自殺

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ZARDやろ

    z


    所長見解:びっくりだった・・・
    【【驚愕仰天】超衝撃だった自殺した有名人ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月5日早朝、大手芸能プロダクション・ジャニーズ事務所の関連会社が入居する渋谷区のビルで、一人の男性が首を吊った姿で発見された。
    亡くなったのはジャニーズの子会社で、デジタルコンテンツの配信事業などを手がけるアートバンクの代表取締役・伊坪寛氏(享年62)。

    その日は奇しくも、ジャニーズにとって記念すべき日だった。

    「これまでインターネット展開に慎重だったジャニーズが、YouTubeにジャニーズJr.の公式チャンネルを開設すると発表した日だったのです。
    伊坪さんがその日に、しかもオフィスで自死を遂げたことには、重要なメッセージが込められているとしか思えません」(伊坪氏の知人)

    実直で温厚、仕事上のトラブルもあったが決して部下のせいにはせず、ひとりで溜め込むタイプだったという伊坪氏。
    遺書には「仕事に疲れました」「逃げるにはこれしかなかった」というような言葉を残していたという。
    事情を知る関係者は、「仕事のことで追い詰められていたのは疑いようもない」と語る。

    ジャニーズ事務所は、伊坪氏の死について、週刊文春の取材に対しこう回答した。

    「伊坪氏には、グループ会社の役員として当グループに多大なる貢献をしていただいておりましたところ、このようなことになり、同氏の尊い命が失われたことは、グループ会社一同、痛惜の念に堪えません。
    責任感の強い伊坪氏がどれほどの悩みを抱えておられたことか、気付くことができなかったことを悔やむばかりです」

    j


    詳細は、3月15日(木)発売の「週刊文春」で報じる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180314-00006555-bunshun-soci


    所長見解:これは・・・
    【【闇深事件】ジャニーズ事務所の子会社社長が首吊り自殺ってよ・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女は死なない
    第17回 「死にたい」という気持ち=室井佑月

    m


    何年か前、息子の友達が家に遊びにきて、ふともらした。

    「死にたいな」って。

    話の流れからウケを狙ってとかではなく、その言葉は、唐突で、でもとても自然に聞こえた。
    夕食を食べ終えたときだった。

    あたしはテーブルを拭きながら平静を装い、

    「それはおばちゃんもしょっちゅう考える」

    と答えた。

    「ほんとの本気でそれしかないと思ったときは、おばちゃんも誘って」

    https://mainichi.jp/articles/20180305/org/00m/070/011000d


    所長見解:ふーん・・・
    【【アベガー】室井佑月「死にたいなってしょっちゅう考える」 ← はいコレwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上原多香子、格安マンションに転居で移動は自転車 恋人は「そっとしておいて」

    さくらと一郎の「昭和枯れすすき」とは異なり、愛する男と一緒ならば、貧しさにも世間の冷たさにも負けないということか。
    自らの不貞が原因で夫を自殺に追いやったとされる元SPEEDの上原多香子(35)。
    以来、芸能活動もままならず、庶民派マンションに転居し、新恋人とともに慎ましく暮らしていた――。

    t


    上原の夫でヒップホップグループ「ET-KING」のボーカル、TENN(享年35)が亡くなったのは、2014年9月のこと。
    告別式では夫の遺影を手にした上原が、涙を浮かべて悲嘆に暮れる未亡人を演じていた。
    だが、昨年夏、自殺の原因が上原の不倫にあったことが、遺族の告白によって表沙汰に。
    悲劇のヒロインから、一転、悪妻になってしまったのである。

    スポーツ紙記者が言う。

    「遺族が告白した時点で、すでに上原は不倫相手とは別れていました。
    しかし、キス写真や不倫相手との間で交わされた“2人の子供作ろうね”といったLINEのやりとりが表に出てしまったことで、世間からバッシングを受け、活動停止状態になってしまったのです」

    夫の死から、約3年しか経たないうちに、新恋人である劇団の演出家・コウカズヤ(40)と同棲をしていたことも、批判の拡大に拍車を掛けた。

    芸能記者の話。

    「上原はSPEED時代の貢献があったため、以前は、仕事をしていなくても、月200万円の給料を貰っていたそうです。
    ところが、騒動の影響で歩合制になった今は、仕事の依頼がないため、事実上、無給の状態にあると言われています」

    >>2以降へ続く

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02090559/ 


    所長見解:だってね・・・
    【【不倫自殺】上原多香子、格安マンション転居で移動は自転車ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    モデルでタレントの小森純が、9日放送のバラエティー番組「NEWSな2人」(TBS系/毎週金曜深夜24:50~)にゲスト出演。
    自殺未遂の過去を告白した。

    同番組は、NEWSの小山慶一郎と加藤シゲアキが、激怒する若者たちのデモ隊と向き合うデモ・バラエティー。
    今回の放送では、自殺未遂を経験した若者たちが自らの体験を語る中、小森も19歳の頃に「付き合っていた彼氏と電話で他愛もない喧嘩になって、その時に『お前なんか死ねよ!』って言われて、『じゃあ死んでやるよ!』っていう気持ちから、そのまま3階から飛び降りた」と衝動的に飛び降り自殺をはかった過去を告白。

    その後は「結局死なずに、植木みたいなところに落ちて足の裏を切った。切り傷で済みました」と大事には至らなかったことを明かした。

    kj


    小森純、ペニオク騒動でも「死を意識しました」

    さらに小森は、2度目の自殺願望が生まれたというペニーオークション詐欺事件についても口を開いた。
    入札しても落札できない仕組みとなっていた“ペニーオークション”サイトの宣伝を、複数の芸能人が行っていると発覚した事件のことで、小森は2011年に数十万の紹介料を受取り、ペニオクを使って家電商品を少額落札したという偽りの内容をブログで宣伝していたことが発覚し、仕事が激減、友人も周りから離れていったという。

    当時、「SNSで誹謗中傷がとにかくすごかった。『消えろ』『死ね』とか」と心無い言葉を浴びせられていたようで、「電話越しで知ってる人に『お前死ねよ』って言われるのとは訳が違う。
    文字で、相手が誰かもわからない人から言われて余計に重かった」と心境を回顧。
    「消えちゃいたい、存在をゼロにしたい、みたいな気持ちはわからなくもない。
    当時は(自分も)そうでした」と自殺志願者の気持ちが理解できると語った。

    そんな小森を救ってくれたのは、夫や家族の存在。
    「私の場合は、消えたい、死にたい、と思った時に、相談できる人が近くにいた。
    それが本当に救い」と感謝した。

    http://mdpr.jp/news/detail/1745843


    所長見解:なんかね・・・
    【【ペニオク】小森純、自殺未遂の過去告白ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ