ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    芸人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    漫才師日本一を決定する「M―1グランプリ2019」の決勝が22日に都内で行われ、初優勝したお笑いコンビ「ミルクボーイ」が決勝ファーストラウンドでM―1史上最多得点となる「681点」を記録する快挙を達成した。


    m


    史上最高得点を記録したのは「コーンフレーク」をネタにした漫才。

    「母親が好きな朝ごはんの名前を忘れた」という掛け合いから、駒場孝がコーンフレークと思われる特徴を挙げると、内海崇が「コーンフレークやないか!」とツッコミ。

    すると今度はコーンフレークとは違う特徴を挙げ、「コーンフレークだ」「コーンフレークじゃない」と行ったり来たりの絶妙な掛け合いを展開し、大爆笑をさらった。

     
    その後、勢いそのままに頂点をつかんだミルクボーイに「コーンフレーク」を販売する「ケロッグ」が公式ツイッターに「ミルクボーイさんのコーンフレークのネタ、腹筋崩壊レベルでわらったw 史上最高点での優勝おめでとうございます」と祝福のメッセージ。

    すぐに「ぜひCM起用を!」「ケロッグさん、コーンフレーク一年分進呈お願いします」「コーンフレーク 久々に食べたくなった」など多くのリプライが寄せられた。

     
    あまりの反響の大きさに「こんなにたくさんの祝福コメントが!!! ありがとう、ありがとう(優勝したのはミルクボーイさんやねん)ミルクボーイさん、本当におめでとうございます」とうれしい悲鳴を上げていた。
    https://hochi.news/articles/20191223-OHT1T50016.html 



    所長見解:おもろかったな・・・


    【【M―1】コーンフレークのケロッグ「腹筋崩壊レベルでわらった」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    麒麟の川島、インスタグラムがセンスありすぎて炎上 www

    no title

    所長見解:あるな・・・

    【【検証画像】麒麟・川島のインスタ、センスありすぎ説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2019」の決勝が、12月22日(日)に開催される。

    M-1は「若手芸人の登竜門」とも言われるが、出場芸人にとっては人生一発逆転の漫才ドリームだ。

    また番組の平均視聴率を見ても昨年は関東地区で17.8%、関西地区で28.2%を記録。

    2001年の第1回は9.0%(関東)、21.6%(関西)だったから、見る側にとっても「国民的番組」に成長してきた。

    そんなM-1では、これまで14組のチャンピオンが誕生してきた。

    そこで文春オンラインでは「過去14回で『一番印象深いM-1チャンピオンは誰?』」という緊急アンケートを実施

    m


    943点と2位に2倍以上の得点で堂々1位になったのは第7回(2007年)王者のサンドウィッチマンだった。

    2位には、初代王者(2001年)の中川家(441点)。

    そして3位は、第1期M-1のラスト(2010年)を飾った笑い飯だった(193点)。

    以下、先日10年ぶりに復活したアンタッチャブル(168点)、ブラックマヨネーズ(160点)が続く(※なお1人につき、3組を選び〔1位3点、2位2点、3位1点〕、合計得点で計算している)。


    1位 サンドウィッチマン

    2位 中川家

    3位 笑い飯

    4位 アンタッチャブル

    5位 ブラックマヨネーズ

    6位 NON STYLE

    7位 チュートリアル

    8位 霜降り明星

    9位 トレンディエンジェル

    10位 ますだおかだ


    https://bunshun.jp/articles/-/21478 

    所長見解:チリンチリンやな・・・

    【【緊急アンケート】M-1の歴代王者で1番おもしろかったのがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いタレントのブルゾンちえみが、12月15日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。

    毎度、レギュラーメンバーのような頻度で登場しているブルゾンだが、その〝無能〟さに呆れている視聴者が多いようだ。


    この日の放送ではウエートリフティング選手の八木かなえや、女優の橋本愛といったノリに乗っている著名人が多く出演。

    「祝・初MC!世界の渡部があなたの願いかなえます!」というテーマのもと、MCを務める『アンジャッシュ』渡部建が出演者の願いを次々とかなえていった。

    そんな中、完全に置いてけぼりを食ってしまったのがブルゾン。

    『バイきんぐ』小峠英二が頭の上にニンジンを乗せてミニチュアホースに食べさせようと身体を張ったり、東野幸治が場をぐいぐいとリードする中、1人無言を貫いていった。

    その姿は凄まじく、出演陣の後方で地蔵のように固まり、気の利いた発言をする素振りすら見せなかった。

    b


    ようやく発言したと思ったら…

    そんなブルゾンがようやく重たい腰を上げたのは、和菓子専門店『くろぎ』のわらび餅を試食したシーン。

    しかし、1時間の放送の中での発言は、「私たちが普段食べているわらび餅は何パーなんですか?」と、わらび粉の含有量を訊ね、実食した名店の味を「この世にちょうどのモノがない!」「似てるモノがない!」と自慢げに語りだした試食シーンのみだった。

    独特過ぎる上に中身のない食レポに共演者も困り果てたのか、あっさりとスルーされたのが印象的だったこのくだり。

    完全にお荷物と化しているブルゾンに対し、視聴者からは、

    《マジで何のために出てるのコイツ》

    《そこらへんの子役でももっとマシなこと言えそう》

    《共演者ですら持て余してるのが伝わってくるわ》

    《この程度のコメントしかできないのにレギュラー面できるのはすごい》

    などといったストレートな意見が多数上がっている。


    「『芸人らしいことを一切言わない』『的確なコメントや専門知識が必要な発言を見せない』として数々の出演番組で醜態を見せてきたブルゾンですが、とうとう番組内での発言回数すら激減してきたようです。
    12月22日放送の『行列――』には出演しないようですが、今回の放送での〝地蔵っぷり〟が原因で、メディア露出はさらに減っていくのではないでしょうか」(芸能記者)


    果たして来年、テレビでブルゾンの姿を見ることはできるのだろうか…。

    http://dailynewsonline.jp/article/2122853/

    所長見解:もうね・・・
    【【放送事故】ブルゾンちえみさん無能すぎる説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    お笑いコンビ「FUJIWARA」の“ふじもん”こと藤本敏史(49)が20日放送のテレビ朝日系「ロンドンハーツ 3時間SP」に出演。

    妻・木下優樹菜(32)が起こした“タピオカ恫喝騒動”をイジられ謝罪するひと幕があった。

     
    番組では「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(46)ら21人の芸人が参加する「ロンハースポーツテスト」と実施。

    「EXIT」(りんたろー。=33、兼近大樹=28)、カンニング竹山(48)、有吉弘行(45)らが意気込むと、淳は「おじさんたちは気をつけてくださいね。
    水分補給もしっかりと…あの、タピオカとかも用意してますから」と燃料投下。

    笑いと拍手の中、表情を硬くしたふじもんは「すいませんでした」と大声を上げ、頭を下げて謝罪。

    参加芸人の笑いの中、有吉はユッキーナがDMでタピオカ店オーナーを「おばたん」呼ばわりしたことを持ち出し「おじたん、なんで謝んの?」と追撃。

    ふじもんは「おじたんって言うな!」と返すと、さらに笑いが起きた。


    j

     
    ユッキーナは実姉が勤務したタピオカドリンク店の関係者に対し、恫喝めいたダイレクトメッセージ(DM)を送ったことが騒動になった。

    先月18日、所属事務所を通じて「ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした」と謝罪し活動休止を発表した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-00000044-tospoweb-ent

    所長見解:おもろいけどな・・・

    【【タピオカ事件】フジモン「おじたんって言うな」←これwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ