ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:自殺

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月8日の昼下がり、都内のマンションから一人、外出する上原多香子の姿があった。
    マスク姿は以前と変わりないが、大きく違うのは、ふっくらとしたお腹。
    歩みは街行く人々よりワンテンポ遅い。
    バスと電車を乗り継いで向かった先は下北沢。
    友人男性と合流し、たこ焼き店へ入った。

    「最近も劇団員仲間たちと、ときどき外食しているようです。お酒好きな上原さんは、妊娠後はノンアルコールビールを飲んでいます」(演劇関係者)

    食事を終えると劇場へ。
    この日のお目当ては、夫で演出家のコウカズヤ氏の舞台に出演する芸人の単独ライブだった。
    身重の体で「内助の功」を発揮していたのだ。

    コウ氏がSNSを通じて再婚と上原の懐妊を報告したのは、その2日後の10月10日のこと。
    関係者によれば、2人は9月13日に入籍し、12月末に第一子が誕生予定だという。

    「コウさんはこの秋、『もうじき子供が生まれる』と、周囲に嬉々として話していました。出産が待ち遠しい様子でしたね」(別の演劇関係者)

    コウ氏との再婚前には、こんな目撃談がある。

    「上原はお酒が入ると、ボディタッチが増えるタイプ。恋人のコウが同席している飲み会で、別の男性にベタベタすることもしばしばだった」(上原の知人)

    そんな上原を、コウ氏が変えた。
    地に足のついた人生を上原と歩む決意を固めたコウ氏の声を聞こうと、稽古場を訪ねた。
    姿を見せたコウ氏に声をかけると、愛想よく「ご苦労さまです!」とだけ答え、稽古場に戻っていった。

    2人が入籍した9月13日。
    この日は、2018年の暦では「大安」、何を始めるにもよい「一粒万倍日」。

    (週刊FLASH)

    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181017-00010000-flash-ent


    所長見解:あれがね・・・

    【【デキ婚】妊婦の上原多香子がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の上原多香子の再婚と妊娠を演出家のコウカズヤ氏が10日に公表。
    しかし、上原の前夫に関する一連の報道から、Twitterやニュースサイトのコメントでは「祝福できない」といった否定的な声が多数あがっている。

    t


    コウカズヤ氏は10日にTwitterで、「私は、かねてよりお付き合いさせていただいていた方と既に入籍し、妻のお腹には念願であった子供も授かりました」と報告した。
    続けて、「誰が何と言おうと、僕は妻と産まれてくる子供を守りたいと思っております!家族を守ります!もしも家族に、他者からの攻撃が降りかかることがあれば全力で僕が盾になります!」と宣言。
    最後に「どうか、どうか、どうか!我々家族を暖かく見守っていただけたら幸いです」と呼びかけた。

    上原の前夫であるヒップホップグループ「ET-KING」のTENNさんは2014年に自殺。
    遺族側は2017年に週刊誌を通してTENNさんの遺書を公開し、自殺の原因は上原の不倫にあると主張。
    遺書には、「子供が出来ない体でごめんね」との謝罪や、「きっと阿部力となら乗りこえられると思います」「トントンとお幸せに」といった言葉が並んでいた。
    上原はこの後に芸能活動を休止している。

    これまでの経緯から結婚と妊娠という話題にも関わらず、ネットには祝えないといった声や上原に対する批判が殺到。
    また、TENNさんは子供ができないことを悩んでいたとされることから、公表に踏み切ったことに対しても否定的なコメントが寄せられている。

    「全然祝えない。まあ、子ども欲しかったなら良かったですね」

    「祝福はできません。暖かく見守ってほしいなら、金輪際、妻子の話題は載せないでいただきたい」

    「亡くなられた元旦那さんとご遺族に言えますか?」

    「お子さんができて嬉しいのはわかりますが、ご遺族は相当傷ついているのではないですか?」

    「“我々家族”の事しか考えられないのですね。“念願の”とかいちいち書く必要ある?」

    「あなたが発信した為に、TENNさんのこと、思い出してしまいましたよ」

    「声高に家族を守ると宣言することではなく、自分の家族の罪や過ちを黙って一緒に引き受けて非難にあえて甘んじて耐えることではないでしょうか?」

    「黙って家族内で幸せを噛み締めているのが一番なのにそれにも気付けないなんて」

    一方では、「辛い思いもいっぱいあったと思いますが、これからは二人で幸せになって」と祝福する声や、「子供は親を選べないので全力で守ってあげてください」「子供には罪はないからそっとしてあげては欲しいとは思う」と子どもを思いやる声も寄せられている。


    コウカズヤ 舞台『黴-かび-』10月31日(水)-11月11日(日)
    @koh_kazuya
    直接ご報告させてもらってる方もいますが、まだご報告できていない方にこの場をお借りしてご報告させてください。
    私は、かねてよりお付き合いさせていただいていた方と既に入籍し、妻のお腹には念願であった子供も授かりました。


    コウカズヤ 舞台『黴-かび-』10月31日(水)-11月11日(日)
    @koh_kazuya
    誰が何と言おうと、僕は妻と産まれてくる子供を守りたいと思っております!
    家族を守ります!
    もしも家族に、他者からの攻撃が降りかかることがあれば全力で僕が盾になります!
    どうか、どうか、どうか!我々家族を暖かく見守っていただけたら幸いです。
    何卒、よろしくお願いいたします。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15425938/


    所長見解:言わんでいいのに・・・

    【【非難轟々】上原多香子が再婚・妊娠の結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上原多香子、妊娠していた “11月出産予定”情報

    「週刊新潮」10月11日号のインタビューで、略奪愛の末の「再婚の意思」宣言を行ったのは、SPEEDの今井絵理子議員(35)。
    そしてもう一方の“お騒がせ”メンバー、上原多香子(35)はというと、なんと妊娠していたのである。


    夫TENNさんの自死の背景には、妻である上原の不貞があった――。
    女性セブンがこう報じたのは、昨年8月のことだった。
    以降、表舞台から姿を消した上原だったが、すでに不貞の相手とは別の新恋人・コウカズヤ氏と同棲生活を送っていることが明らかとなり、今年7月にはFLASHが左手薬指に指輪をはめた上原の写真を掲載してもいる。

    t
     

    そんな2人について、

    「コウさんは“今年11月に子供が生まれる”と周囲に漏らしています」

    と明かすのは、さる関係者だ。
    そこで本誌が取材をスタートさせたところ、ふっくらとしたお腹の上原の姿が……。


    「私の口からはいえません」

    冒頭に掲載した写真は、9月27日、コウ氏と同棲するマンション近くのスーパーで買い物を終えた上原である。
    キャップにマスクをつけた彼女は、きゅうりや春雨、ヨーグルトを次々と買い物カゴに入れ、足早に店を後にする。
    その翌日には、コウ氏と思われる男性とマンションへ帰る様子も確認できた。

    以下は、インターホン越しの取材の様子である。

    ――上原さんですか。

    「はい」

    ――ご懐妊されたと聞いて伺いました。

    「私の口からはいえません。事務所を通してください……」

    今年2月の本誌の取材に、コウ氏は“本人は批判をされたことで傷ついています”“僕が守ってやらないといけない” と語っていた。
    守るべき新たな命がひとつ、増えるということか。

    週刊新潮WEB取材班

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/10100615/?all=1 


    所長見解:もうね・・・

    【【11月出産】元SPEED・上原多香子、妊娠していたってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年、当時神戸市議だった橋本健氏との不倫疑惑を報じられた今井絵理子参議院議員だが、発売中の「週刊新潮」(新潮社)で橋本氏と交際を続けていることが明らかになった。

    今井は3日、自身のブログを更新し橋本氏との交際宣言。
    「年明けから連絡を取りあっておりました。交際については様々なご批判等あるかと思いますが、それらは全て覚悟しております」と胸中をつづった。

    「自分の息子も橋本氏とうまくやっており再婚を考えているようだ。
    議員としての任期はあと4年。
    この活動ぶりだと二期目は難しいだろうから、議員として収入が安定しているので生活の基盤を整え、いずれ元議員の肩書きでタレント活動を再開させるのでは」(永田町関係者)

    今井議員とともにSPEEDのメンバーとして活躍し、昨年、今井議員とほぼ同時期に言い逃れできない不倫スキャンダルが報じられたのが上原多香子。

    しかし、上原の場合、あまりにも“ゲス不倫”過ぎたことが発覚してしまったのだ。

    k


    「14年9月に夫でET-KINGのTENNさんが自殺した原因が、上原と俳優の阿部力とのW不倫が原因であったことが報じられた。
    おまけに、TENNさんの親族が一部メディアに怒りの告発をしていた。
    その後、上原は舞台の千秋楽に報道陣に謝罪。
    以後、表舞台から姿を消した」(ワイドショー関係者)

    上原は昨年5月、演出家のコウカズヤ氏との交際が発覚。
    現在はまったく仕事がないため、質素な生活を送っていることが報じられていた。

    「事務所としては上原への給与の支払いは止めたが、功労者だけに契約解除することはなさそうだ」(芸能記者)

    一方、上原のお相手の阿部は9月5日に都内で行われた松田翔太と秋元梢の披露宴に出席。
    舞台や映画への出演も決まっており仕事復帰。

    上原は今井議員とも阿部ともすっかり明暗が分かれてしまったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1536188/


    所長見解:これは無理・・・

    【【元SPEED】上原多香子、オファーがない問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「せっかく前向きになってきたのに……」。
    そう残念がるのは球界関係者だ。
    2016年2月に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕され、懲役2年6か月、執行猶予4年の有罪判決を受けた“球界の番長”こと清原和博が、再びドン底に逆戻りだ。

    9月11日、東京・新宿歌舞伎町で警察官から職務質問を受け、そのまま任意の尿検査を行うハメになったのだ。
    社会部記者によると「同時期に記者クラブの間で『清原がヤバイ』『尿検査を受けたようだ』という話が出回り、各社裏取りに動きました」

    21日発売の「フライデー」(講談社)によると、職務質問した警察官は清原の腕に注射痕があったのを見て、〝シャブ再犯〟を疑い、署に連行。
    任意と言いながらも半ば強制的に清原の尿を採取したという。

    しかし結果は「シロ」。
    注射痕は持病の糖尿病治療の際に打っていたインシュリン注射の痕だった。
    当然、納得がいかないのは清原だ。

    「行きつけの店に顔を出すために歌舞伎町にやって来たのに、警官からは『何しに来たんだ?』と、まるでシャブを買いに来たかのような言い方をされたそうです。
    尿検査の結果がシロだったのに、謝罪の言葉もなかったそうです」(社会部記者)

    ブチ切れ寸前の清原だったが、しばらくすると、今度はひどく落ち込みだしたという。

    k


    前出球界関係者の話。

    「薬物依存を断ち切ろうと頑張っているのに、誰も信じてくれない。
    警官からも“またやっている”と疑いの目で見られていることにショックを受けていました。あの落ち込みようは、誰かがそばにいないと危ないレベルです」

    清原は以前からうつ病を患っており、精神安定剤と睡眠薬を常用。
    このところは症状も改善し、7月に自叙伝『告白』を出版し、8月にはテレビ番組で盟友・佐々木主浩氏とのキャッチボール姿を公開したり、夏の甲子園にも足を運んでいたが…。

    「また自分の殻に閉じこもり、『どうせ俺なんか生きていてもしゃあないやろ』と自殺願望を口にしているそうです。
    水面下で進んでいた球界復帰計画もパー。
    本人がそういうことを考えられる精神状態ではないためです」(同)

    清原は「文藝春秋」(2018年9月号)に寄せた独占告白で〈何も考えられず、表に出る気にもならず、頭に浮かぶのはただ「死ぬこと」……。
    (中略)今はスマートフォンでいろんなものを検索できますから、死に方を探してみたり、飛び降り自殺した人の写真を見たり、そういうことを自然としてしまうんです〉と吐露。
    もともと危うい下地があるだけに最悪の事態にならなければいいが……。

    http://dailynewsonline.jp/article/1527617/


    所長見解:メンタル・・・

    【【自殺願望】清原和博氏「生きていてもしゃあないやろ」←これ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ