ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    自殺

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年12月上旬、東京都内のレンタルスペースに上原多香子の姿があった。

    t


    「1月17日から始まる舞台『昏闇の色』の稽古が行われていたんです。
    脚本と演出を担当するのはコウカズヤさん。
    昨年4月に上原さんの“新恋人”として話題になった人ですね。
    彼女は自転車に乗って差し入れに行ったようです。
    栄養ドリンクなどを持ってきて、若いキャストは上原の突然の訪問に驚いて恐縮していたという話ですよ」(演劇ライター)

    上原が稽古場を出てきたのは3時間後。
    終わるまでずっと見守っていたのだ。
    演出家として多忙な日々を送る彼を、献身的にサポートしているらしい。

    「コウさんはお笑いユニット『超新塾』のメンバーとしてデビューしましたが、舞台の脚本家・演出家に転身。
    昨年、彼が所属する劇団の舞台に上原さんが出演したことをきっかけに意気投合し、交際がスタートしました。
    上原さんがコウさんに惚れ込み、自分から出演を持ちかけたようですね」(スポーツ紙記者)

    上原の夫だったET-KINGのTENNさんは、'14年9月に自ら命を絶った。

    それから2年以上がたち、新しい恋を求めるのは自然なこと。
    ただ、交際が始まった直後にTENNさんの自殺の原因が女性誌に報じられたことが、ふたりにとっては大きな試練となる。

    「TENNさんの弟が発表した彼の遺書に、上原さんが舞台で共演していた俳優の阿部力さんと不倫関係にあったことが記されていました」(同・スポーツ紙記者)

    当時は収入格差を気に病んでいたのではないかといわれていたが、事実はもっと残酷だった。
    阿部も妻帯者で、いわゆるW不倫である。

    「記事には“ふたりの子どもが欲しい”といった生々しいLINEのやりとりやキス写真も掲載されていました。
    TENNさんはすべてを知り、精神的に追い詰められてしまったんでしょう」(同・スポーツ紙記者)

    報道が出てまもなく、上原は芸能活動の無期限休止を発表する。
    コウ氏はもちろん、彼女の不倫については何も知らなかった。

    「記事が出て初めてこのことを知り“どう受け止めていいか悩んだ……”と話していました。かなり衝撃的だったようで、“自分に彼女を支えられるか不安だ”とも周囲に漏らしていたそうです」(コウ氏の知人)

    コウ氏は一部では人気の高い演出家だが、メジャーな存在とはいえない。

    「コウさんの芝居が上演されるのは、多くても100席強程度の小劇場なんです。
    小劇場演劇というのは、自分が理想とする芝居を追求するもの。
    商業演劇とは違い、儲かるものではありません。
    劇団のレッスン料収入もあるみたいなのですが、あまり多くはないでしょう。
    コウさんも演劇をやめるつもりはないそうです」(前出・演劇ライター)

    上原は芸能活動を休止したため、現在は収入ゼロだという。
    事務所は辞めていないものの彼女への出演オファーはなく、女優業への復帰は簡単ではない。
    生活の不安を抱えているはずだが、ふたりは同棲生活を始めている。

    タワーマンションから2LDKの地味物件へ

    「上原さんはこれまで高級タワーマンションに住んでいたんですが、昨年10月末に引き払いました。
    贅沢な生活を続けることは難しいと判断したのでしょう。
    コウさんと一緒に2LDKのマンションに引っ越したんです。
    正直いって、芸能人が住んでいるとは思えないような地味な物件です。
    オートロックもないマンションですからね」(前出・コウ氏の知人)

    同棲を始めたとはいっても、すぐに結婚できる状況ではないようだ。
    上原に向けられる視線は厳しく、再婚が祝福される空気にはなっていない。
    収入面でも不安が残る。

    「コウさんは上原さんについて周囲に、“(自分のことも含めて)ダメな男が好きな女に愛されるってつらいよ”と。
    今後も劇団でやっていくつもりの彼は、生活が安定しないことは覚悟しています。
    “好きで付き合ってはいるけれども、こういう仕事なので正直結婚は難しい”と考えているみたいですね」(劇団関係者)

    (続く)

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14130892/


    所長見解:あれだからね・・・
    【【前途多難】上原多香子、2LDKで同棲開始ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    SPEEDの上原多香子(34)の給料が、それまでの固定給から歩合制になったという。

    u


    上原といえば、2014年に元夫TENNさん(享年35)が自殺し、当初は“悲劇の妻”というイメージだった。
    ところが昨年、上原は俳優・阿部力(35)と不倫関係にあり、それが元夫の自殺の原因ではないかと報じられて一変。
    さらに上原はその阿部ともオサラバし、新恋人とラブラブ状態にあるため、一気にバッシングの嵐が吹き荒れた。
    この騒動で、上原は無期限の芸能活動休止となったが、給料の支払い方法まで変わってしまったという。

    「上原はSPEEDの功労者のため、事務所から月200万円の固定給をもらっていたんです。
    しかし今回の一件で、大きなダメージを被ることになった事務所は、これまで事情説明をしてこなかった上原に対し“解雇”に近い通告をしました。
    上原から『給料はいらないので置いてください』との泣きが入り、歩合制になったようです」(事務所関係者)

    事務所には残れたものの、休業明けのめどはまるで立たず…。
    また、上原のもとには仕事のオファーも届いていないとみられ、事実上、ギャラ0円となっている。
    そのため、以前住んでいた豪華マンションからは引っ越しを余儀なくされたという。

    「現在は新恋人と言われている演出家のコウカズヤ氏と同棲していますが、貯金を切り崩して生活しているようです。
    洋服や趣味などへお金を使わなくなったらしい。
    節約しながら料理や家事を頑張っているそうですが、けっこう生活は苦しいようです。
    本人としては、何とか仕事を再開したいそうですが…」(同)

    国民的グループとして旋風を巻き起こした上原だが、不倫の代償はあまりにも大きい。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14114796/


    所長見解:これは仕方ないよね・・・
    【【ゲス不倫】SPEEDの上原多香子、“不倫休業”「給料はいらないので置いてください」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    現在発売中の「女性自身」(光文社)で、SPEEDの上原多香子(34)が演出家のコウカズヤ氏と同棲中であること報じた。
    上原は12年8月にET-KINGのTENNさんと結婚したが、14年9月にTENNが自殺。
    17年8月、その理由が上原と俳優の阿部力(35)のW不倫だったと「女性セブン」(小学館)にTENNの実弟が告発した。

    しかし阿部との不倫が発覚する少し前の5月、「FRIDAY」(講談社)が上原とコウ氏との熱愛をスクープしていた。
    その時は世間から“夫に自殺されてしまった可哀想な上原”との印象で応援する声が多かったが、8月の報道を受けて世の中は上原を「最低のクズだ!」と叩く流れに。
    「女性自身」によると、報道後、上原は一度コウ氏との同棲を解消したという。

    だが、最近になって再び上原はコウ氏との同棲を始めたそう。
    現在上原は騒動の影響で仕事がなく、事務所には給与ゼロを条件に在籍させてもらっている状況のため、コウ氏の仕事をサポートする生活を続けているそうだ。

    t


    さらに「女性自身」には、TENNの実母からの手紙や、TENNの実弟の言葉が掲載された。それによると、TENNの自殺の真相を伝える記事が世間に出回ってから、上原からTENNの親族へ連絡はこなくなったそう。
    毎月の命日に上原から送られてきていた花も、業者に「受け取れません」と伝えたところ、届かなくなったようだ。

    すると実弟は、上原が今年5月に「新しい人ができました、籍を抜きます」と親族へ報告しに来た際の気持ちを振り返り「彼女の中では自分たち家族との関係はすべて終わりにしたのかな、と。人の縁ってこんなに簡単に切れてしまうものなんやなって」と語っていた。

    上原がいざ献花を送るのを止め、籍を抜くことを報告したら「これ以上、家族だけでは抱えきれない」と自ら週刊誌に自殺の真相をリークし、「薄情だ」と恨みを告白した遺族。
    一方で、実母はTENNの葬儀後に「あの子(=上原)、まだ31才やで? 半年後に別の人と入籍するかもわからんし。それやのにこれあったら足枷やろ」とTENNの遺骨を預かるなど、上原の未来を気遣っていたこともある。
    遺族にとって、上原のことをすべて許せる日は来ないのかもしれない。

     これを受け、ネット上では

    「ちょっと理解できない」
    「日頃ネットで悪口書くの嫌いな私でもコイツだけは許せない」
    「バチ当たれ!」
    「地獄に堕ちろ」
    「阿部ではなく新しい相手ってのも最低」
    「どんだけ図太いんだよ」

    といった上原への非難が続出している。
    本当にW不倫の末の自殺であれば、遺族にとっては許しがたい事実だが、かといって上原はこのまま一生恋人を作ってはいけないのだろうか。
    喪に服し続けることだけが正解ではないはずだ。

    https://news.infoseek.co.jp/article/messy_59220/


    所長見解:大変だねえ・・・
    【【遺族遺恨】上原多香子の同棲報道に非難殺到ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    今年8月、俳優の阿部力とのW不倫が原因で、14年9月に夫でET-KINGのTENNさんが自殺したことが報じられた、SPEEDの上原多香子だが、5月に交際が発覚した演出家のコウカズヤ氏と同棲中であることを、発売中の「女性自身」(光文社)が報じている。

    t


    一部で不倫を報じられた上原だが、8月12日に出演舞台の終演後、報道陣の前に姿を見せた。
    神妙な面持ちで深々と3秒間頭を下げ騒動を謝罪。
    その後、無言で車に乗り込んでいた。

    その後、上原は表舞台から姿を消していたが、同誌によると、コウ氏とは騒動のせいでいったん同棲を解消。
    騒動後も住んでいたタワーマンションから引っ越し、再び同棲をスタートさせたというのだ。

    所属事務所は騒動を受け、解雇を考えていたというが、仕事のオファーもなくなったため、上原から事務所に「当分は給与ゼロで」と申し出たとか。

    そのため、引っ越して倹約。
    来年1月17日から都内で上演の舞台を控え、稽古で忙しいコウ氏をサポートする日々を送っているという。

    「人が亡くなってしまったあまりにもデリケートな問題だけに、今後もしばらく上原に対するオファーはなさそうだ。
    上原はそれなりに貯金はあるはずだが、いつまでもコウ氏の稼ぎに頼りっぱなしというわけにはいかないのでは。
    仕事を再開させるならば、それなりの“みそぎ”を済ませないと厳しいだろう」(芸能記者)

    今年の夏、上原の事務所では、上原のみならず、SPEEDのメンバーである今井絵理子参院議員も不倫疑惑が浮上。

    その後、歌手で女優の西内まりやの事務所社長に対する“ビンタ事件”が発覚。

    事務所にとっては“踏んだり蹴ったり”の1年になってしまったようだ。

    http://wjn.jp/article/detail/2032558/


    所長見解:もう無理でしょ・・・
    【【再婚秒読】新恋人と同棲中の上原多香子ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    亡くなった「SHINee」のジョンヒョンさん“遺書”全文を公開 

    「AERA」2016年2月29日号に登場したSHINeeのメンバー。
    左から、オンユ、ジョンヒョン、キー、ミンホ、テミン。
    撮影の合間には「日本人より日本の名物を食べている」という話で盛り上がった。
    うなぎ、もみじまんじゅう、シラス丼にレモン牛乳の名前も挙...
     
    韓国のみならず日本や東南アジアで人気のアイドルグループ「SHINee」のメインボーカル、ジョンヒョンさんの死が18日夜、伝えられると、各国で衝撃が走った。

    j


    ジョンヒョンさんは、その日の夕方、実の姉に自殺をほのめかすようなメッセージを送っていて、姉はすぐに江南警察署の失踪課に通報。
    ソウル市内の宿所にいることが分かったが、警察が到着した時にはすでに心肺停止の状態だったといわれ、病院に運ばれたが、そのまま息をひきとったと伝えられた。

    翌日19日には、ジョンヒョンさんのラジオ番組のレギュラーメンバーとして共演し、親しかったインディバンドDear Cloudのボーカル、ナインさんがジョンヒョンさんの遺書の全文を自身のインスタグラムに公開し、悲しみはさらに広がっている。

    遺書は、「私は内から故障してしまった。ゆっくりと私を侵食していた憂鬱は、結局、私をのみ込み、私はそれに勝てなかった」という書き出しで始まっていて、精神科の医師のもとを訪ねたと思わせる内容もあった。

    最後は「ただ、お疲れと言ってくれ。これくらいならよくやったと、がんばったと言ってくれ。逝くことに、温かく笑えなくても責めないでほしい。よくやった、本当にがんばった。さようなら」

    と締めくくられている。

    遺書はジョンヒョンさんの家族とも相談し、悩んだ末に公開に踏み切ったと伝えられた。

    韓国では自ら命を絶つ芸能人の悲報が跡を絶たない。

    2010年には、ドラマ『冬のソナタ』で人気だったパク・ヨンハさんが自ら死を選び、日本にも衝撃が走った。

    自死の原因はさまざまだが、韓国は芸能界かぎらず世界的に見ても自殺率が高いことで知られる。

    韓国の全国紙文化部記者は言う。

    「韓国はどんな分野でも競争がとても激しい。
    芸能界は韓流ブームもあって、どんどん新しいスターが輩出されていて、それだけ競争も熾烈。その重圧はすさまじいものがあります。
    また、ネットでの誹謗中傷の書き込みもどんどんエスカレーとしていて、神経の細やかな芸能人は鬱病になる人も多い」

    2008年にデビューし、日本には11年に進出。
    以来、人気アイドルグループとして活躍してきた、グループとは別に作詞・作曲も手がけるアーティストとしても注目を浴びていて、12月初めにはソロコンサートも終えたばかり。
    来年2月にはグループでの日本のコンサートも控えていた。
    「SHINee」は「輝く光を浴びる人」という意味からつけられたというが‥。
    27歳だった。合掌。 

    ※週刊朝日
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171219-00000032-sasahi-ent


    所長見解:ご冥福を祈ります・・・
    【【全文公開】亡くなった「SHINee」のジョンヒョンさん遺書ってよ・・・・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ