自殺

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「平成」が“歴史”になるにはまだ早い。

    にもかかわらず、すでに覆されようとしている“定説”もある。

    1994年(平成6年)9月24日未明に起きた宮沢りえ(45)の自殺未遂騒動をめぐり詳らかになった“新説”とは……。

    まだ夜も明けきらぬ午前5時。

    部屋に踏み込んだホテルの従業員がそこで目にしたのは、鮮血で真っ赤に染まった床と、腕にタオルを巻いて横たわる宮沢りえの姿であった。

    取材に携わった芸能記者が当時を振り返る。

    「あのとき、りえさんは国際映画祭に出席するため京都市内のホテルに母親と宿泊していたんです。
    しかし、彼女は深夜に一人でホテルを抜け出し、別のホテルにチェックイン。
    そして、部屋にあったガラス製のコップの破片で手首を切り、自殺を図ったのです」

    お騒がせ女優の自殺未遂騒動に世間は沸騰。

    りえ側はすぐさま単なる転倒による怪我だと自殺未遂を否定したのだが、

    「実は、この日、同じホテルの8階に、りえさんと親しかった中村勘三郎さんが宿泊していた。
    二人は騒動の前夜、祇園で会っていたこともあり、妻子のあった勘三郎と痴情のもつれの末、彼女が自殺未遂に至ったと見られていました」(同)

    しかし、『勘三郎伝説』の著者でエッセイストの関容子氏によれば、「しばらく経った頃、たまたま勘三郎さんとこの話をしたことがあったんです。
    彼は“もし自分の目の前で彼女が自殺未遂をしたのであれば、僕は必ず救急車を呼ぶ。
    自己保身に走ったり、逃げるようなことは絶対にしない”と、自分があの事件に関わっていたかのような当時の報道を強く否定しておられました」

    m


    恋する乙女
     
    道ならぬ恋が理由でないとすれば、真相はどこにあるのか。

    「ステージママの意のままに“宮沢りえ”を演じることに嫌気が差したんですよ」とため息交じりに話すのはさる事情通である。

    「あの親子は何をするにも一心同体で“一卵性母子”といわれたほどでした。
    母親は、りえさんに箔を付けようと、事あるごとにパーティーを開き、各界の大物を招いて“見合い”をさせた。
    彼女も母親のお眼鏡に適う人物でなければ交際することはありませんでした」

    しかし、そんなステージママも娘に“自我”が芽生え始めていたことまでは、気づけなかった。

    「あの当時、りえさんは市川猿翁の門弟だった若き歌舞伎役者に恋をしていたんです。
    でも役者といっても、満足に役も貰えないような名もなき若手。
    大物との交際を望んでいた母親に知られれば反対されるのは目に見えていました」(同)

    もっとも、そこは母親譲りの“激情型”である。

    恋情を抑えられるはずもなく、「りえさんは母親の目を盗んでは彼に電話をしたりして、愛を育もうとしていた。
    飲み会なんかで、彼の姿を目で追う彼女の表情は、恋する乙女そのものでしたね。
    でも、あの騒動の直前、りえさんは彼の知人から、彼に恋人がいることを知らされてしまったのです」(同)

    母親の意に沿わぬ片思い。

    しかしこのとき見せた一時の気の迷いすら、彼女は大女優への糧としてみせたのである。


    ディリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190115-00554925-shincho-ent


    所長見解:なぜ今更・・・

    【【衝撃の真相】宮沢りえ、自殺未遂事件のヤバ過ぎる新説がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    STAP細胞はあります――。

    彗星のごとく現れた割烹着のリケジョ・小保方晴子氏(35)は、論文に疑義が呈された後の会見で、こう言い放った。

    しかし、彼女が目下生きるのは“実験”とは真逆の“虚構”の世界なのだ。

    2014年(平成26年)1月。

    小保方氏が発表した「STAP細胞」は、世界中の注目を集めた。

    しかし、「発表からわずか2カ月後、共同研究者に論文撤回を呼び掛けられ、小保方さんは一転、“疑惑の人”に。
    加えて、研究の根幹をなす画像が博士論文からの流用だったことまで発覚し、7月には論文が取り下げられるのです」(全国紙記者)

    騒動後、長らく雲隠れを続けていた小保方氏は、2年の月日を経て、初の著書『あの日』を刊行。

    さらに、18年3月には『小保方晴子日記』を上梓した。

    著書の中で、16年6月から小説の執筆に取り組み始めたと明かし、すっかり文筆家気取りの小保方氏。

    だが、この騒動に犠牲者がいたことを忘れてはなるまい。

    「論文撤回直後の14年8月5日、小保方さんの最大の理解者だった笹井芳樹先生が研究所で自殺したのです。
    笹井先生は最後まで彼女のことを信じ、彼女宛の遺書には〈STAP細胞を再現して下さい〉と書かれていたといいます」(同)

    no title


    「STAP細胞はありましたか」小保方女史へ笹井未亡人からの質問

    小説を書く前にSTAP細胞を再現する気は本当にあるのか。

    恐らく、小保方氏にこの質問が出来るのは、故・笹井芳樹氏の妻を措いていまい。

    神戸市にある閑静な住宅街に未亡人を訪ねたところ、

    「小保方さんの著書は読んでいませんし、彼女のことは、もう視野の中にもありません」

    とした上で、こう話してくれた。

    「主人は彼女を信頼していましたし、当時はバタバタの中にいたこともあって、STAP細胞はあると信じてしまっていたんじゃないかと、今は思っています」

    かつて夫とともにSTAP細胞の存在に期待を寄せていた彼女だが、

    「やっぱり色々考える時間もあったので……」

    と、心境の変化があったことをほのめかすのだ。

    もっとも小保方氏個人を責めるつもりはないといい、

    「彼女は、ユニットリーダーという立場だったから、研究を一生懸命やろうとしたけど、付いて行けなかった。
    それで、もしかして、夢中になって間違えちゃったんじゃないかなとも思います」

    とはいえ、小説の執筆については、

    「小説を書くことは別にいいと思いますよ。
    でも、そこまで力が、文才があるかって言われたらどうなんですかね。
    真に小説として、例えば東野圭吾さんのような面白さがあるのか。
    結局、話題性ですよね」

    と首を傾げる。

    「彼女は(瀬戸内)寂聴さんとの対談でもSTAP細胞があるようなことを言っていたそうですが、それならば小説を書く前に実験をやっていただきたい。
    STAPがあると言うのだったら、それを証明するべきだと思います。
    実験は、日本じゃなくても出来るんですから。
    もし、彼女に会ったら、なんで実験をやらないのと聞いてみたい」

    平成のコペルニクスとなるか、はたまた“俗物”として終わるのか。

    小保方氏は未亡人の質問に何と答えるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190114-00554762-shincho-soci 


    所長見解:そうやね・・・

    【【あの人は今】自殺した笹井氏の未亡人から小保方女史へ「STAP細胞はありましたか」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    その傷は左腕の内側、手首よりも肘に近い位置にあった。

    長さ約8センチ、深さ約2センチ。

    死への決意を明確に物語る、深い傷である。

    すでにトップアイドルだった中森明菜(53)が自殺未遂騒動を引き起こしたのは1989年(平成元年)7月。

    この悲劇が当時、大いに世間の耳目を集めたのは当然の成り行きだった。

    何しろ、明菜が倒れていたのは、やはりトップアイドルだったマッチこと近藤真彦の自宅の浴室だったのだから……。

    2人が交際するようになったのは、自殺未遂騒動の数年前。

    その日もマッチの自宅では、明菜が待っているはずだった。

    が、仕事を終えた彼が自宅に電話しても誰も出ない。

    不審に思ったマッチが急行し、血の海になった浴室を目の当たりにすることになったのだ。

    無論マッチはすぐさま119番通報。

    明菜は慈恵医大病院に搬送された。

    当時、明菜が所属していた芸能事務所「研音」の社長だった花見赫(あきら)氏が語る。

    「病院にかけつけ、マスコミに漏れなければいいんだが、と思いながら社員に“マスコミ対応はどうする?”と聞くと、“もう出てます”と言う。
    病院のテレビでは早くも明菜の自殺未遂が報じられ、マスコミが集まってきていました」

    花見氏は、医師から非公式に説明を受ける際、傷の写真を見せられたという。

    「神経と血管が全部切れていて、とても深い傷でした。
    血管は1本ずつ縫って繋ぐが、神経の場合は1本ずつは無理なので、光ファイバーのように束のまま繋いで復元していく、大変な手術だったということを後で知りました」(同)

    n


    レコーディング中の異変

    明菜の自殺未遂からほどなく、花見氏は麻布警察署で事情聴取を受けた際、マネージメントのやり方について厳しい叱責を受けた。

    それまで、明菜からはマネージメントについての不満を聞いたことがなかったので、何のことやらと首を傾げるしかなかったが、

    「少し考えて、自殺未遂の本当の原因はマッチとの関係がうまくいかないことだったんだろうけど、それを言うとマッチに迷惑がかかるから、事務所のマネージメントのせいにしたんだと合点がいきました」(同)

    82年のデビューから数年間、ワーナー・パイオニアのディレクターとして明菜を担当した島田雄三氏は、

    「明菜は一本気な性格だから、近藤くんに対しても一直線に思いつめてしまったのでしょう。
    デビューからしばらくした頃、あれほど好きだと言っていたレコーディングの最中にチラッと時計を見たりして、集中出来ていない様子が見られた。
    最初は理由が分からなかったのですが、色々と周りの話を聞いて、近藤くんが原因だと分かりました」

    として、こう語る。

    「誰と付き合っているのか、といったことは普段聞いても教えてもらえないから、ハワイの海岸で寝っころがってリラックスしている時なんかに聞くんです。
    その作戦で、2人くらい教えてもらったんだけど、マッチについては絶対に言わなかったね。
    それだけ大事な存在だったんでしょう」

    マッチと離れた後も、明菜の側には常に、彼女を支える男の存在がある。

    再び表舞台に戻る時、彼女はどんな男に支えられているのだろうか。


    デイリー新潮
    https://news.goo.ne.jp/picture/entertainment/dailyshincho-554857.html


    所長見解:そんなか・・・

    【【マッチ事件】中森明菜、あの騒動から30年ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    m

    1995年公開の『耳をすませば』は中学生の男女の恋愛模様を描いた物語であるが、この映画のテレビ放映の後には「自殺したくなる」とネット上に書き込む人々が増えるという。

    その多くは十代の頃にこの映画を初めて見た人々で、十数年を経て改めて鑑賞すると、自らの「何もなかった」青春時代や、若かりし頃の無為に過ごした日々を嘆きたくなるというのである。

    https://tocana.jp/2019/01/post_19334_entry.html


    所長見解:そうか?・・・

    【【都市伝説】『耳をすませば』が放送されると「自殺」の書き込みが増える説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日南響子が自殺未遂報道に言及、真相語る

    モデルの日南響子(24歳)が、11月20日に放送されたバラエティ番組「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)に出演。

    かつて報道された自身の自殺未遂について否定した。

    日南は、新垣結衣や藤田ニコルなどを輩出した雑誌「ニコラ」のモデルとしてデビュー。

    ガッキー超えの表紙16回を飾り、その後も「non・no」で最年少専属モデルとして佐々木希や桐谷美玲らとしのぎを削ったが、ある日突然、自殺未遂報道が新聞の一面を飾ってしまう。

    k


    日南によると、タクシーとの接触事故を起こして軽症だったものの、当時、交際相手の男性と別れるために、半年間ほど警察に行っていたことと関連付けられ、さらには意識不明と報道され、大騒ぎになってしまったという。

    MCの有田哲平が「え、じゃあその(自殺未遂の)イメージがついたまま?」と尋ねると、日南は「今もたぶんそうですね。違いますよ、と言うのは初めてお話をさせていただく感じで」と当時の報道を否定。

    自殺未遂報道のあと専属モデルの仕事もなくなった日南は事務所を辞め、フリーに。

    その後、日南は○○○写真集を出すことに。

    ギャラは分割だったものの「数百万」だったと明かし、人生がだいぶ変わったと話した。

    https://www.narinari.com/Nd/20181152129.html


    所長見解:かわいかったのにな・・・

    【【あの人は今】日南響子の自殺未遂報道の真相がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ