自殺

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10日発売の「女性セブン」(小学館)は、ヒップホップグループ・ET-KINGのTENNさんが2014年に自死した当時、妻の上原多香子(SPEED)が俳優・阿部力と不倫関係にあったと報じた。
    同誌によれば、TENNさんは上原と阿部のLINEでのやりとりや親密そうに写るツーショット写真を見るなどして、上原の不倫を認識していたという。

    t


    さらに11日付スポーツニッポンによれば、上原はTENNさんの遺族に対して、自死の原因が自身の不倫であるとして、慰謝料を支払う意向を示しているという。
    上原は現在、主にテレビドラマや舞台、ミュージカルなどでの女優活動がメインだが、テレビ局関係者は語る。

    「ここ数年、不倫で世間を騒がせたタレントとしては、ベッキーや矢口真里の件が記憶に新しいですが、発覚からベッキーは1年半、矢口に至ってはすでに4年が経過していますが、いまだに本格的な地上波復帰が果たせない状況です。
    2人ともに頭も切れ、タレントとしての経験・実力は誰もが認めるところなので、テレビ局的には彼女たちを起用するのはまったく問題ない。

    しかし、最近の傾向として、不倫したタレントを出演させると、テレビ局ではなくその番組のスポンサー企業にクレームが殺到してしまうのです。

    局としてはこれをやられると、たまったものではない。
    結局、起用を自粛せざるを得ないです。
    そのため、今後、上原を起用しようと考える局は出てこないでしょう」

    また、別のテレビ局関係者も語る。

    「今月に入り、斉藤由貴と宮迫博之という大物タレントの不倫が報じられました。
    斉藤は女優が避けたがる老婆役なども嫌がらずに引き受けるなどプロ意識も高く、演技にも定評があるため、業界内での女優としての評価は高いです。
    宮迫もすでにベテラン芸人の領域に達し、仕切りもうまいので、番組制作サイドからすればありがたい存在です。

    しかし2人とも、すでに決まっている仕事がキャンセルされることはないでしょうが、今年の秋以降はガクンと仕事が減るでしょう。

    不倫したタレントを起用するとスポンサー企業へ直接クレームが殺到するという構図ができあがってしまった今、タレントにとって不倫は『タレント生命の終わり』を意味します。
    特に上原の場合は、その不倫が原因で夫が自死したと報じられており、そんな上原を起用するような局はもう出てこないでしょう。
    業界内では『上原は事実上の芸能界追放』と言われ始めていますが、そうならざるを得ない事情が今のテレビ業界にはあるのです」

    ■ 上原の今後

    そんな上原の今後について、週刊誌記者は語る。

    「上原が芸能界で仕事を干されるのは確実でしょう。
    そこで気になるのは上原の経済状況ですが、SPEEDはデビュー当時は給料制で、メンバー一人当たりの月の給料は20万円ほど、人気最盛期は歩合制で年収は1500万円程度といわれています。
    しかし、人気絶頂期はほんの数年間、しかも15年くらいも前の話であり、現在はタレントとして活躍しているとはいいがたい状況です。
    そのため、それほど蓄えがあるとは考えにくく、今後の生活は厳しいものになるのではないでしょうか。
    そんな状況を見透かしてか、早くもΛVメーカーが上原サイドに出演をオファーしているという情報も流れています」

    今後、上原にはどのような試練が待ち受けているのだろうか。

    http://biz-journal.jp/2017/08/post_20172.html


    所長見解:仕方ないよね・・・

    【【これは自業自得】不倫で夫自死の上原多香子、芸能界追放へってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    8月10日発売の『女性セブン』(小学館)が、かつてSPEEDとして一世を風靡した上原多香子(34)と俳優・阿部力(35)の“ダブル不倫”の過去を報じた。
    上原の元夫で2014年に自殺したET-KINGの元メンバー・TENNさん(享年35)の遺書が、遺族によって明らかにされたものだが、「昔から上原の肉食ぶりは危惧されていた」(芸能プロ関係者)のだという。

    t


    「報じられている通り、TENNさんの遺書やLINEの内容から、上原と阿部に不倫疑惑が浮上しています。
    上原は2012年にTENNさんと結婚するも、わずか2年後の14年に夫と死別。
    一方、上原はTENNさんが自殺する直前まで、舞台で阿部と共演していました」(スポーツ紙記者)

    阿部も2009年に中国人女優との結婚を発表していたため、事実であればダブル不倫だったということになる。

    「TENNさんが命を絶ったタイミングや、遺書の内容から、自殺の原因に上原の不倫があったことは想像に難くない。
    実際、上原の異性交際は、2000年のSPEED解散直後から問題視されていたものです」(前出・関係者)

    上原は1999年の時点でDA PUMP・ISSA(38)との半同棲が伝えられていたが、SPEED解散後は、2001年にロックバンド・RIZEのJESSE(36)との“朝帰りデート”をスクープされ、2003年に俳優・山崎裕太(36)との交際報道。
    さらに、2004年には関ジャニ∞・錦戸亮(32)、2005年にも元KAT-TUNの赤西仁(33)とウワサになるなど、目まぐるしいほどに恋愛スキャンダルを連発した。

    ■「所属事務所も手を焼いていた」の証言

    芸能記者が語る。
    「このほかにも、元女優の堀北真希(28)と結婚した山本耕史(40)とも2006年に親密関係が報じられ、上原がTENNさんと結婚する前年の2011年には、ヒップホップダンサー・AKIHIRO(35)の自宅に入るところを激写されています。
    若い頃から結婚直前までこのような有様で、上原の所属事務所もさぞ手を焼いていたものですが、本人には悪気も計算もなく、ただ誘われればすぐに関係を持ってしまうタイプだったそう。
    それにあの美貌とあって、上原に声をかける男性は跡を絶たなかった」

    しかし今回の件に関して言えば、自分だけでなく周囲まで不幸にしてしまったことは間違いない。裏切りの代償は重い。

    https://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1343358/


    所長見解:見かけによらないね・・・
    【【ゲス不倫】上原多香子、”肉食すぎるオンナ”の男性遍歴ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    SPEEDの上原多香子(34)が11日、愛知・中日劇場で出演舞台「のど自慢~上を向いて歩こう~」(12日開幕)の通し舞台稽古を行った。

    10日発売の「女性セブン」に、夫で「ET―KING」のTENNさん(享年35)が14年に自殺した一因として、俳優の阿部力(つよし、35)との不倫交際があったと報じられたが、関係者によると、この日は落ち込んだりする様子もなく、気丈に出番を務めた。

    t


    上原は、A.B.C―Zの河合郁人(29)演じる芸能マネジャーの婚約者役。
    「周囲の人の気遣いもあり、普段と変わらずに過ごしていた」という。
    別の関係者は「(共演者に)『お騒がせして申し訳ありません』と頭を下げていた」と話している。
    公演は18日に千秋楽を迎える。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170811-00000266-sph-ent


    所長見解:気丈に、ねぇ・・・
    【【これは気丈】上原多香子、不倫原因で夫自殺報道も気丈に舞台稽古ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ヒップホップグループ『ET-KING』のメンバーで、2014年9月25日に自ら命を絶ったTENNさん(本名・森脇隆宏さん、享年35)さんが、家族やメンバー、妻・上原多香子(34才)へ宛てた遺書の存在が明らかになった。

    遺書の中で上原が俳優・阿部力(35才)と交際していることに触れたTENNさん。
    本誌・女性セブンは、8月上旬、大阪の実家をたずねた。
    そこで、弟の森脇義宏さん(仮名)は重い口を開いた。

    「遺書を見て、自殺の理由が多香子さんにあることはすぐにわかりました。
    でも、葬儀の準備や、静かに見送ってあげたいという思いしかなく、自分たちの心だけに留めようとなったんです。
    遺書にはぼくたち家族に向けて《あまり多香子を責めないでやってください》という最後の願いが書かれてましたし、母も “森脇家に嫁にきたんやから、最後まで守ってやらなあかん”って。
    遺書は多香子さんやET-KING関係者のほか、すぐに駆けつけてくれた今井絵理子さん(33才)も読みました」

    さらに、TENNさんのスマホには、上原と阿部のLINEでのやりとりやふたりの写真などが保存されていたという。
    上原のスマホを見てしまったTENNさんがその画面を撮影したものと思われる。

    no title


    「両親もぼくも、自殺はあかんもんやと思っていましたし、みんなに迷惑かけて、みんなが傷ついて悲しい思いをしてる上に、自殺の真相なんて話す気にはなられへんかった。
    母は多香子さんに、“籍を抜いていいよ”とことあるごとに言っていました。
    それは縁を切るという意味ではなくて、あくまで乗り越えていってほしいという思いからやったんです」(義宏さん)

    昨年の三回忌法要の直前にも、TENNさんの母・和子さん(仮名)は上原に“森脇の名”を捨てるようすすめたという。
    すると上原から、1通の手紙が届いた。
    そこには次のように綴られていた。

    《私、森脇のままでいさせてください。お仕事を再開して「上原多香子」として呼ばれ過ごす時間が長くなり、ふとした時、自分に戻った時、仕事場でも「森脇」と答えた瞬間に、あぁ~私は森脇多香子なんだなぁと思いました》

    潮目が大きく変わったのは、今年5月、上原と演出家のコウカズヤ氏(40才)の熱愛がフライデーされたことだった。

    「記事が出る2日前に、多香子さんがこっちに来たんです。
    こういう記事が出ます。おつきあいしている人がいるんです、って。
    それで急に籍を抜きたいって言ったんです。
    半年ちょっと前に森脇のままでいたいって手紙を寄越したのはなんやったんやろうなって。その後、実際に森脇から上原に戻したと聞きました。
    今では、なかなか連絡も取れんようになってます」(義宏さん)

    すれ違いが生じた上原と遺族の間では、解決策として金銭のやりとりの話題も出た。
    上原からは「月々一定の金額を払う」という提案があったが、遺族側は「ずっと縁を持ち続けることはできない」と拒否しているという。

    TENNさんの家族には、上原の熱愛が「TENNさんの死を乗り越えて」と評価されたことも重荷になった。

    「“ようやく立ち直った”とか書かれてるのを見たとき、どっと脱力感に襲われました。
    もともと格差があったとされていますが、多香子さんのこういうニュースが出るたびに、天国の兄は毎回ひどい言われようをしてしまうんやとしたら、どうにもいたたまれなくって。父や母の憔悴ぶりを見ると悔しくて…」(義宏さん)

    女性セブンは、上原と阿部にコンタクトを取った。
    8月上旬、都内の自宅マンションから出てきた上原は、新恋人であるコウ氏と固く手を握り合っていた。

    ──森脇家から籍を抜かれたそうですね。

    「三回忌を終えて、ひとつ自分の中で区切りをつけなくてはというのもあって」

    だが、次の質問で阿部の名前を出し、不倫と自死の関係について問いかけると、一気に顔色が曇った。

    「相手方にご迷惑をかけることもあるので、私がここでお話しできることはなくて。すみません」

    以降、どんな問いを投げかけても「お話しできることではありません」の一点張りで、自宅へと戻った。

    一方、阿部にも心境を聞こうと携帯電話を鳴らすと、電話口に出た阿部は「10分後にかけ直してほしい」と言って電話は切れた。
    その後、約束の時間になって繰り返し電話をかけても、阿部が対応することはなかった。

    ※女性セブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170811-00000007-pseven-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170811-00000007-pseven-ent&p=2


    所長見解:ゲスいなあ・・・
    【【これはゲスい】上原多香子 新たな熱愛で自死した夫の籍を抜いたってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    テレ朝系「ワイド!スクランブル」(月~金曜・前10時25分)は10日、「SPEED」の上原多香子(34)の元夫で、2014年9月に自殺したヒップホップグループ「ET―KING」のTENN(本名・森脇隆宏)さん(享年35歳)が生前残した遺書に、上原と俳優・阿部力(つよし、35)のダブル不倫疑惑がつづられていたと、同日発売の女性誌が報じたことを取り上げた。

    t


    上原は、今年5月頃から演出家・劇作家のコウカズヤ氏(40)と交際を始めている。
    夫の死後3年経ってからの報道について、芸能リポーターは「今年の5月に上原さんの新しい恋愛が(写真週刊誌の)『フライデー』に出た。
    森脇さんのお母さんはことあるごとに上原さんに『あなたはまだ若いんだから新しい人生を歩みなさい』と言ってきた。
    さらに昨年の3回忌で『森脇姓は捨てなさい』と言ったにもかかわらず、上原さんの方が『森脇姓を名乗らせてください』ということ言っていた。
    (記事の見出しで)『夫の死から3年 ようやく新しい恋が始まった』と書かれてしまうと、夫の死を乗り越えて恋をしている、というところにお母様はどうして複雑な思いを抱かれてしまい、糸が切れてしまったのでは」と推測した。

    コメンテーターで医師の友利新(39)は「不倫の生々しいことを聞くということもあると思うんですが、ベースに何かがないと自殺という最終手段という選択はないと思う。
    これだけじゃなく、他にもいろんなことがこの方にあって重なって最悪の決断を下したのかなと推測します」と話していた。

    上原は2012年8月にTENNさんと結婚。
    阿部とは、TENNさんと死別する直前の14年7~9月に上演された舞台「夕―ゆう―」で共演していた。

    SPEEDのメンバーでは、自民党の今井絵理子参院議員(33)が先月27日、離婚協議中の妻がいるとされる神戸市議会の橋本健市議(37)との不倫疑惑が報じられたばかりだった。

    ◆上原多香子(うえはら・たかこ)1983年1月14日、沖縄県生まれ。34歳。
    島袋寛子、今井絵理子、新垣仁絵と「SPEED」として96年シングル「Body&Soul」でデビュー。
    97年「White Love」でNHK紅白歌合戦に初出場。
    2000年3月、人気絶頂のまま解散(08年には3度目の再結成を発表)。
    ソロとして歌手、ドラマ、映画、舞台などで活躍。

    ◆阿部力(あべ・つよし)1982年2月13日、中国・黒龍江省生まれ。35歳。
    母方の祖母が日本人の日中クオーター。9歳で日本に移住。その後、日本国籍を取得。
    02年韓国・香港合作の主演映画「PUBLIC TOILET」でデビュー。
    05年TBS系「花より男子」で“F4”のメンバー・美作あきら役で人気に。
    中国名「リー・トントン(李冬冬)」にちなみ、愛称は「トントン」。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00000143-sph-ent


    所長見解:いろいろつらいな・・・
    【【超ゲス不倫】上原多香子の不倫報道、なぜ元夫の死後3年経ってから?ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ