ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    老化

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    明石家さんまが“ハートブレイク”により、近く「完全引退宣言」を出すのではないかと評判だ。

    今やお笑い界の〝老害〟とされ、若い層から「キモじじい」とまで呼ばれる大御所。

    一体どうしたというのだろうか…。


    s


    「去る9月、お堅いニュースサイトにまで取り上げられ、『教養がない』などと酷評されました。
    時代を読めないセクハラ芸に呆れたといった内容です。
    また、同じく9月に女優の石田ゆり子と17年ぶりに共演した際、『なぜ結婚しないの?』と明らかな禁句発言。
    言ってもいいことと悪いことの区別もつかないようでから、引退すべきなどの声が上がるのも仕方ないのかもしれません」(芸能ライター)


    実は〝引退宣言〟自体、過去にさんま本人がしたものだ。

    57、8歳のときに「60歳で引退する」と複数回、テレビで発言。

    〝公約〟のようになっていた。

    しかし、いまだ引退せず。


    「すでに資産は100億円以上あるといわれています。
    中居正広が『3ケタ(100億円)あるの、芸能界でさんまさんだけじゃない』と言っていました。
    中居は以前、さんまから『オレ、木村(拓哉)派やから』と面と向かって言われ、さんまのことが大嫌い。
    中居もワザとバラしたのでしょう」(テレビ誌記者)



    いまだに諦めきれない?

    決定的だったのは、先ごろ〝カトパン〟こと加藤綾子と『EXILE』グループのNAOTOとの交際が報道されたこと。

    直後に放送されたラジオ番組『ヤングタウン土曜日』で、さんまはNAOTOについて「ものすごいええやつ」と絶賛したのだが、これが物議の的となった。


    「さんまはNAOTOには会ったことはないんです。
    バラエティー番組のワイプで顔を見た程度だそうです。
    会っていないのに『エエやっちゃ』と言ってのけるですから、ほとんどボケ老人でしょう」(同・記者)


    カトパンとは10年以上もテレビ番組で共演しながら、彼女に交際相手がいることも知らなかったのが実状。


    「さんまは週刊誌が出る直前にカトパンから連絡が来たと語っていますが、違うでしょう。交際の情報が流れ、さんまがシットで怒って連絡したら、交際を告白したのが正解に近い」(同)


    何しろ、さんまはカトパンにゾッコンだ。

    以前、テレビで「抱きたい」などとセクハラ発言をしてアピールしたものの、ハッキリ〝お断り〟されたことが一部の芸能サイトで報じられている。


    「さんまはラジオで『結び付くキッカケが分からん』などと、ポロッと言っています。
    まだ諦めきれないのでしょう。
    もう引退して番組共演をやめ、一切会わないのが賢明ですよ」(同)


    老害どころか〝老醜〟だ。


    http://dailynewsonline.jp/article/2033839/

    所長見解:この言われよう・・・


    【【悲報】明石家さんま、引退を決意した模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元フジテレビアナウンサーの中野美奈子が10月1日、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)のスペシャルに出演。

    海外への引っ越しを経て久々の出演となったが、視聴者からは「容姿が変わった」と指摘する声が続出している。


    中野は「この人、デリカシーないなと思った瞬間」というトークテーマで、海外在住時の経験を明かした。

    夫の仕事の関係でシンガポールに住み、現在は広島に住んでいる中野。

    シンガポールで仲良くしていた〝ママ友〟とデパートで会い、夫を紹介したという。

    その際、ママ友から「わー! すごい安心した」「(夫が)超普通だね」と言われたことにドン引きしたことを明かした。

    「(確かに)うちに主人は普通なんですけど、『え?』と思った」と違和感を抱いたという。


    n


    エピソードよりも顔が話題

    中野の告白に、明石家さんまは「すごい女がいるな、世の中には」「そんなこと、平気で言うやつ、おんの?」と大いに驚いた様子。

    周囲も「意地悪されてるよね、ちょっと」と同情。

    しかし中野が「その人にとっては結構普通で…」と、そのママ友がもともと遠慮なく物事を口にする人だと明かすと、さんまらは少し納得した様子を見せていた。


    ネット上でも、

    《自分も嫁の友達にぜんぜん普通じゃんと言われたことがある》

    《そーゆークソ女いるよなーずけずけ空気読めないヤツ》

    などと、この女性をたたく声が多かった。


    一方で、エピソードよりも、久々のテレビ出演となった中野の姿に注目する人も続出。

    《日村の奥さんがいると思ったら中野美奈子だった、顔変わった?》

    《ライトたくさん浴びても消せない中野美奈子のシワの数がすごくて引いた。老け過ぎじゃない?》

    《目が大きいと目の周りのシワひどくなるね… 中野美奈子》

    《中野美奈子は痩せ過ぎなので、もう少し食べた方がいい》


    海外生活での苦労がハンパなかったのかもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/2024641/

    所長見解:久々やね・・・
    【【悲報】元フジテレビ人気女子アナ・中野美奈子の変貌ぶりがコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    もっと若々しいイメージやったのに

    no title

    所長見解:しかたない・・・

    【【悲報】明石家さんまさんが老けた件・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『男はつらいよ』シリーズ22年ぶりの新作となる山田洋次監督の映画『男はつらいよ お帰り寅さん』の予告編が9月9日に公開された。


    同作では4Kデジタル修復された過去の作品の映像を使い、吉岡秀隆演じる満男や前田吟演じる博らの現在の様子が描かれる。

    また、泉役の後藤久美子が23年ぶりに女優に復帰したことも話題になっている。



    昨年10月に行われた同作の製作発表会見で、後藤は「ジュネーブの自宅に山田監督からお手紙が届きまして、引き受ける引き受けないと私が考慮する権利すらないのではないかと思いまして。
    山田監督から呼び出されたら『はい!』と一つ返事で行くんです。
    そう思いました」とコメント。

    映画への意気込みを語っていた。


    g


    国民的美少女の現在にかつてのファンは…

    久しぶりに公に顔を出した後藤だったが、このとき、ネット上では冷ややかな反応が多く寄せられた。


    《何だかやつれてない? 昔のイメージと違う》

    《相当苦労している顔つきだわ。アレジとうまくいってないのか》


    《二つ返事を一つ返事とか、何だかコメントもぎこちないな》


    《若かりしころの美貌も随分と劣化したね。本人が自覚していないことが恥ずかしい》


    《ゴクミの美貌も永遠ではなかったな。正直、見たくなかった》


    など、やつれた様子を心配するとともに、容姿の劣化を指摘する声が広がった。


    「会見では、どこか疲れた様子がうかがえましたね。
    後藤も今年で45歳になりました。
    一般人からすれば相当な美魔女ですが、かつての美少女ぶりを知っているファンから見れば、かなり劣化したように感じたのかもしれません。


    現在はスイスのジュネーブにある歴史的な城を改築して住むなど、悠々自適の生活を送っているように見えますが、人知れず苦労があるのかもしれませんね」(芸能記者)


    後藤には、元F-1レーサーのジャン・アレジとの娘・エレナ・アレジ後藤を、自身が所属するオスカープロモーションに所属させたことから〝親バカ〟ぶりを非難する声も上がっていた。


    「一昨年の10月、母親の計らいで、鳴り物入りで華々しくデビューしたエレナですが、その後、目立った活動は何一つありません。
    後藤は社会勉強の意味で日本に行かせたようで、そもそもエレナ自身が必死に仕事をするという気持ちすらないようです。
    事務所にとっては後藤の頼みを断れず〝お預かりしています〟といったテイでしょう。
    もっとも、アレジの総資産は400億円以上ともいわれていますから、映画やドラマに多額の出資も期待できます。
    ムゲにすることもできないというわけです」(同・記者)



    今やすっかりオーラが薄れてしまった後藤だが、果たして映画の中ではどんな輝きを見せてくれるのだろうか。



    画像がコチラ 



    http://dailynewsonline.jp/article/2004918/?page=2

     

    https://youtu.be/-dL5OHWsW8w


    所長見解:しかたないよ・・・


    【【悲報】後藤久美子が23年ぶりに復帰した結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「しゃべりの天才」「お笑い怪獣」などの異名を持つベテラン芸人・明石家さんま。

    しかし、先般発表された「嫌いな芸人ランキング」では、まさかの1位に。

    さんまの好感度が下がっている理由とは?


    昨年、『日経エンタテインメント!』(日経BP社)の「好きな芸人・嫌いな芸人2018」ランキングで異変が起こった。

    「好きな芸人」部門で、調査開始以来、不動の首位を保ってきた明石家さんまが敗れて、新たにサンドウィッチマンが1位に輝いたのだ。

    さんまを上回る次世代の好感度No.1芸人の誕生は、大きな話題になった。


    しかし、今年はさらに驚くべきことが起きた。

    『日経エンタテインメント!』2019年8月号で発表された「好きな芸人・嫌いな芸人2019」で、さんまが初めて「嫌いな芸人」で1位になってしまったのだ。

    もちろん「嫌い」と思うほど感情が動くのは、それだけ認知されている証拠でもある。

    いわば、嫌いな芸人として名前が挙がるのは人気者の宿命でもあるのだ。

     
    それでも、あのさんまが1位になるというのは衝撃的だ。

    40年以上にわたって幅広い世代に愛され続けてきたさんまに、いま逆風が吹いている。

    そんな空前の事態が起こったのはなぜなのか、改めて考えてみたい。


    s


    ■なぜ好感度が下がっているのか

    記事の中でさんまを嫌いだと思う理由として挙げられているのは、「価値観の押し付けは目に余る」(57歳男性)、「なんでも自分の話にしてしまい、MCとして機能していない」(57歳女性)といった意見である。

    さんまを根強く支持していたはずの熟年世代からも、このような批判が出てくるようになっているのだ。

    ここで挙がった「価値観の押し付け」「何でも自分の話にする」という2つの問題について順番に検討していこう。

     
    まず、1つ目の問題について。

    確かにここ数年、さんまのテレビやラジオでの発言が世間の非難を浴びるケースが増えている。

    「いい彼氏ができたら仕事を辞めるのが女の幸せ」といった旧来の価値観の押し付けに思えるような発言や、「カトパン(加藤綾子)を抱きたい」というセクハラまがいの発言、さらには剛力彩芽などの若い女性タレントを本気で狙っていると公言したりするところが、バッシングの対象になっている。

     
    つい最近も、8月20日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、性別非公表のものまねタレントのりんごちゃんに対して「りんごちゃんなんかは男やろ?」と詰め寄った。

    空気を察してヒロミがすかさず「りんごちゃんはね、そういうのないの、性別がないの」とフォローを入れると、さんまはそれでも納得せず「おっさんやないか、アホ、お前」と声を荒げた。


    りんごちゃん自身は場を収めようと「人それぞれの捉え方でいいんです」と答えていたが、ネットではLGBTに関してあからさまに無理解であるように見えるさんまに対する批判が相次いでいた。

     
    セクハラやパワハラに対する世の中の意識が変わり、それに伴ってテレビの世界でも、露骨にセクハラ・パワハラ的な言動を見せるタレントは少なくなっている。

    そんな時代に、さんまだけが旧態依然とした価値観にとらわれ、世の中の空気にそぐわない発言を連発している。

    それに違和感を抱く人が年々増えているのだろう。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190908-00300321-toyo-bus_all

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190908-00300321-toyo-000-1-view.jpg

    所長見解:そやね・・・
    【【悲報】明石家さんま老害説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ