ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    芸能界

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気アイドルグループKに入れ込んでいた男性記者A氏が突如、行方不明になって一部関係者を騒然とさせている。

    Kはかつて週刊誌に運営側の役員によるメンバーへの性行為強要やセクハラ問題が持ち上がるなどトラブルの多いアイドルグループで知られるが、A氏は悪評の渦中でも、ネットニュースなどでペンネームを使ってステマ記事を書いたことがあるだけでなく、事務所に代わって各メディアに売り込みを行なうマネージャーばりの動きを見せる、いわば“御用記者”だった。

    A氏と食事をしたこともある週刊誌記者によると「日ごろは記者という身分を隠してタレントに近づいて話を聞き、女性誌にネタを売って報酬をもらっていた」という。


    「AはやたらとKを『AKB48よりはるかに素晴らしいアイドルグループ』とべた褒めしたり、『ここだけの話、俺は〇〇(Kの人気メンバー)とヤッたんですよ』とか自慢したりしてました。

    セクハラ被害があったといわれるKだけに、運営側のスタッフ同然になったAがメンバーと個人的な仲になるのを許してもらっても不思議ではないですよね」


    k


    しかし、それを自慢げに話すAは、同業の記者たちから白い目で見られていた様子なのだが、夏ごろからKの出演するイベントにその姿が見られなくなり、「親しかった記者とかも連絡が取れなくなっているらしい」というのだ。

    「Aは立場を隠したりしていたせいかフェイスブックやインスタグラムなどのSNSもやってないし、記者のくせに文章力がひどくて、記事を書くのが嫌いと言っていた人だから、ネット上を見てるだけじゃ存在が消えたことは分からないんですよね」(同)


    そこでAを使っていた女性誌の編集部に話を聞くと、なんと「業務上の問題を起こして3年ぐらい前に関係を切った」というのである。

    Aが他で仕事をしていた様子はなく、つまり彼は姿を消す前の2年半は仕事もないのに「記者」の顔をしていたことになる。

    「どっちにしてもKのスタッフみたいなもんだったから、何かの理由でKから離れてしまって居場所がなくなっただけかもしれないですけどね」(同)


    ただ、気になるのは、別の芸能関係者からは「Aが顔に包帯を巻いて歩いていた」という都内での目撃談があることだ。

    Kの運営にはかなりコワモテの人間がいることでも知られるだけに、前出記者も「もしかするとAがKともトラブルを起こし、何か外傷を負ったのでは」と話す


    Aと連絡がつかない以上、その真相は分からないが、芸能マスコミの間では昔から「記者が取材対象のアイドルに手を出すと絶対ろくなことにならない」ともいわれるだけに、メンバーと関係を持った話を平然としていたAの身がちょっと不安になる話だ。


    https://k-knuckles.jp/1/9629/2/

    所長見解:こわいな・・・

    【【これは東京湾】人気アイドルグループに入れ込んだ芸能記者がある日突然消された模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    e


    西山桐生(監督)

    とんでもない情報が入ってきた

    あの超大物有名人KがΛVデビューするとの情報が!!!

    詳細は来週に分かるらしいが

    芸能界に激震走る事は間違いなしです

    所長見解:誰や・・・

    【【これはすごい】超大物有名人K、ΛVデビューの模様wwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ヘン顔をさらして大物俳優とイチャつくエリカ様のご乱行の決定的瞬間――。

    合成麻薬MDMA所持で警視庁に逮捕された人気女優・沢尻エリカ容疑者(33)の“ヤバ過ぎる仰天写真”を入手した。

    舞台は東京・六本木の某クラブ。

    かつて映画賞を受賞したこともある有名俳優Xと沢尻容疑者がVIPルームではしゃいでいる様子を写した1枚だ。

    これを見る限り、危ない何かを使用しているのは一目瞭然か。


    「場所は六本木のクラブだよ。
    そのころ沢尻は俳優Xと仲良くしていて、肩を組んでるのはカレなはず。
    あとそのVIPルームには、中年ミュージシャンZも一緒にいたと記憶してる」

     
    こう話すクラブ関係者によると、写真が撮られたのは5年前のことだという。

     
    Xは日本アカデミー賞受賞歴もある実力派の大物俳優だが、かねてクスリの噂が絶えなかった。

    本紙は昨夏、薬物強制捜査情報を1面で報じた。

     
    一方のZ周辺にも、そのテの噂がある同業者は多い。

    かつてMDMAやコカインといった複数の薬物絡みの事件で逮捕、起訴され、実刑判決を受けた“身内”もいる。

     
    現在発売中の「実話ナックルズ」1月号に、クラブのVIPルームで撮られたという、沢尻容疑者のご乱行写真が大量掲載されている。

     
    ここにも一緒の男友達にしなだれかかったり抱きついたりして、メディアではこれまで見せたこともない“ヘン顔”をさらしている。

    何を摂取してここまでブッ飛んでいるのかは不明だが、単なる酔っ払いでないことは前出のクラブ関係者も指摘している。


    s

     
    一方で、沢尻容疑者を逮捕した警視庁組織犯罪対策5課(組対5課)とはライバル関係にある、厚労省麻薬取締部(通称マトリ)が追っている芸能人に関する情報を本紙は1面で報じた。

    折しも沢尻が逮捕される3日前のことだ。

    「極秘内偵リスト」に名前があるお笑い芸人、人気モデル、大物歌手が見出しになったが、記事ではマトリが最近、複数の大物女優を内偵していたがうまくいかなかったことにも触れている。

     
    この本紙報道が「警視庁を沢尻逮捕に動かしたかも」とみる警察OBはこう話す。

    「記事に出てくる本人かどうかはともかく、身に覚えのある芸能人があんな記事を見て『自分のことかも』と思ったら、そりゃ怪しい行動は控えるだろ? 
    若い女優じゃ夕刊紙なんか読まないだろうが、ネットのニュースで本人の目に触れないとも限らない。
    そうなってブツを処分される前に、組対5課がいつでもイケるとこまで追い詰めた沢尻の逮捕に踏み切った可能性がある。
    組対5課とマトリの捜査対象は結構カブるしね」

     
    一方、某県警のOBからはこんな指摘も。

    「マトリがいいの(著名人)を捕まえて、警視庁は『やられた!』とはなるが、お互い捜査手法も違うし、ライバル視というのは実際そんなにない。
    警視庁が薬物捜査で意識するのはむしろ、成田空港がある千葉県警や、横浜港が管轄の神奈川県警だよ」

     
    警察関係者によれば「神奈川県警が今、元人気アイドルの2人を薬物関連でマークしている」という。

    2人ともアラサーだが芸歴は長く、1人は既婚。

    沢尻容疑者同様に4年前、アイドル女優のコカイン事件のとき、女優の供述や通信・通話履歴などから捜査対象となった芸能人約30人の中に、名前が挙がっていた。

     
    沢尻容疑者の周辺では“お姉さん的存在”だった遊び友達・片瀬那奈(38)が注目されるハメに。

    沢尻逮捕の翌日、MCを務める朝生情報番組「シューイチ」(日本テレビ系)で涙ながらのコメントをした矢先、沢尻容疑者との“クラブ活動”動画がツイッターで拡散したのだ。


    続き
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000003-tospoweb-ent

    所長見解:蔓延やん・・・

    【【これはヤバい】沢尻エリカ容疑者と大物俳優がブッ飛んでいる画像がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    このところ、芸能界が結婚ラッシュに沸いている。

    ざっと直近だけでも以下のような具合だ。


    11月12日
    ・「嵐」二宮和也(36)と元フリーアナウンサー(38)


    11月22日
    ・壇蜜(38)と漫画家の清野とおる(39)

    ・「メイプル超合金」安藤なつ(38)と一般男性

    ・「Official髭男dism」のボーカル藤原聡(28)と一般女性


    11月23日
    ・川村ゆきえ(33)と「back number」ドラム栗原寿(34)


    11月24日
    ・オードリー若林正恭(41)と看護師(26)

    ・日本テレビ尾崎里紗アナ(27)と大学同級生

    ・元「ももいろクローバーZ」の有安杏果(24)と一般男性

    ・イモトアヤコ(33)と「世界の果てまでイッテQ!」の石崎史郎ディレクター(41)


    11月25日
    ・「ますだおかだ」岡田圭右(51)と30代一般女性(再婚)


    11月27日
    ・橋本マナミ(35)と年下医師


    k


    トップアイドルの二宮がグループの活動休止を待たずして結婚したことが号令になったのかは定かではないが、連日おめでたい話題が相次いでいる。

    この流れについて、ベテラン芸能リポーターが以下のように分析する。

    「令和元年という特別な年というのもあると思いますが、やはり芸能界全体が結婚に寛容になったことが大きいと思います。
    昭和や平成初期ではアイドルが絶頂期に結婚なんてもってのほか。
    それが時代の移り変わりとともに、女性の社会的地位も向上し『結婚・出産は誰にでも平等に与えられた権利』という考えが浸透していった。
    今後も芸能人がいち個人に立ち返り、幸せをつかみに行くケースは増えると思います」


    今年も残すところあと1か月。

    ちょうどこの時期は、スポーツ紙記者が元旦一面用の特ダネを仕込みにかかる頃だ。


    「新年最初の一面記事は縁起物であり、結婚や熱愛などを扱うことが多い。
    縁起物なので多少飛ばし気味に書いても、大目に見てもらえる部分はある。
    各社、けん制し合いながら、特大スクープを探していますよ」(スポーツ紙記者)


    そんななか、元旦特大ネタの1つとしてウワサになっているのが、女優の綾瀬はるかの電撃婚だという。

    前出のスポーツ紙記者が語る。

    「最近になって急激に広まり始めました。
    一部ネットメディアが報じたのもありますが、彼女も気付けば結婚適齢期ですからね。
    所属事務所『ホリプロ』にも十分貢献してきましたし、女優として確たる地位を築いているので、結婚してもマイナスにはならないと思います」

    ただし、肝心のお相手がなかなか絞り込めない。

    あるフリーカメラマンによると、

    「彼女は記者泣かせで、昔から張り込んだり、車で追っかけていてもすぐにバレる。
    ここまで“第六感が鋭いのは綾瀬さんと上戸彩さんくらい」

    という。


    ‘10年にはTBS系ドラマ『JIN‐仁‐』で共演した年上俳優の大沢たかおとの熱愛が報じられたが、所属事務所は頑として交際を認めなかった。

    直近では‘15年に報じられた実力派俳優・松坂桃李との熱愛報道が最後か。

    こちらも所属事務所は認めていないが、ネット上では2人の目撃談が散見される。


    「実は2人の交際が浮上したのは、オンラインショッピングで購入した商品の郵送先住所が綾瀬さんと松坂さんで一緒だったからと言われています。
    『ひょっとして同棲しているのでは?』となり、ニッカンスポーツが元旦に一面で報じたんです」(女性誌記者)


    その後、2人の動向は全く報じられていないが、業界では「まだ付き合っている」という証言が多く飛び出す。

    ただ、テレビ局のワイドショー関係者は次のように語る。

    「綾瀬さんは天然キャラですが、実は恋愛には積極的という話があります。
    ‘11年には東京・目黒川沿いで、大沢さんや松坂さんとは別のイケメン俳優とデートしていたところを複数人に目撃されています」


    数々のナショナルクライアントのCMに出演し、NHK紅白の司会を務めるなど、文字通り国民的女優に成長した綾瀬。

    アッと驚く“令和婚”はあるのか――。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191203-00000001-friday-ent

    所長見解:まじか・・・

    【【令和の結婚ラッシュ】今年最後の大物結婚が「○○○○○」←これwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東京五輪までに、芸能界から違法薬物中毒者を一掃する──。

    そんな捜査当局の思惑を裏付けるかのように、すでに関係者の間では次なる「ターゲット」がリストアップされていた。

    逮捕後の取り調べで沢尻が「完落ち」したことで注目されているのは、有名人の芋づる式の逮捕だ。


    y


    特に「沢尻会」のメンバーで、参謀役でもあった30代の女優Nに疑惑の目が向けられている。

    「沢尻が逮捕される約1カ月前に、マトリ(関東信越厚生局麻薬取締部)が狙っているという情報が一部マスコミの間で流れました。
    沢尻とたびたびクラブに出没するだけではなく、男と遊ぶ時も一緒の仲。
    本人はクスリ疑惑の火消しに躍起になっていますが、当局にマークされているのは間違いない」(芸能記者)


    同じく沢尻会のメンバーで、芸能関係者の間で「危ない」と名前が挙がるのは、人気ドラマに引っ張りだこだった元俳優のKだ。

    「沢尻とは役者時代から交遊がありますが、その時からクスリの噂がありました。
    自分でイベントを立ち上げた時には、沢尻と交流のあったクラブ人脈がサポートしていたこともあって、沢尻の証言しだいでは捜査の手が伸びる可能性もあります」(芸能プロ関係者)


    今後、薬物ルートの解明でクラブに出入りしている著名人も徹底的に洗われる中、アイドルグループ時代から横柄な態度で知られた歌手のAについても、怪しげな情報が飛び込んできた。

    「クラブは逮捕されるリスクが高いので、都内に『大麻部屋』を用意しているそうです。
    親しい俳優やアイドル時代の仲間が出入りしているという情報を聞きつけたマスコミが張り込んでいました。
    2年前には、沢尻とAが六本木の芸能人御用達の飲食店やクラブに来ている姿も目撃されています」(芸能プロ関係者)

    逮捕となれば、沢尻の事件以上の衝撃をもたらすことになりそうだ。


    数多くの映画賞を受賞し、ピエール瀧(52)との共演歴もある女優Yは、ここ数年、シャブ疑惑が浮上している。

    「一時期、激ヤセして肌もボロボロだったので、クスリを使用しているとみられていました。
    撮影中に捕まったらシャレにならないのでキャスティングも難しかったんです」(映画関係者)

    最近は体重も戻ってきて復活した印象もあるが、夜の街でこんな目撃談も。

    「夏頃、数名のスタッフを連れてバーを訪れました。
    Yはウーロンハイしか飲みませんが、他のスタッフにはテキーラを“強要”。
    その様子が酔っ払っているというより、ラリッている感じで怖くて話しかけられなかった」(バーの常連客)

    16年に元プロ野球選手の清原和博氏(52)が覚せい剤取締法違反で逮捕されたあと、交流があった芸能人の中で最も逮捕を恐れていたのは歌手のTだという。

    「とあるコワモテ有名人とはシャブ舎弟の間柄。
    2人で帝国ホテルの一室でドラッグをキメて錯乱し、『オレの話がわかんねぇーのか』とどなり散らしながら、備品を壊す騒ぎを起こしたこともありました」(芸能プロ関係者)


    やはり一部のミュージシャンにはアブない噂が付き物のようで、

    「人気ロックバンドに所属していたTは、筋金入りのジャンキー。
    シャブでも何でもぶっ飛ぶものならOK。
    金銭トラブルもたびたび耳にしますが、クスリに関してはケチらない。
    数年前、紅白歌合戦に出場経験もあるNは、コンサートのリハーサルの時から異常にテンションが高く、取材をしていた記者の間で、『絶対にやっている』と話題になっていました」(芸能記者)


    俳優、歌手、バラエティー番組のMCなど、マルチに活躍するタレントMについても、耳を疑う仰天情報がもたらされた。

    事情を知るアウトロー関係者が明かす。

    「若手の頃からヤンチャなMは、地元でもクスリを使っていることで有名だった。
    芸能人の薬物ニュースが話題になったりすると、都内にある『シャブ抜き病院』でクリーンな体になって戻ってくるんだよな」


    芸能界をむしばむ薬物汚染。

    「自分だけは大丈夫」と高をくくり続ける芸能人は、想像以上に多いのかもしれない。


    https://www.asagei.com/excerpt/138113

    所長見解:誰が誰やら・・・

    【【芸能界薬物】捜査関係者が明かす「次なるターゲット」がコチラwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ