芸人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    毎週高視聴率を記録している『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)だが、ここのところ「なぜ好感度が低いの嫌われタレントばかり起用するの?」という疑問が相次いでいるという。

    2月7日放送回では、『NGT48』山口真帆への襲撃事件がいまだに解決されていない中で、同グループの荻野由佳が出演。

    荻野は山口と確執があるとウワサされており、「平気な顔してテレビに出てんじゃねーよ!」「いじめっ子を当たり前のようにテレビに出すその神経、ヤバ過ぎ」などと批判が相次いだ。


    過去にも同番組では、炎上発言が話題になっていた『NGT48』中井りかが出演。

    生活保護の不正受給問題で、現在も嫌われ者である『次長課長』河本準一に至っては、準レギュラーのように出演しまくっている。

    田中義剛も“商品パクリ疑惑”などから北海道民からかなり嫌われているにもかかわらず、河本のように準レギュラー並みに出演。

    田中は青森県民代表として出演しているわけだが、ネット上では

    「こいつが青森県代表として出るのが嫌です。話を盛り過ぎてムカつく」
    「青森県民や北海道民からの田中義剛の嫌われっぷりは異常」
    「青森の裏切り者、田中義剛がまたデカい顔してる」

    と、出演するたびに罵声が飛び交う。

    k


    コストカット重視で好感度は二の次

    「そもそも番組のMCが、セクハラ疑惑のみのもんたと、嫌われ女性タレントの代表格・久本雅美ですからね。
    他の番組に比べてこの番組の視聴者は、好感度を気にしない人が大半なのだと思います。
    そのため、ゲストに嫌われ者が出ることをスタッフが気にせず、こんなキャスティングになっているんですよ」(芸能記者)

    しかし、なぜ狙ったように好感度が低いタレントばかり集まるのだろうか。

    「人気のないタレントは、他の番組に呼ばれていない分、安価で仕事を請け負ってくれます。
    『ケンミンSHOW』は大勢のタレントを呼ぶ番組ですから、1人1人のコストを抑える必要があるため、そのような嫌われ者を多く呼んでいるのではないでしょうか」(同・記者)

    嫌われ者にとっては、ありがたい存在である『ケンミンSHOW』。

    この先のキャスティングもある意味注目だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1691795/

    所長見解:長いね・・・
    【【芸能界の闇】『ケンミンSHOW』に嫌われタレントばかりが出演する理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    独身貴族でドケチ生活を続けてきた売れっ子芸人がついに決断!

    顔を覆い隠すほど大きなマスクをかけ、フードを目深に被るこの怪しげな男性。

    何やら物々しい様子で都内下町の路地を歩くのは、お笑いコンビ『オードリー』の春日俊彰(40)だ。

    本誌が彼の姿を目撃したのは2月1日、早朝のこと。

    通りに現れた春日はそそくさとタクシーに乗り込み、杉並区内の自宅アパートへと帰っていった。

    辺りを警戒する彼の様子からは、誰にも見つかりたくないという雰囲気が漂っているが―

    それもそのはずだろう。

    実はこの日、春日は本命彼女の実家に“極秘お泊まり”していたのだ。


    気になるのは、その相手の女性。

    都内のドッグカフェで働く一般人女性・Kさんである。

    k


    「春日とKさんが出会ったのは5年前。
    後輩を交えた飲み会に彼女が参加したことがキッカケでした。
    そこでLINEを交換した春日は、Kさんに猛アタック。
    忙しい合間を縫って二人で旅行に行ったりするなど、仲を深めていきました。
    ちなみに、春日はKさんと出会った5年前、ラジオで『彼女は25歳』と言っていましたが、あれは周りの目をくらますためのウソ。
    実際のKさんは今年で40歳。
    つまり春日と同い年です。
    二人は昨年あたりから具体的に結婚も考え始めたようで、同じ事務所の芸人仲間の家にも彼女を連れて行き、紹介しているようです」(芸能プロ幹部)


    実は、本誌が春日の姿を捉えたこの日は、Kさんの40歳のバースデーのタイミング。

    この前日、勤め先のドッグカフェでの仕事を終えたKさんはケーキを買って実家に直帰した。

    それから約4時間後に春日がKさんの実家を訪れ、冒頭のようにそのまま一夜を過ごしているのだ。

    Kさんの両親を交えて、誕生日パーティを開いていたのだろう。


    同日、Kさんは自身のSNSで、

    〈今日は。みそじ最後の日。いろいろあった、みそじの日々。よそじは、いろいろと変化する年になりそうだな。緊張してきたっっ〉

    と、結婚を匂わせる言葉を綴っている。

    同じ投稿で春日に誕生日を祝ってもらうことまでほのめかしていたのだ。

    売れっ子芸人とドッグカフェ店員の真剣交際。

    なんとも“イイ話”である。

    春日の所属事務所に取材を申し入れたところ、

    「彼女との関係については、春日のほうが一方的に狙っているオンナとしか聞いていませんが……」

    という回答が返ってきた。


    超がつくほどのドケチ芸人としても知られ、貯金は数億円とも言われる春日。

    独身貴族を謳歌してきた彼も、ついに身を固めそうだ―。

    2月15日発売のFRIDAYでは、複数の写真を掲載、交際の様子や彼女の父親への直撃取材など詳しく報じている。


    FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00010000-friday-ent

    https://amd.c.yimg.jp/im_siggjavDvFVqst.f17sgAngl3Q---x900-y693-q90-exp3h-pril/amd/20190215-00010000-friday-000-1-view.jpg

    所長見解:いいよね・・・

    【【祝報】オードリー春日の結婚相手Kさんがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    関西の人気お笑いコンビ「アキナ」の秋山賢太(35)と、朝日放送(ABC)の塚本麻里衣アナウンサー(31)が結婚したことが13日、分かった。

    今月9日に大阪市内の区役所に婚姻届を提出。

    近く正式に発表される。

    2人は、16年春に同局の帯報道番組「キャスト」(月~金曜、午後4時54分=関西地区)で共演し、友人関係に。

    ともに「お酒好き」で距離を縮め、17年秋に交際へ発展した。

    以来、約1年半の交際を経て、ゴールインとなった。

    k


    勢いある関西の若手実力派芸人と、ABCの「夕方の顔」が愛を実らせた。

    秋山は「仕事をしている姿」にひかれ、塚本アナは「人生で会った人の中で一番優しい」と、互いを語った。

    出会いは16年春。

    塚本アナがキャスターを務める「キャスト」の月曜コーナーを、秋山と相方山名文和(38)による「アキナ」が担当したことだった。

    ロケや番組食事会を機に、同じ兵庫出身で、地元の話題から親交を深めた。

    ともに「お酒好き」で、複数人で飲みに行くようになり、17年秋に秋山からのアプローチで交際をスタート。

    昨年9月、東京ディズニーシーで秋山が塚本アナにプロポーズした。

    思いをつづった手紙を添えて「結婚して下さい」。

    塚本アナが「はい」と快諾した。

    秋山は、交際から数カ月で結婚を意識したといい「彼女となら、明るく楽しい人生を過ごせる」。

    塚本アナも「優しい気持ちが枯れない人。一緒にいてもずっと(優しさが)新鮮」と、思いを募らせていた。


    塚本アナは、秋山から両家の家族や相方へも「優しさがあふれている」といい「芸人としても人間としても、すごくすてき」と尊敬する。

    実際、秋山はコンビで、MBSテレビの名物番組「せやねん!」(土曜午前9時25分=関西地区)など、関西地区でのテレビ出演は多く、スタッフや共演者にも配慮ができるとして、好感度は高い。

    秋山がプロポーズした時刻も「昼間」。

    塚本アナは「夜にお酒が入って、勢いでの言葉だと思われたくなかったのでしょう」と、ほれ直した。

    互いを「秋ちゃん」「麻里ちゃん」と呼び合い、既に同居している。


    収入が不安定な芸人と、手堅いアナウンサーとの結婚。

    秋山は、塚本アナの仕事にも「大変な職業。良き理解者となり、支えてあげられたら」と理解を示す。

    塚本アナは「(芸人との結婚は)全く思っていなかった」そうだが、おばたのお兄さん、陣内智則を例に「最近の流れに乗れて良かった」とも笑わせた。

    子どもは「2人欲しい」と声をそろえた2人。

    秋山は「キングオブコントで優勝」を目標に掲げ、一家の大黒柱としての自覚も。

    相方の山名は「将来、出産の際には僕も立ち会おうかな」と、深いコンビ愛で祝福した。

    塚本アナは妊娠しておらず、今後も仕事を続ける。

    挙式は未定。


    ◆秋山賢太(あきやま・けんた)
    1983年(昭58)6月24日、兵庫県川辺郡生まれ。
    NSC(吉本総合芸能学院)大阪25期。
    08年に山名文和らとトリオ「ソーセージ」を結成。
    12年から山名とコンビ「アキナ」で活動。得意のコントから漫才まで幅広い芸域。
    15年「第45回NHK上方漫才コンテスト」優勝。
    キングオブコントは3回、M-1グランプリは1回、決勝に進出。
    学生時代はサッカーで地域選抜にも選ばれた。
    170センチ、61キロ。血液型A。

    ◆塚本麻里衣(つかもと・まりえ)
    1987年(昭62)9月28日、兵庫県宝塚市生まれ。
    同志社大卒業。10年4月、朝日放送(ABC)入社。
    同9月から「NEWS ゆう」に気象キャスターとして出演。
    11年10月から夕方報道番組「キャスト」でサブキャスターを務め、18年からキャスターに。
    同2月は平昌五輪リポーター。
    ABCラジオ「よなよな」「日曜は松喬日和」にも出演。趣味は「お酒を飲むこと」。
    血液型B。


    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201902130000597.html

    所長見解:めでたい・・・
    【【朗報】アキナが結婚した模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月3日に放送されたトーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、ケンドーコバヤシと陣内智則とたむらけんじが出演し、若手時代のマジギレエピソードを語った。

    ある日、陣内がケンコバの実家に遊びにいった際、あまりに部屋が散らかっていたため、“ここは外や”と勘違い。

    すると陣内は、ぺッ! と悪気なく部屋に唾を吐いてしまったという。

    これにはケンコバが「何してんねん!」と大激怒し、つっかえ棒をして部屋に閉じ込めたとのこと。

    さらにこの時、季節は真夏であるにもかかわらず、暖房を40度設定にして、ケンコバはそのまま仕事に出かけたのだった。

    数時間後、仕事から帰ってきたケンコバが部屋を開けると、必死の形相の陣内が「殺したる!」と掴みかかってきたそう。

    「本気で死ぬかもしれない」という恐怖を体験した陣内の怒りは爆発し、そのまま階段の上からケンコバを突き落としたという。

    だが、それほどの事件があっても、2人の友情は崩れなかったようだ。

    k


    そんなケンコバといえば、過去にはバイきんぐ・小峠英二にも声を荒らげたことがある。

    バラエティ番組「有田チルドレン」(TBS系)にて、アシスタントの小峠が、ゲストの矢口真里のフリップ芸をツッコミで遮った時のこと。

    前で見ていたケンコバは、「お前な、自分が目立ちたいっていうのは、芸人として大事だけど、お前、今何やってるかって言うたら、番組潰してんのよ! 考えてやれよ! お前も有田さんに気に入られたいとか、誰にだってそれはあるよ。
    でも、お前が矢口っちゃんの立場だったらどうや? そんな入ってこられて。
    今までのアイドルの子たちも一緒よ。
    もう少し喋りたかったのになってあったと思うよ」とマジ説教。

    そして、少しの沈黙の後、「わきまえろよ!」と声を荒らげたのだった。

    これに小峠は、顔面を硬直させながら「すみません」と謝罪。

    とはいえ、番組では、プロレス好きのケンコバが小峠を追い込んで笑いを生み出そうとしていた可能性もある。

    しかし、後日放送された未公開映像にて、小峠は「(耳元を指しながら)いまだにこの辺で『わきまえろ!』っていうのがリフレインしていますよ」と苦笑い。

    ケンコバの説教は、彼の心に強く刻まれたようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1687178/

    所長見解:ネタやん・・・

    【【放送事故】ケンコバがテレビ本番中に小峠に激怒したシーンがコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    先日、関西ローカルのバラエティー番組『マヨなか笑人』(読売テレビ)で、お笑いコンビ『ブラックマヨネーズ』らが「俳優や歌手がボケまくって面倒くさいとき、どうしてる?」をテーマに語り合っていた。

    MCの「ブラマヨ」とゲストの『品川庄司』、『FUJIWARA』、『アンタッチャブル』柴田英嗣が、お互いにテレビの裏側について質問し合って答えるというコーナーで、ブラマヨの吉田敬が出した質問がこれだった。

    吉田が「大変じゃないですか。あんまり冷たくもできへんし」と質問の理由を説明。

    品川祐は「俳優の人ってドラマの現場にツッコミのうまい人いないんですよ。
    だからバラエティーの現場に来て柴田さんとか小杉さんとかみたいにツッコミがうまい人の食らったらうれしくてしょうがないんですよ」と分析した。

    t


    俳優はツッコミに飢えている

    しかし吉田は、スタジオの空気を読まずにボケ続ける俳優・歌手に対し「うるさいなあ!」と言ってしまうときがあるという。

    フジモン(藤本敏史)が「それやったら相手が喜ぶときがある。ツッコまれたみたいな」と指摘すると、吉田は4回目のボケからは「うぅぅ」と小さくうめくと明かした。

    フジモンらが「誰のこと言うてるの?」と吉田に聞くと、吉田の答えはピー音に消されたものの「大物俳優K」のテロップが。

    柴田は対処法として、「いいかげにしろよ、じじい、てめえ」と周りが引ぐらいツッコみ、自分に目が来るようにするそうだが、フジモンは「結局、長くなるねん。そういう人は『俺のボケは面白い』と思ってずっとしょうもないボケをする」と難色を示す。

    「例えば誰?」と質問されると、フジモンの回答はピー音に消されたがテロップで「大物歌手K」と明かされた。

    「『大物俳優K』に関しては、唐沢寿明、香川照之、筧利夫などが当てはまりそうですね。有吉弘行も以前、バラエティーではしゃぐ俳優に苦言を呈していたことがあります」(芸能記者)

    消極的に番組に参加していたら、それはそれで叩かれてしまう俳優陣。

    何だか板挟みでかわいそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1685871/

    所長見解:たしかに・・・

    【【芸人暴露】「ボケが面倒くさい」大物俳優がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ