ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    自殺

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の中森明菜(53)がまた消えた。

    明菜は体調不良のため、2010年から活動を休止し、2014年の大晦日の「紅白歌合戦」(NHK)から活動を再開したものの、2017年末のディナーショー以来、また表舞台から姿を消したまま。

    とはいえ、危ういところも明菜の魅力。

    それを広く世間に知らしめたのは、ちょうど30年前の自殺未遂事件だった。

    封印されていた「真相」に迫る。


    no title


    1989年7月11日夜、東京・六本木の自宅マンションに帰った近藤真彦(54)は全身の血が凍り付いたのではないか。

    浴室に恋人の明菜が血まみれで倒れていたのだから。


    明菜は左腕の内側を刃物で切っていた。

    近藤の自宅で命を絶とうとしたのである。

    近藤は24歳で、明菜は23歳。

    ともに人気アイドルだったので、空前の騒ぎとなった。


    「動機については当時、『所属事務所の研音との不協和音』や『家族問題』などとも言われましたが、これらは近藤へのダメージを和らげるための配慮でしょう。
    やはり理由は近藤との関係しか考えられなかった。
    当時の近藤はモテたから、いろいろな女性から秋波を送られていた。
    その中には明菜がライバル視していた松田聖子もいた。
    近藤との関係がぐらぐらと揺れ動いていることに明菜は苛立ち、不安定な状態だった」(ベテラン芸能ジャーナリスト)

    二人はともに人気者だったが、収入はCDの売り上げで勝る明菜のほうが上。

    このため、明菜は近藤が夢中だったカーレースの経費を援助していたという。

    明菜は相当、近藤に入れあげていたのである。

    ただし、近藤のほうはというと・・・。

    芸能界の恋愛に限らず、若い男女にありがちな構図だった。

    その後、事態は明菜が考えていなかっただろう方向に進む。

    幸い明菜は一命を取り留めたものの、近藤が芸能生活のピンチに立たされたのだ。

    「恋人を自殺未遂に追い込んだ男」という最悪のレッテルを貼られてしまったのである。

    自殺未遂後の明菜は休養に入ったが、近藤もまた仕事どころではなくなった。

    「明菜を復帰させなくてはならないが、近藤も活動できるようにしなくてはならない。
    このため、明菜の事務所の研音、所属レコード会社のワーナー・パイオニア、近藤が所属するジャニーズ事務所で話し合い、『明菜に記者会見をさせる』ということになった」(会見を生中継した当時のテレビ朝日関係者)

    会見日時は同じ1989年の大晦日午後10時に設定された。

    「年を越さないうちに区切りをつけてしまったほうがいい」という判断からだった。

    また、同じ時間帯の「紅白歌合戦」に一泡吹かせたいというテレ朝の思惑もあった。

    とはいえ、実はテレ朝にはほかに乗り越えなくてはならない壁があった。

    この時間帯はジャーナリスト・田原総一朗(85)が司会を務める討論番組の放送枠だったのだ。

    硬派な田原の番組が、芸能スキャンダル絡みの記者会見によって削られてしまう形になる。

    田原の了解が不可欠だった。


    https://news.livedoor.com/article/detail/16756019/
    デイリー新潮

    所長見解:変な記者会見やったな・・・
    【【闇深問題】中森明菜「自殺未遂事件」封印されていた真相がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    6月から日本を拠点に芸能活動をスタートさせていた、韓国の女性アイドルグループ「KARA」の元メンバー・HARAが同26日、テレビ東京系音楽特番「テレ東音楽祭2019」に生出演した。


    k


    5月26日にソウル市内の自宅で“自殺未遂”騒動を起こして以降、初のテレビ出演。

    ステージでは、KARAの代表曲「ミスター」を、同じ「プロダクション尾木」に所属する女性5人組「Chuning Candy」とコラボし披露。

    歌唱中、激しいダンスの影響でベアトップの衣装が下がってきてしまい、下着(ヌーブラ)が“ポロリ”するアクシデントがあったのが話題になった。

    「平均視聴率が番組歴代最高の9・7%(ビデオリサーチ調べ)を記録したが、KARAは一時期、日本で爆発的な人気だっただけに、HARAの歌唱シーンは注目されていた。
    コラボしたグループは、なんとか事務所が売り出そうとするも鳴かず飛ばず。
    今後、HARAのイベントでバックダンサーを務め、少しでも顔を売る戦略なのでは」(芸能プロ関係者)

    なんとか日本での“受け皿”が見つかったHARAだが、今後、事務所としては売り方が難しいところだとか。

    そのため、すがるのは過去の栄光のようだ。

    「当初、日本のほかの芸能プロに売り込んだが断られてしまった。
    そこで、もともとKARA時代に日本でプロモーションを手がけてもらっていた尾木プロに泣きついた。
    とはいえ、HARAはKARAの中でも目立つ存在ではなかった。
    そのため、関係者がKARAを再結成させようと奔走。
    日本を活動の拠点にしている知英(ジヨン、スウィートパワー所属)にも声をかけているようです」(音楽業界関係者)

    ほかのメンバーとHARAの関係が気になるところだが、KARAに熱狂したファンたちは再結成を切望しているに違いない。


    https://npn.co.jp/sp/article/detail/12158084/

    所長見解:懐かしいね・・・
    【【朗報】KARA、再結成説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能界復帰を目指す坂口杏里(28)が30日放送のフジテレビ「ザ・ノンフィクション」に出演し、昨年9月に自殺を図っていたことが明らかにされた。

    杏里は女優の故坂口良子さん(2013年没)の長女で、二世タレントとして活躍したが、キャバクラのホステス、セクシー女優などに転身し、現在は音楽活動をしている。

    番組では2018年9月、杏里が、自身に密着していた本作の番組ディレクターに自殺を図ったことを連絡してきた様子が紹介された。


    s


    泣きながらディレクターに電話してきた杏里は「一応、遺書書いたんだけど。
    本当にけっこうガチで死のうと思って。
    ドライヤーの線で首をきつく縛って、やっぱ息ができないわけ。
    口からと鼻から血がバーッて出て」と、自殺を図った自身のさまを報告。

    理由を「なんか、ふと、もう」と説明し、送られてきた遺書には「私は強い人間じゃないので、このようなことしかできませんでした。」と書かれていた。

    翌月、ディレクターと会った杏里は「精神的にやっぱ地方(注・神戸で働いていた)だし、友達もいないし、休みもないし、きつかった」と語った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16701036/

    ▼画像
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/3/c3735_50_9693908a_40ef974e.jpg

    所長見解:なんかね・・・
    【【あの人は今】坂口杏里さん、自殺未遂の結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    自殺未遂を図ったガールズグループ「KARA」の元メンバー ク・ハラ(28)が病院を退院後、日本へ向かったことがわかった。

    5日、韓国メディアは、ク・ハラが安静をとるために日本へ向かったと報道した。

    報道によるとある関係者は「ク・ハラが安静のためには所属事務所のケアを受けるのが良いとの判断で、退院してすぐ日本へ向かった」と説明した。

    ク・ハラは現在、韓国には所属事務所がなく、日本にのみ所属事務所がある状況だ。

    また、自宅が一般に公開されたことへの負担もあると伝えられた。

    これにより、世間の過度な関心が安静や休息の妨げになると考え、日本行きを選んだものとみられる。

    自殺未遂後、ク・ハラは日本のメディアを通じて「ご迷惑をおかけしてとても申し訳ない」とし、「いろいろなことが重なり、つらかった。今からは元気な姿を見せられるように努力する」と心境を告白していた。


    https://news.infoseek.co.jp/article/wowkorea_235845/

    no title


    所長見解:死ななくてよかったやん・・・
    【【元KARA】自殺未遂のク・ハラさん、退院後は日本希望の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    上原多香子の夫・コウカズヤ氏が劇団を退団処分 SNS投稿原因で

    劇団BuzzFestTheaterは29日、ツイッターで同劇団の脚本・演出担当のコウカズヤ氏が退団したと発表した。

    コウ氏は妻でSPEEDの上原多香子のツイートを巡り、自身もツイッターで反論するなどして騒動となっていた。

    コウ氏も自身のツイッターで「退団処分を受けることになった」と発表した。

    j


    BuzzFestTheaterは、公式ツイッターで「当劇団の脚本・演出を担当しておりましたコウカズヤは本日5月29日をもちまして退団となりました」と告知され「この度、本人のSNSでの発言におきまして皆様へ大変ご不快な思いをさせてしまいました事、心よりお詫び申し上げます」と退団原因がコウ氏のSNSだったとした。


    コウ氏もツイッターで「この度、私のTwitter上での投稿で、多くの方々に不快な思いをさせてしまったことを、心よりお詫び申し上げます」と記し「私が所属していた劇団BuzzFestTheaterは今回の一件を重く受け止め、その責任として、私は劇団から退団処分を受けることになりました。
    その処分を真摯に受け止めるとともに、心から深く反省しております。
    本当に申し訳ございませんでした」とつぶやいている。


    コウ氏は14日にツイッターで、承認された人しか読むことができない妻・上原のツイッターがネットニュースとなったことに「週刊誌のネットニュースに晒されて、また蚊の大群がウジャウジャ湧いてきました」「鬱陶しい」などと激怒ツイートを投稿。

    匿名コメントについても「屁でしか返しませんので」など辛辣な言葉をつぶやいていた。

    また、一部で上原の前夫が自殺したことにコウ氏が「親の責任」などと語っていたことに「自殺が全て、親の責任とは一切思っておりません」と改めてつぶやき「一部だけ切り取って解釈しないでいただきたいです」と訴えていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000046-dal-ent

    所長見解:まあね・・・
    【【悲報】上原多香子の夫が炎上問題で劇団をクビの模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ