自殺

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の山田孝之(36)が、7月18日に亡くなった俳優の三浦春馬さん(享年30)がボトルキープしていたと思われるウイスキーの写真をアップし、メッセージをつづった。


    山田は1日、インスタグラムのストーリーズを更新。

    ラベルに「春馬様」と書かれたウイスキーボトルを手にした写真をアップし、「一杯だけ貰うね」とつづった。


    no title



    https://news.yahoo.co.jp/articles/8fa431ffdf9956b4c039185913b8a4aea99d629c

    所長見解:つらいね・・・

    【【これは泣ける】俳優・山田孝之さん、春馬さんキープのお酒「一杯だけ貰うね」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7月18日に東京都港区の自宅マンションで自ら命を絶った俳優の三浦春馬(享年30)。

    自室に残した日記に人生における悩みや葛藤を綴っていたことが取材で分かった。

    自室に残された三浦の日記には何が記されていたのか。

    長年、三浦と親しい関係にあった知人が明かす。

    「亡くなる直前に書かれたものと見られ、『死にたいと考えた』 『どう死ぬべきか』といった自身の死についての考え方が長々と綴られており、遺書というべき内容です。
    これを読めば彼がいかに思い詰めていたか、よく理解できます」


    s


    また8月15日に放送予定のドラマ「太陽の子」(NHK)における役柄に強く影響された様子も記されていたという。

    「(同ドラマは)太平洋戦争の末期、原子爆弾開発を命じられた科学者たちの悲劇の物語で、春馬が演じるのは、肺の療養のため戦地から帰郷した石村裕之役。
    日記には石村の人生を通じて、死に関する思索がQ&A形式で記されていた」(同前)

    三浦は戦時中を生きた石村と自身を重ね合わせ、共通点を見出していた。

    「作中の石村は、神風特攻隊として敵方の空母艦に突っ込む命令が下るのを待っていました。
    仲間が先立っていく光景を目の当たりにする中、作戦が変更になり、戦地から一時帰郷。
    結果的に自分の命の時間が引き延ばされたわけですが、それに対して春馬は遺書で『散る運命を背負いながら、家族の前では気丈に振る舞おうとする気持ちを考え、胸が痛んだ』と切実な想いを書き綴っていた」(同前)


    さらに数年前から精神的な葛藤に苛まれていたことが分かる、次のような記述もあった。

    〈僕の人間性を全否定するような出来事があり、たちまち鬱状態に陥り、自暴自棄になった〉


    三浦春馬に何が起きていたのか。

    7月30日(木)発売の「週刊文春」では、遺書に記された言葉に加え、小栗旬に「あいつは絶対来ます」と言わせた演技力、医療関係者を唸らせた企画・主演のALSドラマなど、友人、恩師、親族らの証言から三浦春馬の「優しさ」と「孤独」の30年を4ページにわたって特集している。


    文春オンライン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d5a62838040d2c6953b9dea13b16fdba8215db27


    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200729-00039351-bunshun-000-2-view.jpg

    所長見解:残念やね・・・
    【【暴露】故・三浦春馬さんの遺書「僕の人間性を全否定するような出来事があり」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    三浦春馬さん死去、元恋人の三吉彩花に誹謗中傷…竹内涼真にも風評被害


    m


    「三浦さんは一時、モデルの三吉彩花と交際しており、2018年には週刊誌にツーショット写真を撮られたこともありましたが、三浦さんの訃報が流れた直後から、その三吉のInstagramにまったく根拠のない誹謗中傷が寄せられていたのです。
    現在はそれらのコメントは閲覧できなくなっているようですが、三浦さんの死が三吉との破局と関係あるかのように決めつけているコメントもみられ、明らかに三浦さんと三吉の名誉を棄損する内容です。

    また、三吉は今年4月に俳優の竹内涼真との交際・半同棲が週刊誌『フライデー』(講談社)で報じられていますが、その竹内を責めるような書き込みもみられ、竹内にも風評被害がおよんでいます」


    https://biz-journal.jp/2020/07/post_169794.html

    所長見解:これはあかん・・・
    【【悲報】三浦春馬さんの元彼女のインスタに悪意の書き込みってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    三浦春馬の遺書を読んだ捜査員、「なんでこんないい奴が死ぬんだ!」とむせび泣く


    s


    三浦さん遺書に複数の友人の名前

    三浦春馬さん(享年30)急死のニュースは芸能界に大きな衝撃を与えた。

    なかでもしんどかったで
    あろうのが、城田優(34)だ。

    三浦さんが亡くなった18日、よりによってTBS系「音楽の日2020」に生出演し

    GReeeeNの「キセキ」を歌唱することになっていたからだ。

    2人は2009年10月の日本テレビ系ドラマ「サムライ・ハイスクール」で共演。

    以来、親睦を深め、
    14年7月のスペシャルドラマ「殺人偏差値70」(同)や17年11月の「オトナ高校」で息の合った演技をみせてきた。

    城田は三浦さんを「親友」と呼び、昨年12月に発売された、デビュー20周年記念写真集で三浦さんを対談相手に選んでいる。

    城田を知る関係者は「定期的に食事に行く仲。
    ともに歌手活動も行っており、
    切磋琢磨していた。
    城田さんのショックは想像を絶するものがあり、楽屋では声を掛けられないほど
    落ち込んでいた。
    気持ちを奮い立たせて出演したようだが、ギリギリの状態だった」と話す。



    三浦さんは自宅マンションで亡くなり、部屋にあった遺書には「死」を予感させるワードに加え、複数の役者仲間の名前が記されていたという。

    「悪口などではなく、その俳優から仕事や人生観についてこんなアドバイスをもらったという内容が書かれていた。
    メモは分厚いノートにびっしり書かれていて、感情のまま書き殴っている箇所もあれば、
    理路整然と物事を記しているページもあった。
    ノートを見た捜査員の1人は『本当に真面目。そして苦しんでいた』と涙ぐんでいたそうだ」(警察関係者)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/b168abaebeeaf09230dea30e0a456992bec791c7

    所長見解:せやな・・・


    【【これは泣ける】三浦春馬さんの遺書がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    三浦春馬さん、元々母子家庭で、元風俗店勤務の母親に金銭を度々無心され、芸能界の仕事に嫌気 最近は母親と絶縁状態


    7月18日に自宅マンションで死亡した俳優の三浦春馬さん(享年30)。

    真面目で誠実な人柄で知られ評判は抜群、人気俳優の突然の死を悼む関係者やファンの声はやまないが、その動機はいまだに判然としていない。


     
    警察による実況見分では自宅にあった手帳に遺書のようなメモがあり、その中に「死にたい」という趣旨の走り書きがあったという。

    警察は動機の解明を進めているというが、そのひとつと考えられるのが家族問題だ。


     
    茨城に生まれ、4歳から児童劇団に所属。

    NHK朝の連続テレビ小説「あぐり」で子役としてデビューした経歴は知られているが、発売中の週刊新潮によると、三浦さんは、以前から母親に度々金銭を無心され、芸能界の仕事に嫌気がさしていたという。


     
    母親は、かつて茨城県内の風俗店に勤務しており、三浦さんが中学校に上がるころにホストの男性と再婚。

    この男性の親族が持つ家に3人で暮らすようになった。


     
    母親はその後、土浦でスナックなど飲食店を経営していたが、3年ほど前に男性と離婚。

    その後はすでにデビューして東京で暮らしていた三浦さんが購入した都内のマンションに住んでいたが、金銭的にルーズな母親を憂いてか、4年ほど前から酒を飲む量が格段に増えていたという。

    また最近は母とは絶縁状態だったようだ。


    「日刊ゲンダイ」
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/276350


    y


    警察は三浦さんの仕事先のみならず、母親など近親者にも事情を聞いて、動機の解明を進めている。

    さる芸能関係者も三浦さんの母についてこんな証言をする。


    「三浦さんは、以前から家族との関係に悩んでいました。
    母からは度々金銭の無心をされ、芸能界の仕事に嫌気がさしていた。
    役者を辞めたいと漏らし、農業をやりたいと言ったこともあるけど、その度に母親から反対されるため、最近は断絶状態だったと聞いています」


     
    実家の近隣住民によると、三浦さん一家はもともと母子家庭で、中学生に上がる頃に母親が継父と再婚した。

    両親は茨城県土浦駅周辺で居酒屋や食堂を営んでいたというが、現在は閉店。

    3年ほど前に母親は家を出て行き、父親も引っ越したという。


     
    古くから一家を知る親族によると、


    「土浦の家を出た後は、春馬くんから住居用にと都内の高級マンションを買って貰った。
    息子の個人事務所にも関わっていたようです。
    春馬君は自分が母親を支えたいと考える一方で、どこか負担になっていたのでは」


     
    3年前に起きていた“一家離散”。

    自死との因果関係は不明ながら、三浦さんをよく知る芸能関係者は、こんな異変を感じていた。


    「4年ほど前、三浦さんが所属事務所に“辞めたい”と漏らしていたことがあって、その頃から飲酒量が増えていった。
    日本酒なら大吟醸が好きでしたけど、ハイボールとかサワーとか、割りモノ系のお酒まで何でも飲むタイプでしたね」


     
    三浦さんが中学生の頃から親交があった「茨城元気計画」代表の卯都木睦氏も、アルコールに依存する三浦さんの生活を懸念していた。


    「確かに、春馬はお酒をたくさん飲んでいるな、と感じることはありました。
    それで、1年ほど前に彼を叱ったことがあったんです」


     
    さらなる活躍を期待されていた矢先の早すぎる死。

    7月22日発売の週刊新潮では、三浦さんが抱えていた心の重荷に迫る。



    「週刊新潮」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200721-00645588-shincho-ent

    所長見解:つらいな・・・
    【【自殺理由か】三浦春馬さんの闇深すぎる環境がコチラ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ