ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    芸能人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2019年に不祥事を起こして謹慎したタレント

    沢尻エリカ、木下優樹菜、道端アンジェリカ、田口淳之介、田村亮、新井浩文、ピエール瀧、浦田直也


    「2019年ほど活動休止の芸能人が多い年は、過去思いつかないですね。
    2020年に彼らがどう復帰できるのか、果たして復帰に手こずるのか、芸能マスコミとしては要注目ですね」

     
    ベテラン芸能ライターがそう指摘するとおり、2019年は、皮肉を込めれば不祥事芸能人の豊作イヤーだった。

    s


    性犯罪者の復帰はアウト

    反社騒動を巻き起こしたよしもと芸人・雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮、タピオカ騒動でヤンキー臭を発揮したタレントの木下優樹菜、キチンとした納税を怠ったチュートリアルの徳井義実、恐喝容疑で書類送検された、タレントの道端アンジェリカといったところは“不逮捕組”。

     
    “逮捕組”としては俳優の新井浩文、ミュージシャンのピエール瀧、女優の沢尻エリカ、歌手の田口淳之介、AAAの浦田直也といった名前が挙がる。


    「逮捕組といっても、それぞれ立場が異なる。
    強制性交容疑で実刑判決を受け現在、控訴中の新井は、復帰に甘いと言われる芸能界といえども、居場所はないでしょう。
    以前、俳優の小出恵介が未成年者と淫行したことが原因で、数か月後に所属事務所を契約解除になりましたが、性犯罪の加害者の復帰は、大手事務所が後押ししてもなかなか難しい。世間の風もいま、#Mee Too問題への関心が高まり、性犯罪により一層、厳しい目が注がれるようになった。
    2019年8月、以前、性犯罪で逮捕された高畑裕太が舞台で復帰しましたが、メディアへの復帰はできない」(前出・芸能ライター)

     
    ちなみに小出は現在、ニューヨークに住み、アクターズスクールに通っているという。

     
    性犯罪に関してはほとんど復帰アウトで、イメージ挽回の手立てはないのが実情だ。

     
    クスリに関しては、その社会復帰を見守る空気が世間にもあり、再チャンスの窓口はあることはある。

    「以前、逮捕されたASKAが歌手復帰してコンサートを行っている。
    田口は釈放後すぐに自主レーベルから新曲を配信リリースしている。
    沢尻は2020年1月末に初公判があるため、まだまだ復帰は先。
    沢尻と同じエイベックス所属のAAAの浦田はクスリ問題ではありませんが、所属事務所のエイベックス社員が、沢尻より先に復帰のメドを立てるために会議をしていますよ、と明かしていたことから、そう遠くないと思いますよ」(前出・芸能ライター)

     
    2019年10月にリリースしたAAAのシングルジャケットに映っているのは5人のメンバー。

    それがいま、オフィシャルサイトのトップに使われ、まったく違和感を覚えない。

    「本人は早めに復帰したい。
    ほかのメンバーは拒否しているわけではないが、快く思っていないメンバーもいる。
    どうすることがグループとして、会社としてプラスになるのか、微妙な調整が2019年末に話し合われたようです」(情報番組デスク)

     
    そんな中、年内の“解決”を狙ったかのように所属事務所は、浦田の謹慎処分の解除とともにAAAの脱退を表明。

    今後は引退はせずにソロとして活動するというから、復帰は間近と見られる。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200102-00016885-jprime-ent

    所長見解:もうな・・・

    【【あの人達は今】不祥事芸能人「復帰の順番」がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年も12月24日深夜に、『明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー』(フジテレビ系)が放送される。

    この番組の目玉と言えば、芸能人の電話であろう。

    離婚など直球の不幸を経験した人物は名乗っただけで即合格となる。

    過去には、離婚した雛形あきこ、芸能活動を休業していたナインティナインの岡村隆史などが即合格となっている。


    芸能界にとっては大きな出来事が続いた年とも言えるだけに、電話をかけてきそうな芸能人は多い。


    s


    まず本命視されるのは、闇営業問題で渦中の人となってしまった雨上がり決死隊の宮迫博之と、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が挙げられるだろう。

    特に宮迫は、さんまが自身の個人事務所で引き取る姿勢を示しており、先日囲む会も開かれただけに期待大だ。

    ただ、2人が出た場合は良くも悪くも注目を集めてしまいがちである。

    そのため、14日放送の『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』(同)で謹慎していたガリットチュウの福島善成がさらっと復帰したように、その他の謹慎芸人が電話をかけてくるといったことはありそうだ。


    さらに、ここ最近の動きでは、元SMAPの香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎からなる「新しい地図」メンバーが、大みそか放送の『絶対に笑ってはいけない』(日本テレビ系)への出演が発表されている。

    地上波出演解禁の動きもあるだけに、この番組へ登場といった可能性はありそうだ。

    もちろん、さんまと親交のある中居正広や木村拓哉の登場にも期待がかかる。


    離婚芸能人系では、さんまと親交のある人間では、24歳年下夫と離婚した磯野貴理子、テレビ制作会社スタッフと離婚したSHELLYなどが有力であろう。

    大穴ではビートたけしといった線もありそうだ。

    もちろん、才賀紀左衛門と離婚したあびる優あたりが登場する可能性もありそうだ。


    今年は例年以上に話題の人物が多いだけに、要注目の番組となりそうだ。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17563908/

    所長見解:まだあかんやろ・・・
    【【緊急速報】「明石家サンタ」にあの話題の芸能人が電話するってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能リポーターの井上公造氏が11日放送の文化放送「なな→きゅう」(月~金曜・前7時)に生出演し、年内に芸能人で薬物での逮捕者が出る可能性を指摘した。


    y

     
    番組では、来年の芸能界を大予想。

    その中でスキャンダルについて聞かれた井上氏は「警察サイドを取材して思うのは、五輪、パラリンピックの最中に逮捕者を出すのは外国からお客様がきているんでふさわしくない。その前に本当に根こそぎいきたいというのはあるんです」と指摘した。

     
    その上で「だから、年明けもそうだけど年内もあるかも。
    よく駆け込み結婚とか、駆け込み離婚とかありますけど駆け込み逮捕があるかも、警察動きます」と明かしていた。

    最後に薬物事件について「周りの芸能人でやっている人を見たことない」とし、手を染めている著名人には「心改めて欲しいと思います」と呼びかけていた。


    https://hochi.news/articles/20191211-OHT1T50048.html 

    所長見解:誰やねん・・・

    【【衝撃暴露】芸能リポーター「有名芸能人、薬物で年内逮捕」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フリーアナウンサーの田中みな実(33)が2日放送の日本テレビ「女が女に怒る夜 2019年愚痴納めSP」(月曜後9・00)に出演。

    田中が怒る女として、スタジオの共演者を名指しする場面があった。


    m


    女性が女性に対して感じている不平不満を吐き出すストレス解消バラエティー。

    「みな実が怒る○○な女」として、田中は「“私、男と飲んでる方が楽なんだよね”って言う女の人」に怒りを感じると告白。

    「そういう人に限って男の人を凄く男の人に見てるし、女として見てほしいと思っているんですよ」と理由を明かした。


    田中は続けて「そういう人は、ご飯の途中にちょっとリップとかを塗り直すと“ねえねえ、ご飯の途中にリップ塗り直したよね、なんで?”っていちいち指摘してくるんですよ。
    言わなくっていいのに~!ほんとにいじわる!」とかわいらしく怒りを表現した。


    司会の上田晋也(49)から「この中で言うと誰?」と際どい質問をされると「言いづらいですけど、MEGUMIさん」とスタジオのMEGUMI(38)を名指し。

    「キレイだからこそ嫌なんですよ」と付け加え「きれいだけど、男友達がいっぱいいそうだし、自分の彼氏がMEGUMIさんと飲みに行って“弟みたいなもんだからさ”ってボディータッチされたら、彼がドキドキしちゃいそう」と理由を話すと、MEGUMIは「うれぴー」とキレイと言われたことを喜んだ。
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/02/kiji/20191202s00041000407000c.html



    所長見解:ほんまかいな・・・


    【【衝撃暴露】田中みな実の苦手なタイプの女性芸能人がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。

    今回は「整形手術」について。


    s

     
    先日、22歳の起業家に会う機会があった。

    現役の大学生である彼は偶然にも僕と同郷。

    二重が印象的な彼の顔でしたが、打ち合わせを5分ほどしたときに、彼は「僕、目を整形してるんですよ」とさらっと言った。

    「結婚したんですよ」と言うくらいさらっと。

    それが「普通」だという感じだった。

    その数週間前、知人に、若い起業家の人が整形をして、それをみんなの前で言っていたという話を聞いた。

    整形。

    しかも男性の整形というものが、僕らの常識よりもカジュアルなものになっているのだろうか?

     
    僕に整形であることを「普通」に話してくれた彼とはその後も何度も会ったが、「普通」に言われたおかげで、気にしなくなるんですよね。

    やはり。

    「疑惑」だったほうが、よっぽど毎回気にしてしまうと思う。

    「整形」により自分のコンプレックスを改善することが日本でもカジュアルになっていくのだろうし、そうなってほしいと思いますが、「麻痺(まひ)」はしないでほしいなと。

    麻痺って怖いなと思ってしまう。

    たとえば、最初にタトゥーを体に入れるときはいろいろ考えるけど、一つ入れると、不思議なもので「麻痺」してしまう人も多いはず。

    最初にあった罪悪感などはまったくなくなり、「麻痺」して体にどんどん入れてしまう人もいる。

     
    この「麻痺」していくって、とても怖いなと思っていて、最近、テレビである女性タレントの顔がとても気になってしまう。

    Aさん。

    ボケかツッコミかで言うと、ツッコミ的なポジションのそのAさん。

    なんだったら、整形しまくっている女性のことをツッコむはずの人なのだが、そのAさんの顔がこの1年、明らかに変わっている。

    僕は整形することを否定しているわけではないし、綺麗(きれい)になるなら、そして、それで満足できるならやったほうがいいと思う。

    が、Aさん、最初に顔の一部を整形したのだろう。

    そこからおそらく「麻痺」してしまって、明らかに、ちょっと不自然な感じになってしまっている。


    https://dot.asahi.com/wa/2019112000014.html?page=1

    所長見解:誰や・・・
    【【暴露】整形疑惑「ある女性タレントの顔が…」←これwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ