ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    芸人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マジで見てない

    k

    所長見解:そやね・・・



    【【あの人は今】野性爆弾くっきーさん、急に消えた説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    きんにくん、掘られていなかった   「掘られてる風の写真を撮ったらウケると思った」


    no title


    no title

    no title

    所長見解:そうなんか・・・

    【【朗報】なかやまきんに君、掘られていなかった模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    明石家さんまが“ハートブレイク”により、近く「完全引退宣言」を出すのではないかと評判だ。

    今やお笑い界の〝老害〟とされ、若い層から「キモじじい」とまで呼ばれる大御所。

    一体どうしたというのだろうか…。


    s


    「去る9月、お堅いニュースサイトにまで取り上げられ、『教養がない』などと酷評されました。
    時代を読めないセクハラ芸に呆れたといった内容です。
    また、同じく9月に女優の石田ゆり子と17年ぶりに共演した際、『なぜ結婚しないの?』と明らかな禁句発言。
    言ってもいいことと悪いことの区別もつかないようでから、引退すべきなどの声が上がるのも仕方ないのかもしれません」(芸能ライター)


    実は〝引退宣言〟自体、過去にさんま本人がしたものだ。

    57、8歳のときに「60歳で引退する」と複数回、テレビで発言。

    〝公約〟のようになっていた。

    しかし、いまだ引退せず。


    「すでに資産は100億円以上あるといわれています。
    中居正広が『3ケタ(100億円)あるの、芸能界でさんまさんだけじゃない』と言っていました。
    中居は以前、さんまから『オレ、木村(拓哉)派やから』と面と向かって言われ、さんまのことが大嫌い。
    中居もワザとバラしたのでしょう」(テレビ誌記者)



    いまだに諦めきれない?

    決定的だったのは、先ごろ〝カトパン〟こと加藤綾子と『EXILE』グループのNAOTOとの交際が報道されたこと。

    直後に放送されたラジオ番組『ヤングタウン土曜日』で、さんまはNAOTOについて「ものすごいええやつ」と絶賛したのだが、これが物議の的となった。


    「さんまはNAOTOには会ったことはないんです。
    バラエティー番組のワイプで顔を見た程度だそうです。
    会っていないのに『エエやっちゃ』と言ってのけるですから、ほとんどボケ老人でしょう」(同・記者)


    カトパンとは10年以上もテレビ番組で共演しながら、彼女に交際相手がいることも知らなかったのが実状。


    「さんまは週刊誌が出る直前にカトパンから連絡が来たと語っていますが、違うでしょう。交際の情報が流れ、さんまがシットで怒って連絡したら、交際を告白したのが正解に近い」(同)


    何しろ、さんまはカトパンにゾッコンだ。

    以前、テレビで「抱きたい」などとセクハラ発言をしてアピールしたものの、ハッキリ〝お断り〟されたことが一部の芸能サイトで報じられている。


    「さんまはラジオで『結び付くキッカケが分からん』などと、ポロッと言っています。
    まだ諦めきれないのでしょう。
    もう引退して番組共演をやめ、一切会わないのが賢明ですよ」(同)


    老害どころか〝老醜〟だ。


    http://dailynewsonline.jp/article/2033839/

    所長見解:この言われよう・・・


    【【悲報】明石家さんま、引退を決意した模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの渡辺満里奈さんの夫で、お笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤さんが、うつ病のため休養に入って2カ月。

    AERA 2019年10月14日号では、そばで見守る渡辺さんに独占インタビュー。

    発症後の心境を初めてメディアに明かした。


    n



    ――タレントの渡辺満里奈さん(48)の夫・名倉潤さん(50)は2018年6月に受けた頸椎椎間板ヘルニアの手術後、「侵襲によるストレス」が要因でうつ病を発症。

    渡辺さんは名倉さんの異変に早くから気付いていたという。

     
    手術のあと、明らかに様子が違うなと感じていました。

    本人は痛みもあったかもしれませんが、極度の不安を抱えていたと思います。

    感情の起伏や表情の変化が乏しくなり、ものすごく疲れているなと感じるときや、少し怒りっぽくなったなと感じるときもありました。

    見ていてすごくつらかったです。


    ――睡眠障害が続いた名倉さんは、主治医の紹介で心療内科を受診。

    このとき処方された睡眠剤が名倉さんに合っていない、と渡辺さんは感じたという。

     
    症状が改善しているとは全く思えませんでした。

    いつもぼーっと注意散漫になって、覇気や生気がなくなりました。

    これはまずいなって。

    もともと神経質で、こうじゃなきゃいけないって思っている人なのに、そうじゃなくなっていた。

    このまま服用を続けたら廃人になっちゃうかもって、心配になったんです。


    ――名倉さんは子どもの頃、散歩の途中でリードを離したすきに犬が走り出し、車にひかれる場面を眼前で目撃したトラウマがある。

    このため、今飼っている犬を散歩させるときも、絶対にリードを離してはいけない、と子どもたちに強く言い聞かせていた。

    そんな名倉さんが薬の服用後は、散歩中に犬の便を処理する際、リードをポトリと地面に落とすようになった。

     
    渡辺さんは別の医師にかかることを決意する。

    脳の血流でうつ症状を調べる医師を探した。

    診断の基準を明確に示してほしかったからだ。

    受診に付き添い、名倉さんの普段の様子を詳細に伝え、できる限り薬に頼らない治療を求めたという。

    本人は不安で眠れないから、もっと強い睡眠剤がほしいと言うんです。

    いやいや違うよって。

    この薬を飲んだとき、こんなおかしな状態になっているということを、一番身近で観察している家族が言わないと医師にも伝わらない。

    私のやり方は乱暴だったかもしれませんが、そういう形で受診にコミットしました。

    彼に関しては私が主治医になりたいぐらい(笑)。

    一番近くにいる人がよく見て、変化に気付いてあげるのが、初期段階では大切なのかなと思います。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191008-00000046-sasahi-life 


    所長見解:どうなんやろ・・・
    【【うつ病】名倉潤さんの現在がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    次長課長の河本準一が、10月4日、5日の両日にかけ更新したブログで、丸坊主にしたことを明かしたのだが、これに冷ややかな声が相次いでいる。

     
    河本はまず4日に、〈あたし、河本準一 少しだけ変化します お昼の13:30頃には変化してます〉と予告し、13時30分過ぎに更新したブログで、〈あたし、少し変わりました〉と、みごとなまでの坊主頭を披露。

     
    さらに5日にもふたたび坊主頭の正面顔の写真をアップしつつ、〈この坊主 河本準一を最大限に生かすことの出来る 監督!!  オファーくれ!!〉〈履歴書に送る写真貼り付けときます!! 最初に来た人とやります なんじゃこの内容!!〉としているのだが、ネット上では〈まさか本気で映画に出たいと思ってる?〉〈芸人なんだから芸磨けよ〉など、辛辣な声が相次いだのだ。


    「河本は9月にも、電車内で高齢の女性が優先席付近に立っていたにもかかわらず、中年サラリーマンが席を譲らずにスマホのゲームを始めた光景を目にしたことをブログで報告し、《キレてる。いや、絶対許さん》《お前じゃ!代わるんわ!お前じゃ!》と、いたってまっとうな意見を綴ったのですが、《お前が言うな!》状態となっています。
    今回も、《坊主頭になったところで許されはしない》とした指摘が見られ、やはり、いまだにあの“ナマポ”騒動が残っているようです」(夕刊紙記者)


    k

     
    河本は過去、自身に十分な収入があるにもかかわらず、母親が生活保護を15年間受給していたことが発覚。

    河本がそれを促していたことが報じられ、総スカンを食らった。

    「しかし、それは7年前のこと。
    河本は不正受給分を返還し、反省の意味でボランティア活動に励みましたが、現在も世間の目は冷たく、テレビの仕事は激減のままです。
    こうした経緯は、結果的に社会の常識を逸脱した行為をし、今も謹慎状態でボランティア活動を続ける宮迫博之とも、状況が似ています。
    河本の置かれた厳しい立ち位置と同時に、宮迫の完全復帰への難しさも感じさせますね」(芸能記者)

     
    どちらも売れていた時の「油断」が、ここまで芸能生活を変えてしまうとは思ってもみなかっただろう。


    https://www.asagei.com/excerpt/134923

    所長見解:もうな・・・

    【【ナマポ】河本準一氏、あの騒動から7年経過した結果www】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ