ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    芸人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    あのベテラン女芸人の悪評が鳴りやまない――。

    昨年後半頃から、人気お笑いタレント・友近によるマネージャーへのパワハラ疑惑が相次いで報じられている。

    たとえば昨年12月23日付「FRIDAY DIGITAL」記事によれば、事態を問題視した所属事務所の吉本興業は友近に対し、パワハラをやめなければ専属エージェント契約に切り替え、営業やマネージャーの雇用を友近自身が行うかたちにすると通告したという。

    いったい友近と吉本の間で、何が起きているのか。

    「過去10年間で20人ほどマネージャーが交代したという報道も出ていますが、概ね事実です。
    私が知っているだけでも、友近のキツイ言動が原因で精神的ダメージを負って会社を辞めた人間は、3人はいます。
    吉本としては、稼ぎ頭のひとりでもある友近には事務所に残ってほしいという思いがある一方で、せっかくお金と時間をかけて採用・教育した社員を次々と友近に“潰される”のも困る。
    そのため、もう『少し態度を改めてくれないか』と友近にお願いしているものの、友近は『私は悪くない』という考えで、平行線のままという状況です」(吉本関係者)


    では、友近の言動は実際にパワハラといえるものなのだろうか。

    「友近が指示したことを、彼女が100%満足できるかたちでマネージャーがやっていなかったり、マネージャーを介してテレビ番組のスタッフ側とやりとりしていたものの行き違いが生じたり、というありがちなミスを、友近は許せない。
    友近の舞台に花を出したり、贈り物か何かを送ってくれたタレントの名前を、直近の仕事でそのタレントと共演するにもかかわらず友近に伝えなかったことに怒る、というケースもあります。

    意外に思われるかもしれませんが、実は吉本の芸人はかなりの大御所でも、マネージャーに対して日常的にきつく怒ったりするような人は少なく、ミスしても『何してんねん』でおしまいという場合が多い。
    ましてやパワハラでマネージャーが交代するというケースは、友近以外では聞いたことがありません。

    友近は、細かいミスに対しても一つひとつ執拗に叱り、説教をして、ときにはそのマネージャーの上司に直接クレームを入れることもあります。
    こういうタイプは女優に多く、最近では多くの人気女優を抱える某老舗芸能事務所でも、そうした境遇に耐えられずに次々と社員が辞めてしまうことが問題になっているほどです。
    その意味では友近は“女優タイプ”といえるでしょう。芸人には珍しいですよ」(吉本関係者)


    h


    時代錯誤の“芸人感”
     
    一方、友近に理解を示す声も聞かれる。

    「友近は理由がないのに怒るわけではなく、言っていることが間違っているわけではない。
    ただ、若いマネージャーが一回りも、ときに二回り近く年上の友近に、細かいことでもネチネチ怒られれば、精神が参ってしまうのも当然でしょう。
    友近の『芸人は24時間、仕事のことを考えて、朝も夜も働いているんだから、マネージャーもそうすべき』という考え方は理解はできますが、今の世の中では通用しませんよ」(吉本関係者)

     
    では今後、契約解除など吉本側が強硬な姿勢を見せる可能性はあるのだろうか。

    「さすがにそこまで手荒い手段に出るとは考えにくいですが、このままだと本当にマネージャーのなり手がいなくなってしまう。
    “友近のパワハラはキツイ”とマネージャーの間で恐れられているのは事実ですが、マネージャーも会社員なので、会社から“やれ”と言われれば断れない。
    ただ、ここまで問題が表面化すると、社員が“嫌だ”と言っている仕事を無理やり押し付けると、今度は吉本が社員にパワハラをすることになってしまう……。

    やはりエージェント契約みたいなかたちで、友近が自分で付き人というかマネージャー的な人物を雇って、吉本はスケジュール管理や仕事の依頼の窓口だけをするというのが、一番いいのかもしれませんね」(吉本関係者)

     
    友近が改心する日はくるのだろうか。


    https://biz-journal.jp/2020/01/post_137207.html

    所長見解:時代がな・・・
    【【人気女芸人】友近さん、パワハラでマネージャー大量辞任も改心する気なしの模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2019年は、オードリーの春日俊彰、若林正恭、バカリズムなど40代独身芸人の結婚が相次いだ。

    これに続く芸人に注目が集まるのは確かであろう。

    かねてからゴールイン目前と言われるケンドーコバヤシは、間もなく結婚を報じる一部報道を否定している。


    独身芸人の番長格とも言える今田耕司や、それに続くナインティナインの岡村隆史は有名すぎる独身芸人であろう。

    その陰に隠れて目立っていないが、独身芸人キャラがすっかり板に付いているのが有吉弘行である。

    y


    有吉は1974年生まれであり、今年46歳を迎える。

    現在も多くのレギュラー番組を持つ売れっ子芸人である。

    オードリーの春日俊彰の結婚時には、『ぶらサタ・有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系)で共演した際に「おめでとうございます」と祝福を向けるも、「また行っちゃったか」と悔しさをにじませ、馴染みの定食屋のおばちゃんから見合いをすすめられたエピソードも披露された。

    メイプル超合金の安藤なつの結婚時には、「やっと『出荷先』が決まりましたね」と毒舌ユーモアメッセージも話題となった。

    そんな有吉に結婚のイメージがないのは、私生活の素性にも起因していそうだ。


    「有吉は酒好きとして知られています。
    女性のいるキャバクラのような店よりも、後輩芸人を連れ立って安めの店で飲むのが好きなようですね。
    さらに、テレビではそれほど語りませんが、ラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)では、性風俗通いを公言しているほか、リスナーからの『中学生レベル』の下ネタメールも嬉々として読み上げています。
    根がそうしたタイプなのでしょう」(芸能関係者)


    有吉は猿岩石解散後、毒舌あだ名芸で再ブレークを果たすまで、全盛期の貯金を切り崩す生活をしていた。

    その時も芸人にありがちな「女性に食べさせてもらう」といった経験はないようだ。

    元相方の森脇和成が社長に可愛がられるタニマチ気質に対し、有吉には孤高のイメージが伴う。

    「もちろん、彼も全くモテないと言うわけではないのでしょうが、それを表に出すことを良しとしていないのでしょう。
    有吉の毒舌芸の元になった『口の悪さ』は本来のキャラクターに起因するものですから、結婚して良き家庭人となるのは、現在のタレント性を否定することにもつながりかねません」(前出・同)


    芸人にとって、「独身」もひとつのキャラなのは確かだろう。

    有吉の場合、それを捨てるデメリットが大きいと言えそうだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/2159334/

    所長見解:アレやろ・・・
    【【闇深案件】有吉弘行が結婚しない理由は「あの女子アナの件」説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮迫、やっぱり本物のクズだった・・・

    コンビとはいえ、淳がここまで相方の復帰に本気になったのは、ある人間への強い遺恨が原因だという。

    それは、亮と共に‘19年7月に謝罪会見を行った「雨上がり決死隊」宮迫博之だ。


    m


    「宮迫は亮に対し『反社から金をもらっていない』と“ウソをつけ”と言い、さらに吉本が謝罪させてくれないからと勝手に会見を主導して開いた。
    亮は宮迫の言うことに従ったのに、ふたを開けてみれば宮迫だけ明石家さんまさんに泣きついて復帰しようとした。
    これに淳が怒ったようです。
    普通、さんまさんに助けをお願いするなら、巻き込んでしまった亮を先に助けるのが筋でしょう。
    それを自分だけ復帰しようとしたので、淳は独自で亮を助ける計画を立てて動いた。
    淳は宮迫と違い、吉本の幹部に向き合って何度も話をしてきたので、今回のようにスムーズに復帰の道筋を立てることができたんです」(芸能プロ関係者)

    所長見解:そうやね・・・

    【【あの人は今】宮迫博之さん、本物のくず説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「舞台袖から怒鳴り声がして、ただでさえ本番直前でみんな緊張してるのにあの人がマネジャーを罵倒する姿を見てみんな萎縮してしまったんです。
    そんな状況で舞台に上がって笑いが取れるはずもありません。
    若手女芸人にとって数少ない登竜門をつぶされたことを、みんな今でも恨んでますよ」

     
    こう憤るのは、とある若手女芸人。

    2017年、初めて開催された女芸人№1決定戦「THE W」での出来事だ。

    若手があの人と苦虫を噛み潰しているのは、今、マネジャーに対する数々のパワハラ行為を暴露され、窮地に立つ友近のことだ。

    この大会で、友近は舞台に上がる寸前にマネジャーが用意するべき小道具が準備されていないことを知り、激怒。

    1回戦を辞退したのだ。


    t


    ■「虚栄心の塊」

    友近の怒りももっともだが、周囲を萎縮させるほど罵倒するのもどうなのだろうか。

    パワハラ騒動は2年も前から噂になっていたようだ。

    なぜ、友近はこうなってしまったのか。

    芸能関係者が語る。

    「友近さんが一躍有名になったのは、当時恋人だったなだぎ武さんと作った『ビバリーヒルズ高校白書』のパロディー。
    コントは2人で作ったというが、以前からディラン・マッケイの吹き替えモノマネをしており、R―1ぐらんぷりでも優勝して有名だった、なだぎさんのおかげ。
    恋人の友近さんはバーターで有名になったというのが世間の見方だった。
    これがプライドの高い友近さんは許せなかった。

    なだぎさんと破局し、水谷千重子という大御所歌手設定のキャラをつくったのも、とにかく自分を大きく見せることでバカにしてきた人たちを見返したかったから。
    虚栄心の塊みたいな人で、スタッフ受けも最悪ですよ」

     
    次々とマネジャーは逃げ出し「裸の女王サマ」となってしまった友近。

    このままではテレビから干される日も遠くない。


    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/267486 

    所長見解:そうなんやね・・・

    【【パワハラ騒動】人気女芸人・友近がテレビから消える模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年末、お笑いコンビ「FUJIWARA」のフジモンこと藤本敏史とタレントの木下優樹菜が離婚を発表した。

    7歳と4歳の2人の女児の親権は木下が持つという。

     
    木下は昨年、姉が勤めていたタピオカ店経営者への“恫喝ダイレクトメール騒動”を受けて芸能活動自粛に入っており、藤本が関係各所に頭を下げて回り“献身的な夫ぶり”をみせていたとも報じられていただけに、世間に驚きを与えた。

    一方、すでに1年ほど前から別居(所属事務所は否定)していたなかでタピオカ騒動が離婚の決定打になったという報道も出ているが、詳細な理由や経緯などは明らかにされていない。


    「そもそも2人の結婚は、結婚願望が強かった木下のほうが強く望んだものだった。
    むしろ9年もよく続いたという印象」(木下を知る芸能事務所関係者)


    y

     
    2人はテレビ番組『クイズ!ヘキサゴン2』(フジテレビ系)などでの共演を経て、2010年に結婚。

    木下は藤本との熱愛を報じられる直前に、同番組の共演者だった上地雄輔とも熱愛が報じられ、本人たちがきっぱり否定したこともあった。


    「上地は当時、これから仕事に集中して地位を築いていかなければならない時期でしたし、オバカキャラを前面に出すもののイケメン俳優でもあり、女性ファンも多く、とても結婚を考えられるような状況ではなかった。
    そもそも上地さんは横須賀のお坊っちゃんですし、葛飾の元ヤンキーだった優樹菜とはどう考えても不釣り合いでしょう。

    一方の優樹菜は『若いママになりたい』ととにかく結婚願望が強かった。
    そういうタイミングでフジモンさんから声がかかり、徐々にフジモンさんになびいていったという印象です」(当時を知る関係者)

     
    結婚後、木下はバラエティ番組などでも夫婦間の収入格差や藤本への不満をあけすけに語ることも多かったが、あくまで“ネタ”として笑い流されてきた。


    「優樹菜は人前でも、平気でフジモンさんを馬鹿にするような態度を取ることは普通で、温厚なフジモンさんも優樹菜を注意することもありました。
    喧嘩の際にお互いに離婚届を持ち出したことも何度もあると優樹菜がテレビで話していますが、さすがのフジモンさんでも堪忍袋の緒が切れることもあったようです。
    今回のタピオカ騒動で、フジモンさんのほうが立場が上になったことも、優樹菜からしたら気に入らなかったのでしょう。
    子どもの親権は優樹菜が持つといいますが、正直、親しい人は心配していますよ」(前述と同じ木下を知る芸能事務所関係者)



    藤本は離婚発表に際し、「これから夫婦という形でなくなっても、子育てにおきましては父親、母親として二人で協力してしっかり責任を果たしていきたいと考えております」とコメントしているが、藤本が所属する吉本興業関係者はいう。

    「最後まで藤本さんが大人になって、優樹菜さんのワガママを受け入れたんです。
    子煩悩な藤本さんは、本当は親権だって渡したくない。
    でも、離婚後も同じマンション内の別々の住戸に住むので、生活環境はそれほど大きくは変わりません。
    離婚調停などになって争うより、優樹菜さんの思い通りにしてあげた上で近くで見守るというのが、藤本さんの選択だったようです。
    藤本さんらしいといえばそれまでですが、タピオカ騒動で自分の仕事にも影響が出ているにもかかわらず、そこまで譲歩するとは」


    “おしどり夫婦”の幕切れは、あっけないものとなった。


    https://biz-journal.jp/2020/01/post_136271_2.html

    所長見解:もうね・・・
    【【これはすごい】木下優樹菜の人間性がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ