ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:能年玲奈

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「能年玲奈」が前事務所レプロHPから消えネット騒然…理由めぐり臆測飛び交う

    レプロエンタテインメントの公式サイトから「能年玲奈」が消えていることが判明し、インターネット上では「やっと解放されたか」などと歓喜の声が上がっている。

    n


    2013年にNHK連続テレビ小説『あまちゃん』でブレイクした能年は、レプロ在籍中の15年1月に50代の女性演出家とともに個人事務所を設立した。
    まだレプロとの契約が残っている段階で能年が「事務所を辞めたい」と言い出したため、両者の関係が悪化。
     
    16年6月に契約満了となった後もレプロ側は契約延長を求める姿勢を貫き、能年側に送付した文書の中には「契約終了後も『能年玲奈』を芸名として使用するにはレプロの許可が必要」という記述もあったことが報じられている。

    そのため、能年は同年7月に「のん」に改名したことを発表。
    新たな名前で再出発することを表明した。
    しかし、その後もレプロの公式サイトには所属タレントとして「能年玲奈」の記載が残っており、ネット上では「いつまで縛る気だ」「無言の圧力」などの声が上がっていた。

    一方で、18年2月15日に公正取引委員会がフリーランスの働き方についての調査報告を公表した。
    報告書の中には「契約期間が終了しても、既存の提供先である発注者の一方的な判断により専属義務を含む役務提供に係る契約を再度締結して役務提供を継続させる行為が、芸能事務所と芸能人の間の契約において行われる場合がある」などと明記され、そういった行為が独占禁止法に抵触する可能性を示唆していた。

    ここにきてレプロ公式サイトから「能年玲奈」の記載が消えたことについては、この公取委の動きが影響したという見方もある。
    いずれにせよ、ネット上ではファンをはじめとして

    「喜んでいいんだよね? やったー!」
    「公取委のおかげだ、報告書が効いたのだろう」
    「これを機に名前も取り戻せたらいいな」
    「のんちゃんもファンの方もおめでとう! 一歩前進ですね」

    といった歓喜の声が上がっている。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    http://biz-journal.jp/2018/04/post_23003.html


    所長見解:よかったね・・・
    【【のん氏に朗報】「能年玲奈」が前事務所HPから消えた結果wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優で「創作あーちすと」、最近は歌手としても活躍中の、のんが元旦にリリースする新シングル「RUN!!!・ストレート街道」のジャケット写真と予告映像が12月19日に公開された。
    昔と変わらぬ可愛らしさを披露しているが、さらに“艶っぽ要素”も加わったことで大いに注目を集めている。

    「今回の映像にはのんが陸上のトラックを走るシーンがあります。
    ピンクのキュートなトレーニングウェアで走っており、彼女の胸が上下に激しく揺れているのがわかるものなんです」(週刊誌芸能担当記者)

    映像を見てみると、彼女の胸は控えめで決して豊かではないものの、ぶるるんと上下に揺れているのがよくわかる。
    スローモーションのシーンもあり、たっぷりと胸揺れを堪能できる。
    トラックに倒れ込んで、あわや胸の渓谷が見えそうになってしまうカットも用意されている。
    彼女のファンにはうれしいクリスマスプレゼントになった。

    「胸もいいんですが、トレーニングウェアから飛び出したナマ脚もたまりません。
    真っ白で細いんですよ。
    彼女はこれまで艶っぽさを利用することは、ほとんどなかった。
    それがここに来て急な方針転換をした形です。
    2018年には独立騒動から3年が経過しますから、復活に向けてなりふり構っていられないということでしょう」(前出・週刊誌芸能担当記者)

    となれば、いずれは女優として大胆な艶シーンも挑戦することも期待できそう。
    そんなことまで想起させるなかなか攻めた動画だったのだ。

    http://www.asagei.com/excerpt/95319

    新SG『RUN!!!』ジャケ写 
    no title

    【のん】2nd Single『RUN!!!・ストレート街道』ティザー
    https://www.youtube.com/watch?v=zh3jpkixJ44



    所長見解:あまちゃん・・・
    【【能年玲奈】のん、禁断の「胸揺らし動画」公開ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    現役東大生と芸能人がクイズ対決を行う『東大王2時間半SP』(TBS系)の12月3日放送のワンシーンが物議を醸し出している。
    問題に「全てひらがな表記の人物名・グループ名」が出され、東大生が「のん」と回答したところ、『日本タレント名鑑』(VIPタイムズ社)にないため、不正解になってしまったのだ。

    これを受け、ネット上では「ものすごい闇を感じる」「TBS“忖度”しまくりだな」といった声が聞かれた。

    n


    「『のん』こと本名、能年玲奈は、事務所独立時のトラブルから、現在は芸能活動で本名を名乗ることができず、2016年7月からはのんとして活動しています。
    大ヒット映画『この世界の片隅に』の主人公すず役の声優活動のほか、ミュージシャン活動なども知られていますが、テレビ番組への出演はかなっていません。
    確かに、『タレント名鑑』への記載はないのでしょうが、出題テーマは『有名人』の括りなので、不正解とするのは不自然です。
    番組の流れがあるためカットできずに、サラリと流した印象も受けました」(芸能ライター)

    さらに、今回のハプニングが、TBSで起きたことも注目を浴びているようだ。

    「TBSは『日本レコード大賞』の放送局として知られます。
    この賞は、各新聞社の記者が中心となって決定される賞とされていますが、一部の大手芸能事務所の意向が色濃く反映されることで知られています。
    今年は2年連続で『NHK紅白歌合戦』を落選した和田アキ子に特別賞が与えられました。
    デビュー50年にあたる記念の年ではありますが、肝心のレコードの売り上げはほとんどありません」(前出・同)

    はからずも、数ある民放局の中でも、TBSはもっとも「のん」こと本名能年玲奈の扱いにピリピリしていると証明してしまったようだ。

    http://wjn.jp/article/detail/3289280/


    所長見解:あまちゃん・・・
    【【能年玲奈】TBSが忖度して「のん」は有名人ではないってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優・創作あーちすととして活躍するのんが、今月21日に発売される映画専門雑誌「映画秘宝」2017年11月号より、新連載「ヒーローになりたい!」を開始することが明らかになった。
    初回限定企画として、伊賀大介スタイリングで“なりたいヒーロー”に変身。
    発表に合わせて、雑誌未掲載となるワンダーウーマンにふんしたグラビアも公開された。

    「ヒーローになりたい!」は「古今東西、憧れのヒーロー映画をのんさんが観まくる!」というコンセプトの新連載。
    第1回目のみの限定撮り下ろし企画として、『ワンダーウーマン』(2017)よりワンダーウーマン、ミュージカル映画『アニーよ銃をとれ』(1951)よりアニー、『ニッポン無責任時代』(1962)より平均(たいらひとし)を演じた植木等さんにふんした、3パターンのグラビアに挑戦した。

    凛々しい“ワンダーのん”として表紙に登場するだけでなく、巻頭カラーから10ページに渡るグラビアとロングインタビューを掲載。
    ワンダーウーマンの衣装は、映画のガル・ガドット版ではなく、テレビドラマ「空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン」(1976~1977)のリンダ・カーター版という捻りの効いたチョイス。
    撮影についてのんは、「ヒーローそのものになることは初めてだったので、ワクワクドキドキしました。
    私、ヒロインよりもヒーローにずっと憧れているんです」と歓喜している。

    中でも、植木さん(=平均)の撮影については「今回なったヒーローのなかで、いちばんやりたいです!」と並みならぬ気合で臨んだ様子。
    各作品への思いについても、ロングインタビューで語られている。

    映画専門雑誌「映画秘宝」2017年11月号は9月21日発売 洋泉社刊 1,080円(税込み)

    シネマトゥデイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000009-flix-movi

    no title

    no title

    no title


    所長見解:微妙だな・・・
    【【これはイタい】のん、ワンダーウーマンになるってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    真木よう子(34)の「コミックマーケット93」参加騒動が波紋を広げ続けている。
    真木はクラウドファンディングで資金を集めてフォトマガジンを制作し、12月に行われる「コミックマーケット93」に参加することを表明していたが、Twitterなどネット上で多くの非難を浴びたため、8月28日に「コミックマーケット」への参加中止を発表した。
    「コミケ」とも言われる同イベントは、同人誌などが販売される即売会で、3日間で53万人を動員するなど、経済効果も凄まじい人気企画になっている。

    ちなみに真木は「コミックマーケット93」での頒布はせず、「特典をつけた上で2018年1月上旬に発送予定」としていた。
    8月29日には、炎上状態となっていたTwitterアカウントが削除した真木を擁護する声もあがっているが、行動を指摘する声の方が圧倒的に多いようだ。

    「コミケファンからバッシングを受けるリスクを事前に把握せず、安易にプロジェクトに走った真木自身の意識の低さが招いた騒動だと言えるでしょう。
    真木は8月の夏コミに参加したとも公言していましたが、そのような“素人参入”がオタク達の反感を招いたようです。
    単に『儲かりそうだから出展を計画した』と思われてしまったことが、大きくマイナスに作用している」(週刊誌記者)

    「コミックマーケット」は、原則「アマチュア」で営利を目的としない団体を対象としている。
    自身のフォトマガジンの頒布に、「コミックマーケット」という場所を選んでしまったことが、結果的に騒動を広げる大きな要因になってしまったようだ。

    y


    ■真木よう子の背後に悪質な黒幕の存在も?

    今回の騒動では、今夏に行われた「コミックマーケット92」に出展した、同じく芸能人の叶姉妹が引き合いに出されているが、彼女たちはむしろ歓迎ムードだったようだ。
    その背景にはオタク文化に対するスタンスの違いがあるようだ。

    「叶姉妹はオタク文化をしっかり知ろうという姿勢が自身のブログなどを通して見て取れる状態にあり、オタクに対するリスペクトの気持ちが表れていたことが大きい。
    真木の場合はそうした点に欠けていた。
    真木のコメントを見ても、ファンと触れ合えるキッカケを作りたかったなど説得力がない。
    真木からはコミケにそこまで強い愛情を感じないところが、叶姉妹との大きな差を生んだ理由でしょう。
    真木は操られていただけで無理もない話ですが」(前出・記者)

    メディア関係者の一部ではすでに黒幕の名前も囁かれ、真木を使って一儲けしようとしていた疑惑も浮上している。
    実際に今回の騒動前にその人物は周囲に「コミケを使えばオタクを使える(利用できる)」と吹聴していたようで、女優のん(能年玲奈)が音楽活動を始めるとして資金集めした際にも関わっているという。

    「この人物は仕事を通じてタレント側と親しくなり、事務所を通さずにビジネスを持ちかけるなど、業界では問題児扱いされることもあった。
    能年がクラウドファンディングに成功したことで味をしめ、真木をそそのかせたという説がすでに業界内で広まっています」(前出・記者)

    真木のTwitterアカウントが削除されて以降、直接やりとりしたDMを公開するアカウントも現れ始めており、事態はさらなる混迷を見せている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1350287/
    デイリーニュースオンライン


    所長見解:なんか大変なことになったね・・・
    【【誰?】真木よう子は騙されただけ? 女優のんとも繋がるコミケ騒動の”怪しい黒幕” ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ