能年玲奈

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ウンナナクールが新ヴィジュアルにのんを起用、神田恵介とのコラボインナーの発売も

    「ウンナナクール(une nana cool)」が、2019年のヴィシ゛ュアルモテ゛ルに女優やモデル、ミュージシャンとして活動しているのんを起用した。

    2019年のプロモーションは、昨年に引き続きディレクションをれもんらいふの千原徹也、コピーを作家の川上未映子、撮影を写真家の瀧本幹也が担当。

    ヴィジュアルは公式サイトやインスタグラム、店頭ポスターなどで展開されている。


    n


    ≪のん氏からのコメント≫

    女の子にエールを送るコンセプトを掲げたブランドに声をかけていただいたのがとても光栄に思います。

    私も女の子の持つエネルギーが大好き。

    そして川上未映子さんの詩が素晴らしくて、全国にいるたくさんの女の子の元にウンナナクールが伝えるメッセージを届けたいと思いました。

    自分の目に唇に髪に、夢が込もっている。

    そう思うと誰からの評価でもなく自分自身が自分に夢を託すことができる、私も勇気付けられました。

    ウンナナクールに背中を押されて、私も私の夢をみよう、と強く思いました。

    画像①

    画像②

    画像③

    画像④

    画像⑤


    https://www.fashionsnap.com/article/2019-02-21/unenanacool-non/

    所長見解:ないやん・・・

    【【画像あり】元・能年玲奈こと『のん』が下着ブランドのモデルに起用された結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    古田新太が「あまちゃん」裏話、のんを絶賛

    俳優の古田新太(53歳)が、1月11日に放送された朝の情報番組「あさイチ」(NHK総合)に出演。

    2013年上半期に放送された連続テレビ小説「あまちゃん」の裏話などを語った。

    古田は「あまちゃん」で大物プロデューサーの役を演じたが、劇中、手を脇の下に挟むポーズについて、映画「トレインスポッティング」のポスターを真似たという。

    ところが、あとでとんねるずの石橋貴明から「あれは秋元(康)さんの癖を知っていたの?」と聞かれるほど、秋元康の癖に似ていると指摘されたそうだ。

    また、主演を務めたのん(能年玲奈)について「キラッキラしてました。クドカンからヒロインはどうなの、という話は聞いていたんですけれども、のんちゃんはキラッキラしていました」と絶賛。

    n


    さらに、親交のあった勝地涼が演じた前髪クネオは、古田による演技指導があり、「くねらせるなら、もっとしっかりくねらせるし、前髪いじるならもっとしっかりいじらなきゃいけない!」、腰を振るシーンも「縦だけでいい!横は捨てろ、縦だけで押せ!余計なことするな!」ともはや監督のようだったとのこと。

    そのおかげもあってか、勝地はNHKに爪痕を残したと、古田に対して感謝の言葉を伝えた。

    https://www.narinari.com/Nd/20190152818.html


    所長見解:もったいないな・・・

    【【あまちゃん】古田新太がのんを絶賛した件・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3年前の独立騒動がいまだに尾を引いている若手女優・のん(25)が前所属事務所『レプロエンタテインメント』に“謝罪”したことで、芸能活動の行方に注目が集まっている。

    「写真週刊誌に、のんが知人男性と前事務所に謝罪に行った現場を撮られ和解と報じられましたが、前事務所は即座に否定のコメントを出した。
    9月には女優の真木よう子が移籍してきましたから、のんは必要ない。
    芸名『能年玲奈』の名前が復活する可能性は極めて低いですね」(芸能関係者)

    のんはNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年)で大ブレークしたが、'15年1月に女性演出家と個人事務所を設立したことで独立騒動に発展。
    のん側とレプロ側の双方が対立したまま翌年に独立した。
    同時に能年玲奈の名前で芸能活動ができなくなったため、『のん』と改名した経緯がある。

    n


    のんの置かれた現状に困惑したのが、脚本家の宮藤官九郎とNHKの大河ドラマ制作スタッフだという。
    「来年の大河『いだてん 東京オリムピック噺』の脚本は『あまちゃん』を担当した宮藤官九郎です。
    制作スタッフも“あまちゃんチーム”ということもあって、のんを大河に出演させたい。
    そのためには、前事務所と和解させることが先決です。
    だから、謝罪と再度マネジメントを依頼することで問題の解決を図ったんです」(ドラマ関係者)

    しかし、前事務所の対応はツレないもので「能年氏から、過去についての謝罪と、弊社にマネジメントを再度依頼したい旨の要望があり、本人との面会に至りました。
    しかしながら、何ら解決には至っておりません」と和解をきっぱり否定。
    事前に情報が洩れたことにも不信感を抱いている。

    「新たに所属した真木よう子は女優として評価が高く、ドラマの需要度は高い。
    後ろ足で砂をかけるように辞めて行ったのんに、関わりたくないのが本音では。
    今回、和解が成立しなかったことで、のんの大河ドラマの話は暗礁に乗り上げていますよ」(同)

    のん、和解工作失敗で“じぇじぇじぇ”。

    http://dailynewsonline.jp/article/1566771/
    週刊実話


    所長見解:もうね・・・

    【【元・能年玲奈】のん、前事務所に独立トラブルを謝罪した結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    のん、胸毛まで忠実再現のフレディ・マーキュリーコスプレがカッコいい

    女優ののんが31日、自身のインスタグラムにおいて、伝説的なロックバンド・クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーのコスプレ姿を投稿。
    気合の入った仮装がファンの間で話題となっている。

    「みなさま、ハッピーハロウィーン!今年の仮装は気合い入れました」というメッセージとともに投稿されたのんのショットは、フレディの代名詞であるボトムレスのスタンドマイクや胸毛まで再現したこだわりを感じる4枚。
    熱唱する姿や、腕を掲げるポーズなど、今にもクイーンの名曲が聞こえてきそうな出来栄えだ。

    のんは「映画ボヘミアンラプソディも公開されます。試写会を観て、今年はこの人しかいない、と心に決めました。力強くみなぎるパワーと、フレディへの敬意を込めて、拳を握りました。楽しかった~~!」と熱く語っており、「#ボヘミアン胸熱」などといったハッシュタグをつけるなど、まもなく公開されるクイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』にパワーをもらった模様。
    最後は「フレディへ愛を込めて!」と締めくくっている。

    気合いの入ったのんのコスプレ姿には「クオリティーが高い」「さすがのんさん」といった称賛の声が殺到。
    「胸毛がステキ」「めっちゃ胸毛もついてる(笑)」「胸毛最高」など、胸毛にツッコミを入れるファンが続出した。
    中には「ユー アー ザ チャンピオンじゃ!」とクイーンの名曲『We Are the Champions』をもじったコメントを残すファンもおり、コメント欄は大いににぎわっている。


    [non_kamo_ne]
    no title

    no title

    no title

    no title

    https://www.crank-in.net/news/60077/1


    所長見解:もうな・・・

    【【元能年玲奈】のん「今年の仮装は気合い入れました」←結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    本誌が彼女を目撃したのは、10月上旬のこと。
    この日、のんが訪れたのは、なんと彼女の“古巣“である芸能事務所『レプロエンタテインメント』だった――。

    n


    朝ドラ『あまちゃん』で主演を務めて、国民的人気を得た彼女。
    だが、公私にわたってのんの面倒をみていた演出家・T氏に心酔したことで、’15年には事務所と深刻に対立。
    関係は修復不可能となり、’16年6月に『レプロ』を離れることに。
    その経緯は“洗脳騒動“として大きく報じられた。
    そんな彼女が、なぜ“因縁の相手“ともいえる事務所に姿を現したのか。

    「実はこの日、のんと『レプロ』の間で、和解に向けた話し合いの場が持たれていたんです。
    持ちかけてきたのはのんサイド。
    騒動の詫びを入れるという形で、彼女が事務所に顔を見せることになりました。
    目的は、事務所との関係修復。
    さらに、のんがまた『レプロ』のマネジメントを受ける、という内容も含んでいます。
    まだ話し合いは始まったばかりですが、両者にとって意味のあるものだったことは間違いありません」(芸能プロ幹部)

    この日、のんは黒塗りのハイヤーで事務所の入るビルに到着し、運転手にエスコートされて降車した。
    久しぶりの事務所に懐かしさが込み上げてきたのか、笑みを浮かべている。
    そして軽やかにスキップしながら、ビルの入り口へ。
    こんな緊迫した状況にあって、なんとも「らしい」振る舞いだ。

    本誌はまさに“決定的瞬間“を目撃したわけだが、気になるのはそのタイミングだ。
    騒動から3年半が経ったいま、なぜのんと『レプロ』の間で和解への舵が切られたのだろうか。

    実は、現在、来年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』での、のんの「NHKカムバック」という仰天プランが進行中だというのだ。

    「『いだてん』は’20年の東京オリンピックを前に、NHKが総力をあげて制作している大河ドラマ。
    脚本は宮藤官九郎さん(48)が担当することが決まっています。
    実は、その制作陣が、『あまちゃん』を手掛けたスタッフたちなんです。
    宮藤さんを含め、いわば『チームあまちゃん』とでも言いましょうか。
    そのチームから、『サプライズとして、のんを出演させたい』という話が出ているようなんです」(NHK関係者)

    紆余曲折を経ながらも、再び大きな舞台で脚光を浴びようとしているのん。
    彼女の天才的な演技を、もう一度見たい――。
    多くの国民が待ちわびている瞬間が訪れるのは、そう遠くないかもしれない。

    10月19日発売のFRIDAY最新号では、「レプロ」との話し合い直後、笑顔でスタッフに手を振るのんの姿を掲載し、和解交渉の舞台裏を詳しく報じている。

    FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181019-00010000-friday-ent


    所長見解:もうね・・・

    【【あまちゃん】「元・能年玲奈」のんが芸能事務所と和解の模様・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ