『つまらない芸能人』などが募集されると、1位か決まって上位に顔を出すのはヒロミだ。

    h


    「ヒロミに不快感を持っているネットユーザーは多いです。
    かつては体を張ったお笑いでならしていた時期がありましたが、すでに20年以上も前のことで、大して面白くありませんでした。
    いまでも、特に話芸があるわけでもなく、知識もない。
    “不要お笑い”の筆頭といわれるほどです」(ネットライター)

    ヒロミは2014年まで約10年間、テレビの画面から消えていた。

    「テレビに出ていなかった理由は、堺正明と共演していた番組で、堺を『マチャアキ』といかにも“自分とは仲間だ”というように呼んだことが原因だとされています。
    しかし、それは一端だけの話。
    ヒロミは至るところで堺と同格だと吹聴していました。
    それを聞いた堺が激怒して干したのです」(芸能プロダクション関係者)

    堺は俳優、司会をはじめ、料理上手など多芸で知られる。
    一見すると人がよさそうな人物に見えるが、裏の顔は違うという。

    「芸能界のドンのひとりである、芸能事務所T社の社長とは50年来の盟友です。
    そのため、ヒロミから仕事を取り上げることなどはわけもないことなのです。
    一時期、堺はTBSの人事権を持っているといわれ、同局の料理番組『チューボーですよ!』(終了)でパートナーを組んだ女子アナを、わずか半年で降板させたこともあります。
    芸能界に関わりがある人間ならば、堺の怖さを皆知っています」(同・関係者)

    ■ 堺に土下座して和解?

    しかし、ヒロミと堺のあいだでは“和解”があったといわれ、チューボーですよでも共演し、何のトラブルもなかったことを強調していた。

    「堺は10年間にわたってヒロミを許さなかったということです。
    ヒロミは大手プロダクションの社長の助力を得て、ようやく和解できたのです。
    土下座したとまでいわれています。
    いま再びヒロミがテレビに出られているのは堺と大手プロの力なのです」(同・関係者)

    現在、ヒロミはレギュラーと準レギュラー出演のテレビ番組が合わせて6つある。

    「堺に許しを得て、しばらく経ったためか、遠慮が無くなってきています。
    今年になって複数のバラエティー番組で『いまのお笑いの奴らって、本当につまんねえよな』と暴言を吐いていました。
    そういう自分にどれほどの話芸があるのか。
    ネット上でも《もう消えろ》、《一番つまらないのはお前》と多くの批判を浴びています」(芸能ライター)

    調子に乗っているいまこそ、口が滑らないようにしなければならないだろう。

    https://myjitsu.jp/archives/27053


    所長見解:たしかによく出てるね・・・
    【【もう飽きた】不評芸人ヒロミが復帰3年でまた慢心!「もう消えろ」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優で夫の船越英一郎(56)と泥沼離婚劇の渦中にある松居一代(60)が11日、自身のブログを更新した。

    m


    松居は「3日ぶりに寝たよ」のタイトルで記事をアップし、「ゆうべは、3日ぶりに、寝た 倒れるように、5時間眠ったもう…限界だった」と心身ともに疲労困憊している様子をにじませた。
    YouTubeなどで船越を糾弾してきた松居だが「不倫に怒っているんじゃないよ 未練なんか、微塵もありません」とキッパリ。
    続けて「この戦いは、夫婦の問題じゃないんですよ ただの、夫婦げんかでは、ないんですよ」とつづり、「芸能界の恐ろしさ 39年間身を置かせていただいた この、芸能界の恐ろしさに立ち上がっているんです 私は、たった、一人の自分の事務所です」と訴えた。

    さらに「あたしは、身体も鍛えてきた 100才まで、健康で生き抜くために身体は、十分に気遣ってきた だから…多少のことではヘコタレませんよ」と徹底抗戦の構えを見せた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00000108-sph-ent 
    スポーツ報知 


    所長見解:なんか変わってきてるね・・・
    【【これは恐ろしい】3日ぶりに眠った松居一代「不倫に怒っているんじゃない」敵は「芸能界の恐ろしさ…」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ