芸能界

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー・ピエール瀧こと瀧正則被告(52)が、麻薬取締法違反の疑いで逮捕されてから約1か月がたつ。

    同被告は俳優としても活躍していただけに、騒動はいまだに収まる気配を見せない。

    今回逮捕に踏み切った関東信越厚生局麻薬取締部(通称・マトリ)は、他の芸能人で2度失敗しているとされるが、それでも果たした役割は大きいと言える。

    そこでライバル意識を燃やしているのが警視庁だ。

    マトリが金星を挙げた以上〝返し〟をしなければ面目が立たないため、すでに紅白歌合戦に出場した歌姫に照準を絞っているという(本紙既報)。

    ほかにも警視庁には様々な薬物芸能人の情報が寄せられているが、長年マークされながら、すんでのところで逮捕を免れている大物タレントがいるという情報をキャッチした。

    警察関係者が語る。

    「有名グループに所属していたXですよ。
    使用しているのは主にシャブ(覚醒剤)。
    自分が警視庁にマークされていることを自覚していて一時、内偵もされていたんですが、最後は尻尾をつかませない。
    このXはピエール瀧が逮捕されたときに『許されませんね』と、いけしゃあしゃあとコメントしていてあぜんとしましたよ」

    Xは、テレビを中心に八面六臂の活躍を見せており、もし逮捕となればピエール瀧以上の衝撃になるのは確実。

    番組の降板や撮り直しなどで、損害賠償額は天文学的な数字になることだろう。

    X周辺では、かねて薬物のウワサは絶えなかった。

    y


    覚醒剤を常用していた某女優からも以前、こんな話を聞いたことがある。

    「Xが歌手のYと付き合っていたころだと思います。
    私がプッシャー(売人)の元にネタ(シャブ)を買いに行くと、偶然Yも買いに来ていたんです。
    それでビックリ。
    Yはけっこうあけっぴろげな性格で『Xと使っている』と笑っていて、さらにビックリしました。
    当時、Xはある連続ドラマに出演していたんですが、激痩せしていて『ああ、なるほど』と納得したほどです」

    すでにXとYは破局。

    Yは別の男性と結婚し、子供をもうけ、何くわぬ顔で生活しているようだ。

    ある芸能プロ関係者もこう言う。

    「Xが所属していたグループにいたZもシャブを使っていたらしい。
    当時、彼らは寝る暇もないぐらい忙しかったからね。
    バリバリ働くためには必要だったワケ。
    グループは解散したけど、今でもXとZは仲良しだよ」

    逃げ足の速いXが、今後検挙されるかどうかは分からない。

    ただ、前出の警察関係者によると捜査は続ける方針だという。

    「大物を逮捕してマトリに対抗する面もあるが、やはり芸能人だと社会的に警鐘を鳴らせるからね。
    それだけ芸能界の薬物汚染はひどい。
    薬物は国をダメにするんだから、社会的に影響のある芸能人には厳しく当たっていく」(同関係者)

    Xは、いつまで仮面をかぶったままテレビに出続けるつもりなのだろうか。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1352067/

    所長見解:誰・・・
    【【これは超大物】 警視庁が追う薬物芸能人Xがコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名:瀧正則)被告(51)が、保証金400万円で東京地裁に保釈を認められることとなった。

    コカイン使用で東京地検に麻薬取締法違反罪で起訴され、3日に弁護人が保釈請求していた瀧被告だが、認められたようだ。

    薬物に手を染めてから20年以上という情報もある瀧被告。

    それだけに更生の道のりは険しいことは確実だ。

    薬物依存は刑務所に入ったからといって簡単に治るものでもないだけに、本格的な治療に入るのは確実だろう。

    p


    一方、瀧被告の保釈金は「400万円」。

    金額的にはそこまで高くない印象だが......。

    派遣型マッサージ店の女性従業員に不法行為を働いたとして逮捕され、起訴された新井浩文被告の保釈時は500万円、6億もの所得を隠して脱税に問われた野村沙知代が保釈金5000万円、法律違反の薬物を使用した女性を放置して死なせた保護責任者遺棄致死で1000万円、ひき逃げで逮捕された吉澤ひとみは300万円などなど、さまざまなパターンがある。

    瀧被告の場合犯行を認め証拠隠滅の恐れもなく、逃亡の恐れなしとされた可能性が高い。

    新井浩文、吉澤ひとみと近い金額になったのも自然な話か。

    「瀧被告は『捜査にも協力的』という部分もあるでしょうし、保釈金の額としては想像の範疇ではあります。
    経済犯でもありませんので、証拠も何もといった感じです。

    ただ、これまでも情報が出回っている通り、瀧被告の周囲にも薬物のつながりは強く、協力次第では『芋づる』も十分にあるとも。
    今後の展開も気になるところです」(記者)
     

    4日発売の「女性セブン」(小学館)では、リリー・フランキーの側近が薬物逮捕された、という記事が出ているが、その中に今後逮捕される可能性がある芸能人として「強面俳優A」「大物音楽プロデューサーのB」「30代のグラドルC」「元男性アイドル歌手のD」「ミュージシャンのE」「国民的タレントのF」の6人が......。

    ピエール保釈によって、平成最後の「一斉検挙」があるのだろうか。

    https://biz-journal.jp/gj/2019/04/post_10134_2.html

    所長見解:芋づるね・・・

    【【薬物疑惑】ピエール瀧の保釈で戦々恐々の「6人」がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能界の薬物疑惑 マトリがマーク、逮捕秒読み国民的タレント

    4月クールの“春ドラマ”が、続々とスタートする。

    例年ならテレビ関係者が何よりも気にするのは視聴率だが、今はそれ以上に出演者の“私生活”に敏感になっているという。

    4月2日、コカインを使用したとして、麻薬取締法違反の罪で俳優・ミュージシャンのピエール瀧被告(51才)が起訴された。

    売れっ子俳優でもあった彼の不祥事は、芸能界に大きな影響を与えた。

    NHKは大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』を含むドラマ6作のオンデマンドでの配信を停止。

    5月17日公開予定の映画『居眠り磐音(いわね)』は、瀧容疑者の出演部分の撮り直しを余儀なくされた。

    映画『麻雀放浪記2020』だけは賛否の中そのまま封切られるものの、逮捕による被害総額は10億円を超すとまでいわれている。

    そのため、映画やドラマ関係者の間では、タレントや俳優に関する薬物の捜査情報が、まことしやかに共有され始めているという。

    y


    「瀧容疑者を逮捕した厚生労働省麻薬取締部(通称・マトリ)は、以前から芸能界をターゲットにした捜査を水面下で進めています。
    例えば、ヤクザ映画に引っ張りだこの強面俳優Aには、すでに内偵が入っているそうです。大物音楽プロデューサーのBは、クラブでコカインを摂取しているとのタレコミがあり、昨年末に家宅捜索を受けたとされています。
    両者とも逮捕には至っていませんが、当局が徹底的にマークしているのは確かです」(捜査関係者)

    さらには、バラエティー番組に引っ張りだこで、結婚後もグラビアアイドルとして活躍を続ける30代のC、海外進出も果たしてマルチに活躍する元男性アイドル歌手のD、“若者のカリスマ”として国内外で高い人気を誇るミュージシャンのEにも、捜査の手が及んでいるという。

    「誰もが知る国民的タレントのFは、すでに逮捕が秒読み段階にあるといわれています。
    昨年の夏頃にマトリが家宅捜索に入り、“黒に近いグレー”と判断された。
    ただ、彼の場合、逮捕となれば社会的影響があまりに大きく、“完全な黒と断定できない限り逮捕できない”との判断になったようです。
    逮捕されれば、過去最大の騒動になるでしょう」(前出・捜査関係者)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190404-00000002-pseven-ent 



    所長見解:さっぱり・・・

    【【麻薬取締部】国民的タレントF、大物音楽PのBを薬物逮捕へ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ソニー、やばい」と、あるタレントは言った。

    ピエール瀧容疑者(51)の薬物事件の余波で、瀧容疑者の所属する芸能プロ、ソニー・ミュージックアーティスツが大変なことになっているというのだ。

    「ソニーは奥田民生に東京スカパラダイスオーケストラ、氣志團に西野カナ、倉科カナら、売れっ子のミュージシャンや俳優が大勢いる老舗。
    業界では有名な大手ですが、看板のわりに事務所としての力はどうかという見方は以前からありました。
    そこへピエール逮捕という激震で、タレントもスタッフも疑心暗鬼にでもなっているのでしょう。
    ある若い女性タレントは移籍したがっています」(別の芸能プロ幹部)

    疑心暗鬼になっているとすれば、第2の逮捕者が出るのではないかという不安もあるのではないか。

    瀧容疑者がコカインを摂取したとして、麻薬取締法違反容疑で逮捕された事件は、瀧容疑者にコカインを渡していた疑いで通訳業の田坂真樹容疑者(48)が逮捕された。

    瀧容疑者とは、テクノユニット「電気グルーヴ」の1989年の結成当時からの友人で、夫の「DJ TASAKA」ともども、近い関係にあると伝えられる。

    写真誌「フライデー」は、芸能人のクスリの入手ルートについて「身バレを防ぐために何人もの仲介人を通じて取引をするのが通例だ。
    自分の手元に薬物が届くまでに何重もの予防線を張り巡らせている」と報じた。

    瀧容疑者は当局の調べに「完落ち」したとされ、何重もの予防線まで、密売図が解明されているとすれば、「芋づる式」にこれからも逮捕者が出てくるということか。

    「次は誰だ」とフライデーなどで特集が組まれるのは、そうした臆測に立ってのものだろう。

    「よく名前が挙がっているのは、俳優で監督や歌も歌っている『K』。
    日本アカデミーで最優秀主演男優賞に輝いたこともある一方、奇行でも知られている。
    平成の歌姫『H』やら大麻で逮捕歴のある男性歌手『N』、元五輪メダリスト『K』にアイドルグループ出身の『A』なども挙がっていますね」(ドラッグ事情に詳しい週刊誌ライター)

    y


    瀧容疑者はコカインの白い粉末を鼻から吸引する際、韓国のウォン紙幣をストローのように細長く丸めて使っていたことが明らかになっている。

    ウォン紙幣は表面がツルツルしているとかで、常習者がそうやって使うのだそうです。

    瀧容疑者も常習者であったならば、売人や密売組織との関係も深く、長くなる。

    ここ数年は六本木のクラブなどでドラッグの蔓延が指摘されているし、麻取も来年の東京五輪へ向けて、取り締まりを強化していくはず。

    瀧容疑者クラスかそれ以上の大物逮捕があるんじゃないかと、六本木界隈もソワソワしていました」(前出のライター)

    芸能人は捜査が足元まで迫っていてもやめられないのが薬物の怖いところである。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/250678

    所長見解:芋づるや・・・

    【【薬物疑惑】 芸能界で囁かれる「第2の逮捕者」がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1980年代のアイドル黄金期を代表するカップル、薬丸裕英と石川秀美夫妻の長女でタレントの薬丸玲美が3月26日、自身のインスタグラムにマスク姿の写真を投稿した。

    y


    玲美は《最近よく見るマスクPITTS MASKもらったからつけてみた! 色がついてるマスクは少し抵抗があったけどファッションに合わせてつけられるからいいかも》(原文ママ)とコメント。

    最近流行している立体網目構造の花粉マスク『PITTA MASK』を紹介した。

    この投稿にファンからは

    「着けた感触はどうですか?」
    「玲美ちゃんめちゃかわいい」
    「私も同じの買ったよー」

    など、好意的なコメントが寄せられたが、一方、匿名のネット掲示板には、

    《確かにマスクしていた方がかわいいなw》
    《ずっとマスクしとけよ》
    《マスク美人w》

    など、辛辣な声が上がっている。


    ※画像がコチラ


    「玲美は昨年4月10日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)〝世代対抗トークSP〟でテレビ初出演しましたが、 明石家さんまに対してタメ口でしゃべるなど、終始生意気な態度でトーク。
    視聴者からは『何でこんなに偉そうなの?』『さんまにタメ口で話を遮ったりしててドン引きした』などと散々な言われようでした。
    正直〝親の七光〟がなければ芸能界デビューはできなかったでしょうね」(芸能記者)


    容姿が悪くても態度がデカくても芸能界では成功する可能性もあるが、玲美には全く光が見えないという。

    「昨年5月21日に放送された『ネプリーグ』(フジテレビ系)に出演した際は、あまりにもおバカな回答を連発し、周囲をあぜんとさせました。
    さらにイメージ悪化を招いたのが、やはりその態度。
    別のチームが間違った回答をすると手をたたいて大笑いする姿を見せ、ネット上では『こいつ本当に性格悪いな』『これやっくん自身のイメージダウンにもつながるんじゃないか』など、酷評の嵐が吹き荒れました。
    せめてもう少し愛嬌があれば使い所もあるかもしれないんですがね…」(エンタメ誌記者)

    ここから人気者になったらある意味快挙だが、果たして…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1750777/

    所長見解:しかたない・・・
    【【豪華血統】薬丸裕英&石川秀美の娘・玲美の評判がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ