ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:芸能事務所

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優桐谷美玲(28)の所属事務所が15日、俳優三浦翔平(29)と6月にも結婚するとの報道について「そういう予定はありません」と否定した。

    桐谷と三浦はこれまで、2年前のドラマ共演をきっかけに交際をスタートして、デートする姿などが一部週刊誌で報じられていた。
    15日未明、早ければ三浦が30歳を迎える6月3日に婚姻届を提出するなど、「6月結婚説」が報じられた。

    k


    桐谷の所属事務所は2人の交際については明確にしていないが、日刊スポーツの取材に対し、結婚については「そういう予定はありません」とした。


    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00209952-nksports-ent

    所長見解:どっちなの・・・

    【【朗報】桐谷、結婚やめるってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    松岡茉優 突然の事務所移籍発表に秘めた「パワハラの苦悩」

    no title


    「初主演映画の『勝手にふるえてろ』の演技も好評で、日本映画プロフェッショナル大賞も受賞した松岡茉優(23)ですが、“先輩女優”たちに続いて所属事務所を移籍しました」(芸能プロダクション関係者)

    松岡といえば、映画『ちはやふる』やドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)にも出演した若手有望株だ。

    この芸能プロダクション関係者が“先輩女優”と呼ぶのは、宮崎あおい(32)や多部未華子(29)のこと。
    彼女たちは昨年、長年所属していた『ヒラタオフィス』から『ヒラタインターナショナル』に移籍している。
    松岡もその後を追うように、ヒラタインターナショナルに移籍したのだ。

    関係者が続ける。

    「ヒラタオフィスとヒラタインターナショナルは、系列としては同じということになっていますが、仕事の方針はかなり異なります。
    宮崎は今年3月にヒラタオフィスの新社長に就任したA氏に昔から不信感を持っており、移籍を決めました。
    松岡の移籍理由も同じような“人間関係”ですね」

    問題が発生したのは3年前だという。
    発端は当時19歳だった松岡が写真週刊誌『FRIDAY』に、俳優とのツーショットを撮影されたことだった。

    「掲載されたのは自転車に二人乗りしている写真でした。
    間が悪いことに松岡は当時、ある公共機関のCM出演が決まっていたのです。
    しかしその二人乗り写真が問題となり、CM出演はご破算になってしまいました。
    そのことに彼女のマネージャーだったB氏は激怒し、数時間にわたって罵倒し続けたそうです」

    彼女も売出し中の大事な時期にとった自分の軽率な行動については反省していたそうだが、B氏の数時間もの罵倒による精神的ショックは大きかったという。
    B氏がマネージャーから外れた後も、松岡のパワハラ・トラウマは消えることはなかった。そして昨年12月、ヒラタオフィスの当時の社長のもとを母といっしょに訪れ、嘆願したという。

    「ほかの事務所に移らせてください。無理なら、女優を辞めてもかまいません」

    結局今年1月に彼女は移籍を果たしたが、その事実はずっと公表されていなかった。

    「看板女優が3人も移籍するのは大ごとで、ほかの所属タレントたちへの説明も必要ですが、それが進んでいなかったのです」(前出・関係者)

    だが本誌が5月10日に松岡の移籍について問い合わせた直後、両事務所のHPが更新。
    初めて移籍が公表されることになった。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180515-00010000-jisin-ent


    所長見解:休んでたよね・・・

    【【人気女優】松岡茉優 突然の事務所移籍の理由がコチラ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の槇原敬之さんの所属事務所の代表だった男が、覚醒剤を使用したとして逮捕・起訴されていたことが分かった。
    10日に開かれた初公判で男は起訴内容を認めた。

    覚せい剤取締法違反の罪に問われているのは、歌手の槇原敬之さんの所属事務所の元代表・奥村秀一被告。
    起訴状などによると奥村被告は今年3月、港区のマンションで覚醒剤を使用した罪に問われている。
    10日の初公判で奥村被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

    奥村被告は1999年にも覚せい剤取締法違反の罪で有罪判決を受けていて、検察側は、冒頭陳述で「2013年頃には覚醒剤の使用を再開していた」と指摘した。

    奥村被告は2006年から今年3月まで槇原さんの所属事務所の代表を務めていて、事務所は日本テレビの取材に対し「在職中から使用していたということに関しましては全く知り得ないことでした」などとコメントしている。


    日テレニュース 
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14696052/

    no title


    所長見解:これって・・・

    【【緊急逮捕】歌手の槇原敬之さんが所属する事務所元代表が覚醒剤 ←これ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「(不倫騒動については)本人から聞きました。娘に対する私の教育が至らなかったということは痛感しています」

    言葉を選びながら、ポツリポツリと語ったのは、タレント・高橋由美子(44)の父。

    3月15日、『週刊文春』に妻子ある飲食店経営者との“ラブホテル不倫”を報じられた高橋。
    同誌の直撃取材に対して泥酔しながら「アタシ、もっと色々やってっから!」と答える映像は、“20世紀最後のアイドル”とも呼ばれていたころの姿からはかけ離れたものだった。

    no title


    「最近はバラエティ番組などで“酔っ払いキャラ”としてのオファーも増えていましたが、この不倫報道で仕事も消えてしまいました。
    4月30日には所属事務所との契約も終了。
    これは事実上の解雇ですね」(芸能関係者)

    本誌が埼玉県に住む高橋の両親を取材したのは、契約満了の2日後のこと。
    父の目元は、どことなく高橋に似ていた。

    ――所属事務所を辞めることは聞いていましたか?

    「はい、社長さんと色々相談したそうです。
    ただ仕事も、全然なくなってしまったそうですからね……。
    娘も大人です。もう私たちが怒ったりすることはないですよ。
    でも『悔いのないような人生をおくりなさい』とは、言いました」

    高橋は昨年のインタビューで、毎晩のように酒を飲んで“午前様”だったために、実家から追放されてしまったことを明かしている。

    ――話題になった(文春の)映像でも泥酔していましたが、お酒に関する注意はしなかったのですか?

    「酒というものは間違いを起こしやすいから気をつけなさい、と言いました。
    でも、私もお酒は大好きなもので(苦笑)。
    いまは娘と晩酌するのが楽しみになっています」

    実は騒動後、高橋はかつて追放処分を受けた実家にひきこもっていたのだ。

    ――不倫していた男性とは別れたのでしょうか?

    「それは聞いていません……。
    今後の芸能活動ですか? いまは気持ちを整理するので精一杯じゃないですか。
    引退は考えていないようです。
    本人にそのことを聞いたら、『できればもう少し(芸能界で)やってみたい』と言っていました」

    記者と父のやりとりを静かに聞いていた、母がここで口を開いた。

    「かなり痩せてしまいました。
    元気もないしモノも食べられませんから、無理やり食べさせてはいるのですが。
    世間に迷惑をかけたわけですから、仕方ないのでしょうが……」

    “不倫相手”の妻は、高橋に慰謝料を求める訴訟を検討しているという。

    引退はしたくないという高橋だが、復帰までにはかなりの時間が必要になりそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14687327/


    所長見解:おもしろいのに・・・
    【【激やせ】事務所解雇の高橋由美子(44)、現在は実家に引きこもりの模様・・・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月末でNHKを退局した有働由美子アナウンサー(49)が、芸能事務所「ナチュラルエイト」に所属する方向で最終調整に入ったことが25日、分かった。
    同社にはお笑いコンビ「くりぃむしちゅー」やマツコ・デラックス(45)が所属。
    今後、民放各局を含めたさまざまな仕事のオファーが舞い込むことになりそうだ。

    y


    今月3日に退局が明らかになって以降、芸能事務所が繰り広げてきた争奪戦が決着した。
    スポニチ本紙の取材では、有働アナを同社入りへと口説き落としたのはマツコ。
    私生活で交流のあるマツコが“オトコ”を見せたことが決め手となり、テレビ関係者は「マツコさんが女性を口説く姿を見たのは初めてですね」と驚いていた。

    2人は昨年からNHKスペシャル「AIに聞いてみたどうすんのよ!? ニッポン」で共演しており、より仲を深めていた。
    今年3月放送の同番組の第2弾では、マツコが有働アナに向けて「民放で働ける、この人」と言う場面もあった。
    毒舌のマツコも魅力的なキャラクターと認めていた。

    所属事務所が決まり、今後はテレビ局の争奪戦が一層熾烈(しれつ)になっていきそうだ。そこで今後も“パイプ役”となる可能性があるのがマツコ。
    テレ東を除く民放キー局4社でレギュラー番組を持っており、行く先々で局員から「有働さんをウチの番組に呼んでもらえませんか?」と仲介役をお願いされることもありそうだ。

    有働アナはジャーナリストとして活動していくことを希望。
    現時点では古巣NHKの特番に出演することが決まっている。
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000063-spnannex-ent


    所長見解:よかったよね・・・
    【【フリー女子アナ】有働アナ、マツコ所属事務所入りの結果・・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ