ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    自殺

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気芸能人が若くして亡くなった際、時折発生するのがファンによる「後追い自殺」問題である。

    ファンの後追い自殺が、初めて社会でクローズアップされた事件は1986年4月の岡田有希子投身自殺事件であろう。

    事件は4月6日、人気アイドルだった岡田が所属事務所・サンミュージックが入居するビルから飛び降り全身強打で即死したもの。

    人気アイドルの突然の訃報にファンは強いショックを受け、彼女の後追い自殺が相次いだとされる。

    本事件は「ユッコ・シンドローム」と呼ばれた。

    正確な人数は不明だが、自殺から2カ月が経過した6月8日の朝日新聞には「30人を超える若者が自殺している」との記載があり、少なくとも岡田の死後、30-40人が若者が自死を選んだとされている。

    現に当時の報道番組では、悩める若者をあまり刺激しないよう岡田の後追い報道を控えたり、死体写真(当時の週刊誌には岡田の死体写真が掲載された)を報じないなどの配慮があったという。

    なお、30人を超える若者が自死を選んだ背景には、単に岡田の死に対するショックだけではなく、同時期に日本で初めて、いじめ自殺として注目された中野富士見中学いじめ自殺事件などがあり、その影響があったためともされている。


    j



    続いて、若者の後追い自殺がクローズアップされたのは、1999年の「X JAPAN」の元ギタリストhideの自殺事件である。


    hideの自殺から1週間後の5月10日、仙台市内のトイレで19歳の若者が「X JAPAN hide 今いくぜ」と書かれたノートをバッグに入れ首つり自殺したほか、6月には東京都八王子市内で女子中学生が自室のドアノブにはちまきをかけて首を吊り、自殺した。

    この自殺方法はhideと全く同じであり、こちらも後追い自殺ではないかと思われたが、この女子生徒の遺書には「後追い自殺ではない」と記載されており、あくまで方法だけhideを参考にしたのではないかとされている。


    また、2001年には、とんねるずの番組から誕生した人気音楽グループ「野猿」の解散コンサートの後、東京都港区のマンション前で女子高生2名が自殺した。

    このうち1人の女子高生は「野猿が解散するなら、もうどうでもいい」と周囲に語っていたが、以前から精神的に弱っていたらしく、野猿の解散が直接の原因ではないことが現在では判明している。


    このように芸能人の自殺や解散をきっかけに自殺する若者は昭和末期から平成以降増えた印象がある。

    ただ、元から悩みを抱えていた可能性もあり、直接の原因とは一概には言えないのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1964418/

    所長見解:あったな・・・
    【【衝撃】猛烈ファンの「後追い自殺」問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさ

    23日放送の『バイキング』(フジテレビ系)にタレントの中川翔子が出演。

    過去に受けたいじめ被害を明かし、いじめで苦しむ人たちにメッセージを送った。

    いじめ、ひきこもりの経験がある中川は、最終的に学校に行かなくなった理由を明かす。


    i


    中学3年生のある日、中川の靴箱だけがいじめ加害者によってへこまされていたとのこと。

    誰がやったかはわかっていたため、同じようにやり返したところ、中川の靴が隠されてしまう。

    「自分がいじめられてる」ということを恥ずかしくて認めたくなかったものの、仕方なく教師に事情を話すことに。

    すると、「これを履いて帰りなさい」とローファを渡してくれたという。


    しかし後日、教師から「中川、早く靴代を払ってください」と靴代を請求されてしまう。

    まさかの一言に納得がいかなかった中川は、「誰が隠したか先生わかってるじゃないですか。
    私やられたほうなんですよ、靴を隠したほうに請求すべきじゃないですか」と反論するが、教師は「そうかもしれないけど、とりあえずお金払って」と業務的な態度で接してきたという。


    そこで「もう大人も信用できない。こんな学校行きたくない」「もう無理」と不登校になったようだ。


    その中で音楽や読書や絵を描くといった好きな時間を過ごしたことで「死にたい」という衝動が和らいできたとのこと。

    そして、いじめで傷ついている子供たちに「死ぬことと誰かを攻撃する以外のことならなんでもいいので生き延びてほしい」とメッセージを送った。


    また、同日、中川は自身のツイッターを更新。

    「夏休み、あと10日を切りました 十代の自殺者が一番多いのが、夏休み明けの9/1」だとし、「どうか、生き延びて 攻撃してくるような愚かな人は、他人です。
    他人のどうでもいい人生より、自分の命に時間を使って」とつづった。


    https://sirabee.com/2019/08/23/20162148955/ 

    所長見解:かわいそうに・・・

    【【悲報】中川翔子、教師にいじめを相談した結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の中森明菜(53)がまた消えた。

    明菜は体調不良のため、2010年から活動を休止し、2014年の大晦日の「紅白歌合戦」(NHK)から活動を再開したものの、2017年末のディナーショー以来、また表舞台から姿を消したまま。

    とはいえ、危ういところも明菜の魅力。

    それを広く世間に知らしめたのは、ちょうど30年前の自殺未遂事件だった。

    封印されていた「真相」に迫る。


    no title


    1989年7月11日夜、東京・六本木の自宅マンションに帰った近藤真彦(54)は全身の血が凍り付いたのではないか。

    浴室に恋人の明菜が血まみれで倒れていたのだから。


    明菜は左腕の内側を刃物で切っていた。

    近藤の自宅で命を絶とうとしたのである。

    近藤は24歳で、明菜は23歳。

    ともに人気アイドルだったので、空前の騒ぎとなった。


    「動機については当時、『所属事務所の研音との不協和音』や『家族問題』などとも言われましたが、これらは近藤へのダメージを和らげるための配慮でしょう。
    やはり理由は近藤との関係しか考えられなかった。
    当時の近藤はモテたから、いろいろな女性から秋波を送られていた。
    その中には明菜がライバル視していた松田聖子もいた。
    近藤との関係がぐらぐらと揺れ動いていることに明菜は苛立ち、不安定な状態だった」(ベテラン芸能ジャーナリスト)

    二人はともに人気者だったが、収入はCDの売り上げで勝る明菜のほうが上。

    このため、明菜は近藤が夢中だったカーレースの経費を援助していたという。

    明菜は相当、近藤に入れあげていたのである。

    ただし、近藤のほうはというと・・・。

    芸能界の恋愛に限らず、若い男女にありがちな構図だった。

    その後、事態は明菜が考えていなかっただろう方向に進む。

    幸い明菜は一命を取り留めたものの、近藤が芸能生活のピンチに立たされたのだ。

    「恋人を自殺未遂に追い込んだ男」という最悪のレッテルを貼られてしまったのである。

    自殺未遂後の明菜は休養に入ったが、近藤もまた仕事どころではなくなった。

    「明菜を復帰させなくてはならないが、近藤も活動できるようにしなくてはならない。
    このため、明菜の事務所の研音、所属レコード会社のワーナー・パイオニア、近藤が所属するジャニーズ事務所で話し合い、『明菜に記者会見をさせる』ということになった」(会見を生中継した当時のテレビ朝日関係者)

    会見日時は同じ1989年の大晦日午後10時に設定された。

    「年を越さないうちに区切りをつけてしまったほうがいい」という判断からだった。

    また、同じ時間帯の「紅白歌合戦」に一泡吹かせたいというテレ朝の思惑もあった。

    とはいえ、実はテレ朝にはほかに乗り越えなくてはならない壁があった。

    この時間帯はジャーナリスト・田原総一朗(85)が司会を務める討論番組の放送枠だったのだ。

    硬派な田原の番組が、芸能スキャンダル絡みの記者会見によって削られてしまう形になる。

    田原の了解が不可欠だった。


    https://news.livedoor.com/article/detail/16756019/
    デイリー新潮

    所長見解:変な記者会見やったな・・・
    【【闇深問題】中森明菜「自殺未遂事件」封印されていた真相がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    6月から日本を拠点に芸能活動をスタートさせていた、韓国の女性アイドルグループ「KARA」の元メンバー・HARAが同26日、テレビ東京系音楽特番「テレ東音楽祭2019」に生出演した。


    k


    5月26日にソウル市内の自宅で“自殺未遂”騒動を起こして以降、初のテレビ出演。

    ステージでは、KARAの代表曲「ミスター」を、同じ「プロダクション尾木」に所属する女性5人組「Chuning Candy」とコラボし披露。

    歌唱中、激しいダンスの影響でベアトップの衣装が下がってきてしまい、下着(ヌーブラ)が“ポロリ”するアクシデントがあったのが話題になった。

    「平均視聴率が番組歴代最高の9・7%(ビデオリサーチ調べ)を記録したが、KARAは一時期、日本で爆発的な人気だっただけに、HARAの歌唱シーンは注目されていた。
    コラボしたグループは、なんとか事務所が売り出そうとするも鳴かず飛ばず。
    今後、HARAのイベントでバックダンサーを務め、少しでも顔を売る戦略なのでは」(芸能プロ関係者)

    なんとか日本での“受け皿”が見つかったHARAだが、今後、事務所としては売り方が難しいところだとか。

    そのため、すがるのは過去の栄光のようだ。

    「当初、日本のほかの芸能プロに売り込んだが断られてしまった。
    そこで、もともとKARA時代に日本でプロモーションを手がけてもらっていた尾木プロに泣きついた。
    とはいえ、HARAはKARAの中でも目立つ存在ではなかった。
    そのため、関係者がKARAを再結成させようと奔走。
    日本を活動の拠点にしている知英(ジヨン、スウィートパワー所属)にも声をかけているようです」(音楽業界関係者)

    ほかのメンバーとHARAの関係が気になるところだが、KARAに熱狂したファンたちは再結成を切望しているに違いない。


    https://npn.co.jp/sp/article/detail/12158084/

    所長見解:懐かしいね・・・
    【【朗報】KARA、再結成説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能界復帰を目指す坂口杏里(28)が30日放送のフジテレビ「ザ・ノンフィクション」に出演し、昨年9月に自殺を図っていたことが明らかにされた。

    杏里は女優の故坂口良子さん(2013年没)の長女で、二世タレントとして活躍したが、キャバクラのホステス、セクシー女優などに転身し、現在は音楽活動をしている。

    番組では2018年9月、杏里が、自身に密着していた本作の番組ディレクターに自殺を図ったことを連絡してきた様子が紹介された。


    s


    泣きながらディレクターに電話してきた杏里は「一応、遺書書いたんだけど。
    本当にけっこうガチで死のうと思って。
    ドライヤーの線で首をきつく縛って、やっぱ息ができないわけ。
    口からと鼻から血がバーッて出て」と、自殺を図った自身のさまを報告。

    理由を「なんか、ふと、もう」と説明し、送られてきた遺書には「私は強い人間じゃないので、このようなことしかできませんでした。」と書かれていた。

    翌月、ディレクターと会った杏里は「精神的にやっぱ地方(注・神戸で働いていた)だし、友達もいないし、休みもないし、きつかった」と語った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16701036/

    ▼画像
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/3/c3735_50_9693908a_40ef974e.jpg

    所長見解:なんかね・・・
    【【あの人は今】坂口杏里さん、自殺未遂の結果・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ