ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    芸人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いタレント・ブルゾンちえみが2020年”消える芸人”の筆頭に上がっているという。

    17年にキャリアウーマンネタでブレイクし、同年にはドラマ『人は見た目が100%』(フジテレビ系)で女優デビューも果たしたブルゾン。

    しかし、キャリアウーマンネタ以外にヒットしたネタはなく、いまや本来の"お笑い芸人”の影も形もなくなってしまっている。


    「もともと、ブルゾンはお笑いデビューからわずか2年でのブレイク。
    ネタも極端に少なく、17年の時点で一発屋と言われていました。
    しかし、18年からはお笑い芸人というよりは、"イイ女”風のキャラでバラエティ番組に出演。
    桐谷美玲や水川あさみらとの仲良しエピソードなど披露していますが、さほどブルゾンに憧れる女子はおらず。
    それどころか、それもネットからは『事務所の力あってでしょ』『なんでいまだに生き残ってるか謎』といった声が聞かれており、今や、女性から憧れられる女としても中途半端という残念な立ち位置で、身体も張らない・ボケない・面白くないと三つ揃ったお笑いタレントになってしまっています」(芸能ライター)


    b


    さらに、2019年はより嫌われるエピソードもあったという。

    「最近では、バラエティ番組に出てもボケないため、出演シーンはほぼカットも珍しくないブルゾン。
    レギュラー出演している『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の10月4日放送回では、滝菜月アナウンサーと格安ツアーで海外ロケをしていましたが、珍しい海外のビールを飲んだ際も、『甘い』『苦味はない』など普通の食レポ。
    その後も、ラグビー発祥の地でスクラムの強さを測定するという一幕では、『スクラムするの恥ずかしい』と躊躇い、しかもそれがフリではなく、結果中途半端な成績に。
    視聴者からは失笑が聞かれています。
    コメント力も身体の張り方も、モデル出身のタレントに見劣りするほどで、もはやブルゾンを使う意味はないという厳しい声も聞かれています」(同)


    2018年、2019年となんとか乗り切ったブルゾンだが、果たして2020年はどうなってしまうのだろうか――。


    http://dailynewsonline.jp/article/2142613/

    所長見解:もうね・・・
    【【悲報】2020年、消えそうな芸人がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フリートークやめたこと

    m

    所長見解:おもろいやん・・・

    【【悲報】松本人志さんがつまらなくなった原因がコチラwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タピオカ店恫喝騒動で活動休止中のユッキーナこと木下優樹菜(32)と、その夫でお笑い芸人の「FUJIWARA」のフジモンこと藤本敏史(49)が、12月31日に離婚を発表した。


    〈私ごとで大変恐縮ですが、私、藤本敏史は、この度12月31日をもちまして木下優樹菜さんと離婚した旨、ここに報告させていただきます。
    お互いの芸能生活の中で、夫婦としてのすれ違いや生活のずれが重なり、話し合いを重ねた結果このような結論に至りました。
    これから夫婦という形でなくなっても、子育てにおきましては父親、母親として二人で協力してしっかり責任を果たしていきたいと考えております。
    お世話になっている皆様、関係者の方々にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解いただけたら幸いでございます。藤本敏史〉

    〈私、木下優樹菜は、この度、藤本敏史さんと離婚することになりました。
    親権は私が持つことになりましたが、私たちの間に生まれてきてくれた2人の娘にとって、世界にたった1人の父親であり、母親であるので、今までと変わらず、お互いに協力し合い仲良く子育てをして参ります。
    全ての関係者の皆様、そして応援してくれるファンの皆様、ご迷惑とご心配をおかけして大変申し訳ございません。木下優樹菜〉


    「この離婚とタピオカ騒動は関係ない」と2人の知人は話す。


    f


    知人の証言「この離婚の話を私が聞いたのは……」

    「この離婚の話を私が聞いたのは、今年7月の終わりでした。
    2人は離婚しようと動いていると。
    しかし、その後にタピオカ騒動があり、タピオカ店店主の自宅に謝罪で訪問した際は、藤本さんも同行しています。
    離婚するからといって見放したりはしていませんでした」

     
    2人はすでに別居しているとも報道されているが、知人はそれを否定した。

    「別居はまだしていません。
    2015年5月4日に放送された『1分間の深イイ話×しゃべくり007春のモテ男&モテ女 合体SP』(日本テレビ系)で、『2人の35年ローン』と紹介された自宅からはだいぶ前に引っ越していますが、それも家族揃っての引っ越しで離婚とは関係ない。
    2人にとってとにかく子供のことが最優先のようで、離婚が成立した後、しっかりと別居など離れる段取りをすると話していました」(同前)

     
    離婚発表の前日、生放送には藤本の姿が。

    「30日に生放送された『クイズ☆正解は一年後』(TBS系)に藤本さんは途中から駆けつけ出演。
    今年は吉本の“闇営業”問題を巡る騒動で去年のVTRが全て使えず、異例の全て静止画で去年を振り返るスタイルでした。
    駆けつけてすぐの話題が“今年離婚した芸能人”というテーマでしたが、笑顔が引きつっているように感じました。
    その後の口数も少なかった」(テレビ局関係者)

     
    活動休止中の木下は友人を自宅に招くなどしていた。

    木下の知人が明かす。

    「木下さんの姿を久しぶりに見たのは、木下さんのお友だちのInstagramでした。
    11月15日の投稿には『優樹菜のお家でスッピンparty』という文章とともに、すっぴんの木下さんとの写真やご飯の写真、寝ている木下さんの写真も投稿されていた。
    活動休止中もそんなに気に病んだりはせず、変わらない日常を過ごしていると聞いています。
    タピオカ騒動の発端になった姉とは、そんなに連絡を取っていないと聞いています」


    タピオカ騒動はまさに”泣き面に蜂”だった


    文春オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191231-00023462-bunshun-ent

    所長見解:しかたないな・・・
    【【衝撃事実】木下優樹菜・フジモンの離婚原因がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2019年12月31日に離婚を発表した、木下優樹菜(32)と藤本敏史(49)夫妻。

    2010年8月の結婚から、テレビに夫婦で出演し自宅を公開するなど、妻が夫を尻に敷く名物おしどり夫婦として人気を博した2人だが、今年6月に放送された「グータンヌーボ2」(フジテレビ系)では、藤本から離婚届を突き付けられたことが「5回くらいある」と木下がリアルな夫婦関係をネタにし、藤本が「けっこう前」のことだとフォローする場面が話題になっていた。

     
    藤本がグータンヌーボで説明したとおり、2人の間に「離婚」という言葉が出るようになったのは「けっこう前」からだという。

    「ラブラブな日常がよくテレビで取り上げてられていますが、実際はすれ違うことが多かった。
    藤本さんは忙しく大阪と東京を行き来し、地方ロケもかなりこなしていた。
    それでも木下さんは、周囲のママ友たちに『(お互いに夫を)頑張って支えようね!』と気丈に話していました」(木下の友人)


    f


    ユッキーナがキスやハグをしてくれない

    だが、木下は思ったことをどうしても口に出してしまう性格だった。

    「木下さんは家を不在にする藤本さんについ文句を言ってしまい、喧嘩に発展してしまう。それで互いにストレスを溜めるという悪循環に陥った。
    木下さんは子育てや時間の合わない夫婦生活に相当ストレスや疲れを溜めていましたね」(同前)

     
    藤本も夫婦生活に疲れを見せ始めていたという。

    藤本の関係者が話す。

    「仕事の合間を縫って育児にも精を出していたフジモンですが、久しぶりに帰宅すると子供たちから『パパ、久しぶり!』と言われたりする。
    それがショックだったようですね。
    また、母親になったことで木下さんとのスキンシップが減ったことを不満に思っていたようです。
    バラエティ番組でも『ユッキーナがキスやハグをしてくれない!』などと冗談のように話していますが、あれは本当に思っていることなんです」

     
    2人が「離婚」を口に出すようになったのは、第二子が産まれた2015年末以降だという。

    「第二子が産まれてから木下さんは周囲にもSNSのダイレクトメッセージなどで不満を吐露しています」(2人を知る友人)

     
    取材班は、2016年9月12日に木下がある友人に送ったダイレクトメッセージを入手した。

    そこには夫に《呆れてるー》などと書かれていた。

    《うちもねえ 喧嘩するたびに 離婚する 言われ続けて いよいよ なんだこいつ。 
    て思って呆れてるー
    だから記念日とかいちいちなんかやってくんのいい旦那アピールとしかおもえないから やめてね ていっといた笑 みんななんかしっかあるよね!》


    藤本からの「記念日プレゼント」がパッタリなくなった

    このメッセージの後ぐらいから、2人の関係はさらに変わっていった。

    「これまでは結婚記念日やプロポーズ記念日など、事あるごとに花束などをプレゼントしていた藤本さんですが、この頃からそういったプレゼントはパッタリとなくなってしまったそうです」(同前)

    この友人いわく、「今回の離婚発表にはそれほど驚かなかった」という。


    「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200101-00023510-bunshun-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200101-00023510-bunshun-ent&p=2

    所長見解:タピオカやないの・・・


    【【離婚】木下優樹菜「喧嘩するたびに 離婚する 言われ続けて」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    以前から不仲が噂されているお笑いコンビのナインティナインだが、実際の2人の関係について、岡村隆史が11月18日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で言及していた。

    岡村によると、相方の矢部浩之から楽屋を別々にするよう提案されたのだという。

    これに矢部は、楽屋で会わず本番で顔を合わせたほうが、新鮮で楽しく共演できると考えたのだと理由を説明。

    しかしその理由を信じられない岡村は「違う! ホンマのこと聞いた。
    飽きたんですって?」と矢部に詰め寄っていた。

    ナインティナインは番組以外での会話がほぼゼロだというが、不仲というよりは、それがちょうどいい距離感なのだろう。

    しかしその一方で、単なる噂に終わらず、本当に仲が悪いコンビも多い。

    そこで、不仲が噂されているお笑いコンビの間柄が、本当のところはどうなのか調べてみた。


    まず、ナイナイのように長年、不仲が噂されているのが、とんねるずの石橋貴明と木梨憲武。

    長寿バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の終了後、同番組の人気コーナーを特番化した『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』(同局系)には石橋しか出演せず、コンビで共演する機会はほぼゼロに。

    解散説まで飛び出していたのだが、実際は不仲なわけではないという。

    石橋がバラエティ番組への出演、木梨が絵画やオブジェなどの制作や歌手活動というように、それぞれが好きな分野を優先するようになっただけで、お互いに連絡を取り合うなど、今でも良好な関係が続いているそうだ。


    最近、不仲が話題になっているのが、フルーツポンチの村上健志と亘健太郎だ。

    11月16日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、村上は相方との関係について「昔はヤバいぐらいに仲が悪かった。
    今は落ち着いている」と説明。

    しかし亘によると、村上から以前、「おまえは幸せな家来だと思え」と上から目線で言われたり、コント番組の打ち上げで泣いてしまった際には「泣くほど頑張ってねえぞ」と心ない言葉を吐かれたりするなど、一方的にキツく当たられていたという。

    そうした村上の態度は一向にあらたまらないようで、この日も村上は「ネタを書いていないやつほど泣くんですよ~」と亘に毒を吐き、出演者たちのヒンシュクを買っていた。

    村上は否定しているが、周りから見ればこれは明らかに“不仲”確定だろう。


    o


    ■アンタッチャブルは見事に復活

    同番組には、アンタッチャブルの柴田英嗣も出演。

    女性トラブルが原因で2010年2月から1年間にわたり芸能活動を休んで以降、相方の山崎弘也との共演がなかったことから、“共演NG”が疑われていた。

    しかし柴田は「みんな、本当に勘違いしている。
    うちは本当に仲がいいんですって!」と、その噂を否定。

    それを証明するかのように、11月29日放送の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)で約10年ぶりにコンビでのテレビ出演が実現。

    さらに、2人は12月8日放送の『THE MANZAI 2019マスターズ』(同局系)で新作漫才を披露し、ファンを喜ばせていた。


    実際に仲が悪いお笑いコンビもいるようだが、できればファンのためにも、楽しく共演する姿を見せてほしいところだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/2125793/

    所長見解:そうなるよね・・・
    【【悲惨】不仲すぎる「お笑いコンビ」がコチラwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ