ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    芸能界

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    幻冬舎の編集者でテレビのコメンテーターとしても知られる箕輪厚介氏に今、緊急事態が起きている。

    「27日にTwitterを更新した同氏は、翌28日の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演予定だったようで、『明日のサンジャポ、すごいメンバー。ひろゆきさん』とつぶやいていました。
    しかし、その後のツイートで『諸事情で出演なしになりました。詮索しないでね』と、『サンジャポ』が直前になって出演中止になったことを、意味深な言葉で発表したのです」(芸能ライター)


    m


    その後の同氏のツイートを見てみると、「どんどん番組がキャンセルになる!笑える」と嘆き、また、「来週のアベブラも出演しません」と、ニュースチャンネルAbema Newsで配信されている報道番組『Abema Prime』にも出られなくなったことを明かしている。

    彼は月曜コメンテーターとしてこの4月から出演していた。

    さらに、「ちなみに今、日本一ゆるい街ブラ番組に出てるらしいです。
    干される前の貴重な映像」と、自ら「干されている」と語っている。

    こうした背景を、箕輪氏自身は明言していないものの、多くのネットユーザーは、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾を巡る現状について述べた発言が起因しているのでは、ともっぱらの噂だ。


    「23日の『スッキリ』(日本テレビ系)に出た同氏は、吉本の闇営業問題から話を発展させて、『大手事務所を独立した人が、ネットテレビにしか出られない』 『あそこまで人気者だった人が、地上波から消えちゃうってどんだけ前時代的なんだ』と苦言を呈し、今回の闇営業騒動が、『テレビ局とプロダクションのあまりにもズブズブの関係を断ち切るいいチャンスのような気がします』と期待を寄せていました」(同)

    同氏が挙げた人物が、元SMAP3人のことを指していることは誰の目から見ても分かるだろう。

    それに先立つ17日、「SMAP」の元メンバー3人を出演させないようテレビ局に圧力をかけた疑いがあるとして、公正取引委員会がジャニーズ事務所を独占禁止法違反の恐れがあるとして注意したという報道があった。

    このことについて、日本テレビ小杉善信社長は29日、同事務所からの圧力の有無について、「一切そういう声は聞いていない」と完全否定している。

    だが一方、「圧力はなくても(制作側の)忖度はあったのでは」と見る識者は多い。

    それにしても、箕輪氏の突然の出演取りやめの真相は何なのだろうか?


    https://npn.co.jp/article/detail/72747818/

    所長見解:やっぱり・・・
    【【これは怖い】元SMAP関連でジャニーズ事務所を批判した結果・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「(稲垣)吾郎ちゃんや(草彅)剛くん、(香取)慎吾くんは、ネットには出るのに、どうしてテレビに出ないの?」。

    SMAPファンでなくても、誰もがごく普通に思っていた疑問だった。

    芸能界では昔から「事務所を辞めると干される」というしきたりが存在し、多くの有名俳優、有名歌手が一定期間、活動できなかった。

    時間と手間とお金をかけて育てた芸能人に、人気者になったとたんに事務所から出ていかれては事務所が成り立たない、という考えからだ。


    h


    公取委も手をこまねいていたわけではない。

    芸能事務所が所属芸能人と結ぶ契約が独占禁止法に抵触する不公正なものでないかどうか調査を始め、芸能人の事務所移籍などの制限が独禁法の対象に当たるかどうかを検討する有識者会議を開催。

    昨年には移籍制限や無理な条件を押しつけた契約は独禁法違反の恐れがあるとの判断を示していた。

    今回の公取委の「注意」で、「事務所を辞めると干される」ことが一気に変わるかどうかはわからないが、誰もが「おかしいな」と思っていたことに、ジャニーズ事務所も、民放も対応しなくてはいけない。


    https://mainichi.jp/articles/20190717/k00/00m/040/429000c

    所長見解:どっちもどっちやね・・・

    【【芸能界の掟】芸能事務所を辞めると干される問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司が15日、レギュラーを務めるフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に出演。

    反社会勢力との闇営業問題で謹慎中の「雨上がり決死隊」宮迫博之について「(芸能界を)やめる可能性もある」と深刻な表情で語った。


    m


    同じ吉本興業の先輩である宮迫について、「すごい責任は感じてると思います。
    正義感もあって、後輩思い」と人柄を説明。

    「(責任をとって)もうやめるぐらいまで、自分でいっちゃう可能性もある。
    わかんないですけど、あくまで宮迫さんの人柄を想像したりとか、世間からの感じ(反応)を見たりとかの感じですけど…。
    そういうことも考えてはなくはないんじゃないかな、と、勝手な想像です、僕の」と個人的な意見としてコメントした。

    宮迫は2014年12月、振り込め詐欺グループの忘年会に出席したことが今年6月7日の写真週刊誌「FRIDAY」で報じられた。

    当初、100万円の報酬が支払われたことを同誌に直撃され「ない」と否定していたが、このほど、吉本興業が“闇営業”関連の芸人13人について報酬額を公表。

    宮迫が100万円を受領していたことが明らかになった。


    https://news.livedoor.com/article/detail/16776505/
    デイリースポーツ

    所長見解:追い込み・・・

    【【闇営業芸人】宮迫、芸能界やめる可能性ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    たのきんトリオ、SMAP、嵐ら人気男性アイドルを数多く輩出したジャニーズ事務所の社長、ジャニー喜多川(本名・喜多川拡=ひろむ)さんが9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で死去した。87歳だった。

    n


    ジャニーさんの急死は、芸能界の情勢を一気に変える可能性をはらんでいる。

    ジャニーズ事務所は、1979年のたのきんトリオ誕生以降、男性アイドル人気をほぼ独占してきたが、ここ数年異変が起こっている。

    絶対的な人気を誇ったSMAPが2016年に解散、来年いっぱいで嵐が活動を休止する。

    事務所経営やマネジメント業務は姉の藤島メリー泰子氏(92)と、娘の藤島ジュリー景子氏(52)が担っているとはいえ、絶対的なカリスマが突然この世を去った影響は大きい。

    育成部門の後継者に指名した滝沢秀明氏(37)も裏方としてプロデュース業に専念して半年足らず。

    タレントからの人望は厚いが、ジャニーさんほどの求心力は持ち得ていない。

    元SMAPの3人が独立したように退所しようとするタレントが現れたとき、ジュリー氏と滝沢氏がどこまで引き留められるのか。

    また、男性アイドル界には舞台を主戦場とした2・5次元アイドルが現れるなど新興勢力も力をつけている。

    ジャニーさん亡きあと、新しいスターをどれだけ生み出せるか正念場だ。


    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-00000026-sanspo-ent

    所長見解:そうなるやろね・・・

    【【訃報】ジャニー喜多川さん死去で芸能界の情勢が一気に変わる説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    闇営業よりもヤバイ!! 

    通称「入江軍団」の人気お笑い芸人Xに“未成年淫行疑惑”が浮上している。

    俳優としても活躍中のXは、闇営業を仲介した「カラテカ」入江慎也(42)と仲が良く、派手に遊び回っていた時期がある。

    しかも「超」の付くロリコン。

    18歳未満の女の子が大好きで、入江主催のイベントで堂々とお持ち帰りまでしていたという。

    心配した周囲が注意しても、当の本人は「バレても(未成年とは)知らなかったって言えばいい」と、どこ吹く風。

    知人は「あれで捕まらないのはおかしい」と警告する――。


    r


    そんな入江とよく行動をともにしていたのが、人気芸人X。

    ほのぼのとした外見で、最近は俳優としても活躍。

    コンパや入江主催のイベントの常連だったという。

    「Xは知る人ぞ知るロリコン。
    地元大阪で中学生くらいの女の子をチャリの後ろに乗っけて、激走していたなんて話もあるほどです。
    入江のイベントには18歳未満の未成年女性もいましたが、Xは堂々とその場で口説いて、お持ち帰りしていました。
    慣れた様子で、明らかに常習。
    あれで捕まらないのはおかしい」(Xを知る芸能関係者)

    仮にそのあと肉体関係になったのなら、東京都の青少年育成条例違反(淫行)に問われる。

    その場合、2年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる。

    2006年に極楽とんぼの山本圭壱が、この淫行で吉本をクビになったのは周知のとおりだ。

    周囲もXの知名度を考え「さすがにマズいんちゃう?」と自制を促したそうだが、Xは「マスコミに撮られても『(未成年とは)知らなかった』って言えばええやん」と、全く悪びれる様子はなかったという。

    このあたりは、不倫疑惑に対し「オフホワイト」と答え、闇営業問題でも「ノーギャラだった」とウソぶいた宮迫にも通ずるものがある。

    「Xは“ナンパ箱”で知られる東京・渋谷区のクラブにも入江と一緒に行って、お持ち帰りしていましたね。
    その時は未成年ではありませんでしたが…。
    ギャルっぽくて、どこか抜けている女の子がタイプのようでした」(同)

    現在、Xは過去の“悪事”がバレるのではないか!?と戦々恐々としているという。

    ワイドショー関係者は「入江の闇営業騒動に便乗して、過去にXの“お相手”をした当時未成年だった女性が、マスコミに告発する可能性は十分あります」と語る。

    そんな話が週刊誌などに掲載されたら、Xの芸能生命は一発で終わるだろう。
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1461066/



    所長見解:誰やろ・・・

    【【これはアウト】入江軍団の人気芸人Xに「未成年淫行疑惑」←これ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ