給料

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    成長を続ける企業の条件は、いつの時代も変わらない。

    独自の強みを見つめ直し、徹底的に磨き続けることだ。

    その代表格が、工場の自動化に不可欠なセンサー機器を手掛けるキーエンスだ。

    多くのメーカーが相次ぎ下方修正に追い込まれた中で、2019年3月期に7期連続で最高益を更新した。

    同社の高収益の秘密を解剖する。


    従業員の平均年収は2088万円(18年3月期)――。

    キーエンスは給与でも上場企業の平均値の3倍超

    k


    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO44499910X00C19A5TJ3000

    所長見解:雇われたい・・・


    【【朗報】平均年収2088万円の会社がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の剛力彩芽(26)に仰天話が浮上した。

    なんと“YouTuber(ユーチューバー)”や、流行りの“TikToker(ティックトッカー)”に興味津々で、転職まで真剣に考えているというのだ。
     
    「携帯を使用し、撮影や編集を完結させる簡易プレイヤーを目指しているそうです。
    剛力はダンスが上手ですし、自作の詩の朗読や変顔を披露しながらのコミックダンスなどは朝飯前。
    彼女の才能の引き出しは、かなりあるんです」(芸能プロ関係者)

    不思議なのは、なぜユーチューバーやティックトッカーに鞍替えしなければならないのか。

    その理由は大幅な収入減にあるという。

    g


    「最盛期の剛力は月給制で、年収は基本3000万円近くもあった。
    しかし、剛力は所属プロダクションに、大幅アップが期待できる歩合制に変更するよう求めてきたのです。
    当初、事務所はやめた方がいいとアドバイスしたそうです。
    歩合制にすると、仕事がない場合は最悪0円になってしまいますからね」(芸能プロ幹部)

    剛力が、ここまで歩合制にこだわった理由は、昨年4月に熱愛が発覚した“ZOZO”の前澤友作社長と会う時間を作るためだったという。

    しかし、こんな2人の交際に暗雲が漂い始める。

    前澤社長が本業でミソが付いてしまったのだ。
     
    「社長の度重なるSNSでの失言で株価は暴落。
    さらに2人のラブラブ交際に、世間からは本業が大変な時に…と烙印を押されてしまった」(芸能プロ関係者)

    前澤社長の不人気に呼応するかのように剛力の仕事も激減し始めたという。
     
    「今年1月にはファンクラブが解散。
    3月にはラジオ番組『剛力彩芽 スマイル S2スマイル』が終了。
    唯一のレギュラー番組『奇跡体験! アンビリバボー』(フジテレビ系)にも降板説が絶えない状態なんです」(芸能プロ幹部)

    現在、剛力の月給は、15万円にも満たないという。

    「年収200万円弱では、生活ができない。
    SNSにチャンスを求め、転職するのは生活費を稼ぐためですよ」(芸能事情通)
     
    最近は前澤社長との破局説も浮上する剛力。

    失ったものは大きい。
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190418-11667599-jitsuwa


    所長見解:しかたない・・・

    【【転職も】剛力彩芽さん、現在の収入がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    いくら?


    k


    所長見解:どうなの・・・
    【【緊急アンケート】お前らの手取り給与、おいくら万円?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ東京系で放送された「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演した、元TBSの安東弘樹アナウンサーがTBSの「ギャラ事情」について明かした。

    安東アナは、TBSアナウンサー27期生として、1991年入社。

    『王様のブランチ』『アッコにおまかせ』など人気番組を担当していた。

    番組の進行を務める次長課長・河本から『局のアナウンサーが給料がいいというイメージ』として、ギャラ事情を聞かれると・・・。

    k


    「だいだい30代から40代で1500~2000万円です」と安東アナは明かした。

    番組内のナレーションでは「30代で普通のサラリーマンの3倍、1500万超え」と流れた。

    “3倍”とは、驚きの金額!それほど、激務も多いのであろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1770651/

    所長見解:すごいな・・・
    【【衝撃暴露】TBS人気アナウンサーの凄すぎる年収がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    仕事に関するコラムって、この不景気にあってはどうしても陰鬱なテーマのものが多くなりがちだ。

    やれ残業で過労死ラインがどうだとか、やれ給与未払いを泣き寝入りだとか。

    全く辛い時代になってしまったものであるが、それでもこの国の労働環境全てがブラックに染まっているわけでもない。

    中には素晴らしいホワイト要素を持つ会社もあるものなのだ。

    今回は、そういったホワイト企業の、知るだけでちょっと無関係ながら嬉しくなっちゃうようなポイントを紹介してみたい。

    例によって引用するのは5ちゃんねるから。

    「お前らの会社のホワイト要素教えて」というスレッドだ。 


    ■「家賃補助が5万円出る」「上司が外回り帰りにシュークリームを大量に買ってくる」

    今回紹介するスレッドには、実にさまざまなホワイト会社の例が集まっている。

    スレッドを立てた人もまたホワイト企業勤務のようで、「昼飯と自販機の飲み物とかが無料」と投稿している。

    これって地味ながらかなりありがたい特典だ。

    昼飯は毎日食うべきなので、そりゃあ無料に越した贅沢はない。

    昼食費も浮くし、割と羨ましいと思ってしまった。

    もちろんこれだけではない。

    スレッドで目立つものをいくつかピックアップして紹介していこう。

    「3時のおやつの時間がある」
    「家賃補助が5万円出る」
    「残業は月1時間程度。有給取りたきゃ最悪前日でも大丈夫」
    「社宅4000円、フレックス勤務で15時退社可能」
    「上司が外回り帰りにシュークリーム大量に買ってくる」
    「月45時間以上の残業禁止。でも実際は20時間もやらない。有給は当日でも可。年間休日120日。ボーナス3回出る」

    こんな具合に、まぁなんとも素晴らしいホワイト環境。

    アットホームな社風って、その看板にマジで偽りがなければかなり働きやすいし、お金の面でも休みの面でも、融通が利く環境は強いよね。
    いいなぁ。こういう職場だったら、僕もサラリーマン辞めてなかっただろうなぁ……。

    no title


    ■ブラック企業への皮肉・恨み言も「中途入社していきなり26連勤させていただけた」

    ただ、中には一瞥すると「ああ、ホワイトだねえ」と読み過ごしそうになるが、実際には地獄みたいな環境にいる労働者の声もちらほら混じっている。

    ギャップがちょっと面白いので、いくつかこちらもさらっと紹介しておきたい。

    「39度の熱があったり家族の葬式の日でも働かせて貰える」
    「中途入社してからいきなり26連勤させていただけた」
    「1年目から月残業50時間をコンスタントにやらせられる」
    「くるみんとえるぼしを維持するために社内データをいじってる」

    まあ、やっぱり世間には白より黒のほうが多くて目立つ、というところだろうか。

    各書き込みを眺めて、ホワイト要素にうつつを抜かしてしまっていたが、一瞬で目が冴えてしまった。

    そうだったそうだった。

    世間にはブラック企業のほうが割かし多いんだった。

    あなたの職場は、白? それとも黒?


    http://news.livedoor.com/article/detail/16239887/

    お前らの会社のホワイト要素教えて
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1552815900/

    所長見解:いいよな・・・

    【【これは羨ましい】ホワイト企業「残業が月1時間」「社宅4000円フレックス勤務で15時退社可能」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ