ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:芸人

    Sponsored Link

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    23日放送の「炎の体育会TV」(TBS系)で、オードリー・春日俊彰がエアロビスの大会に出場し、世界的名コーチを激怒させた。

    番組では、競技のエアロビ日本一を目指す春日が、地区予選の全日本エアロビクス大阪大会「男子シングル部門」に出場する様子を放送した。
    全国大会に出場するためには3位以内入賞が絶対条件となる。

    そこで春日は、ブラジル出身の元世界王者・パウロコーチから日本語による指導のもと、3カ月間の猛特訓を重ねてきた。
    パウロコーチはエアロビの世界選手権の初代王者であり、世界王者に5回輝いた実績を持つ。
    また、世界30カ国で指導し、105人を世界王者に輩出している。

    大会本番で、春日は異様な盛り上がりを見せる会場で、持ちギャグを盛り込んだ振り付けを披露。
    演技後、観客席からは大きな歓声が上がった。

    ところが、パウロコーチは浮かない表情で競技後の春日を出迎えた。
    そして春日に「私はコーチとしてプライドあるから」「何で、本番で違うことやってる?」「ふざけるな!」「お客さんは楽しいかもしれないけど、審査員はちゃんと点数出してるから」と激怒。
    結果発表を待たず、会場から出て行ってしまったのだ。

    パウロコーチが激怒した理由は、春日が練習通りにしなかったから。
    盛り上がる観客を前に調子に乗り、登場は19秒以内というルールを忘れ52秒もアピールを続けた。
    さらに、冷静さを失い、細かいミスを連発し、減点となった。

    結局、春日の最終順位は5位で、全国大会への切符を手に入れられなかった。
    スタジオでVTRを見たあき竹城は、春日に謝りに行くよう促す。
    春日は収録後、パウロコーチに謝りに行こうと移動しているところで番組は終了した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13656051/

    no title

    no title


    所長見解:やりすぎだね・・・
    【【放送事故】春日俊彰がエアロビ大会出場も世界的名コーチが激怒ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    鈴木おさむがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「よんぱち 48 hours ~WEEKEND MEISTER~」。

    9月22日(金)の生放送では、お笑いコンビ・次長課長の河本準一さん、井上聡さんが登場しました。

    画俳優・監督のジャッキー・チェンにまつわるマニアックなモノマネをレパートリーに持つ次長課長。
    この日は、最近のジャッキー映画が話題の中心に。
    その後、大御所から怒られた経験に話題が移ると、河本さんが俳優・高橋英樹さんの地雷を踏んだ過去を明かしました。

    k


    鈴木:ふたりともジャッキー・チェン世代ということで、新しい映画「スキップ・トレース」は観に行きましたか?

    井上:僕は初日に行きました。

    鈴木:映画館にどれくらい人いました?

    井上:……正直な話でいいですか? 

    河本:初日でしょ。

    井上:10人くらいでした。

    河本:えぇ……。

    鈴木:そうなのよ。ジャッキーに対して世の中冷たすぎるよね。俺、「あぶない刑事」がすっと好きで、映画はずっと劇場で観ているんだよ。この間の映画「さらば あぶない刑事」とか、プロモーションもうまかったし“今感”があってスゴいヒットしたわけですよ。時代が7周くらいした感じで。ジャッキーもそうなんないかなって。

    井上:ジャッキーは次のやつ(映画「カンフー・ヨガ」)をもう撮っているはずなので。インド映画みたいな。ほぼダンスでしょうね(笑)。

    河本:これは当たるでしょう! 間違いないです。

    井上:予告を観て当たるとは思えなかったです。いいとこ取りの予告なのに僕「あっ……」って思いました。

    鈴木:ジャッキーってプライベートでもいろんなウワサがあるし、たまに目が怖いときあるよね。大御所特有の。

    河本:キレるスイッチは分からなそうです。いつのまにかキレてるみたいな。知らないうちに地雷を踏んでる。

    鈴木:河本くん、やりそうだもんね。

    井上:高橋英樹さんにも1回怒られたもんね。

    鈴木:怒られたんですか?

    河本:堺正章さんと収録中にミニコントをやっていたんですよ。僕と正章さんがきつい言葉でやり取りしているなか、英樹さんが間に座っていたんです。英樹さん、このコントを見たのが初めてらしくて、急にカメラに背を向けて、僕のほうを振り返って「誰に向かって言ってるんだ、この野郎!」って。収録中ですよ!?

    鈴木:それで、どうしたんですか(笑)?

    河本:僕、あわわ、あわわです。みんなには英樹さんの顔見えてないですから。僕にしか見えていない“桃太郎侍”。本当に斬られる直前ですよ。正章さんは後ろでケラケラ笑ってるし。

    鈴木:ははは!

    河本:みんなが「違うんです」って説明してくれたんですけど「そういうことならいいけど、最近のヤツは……」って言い出しちゃって。

    鈴木:大御所あるあるですよ。

    河本:思いっきり地雷踏んじゃいました(笑)。

    TOKYO FM
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13650010/


    所長見解:なかなか許されないよね・・・
    【【生保芸人】次長課長・河本準一、大御所俳優を怒らせた過去ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    終わりの始まりか。
    年末を控え、今年ブレイクしたブルゾンちえみ(27)の賞味期限問題が浮上している。
    ファンの間で「すぐに消えそうだけど大丈夫?」「顔を見るのも今年いっぱいか?」
    などと見納めの可能性に言及する意見が飛ぶなど、同問題に対する関心は高まっていくばかり。
    はたしてブルゾンは、来年も生き残れるのか。

    “With B”の二人と息の合ったキャリアウーマンネタで人気のブルゾン。
    今年の元旦に放送された『ぐるナイ!おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴今年も誰か売れてSP』(日本テレビ系)で脚光を集めて以来、各所で引っ張りダコだ。

    8月には、チャリティー特番『24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~』(日本テレビ系)でマラソンランナーをつとめて90キロを完走。
    ゴールシーンでは瞬間最高視聴率40.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出すなど、同番組に吹き荒れていた“感動の押し売り”批判を一蹴した。

    b


    ■一発屋の恒例行事? ブルゾンちえみの賞味期限問題が浮上

    しかし夏が過ぎると、巷で徐々にブルゾンの一発屋問題が議論され始めるように。
    「一発屋とかのレベルじゃない」
    「長く売れる気がする」
    「芸人として一発屋で終わったとしても、頭の良さと声の良さで仕事は来るだろうな」
    「すぐ消えそうなんだけど大丈夫かなぁ?」
    「顔を見るのも今年いっぱいじゃない?」と賛否両論だ。
     
    また“24時間ランナー消える”説を唱える人も。
    2009年のイモトアヤコ(31)や2013年の大島美幸(37)は健在だが、たしかに2004年の杉田かおる(52)や2008年のエド・はるみ(53)、2010年のはるな愛(45)など存在感が薄くなったタレントも少なくない。

    ブルゾンが今後お笑い芸人として長く生き残るにあたって、一つ課題になりそうなのがアドリブトークの弱さだ。

    今春出演したドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)のPRイベントでは、女子力は何パーセントかという質問で、 桐谷美玲(27)の「30パーセント」や水川あさみ(34)の「33パーセント」と答えて作ったキレイなフリに気づかず、「100パーセント」と発言するチョンボをしでかした時も。

    バラエティでコメントに四苦八苦するシーンも少なくない。
    ファンからも「トークが面白くない」「ネタは好きだけどトーク出来ないしアドリブにも弱いからテレビじゃ生き残れなさそう」と指摘が相次いでいる。そんなブルゾンは、2018年も生き残れるのか。

    「来春の番組改編期が一つのポイントになりそうだ。
    ゴールデン帯のバラエティ番組のレギュラーを1、2本確保して仕事が軌道にのれば、一発屋のイメージから抜け出せるかもしれない。
    単発仕事ばかりだと、新たな一発屋に席を奪われるだろう」(芸能関係者)

    ブルゾンは、一発屋の呪縛から逃げ切ることはできるのか。
    今後の動向に注目だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1355431/
    デイリーニュースオンライン


    所長見解:無理っぽいね・・・
    【【これはヤバい】ブルゾンちえみ、アドリブの弱さが致命的? 懸念される”一発屋の賞味期限”ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    付き合っていると思っていたのは、男のほうだけか。
    勘違いに気付かず、彼氏ヅラしたことがきっかけで、相手の女性から、暴行を受けたと訴えられてしまったのである。
    お笑いコンテストの優勝経験者だというのに、笑うに笑えない? 

    k


    近頃だと、股間をお盆で隠す“丸腰刑事”でブレイク中の「アキラ100%」や、「じゅんいちダビッドソン」が輩出。ピン芸人の登竜門「R-1ぐらんぷり」で、2009年に優勝したのが中山功太(37)だ。

    芸能記者によれば、

    「元々は関西中心に、テレビのレギュラー番組を抱えるほど人気がありました。
    R-1では、現在、大人気のバカリズムを抑えて優勝。
    翌年には東京進出したものの、未だにパッとしない」

    その中山から暴行を受けたと訴えたのは、都内のキャバクラに勤めていた吉川美紀さん(28)=仮名=。
    出会いは今年3月のことだ。

    「お店にお客として来たのです。お笑い芸人とは気が付かず、腰が低くて紳士的。
    1カ月半後にパーティで再会した際も、優しかった」

    翌日の深夜には、中山に誘われ、彼の自宅へ。

    「そこで肉体関係も結びました。
    軽率でしたが、ここまでの彼は優しくつい気を許してしまった。
    ただ、彼からすると、自分の女になったという思い込みが始まったように思います」

    その晩、吉川さんが出勤すると、早速、中山から「好き?」といったラインが多数、送られてきたという。

    「接客中でも、しつこく連絡がくるので、途中、怒ったほど。
    仕事が終わった深夜、電話をすると、“後輩が来ている。
    顔を立てて、来てくれ”と言ってきました。
    ちゃんと話そうと思い、訪ねることにしたんです」

    直後に“好きや”

    部屋に着いたのは、明け方。
    室内には酒の空き缶が並び、後輩芸人2人と打ち合わせを行っていたという。

    「後輩にはカノジョだと言っていたようでした。
    しばらくすると、突然、彼が私に“お前、布団敷け”と言ってきたんです。
    それまでは、美紀ちゃんと呼んでいたのに。
    それで、私が帰ろうとすると揉み合いになり、腕や髪を引っ張り回して、床や壁に叩きつけたのです」

    その場から逃げ帰ったものの、肘や腿などに打撲を負った。
    さらに、翌日から数日間は、中山からの着信やメッセージが多数、携帯電話に入ってきたという。

    「好きだとか声を聴きたいとか。
    連絡しませんと言ってきた直後には、“今でも大好きや”など、ストーカーじみているし、怖くて」

    精神的に追い詰められた吉川さんは、「急性ストレス性障害」と診断され、仕事も出来ない状態となり、弁護士に相談。
    示談を持ちかけたところ、中山が一切否定してきたことから、220万円の損害賠償を請求することに。
    9月1日から東京地裁で裁判も始まったが、さて、中山は何と答えるか。

    「一番の争点が髪を掴むなどの暴行や暴言ですが、ともにございません。
    向うは付き合っているつもりはなかったと途中から言っていますが、初日にシャンプーや
    化粧品を置いて行っています。
    その時点で僕は付き合っていると思っていました。
    メッチャ好きになりましたし、なぜ、こうなったのか、理解できません」

    裁判の行方はともかく、今でも、勘違いに気が付いていないようなのだ。

    「週刊新潮」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170915-00530163-shincho-ent


    所長見解:まだいたんだね・・・
    【【事件】「R-1」覇者・中山功太、暴行で提訴されるってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元お笑いコンビ・オセロの中島知子が、20日放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ タブーに斬りこむ!ヤバイ話 大暴露SP」(よる9時~)に出演する。

    「じっくり聞いタロウ」元モー娘。福田明日香、18年ぶりテレビ出演

    同番組は、ネプチューンの名倉潤、次長課長の河本準一、華原朋美がMCを務め、毎週木曜深夜0時12分から放送中の「じっくり聞いタロウ~スター(秘)近況報告~」の特番。
    前身番組の「くだまき八兵衛」放送開始から7年、初のゴールデン帯での放送が決定した。

    ◆中島知子がサプライズ出演

    今回の2時間SPには、「くだまき八兵衛」の初代MCだった中島がサプライズ出演。
    番組降板から7年を経て、今回の2時間SPに一夜限りのカムバックとなる。

    番組初のゴールデン帯放送を祝福するために、突然スタジオに現れた中島。
    彼女を目にした名倉、河本、華原の反応とは?
    また、TVから姿を消した中島が一体今何をしてどうやって稼いでいるのかを語る。

    このほか、北朝鮮の裏側や「週刊文春」の現役記者がまさかの顔出し出演で、“文春砲”の実態を暴露。
    裏カジノ&大麻製造工場に潜入したジャーナリストなど、盛りだくさんの内容となっている。(modelpress編集部)

    ■水谷豊プロデューサーコメント

    僕は「じっくり聞いタロウ」の前身番組「くだまき八兵衛」の頃からこの番組を担当させてもらっているのですが、最初にこの番組が始まる時にMCだったのが名倉さん、河本さん、中島さんでした。
    3人は仲が良く、名倉さんのトークライブに2人がゲストできていた事をきっかけにこの番組が始まりました。
    しかし、開始早々半年ほどで中島さんが番組を降板。
    それから7年の間、僕も名倉さんも河本さんも一度も会った事がありませんでした。
    そこで今回7年ぶりに中島さんにオファーをかけ、名倉さん河本さんにサプライズドッキリで登場してもらう事を快諾してもらいました。

    サプライズ登場での名倉さんの驚きはハンパないものでした!
    仲が良かっただけに最近何をやって?どうやって稼いでいるのか?などをじっくり聞き出してくれました!
    名倉さん、河本さんの収録後の感想はお二人とも「中島(知子)が大阪のおばちゃんの最強版になってた」でした!
    つまりしゃべりが衰えてないどころが、すごくなっていたという印象なのだと思います!

    http://news.livedoor.com/article/detail/13604381/
    モデルプレス

    no title


    所長見解:もう大丈夫なのかな・・・
    【【洗脳騒動】元オセロ中島知子、降板番組に7年ぶりサプライズ出演ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ