ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:芸人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃん(41)が22日放送のTBS医療バラエティー番組「名医のTHE太鼓判」(月曜後7・00)に出演。
    番組で受けた脳MRI検査で脳動脈瘤が判明した。

    k


    クロちゃんはこれまで同番組で2型糖尿病であることが判明したほか、慢性腎臓病、肝機能障害などの生活習慣病も発覚し、専門医に食事や運動療法を指導される「教育入院」を行うなど生活改善に取り組んでいた。

    だが、半年ぶりの検査では番組医師団による余命宣告が“余命3年、寿命44歳”という驚きの結果に。
    脳MRI検査で脳動脈瘤が見つかったという。
    脳神経外科の専門医によると、直径7ミリという危険な大きさで破裂すると「くも膜下出血」になる危険があるという。

    5ミリを超えると手術を勧めるが、7ミリを超えると破裂率が飛躍的に上がるという。
    「くも膜下出血」は3分の1の人が突然死、3分の1の人に後遺症が残るというデータがある説明した。
    クロちゃんが「薬を飲めば治るとかじゃないんですか」と質問すると、医師は「手術治療しかない」と答えた。

    別の医師は「脳動脈瘤は偶発的な要素で起きた可能性があるが、脳動脈瘤が見つかった状態で高血糖、高血圧がある人は非常に危ない。明日、あさってに突然死してもおかしくない」と指摘。
    予定していた番組収録後にも医師団はクロちゃんに手術を勧めるほど、現在の状態を危険視していた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/22/kiji/20181022s00041000372000c.html


    所長見解:あれだもんな・・・

    【【享年44歳】クロちゃん(41)、余命3年の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    タレントの上沼恵美子(63)が19日、関西テレビ「怪傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。
    「漫才ネタの寿命がものすごく短い」と話す「ナイツ」塙宣之(40)に対し、持論を語った。

    塙は「ネタ番組でやると、次の番組ではやってない新ネタやってくださいと言われる。
    曲みたいに、この曲やってくださいとはならない」と漫才ネタの寿命の短さに嘆き。
    上沼は「ファンはその歌を聞きたいわけやんか」とネタと曲の違いに触れつつ、「新ネタを作るって大変なことなんよ。わかる」とうなずいた。

    k


    続けて「宇崎さんは作詞も作曲もやられて、創作をやられるけど…」とゲストの宇崎竜童(72)を引き合いに出しつつ、「歌だけ歌う人って楽やな」とチクリ。
    「照明当ててもらって、綺麗な衣装着させてもらって、歌がうまいから歌手になっているだけですやんか。だからあほが多い」と私見を語り、「今の人じゃないですよ。昔の歌だけを歌っていた人、あほばっかり」と切り捨てた。

    若手時代に音楽番組の司会を担当していた上沼は「ピンクレディーがデビューした頃で、あの子たちは賢いですけど、ほとんどが…」としかめっ面。
    「こんなこと言うたらなんやけど、同じ歌ばっかり歌うからよ。本番の20秒前まで化粧してるもん。漫才はそうはいかんで。おしゃべりの商売って難しいな、損やな。評価が低いやん」とし、最後は塙に「歌手になったら?」と語りかけ、笑いを誘っていた。

    https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20181020_0086/


    所長見解:誰のこと・・・

    【【衝撃暴露】上沼恵美子、○○は「あほばっかり」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    明石家さんまが15日、TBSで放送された「1番だけが知っている」に出演。
    60分間の独占インタビューに応じ、ビートたけしに「2人で辞めた方が…」と引退勧告したことを提案したことを明かした。

    タモリとの“お笑いBIG3”のうち、たけしとさんまは「ひょうきん族」(フジテレビ)などを通じて、お笑い会を牽引してきたツートップ。
    たけしについて「同じ兵士、戦友」と表現したさんまは、「たけしさんに言ったことある。同じ2人がずっとやってる業界っておかしいやろ。2人で辞めた方がテレビ界のためじゃないか」と2人一緒の引退を提案したことを明かした。

    お笑い界はたけし、さんまが健在で、ダウンタウンらの系譜が続き、“高齢化”も指摘される。
    さんまは「もう上が抜けないとダメですから」とたけしに自分たちが抜けないと若手が活躍する場を奪ってしまう、という気持ちで“引退勧告”したという。

    st


    しかし、たけしはいつものように「やなこった!」と拒否したという。

    たけしはさんまについて「明石家さんまがテレビの時代で一番ショックだったね。初めて俺、ツッコミに回ろうと思った」と語っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000125-dal-ent


    所長見解:どうなんやろね・・・

    【【ついに】明石家さんま、ビートたけしに引退勧告した結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■4年前に関西へ帰ることも考えていた

    近年、ブレイク芸人として名高い千鳥の大悟(38)とノブ(38)。
    今では全国区の人気を誇るお笑い芸人といっても過言ではないが、ここまでの道のりは決して平たんなものではなかった。

    t


    2000年のデビューから関西圏で着々と実績を積み、3年目にして「M-1グランプリ」決勝に進出。
    関西圏では瞬く間に人気芸人となった。
    2012年、当時11本あった関西のレギュラー番組のほとんどを辞めて東京に進出。
    しかし、全国区のレギュラー番組「ピカルの定理」(フジテレビ系)が打ち切りになり、また彼らいわく「東京の現場では妙に緊張する」といった症状も災いし、鳴かず飛ばず状態に。
    すべてを捨てて東京進出したが、つまずいた彼らの状況は、「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で「帰ろか…千鳥」(2014年9月放送)という企画として特集されたほどだった。

    そんな千鳥だったが、上京して5年ほどで徐々に東京でも頭角を現し、やがてブレイク。
    2月に発売されたカルチャー誌「Quick Japan」で表紙を飾るだけでなく60ページもの特集が組まれたことで、業界では「千鳥が売れた」との認識が決定的となった。
    今ではレギュラー番組を多数抱え、ゴールデン番組でMCを務めることも珍しくなくなってきたが、この状況に2人はまだ満足してない様子だ。
    9月10日に放送された「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)に出演した際、「僕らにはまだ出番が全然回ってこない。
    チュートさん、ブラマヨさん、フットさん、バナナマンさんとか40代もいっぱいいますから」とコメント。
    石橋貴明(56)を前にして、人気芸人が多数ひしめき合う40代の先輩たちに対する脅威と焦燥感を吐露した。

    お笑い業界に詳しい放送作家はこう語る。

    「千鳥は今、『テレビマンが最も仕事をしたいお笑い芸人』と言われ、会議でも必ず名前が上がりますが、まだ成功したといえる冠番組がないため、焦っているのもちょっと頷けますね。
    ただ、抜群のワードセンスや存在感、常にコメントの瞬発力が求められるバラエティー番組での適応力など、他の芸人より頭ひとつもふたつも抜きんでてますから、今後さらにブレイクするのは間違いないでしょう。
    吉本興業サイドも、久々に現れた“第二のダウンタウン”として、猛プッシュしてますよ」

    つづく


    AERA
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181011-00000031-sasahi-ent


    所長見解:ダウンタウンではないな・・・

    【【人気芸人】第二のダウンタウンがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    オリエンタルラジオ中田敦彦の妻でタレントの福田萌が、夫がテレビ業界から“干された”との一部報道についてコメントした。

    f


    中田は今年3月にTBS系「ビビット」、9月に日本テレビ系「ヒルナンデス!」と、次々とレギュラー番組から卒業したが、9日発売の週刊誌「週刊女性」は“干された”説を唱えた。

    同誌が、中田が“干された”原因として挙げたのは、昨年、脳科学者の茂木健一郎氏が「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン」と発言して物議をかもした騒動。

    当時、ダウンタウンの松本人志らは茂木氏を批判したが、中田はブログで「メジャーな先輩方が全員反対派だったので、がっかりしてしまいました」と反発。
    その後、所属事務所の幹部らから松本に謝罪するよう求められていることをラジオ番組で明かすも、「謝らない。僕も覚悟を持ってやってますんで」と語っていた。

    福田は10日更新のツイッターで「夫の中田敦彦がテレビ干されたとお騒がせしていますが」と言及し、「もし仮に彼を干した人物がいるのなら、それは紛れもなく“私”です。
    『ワークライフバランスは!?』『子育て手伝え!!』と言い続けた結果、このようになってしまいました」と、中田の番組卒業は家庭の事情だと説明。
    「そのことについてお詫び申し上げます」とした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15425484/
    日刊スポーツ


    所長見解:どうだか・・・

    【【武勇伝】オリラジ中田の干された原因は妻説。】の続きを読む

    このページのトップヘ