芸能界

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    実力派俳優、新井浩文容疑者の逮捕など、有名芸能人たちの不祥事が目立つ昨今。

    その代償は大きく、復帰はほぼ不可能だと思われるが、実は過去には大きなスキャンダルを起こしつつも、見事に復帰に成功した芸能人も多いのだ。

    g


    「歌手の槇原敬之さんは1999年、自宅で覚せい剤を所持していることが発覚し、現行犯逮捕されました。
    前向きな曲も多く、逮捕がアルバム発売直後だったこともあり、ツアーの中止やCDの店頭回収で多額の借金を抱えることに。
    しかし、執行猶予期間中の2000年には、早々と復帰しアルバムをリリース。
    2003年には、あの名曲『世界に一つだけの花』を世に送り出しています。
    現在では『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のテーマ曲まで手掛けるほど、イメージは回復。借金も返済したようです」(芸能記者)


    さらに、こんな逮捕歴がある芸能人も。

    「お笑い芸人の板尾創路さんは1994年に、当時中学3年生だった少女にわいせつな行為をしたとして青少年健全育成条例違反容疑で逮捕されました。
    そして、それに懲りず、2017年にはグラビアアイドルとの不倫が発覚。
    しかし、もともとイメージが重視されるキャラではなかったことと、他にはない独特のセンスを持っていたことで、俳優として今でも順調に活動しています。
    最近では映画監督としても活躍していて、過去の不祥事はすっかり忘れ去られているようですね」(前出・同)


    また、日本ではなく海外に拠点を移し成功した例もある。

    「2009年に覚せい剤取締法違反で逮捕された酒井法子さんは、清純派として売り出していたこともあり、逮捕によって一気にイメージが低下しました。
    日本では嫌悪感を抱く人も多かったのですが、酒井さんは中国に目をつけ、一気に進出。
    今では中国で多くのファンを持ち、コンサートを開けばチケットは即完売状態だそうです。
    ネットドラマへの出演も決まり、中華圏での露出がさらに増えそうですね。
    逮捕直後は『介護の仕事に携わりたい』とも話していましたが、中国では“禁毒大使”に任命されたこともあり、バッシングは少ないです」(前出・同)

    逮捕されても復帰が可能な芸能界は、なんとも甘い世界なのかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16007059/

    所長見解:ほんまやね・・・
    【【逮捕歴あり】過去の不祥事から復帰した芸能人がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ドラマの役柄のイメージや、バラエティ番組などでの発言や態度から、強い女性だと思われている女性芸能人は多い。

    ものおじしない女性は、同性から見ると爽快感すら感じるが、男性から見ると「ちょっと怖い」と感じることもあるようだ。

    そこで今回は、10~50代の男性100人に「一番怖そうな女性芸能人」について聞いてみた。

    k


    第3位(4.0%)には、北斗晶と高嶋ちさ子の2人が同率でランクイン。

    北斗晶といえば、現役時代は“デンジャラス・クイーン”と称された元女子プロレスラー。

    現在は鬼嫁と呼ばれることもあるが、肝っ玉母さんキャラで、お茶の間でも人気だ。

    北斗を選んだ男性からも「元プロレスラーなので。力が強そう」(23歳/神奈川県)、「鬼嫁だから、やっぱり怖い」(26歳/愛知県/コンピュータ関連技術職)など、テレビでのイメージを重ねている人が多かった。

    バイオリニストの高嶋ちさ子は、演奏力の高さや美貌よりも、歯にきぬ着せぬしゃべりに注目されることが多い。

    過去には、言うことを聞かない息子のゲーム機を破壊したことが報じられるなど、気性の激しさでも知られている。

    そんな高嶋には「子育てエピソードを聞いたときに怖いと思った」(23歳/大分県/営業・販売)、「テレビで他人に暴言を吐いているところをよく見るから」(49歳/神奈川県/コンピュータ関連技術職)、「短気で怖い芸能人という感じ」(50歳/東京都/営業・販売)と、こちらもとにかく恐れられている様子だ。


    ■1、2位は関西出身のベテラン2人がランクイン!

    第2位(6.0%)は、“西の女帝”と呼ばれ、関西で絶大な人気を誇る上沼恵美子が選ばれた。

    2018年の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)騒動の記憶も新しいようで、「芸人に対する説教が怖かった」(19歳/大阪府)、「とろサーモンらとのM-1のゴタゴタで、結局許さなかった」(48歳/兵庫県/コンピュータ関連技術職)と答えた人や、「ベテランだし、いろいろハッキリ言うから。テレビで見てもいつも怖い顔をしていることが多い」(56歳/広島県)、「大御所で、すぐ沸騰するイメージだから」(37歳/東京都/コンピュータ関連技術職)など、関西弁でまくし立てる芸風を怖いと感じる人も多いようだ。


    そして今回のアンケートで、圧倒的第1位(43.0%)だったのは、和田アキ子だった。

    今やご意見番というイメージも強く、テレビで出川哲朗やカンニング竹山など、たくさんの芸能人が和田のヤンチャな“伝説”を語るため、ますます“ゴッド姉ちゃん”化が進んでいる

    和田を芸能界で一番怖い女性に選んだ男性たちからは、「ケンカが強いらしいので」(29歳/愛知県)、「身長が高いし、出演番組では、いつも威勢がいいから」(32歳/宮城県/学生・フリーター)、「自分の意見を通してしまうところ」(48歳/埼玉県)、「大酒飲みのイメージ。飲んで暴れたエピソードを聞いたので」(29歳/岡山県)、「たまに攻撃的ととれるしゃべりが、風貌とあいまって怖い」(54歳/山形県/公務員)、「優しそうな顔で笑ったりしているけど、目が怖い。放送していないところでシバいたりしていそうなイメージ。芸能界では逆らえなそう」(29歳/鹿児島県/学生・フリーター)、「芸能界のラスボス」(42歳/神奈川県)と、とにかく強そうという声が目立った。


    今回のアンケートでは、なぜこの人を? という人物の名前もちらほら挙がっていた。

    たとえば、綾瀬はるかに対して「天然なキャラに裏の顔があるのではないかと思ってしまう」(36歳/千葉県)、長澤まさみには「清純派に見えるが、そういう人ほどプライベートでは恐い一面がありそう」(26歳/神奈川県/学生・フリーター)、田中みな実にも「テレビで見ていて、考え方が恐ろしいと思った」(47歳/千葉県)などだ。

    1~2位は関西出身の和田と上沼のベテラン2人が占める結果になったが、関西弁での勢いのあるしゃべりを怖いと感じてしまう人もいるのかもしれない。

    和田も上沼も人情に厚いという話もよく聞く。

    テレビでのキャラと実際の性格はまた違うはず!?


    http://dailynewsonline.jp/article/1655219/
    日刊大衆


    所長見解:そうやね・・・

    【【これは怖い】男が選んだ「最恐」女性芸能人がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    波の激しい芸能界を生き抜く者もいれば脱落していく者もいます。

    平成で見納めとなる有名人は誰なのか。

    ということで、「2019年に消えそうな有名人」を調査しました 

    アンケートに答えてくれたのは30~40代女性200名。さっそく結果を見ていきましょう。


    2019年に消えそうだと思う有名人は誰ですか。(複数回答)

    10位 敦士 19.5%
    9位 須藤凛々花 22.5%
    8位 サンシャイン池崎 23.5%
    7位 GENKING 24.5%
    6位 おばたのお兄さん 29%
    5位 上西小百合元議員 32%
    4位 アキラ100% 34%


    10位の敦士はフジテレビの『めちゃめちゃイケてる』終了後、なかなかテレビで観る機会がありません。
    テレビ神奈川でレギュラー番組をもっているので、中澤裕子のように地方で生き延びるタイプかもしれません。

     
    9位の須藤凛々花は2017年のAKB総選挙で突然の結婚宣言を行い、2018年4月に入籍しました。
    「子作りしてます」など、あけすけな発言が話題を集めていますが、飽きられるのも早そうというのが女性たちの見方です。


    一発屋のニオイがするサンシャイン池崎は8位に。
    2017年にブレーク後、露出はだいぶ減ってきましたが、今年4月に放送されたバラエティ番組『ウチのガヤがすみません』(日テレ系)で、前月の月給を「262万イェーーイ」と告白。
    貯金額も2000万円超あるといいます。
    過去には生命保険の営業のバイトで月80万円稼いでいたというので、もし芸人として売れなくなっても他の道で食べていけそうですね。


    同じ系統なのが6位のおばたのお兄さんでしょう。
    「まーきのっ」以外に稼げそうなネタが出てきそうもないし……。
    なぜ、山崎夕貴アナは将来不安な男と結婚したのかというと、「彼はとっても生活力があるんです。
    体が丈夫、料理や掃除、洗濯などの家事が大好き、お金の管理も得意」(2018年7・8月号『 Numero TOKYO』より)というのが理由なんだそう。
    主夫になる手もアリですね。


    「本当の私は優しくていい人。テレビを通じてそれを出していきたい」と語るのは、「浪速のエリカ様」こと元衆議院議員の上西小百合氏。
    2017年10月に5年間の議員生活を終え、次はコメンテーターや女優に挑戦すると意気込んでいます。
    この転身は成功しないというのが意見が大半で、ランキングでは5位となりました。


    ◆3位 ひょっこりはん 39.5%

    2018年の正月特番『くるナイ おもしろ荘』(日テレ系)で一躍有名人となったひょっこりはん。
    壁などからひょこっと出てくる姿がウケ、高校生ら若い世代を中心に人気を呼びました。

    トントン拍子でCM、ドラマに出演、「ユーキャン新語・流行語大賞」のお笑い部門にノミネートと、このままでは一発屋の道をまっしぐらでは? との心配は無用。

    「このポーズは世界にも通用すると思うので、世界の人に向けても発信したい」と、2019年の目標をイベントで掲げました。日本から世界へ……!

    h


    ◆2位 花田優一氏 45.5%

    元貴乃花親方の息子である花田氏は靴職人として有名になりました。

    ところが靴は作らず芸能事務所に所属してタレント行動をとる姿に、かつて『アナザースカイ』(日テレ系)で密着取材をした今田耕司は「まったくいい気はしない。何タレントしてんねん。ビックリしたわ」と理解ができない様子です。

    素行の悪さからすでに所属事務所をクビになっているとの報道も出ており、消えていくのは時間の問題かも。


    ◆1位 にゃんこスター 74.5%

    2017年の『キングオブコント』で準優勝し、スターダムにのし上がった二人。
    公私ともにパートナーであることはよく知られています。

    一時はバラエティ番組に引っ張りだこだったものの徐々に出演数は減り、テレビでお目にかかるのが難しくなりました。
    最近ニュースになったことといえば、破局を回避したことぐらい。
    7割以上の票を獲得し1位になったのも当然か……。


    10位圏外を見ると、モデルのマギーが11位(18.5%)、ベッキーが12位(18%)と不倫報道でイメージダウンした二人が続きました。

    2018年に再ブレークしたDA PUMPは21位(9%)となり来年も大丈夫そうとの見方が大半。

    当初は一発屋と思われていたブルゾンちえみは24位(6%)と、今後も視聴者の需要はありそうです。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15833575/


    所長見解:もうね・・・

    【【一発屋】今年消えそうな芸能人ランキングがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    90年代に多くのバラエティ番組に出演していた一人、かとうれいこ。

    抜群のプロポーションで“伝説のグラビアアイドル”とも言われていたかとうは、ドラマやバラエティを中心に大活躍。

    結婚を機にテレビからすっかり遠ざかってしまったが、現在かとうは何をしているのだろうか。

    「かとうさんは人気芸能人への登竜門として知られたクラリオンガールに選ばれたことで注目を浴びました。
    クラリオンは通常の5倍以上のポスターを作ったそうで、相当期待されていたことが分かりますね。
    当時はグラビア界で最も勢いのあったイエローキャブに所属し、細川ふみえさんとともに事務所の稼ぎ頭として写真集を連発していましたよ。
    しかし、かとうさんは2001年に結婚して、芸能界を引退しているんです」(芸能記者)

    それ以降はめっきりテレビからは遠ざかっていたが、2012年にひっそりと復帰を果たしている。

    「2012年のバラエティ番組をきっかけにテレビでの露出を増やし、現在はローカル局の旅番組などに出演しています。
    実は復帰のきっかけになったのは、ゴルファーである夫の収入が激減したからだともっぱらの噂です。
    結婚当初の賞金額は2億円近くあったといわれていますが、今は250万円ほどまでに減少。
    かとうさんもいつかは復帰をしなくてはならないと思っていたようで、テレビに出ていない間も身体のラインを保つためにトレーニングをしていました」(前出・同)

    また、かとうの娘も芸能界デビューをしている。

    「娘の横尾紗千さんはavexが立ち上げたアイドル専門のレーベルに所属し活動したこともあります。
    かとうさんも娘のことを頻繁にブログに綴っていて、今は娘さんのサポートも芸能界での仕事の一つととらえているようですね。
    実際、当時からかとうさんは礼儀が正しいと評判だったので、いくつかコネもありそうです」(前出・同)

    ブログでは「今は前髪短いです」と自撮り写真を掲載することも多々あるが、「全く変わらず美しい!」と絶賛されている。

    アラフィフアイドルとして今でも一定のファンがいるようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15834117/

    no title


    所長見解:伝説やね・・・

    【【伝説グラドル】かとうれいこが芸能界に復帰した理由がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大阪府大阪市生野区にある今里新地に、日本ボクシング連盟の終身会長であった山根明氏の妻の経営するクラブはある。

    自身のテリトリーというべき場所で、キープしていたボトルをちびちびと飲みながら、山根氏の弁舌は熱を帯びた。

    「この店は、働いている従業員のほとんどが日本人なんです。
    不法滞在しているような外国人がおらんのが良い。
    ここに来てくださっているお客さんや、街で出会った人に、写真をせがまれるし、『男の中の男です!』なんて励ましてくれる。
    そうした声に、どれだけ救われたかわかりません」

    「激動の1年」(本人談)の師走を、山根氏は忙しく飛び回っていた。

    疑惑に対する釈明の活動──ではなく、お笑い番組である『あらびき団』(TBS系)の特番への出演や、ドッキリ番組でデヴィ夫人らと共演する収録などため、東京と大阪を何往復もしていたのだ。

    y


    「わしがテレビに出れば、不思議なほど視聴率が上がるみたいやね。
    デヴィ夫人は素敵な方で、写真をお願いしました。
    しかし、何が面白いのかわからん芸人が出てきて、わしが激怒した番組もあるんや。
    それをまた面白がられて……完全な騙し討ちやった。
    もう2度と、出ぇひんわ!」

    口ではそう言っても、ビートたけしの番組に出演すれば初体験の年齢を告白し、バラエティ番組では50歳近く歳の離れた若手芸人にいじられ、10月に79歳になった山根氏はまんざらでもない様子である。

    メディアもメディアで、数か月前にはあれほど疑惑を追及していたのに、今や強面ながらたどたどしい口調で怒鳴り散らす山根氏を“キワモノ”のように面白がって高視聴率を狙うのだから違和感は拭えない。

    スポーツ界でスキャンダルが続出したことで、ひとつひとつの“消化”が極めて速くなっているのだろうか。

    山根氏は1939年に大阪府堺市に生まれ、終戦後、5歳で母の母国である韓国に渡った。

    10歳で日本に密入国し、27歳まで国籍がなかったと振り返る。

    若かりし日に国籍すらなかった人物が、どのような経緯で日本のアマチュアボクシングのトップにまで成り上がることができたのか興味は尽きないが、波瀾万丈の人生を送ってきたことだけは確かだろう(そのあたりの経緯は、来春に自伝を出版予定らしい)。

    そんな山根氏の自宅のリビングには、2歳だった時の両親との記念写真を挟むように、会長時代に大会を視察に訪れた今上天皇をおもてなしする2枚の写真が飾られていた。

    「天皇陛下に、わざわざ声をかけていただいた。
    あれには感激してねえ。
    頭を下げたまま、『ハハーッ』って感じで、頭を上げられなかった。
    わしはね、母の国である韓国も、北朝鮮も、愛しています。
    だけど、日本国籍を取得した以上、日本人として生きています。
    日本人として、日の丸を愛し、法人の代表として、日本ボクシング連盟を代表する会長として、これまで全世界を飛び回って日本の素晴らしさを伝えてきたつもりです。
    私の経歴には、何一つ、隠し事はありません」

    日本ボクシングを再興する会によって告発された12項目──判定への介入や過剰な接待要求などがなかったと主張するのであれば、解雇無効を求めて日本大学を提訴した内田正人・日大アメリカンフットボール部前監督や、虚偽の告発をされたとして、田南部力氏を名誉毀損で訴えたレスリングの栄和人・元至学館大学レスリング部監督のように、反撃の訴訟に出る考えはなかったのか。

    「弁護士に相談したら、支度金が200万円必要やという話やった。
    わし、貧乏やから、払えへん。
    今はねえ、こんな幸せな生活はない。
    連盟におる時は、下におる理事や選手との人間関係に悩み、2020年の東京オリンピックに向けて、重たいモノを背負っておった。
    それが全部なくなりましたから」

    山根氏の新しい名刺には、肩書きとして「無冠の帝王」(英語表記はUncrowned King)とあった。

    「わしは終身・無冠の帝王や。
    これからは芸能人として生きていく。
    79歳になって、夢も目標もない。
    現在、仕事と言えば、テレビ出演ぐらい。
    山根明を冷静に評価していただいて、呼んでくださる番組にはどの番組にも出たい」

    インタビューのあと、山根終身会長時代に使途不明の支出2400万円が見つかったことも、日本ボクシング連盟の現体制によって明らかになった。

    無冠の帝王は新たな疑惑にどんな釈明を用意しているのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181231-00000011-pseven-spo 


    所長見解:おもろいけどね・・・

    【【ボクシング元会長】山根明「これからは芸能人として生きる」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ