羽鳥慎一

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    コロナ感染者数が増加するのと比例するように、視聴率を上げていった「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日)に陰りが――。

    時に14%以上も稼いでいた人気番組が、ここに来て2桁を割るようになったのだ。

    もちろん、新型コロナが沈静化したわけではない。

    緊急事態宣言こそ解除されたが、目下、「東京アラート」が発令中。

    一体、何があったのか? 


    m

     
    朝の情報番組「モーニングショー」といえば、同時間帯では16年度以降4年連続で民放首位の人気を誇る。

    昨年度の平均視聴率は9・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)だった。

    だが、今年1月は連日10%台が当たり前のようになり、2月には12%台、4月に13%台、5月4日には番組最高の14・1%を記録するまでになった。

    民放プロデューサーは言う。

    「『モーニングショー』が始まった15年当時の視聴率は5~6%でした。
    コメンテーターの石原良純、長嶋一茂、高木美保といったメンバーは前番組の『モーニングバード』から引き継いでいます。
    大きく変わったといえば、玉川徹さんが週1から毎日出演するようになったこと。
    他局ではまず見ない局員がズケズケと、時にはけんか腰でまくしたてる、あの男は誰なんだと話題にもなりました。
    ま、結局、ただのテレ朝社員だったわけですが、そのズケズケ感がコロナにハマったんでしょう。
    政府の後手後手の対応に、国民が何をやってんだ! と思っていたところに、彼が視聴者の思いを代弁していた感じでした」

     
    番組内容もコロナ一色となって、白鴎大学の岡田晴恵教授という新たなスターも生み出した。

    玉川氏の発言も相変わらずで、3月には国民へのマスク配布を決めた厚労省に対し、彼は「医療機関に配るべきだったんじゃないか」と発言。

    これに対し、厚労省は番組を名指した上で《医療用マスクの優先供給を行った》とツイート。

    ところが、マスクの優先供給は《行った》のではなく、《開始した》だけだったことが番組の取材で明らかとなり、「モーニングショー」の信頼は増す格好となった。


    「4月には玉川さんと政治ジャーナリストの田崎史郎さんの舌戦という目玉もあり、話題性も生まれたところに、在宅勤務、ゴールデンウィークで、普段番組を見なかったサラリーマンも『モーニングショー』を見るようになったのでしょう。
    ただ同時に、その頃から、番組のアラが目立ってくるようになった」(同)


    ■視聴率9・9%

    4月29日の放送で玉川氏は、土日の感染者数が少なくなるのは、行政の検査機関がPCR検査を休んでいるためと発言したが、行政も土日返上で働いていることが判明。

    全面的に謝罪するハメに。

    5月19日には、PCR検査の精度が7割程ということついて彼は、(検体の)採り方がいまひとつと、医療従事者の腕のなさが原因とでも言いたげな発言はネット上でも炎上した。


    「元環境相の細野豪志代議士も《玉川徹氏は常にテレビでコメントできる特権的な立場にある。
    平時は色んな意見があっていいと思うが、有事に専門外の人間が付け焼刃の発言をして現場を混乱させるのは本当に困る》とツイートしていましたが、まさにメッキが剥がれてきたように思います。
    おかげで『モーニングショー』の視聴率も6月3日、4日共に、9・9%と二桁を割るようになりました。
    元々、夫を仕事に送り出した主婦層向けに、二枚目の羽鳥慎一アナを起用した情報番組であり、報道番組ではなかった。
    それが玉川さんを毎日出演させて、政府にもの申す硬派なコーナーを売りにしていたところにコロナがハマった。
    とにかくPCR検査をやらないとダメとばかりに視聴者の不安を煽った。
    ただし、やっぱりなんだか怪しい……と視聴者も気づき始め、不安を煽る番組作りも通用しなくなったんでしょう。
    こう言ったら悪いけど、B級グルメだけど割に旨いと脚光を浴びたところで、結局、中身もB級だったことがバレて、常連客まで離れていった“二度漬け禁止の串カツ屋”みたいなものですよね……」(同)


    (以下略、続きはソースでご確認下さい)


    デイリー新潮
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1cb6013f25a83cf18792fa473d4ff4d4db817df4

    所長見解:もうな・・・
    【【悲報】羽鳥慎一モーニングショー、視聴率10%割れの理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    緊急事態宣言が5月31日まで延長され、各方面に影響が広がる中、在宅時間が長いことも影響して視聴率は好調のテレビ局も例外ではないという。

    広告収入の大幅な減少により、「番組の顔」である大物MCたちにもリストラの影が迫っているというのだ。


    「ワイドショーなどの情報番組では制作費の大幅削減のため、ギャラの高い大物キャスターもリストラの候補にあがっています。
    業界では宮根誠司や小倉智昭、羽鳥慎一や坂上忍といった面々の中で、誰が最初に辞めるのかが話題になっているんです」(業界関係者)

    いずれも知名度は抜群だが、このなかで誰の首が危ないというのか。

    業界関係者が続ける。

    「まず安泰なのは宮根誠司と羽鳥慎一でしょう。
    二人はそれぞれ『ミヤネ屋』と『羽鳥慎一モーニングショー』と冠番組の顔ですし、芸能界的なバックも強いので地位は安泰に見えます。
    その意味では立川志らくも大手事務所の所属なので、しばらくはリストラされないと目されている。
    意外なところでは坂上忍もリストラは免れそう。
    情報番組や報道番組の数字が全般的に振るわないフジテレビで坂上の『バイキング』が孤軍奮闘していることに加え、坂上はもともと知名度のわりにギャラが安いといわれているんです」

    そんな大物MC陣に対して、クビが危ないとささやかれているのが「とくダネ!」(フジ系)の小倉智昭だというのである。


    t


    「小倉はそもそも年齢や健康上の問題もあって“勇退”の時期が近いと言われていました。
    5月25日には73歳の誕生日を迎えますし、リストラというより今回のコロナ禍をひとつの頃合いと見て、レギュラー番組を卒業という流れになると言われているんです。
    折しも、今年1月には3歳年上のみのもんたが“テレビ引退”を決めましたし、あとは勇退の具体的な時期を探るだけの段階なのかもしれません」(前出・業界関係者)

    コロナ禍が収まる頃には、テレビの風景も少し変わっているのかもしれない。


    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-148852/

    所長見解:もうな・・・

    【【広告激減】コロナで大物司会者たちにもリストラの模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレ朝・玉川氏が謝罪 

    行政の検査機関は土日休みと誤認「コメントの全ての責任は私に」

    テレビ朝日の玉川徹氏が29日、コメンテーターを務める同局系の生番組「モーニングショー」で謝罪した。


    t


    司会のフリーアナウンサー、羽鳥慎一がまず、前日の放送で、東京都の感染者数について、解釈が違っていたと前置き。

    リモート出演した玉川氏は「昨日の放送の中で、月曜日の都内の感染者数、39名、全てが民間の検査機関によるものだというふうに私はお伝えしました。
    さらに、土日に関して、行政の検査機関は休んでいたというふうにお伝えしました。
    しかし、正しくは、その39名の中に行政機関の検査によるものが、多数含まれていたことが分かりました。
    そして、土日に関しても行政の検査機関は休んでいなかったというふうなことも分かりました」と、事情を話した。


    続けて「なぜこのような間違いが起きてしまったのか。
    私たちテレビ朝日の記者が都庁でのレクチャーを取材し、メモを作成しています。
    そのメモを番組内で解釈する時に、その解釈を間違ってしまいました。
    その間違った解釈、そのまま私がコメントをしてしまったというふうなことでこのような間違いが起きてしまいました」と、ミスが発生した理由を説明。


    「コメントの全ての責任は私にあります。
    私がコメントの内容を全て考え、話しているわけですが、その中身は、私が再度確認をして正確性を保たなければならない立場であるにもかかわらず、その責務を果たさず、このようなことになってしまいました。
    このことにより、土日も働いてらっしゃる都庁関係者の皆様、保健所の皆様、そして検査機関の皆様、検体を採取する医療関係者の皆様、全てに多大なるご迷惑をおかけしてしまいました。
    本当に済みませんでした」と頭を下げた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00000027-dal-ent

    所長見解:めずらしい・・・

    【【朗報】あの玉川徹氏がついに謝罪した模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    t


    玉川徹『政府の中枢がPCR検査をしないように画策してる』

    田崎『ソースは?』

    玉川『…それは言えない』



    ※動画がコチラ

    1:15.30~


    モーニングショーがやっと死者数の少なさに気づいた


    今日の羽鳥モーニングショーは、政府に対して、文句文句文句、文句のオンパレードで本当に五月蠅かった。

    よく年寄りは、あんな文句番組を見ていられるなあ。


    わしが見るのはあの番組が最もコロナヒステリーが進行していて、大衆の不安を煽るアジテーターの
    役割りを果たしているからだ。

    ヒトラーが五月蠅いからといって、チェックせずに放っておいたら、
    ユダヤ人を収容所に送り込む集団殺人国家になっていたという歴史に学ばなければならない。

    コロナ陽性を検査で炙り出して隔離しろという考えも、ユダヤ人を炙り出して隔離しろという考えにそっくりだから驚く。



    番組の最後でようやくコロナの「死者数」が他国に比べて抑えられているという事実に、山口真由が着目したが、それに玉川徹が奇妙な反論をしかけたところで番組が終わってしまった。


    実はこの番組、徹底的に「感染者」の増加のみをクローズアップして恐怖を煽り、視聴率を上げてきた。

    「死者数」に注目させたら、途端に破綻してしまうからだ。



    玉川が言おうとしたのは陰謀論である。

    毎年、肺炎で10万人も死んでいるから、その中に
    コロナ感染者が含まれているはずだという根拠なき陰謀論である。

    他国に比べての日本のコロナ「死者数」の少なさは、驚異的だからだ。


    だからアメリカも玉川も「日本の検査数が少ないから」と言うのだが、それでは「死者数」の少なさを説明できない。



    検査はしてもしなくても、感染者は増え続けるのであって、感染経路は追えるはずがなく、結果として
    インフルエンザの感染者数・1000万人まで増えても何ら不思議ではない。

    問題は「死者数」なのだ。


    イタリアもアメリカも、日本人(アジア人)をコロナで差別していたのはつい数週間前だ。


    コロナ感染は日本が先行している。日本が先行していて、アメリカが遅れて感染が始まり、

    あっという間に日本の「感染者数」も「死者数」も抜き去っていったのだ。

    所長見解:もうな・・・

    【【モーニングショー】玉川徹『政府の中枢がPCR検査をしないように画策してる』 → 田崎『ソースは?』 → 玉川『…それは言えない』wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    コロナ不安を煽り続ける「羽鳥慎一モーニングショー」を検証する

    ■韓国政府のスキャンダルを連日報じ、嫌韓を煽ってきた

    最近、「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日・平日8:00~)の視聴率がいいそうだ。
    同時間帯のライバルは、日本テレビの「スッキリ」、フジテレビの「とくダネ! 」、TBSの「グッとラック! 」だが、それらを視聴率で圧倒しているという。

     
    私には、韓国ものをよく取り上げる番組だというイメージしかない。

    朴槿恵前大統領が逮捕される時や、文在寅大統領の腹心の曺国(チョ・グク)が法相に就任した時など、韓国のテレビかと見紛うように、熱心に曺国批判を連日していた。

     
    この番組には、テレビ朝日社員の玉川徹氏がコメンテーターとして出演しており、評価が高い。

    玉川氏は「韓国ヘイトはいけない」といっているようだが、自分たちが毎日、長時間、韓国のスキャンダルを報じることで、嫌韓を煽ってきたのではないかという反省は、私が知る限りないように思う。

     
    今回の新型コロナウイルス報道にしても、一番熱心なのは「モーニングショー」のようだ。

    これは私の印象だが、「モーニングショー」を含めたワイドショーが、コロナ感染への恐怖を必要以上に煽り、それに踊らされて、人々はマスクやトイレットペーパーを買い漁っているのではないのか。

     
    視聴率が取れるからだというのは分かる。

    だが、芝居っ気たっぷりの感染症専門家という女性教授をスター気取りにさせ、これでもかと、コロナの恐怖を垂れ流し続けるのが、メディアの正しいあり方なのだろうか。

     
    正確な情報を自ら取材して、それを検証してから視聴者に伝え、国民が正しく怖がるようにリードすることこそが、今メディアがやらなくてはいけないことだと思う。

    だが、見ないで批判するのは失礼なことだと思うので、3月13日金曜日から20日金曜日までの「モーニングショー」を全て録画して、見てみた。


    ■よく飽きもせず、同じことをやり続けられるものだ

    約90分×6日=540分。

    メモを取りながらの視聴は、考えていた以上の苦行だった。

    他のワイドショーは見ていないが、これほど新型コロナウイルスだけを延々やり続けているのは、ここだけだろう。

     
    日々の内容には後で触れるが、見終わった感想をいうと「素人たちの井戸端会議」である。

    これは悪口ではない。

    ワイドショーというものはそもそも、そういうものなのである。

     
    だが、これだけははっきりいえる。

    この番組を見ていると、コロナについての雑学には詳しくなるが、世の中で起きている他の大事なことは、ほとんど分からないということである。

     
    しかも、よく飽きもせず、同じことをやり続けられるものだと感心する。

    ため息がでた。

    中でも、大変だろうなと思うのが、8時20分ごろから始まる詳細なパネルを使った解説である。

     
    パネルは、放送の少し前に作っておくのだろう。

    羽鳥MCがパネルを指して説明しながら、次々にコメンテーターや、「コロナの女王」といわれるようになった白鴎大学の岡田晴恵教授に、お伺いをたてながら進行していく。

     
    時々、玉川氏が、現在のパネルより先の話をしようとすると、羽鳥が慌てて、その話は次ですからと止めるのがおかしい。

     
    始まる前に、入念な打ち合わせがあるのだろう。

    この8日間に、イタリアやスペインは感染患者が増え続け、アメリカも、トランプがあわてて強引なコロナ対策を推し進めようとしているが、日本は、患者が少しずつ増えてはいるが、専門家会議が恐れているようなオーバーシュート(爆発的な感染拡大)は起きていないようである。

     
    岡田教授は、感染症の専門家なのだろうが、いっていることは、「私の考え」と前置きしているように、参考意見を述べる程度にとどまっている。

    彼女は、簡易でいいから、病院の前に「発熱外来」をつくれというのが持論のようで、何かというと、「発熱外来」を連呼する。

    >>2に続く


    「羽鳥慎一モーニングショー」番組HPより

    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200325-00033994-president-soci

    所長見解:これな・・・
    【【高視聴率】コロナ不安を煽り続ける「羽鳥慎一モーニングショー」を検証した結果wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ