ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    自殺

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上原多香子、妊娠していた “11月出産予定”情報

    「週刊新潮」10月11日号のインタビューで、略奪愛の末の「再婚の意思」宣言を行ったのは、SPEEDの今井絵理子議員(35)。
    そしてもう一方の“お騒がせ”メンバー、上原多香子(35)はというと、なんと妊娠していたのである。


    夫TENNさんの自死の背景には、妻である上原の不貞があった――。
    女性セブンがこう報じたのは、昨年8月のことだった。
    以降、表舞台から姿を消した上原だったが、すでに不貞の相手とは別の新恋人・コウカズヤ氏と同棲生活を送っていることが明らかとなり、今年7月にはFLASHが左手薬指に指輪をはめた上原の写真を掲載してもいる。

    t
     

    そんな2人について、

    「コウさんは“今年11月に子供が生まれる”と周囲に漏らしています」

    と明かすのは、さる関係者だ。
    そこで本誌が取材をスタートさせたところ、ふっくらとしたお腹の上原の姿が……。


    「私の口からはいえません」

    冒頭に掲載した写真は、9月27日、コウ氏と同棲するマンション近くのスーパーで買い物を終えた上原である。
    キャップにマスクをつけた彼女は、きゅうりや春雨、ヨーグルトを次々と買い物カゴに入れ、足早に店を後にする。
    その翌日には、コウ氏と思われる男性とマンションへ帰る様子も確認できた。

    以下は、インターホン越しの取材の様子である。

    ――上原さんですか。

    「はい」

    ――ご懐妊されたと聞いて伺いました。

    「私の口からはいえません。事務所を通してください……」

    今年2月の本誌の取材に、コウ氏は“本人は批判をされたことで傷ついています”“僕が守ってやらないといけない” と語っていた。
    守るべき新たな命がひとつ、増えるということか。

    週刊新潮WEB取材班

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/10100615/?all=1 


    所長見解:もうね・・・

    【【11月出産】元SPEED・上原多香子、妊娠していたってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年、当時神戸市議だった橋本健氏との不倫疑惑を報じられた今井絵理子参議院議員だが、発売中の「週刊新潮」(新潮社)で橋本氏と交際を続けていることが明らかになった。

    今井は3日、自身のブログを更新し橋本氏との交際宣言。
    「年明けから連絡を取りあっておりました。交際については様々なご批判等あるかと思いますが、それらは全て覚悟しております」と胸中をつづった。

    「自分の息子も橋本氏とうまくやっており再婚を考えているようだ。
    議員としての任期はあと4年。
    この活動ぶりだと二期目は難しいだろうから、議員として収入が安定しているので生活の基盤を整え、いずれ元議員の肩書きでタレント活動を再開させるのでは」(永田町関係者)

    今井議員とともにSPEEDのメンバーとして活躍し、昨年、今井議員とほぼ同時期に言い逃れできない不倫スキャンダルが報じられたのが上原多香子。

    しかし、上原の場合、あまりにも“ゲス不倫”過ぎたことが発覚してしまったのだ。

    k


    「14年9月に夫でET-KINGのTENNさんが自殺した原因が、上原と俳優の阿部力とのW不倫が原因であったことが報じられた。
    おまけに、TENNさんの親族が一部メディアに怒りの告発をしていた。
    その後、上原は舞台の千秋楽に報道陣に謝罪。
    以後、表舞台から姿を消した」(ワイドショー関係者)

    上原は昨年5月、演出家のコウカズヤ氏との交際が発覚。
    現在はまったく仕事がないため、質素な生活を送っていることが報じられていた。

    「事務所としては上原への給与の支払いは止めたが、功労者だけに契約解除することはなさそうだ」(芸能記者)

    一方、上原のお相手の阿部は9月5日に都内で行われた松田翔太と秋元梢の披露宴に出席。
    舞台や映画への出演も決まっており仕事復帰。

    上原は今井議員とも阿部ともすっかり明暗が分かれてしまったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1536188/


    所長見解:これは無理・・・

    【【元SPEED】上原多香子、オファーがない問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「せっかく前向きになってきたのに……」。
    そう残念がるのは球界関係者だ。
    2016年2月に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕され、懲役2年6か月、執行猶予4年の有罪判決を受けた“球界の番長”こと清原和博が、再びドン底に逆戻りだ。

    9月11日、東京・新宿歌舞伎町で警察官から職務質問を受け、そのまま任意の尿検査を行うハメになったのだ。
    社会部記者によると「同時期に記者クラブの間で『清原がヤバイ』『尿検査を受けたようだ』という話が出回り、各社裏取りに動きました」

    21日発売の「フライデー」(講談社)によると、職務質問した警察官は清原の腕に注射痕があったのを見て、〝シャブ再犯〟を疑い、署に連行。
    任意と言いながらも半ば強制的に清原の尿を採取したという。

    しかし結果は「シロ」。
    注射痕は持病の糖尿病治療の際に打っていたインシュリン注射の痕だった。
    当然、納得がいかないのは清原だ。

    「行きつけの店に顔を出すために歌舞伎町にやって来たのに、警官からは『何しに来たんだ?』と、まるでシャブを買いに来たかのような言い方をされたそうです。
    尿検査の結果がシロだったのに、謝罪の言葉もなかったそうです」(社会部記者)

    ブチ切れ寸前の清原だったが、しばらくすると、今度はひどく落ち込みだしたという。

    k


    前出球界関係者の話。

    「薬物依存を断ち切ろうと頑張っているのに、誰も信じてくれない。
    警官からも“またやっている”と疑いの目で見られていることにショックを受けていました。あの落ち込みようは、誰かがそばにいないと危ないレベルです」

    清原は以前からうつ病を患っており、精神安定剤と睡眠薬を常用。
    このところは症状も改善し、7月に自叙伝『告白』を出版し、8月にはテレビ番組で盟友・佐々木主浩氏とのキャッチボール姿を公開したり、夏の甲子園にも足を運んでいたが…。

    「また自分の殻に閉じこもり、『どうせ俺なんか生きていてもしゃあないやろ』と自殺願望を口にしているそうです。
    水面下で進んでいた球界復帰計画もパー。
    本人がそういうことを考えられる精神状態ではないためです」(同)

    清原は「文藝春秋」(2018年9月号)に寄せた独占告白で〈何も考えられず、表に出る気にもならず、頭に浮かぶのはただ「死ぬこと」……。
    (中略)今はスマートフォンでいろんなものを検索できますから、死に方を探してみたり、飛び降り自殺した人の写真を見たり、そういうことを自然としてしまうんです〉と吐露。
    もともと危うい下地があるだけに最悪の事態にならなければいいが……。

    http://dailynewsonline.jp/article/1527617/


    所長見解:メンタル・・・

    【【自殺願望】清原和博氏「生きていてもしゃあないやろ」←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    t


    貴闘力 1カ月前に貴親方に引退勧めるも「俺は弟子を育てるから放っておいて」

    自身はこれまでも貴乃花親方に引退を勧めていたといい、「1人で戦っても(改革に)10年かかって55歳。『もう辞めたらいいんじゃないの』って言っていた。
    1カ月前ぐらいにも「早く辞めたら」って言ったら、『いやいや、俺は相撲の弟子を育てるから放っといてくれ』って言われたんですけどね」と会話の詳細を明かした。

    「(9月場所の)10日目ぐらいから連絡してもつながらない」と最近は連絡が取れていないといい、貴乃花親方の今後については「何も考えてないのでは。死ぬんじゃないかというぐらいの気持ちがあるかもしれない。死なないで欲しい」と語った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15357770/


    所長見解:まじか・・・

    【【貴乃花引退】貴闘力「死ぬんじゃないかな?死なないでほしい」←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    結婚当初から“すぐ子供がほしいから今から禁酒する”と宣言して、その言葉通り、お酒をずっとやめていた。
    でも、ここ最近になって“宅飲みで二日酔いになった”とか“家で飲むとすぐに酔っ払うの”と言っていたから、心配だったんです…」

    吉澤ひとみ(33才)の知人の懸念は、最悪の形で当たったことになる──。

    y


    吉澤が交通事故を起こしたのは、9月6日午前7時頃。
    酒を飲んだ状態で車を運転中に、赤信号を無視して交差点に突っ込み、自転車に乗っていた女性とその近くにいた男性にけがを負わせて逃走。
    吉澤が自ら110番通報したのは、事故から15分後だった。

    「“寝る前に自宅で缶入りの酒を3本飲んだ”と供述しているが、現場でのアルコール検査では酒気帯び運転の基準値の4倍近い“呼気1リットル中に0.58mgのアルコール”が検出されている。
    これは日本酒約3合を飲んだ直後に相当する量です」(捜査関係者)

    吉澤の酒癖の悪さは一部では知られた話だった。

    「アイドル時代から飲み会には積極的に参加するタイプ。
    酒の場が好きなんです。
    一度飲み始めると楽しくなっちゃうのか、“12時には帰る”と言う子を強引に引き止め、“もう一軒だけつきあって”と、朝までハシゴ酒を強要することもよくありました」(前出・吉澤の知人)

    そうした酒癖の悪さを指摘されてきたからこそ、冒頭で知人が明かしたように禁酒に取り組んでいたという。
    だが、その禁は破られた。

    吉澤は2007年に「モーニング娘。」を卒業し、2015年11月に9才年上のIT企業経営者と結婚、2016年7月に長男を出産した。

    以後、子育ての記録をブログなどのSNSで報告しており、辻希美(31才)や藤本美貴(33才)といった、“モー娘。OGママタレ”の仲間入りも間近とみられていた。

    SNSでは《ここ数日、息子が可愛いすぎて死にそう》(8月4日更新のインスタグラム)などと毎日のようにSNSで子供への愛情をアピールしていたが、実際は幸せばかりではなかったという声も聞こえてくる。

    「ベンチャー企業の社長を務める旦那さんは仕事が忙しく、帰宅は深夜になることがほとんど。
    吉澤さんはブログで『家族揃って“いただきます”が難しい』と告白したこともありました。さらに彼女には身近にママ友と呼べる人がいなかった。
    元来、男っぽい性格で、人に頼るのが苦手。
    住んでいるのもオフィス街の超高級タワマンで、近所づきあいもまったくなかった。
    育児で困っても誰にも相談できない状況に、次第にストレスがたまっていったんだと思います」(前出・吉澤の知人)

    母親の育児トラブルに詳しい、メンタルクリニック赤とんぼ院長の高橋えみ子氏はこう言う。

    「2才は第1反抗期“イヤイヤ期”の時期でもあります。
    夫や手伝ってくれる親族が身近にいないと、“私は独りで育児をしなければいけない”と孤独とプレッシャーを感じてしまい、イライラして子供や夫に当たり、さらに自分を責めることになったりと、精神的に追い込まれていく人は少なくありません。
    周囲に相談できる人がいないまま孤独な育児をしていれば、さまざまなストレスを抱え、日常生活に支障を来すかたも出てきます。
    専門家に相談することが大事です」

    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1536735870/


    所長見解:もうね・・・

    【【飲酒運転】吉澤ひとみ逮捕の4日後、義母が自殺未遂の結果・・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ