芸能界

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    <小泉今日子>文化芸術支援訴える!自粛生活後の「心の穴を埋めるのが文化だと思う」


    女優の小泉今日子が22日、ネット配信で行われた『#WeNeedCulture at DOMMUNE~文化芸術復興基金をつくろう~』に生出演した。

    『演劇緊急支援プロジェクト』(演劇)、『SaveOurSpace』(音楽)、『SAVE the CINEMA』(映画)の3団体が、プロジェクト『#WeNeedCulture』を立ち上げ、同基金創設を提案。

    「コロナ時の補填のみならず、コロナ終息後の復興支援の土台として強く要請していくつもりです」としている。

    きょう22日には3団体が、関係省庁に対し統一要望書を提出し、意見を交わした。

    今回の生配信はその一環として行っている。


    配信には小泉のほか、渡辺えり、土田英生が生出演した。


    p


    2018年6月に女優業を休養し、プロデューサー業に力を入れると発表している小泉は
    「10代に歌手としてデビューして、女優として映画にも出させていただき、今は女優だけでなく制作者として演劇に関わっている」と自己紹介した。

    小泉は新型コロナウイルスの影響により「9月、10月、11月くらいまで劇場をキャンセルしている方が増えている。
    お客さんを入れて上演っていう目処も立ってない」と現状を憂いだ。


    続けて「演劇作るためには、劇場費からスタッフさんのギャランティー、美術のセットとか、ものすごくお金がかかる。
    演劇のチケット代って映画とかと比べたら高いけど、それでもほとんどクロにならない」と明かした。


    それを聞いた渡辺は「『今からやってもいいですよ』って言われてもそこから準備だから。だからその間はどうするのって」と指摘し、支援の重要性を訴えた。

    また小泉は、演劇や音楽などの『文化』について「これからが出番。
    みんな頑張ってこの時間をどうにか工夫して乗り切った。
    これから心にぽっかり穴が開いちゃう人がでてきそうな気がして。
    それを埋めるのが『文化』だと思います」と語った。



    関係省庁に提出された統一要望書では、文化庁と文部科学省に対し「自粛要請が解除された後も、安全・安心を最優先する結果、長期間にわたって経済面でも影響を受ける」と強調。

    「活動の存続を維持するため、文化芸術団体が公演や上映、ライブなどを行うことに伴う売上減少・経費増大に対して補填することなどを目的とした『文化芸術復興基金』を創設してください」と訴えている。



    そのほか、経済産業省には「現状の持続化給付金は、文化芸術活動を存続させるためには極めて不十分」とし「給付の継続(再度の給付)、運用の柔軟化を求めます。
    あわせて、固定費にかかる支出に対する給付型の支援も求めます」と切望。

    最後、厚生労働省に対し「雇用調整助成金は、申請してから支給までに時間がかかっており、また支給が認められる件数、割合も極めて少ないという問題があります」と指摘。


    「雇用調整助成金が早期に支給されるよう運用の是正と、各種制度においてフリーランスも対象とするよう制度の是正、柔軟化を求めます」とした。



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200522-00000403-oric-ent


    小泉今日子 文化芸術支援訴える 自粛生活後の「心の穴を埋めるのが文化だと思う」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200522-00000231-spnannex-ent


    ▼写真

    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200522-00000403-oric-000-view.jpg

    所長見解:もうね・・・

    【【アベガー】小泉パヨ子さん「芸能へ支援しろ」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    《汚らしい嘘や狡は絶対に許されない》

    キョンキョンこと、小泉今日子(54)のSNSでのコメントに続けと、芸能界からの「アベNO」発言が続いている。


    政府が配布する布マスクにカビ付着や変色、虫の混入が見つかったアベノマスク問題。

    投じられる血税466億円の内訳について、製造元などをひた隠しにするなど、悪質で悪辣な内幕がボロボロと露呈。

    《カビだらけのマスクはその汚らしさを具現化したように見えて仕方がない》と小泉は投稿した。


    落語家の笑福亭鶴瓶(68)はラジオで無能無策の安倍政権をこう斬った。

    「もっともっと前に、いろんな判断やってくれたら、早くやってくれたら死なんでええ人もおったと思うねん。
    早く判断せんで、コロコロコロコロ変わってきてるから」

    アベノマスクには、「日本(の業者)に頼んだったらええやん。
    マスクを日本で作るという考えはないのかゆうねん。
    何億も使って。
    コロナがたくさん出てるところに、なんでマスク(の製造)頼むねん」と声を荒らげた。


    芸能界において、政治的発言はタブーとされてきた。

    タレントに政治色がついて仕事が減る恐れがあるし、CMのスポンサー企業から発言しないよう歯止めがかかることもあるからだ。


    芸能プロも、情報番組などで政権批判を控えるようお達しを出したりしていたが、「安倍首相の星野源とのコラボ動画が芸能人の怒りに火をつけた。
    いまは忖度することなく多くの芸能人が声を上げている。
    このままでは干上がってしまうからです」(芸能プロ関係者)。


    世良公則(64)は自民党の甘利明議員のSNSについて、「政府の援助無しでここまで弱りきっていても『今は我慢する時』と自分に言い聞かせ努力するのが日本人。
    そんな国民に政府は『はいはい。良くできました。もう少しです。頑張りましょう』と言える神経が理解できない」と批判コメントを発信。

    すると事務所宛てのメールに自民党員を名乗る人物から「甘利議員のコメント批判をするな」と脅迫ともとれる文面で抗議があったそうだ。

    世良は「今後このような事があれば法的対応も考えさせて頂きます」と更に怒りを爆発させている。


    「これは“一揆”だ」
     
    梅沢富美男(69)も10万円給付プランが浮上した際、こうまくしたてた。

    「なんだよ、手を挙げた人に10万円くれるって。
    全く失礼じゃないですか。
    お殿様気分でいるならいればいい。
    でも、あんたらをお殿様にしてくれたのは国民ですよ。
    給料はおれたちの税金ですよ。
    それを自分の金みたいなこと言って。
    あんな偉そうな口をきいて!」

    g


    ■「文化芸能の営みをたかだか一時の経済的な理由で絶やしていいのか」

    極めつきは日本共産党の「しんぶん赤旗」に登場したホリプロの堀義貴社長だ。

    エンタメ業界は自粛要請に真っ先に応じた結果、仕事を失うなどして、現時点で3300億円以上の損失になっていることを念頭に「(政府からは)補償どころか、ねぎらいの言葉さえありません。
    先人が何千年もの間、連綿とつないでくれた文化芸能の営みをたかだか一時の経済的な理由で絶やしていいのでしょうか」とぶちまけている。

    「堀氏はバーニングやエイベックスなど大手芸能プロ加盟の音事協の代表でもあり、堀氏の言葉はそのまま芸能界の総意。
    西田敏行さんも俳優を代表して窮状を訴えています。
    追い詰められた芸能人がついに安倍政権に対して“一揆”を起こし始めたのです」(ジャーナリスト・二田一比古氏)

    生死の瀬戸際まで追い詰められた芸能人の怒りが、燎原の火のごとく広がっている。


    日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200502-00000003-nkgendai-ent

    ▼写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200502-00000003-nkgendai-000-view.jpg

    所長見解:でもな・・・

    【【悲報】安倍政権は芸能界全体を敵に回した問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新型コロナウイルスによる「緊急事態宣言」で、芸能界も“激震”、いやそれ以上の壊滅的な状況に追い込まれている。

    まず、出演者が次々に感染を発表して関係各方面に大きな影響が出ている。

    s


    森三中の黒沢かずこ(41)、俳優の小宮璃央(17)、脚本家のクドカンこと宮藤官九郎(49)、ケツメイシのRyoji(45)。

    また福岡のローカルタレントのゴリけん(46)もそうだ。


    以前、彼は東京で活動していたので覚えている人も多いだろうが、そのゴリけんがやはりコロナ感染が明らかになり、と同時に彼が出演していた生放送番組を休止した。

    彼が出演する曜日ではなかったが、最近も出演したばかりで、司会者や共演者だけでなく、スタッフにも濃厚接触者が多くいると判断したからだ。

    スタジオに出演者がいるということは、その人にピンマイクをつける音声スタッフやメーク担当など、すぐそばで作業する人が多くいる。

    ほとんどの番組で数十人のスタッフが存在し、「閉鎖された」スタジオで多数の人が話をする。

    いわゆる「3密」状態が本番前から続く。

    バラエティーや情報番組などは出演者の席を広く空けて座るなど「見た目」では感染防止の対策を行っているが、出演者だけでなく、スタッフにひとりでも感染者が出ると、その場にいたほとんどが濃厚接触者になってしまう。

    つまり、「綱渡り」の放送という危機的状況にあり、各局で出演者とスタッフを減らしている。

    その中で報道と情報番組は続けるが、ドラマやバラエティーなどは放送を延期し、その間は再放送でつなぎ始めている。

    舞台やライブは軒並み中止や延期となり、タレントはおろか、スタッフも生活面で厳しい。

    西田敏行が理事長の「日本俳優連合」の調べでは、回答者の8割が「蓄えを切り崩している」「借金をする」と答えた。

    その上、その後の仕事がどうなるのか、先が見えないのもキツイ。

    今はまだ、収録済みのバラエティーなどテレビの番組は普段とあまり変わらないと感じるかもしれないが、時間が経つと、報道番組と再放送だけになる可能性が現実味を帯びてくる。


    この緊急事態が3カ月続くか、半年になるか……

    テレビ制作会社の倒産や外部スタッフの失業は避けられない。

    芸能界は一部のゆとりのあるタレント以外、にっちもさっちもいかないことになってしまう。


    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/271716

    所長見解:そうなるわな・・・

    【【悲報】芸能界、壊滅へ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “志村ショック”は計り知れないほど大きかった――。

    先月、新型コロナウイルス感染による肺炎のために亡くなった志村けんさん(享年70)を「恩人」と慕うマツコ・デラックス(47)が、ショックのあまりフジテレビ系「アウト×デラックス」の収録を前日キャンセルした。

    同じく売れっ子の有吉弘行(45)も散歩番組を急きょ“局内ロケ”に切り替えさせたという。

    コロナの恐ろしさを思い知らされたタレントもテレビ局も緊急事態となっている。

     
    本紙が昨報した「芸能界オーバーシュート(爆発的患者急増)危機」への懸念がますます高まっている。

     
    1日には新たにヒップホップグループ「ケツメイシ」のRYOJIの感染が判明。

    先月22日から発熱が続き、30日にPCR検査を受け翌日、陽性と判明した。

    所属事務所の発表では「本人は今日現在、微熱はありますが、一日も早い回復を目指し、療養に努めております」としている。

     
    そんな芸能界コロナ禍の“象徴”といえば、29日に亡くなった志村さん。

    入院からわずか10日で帰らぬ人となり、大きなショックを受けているのがマツコだ。


    m

     
    マツコは志村さんの訃報が伝えられた30日にTOKYO MX「5時に夢中!」に生出演。

    「本当にすごく優しくしていただいて…。
    最初、志村さんと夫婦役のコントをやらせていただいたのね。
    ホント緊張したし、子供のころから見ててさぁ。
    志村さんとの夫婦コントは自分の中で別格」と回想した上で「その後、仲良くさせていただいたのは一番うれしかったことかもしれない。
    ちょっとまだ信じられないです…」と言葉を詰まらせた。

     
    テレビ関係者は「ひょんなことから芸能界入りしたマツコさんを温かく迎え、かわいがっていたのが志村さん。
    マツコは志村さんを『恩人』と呼んでいる」と明かす。

     
    マツコは1日にレギュラー番組「アウト――」の収録を都内スタジオで行う予定だったが、関係者によると「一度はやるとなったが、昨日(31日)『収録は無理』と連絡があった。
    理由についてはかん口令が敷かれているが、やはり志村さんを失ったショックが大きいのだろう。憔悴しているそうだ」(芸能関係者)という。

     
    同じく志村さんを尊敬していた有吉も人生観が変わった。

    「志村さん感染」のニュースに衝撃を受けたのと同時に、コロナに恐怖したという。

     
    有吉は街の人々と触れ合うフジテレビ系の「有吉くんの正直さんぽ」を抱えるが「それも“局内ロケ”に切り替わった。
    『有吉さん側の強い要望』と噂されています」(同)。

     
    志村さんの命を奪った新型コロナの猛威は、エンタメ業界を未曽有の大混乱に陥れている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200403-00000008-tospoweb-ent

    所長見解:感染なん・・・

    【【悲報】マツコ、志村死去で憔悴しきっている模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元『AKB48』の〝まゆゆ〟こと渡辺麻友が、テレビから消えたことが話題になっている。

    去る2月16日放送のTBS系音楽特番『UTAGE!』で、中居正広とMCを務める予定だったが、収録当日になって突如欠席。

    その理由は体調不良だと発表されて以降、何の音沙汰もない。

    芸能界ではこのように、突如として姿を消してしまうケースは多い。

    w


    例えば坂口憲二。

    主演ドラマ『医龍 -Team Medical Dragon』(フジテレビ系)のシーズン4が放送されるなど、人気絶頂だった2014年に表舞台から消え、ネット上では心配の声が飛び交っていた。

    「ドラマに出演しなくなってから4年ほどがたった18年、坂口は国指定の難病『特発性大腿骨頭壊死(えし)症』のため、無期限で芸能活動を休止することを発表しました。 
    現在はコーヒーショップを営み、サーフィンをするほど体調も安定しているようですが、芸能界復帰のメドは立っていませんね」(芸能記者)


    思い出せる人がいるかは微妙だが、マリエもその1人だ。

    『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のレギュラーになるなど、全盛期にはバラエティーもできるモデルとして重宝されていたが、ある時期からめっきりテレビで見掛けなくなってしまった。

    「マリエが消えた原因とされているのは、11年に東日本大震災が起こった際、自身のツイッターで

    《くだらね、世の中チャリティー産業かょ!?》
    《こっちはいろんなところから募金です金くださいってれんらくがたえなくってこまってんだよ!》

    とつぶやき、大炎上したからだといわれています。
    マリエはその直後、ファッションの勉強のためアメリカへ留学しました」(同・記者)


    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0322/myj_200322_0264931707.html

    所長見解:マリエ・・・

    【【あの人は今】突然消えた芸能人たち、さまざまな理由がコチラ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ