芸能事務所

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大手芸能事務所「プラチナムプロダクション」(東京都渋谷区)は2020年1月23日、同社および所属タレントへの誹謗(ひぼう)中傷に対し、法的措置など厳正な対応を行うと発表した。

    no title


    プラチナムプロダクションの発表全文

    「事実無根の記事やコメント等が散見」

     プラチナムプロダクションの発表によれば、「現在、インターネット上において当社及び当社所属タレントの名誉及び信用を毀損する、事実無根の記事やコメント等が散見」されるとし、具体的には「反社会的勢力が当社の立ち上げに関わった」「当社社員の中に反社会的勢力のメンバーがいる」などの内容だという。
       
    しかし、そのような事実はなく、

    「これまでも、当社は、このような書き込みを行った者に対し、代理人弁護士を通じて削除請求、損害賠償請求、その他あらゆる法的措置を講じて参りました。
    今後も、上記のように事実に反し、当社及び当社所属タレントの名誉及び信用を毀損するインターネット上の記事・コメントを発見した場合につきましては、代理人弁護士を通じて、あらゆる法的措置を含めた厳正な対応を行ってまいります」

    と警告した。
      

     こうした書き込みは、「タピオカ騒動」に端を発するとみられる。

    タレントの木下優樹菜さんが昨年10月、姉の勤務先のタピオカ店と起こしたトラブルが表面化。

    送ったとされるメッセージがネット上で拡散され、SNSやまとめサイトなどで憶測が飛び交っていた。


    https://www.j-cast.com/2020/01/24377912.htm

    所長見解:総出やな・・・
    【【激怒中】木下優樹菜の事務所「法的措置など厳正な対応を行う」← 総出やんwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お尻ふりふりダンスでKポップブームを巻き起こした「KARA」。

    先月、メンバーだったク・ハラの自殺がニュースになったが、彼女と同じく日本で活動していたジヨン(25)のほうは先月、活動の場を再び韓国に戻すと発表した。

    何かイヤなことでもあったか。

     
    ジヨンが日本に活動拠点を移したのは、KARAを脱退した2014年のこと。

    さる事情通によれば、

    「ジヨンは人気絶頂期の11年、所属事務所を給料が安いと提訴。
    韓国でトラブルを抱え、韓流ブームに沸く日本に拠点を移そうと考えたのです。
    そこに手を差し伸べたのが芸能事務所『スウィートパワー』の岡田直弓社長で、三顧の礼でジヨンを迎えました」

     
    ス社からは桐谷美玲、堀北真希、黒木メイサなどのトップ女優が輩出。

    辣腕の女性社長が率いるとあって“女性版ジャニーズ”とも呼ばれる。

    ともあれ、それから岡田社長は、周囲には異様に映るほどジヨンに入れ込んでいったという。


    テレビ局幹部が明かすには、

    「ジヨンを女優として売り出そうと考えた岡田社長は、芸名を『知英』と漢字に改め、“歌手のイメージが強い元KARAという肩書きは使わないように”とお達しを出した。
    ところがやがて韓流ブームは下火に。
    『知英』の名は浸透しませんでした」


    j


    愛ゆえの漫画と小説

    それでも岡田社長は主力の桐谷や堀北をバーターにまでして、ジヨンをドラマに売り込んでいった。

    「ジヨンがいる現場には、ほぼ常に岡田社長の姿がありました。
    ロケにも付いてきて同じホテルの部屋に泊まるほど。
    16年には世田谷の一等地に寮まで建設し、同居を始めました」(同)

    とはいえ、なかなか仕事は増えないまま。


    すると、

    「社長の八つ当たりが始まったのです。
    “桐谷よりジヨンの仕事を取ってこい!”と。
    そのため生え抜きの社員は愛想を尽かして次々と辞めていきました。
    が、社長はめげることなく、自らジヨンを主人公にした漫画や小説を書き始めたのです。
    それらを懇意の出版社に頼んで『清智英』というペンネームで出版。
    強引に映画会社を巻き込み、ジヨン主役の映画も製作した」(同)

     
    そこから生まれた作品が「私の人生なのに」「レオン」「どすこい! すけひら」だ、と言われてもピンとこないのは無理もない。

    岡田社長がツテを駆使して“ウルトラC”で実現させた映画だからだ。

     
    すると、あろうことか当のジヨンが態度を変える。

    「今年7月、社長がいない隙に夜逃げ同然で韓国へ帰ってしまった」(同)

    そして先月2日には韓国の芸能事務所「キーイースト」と専属契約したことを公表。

    いやはや、岡田社長の寵愛が重すぎたか。

     
    ス社の広報担当者は、

    「(社長が)同じ部屋に泊まったことなどない。
    7月に帰国後も来日しており、今も業務提携している」

    と“円満退社”を主張するが……。

     
    愛は対馬海峡を越え、再び相手に届くだろうか。


    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200102-00600667-shincho-000-1-view.jpg


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200102-00600667-shincho-ent

    所長見解:そうなんや・・・

    【【悲報】元「KARA」知英(ジヨン)さん、夜逃げってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    沢尻エリカ被告の逮捕によって、彼女の交友関係にも注目が集まっている。

    連日“スポーツ選手のA”“大物女優のB”など、名前を伏せて親交のあった人たちが薬物の使用疑惑を報じられた。

    プライベートでも仲のよかった片瀬那奈もその1人だ。


    「沢尻さんが逮捕された翌日、片瀬さんがMCを務める日テレ系の情報番組『シューイチ』で、薬物を使用していることは知らなかったと涙ながらにコメントしました。
    しかし、ネット上で沢尻被告と一緒にクラブで踊る動画が流出したことで、《一緒に使っていたのではないか?》と疑われるようになってしまったんです」(ワイドショー関係者)

     
    日を追うごとに、片瀬を追い詰める声は増えていった。

    疑惑を払拭するため、彼女は驚くべき行動に出る。

    「沢尻さんが逮捕された数日後、自ら事務所に“尿鑑定と毛髪鑑定をしてほしい”と申し出たそうです。
    身の潔白を証明しようと思ったのでしょう」(広告代理店関係者)

    n


    尿検査と毛髪検査の結果は──


    彼女の所属事務所も深刻な状況を理解し、極秘で“緊急検査”が行われた。

    気になる結果はというと……。

    「両方とも陰性、つまり薬物を使っていないという結果が出たといいます。
    薬物が体内から抜けるのは3日ほどなので、尿鑑定ではさかのぼって数日間の不使用しか証明できません。
    一方、毛髪鑑定では数か月前まで調べることができます。
    片瀬さんの提出した髪の毛の長さから、少なくともここ半年間の使用は認められないと証明されたそうです」(同・広告代理店関係者)

     
    どうやら、片瀬の仕事にも影響が出始めていたようだ。

    「事務所に“本当に彼女は大丈夫ですか?”と、テレビ局や広告代理店から問い合わせがあったそうです。
    万が一、彼女が逮捕されるような事態になれば自分たちの仕事に影響が出ることを心配したのでしょう。
    事務所は関係各所に今回の結果を報告したそうですよ」(テレビ局関係者)

     
    薬物鑑定を受けたことについて話を聞くため、12月初旬に都内で片瀬を直撃した。


    ─身の潔白を証明するために検査を受けたそうですが?

    「……すいません。私からはお答えできないので事務所に聞いてもらえますか?」


    一瞬立ち止まったが、終始硬い表情で明言を避けた。


    改めて、片瀬の所属事務所に問い合わせたところ、

    「間違いありません」

     
    尿鑑定と毛髪鑑定を行っていたこと、結果が陰性だったことを認めた。

     
    沢尻被告は自らが犯した過ちによって、たくさんの人に迷惑をかけた。

    薬物の誘惑を断ち切り、更生することはできるのだろうか……


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191209-00016719-jprime-ent

    所長見解:ほんまに?・・・

    【【沢尻逮捕】片瀬那奈、疑惑の薬物検査、その鑑定結果がコチラ・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    安室奈美恵を超える才能見つけた 10歳の城間莉央さんグランプリ

    世界レベルのアーティストを生み出し、沖縄を日本一のエンターテインメントの島にするプロジェクト「次世代スター発掘・ワールドプロジェクト」(ライジングプロ・ホールディングス、沖縄アクターズスクール主催、琉球新報社共催、読谷村・村教育委員会特別後援)のグランプリ第1号に城間莉央さん(10)=那覇市=が選ばれた。


    城間さんは「見てくれている人たちを笑顔にできる存在になりたい」と話した。

    城間さんには、ライジングプロから歌手としてメジャーデビューすることが約束される。

    12月からアクターズスクールでレッスンを受けて歌やダンスを磨き、まずは県内で芸能活動を始める予定。

    メジャーデビュー後は県民の応援を力に、将来は世界で活躍するスターを目指す。

    グランプリの副賞として保護者と推薦者にそれぞれ20万円が贈呈される。

    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1033515.html

    no title

    所長見解:かわいいやん・・・

    【【朗報】安室奈美恵を超える逸材がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タピオカ店恫喝騒動によって木下優樹菜が芸能活動を自粛することとなり、芸能界でもさまざまな反応が出ている。

    ネット上でも、反省を経てからの復帰を待つファンの声があれば、もう見たくないといった厳しい声も相変わらず目立ち、いまなおいろいろな意見が飛び交っている状況。

    所属事務所は他のタレントの活動が好調で層も厚いことから、木下の復帰まではそれなりの時間を要するのではないか、との見方もある。


    本人もあらためて陳謝 当面の活動自粛を発表

    木下の活動自粛については今月18日付で所属事務所プラチナムプロダクションが、同事務所の公式サイトの企業情報内で「弊社所属タレント 木下優樹菜に関するご報告」として発表。

    木下の言動によって迷惑をかけた関係各方面に対し、事務所として陳謝するとともに、事態を真摯に受けとめ、本人とも協議を重ねた結果、当面の間、木下の芸能活動を自粛するという。

    決定まで時間がかかったのは、本人を含め仕事関係の人々とさまざまな協議を重ねたからとのことだ。

     
    また、同サイトでは事務所発表に続いて木下本人も「この度は、私の軽率な発言により相手の方、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました。改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います。
    誠に申し訳ございませんでした」とコメントを発表した。


    k


    所属タレントたちの好調ぶりが木下復帰を遅らせる?

    「同じサイト内に『社員・タレントを対象にした違法薬物に関する講習会』や『反社会的勢力の取引排除に対する基本方針』といった報告もあるように、所属事務所さんはクリーンな運営に取り組む健全な姿勢を推進してきただけに、木下の恫喝騒動は水をさされたと言っていい。
    到底看過できるものではありません。
    ただ、一部には解雇したほうがいいんじゃないかという声も聞きますが、重大な刑事事件でも起こしたなら別ですが、何か問題を起こしたタレントは即解雇、ではマネージメントにならない。
    しっかり反省させて、きちんと再起できるまでに持って行くのがプロダクションの責務です」と話すのは、別の大手芸能プロダクション幹部の60代男性スタッフだ。

     
    一方で、木下の復帰はしばらく難しいのでは、との声もある。

     
    「木下が所属するプラチナムプロダクションは所属タレントの層が厚く、菜々緒や中村アン、筧美和子、佐久間由衣など女性タレントや女優もドラマにCMに好調です。
    言ってみれば、木下がいなくても戦力的には困らないのです。
    そういう状況では事務所も無理をして復帰を急がせる必要はないし、本人に猛省を促しながらほとぼりが冷めるのを待って、じっくり復帰のタイミングをうかがえばいい。
    復帰までは半年、あるいは年単位になるかもしれません。
    いずれにしろ、相当の時間を置くとみています」とは、スポーツ紙の40代男性記者。

     
    芸能界での反応も、まだ収まりそうにない。

    24日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)では、もともと木下と夫でお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史夫妻が好きだという泉ピン子が今回の騒動に言及、問題となった木下の言動について「でも今聞いてたらチンピラですよ。ダメですよね、やっぱり。言い方よね、やっぱり。事務所総出でっていうのはさ、マズイでしょ、やっぱり。ちょっとね」と擁護したくてもしようがないといったコメント。

     
    活動自粛がどのぐらいの期間になるのかはまだわからないものの、少なくともこうした反応が一通り出尽くすまでは冷却期間を置く必要がありそうで、長期化も避けられない情勢といえるだろう。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-00010001-wordleaf-ent

    所長見解:もうね・・・
    【【悲報】木下優樹菜さんの活動自粛、長期化説。 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ