舞台

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の長澤まさみに、容姿の“劣化”がささやかれている。

    8日、長澤まさみが出演する舞台『新感線☆RS「メタルマクベス」disc3』の囲み取材に臨んだ際のことだ。
    胸の谷間も露なメタル風の衣装に身を包んだ長澤まさみの姿に、「誰だかわからないほど劣化している」「太ったか」との声が上がっている。

    「『激太り』や『女子プロレスラー』などの声もありますが、いかつい感じを強調したメイクと衣装のせいだと思いますよ。
    丸顔で背も高く、巨○なので衣装によっては実際以上に太って見えてしまうのでは。
    実際、同時期の別の媒体によるインタビューでの長澤は、いつもと変わらないですからね。もちろん本人にだって、今回の舞台のビジュアルに容貌の劣化が指摘されるであろうことは承知のはず。
    それでも、舞台への熱意がそうした憂慮を上回っているのでしょう」(芸能ライター)

    no title


    とはいえ、長澤まさみもすでに31歳。
    それなりの劣化が始まってもおかしくない年頃。
    これまでも、加齢による容姿の衰えを指摘する声があった。

    https://tocana.jp/2018/11/post_18693_entry.html


    所長見解:いいやん・・・

    【【悲報】長澤まさみ劣化説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の長澤まさみが8日、都内にて行われた新感線☆RS「メタルマクベス」disc3 Produced by TBS(IHIステージアラウンド東京にて11月9日より上演)の囲み取材に出席した。

    胸元がセクシーなメタル風の衣装に身を包んだ長澤は「60公演もあって(こんなに)長いのは初めての経験なので、なんとか無事に走りきりたいです。
    不安ですが、きっとたくさんお客さんが入ったら、気持ちも変わるかなと思っています」と心境を吐露。
    劇中では歌唱も披露するが、浦井健治が「めちゃめちゃ上手いですよ。かっこいいし…」と絶賛すると長澤は「いやいやいや、浦井さんのほうが」と照れながら制し「頑張らないとな、という感じです。歌もお客さんに届くように歌えたら良いな」と笑顔をみせた。

    「広い劇場なのでお客さんと一体になって無事始まると良いなと願っています」と意気込み「宮藤官九郎さんとシェイクスピアの共作を見られるのは最後。本当に今まで見たことがない作品になっていると思います」とアピールした。

    https://mdpr.jp/news/detail/1803521

    no title


    所長見解:あれ?・・・

    【【検証画像】長澤まさみらしき女性「初めての経験」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優・剛力彩芽(26)が10日、自身のインスタグラムを更新。
    舞台「No.9―不滅の旋律―」(11月11日~12月2日、東京・TBS赤坂ACTシアター)で共演する元SMAPの稲垣吾郎(44)との2ショットを公開した。

    「No.9」は稲垣が天才作曲家・ベートーベンの半生を演じて好評を得た作品で、今回が3年ぶりの再演。
    2年ぶり2度目の舞台となる剛力がヒロイン・マリア役を演じる。

    剛力は「ついに始まりました!No.9のお稽古」と報告し、「先日お食事をご一緒させていただいた時に稲垣さんとも写真を撮らせていただきました」と写真をアップ。
    「お芝居では初めて共演させていただきます。稲垣さんは安心感と暖かさでどっしりと構えてくださる方」とつづり、「頼りながらも胸を借りるつもりでしっかり向き合っていきたいと思います。舞台では、マリアとしてベートーヴェンを支えていけるように頑張ります!」と意気込みを示した。

    株式社ZOZOの前澤友作社長(42)との交際が注目されている剛力だが、久しぶりの女優業に

    「舞台頑張ってください!」
    「素晴らしいツーショット!」
    「お仕事の投稿も久々嬉しい」
    「剛力さんのマリア、楽しみにしています!」

    などのコメントが寄せられている。


    スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181010-OHT1T50086.html

    no title


    所長見解:まだやるんだ・・・

    【【ZOZO女優】剛力彩芽、違う男性との密会写真がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    稲垣吾郎(44)の主演舞台「No.9―不滅の旋律―」が11月の東京・TBS赤坂ACTシアターを皮切りに、来年1月14日の福岡・久留米公演までの3カ月のロングランに入る。
    今後、俳優の仕事を中心に芸能活動を続けていくとみられている稲垣にとって、今回は絶対に失敗が許されない大切な公演となる。

    今、その稲垣を不安に陥れているのが、舞台でヒロインを務める剛力彩芽(26)。
    「No.9」は稲垣演じるベートーベンが第九を生み出すまでの苦悩の日々を描く。
    剛力はそのベートーベンを支えるメイド役のマリア・シュタインを演じる。

    3年前の舞台初演では元AKB48の大島優子(29)がマリア役を務めた。
    大島にとっては初舞台だったが、稲垣との呼吸がピッタリだと評判になった。
    ファンは2人の再共演を期待し、主催者も大島サイドに再出演を強く要請していたという。

    ところが今回、マリア役に決まったのは、舞台出演2回目となる剛力。
    発表を聞いた稲垣は愕然としたという。

    「剛力は2年前に明治座での舞台『祇園の姉妹』で檀れいと共演し、芸妓を演じました。
    ただ、無邪気さが前面に出てしまい、芸妓らしい色っぽさを感じさせることができなかった。
    共演者やスタッフをがっかりさせたといいます。
    だから、剛力が稲垣の相手役にふさわしいのか疑問の声が上がっていました。
    おまけに、最近の剛力はプライベートばかり注目されて“女優失格”の烙印を押す演出家もいます」(舞台関係者)

    今年4月、剛力は個人資産5500億円ともいわれるスタートトゥデイ前沢友作社長との交際が明らかになった。
    その後、SNSに前沢社長とのプライベートショットを次々にアップするなど、剛力からは恋愛にのめり込んでいる様子がうかがえる。

    一方、前沢社長は発売中の「文芸春秋」(10月号)でジャーナリストの森功氏に剛力との結婚の予定について聞かれて、〈ないない。彼女はオスカープロモーションに所属している女優さんなので〉と軽く一蹴していた。
    剛力が気の毒になるが、それでも彼女の今の最大の関心事は、いかにして前沢社長の戸籍に“妻”として入り込むかだという。

    稲垣は「No.9―不滅の旋律―」の成功を地上波復帰の足がかりにしようとしていたというが、結婚に目がくらんで女優業に身が入らない剛力によって、将来設計が大幅に狂う恐れが出てきた。
    本当に気の毒なのは稲垣かもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15313490/

    no title


    所長見解:ついにか・・・

    【【悲報】ZOZO前沢社長 剛力との結婚の予定について聞かれて「ないない。」←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    米国留学中の大島優子 本格復帰へ 三浦春馬初の舞台単独主演作で娼婦役

    y


    海外での語学勉強のため昨年8月から芸能活動をセーブしてきた女優の大島優子(29)が、来年1月の舞台で本格復帰する。
    三浦春馬(28)が主演する「罪と罰」。
    3年ぶりの舞台出演となり、一皮むけた大人の優子が見られそうだ。

    大島は昨夏に渡米。
    「30歳までに海外で英語を勉強したい」と、約1年間の留学に向かった。
    所属事務所は大島がどこにいるかなどの詳細を明かしていないが、現在も海外で生活をしている。
    関係者によると、秋に帰国する予定という。

    帰国後に待つのが、ロシアの文豪ドストエフスキーの世界的名作「罪と罰」。
    自身の正義のために人を殺した青年・ラスコーリニコフ(三浦)が、次第に罪の意識や孤独感に苦しみ、最後は自首する物語だ。

    その青年と心を通わせるのが、大島が演じる娼婦(しょうふ)のソーニャ。
    家族の生活のために娼婦になった生き方は、青年に大きな影響を与える。
    演出側は「天使のよう」「小さくてか細い」「傷ついた人を演じることができ、大きく感情表現ができる」などとキャスティングをイメージ。
    この注文に応えられるとして、大島が抜てきされた。

    大島は「芝居をすることからしばらく離れていましたが、この作品に、そしてソーニャへの情熱を傾ける時間に一意専心したい」と意気込んだ。

    一方、主演の三浦は舞台の単独主演は初めて。
    15年の出演舞台「地獄のオルフェウス」で意気投合した、英演出家フィリップ・ブリーン氏と念願の再タッグ。
    大島とは初共演となり「繊細かつパワフルな演技をされる方。どんなやりとりができるか、今からとても楽しみ」と話している。

    来年1月に、東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000005-spnannex-ent


    所長見解:留学してたんだ・・・

    【【あの人は今】大島優子さん、本格復帰の模様・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ