芸人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「世間の常識」に異議あり――。

    「ウィズコロナ」の新しい日常を考えていくヒントがちりばめられた、爆笑問題・太田光氏の書籍『違和感』から一部を抜粋・再構成し、太田氏のメッセージをお届けします。


    ■「売れる」芸人を見極められるのか

    なにをもって才能と呼ぶのか。

    この手のテーマは、ひどく難しい。

    たとえば、田中のことを「この世界で30年以上のキャリアがあって、あれだけ変わらないのも才能」と言う人がいる。

    それを才能と呼びたきゃ呼べばいいけど、俺に言わせりゃ、そんなものは詭弁だから(笑)。

    出会ってから今日まで、田中に才能があるだなんて一度も思ったことがない。

    じゃあなぜ、才能について語るのが難しいのかと考えると、結局、わからないからだと思う。

    才能を「売れる」という言葉に置き換えてみてもそうで、この世界は、誰がいつ売れるかだなんて誰にもわからない。

    t

     
    ピコ太郎がいい例だ。

    『ボキャブラ天国』という番組で一緒にやっていた頃は、底ぬけAIR-LINEというお笑いトリオだったんだけど、その後、古坂大魔王の名でピン芸人として活動していく。

    そんな古坂を、くりぃむしちゅーの上田や俺は「あいつが売れないなんておかしい」とずっと言い続けていた。

    でも、売れない。

    どこに行ってもなにをやっても売れやしない。

     
    そんな古坂大魔王を見かねて、どうにかしたいと思った上田は、さんまさんに売り込みまでする。

    ところがその時に「古坂という日本一おもしろいやつがいるんですよ」と言っちゃったもんだから、さんまさんが「日本一」という言葉に食いついちゃう。

     
    「俺よりおもろいんか?」と言われた上田は「あ、違います。日本2位です」と慌てて訂正したっていうね(笑)。

    そんな感じで苦労していた古坂大魔王なのに、ジャスティン・ビーバーが、ひとことつぶやいただけで大ブレイクしたのだから、この世界の売れる・売れないは本当にわからない。

     
    小島よしおが売れた時もそうだった。

    うちの事務所は『タイタンライブ』というお笑いライブを2カ月に1回やっているんだけど、その舞台には、日本エレキテル連合などのタイタン所属のメンバー以外に他事務所の芸人にも出演してもらっている。

    他事務所で若手芸人の場合は、わざわざネタ見せに来てくれて、うちの作家や『タモリ倶楽部』などの放送作家である高橋洋二さんが「おもしろい!」と感じたら出演してもらうんだけど、ある時、ブレイク前の小島よしおがネタ見せに来てくれたことがあった。

    そのネタ見せでの小島くんは合格しなかったんだけど、次の月には大ブレイクしていたから。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/c20ecabe6aa01146e59a4824322a0d38864aa8ed

    所長見解:せやな・・・
    【【衝撃告白】太田光さんがM-1審査員を断る理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    オリエンタルラジオ・中田敦彦が、10月12日配信の自身のYouTubeチャンネルの動画『中田が働きすぎない生き方宣言』で、短時間労働への思いを語った。


    n


    コンビでのチャンネルを含め、現在YouTubeチャンネルを4つ運営している中田。

    そのうち個人チャンネル3つは、ほぼ毎日投稿している。

     
    中田は「これからのスーパースター、働かない。
    サスティナブル(持続可能)に働く」と持論を披露。

    ほかの芸人に向けて「ゴールデンにレギュラー何本持ってる、これが偉い時代は終わる」とコメント。

     
    今後については「週に4本だけアップロードします」と大幅な更新頻度の低下を宣言。

    中田の計算では週2日労働、週休5日になり、収録がある日の1日の労働時間は最大4時間程度になるという。

     
    もう一つの収入源であるオンラインサロンのミーティングについては「友達としゃべってる感覚」と明かし、仕事の時間には含まないという。

     
    中田は「これからのトレンドは働かない。
    YouTubeとオンラインサロンだけで食ってくっていう宣言」とビジョンを提示。

    そのほかの仕事について「テレビもラジオもやりません。
    ゲストでも出ません。
    取材も受けません」と言い切っていた。

     
    YouTubeチャンネル『中田敦彦のYouTube大学』は、チャンネル登録者数300万人を誇る。

    彼にしかできない生き方を追求しようとしている。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/03fa55d2fdb94c03a1ced76e40eb81104797bf04

    所長見解:せやな・・・
    【【衝撃宣言】オリラジ・中田敦彦氏「週休5日、1日最大4時間労働」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大人気バラエティー番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の常連企画でありながら、
    視聴者から「わざとらしい」「誇張している」との批判が絶えない「踊りたくない芸人」。

    10月6日に放送された3時間SPでも、またもや同様の批判を浴びてしまった。


    同日出演したのは、千原ジュニア、陣内智則、『千鳥』大悟といった同企画常連から、こちらも「わざとやっている」との批判が絶えない「運動神経悪い芸人」の『ナイツ』塙宣之、『麒麟』川島明など9名。

    まずは以前の放送でもやっていたダンスの基本ステップが披露され、各自の成長具合がチェックされる。

    ほとんどのメンバーはダンスとは思えない動きであり、塙は最後のステップで小島よしおの「そんなの関係ねぇ」のような動作を披露。

    新メンバー『すゑひろがりず』三島達矢にいたっては暴れ狂うかのようで、スタッフからも「笑かそうとは思ってない?」と指摘された。

    その後も一同は『NiziU』の「なわとびダンス」や『PERFECT HUMAN』などの人気楽曲を踊っていくのだが、足踏みをするだけのステップがままならないメンバーもチラホラ。

    特に、初登場で本当にダンス経験がない「運動神経悪い芸人」の2人は、より劣っている印象だ。

    t

    視聴者興ざめのわざとらしさ

    三島のダンスはさらに輪をかけて酷く、初登場ということもあってか、もはや爪痕を残すためわざと誇張しているのかと思えるほど。

    笑いのため「やりにいってる」感が漂う中でも突出しており、SNSには


    《やりにいってて、わざとらしくて見る気にならない》

    《陣内って昔フジモンとかと普通にモー娘カバーとかしてなかった? わざと踊れなくしてる?》

    《わざとらしすぎて笑えなくなった》

    《踊りたくない芸人と運動神経悪い芸人は、ここ最近はわざとらしさを感じて笑えなくなってきてしまった》

    《運動神経悪い芸人に続いて、踊りたくない芸人もわざとじゃないの?って思っちゃう動作多いんだよなぁ》

    《運動神経悪い芸人とか、踊りたくない芸人とか、わざとらしい企画もう面白くないからいらんねん》


    など、冷めた感想が続出していった。


    ラストでは、次回も開催することをニオわせていた同放送。

    しかし、毎回のようにツッコまれている現状では、どんな感想があがるか今から目に見えている。

    敏腕プロデューサーの手腕に期待だ。


    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-821647/

    所長見解:まあな・・・


    【【悲報】『アメトーーク!』ヤラセ疑惑ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    コロナ失業や収入減により、ローンの支払いに困窮する人がかつてないほど増えている。

    マイホームの差し押さえに自己破産……。

    ローン返済が滞れば、これまでの日常は瞬く間に崩れ去る。

    新型コロナによって顕在化した「ローン破綻の落とし穴」はどこか? 

    6000万円の住宅ローンで破綻寸前というスリムクラブ内間を緊急取材。


    闇営業騒動に続き、コロナ禍で収入が激減……
     
    ’10年、M-1グランプリ準優勝で一気に人気芸人の仲間入りを果たしたスリムクラブの内間政成。

    しかし、彼は今、住宅ローン破綻寸前の状態に陥っている。

    「’13年、番組の企画で中古戸建てを買ったんです。
    頭金なしで6000万円の35年ローンを組み、月の返済額は20万円。
    完全に“勢い”でしたが、その頃は稼げていましたし、その後順調に返せてもいました。
    しかし、昨年の闇営業騒動での自粛から完全に苦しくなって……。
    さらに今年はコロナでイベントや舞台の仕事が壊滅。
    自粛以降、収入が返済額に満たないこともザラにあります」


    月20万円の返済のため妻はパートを始めました
     
    専業主婦だった奥さんもパートを始めたが、それでも足りない分は所属事務所から借金をしてローンを返済する日々を送る。

    「僕のルーズな性格上、一度延滞してしまうとズルズルと支払いが滞り続けてしまいそうなんで、今は復活を目指して意地になって返済しています。
    売却を考えたこともありますが、実は購入当初から『基礎のネジ穴が6個あるのに2個しか締められてなかった』『床の断熱材が少なすぎて冬は底冷えする』など、欠陥住宅をネタに笑いをとっていたので、“買い手がつかない”と不動産業者にリアルに言われていて……」


    心を入れ替え節約生活
     
    昔から飲み歩きが趣味で、貯金はゼロ。

    足りない飲み代はクレジットカードで補っていた。

    「今まで通帳を見たこともなかった」という彼だが、最近は心を入れ替え節約生活に勤しむ。

    「外に飲みに行くのはやめて、4リットルの業務用ウイスキーを買って宅飲みに。
    働く妻と子供のために毎日自炊もしているんですが、料理の味見で空腹を満たしています。
    そのせいか、自粛中に6kgもやせました。
    それでも不運な状況は続くもので、最近は電化製品がことごとく壊れちゃって。
    先日も洗濯機を買い替えました。
    12回払いのローンですけどね」

     
    先の見えないローン地獄。

    家族のためにも一発逆転の新ネタを生み出し、マイホームを死守してほしいものだ。


    【内間政成】
    沖縄県出身のお笑いコンビ・スリムクラブのツッコミ担当。
    現在は、今年で出場ラストイヤーとなる『M-1グランプリ』にローン返済の夢も懸け全力を注ぐ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c0c504a7b8726e8009d96605c00d617b508082ca


    no title


    所長見解:そらな・・・

    【【破綻へ】スリムクラブ・内間、住宅ローン6000万円が返せない模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    コウメ太夫って何で生き残ってんの?

    劇場で見たけどおぞましい空気だったぞ

    k
    所長見解:たしかに・・・

    【【芸人】小梅太夫が生き残っている理由がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ