ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:芸能人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ZARDやろ

    z


    所長見解:びっくりだった・・・
    【【驚愕仰天】超衝撃だった自殺した有名人ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    安室奈美恵、福山雅治らがそれぞれ1位!
    県民が誇れる芸能人ランキング発表

    「47都道府県別 生活意識調査(生活・家族編)2018」の結果が発表された(ソニー生命調べ)。

    本調査は、全国の20歳~59歳の男女に対し、インターネットリサーチで実施された。
    4,700名(各都道府県100名)の有効サンプルの集計結果のうち、今回は「生活・家族」に関する集計結果を公開。
    その中で発表された「出身地に有名人がいる自慢」部門でTOP3に入ったのは、1位「長崎県」2位「沖縄県」3位「広島県」。

    o


    また、上位3県別で、それぞれの県民が誇りに思っている郷土出身の芸能人を聞くと、1位の長崎県では福山雅治(46.0%)が最も多くなった。
    歌にドラマに映画にラジオにと、多彩に活躍する福山は、長崎県民の誇りとなっているようだ。
    また、さだまさし(12.0%)を挙げる人も少なくなかったと言う。

    2位の沖縄県民(100名)の回答では、安室奈美恵(53.0%)がダントツの1位。
    2018年9月での引退を発表した安室だが、沖縄県が生んだ大スターとして、いつまでも県民の心に残る存在となっているようだ。
    そのほか、具志堅用高(11.0%)、新垣結衣(9.0%)なども挙げられた。

    そして、3位の広島県民(100名)の回答をみると、有吉弘行、綾瀬はるか(同率16.0%)が1位に。
    今やレギュラー番組多数を誇る有吉と、ドラマでの演技や、ほんわかした雰囲気が魅力的な綾瀬に、広島県民の支持が集まった。

    https://e-talentbank.co.jp/news/51374/


    所長見解:自慢になるの?・・・
    【【同郷自慢】県民が誇れる芸能人 沖縄「○○○○○」、長崎「○○○○」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    知人男性から現金を脅し取ろうとしたとして、警視庁麻布署が9日、実業家の向井朋郎容疑者(31)や指定暴力団住吉会系の組員の男ら6人を恐喝未遂などの容疑で逮捕したことが、捜査関係者への取材で分かった。
    向井容疑者は「TOMORO(トモロウ)」という名前でタレント活動もしている。

    no title


    逮捕容疑は昨年7月、知人男性に債務があると因縁をつけ、電話で「1200万円返さないとどうなるか分かるよな」などと脅して現金を奪おうとしたなどとされる。
    男性の相談を受け同署が捜査していた。

    向井容疑者と男性は東京都港区六本木5にある飲食店に共同出資しており、同署は経営を巡ってトラブルがあったとみて調べる。

    向井容疑者は「六本木のカリスマ」「ウルトラ平成バブル男」として、テレビ番組に出演していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00000002-mai-soci 


    所長見解:知らないね・・・
    【【恐喝未遂】警視庁、タレントのTOMOROら6人逮捕ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ロンブーの金髪


    r


    所長見解:笑えるね・・・
    【【超芸能人】町で見た有名人で一番しょぼい奴ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月20日に『第158回芥川龍之介賞』と『第158回直木三十五賞』の候補作品が発表された。
    いずれも実力派の作家が並ぶなかで驚かされたのが音楽バンド『SEKAI NO OWARI』のメンバーとして活動するSaoriこと藤崎彩織が直木賞候補に選出されたことだ。

    藤崎の初小説である『ふたご』(文藝春秋刊)は、ピアノが友達という中学生の夏子が、仲間たちとバンドを結成し、共同生活を送りながら自らの居場所を模索していくという青春小説。
    一部のファンからは小説の登場人物が、「セカオワのSaoriとFukaseをモチーフにしているんじゃないか」とも噂されていた。

    s


    「藤崎は文藝春秋の文芸誌『文學界』で『読書間奏文』というコラムを連載していて、もともと、その文章力は高く評価されていました。
    10月28日に発売されたばかりの『ふたご』は、早くも10万部を超えるベストセラーとなっていますが、いまのところ購入層は『SEKAI NO OWARI』ファンが多いようです。
    そのため、インターネット上では早くも《文春の話題作りか》、《二匹目の火花狙い》などと、揶揄する声も上がっています」(雑誌編集者)

    過去に芸能人が書いた小説が文学賞にノミネートされた例としては、又吉直樹の『火花』(芥川賞受賞作品)や、モデルでタレントの押切もえ『永遠とは違う一日』(山本周五郎賞候補)などがある。
    いずれもメディアで大きく取り上げ、火花は累計300万部を超える大ヒット作となっている。

    「芸能人の書いた小説は、それだけで宣伝効果があるのは間違いありません。
    実際に、藤崎の小説もニュースで取り上げられるたびに、枕詞のように『SEKAI NO OWARIのSaoriさんが…』と続いています。
    ほかの候補者からすれば決して気持ちのいいものではないでしょう。
    直木賞を主催する『日本文学振興会』は、実質的に文藝春秋社です。
    藤崎が直木賞を受賞すれば100万部は超えるだろうといわれていますから、文春もかなり肩入れしてるのではないでしょうか」(同・編集者)

    かつて2010年には、俳優の水嶋ヒロの初小説『KAGEROU』が『第5回ポプラ社小説大賞』を受賞し、100万部の大ベストセラーになったことがある。
    しかし、肝心の小説の中身は決して大賞に値するものではなく、「出来レース」、「やらせ」などと散々な言われようだった。

    直木賞は来年1月16日に発表される。
    藤崎の小説が本当に大賞に値するかは選考員が熟考して決定されるが、実力不足のままマーケティング優先で受賞するようなことがあれば、“文学の終わり”と陰口をたたかれることになるだろう。

    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1220/myj_171220_2981555680.html


    所長見解:もうね・・・
    【【文学終焉】セカオワSaoriが直木賞にノミネートされた裏事情ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ