自殺

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    自殺未遂を図ったガールズグループ「KARA」の元メンバー ク・ハラ(28)が病院を退院後、日本へ向かったことがわかった。

    5日、韓国メディアは、ク・ハラが安静をとるために日本へ向かったと報道した。

    報道によるとある関係者は「ク・ハラが安静のためには所属事務所のケアを受けるのが良いとの判断で、退院してすぐ日本へ向かった」と説明した。

    ク・ハラは現在、韓国には所属事務所がなく、日本にのみ所属事務所がある状況だ。

    また、自宅が一般に公開されたことへの負担もあると伝えられた。

    これにより、世間の過度な関心が安静や休息の妨げになると考え、日本行きを選んだものとみられる。

    自殺未遂後、ク・ハラは日本のメディアを通じて「ご迷惑をおかけしてとても申し訳ない」とし、「いろいろなことが重なり、つらかった。今からは元気な姿を見せられるように努力する」と心境を告白していた。


    https://news.infoseek.co.jp/article/wowkorea_235845/

    no title


    所長見解:死ななくてよかったやん・・・
    【【元KARA】自殺未遂のク・ハラさん、退院後は日本希望の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上原多香子の夫・コウカズヤ氏が劇団を退団処分 SNS投稿原因で

    劇団BuzzFestTheaterは29日、ツイッターで同劇団の脚本・演出担当のコウカズヤ氏が退団したと発表した。

    コウ氏は妻でSPEEDの上原多香子のツイートを巡り、自身もツイッターで反論するなどして騒動となっていた。

    コウ氏も自身のツイッターで「退団処分を受けることになった」と発表した。

    j


    BuzzFestTheaterは、公式ツイッターで「当劇団の脚本・演出を担当しておりましたコウカズヤは本日5月29日をもちまして退団となりました」と告知され「この度、本人のSNSでの発言におきまして皆様へ大変ご不快な思いをさせてしまいました事、心よりお詫び申し上げます」と退団原因がコウ氏のSNSだったとした。


    コウ氏もツイッターで「この度、私のTwitter上での投稿で、多くの方々に不快な思いをさせてしまったことを、心よりお詫び申し上げます」と記し「私が所属していた劇団BuzzFestTheaterは今回の一件を重く受け止め、その責任として、私は劇団から退団処分を受けることになりました。
    その処分を真摯に受け止めるとともに、心から深く反省しております。
    本当に申し訳ございませんでした」とつぶやいている。


    コウ氏は14日にツイッターで、承認された人しか読むことができない妻・上原のツイッターがネットニュースとなったことに「週刊誌のネットニュースに晒されて、また蚊の大群がウジャウジャ湧いてきました」「鬱陶しい」などと激怒ツイートを投稿。

    匿名コメントについても「屁でしか返しませんので」など辛辣な言葉をつぶやいていた。

    また、一部で上原の前夫が自殺したことにコウ氏が「親の責任」などと語っていたことに「自殺が全て、親の責任とは一切思っておりません」と改めてつぶやき「一部だけ切り取って解釈しないでいただきたいです」と訴えていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000046-dal-ent

    所長見解:まあね・・・
    【【悲報】上原多香子の夫が炎上問題で劇団をクビの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    自殺を図ろうとした少女を踏切内から助け出したとして、兵庫県警明石署は県の善行表彰「のじぎく賞」を明石商業高校3年の小池太陽さん(17)に贈った。

    「とっさに体が動いた。当たり前のことをしただけ」と小池さんは話した。

    s


    小池さんは今月11日午後10時半ごろ、友人と食事をした帰りにJR大久保駅(明石市大久保町)東側の踏切を自転車で通りかかった。

    そこですれ違った少女(16)が、踏切内で立ち止まった。

    一度は通り過ぎたが、踏切の外側にかばんが置いてあるのに気付き、嫌な予感がした。

    「ずっと無表情で、とにかく様子が変だった」と小池さんは振り返る。

    警報音が鳴り出し、遮断機が下りた後も少女は動かなかった。

    踏切の幅は約15メートル。

    小池さんは慌てて中に入り、少女の手を引っ張った。

    大久保駅に近づいてくる電車のライトが東の方に小さく見えたが、恐怖心はなかったという。

    「人通りが少ない場所だったし、自分が助けるしかないと思い、とっさに体が動いた」と話す。

    少女は抵抗し、踏切に戻ろうとした。

    小池さんは体を押さえ「そんなことしたらあかんやろ」と制止した。

    電車が通過し、少女は一命を取り留めた。

    「なんでこんなことしたん?」。

    尋ねると、少女は家族とトラブルになり、自殺を考えたことを打ち明けた。

    一部始終を遠くから見ていた人が「カップルのけんか」と勘違いし、110番通報していた。

    近くの交番に連れて行こうとしたとき、偶然パトカーが通りかかり、少女を引き渡した。

    たまたま踏切を通ってから約15分。

    少女は少し落ち着いた様子だったという。

    帰宅後、明石署からお礼と事後報告の電話を受けた。

    「女の子が死ななくてよかった」。

    改めて安どした。

    平本和久明石署長から表彰状を受け取った小池さんは、「人助けをしたというより、当たり前のことをした感覚。命を救えて本当にうれしい」とはにかんだ。
    ※画像がコチラ


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000000-kobenext-l28



    所長見解:まぶしい・・・

    【【これはすばらしい】踏切で自殺しようとした16歳少女を止めた高校生のさわやか笑顔がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 元KARAのク・ハラさんが自殺未遂で意識不明 前日のSNSで「さようなら、綺麗に包んでもゴミはゴミだ」と自殺をほのめかす

    k


    複数の韓国メディアによると、ク・ハラさんは今日未明、ソウル市内の自宅で倒れているのをマネージャーに発見され病院に搬送された。

    現在も意識不明の状態が続いているが、呼吸や脈拍に異常はないという。

    一部メディアによると、自宅の中には煙を吸ったような形跡があり、ク・ハラさんが自殺を図った可能性が高いとみられている。

    ク・ハラさんは去年、元交際相手の男と別れ話からトラブルになり、暴行やリベンジポ〇ノの被害を訴えるなどしていた。

    ク・ハラさんは昨日、自身のSNSに「さようなら、綺麗に包んでもゴミはゴミだ」と自殺をほのめかすような内容を投稿をしており、ファンから心配の声が寄せられていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00010008-abema-ent

    所長見解:つらいな・・・


    【【自殺未遂】元KARAのク・ハラさん「さようなら、綺麗に包んでもゴミはゴミだ」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    SPEEDの上原多香子の夫で劇作家のコウカズヤ氏が15日、上原に関する記述が炎上を招いていた一連のツイッター投稿を削除した。

    コウ氏は14日に、承認された人しか読むことができない上原のツイートが一部で記事化されたとして「特定の人にしか見られないはずのうちの嫁のツイートが、週刊誌のネットニュースに晒されて、また蚊の大群がウジャウジャ湧いてきました。鬱陶しい。実に鬱陶しい…」とツイート。

    背景には、以前に上原と自殺した前夫でET-KINGのTENNさんの問題が報じられていることもあり、この投稿には多数のコメントが殺到した。

    t


    コウ氏は「実態のない匿名の方にどんだけ叩かれても屁とも思わないので、どんどん叩いてくれて結構です」などとツイートしていた。

    しかし一夜明けた15日午前には「実態のない匿名の方々と一瞬でも向き合ってしまった僕がいけなかった」と記した。

    「思った以上に面倒くさいことになってしまい、僕の周りに多大なるご迷惑をかけてしまった」と反省し、「今は自分が子供だったと反省しております。もう二度と皆さんと向き合わないので、今後は何を言われても貝にならせてもらいます」としていた。

    これらの投稿は15日午後、ツイッターから消えた。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000086-dal-ent

    所長見解:そうなるよね・・・
    【【闇深案件】上原多香子の夫、炎上したので速攻削除の模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ