綾瀬はるか

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    綾瀬はるかさん(36)、ヤバい


    g



    ダメっぽい
    所長見解:マジか・・・


    【【悲報】入院中の綾瀬はるかさんがコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    綾瀬はるか(36)コロナ陽性で緊急入院していた「中等症で肺に白い影」 


    t


    綾瀬はるか(36才)が、新型コロナウイルスに感染し、都内の大学病院に入院していることがわかった。

     
    発症したのは8月中旬で肺炎の症状などが見られたため、緊急入院。

    中等症と見られる。

    芸能関係者が明かす。

    「8月20日頃から入院していたようです。
    当初は肺に白い影ができるほどで呼吸もしづらかった。
    かなり心配されていましたが、今は容体も落ち着き始めているようです。
    今週中には退院できる見込みだと聞いています」

     
    綾瀬はこの9月から、東映70周年を記念して制作される映画で主演の木村拓哉(48才)と共演することが決まっていた。

     
    気になるワクチンについては未接種だったという。

    「この夏は映画の撮影など仕事が立て込んでいたこともあり、副反応の影響を考えて接種の時期は9月を想定していたようです。
    その矢先に感染してしまった。
    もちろん感染には最大限気をつけていたようですが……」(前出・芸能関係者)

     
    一日も早い快復が待たれる。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/dc7a300cbd8e14e3d1b9855883158d4feac886ae

    所長見解:怖いな・・・
    【【悲報】綾瀬はるか、コロナになった結果・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    b


    綾瀬はるかのアゴ

    どんどん成長してないか?


    ※画像がコチラ 

    所長見解:かわいいやん・・・
    【【悲報】女優・綾瀬はるかさんの疑惑がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    坂を駆け下りる綾瀬はるか、トイレに駆け込む新垣結衣、朝5時にジョギングするタモリ… 

    フライデーが隠し撮り写真を一挙公開!


    t


    綾瀬が、永野芽郁が、ガッキーが…!

    有名人「迫力の激走」写真


    19年11月の日中。

    東京・大田区では大勢の撮影スタッフが集まり、ドラマのロケが行われていた。


    スーツ姿の綾瀬はるか(36)と、Gジャンを着た上白石萌歌(21)だ。


    この日撮影していたのは、18年の『義母と娘のブルース』(TBS系)の続編で、20年正月に放送されたスペシャルドラマ。

    どうやら坂を駆け下りるシーンだったようで、綾瀬と上白石は疲れも見せず、髪を振り乱しながら下り坂を何度も激走していた。


    「綾瀬演じる堅物のキャリアウーマンが、上白石扮する血のつながらない娘と心を通わせる様子が感動を呼び、高視聴率を獲得しました。
    この日撮影していたのは、赤ちゃんを乗せたベビーカーが坂道を下ってしまい、二人が慌てて追いかけるというシーンです」(芸能プロ関係者)



    走る、走る、走る! 芸能人も走る。

    撮影現場でジョギングで。


    さすが有名人はランする姿も様になっていてオーラを感じる。


    これまで見てきた、彼ら彼女たちの「疾走感」を紹介したいー。


    ◆ガッキーが打ち上げ中に激走のワケ

    家族づれで賑わっていた、11年9月の都内ボウリング場。

    その一角で、走ってトイレに駆け込む女性がいた。


    今年5月に星野源との結婚を発表した、新垣結衣(33)だ。


    この日、行われていたのは彼女が主演のドラマ『全開ガール』(フジテレビ系)の打ち上げ兼ボウリング大会。

    ガッキーは主役を務めた責任感からか、周囲に挨拶し気を配っていた。


    そのためか、席を外してトイレに行く時も戻る時もボウリングシューズで疾走! 

    スタッフにお礼を言うため、少しでも時間がほしかったのだろう。


    「東日本大震災直後の放送で、プロデューサーが福島県出身ということもあり、出演者の多くは東北に思いをはせたスピーチをしていました。
    ガッキーも殊勝に、こう話していましたね。
    『この時期にトレンディドラマに出演していいのか悩みましたが、演技を通じて勇気を送りたいと思いました』と」(フジテレビ社員)


    走って寸暇を惜しんだガッキー。

    その一途な思いは、スタッフ全員に伝わったようだ。



    ◆シェパードと必死のラン!

    秋風が肌寒く感じられるようになった12年10月。

    一人の女性が都内を全力疾走していた。


    かたわらには並走するシェパード。


    走っていたのは、女優の瀧本美織(29)だ。

    彼女が主演のドラマ『パーフェクト・ブルー』のワンシーン。


    「このドラマは、とにかく美織ちゃんがシェパードと走るシーンが多かったんです。
    一度の撮影で、10回以上全速力で走ってもらったこともあります。
    美織ちゃんは文句一つ言いませんでしたね。
    『小学生の頃からダンスで鍛えているので体力には自信があります』と笑い、スタッフを安心させていました」(芸能事務所関係者)


    疲れ知らずの元気の良さと、周囲を和ます優しさ。

    瀧本がスタッフからの評判上々なのも納得です。



    ◆早朝5時の高速ジョギング

    「走ったり、歩いたり。たまに何か気になるモノを眺めてみたり。そんな感じですよ」

    記者の突然の問いかけにもかかわらず、丁寧に対応してくれたのはタレントのタモリ(75)だ。

    12年5月の午前5時過ぎ。

    タモリはカラーが薄めのサングラスをかけ、都内の公園に向かっていた。

    足をくり出すピッチは、異様に速い。


    ほぼ毎朝ジョギングしていたというタモリ。

    走行距離は一日平均7kmで、コースは日替わりだ。


    話を聞こうと記者が追いかけたが、たちまち息があがり置き去りにされてしまった……。

    ジョギングを終えたところで、ようやく声をかけた。



    ーーどうして、あんなに速く走れるんですか。

    「アハハハ。そんなこと、ない、ない」

    ーーあれだけ休まずに走れるなら、27時間テレビでマラソンに挑戦してみては?

    「絶対しない。ハハハ」

    とても1時間以上走った後とは思えない、涼しい笑顔だった。


    テレビの前では、常に元気な姿を見せている有名人たち。

    時間がない中で一秒でもはやく目的地に着くために、走る走る。


    そこには彼ら彼女らのプロ意識が見えるのだ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/9f236f95d6a66bc4b824e6fa8baa5a2ae787952c


    ▼画像
    https://i.imgur.com/joDlu3O.jpg

    https://i.imgur.com/1QAPtea.jpg

    https://i.imgur.com/djgOgc2.jpg

    https://i.imgur.com/43gYg7p.jpg

    https://i.imgur.com/sRp60mT.jpg

    https://i.imgur.com/6bHSYvx.jpg

    https://i.imgur.com/buQeYgb.jpg
    所長見解:ええやん・・・

    【【隠し撮り画像】坂を駆け下りる「綾瀬はるか」、トイレに駆け込む「新垣結衣」がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    36歳となった女優・綾瀬はるか 

    「ダイエット企画挑戦のグラドル」がなぜ国民的女優へ転身できたのか?  



    j


    3月24日は女優の綾瀬はるかの36歳の誕生日である。

    つい3日前には、主演ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』が最終回を迎えたばかりだ。

    また、先週金曜(3月19日)からは、2017年に主演したテレビドラマの劇場版である『奥様は、取り扱い注意』も公開されている。

    こちらは昨夏公開の予定がコロナ禍にともない延期となっていた。


    随所に感じる「隙の多さ」は綾瀬の魅力のひとつ

    綾瀬の天然ボケは、『紅白歌合戦』で過去3度(2013・15・19年)、紅組司会者を務めたことで国民的に知られるようになった。

    司会のたびにセリフを噛んでも、視聴者からは批判の声よりチャーミングだと肯定的な反応が上回る。


    もちろん、女優としての実績がなければこうはならないのだろうが、隙の多さすらも魅力に見えてしまう天性のキャラによって許されているところも多分にあるはずだ。

    その意味において彼女はもはや、高座で寝てしまっても客席から「寝かしておいてやれ」と声がかかったという古今亭志ん生や、あるいはホームランを打ちながらホームベースを踏み忘れてふいにしたといった話までもが伝説として伝えられる長嶋茂雄などと同じ域に達しているのかもしれない。



    もともとは「ダイエット企画挑戦経験」もあるグラドル

    いまでは日本を代表する女優との呼び声も高い綾瀬だが、デビュー当初はアイドルとして売り出され、グラビアやバラエティを中心に芸能活動を始めた。

    ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞した翌年、2001年には『週刊文春』巻頭の名物グラビア「原色美女図鑑」に初登場する。

    この年にはドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビューしているが、「美女図鑑」登場は『B.C.ビューティー・コロシアム』というバラエティ番組の企画で1ヵ月で7キロのダイエットに成功した“ご褒美”としてで、肩書も「水着アイドル」となっていた



    ホリプロの先輩・深田恭子との共通点と差異

    突飛な役どころが多いという点では、綾瀬のホリプロの先輩である深田恭子とも重なる。

    ただ、深田がこうした役を演じると非現実性がより際立つのに対し、綾瀬の場合、どんなに現実離れした役を演じても、どこか日常と地続きというか普通っぽさを残している。

     
    綾瀬はまた、ときどきバラエティ番組に出演しては、持ち前の天然ボケで笑いを誘っている。

    これについては、本業での演技派ぶりとのギャップも感じるが、じつのところ、演じる彼女も、天然な彼女もまた地続きで、本質的に変わりはないのかもしれない。

    それが証拠に、綾瀬の演じる役には、一見きっちりしていても、どこか隙のある女性が少なくない。



    女優業以外でも幅広い活躍を見せる綾瀬

    女優業の一方で、ここ10年あまり、TBSの『NEWS23』を中心に、戦争経験者に話を聞き、若い世代に伝える仕事も続けてきた。

    綾瀬の祖母の姉が広島の原爆で亡くなっていることも、この仕事を引き受けるきっかけだったという。

     
    2015年暮れに綾瀬と対談したイギリスの小説家カズオ・イシグロは、自身もまた母親が長崎で原爆に遭っていることもあり、彼女がそうした仕事をしていると知って「非常に価値のあること」と評価した。



    https://bunshun.jp/articles/-/44264?page=2
    所長見解:ええよな・・・

    【【黒歴史】綾瀬はるかの「ダイエット企画挑戦」がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ