舞台

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優・長澤まさみ(33歳)が、7月14日に放送されたバラエティ番組「火曜サプライズ」(日本テレビ系)に出演。

    「14歳の頃に恋をした」相手について語った。


    m


    映画「MOTHER マザー」で主演を務めた長澤は、共演した阿部サダヲの大ファンで、「今回共演させていただくことが嬉しくて嬉しくて」と話し、「14歳の時に、阿部さんに私は恋をしてます」と告白した。

    長澤によると舞台「天保十二年のシェイクスピア」で“パンクな王子様”の役をしていた阿部が「かっこよすぎてすごい。
    歌って踊って、めちゃくちゃでしたね」と当時を振り返った。


    no title


    https://www.narinari.com/Nd/20200760692.html 

    所長見解:無難やな・・・
    【【衝撃告白】長澤まさみ「14歳の時に恋した」俳優の実名がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「小泉さんは2年近く前から劇場を押さえ、この舞台に熱意を見せていました。
    ずっと『続行すべきか』と悩んでいたのですが、頭金を支払う期日がきたタイミングで泣く泣く中止することにしたそうです……」(舞台関係者)


    最近、政治的発言を行うようになったとして注目されている小泉今日子(54)。

    実は本業でも、大きな方向転換をしていたという。

    今年10月に東京・下北沢の本多劇場で行う予定だった舞台をお蔵入りにすると決めたのだ。

    舞台関係者が続ける。

    「2年前に所属事務所から独立し、株式会社明後日を設立。
    当面の女優業をセーブし、舞台や映画のプロデュース業に打ち込んできました。
    そんな彼女が特に楽しみにしてきたのが、今回の舞台でした。
    原作は、直木賞作家・大島真寿美さんの『ピエタ』。
    9年前の作品ですが、彼女が読売新聞の書評欄でも紹介するほどのお気に入り。
    出演者も自ら口説いて回っていたと聞きました。

    公演は2週間を予定していたそうです。
    本多劇場は客席数が約390席で、チケットは平均7千円ほど。
    1日2公演だとすれば、最大で7千万円以上の売り上げになっていたはずです。
    人気女優の作品ですから売れ残ることはなく、満員御礼になると期待されていました。
    それらが、すべて消えてしまったのです」


    k


    なぜ、それほどの興行を断念することにしたのか。

    そこには、新型コロナウイルスの影響があったようだ。

    「公演を行うためには、多額の費用がかかります。
    劇場代はもちろんのこと、照明などの機材費も必要になってきます。
    さらには、スタッフの人件費や出演者へのギャラも。
    チケット代の半分ほどが、そうした支払いへと消えていくこともあります。
    小泉さんは舞台技術にいろいろな工夫をしようとしていたので、費用は通常以上にかかっていたと思います。

    いっぽう新型コロナへの感染防止対策のため、劇場では客席の間隔を広く開けることが求められることになりました。
    そうなると客席を大幅に減らさなければならず、満員御礼でも赤字になってしまう可能性が出てくるのです。
    だから、彼女も中止せざるを得なかったようです。

    小泉さんはギリギリまで、野田秀樹さん(64)や渡辺えりさん(65)などに相談していたと聞いています。
    特に渡辺さんとは文化芸術復興基金の早期創設を目指すプロジェクト
    『#WeNeedCulture』をともに進め、コロナ禍で苦境に立たされている映画・舞台・ライブなどへの支援を訴えてきましたからね。
    しかし政府は休業要請をしておきながら、まともな補償もしてくれませんでした……」


    それでも彼女は、完全には諦めていないという。

    「周囲には『配信でもやりたい。来年以降に必ずやる!』と言っているそうです。
    もし彼女がクラウドファンディングなどで募集をかければ、すぐに資金は集まるはず。
    この舞台が日の目を見るのも、そう遠くないかもしれません」


    苦渋の決断を下した小泉。

    その悔しさをバネに、早くも次のステージへと向かっているようだ。


    「女性自身」
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1870519/ 


    ▼写真
    https://img.jisin.jp/uploads/2020/06/koizumi_kyoko_1_line_tw.jpg 

    https://img.jisin.jp/uploads/2019/12/furikaeri_koizumi_kyoko2_1_line_tw.jpg 

    所長見解:それでやね・・・
    【【激怒】小泉今日子さん、舞台がお蔵入りで損失7千万円ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優、高畑淳子(64)の長男で2016年8月に強姦致傷容疑で逮捕(不起訴処分)され、芸能活動を休止していた俳優、高畑裕太(25)が16日、東京・下北沢B1で開幕した舞台「さよなら西湖クン」(25日まで)に出演。

    3年ぶりに活動を再開した。

    e

     
    元野球少年の6人の男たちの再会の一夜を描いた青春群像劇。

    客席で母の淳子が見守る中、無精ひげを生やした裕太は、職探しをしている元野球少年の1人を熱演。

    復帰に関してコメントはしなかったが、カーテンコールでは共演者と「ありがとうございました」と深々とおじぎした。

     
    劇場周辺には報道陣約40人が集結。

    午後10時10分ごろ、車の後部座席に乗った裕太は帽子を被り、お辞儀をして会場を後にした。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00000551-sanspo-ent

    ▼画像
    https://www.sanspo.com/geino/images/20190816/geo19081623080022-p1.jpg

    所長見解:なんやろね・・・

    【【あの人は今】高畑裕太さん、華麗に芸能界復帰の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    野球に詳しく、「ぽっちゃり系」グラビアアイドルとしても人気のタレント、磯山さやかさん。

    いつも笑顔で、飾らないキャラクターが愛され、テレビやラジオ、舞台から、故郷・茨城県の宣伝まで幅広く活躍しています。

    今年で36歳になりますが、毎日の健康管理やグラビアアイドルとしての今後、茨城への思いなど、うかがいました。 

    p


    「太りすぎず、やせすぎず」を目指し

    ――「ぽっちゃり系」と言われることに抵抗感は?

    最初はありましたが、一つの個性と思えるようになりました。
    いろんなタレントさんがいるなかで、自分らしさを見つけられて良かったかなと。


    ――意識的に体形をキープしていますか。

    そうですね(笑)。
    太りすぎず、やせすぎず……。
    家系的には太りやすい体質なので、気をつけています。


    ――30代後半です。健康にも気をつけていますか。

    20代のころは何も考えていませんでしたが、30歳以降はかなり意識して、いろいろな検査を受けるようになりました。
    今のところ、悪いところはありません。


    ――昨年は舞台が忙しかったようですね。

    春と夏にありました。
    やっている間は必死でしたが、すごくいい経験になりました。
    そういう仕事があるから、健康にも一層、気を使います。
    舞台は、自分自身の問題だけでなく、たくさんの人が関わるので「迷惑をかけちゃいけない」と思ったり、大先輩と仕事をする緊張感やプレッシャーなど、ストレスもたまりやすいので、注意しています。


    舞台「志村魂」は10年目 体をいたわるのも大切

    ――志村けんさんが座長の舞台「志村魂」出演も長いですね。

    今年で10年目です。
    最初は20代半ばで、疲れを若さでカバーできましたが、今は体をいたわりながらですね。
    志村さんも69歳になり、健康に気を使っていますし、他の男性共演者も40代や50代が多くて、大変だなと思うことも多いです。
    ダチョウ倶楽部のみなさんも元気ですけど、リーダーは散歩、上島さんはストレッチなどして体をいたわっています。
    私も、予防できるものは早いうちから予防しようと思うようになりました。


    ――志村さんとの仕事は勉強になりますか。

    コントの間の大切さを学びました。
    面白い台本でも、少しタイミングがずれると笑いが減るし、同じ台本でも演じる人で笑いの量が全く違います。


    ――グラビアの仕事はどうですか。

    自分だけがやりたいと言っても……。
    今年で36歳になりますが、グラビアができる自分ではいたいです。
    童顔なので、以前は若く見られるのがいやでしたが、今は若く見られるとうれしいですね。40代、50代でも若々しい先輩方もいるので、そんなふうになりたいです。
    今年は、グラビアのためにも、まじめに体づくりに取り組んでいます。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00010000-yomidr-ent

    所長見解:いいよな・・・

    【【ぽっちゃり】磯山さやか「36歳でもグラビアができる自分」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『V6』の三宅健が、自身のラジオ番組『三宅健のラヂオ』(bayfm)内で、先輩・木村拓哉の“差し入れエピソード”を明かした。

    2月22日から歌舞伎俳優の市川海老蔵とともに『六本木歌舞伎-第三弾-「羅生門」』に出演し、3月24日には千秋楽を迎えた三宅。

    翌25日深夜には同ラジオ番組で公演を振り返り、滝沢秀明や「V6」メンバーらが観劇に訪れたことを明かした。

    さらに、公演中には先輩の木村から差し入れがあり、普段三宅が愛用している水を3箱も差し入れてもらったと告白。

    三宅うれしさのあまりすぐにLINEで礼を送ったと明かし、よほど感動したのか「すごいうれしかった!」「だから大事に飲んでるの水を、毎日」と上機嫌で当時を振り返っていった。

    m


    “木村先輩”の計らいに称賛の声

    また、木村はサプライズで水を贈ろうとしていたようで、三宅は「僕知らなかったんだけど…」と差し入れ後に聞かされたという裏話を告白。

    何でも、木村から三宅のマネジャーに「差し入れしたいんだけど、何か好きなものとか喜ばれるものってある?」との連絡が来たそうで、マネジャーは「いつも飲んでるお水があって。
    いいお水なんだけど、それがあると助かります」と答えたのだという。

    知らないうちに好きなものが差し入れされた三宅は大喜びし、木村の粋な計らいは見事大成功。

    ネット上にも、

    《わざわざリクエスト聞くなんて気が利いてるなぁ》
    《ちゃんとリクエストを聞いてから差し入れしてくだる木村さんステキ》
    《カッコつけた行動だけど、結果、気が利いてるから「すごい」って思っちゃう》
    《本人に内緒でリサーチする木村先輩かっけー》
    《そりゃキムタクからサプライズで差し入れされたら大事に飲むよな(笑)》
    《さすが気配りの木村拓哉。人柄の良さが出てる》

    などと木村の心意気を称賛する声が上がっている。

    髪型やファッションだけでなく、人付き合いの上でも“センス”がいいことを感じさせるエピソードであった。

    http://dailynewsonline.jp/article/1753968/

    所長見解:なんかね・・・

    【【ジャニーズ事務所】「気配りの木村拓哉」説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ